鼻の角栓除去の安心して行える取り方や小鼻の毛穴ケアの方法で、改善可能な方法を大量に、まとめてみました。色々な角栓除去の方法や危険性が知りたい人は参考になると思います。
 

 
鼻の角栓除去をしても、スグに元に戻ってしまうので、

  • 鼻の角栓が、なかなかとれない!?
  • 鼻の黒ずみの角栓を除去したい
  • いちご鼻のボコボコの角栓の取り方を知りたい!
  • 安全、安心で出来る小鼻の毛穴ケアを知りたい
  • 角栓除去には、何を使うと良いのか?
と言ったように悩まれる人も多いのではないかと思います。

 
角栓のお手入れ方法として、どのような方法が効果的であるのか?また、どんな方法が良くないのか?と言ったような点を知りたいと思いませんか?

鼻の毛穴に詰まった角栓は、間違った取り方やケアをすると、逆に、毛穴が広がり、さらに角栓が詰まりやすくなり、ボコボコないちご鼻が酷くなる可能性があるので注意が必要です。
 
ここでは、正しい鼻や小鼻の毛穴の角栓の除去、取り方のセルフケアの方法を中心に、毛穴の角栓を除去した後のツルツルな鼻を維持する為に必要なスキンケア方法まで、鼻美人になる為の方法も紹介します。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

目次

そもそも、なぜ、角栓が鼻の毛穴に出来るのか?

角栓がなくなってツルツルな鼻の女性の写真

特に顔の鼻の毛穴に詰まる事が多い角栓ですが、毛穴の黒ずみ、ニキビの原因などになることもあり、嫌われモノですが、実は、皮脂の役割として、外部から毛穴に細菌が入ってこないように守っている役割があります。

健康的な面から考えた場合には、角栓はなくなれば良いと言うわけにも行きません。肌を守る為にも、角栓や皮脂は必要です。

この為、角栓や皮脂は、除去すれば良いと言った様に単純に考えるのではなく、余分な部分を適切に取り除き、適切なスキンケアを行うのが美鼻、美肌には大切です。

そもそも、角栓とは何か?

角栓とは何かを考える女性の写真
皮脂の分泌が活発な鼻周辺に見られる、毛穴からボコボコと出ている毛穴の突起の事です。

 
この鼻の角栓が出来る原材料になっているのは、

  • 過剰な皮脂(油分)
  • 古い角質(たんぱく質)
  • 汗(水分)
  • チリ、ホコリ、花粉
など様々なモノが混ざり合って毛穴に詰まっています。

 
この為、特に角栓が毛穴に詰まって出来やすいのが、皮脂の分泌が多い、鼻であるケースが多いです。

鼻の角栓の主成分は何か?

鼻の角栓の主成分は何か、鼻を気にする女性の写真
鼻の角栓が出来る、一番の原因は、皮脂だと思っていませんか?
 

 
私もそう思っていたのですが、実は、角栓の主成分を調べると

  • 古い皮膚(タンパク質):70%
  • 皮脂(油分):30%
と言った割合になっています。

 
実際には、汗やチリ、ホコリなども混ざるので、角栓の割合は、上記の通りという訳ではないと思いますが、角栓の多くは、古くなった皮膚である古い角栓(タンパク質)が原因なので、皮脂対策と同時に古い角質対策も必要になります。

このように、鼻の角栓の主成分を知っておけば、角栓除去の対策も何が有効的であるかが分かると思います。

鼻の角栓を除去すれば、全てが解決ではない!?

鼻の角栓を除去したら全てが解決ではない事を指さす女性
基本的に、角栓は、取り除けば問題解決、と言った訳ではありません。鼻の角栓や毛穴の黒ずみができない肌にする必要があります。
 

 
その為、角栓を除去し、ツルツル美鼻、美肌にするためには、

  • 鼻の角栓の取り方
  • 毛穴の黒ずみをなくすスキンケア
  • 角栓が出来にくい生活習慣の見直し

と言った根本的な解決を同時に行う必要があります。

 
その為にも、鼻の角栓が出来る原因を知って、自分の普段の「スキンケア」、「生活習慣」どこを見直す必要があるのか?を理解する必要があります

鼻の角栓が出来る原因は?&解消方法

鼻の角栓が出来る原因と解消法を考える女性の写真
ここでは、鼻の角栓が出来る原因について紹介します。角栓が出来る原因を知る事で、普段の生活で、知らずに行っている、鼻の角栓が出来やすい生活習慣に気づけるかもしれません。鼻の角栓、毛穴の黒ずみの除去や改善の為にも原因は知っておきましょう。
 

 
基本的に大きく分類した角栓が出来る原因は、

  • 汚れやメイクの洗い残し
  • 肌の乾燥
  • 角質ケアをし過ぎている
  • ターンオーバーの送れ
  • 食習慣が原因
  • 生活習慣や体質・遺伝
  • ストレス
と言ったようなケースが大きく分類して分けることが出来ます。

 
下記にそれぞれの鼻の角栓が出来る原因について、さらに詳しく原因を紹介します。一部、解消方法も紹介します。
 

汚れやメイクの洗い残しが角栓が出来る原因

メイクをしている女性の写真
鼻の角栓や毛穴の黒ずみの原因は、皮脂と古い角質(皮膚)がメインの汚れですが、それ以外にもチリやホコリ、メイクなど、他の汚れも混じって出来ているケースもあります。

毛穴に老廃物が溜まっている

汗やチリ、ホコリ、メイクなどの洗い残しが溜まっていると、それが皮脂や古い角質と固まってできたのが角栓です。
元々、角栓の主成分は、古い角質と皮脂なので、出来立ては白いのですが、それが酸化したり、チリやホコリなども混じることで黒くなり、毛穴の黒ずみの原因になります。

油性の化粧品の多用による汚れ

基本的に角栓は、皮脂や古い角質、メイクなどの汚れが固まってできたモノです。特に、女性の場合には、メイクで油性の化粧品を多く使っており、クレンジングや洗顔で不要な汚れが、キレイに落とせていない場合には、角栓の原因になります。

メイクは、夜、キチンと落としておく

メイクを落とす為にクレンジング、洗顔を行っている女性の写真
メイクは、夜、眠る前にキチンと落とすのが大切です。仕事で疲れている、飲み会で酔っぱらっていると言った様に、メイクを落とさずに眠ると、メイクが汚れとなり、大きな角栓を作る原因になります

この為、帰宅後は、出来るだけ早くメイクを落として、メイク汚れが残らないようにする事も、角栓を作らない為に大切なポイントとなります

どんな化粧品が油性なのか?
油性のリキッドファンデーションの化粧品の写真

油性の化粧品としては、リキッドファンデーション、クリームの化粧下地などがあります。油性なので皮脂とはなじみやすいのですが、その分、洗顔だけでは落としにくいので、毛穴に化粧汚れとして残ってしまう場合があります。

この為、油性の化粧品を使っている場合には、クレンジングでキチンと落としておかないと、化粧汚れが皮脂や古い角質、チリ、ホコリなどど混ざって、角栓が出来る原因になります

特に、毛穴の黒ずみ、開いた毛穴を隠す為にリキッドファンデーションを使っている場合には、毛穴にリキッドファンデーションが入り込んでいるので、クレンジングでキレイにする必要があります。

 

肌の乾燥が角栓が出来る原因

肌の乾燥をイメージした、乾燥した土地の写真
ここでは、肌の乾燥が原因として、鼻の角栓が出来る理由を紹介します。

肌の乾燥、水分不足

肌の水分が不足すると、肌が乾燥します。肌が乾燥すると、外からの刺激から皮膚を守る為に、皮脂の分泌量が多くなり、皮脂が毛穴につまって角栓となります
 

 
具体的な肌が乾燥する原因としては、

  • 洗顔のし過ぎ
  • 間違ったスキンケア
  • 十分な保湿ケアが出来ていない
  • 食習慣
  • 体質
  • 冷房や暖房
  • ストレス
と言った様に、色々とあります。

 
このような原因で、肌の保湿力が低下すると、肌は乾燥して、皮脂の分泌が過剰になるケースがあります。

 

角質ケアをし過ぎているのが角栓が出来る原因

角質ケアをし過ぎているのが気になる女性の写真
鼻の角栓を除去したいと思い、過度に洗顔やクレンジングを行ったり、綿棒、ピンセット、毛穴シートパックなどで強引に角質ケアをしていると、皮膚にダメージを与え、かえって肌が乾燥します

元々、皮脂は、肌の保湿効果によって、乾燥から守り、ばい菌などの侵入を防ぐ効果もあります。この為、角質ケアのし過ぎで、肌に負担をかけすぎると、逆に、肌が乾燥する事で、皮脂の分泌量が多くなり、鼻の角栓が出来やすくなります

洗い過ぎによる皮脂の摂り過ぎ

洗顔で洗い過ぎている女性のイメージ写真
思春期の10代から20代にかけて多いのが洗顔のし過ぎです。思春期の頃から、体質や遺伝、生活習慣などによって、特に鼻やオデコなどのTゾーンの皮脂の分泌が多くなると、テカリや皮脂が汚く感じ、気になり、1日に何度も洗顔をする人がいます。

洗顔を行うことで、鼻やオデコの皮脂を洗い流して、テカリを防ぐことが出来ますが、1日に何度も洗顔をすると、肌の保湿の為に必要な皮脂、バイ菌など、外からの刺激から肌を守る機能が低下して、肌が硬くなります

水分や潤いがある肌の場合は、角質層に細胞間脂質やセラミドと言った肌に潤いを保つ成分があります。しかし、洗顔をし過ぎると、乾燥から肌を守っていた皮脂がなくなり、、肌は乾燥しやすい状態になっているので、肌が防御反応として、皮脂の分泌を増やす事があります

この為、鼻の角栓が気になる人で、皮脂の分泌が原因でテカテカになっていると、皮脂の摂り過ぎが原因になっている可能性があります。

洗顔時にゴシゴシ洗っている

洗顔時にゴシゴシ洗っている女性の写真
洗顔時に洗顔料を使っても、ゴシゴシと手で顔を洗っていると、皮膚への刺激になり肌によくありません。この為、洗顔時は、洗顔料で、吸着力の良い弾力のある泡を作って、泡で、毛穴の中の汚れを吸い取るように洗う必要があります。
 

 
具体的に、角質層にダメージを与えているケースとしては、

  • 洗顔やクレンジング時にゴシゴシ擦っている
  • スクラブ洗顔を使っている
  • 洗顔ブラシを長時間、シッカリと使っている
  • 洗顔やクレンジングの時間は1分以上しているにする
  • 洗顔後、熱めのお湯ですすいでいる
と言ったケースがあります。

 
洗顔時に、上記の事が当てはまる場合は、ゴシゴシ擦り過ぎることで、肌が弱くなり、皮脂の分泌を増やし、角栓が出来ている可能性があるので注意が必要です。

洗顔料の選択を間違えているケース

洗顔料の選択を間違えてビックリしている女性の写真
洗顔は、毎日、お肌の汚れを洗い流す為に必要な事ですが、特に、メイクをシッカリとしている日は、毛穴の奥まで汚れをキチンと落としておく必要があります

鼻の角栓が気になる人は、洗顔料が、あなたの目的に合っているモノを使っているのか?と言った点も大切になります。

もしも、「弱酸性」の洗顔料を使っている場合には、「弱アルカリ性」の洗顔料に変えた方が、1日に長時間、メイクをしている人なら、汚れが落ちやすくなり、鼻の角質除去も出来る可能性があります

どんな弱アルカリ洗顔料が良いのか?

洗顔料の写真
毛穴の汚れをキチンと取り除く為には、弾力がある泡が作れる洗顔料が必須です。基本的に弱酸性の洗顔料が肌に優しくて良いように思われがちですが、鼻の角栓や毛穴の黒ずみが気になり、皮脂の分泌が過剰な人の場合には、シッカリと泡立つ弱アルカリ性の洗顔料を選ぶのも1つの方法です。

ただし、敏感肌やひどい乾燥肌の人など、洗浄力が強すぎて、肌に負担になる場合もあるので、肌が弱い人は、注意が必要です。

 

ターンオーバーの遅れが角栓が出来る原因

お肌のターンオーバーの遅れが気になる女性の写真
お肌のターンオーバーとは、肌細胞が生まれ変わる周期です。人間の肌は、皮膚の奥から新しい肌細胞が作られて、皮膚の表面に徐々に押し上げられます。そして、最後は垢として剥がれ落ちます。

このお肌のターンオーバーは、加齢とともに遅くなり、古い皮膚が肌の表面に残ることで、毛穴の詰まりになり、角栓になりやすくなります

ここでは、お肌のターンオーバー関連で、角栓が出来る原因について紹介します。

お肌の新陳代謝が悪く、お肌のターンオーバーが正常でない

新陳代謝が遅れて、お肌のターンオーバーが遅くなって悩む女性の写真
20代など、若く健康な人の肌というのは、お肌のターンオーバーが28日と、約1ヶ月で、古い角質(皮膚)を垢として剥がれ落ちます。もちろん、毛穴の中の角質も、お肌のターンオーバーと共に、剥がれ落ちて、体外に排出され、肌は新しい細胞に生まれ変わります。

肌のターンオーバーと年齢の関係
 

お肌のターンオーバーが、年齢によって、遅くなる周期としては、

  • 20代:28日
  • 30代:40日
  • 40代:55日
  • 50代:75日
だとも言われています。

 
もちろん、ターンオーバーの周期は、他の説もありますし、個人個人によっても違いはあります。この為、ここでは、加齢でお肌のターンオーバーが遅くなるイメージをつかめればOKです。

古い角質が鼻の角栓の原因になる

古い角栓が気になる女性の写真
普通の状態では、古くなった角質は、皮脂が排出される時に剥がれ落ちるようになっていますが、肌のターンオーバーが、加齢や肌トラブルなど問題があると古い角質が肌に残ってしまいます

この古い角質が毛穴の周辺に残っていることで、皮膚が硬くなり肌の柔軟性が減ります。そして、硬くなった皮膚によって、毛穴の出口が狭くなり、皮脂の分泌があっても、皮脂が排出しにくくなり、毛穴に詰まりやすくなり、角栓となります

この為、お肌のターンオーバーを促進させる、食事や化粧品、スキンケア、睡眠など、皮膚の新陳代謝を助ける方法を行う必要があります。

肌の老化によるしずく形の「たるみ毛穴」

たるみ毛穴の形状のしずくの写真
皮膚の真皮部分には、コラーゲンやエラスチンと言った肌のハリや潤いを維持する成分があります。老化するとコラーゲンやエラスチンが弱ってくるので、肌のハリが維持できずに、シワやたるみが出来る原因になります。

肌がたるむと毛穴を支えきれなくなり、しずく形に垂れ下がった「たるみ毛穴」になります。基本的に「たるみ毛穴」は、頬に出来やすい毛穴トラブルです。

 

食習慣が角栓が出来る原因

食習慣として野菜を食べる女性の写真
ここでは、食事で食べるモノで、鼻の角栓が出来る原因について紹介します。

基本的に、角栓が出来ている材料は、古い角質(皮膚)と、皮脂です。この為、皮脂の分泌が過剰になると角栓も出来やすくなります。

この為、ここでは、皮脂の分泌を増やす可能性がある食事や食べ物について紹介します。

食べ物・バランスの悪い食事

鼻の角栓に良くない揚げ物の写真
皮脂の分泌を増やす食べ物、食事というモノも存在します。
 

 
具体的な皮脂の分泌を増やして角栓が出来やすくする食べ物は、

  • 肉や脂っこい料理
  • 偏った食生活
  • 野菜不足
  • 糖質が多い、お菓子、スイーツ
  • 脂っこい、揚げ物、ファーストフード
  • 血液中の中性脂肪が高くなるので、皮脂の分泌量が多くなります。

  • 甘いものの摂り過ぎ
  • 糖分、油分が多い食事は、皮脂の異常分泌に繋がります。糖分の摂取が増えると、分解の為にビタミンB群の消費量が増えて、ビタミンB不足になり皮脂量が増えます。

以上のように、食事によって角栓が出来やすくなる食べ物を紹介しました。

 
上記のような点を注意して、食習慣を気を付けると、皮脂の分泌を減らすことで、鼻の角栓が出来にくくする事も可能になります。

皮脂の分泌、角栓対策の食事の注意点

皮脂の分泌、角栓対策の食事の注意点を指摘する女性の写真
ここでは、皮脂の分泌や角栓対策を食事で行う場合の注意点を紹介します。
 

 

その為に、食事で皮脂の分泌、角栓対策をする為には、

  • 栄養バランスの良い食事を意識する
  • お菓子やスイーツなど、糖分が多い食べ物は、1週間に1回程度にする
  • 揚げ物やファーストフードは、控える
と言ったような点を意識した食習慣が大切になります。

 
今までに、食事について特に意識していなかった人は、食べ物を意識して変えるだけでも、皮脂の分泌量を減らす効果が期待できます。

 

生活習慣や体質・遺伝が角栓が出来る原因

生活習慣を表す部屋の写真
ここでは、生活習慣や体質、遺伝などに関した鼻の角栓が出来る原因について紹介します。

皮脂が過剰に分泌されている

肌の乾燥をイメージした乾燥した土の写真
皮脂は、肌の乾燥を防ぐ、天然の保湿成分です。しかし、皮脂の分泌が過剰になり過ぎると毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まり、角栓が出来る原因になります。

この為、保湿が十分に行われていない場合は、極度な乾燥肌になり、皮脂の分泌が過剰になっているのが原因で、角栓が出来ている可能性もあります

紫外線対策が不十分だと毛穴が開く

紫外線対策をしている女性の写真
紫外線対策を行わないと、紫外線の影響で皮膚の酸化が進みやすくなります。肌の酸化が進むと、お肌のターンオーバーを乱す原因になります。ターンオーバーが乱れて、毛穴が開く原因になります

毛穴の開きといえば、鼻や頬です。鼻や頬は、日差しが当たりやすい部分なので、紫外線の影響を受けて、お肌のターンオーバーが遅れて、毛穴が開き、皮脂や汗、古い角質が溜まり、角栓が出来やすくなります。

また、紫外線を浴びていると、肌のバリア機能が低下する事で、肌が乾燥しやすくなります。肌の乾燥が原因で毛穴の開きが悪化する場合もあるので注意が必要です。

紫外線は、たるみ毛穴の原因にもなる

紫外線をイメージした太陽の写真
紫外線は、皮膚の真皮層という部分に到達すると、コラーゲンやエラスチンと言った肌の潤い、ハリを維持するために必要な成分を変性させます。また、紫外線は、肌内部でコラーゲンの生成を行っている繊維芽細胞を劣化させる事で、肌内部でのコラーゲンが作りにくくなります。

その上に、紫外線は肌内部の乾燥を引き起こすことで、皮膚の代謝が悪くなり古い角質が溜まりやすくしています。

このように、毛穴部分の肌の潤いやハリが無くなると帯状毛穴、涙型状に繋がるたるみ毛穴になり開いた毛穴になります。毛穴が開くと、そこに皮脂や古い角質が入り込むと、角栓になります。

遺伝的な要因

遺伝をイメージした画像
角栓が出来やすい人は、元々、遺伝的に毛穴が大きいと言ったケースもあります。遺伝的に毛穴が大きいと、どうしても皮脂や古い角質が溜まりやすくなります

また、遺伝的に、皮脂線が大きく、活発な人もいます。このように、遺伝的に毛穴や皮脂腺が大きい人は、毛穴や皮脂腺を小さくするのは難しいです。

この為、普通の人よりも食べ物で皮脂が多く出るモノは出来るだけ食べないようにしつつ、ビタミンC誘導体入りの化粧水など、皮脂分泌を抑制する効果があるスキンケアを使います

この他にも、収れん化粧品のように、毛穴の引き締め効果がある化粧水を使って、少しでも毛穴が狭くなると言った努力も行うと良いです。

睡眠不足の解消

睡眠不足の解消のために、熟睡している女性
鼻の角栓を除去したい場合には、睡眠時間を十分にとって、成長ホルモンを多く分泌させることで、お肌のターンオーバーを促進させて、鼻の角栓予防、毛穴ケアを促進させる事が出来ます

そもそも、肌細胞を作り出す、お肌のターンオーバーは、睡眠中に活発に行われます。この為、睡眠不足になると、十分にお肌のターンオーバーが行われないで、古い角質が残って、角栓が出来やすくなります。

この為、鼻の角栓が気になる場合には、お肌の状態を健康に保つためにも睡眠時間を十分にとる必要があります。また、睡眠の質を良くすると成長ホルモンの分泌も良くなるので、お肌のターンオーバーがより効率的に行われるようになります。

睡眠の質を良くする方法

睡眠の質を良くする為にストレッチをする女性
睡眠の質を良くする為には、ベッドや枕が寝やすいかも大切です。

また、睡眠につく前にパソコンやスマホ、テレビなどのブルーライトを浴びると脳が興奮して睡眠が浅くなるので、見ないようにします。

また、半身浴など、お風呂でゆっくりとリラックスして、血行を良くしたうえで、風呂上りにストレッチなどをして、体温が下がってきたところで、眠りにつくと、リラックスしてより質の良い睡眠がとれるようになります。

質の良い睡眠は、皮脂分泌の抑制も期待できる

質の良い睡眠をとることが出来ると、ストレス解消の効果も期待できます。ストレスなくリラックスできれば、自律神経を整え、睡眠中に副交感神経が優位になることで、過剰な皮脂分泌を予防する効果も期待できます。

運動不足が角栓が出来る肌体質にしている可能性もある

運動不足の為に運動をする女性の写真
運動不足は、カラダの機能を低下させて、お肌のターンオーバーを悪くしたり、不健康な身体を作る可能性もあります。

 
この為、適度な運動習慣を持つことで、

  • 夜の睡眠の質が良くなったり、
  • 新陳代謝がよくなり、お肌のターンオーバーが活発になる
  • ストレス解消になり、自律神経が整い、皮脂の過剰分泌を抑える
と言ったような効果も期待できます。

 
このように、角栓除去や皮脂対策を考えた場合の運動は、基本的に息が切れるような激しい運動ではなく、ウォーキングのような有酸素運動で、毎日、継続して行えるものが適しています。

忙しく、運動習慣が持てない場合は、エレベーターのかわりに階段を使ったり、ひと駅前で降りて歩くなど、普段の生活の中で運動できる事はないか考えると良いです。

 

ストレスが角栓が出来る原因

ストレスを感じている女性の写真
過度にストレスを受けていると、自律神経の働きが乱れて、副交感神経の働きが悪くなり、交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌が活発に行われるようになり、皮脂分泌が過剰になります

ストレス解消が皮脂の分泌を抑えるポイント

リラックスするために屈伸をする男女
ストレスを溜めない為には、普段の生活の中で、趣味を持って、ストレスが解消できるのが理想です。しかし、そうそう趣味と言っても見つけるのは大変です。

そこで、ここでは、効果的にストレス解消を行う為に「運動」をオススメします。運動をすることで、リラックス効果が期待できる「エンドルフィン」精神披露に効果的な「セロトニン」の量が増加する事で、ストレスの軽減が期待できます。

ストレス解消にオススメな運動

ストレス解消の為に自転車でサイクリングをする女性の写真
ストレスを軽減するためには、運動が健康的でオススメです。ここでは、運動によって、ストレスを軽減できる方法を紹介します。
 

 
ストレスを軽減するためにオススメな運動としては、

  • ジョギング
  • 自転車
  • 水泳
  • ストレッチ
  • スポーツジム
などがあります。

 
運動としても、あまりにも激しいモノは、カラダの負担になり、ストレスになる可能性もあるので、負担にならずに続けることができるモノを選ぶと良いです。

角栓が出来た状態がすすむとどうなるか?

鼻に角栓が出来たので、どうするか悩む女性の写真
角栓を取り除く事を怠ると、その後、どのようになる可能性があるのかを紹介します。
 

 
具体的に、角栓が進と起こる可能性がある症状は、

  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴が広がる
  • ニキビが出来る
と言ったような症状が起こる可能性があります。

 

毛穴の黒ずみの原因

角栓は、皮脂や汗などが固まってできているので、放置していると酸化して黒くなり、いちご鼻と言われる毛穴の黒ずみになります。

毛穴の開きの原因

角栓が、徐々に大きくなると、毛穴の中で角栓が大きくなり、毛穴を広げる原因になります。

ニキビが出来る原因

角栓が毛穴を塞いでいると、毛穴内で雑菌が繁殖して、ニキビが出来る原因になります。

 
上記のように、角栓を放置していると、場合によっては、毛穴の黒ずみやニキビなどの肌トラブルの原因になるので注意が必要です。
 

角栓は放置しない!

角栓を放置しないように指さし確認をする女性の写真
鼻など、目立つ角栓は、放置しないのが大切です。角栓は放置していると、だんだん、大きくなって、毛穴を広げていきます。そして、酸化して毛穴の黒ずみになり、さらに進むと、毛穴を塞いで、雑菌の繁殖につながり、毛穴の黒ずみ、ニキビ、肌荒れの原因になります。

この為、角栓は放置せずに、毎日のスキンケアなどで取り除きつつ、角栓が出来ないようにする必要があります。

角栓が出来ないようにする基本的な考え方

角栓が出来ないように考えている女性の写真
基本は、クレンジングと洗顔、保湿です。洗顔とクレンジングで、汚れを落とします。その後、保湿で、肌の乾燥を防ぎます

皮脂でベトベトの鼻をしている人は、脂性だと思っていた人が実は、極度の乾燥肌が原因で、肌を守るために皮脂が大量に分泌されていたというケースもあります。この為、クレンジング、洗顔、保湿が必須になる訳です。

クレンジングは、厚めの化粧をしている人は必須です。薄い化粧なら、洗顔で落とせればクレンジングを行わなくても良いです。

保湿では、化粧水でビタミンC誘導体美容液、乳液でセラミドなど、保湿成分をシッカリと取ると良いです。

間違い!?自分で無理な取り方、角栓除去で、悪化する危険性!

危険性を意味する写真
鼻などで目立つ角栓は、皮脂や古い角質(皮膚)などが固まって出来ている物です。通常は、お肌のターンオーバーと共に自然に取れていくのです。

しかし、角栓が気になり自分で取り除く人もいます。ここでは、自分で角栓を強引に取り除いた場合に、起こる可能性がある危険性について紹介します。
 

角栓が、さらに大きくなる危険性!

自分で角栓を取り除くと、場合によっては皮膚が敏感に反応して、さらに新しい皮脂や角質を過剰に作り始めて、以前より大きな角栓が出来る可能性があります。

さらに、より大きくなった角栓を取り除くと、また、過剰に皮脂や角質が過剰に作られてしまうといった悪循環になる場合があります。この状態がすすんでいくと、お肌のターンオーバーだけでは、自然に角栓の排出ができない為に、大きな角栓が出来る可能性があるので注意が必要です。

毛穴を傷つける危険性!

角栓は、思ったよりも毛穴の奥まであります。無理に、角栓を取り除いていると、毛穴にダメージになるので、場合によっては炎症を起こしたり、毛穴が広がると言った可能性もあります。

皮膚を傷つける危険性!

ピンセットやコメドプッシャーなどの器具を使うと、面白いように角栓が取れます。しかし、器具を使って、肌に傷をつけると、シミが出来る可能性が増すので注意が必要です。
 
もしも、上記のような事を知らず知らずにしている場合には、それが、皮脂の分泌や角質が増えている可能性もあるので、要チェックです。

角栓除去・毛穴ケアの方法&危険性・注意点

角栓除去、毛穴ケアの方法を紹介する女性の写真
パックや器具で鼻の角栓除去を自分取り除くと、ゴソッと取れて爽快ですし、肌もキレイになります。しかし、一時的に肌がキレイになったとしても、長い目で見た場合には、より状態が悪化する角栓の取り方もあります

また、肌の質によっても、合う方法、合わない方法、色々だと思います。ここでは、毛穴の角栓の除去、取り方を紹介しつつ、それぞれの危険性、注意点なども紹介しています。
 

 
具体的な角栓の除去方法とその注意点や危険性としては、

  • 泡立ちの良い洗顔料で、洗顔する
  • 洗顔後の保湿化粧品は、シッカリと保湿できる成分を選ぶ
  • 毛穴の引き締め効果がある化粧品を使う
  • 収れん化粧品で毛穴を引き締める
  • 肌をゴシゴシと擦るような洗顔
  • 毛穴シートパックを頻繁に行う
  • オロナインと毛穴パック
  • ワセリンと毛穴パック
  • 重曹洗顔・重曹パックを行う
  • オイルパック&マッサージ
  • 酵素洗顔
  • 洗顔後の保湿
  • ピーリング
  • 日焼け止め・紫外線対策
  • ピンセットや毛抜きで、角栓を引き抜く
  • コメドプッシャーで角栓を取り除く
  • 洗顔ブラシを使う
  • 角栓培養
  • 綿棒でのケア
  • クレイ(泥)の石鹸での洗顔
  • 毛穴吸引器の利用
  • 角栓を指で押しだして取りだす
  • 毛穴体操で、角栓が取りやすい肌にする
  • 洗顔のしすぎと感じたら、洗顔料の使用を1日に1回に減らす
  • フェイス用ピーリングパフの利用
  • 卵白洗顔
  • 氷水洗顔
  • ぬるま湯洗顔
  • ハチミツ洗顔
  • 炭酸洗顔
  • ベビーパウダー洗顔
  • 呼吸洗顔
  • 塩洗顔
  • ガーゼ洗顔
  • 手ぬぐい洗顔
と言った方法は、症状を悪化させる可能性があるので、注意して利用する必要があります。

 
上記の角栓除去で、危険性や注意が必要な方法を詳しく解説していきたいと思います。
 

泡立ちの良い洗顔料で、洗顔する

泡の写真
泥石鹸などの特殊な目的を持っている時以外は、洗顔時に使う洗顔料は、基本的にシッカリと泡立てる事が出来るモノを使うのがオススメです。

シッカリとした泡で洗顔するメリットとは?

シッカリとした泡で洗顔する場合のメリット、利点について紹介します。
 

 
シッカリとした泡で洗顔するメリットは、

  • 毛穴の奥の角栓や皮脂などの汚れを吸い取る
  • 毛穴の奥の汚れも取り除ける
  • 泡なので、肌へのダメージが軽減される
と言ったメリットがあります。

 
肌の汚れをシッカリと取り除きつつも、肌へのダメージを抑えるためには、泡洗顔を行うのが大切です。

洗顔後のケアが角栓ケアには大切!

シッカリとした泡で洗顔するメリットを説明する女性の写真
洗顔を行った後は、肌が無防備になっている状態です。この為、洗顔後のスキンケアが非常に大切になります。
 

 
具体的な、洗顔した後に必要なスキンケアとしては、

  • シッカリすすいで洗い残しが無いようにする
  • 洗い残しがあると、肌へのダメージ、肌荒れ、ニキビ、毛穴の黒ずみの原因になります。

  • ぬるま湯ですすぐ
  • 熱めのお湯ですすぐと、天然の保湿効果がある皮脂やその他の成分が溶け出して肌が乾燥します。また、冷たい水だと毛穴が閉じて、汚れを取りにくくなります。

  • 保湿をシッカリと行う
  • 洗顔後は、皮脂などの天然の保湿成分が減っています。この為、乾燥しやすい状態になっているので、シッカリと保湿を行う必要があります。

と言った事が大切になります。

 
上記のように、洗顔を行う場合には、その後のケアをシッカリと行わないと、肌荒れや乾燥によって、皮脂の分泌が過剰になって、毛穴の黒ずみ、鼻の角栓の原因になるので、保湿ケアは、特に意識して行う必要があります。

 

洗顔後の保湿化粧品は、シッカリと保湿できる成分を選ぶ

スキンケア化粧品の一覧写真
洗顔後は、肌が乾燥しやすい状態になっています。シッカリと保湿を行わないと、肌が乾燥しやすくなり、肌を守るために、自然に皮脂の分泌が過剰になる場合があります。
 

 
この為、洗顔後のスキンケアとして取りたい美容効果は、

  • 保湿をシッカリと行える成分
  • 皮脂の分泌量を整える成分
と言った点が大切になります。

保湿はシッカリと行える成分

特に、保湿効果が期待できる成分としては、

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
と言ったような成分が入っている化粧品を選ぶ必要があります。

皮脂の分泌量を整える成分

皮脂分泌を整える効果が期待できる美容成分としては、

  • ビタミンC誘導体
  • アルファヒドロキシ酸(AHA)
  • ビタミンB群
と言ったような成分が皮脂分泌を抑えるのに効果が期待できます。
 
もしも、ここで紹介している美容成分が入っていない化粧品を使っている場合には、上位のような美容成分が入っているモノに変えてみると良いです。

 

毛穴の引き締め効果がある化粧品を使う

引き締め効果が期待できる化粧品のイメージ写真
毛穴の黒ずみや、鼻の角栓が出来やすい人というのは、毛穴が広がっている場合に、皮脂や古い角質が詰まりやすくなっているのが原因である場合もあります。

この為、洗顔後の化粧水、美容液などで、毛穴を引き締める効果が期待できる化粧品を使うと良いです。
 

 
具体的に、毛穴の引き締め効果が期待できる美容成分としては、

  • ビタミンC誘導体
  • 毛穴の引き締め効果に加えて、皮脂分泌を抑え、美白効果、肌のキメを整えるなど多くの美容効果が期待できます。

  • フラーレン
  • 高い抗酸化力によって、毛穴の引き締め以外にも、シミ、そばかす、しわ、たるみに効果が期待できます。また、コラーゲンの生成を促し、保湿効果もあります。

  • EGF
  • 人体にある成分で、お肌のターンーバーに使われる成分ですが、年齢と共に減少するので、お肌のターンオーバーを正常にするのに有効的な美容成分です。

  • セラミド
  • セラミドは水分保持の保湿効果が高い美容成分です。乾燥は、皮脂分泌の原因になります。シッカリと保湿されていれば、ふっくらとした肌で毛穴が目立たなくなります。

  • AHA
  • AHAは、ピーリングに使われている成分で、古い角質を落とし、お肌のターンオーバーを整えて、毛穴の黒ずみや開きの改善に効果が期待できます。

と言ったような成分が、毛穴の引き締め効果が期待できます。

 
毛穴の引き締めをしたい場合には、上記のような美容成分が入っている化粧品を選ぶと良いです。

 

収れん化粧品で毛穴を引き締める

収れん化粧品のイメージ写真
毛穴を引き締める化粧品としては、収れん化粧品を使うのも効果的な方法です。

具体的な収れん化粧品の美容成分としては、

冷水で毛穴を引き締めるのは注意が必要

毛穴を引き締める方法としては、冷水を使う方法が有名だと思います。
 

 
具体的な収れん化粧品の美容成分としては、

  • イノバラ果実エキス
  • イタドリ根エキス
  • コショウソウ芽エキス
  • 塩化Na(ナトリウム)
  • アーチチョーク葉エキス
  • ハマメリスエキス
と言ったような成分を含めている化粧品を使うと毛穴の引き締め効果が期待できます。

 
特に、毛穴の開きが気になる人は、収れん化粧品を使って、毛穴をキュッと引き締めると良いです。

 

肌をゴシゴシと擦るような洗顔

ゴシゴシ洗顔をする女性の写真

鼻の角栓を取りたいと思い、肌をゴシゴシと擦るように洗顔する人がいますが、このように、ゴシゴシ洗顔するのは、肌や毛穴に悪影響を与える可能性があります。
 

 
具体的に肌をゴシゴシ擦ると

  • 肌を傷つけやすくなる
  • 肌を刺激してメラニン色素の生成の原因になる
  • 必要以上に皮脂や角質を落とし肌が乾燥する
と言ったように肌に悪い影響を与える可能性があります。

 
メラニン色素の生成が進むと、シミ、くすみの原因になります。また、肌が乾燥すると、さらに皮脂の分泌が過剰になり、鼻の角栓が増える可能性があります。

 

毛穴シートパックを頻繁に行う

毛穴シートパックを実践する女性の写真
毛穴シートパックは、鼻に貼って、乾いたらはがすと、鼻の角栓がゴソット摂れる、定番の商品です。しかし、毛穴パックは、頻繁に使っていると、逆に肌や毛穴を傷つけて、悪化させる可能性があります。
 

 
具体的な毛穴パックによる危険性、注意点としては

  • 毛穴周辺の皮膚も一緒にはがす
  • 皮膚を傷つける
  • 肌が乾燥しやすくなる
  • 皮脂の分泌が増える可能性がある
  • 毛穴パックの刺激で色素沈着のシミが出来る可能性がある
  • 毛穴が広がる可能性がある
と言ったような点があります。

 
上記のような症状は、頻繁に毛穴パックを使った場合に凝る可能性があります。適切な頻度で使えば、毛穴パックの危険性を下げることは出来ます。

毛穴パックを利用する頻度は!?

毛穴パックを利用する頻度をチェックするカレンダーの写真
毛穴パックを利用する頻度は、1週間~2週間に1回など、使う場合は、間を出来るだけ開けた方が良いです。

お肌のターンオーバーの周期を考えた場合には、1ヵ月~2ヵ月に1度でも良いと思います。
 

 
お肌のターンオーバーの周期の例
20代:28日
30代:40日
40代:55日
50代:75日

頻繁に毛穴パックを行ってはいけない理由とは!?

頻繁に毛穴パックを行ってはいけない理由は、肌が再生される前に、何度も毛穴パックを行うと、肌が傷つくからです。毛穴パックは、強力なテープです。テープをはがす時に、皮膚の表面が剥がれています。これを何度も行うと皮膚が薄くなるので、肌トラブルの原因となります。

また、毛穴パックを行った後は、鼻の角栓が取れて、毛穴がパックリ開いている状態なので、無防備です。この為、毛穴パックの後は、化粧水や美容液、乳液、クリームなどで、栄養を与え保湿をキチンと行う必要があります

 

オロナインと毛穴パック

オロナインのイメージ写真
オロナインパックと毛穴パックを併用すると、驚くほど鼻の角栓が取れると話題になっている方法です。オロナインを塗ることで、角栓が取れやすくなり、その後の毛穴パックの効果が増し、根こそぎ角栓が取れます
 

 
具体的なオロナインと毛穴パックの方法は、

  • 最初に洗顔で綺麗にしておく
  • 蒸しタオルで毛穴を開く
  • オロナインを鼻全体に、たっぷり塗る
  • オロナインは10分~15分待つ
  • ぬるま湯でオロナインを洗い流す
  • 毛穴パックで、毛穴の角栓を除去する
  • 化粧水や美容液などで保湿する
と言ったような手順になります。

 
上記のような手順で、オロナインパックを行った後に、毛穴パックを使うと、ゴッソリと鼻の角栓を除去することが出来ます。

なぜ、オロナインが効果があるのか?

オロナインが効果があるのか考えている女性の写真
なぜ、オロナインパックを毛穴パックの前に行うと、角栓が、ゴッソリと取れるのかの理由は分かっていません。

一説によると、オロナインに入っているワセリンやオリーブオイルが角栓に作用しているので、毛穴パックをしたときに、角栓が抜けやすくなるのではとも言われています。

オロナインと毛穴パックの危険性・注意点

オロナインと毛穴パックの危険性や注意点を説明する女性の写真
オロナインと毛穴パックの危険性は、基本的に、毛穴パックのケースと同じです。
 

 
基本的なオロナインと毛穴パックの危険性としては、

    • 肌が傷つく
    • 肌が荒れる
    • 肌が乾燥する
    • 皮脂の分泌がより増える
    • 角栓が大きくなる
    • 毛穴パックの刺激でシミになる
    • 毛穴が広がる
と言ったような危険性があります。

 
毛穴パックを頻繁に行うと、肌が傷つ、荒れたり、乾燥します。肌が乾燥や荒れると、皮膚を保護する為に、皮脂の分泌が過剰に行われるようになります。その結果、角栓が今までよりも大きくなる可能性もあります。

 

ワセリンと毛穴パック

ワセリンのイメージ写真
ワセリンは、元々、皮膚の保護や保湿の為に作られた化粧品、医薬品です。ワセリンで、肌を保湿する事で、皮脂分泌を抑えて、角栓が出来にくくする効果も期待できます

さらに、ワセリンでパックをした後に、毛穴パックを行うと、より鼻の角栓が取れると人気です。ワセリンは皮脂と混ざることで、角栓を柔らかくして、洗い流すときに角栓を小さくする効果が期待できます

ワセリンでパックする効果とは?

ワセリンでパックして効果を試す女性
ワセリンで行う毛穴パックが、どのような効果、効能が期待できるのかを紹介します。
 

 
この他にもワセリンの効果としては、

  • 角栓を小さくする
  • 肌のバリア機能を高める
  • 皮膚の代謝を良くする
  • 保湿効果
  • 角栓を出来にくい肌にする
  • 角栓予防にもなる
と言ったような効果が期待できます。

 
上記のように、保湿やバリア機能は、ワセリンの元々の効果効能だと思いますが、角栓を小さくしたり、予防効果も期待できるようです。

ワセリンパックの方法

ここでは、ワセリンパックの方法、やり方を紹介します。
 

 
具体的なワセリンパックの方法は、

  • 洗顔で肌を綺麗にする
  • 毛穴を開く為に蒸しタオルを使う
  • 厚めにワセリンを塗る
  • 一晩、ワセリンを塗ったままにする
  • 翌朝、洗い流す
と言ったような手順になります。

 
この後、毛穴パックをすると、ゴッソリと鼻の角栓を除去することが出来ます。ただし、毛穴パックを行うと、肌が傷つくので、オススメできません

ワセリンパックの注意点

ワセリンパックの注意点、危険性を説明する女性の写真
ワセリンは、肌の保湿や保護の為に作られて化粧品、医薬品なので、安心して使えると思っている人も多いと思います。
 

 
しかし、ワセリンを利用した場合の危険性や注意点としては、

  • ワセリンが石油由来なので、塗った部分を日焼けするとシミになる
  • ワセリンの純度が低いと肌荒れを起こす
  • 油分で毛穴を蓋するのでニキビが出来る場合がある
と言った様に、ワセリンパックには、注意する点もあります。

 
ワセリンを使った、鼻の角栓の除去方法は、民間療法的なモノなので、不確かな部分もあるので、肌の状態をみつつ、取り入れて行く必要があります。

 

重曹洗顔・重曹パックを行う

重曹パックの準備をする写真
「重曹洗顔」、「重曹パック」を行うと、鼻の角栓がボロボロ落ちたり、毛穴の汚れが落ちてツルツルになると人気な方法です。

重曹の粒子は、スクラブ洗顔に含まれる粒子よりも細かい事から、毛穴の奥の汚れも書き出す効果が期待できます。基本的な角栓除去での使い方は、「重曹を洗顔フォームに混ぜて洗顔する」、「重曹を水で溶いてパックする」と言った方法になります。

使う重曹は、どんなモノが良いのか?

どの重曹を使うか考える女性の写真

重曹は、食用と掃除用があります。基本的に肌への刺激が少なくする為に、食用に作られている重曹を使うと良いです。食用でない重曹は、粒子が大きいモノがあり、肌を傷つけやすいケースもあります。

重曹洗顔の方法・手順

重曹洗顔をする女性のイメージ写真
ここでは、重曹を使った角栓を除去する洗顔の方法を紹介します。
 

 
具体的な重曹洗顔の方法、手順としては、

  • 洗顔フォームを泡立てる
  • 小さじ一杯の重曹を泡に混ぜる
  • 重曹と泡は良く混ぜる
  • 肌が傷つくので、ゴシゴシ洗わない
  • 泡で顔を洗うように優しく洗う
と言った方法が、毛穴の奥の角栓も取れると人気の洗顔方法です。

 
重曹は、粒子が細かいので、手でゴシゴシと洗うと、肌が傷ついて、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

重曹パックの方法・やり方

重曹パックをする女性の写真
ここでは、重曹を使ったパックの方法、やり方を紹介します。
 

 
具体的な重曹パックの方法・やり方としては、

  • 粒状の重曹を大さじ2杯分を用意する
  • 適量の水と重曹を混ぜる
  • 重曹は、顔に塗っても垂れない程度のペースト状にする
  • 蒸しタオルで毛穴を開く
  • ペースト状の重曹を塗る
  • 10分放置する
  • 擦らないで優しく洗い流す

 
重曹パック中に、肌がピリピリしたり、刺激を感じた場合には、10分待たずに洗い流しましょう

スキンケアで期待できる重曹の効果とは?

スキンケアで期待できる重曹の効果を考える女性
重曹は、天然成分で、食品としても使われているので、比較的に安全に使えると思います。
 

 
特に、重曹をスキンケアで使った場合に期待できる効果としては、

  • 弱アルカリ性で、蓄積された古い角質を除去する
  • 肌の新陳代謝を促すピーリング効果
  • 細かい粒で、毛穴の奥まで洗う
と言ったような効果が期待できます。

 
重曹をスキンケアに使うことで、上記のようなメリットや利点があるようです。

重曹をスキンケアに使う危険性・注意点

重曹をスキンケアに使う危険性や注意点を紹介する女性の写真
ここでは、重曹をスキンケアに使った時の危険性について紹介します。
 

 
重曹をスキンケアに利用する時の注意点、危険性としては、

  • 一般的に手に入る重曹が粒子が粗い
  • 重曹の研磨作用で肌の黒ずみの原因になる
  • 擦ると色素沈着によるシミ、くすみの原因になる
  • 日常的に使うと炎症を起こす可能性がある
と言ったような点が挙げられます。

 
以上のように、重曹をスキンケアに使う場合には、ちょっとしたミスで、大きな肌へのダメージになるので注意が必要です。

重曹パックや重曹洗顔の頻度

重曹パックや重曹洗顔の頻度をはかるカレンダーの写真
重曹は、粒子が細かく、研磨作用が強いので、毎日、パックや洗顔に使うのは危険です。ピーリングや酵素洗顔のように、肌を傷めないように、期間を空けて使う必要があります。

重曹をスキンケアに使うよりも安心な方法

重曹をスキンケアに使うよりも安心を感じる女性の写真
価格を考えると重曹パック、重曹洗顔は、非常にお手軽に出来ていい方法です。しかし、ネットで話題になっている方法で、一時、上手くいった方法でも、繰り返し行っていると、逆に、肌がボロボロになっている可能性もあるので注意が必要です

この為、重曹をスキンケアに使うよりは、美容について考えて作られている「ピーリング剤」、「酵素洗顔」を使うのが、安心して、歯なんお角栓除去が出来る方法だと思います。

⇒ピーリングとは?
⇒酵素洗顔とは?

オイルパック&マッサージ

マッサージをする女性の写真
オイルクレンジングは、基本的に刺激が強いので、手短に化粧を落とすのに使います。角栓を落とそうと思い使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまうので、注意が必要です。
 

 
オイルパックに使うと良いと言われているオイルは、

  • オリーブオイル
  • ホホバオイル
  • 馬油
と言ったようなオイルです。

 
それぞれのオイルについては、個別に下記で紹介します。
 

オリーブオイルのマッサージ

オリーブオイルの写真
オリーブオイルは、人間の皮脂に近い成分で、毛穴の中の皮脂を溶かしやすくする効果が期待できます。

鼻の角栓や毛穴の黒ずみの除去には、オリーブオイルを使ったマッサージが効果的です。ただし、1回で鼻の角栓や毛穴の黒ずみがなくなる訳ではないです。

オリーブオイルの効果とは?

オリーブオイルの効果を考える女性の写真
ここでは、オリーブオイルが、どのような美容に良い効果がるかを紹介します。
 

 
具体的なオリーブオイルの美容効果で期待できる内容は、

  • レチノールやビタミンEが入っている
  • 美容効果が高いオイル
  • オレイン酸、ステアリン酸による保湿効果
  • 毛穴の皮脂を溶かしやすい
  • 角栓と構成が血かい油分で角栓と馴染みやすい
  • 乾燥肌の人にもオイルの保湿効果で使いやすい
と言ったようなメリットが期待できます。

選ぶオリーブオイルの種類は?

ここでは、オリーブオイルを使ったマッサージで使うといい、オリーブオイルの種類について紹介します。
 

 
具体的に、オイルマッサージに良いオリーブオイルとしては、

  • 食用のエクストラバージンオリーブオイル
  • 薬局にある医薬品のオリーブオイル
を使うようにしましょう。

 
オリーブオイルには、いくつか種類がありますが、肌への負担を減らす為に、基本的に純度の良いモノを選ぶのがポイントです。

また、オリーブオイル洗顔、クレンジングオイルを選ぶときは、界面活性剤が入っていると肌の刺激になるので、食用のエキストラバージンオイルを使うのが良いです。

オリーブオイルマッサージの方法

マッサージをする女性
ここでは、オリーブオイルを使ったマッサージ方法を紹介します。
 

 
具体的なオリーブオイルのマッサージの手順としては、

  • ①人肌にオリーブいるを温める
  • ②大さじ1杯程度のオリーブオイルを手に取る
  • ③薬指、中指、人差し指の腹で、オリーブオイルを塗っていく
  • ④角栓が多い鼻全体にオイルを馴染ませる
  • ⑤次は、オデコ、頬、口周りと洗っていく
  • ⑥汚れを浮かせる為に、1分~2分置いておく
  • ⑦再度、オイルを手に取って、優しくマッサージ
  • マッサージは、ゴシゴシ擦らない。滑りが悪い場合はオイルを足す

  • ⑧ティッシュでオイルを拭き取る
  • オリーブオイルは、洗顔前に、ティッシュで取り除きます。ティッシュは折りたたんで、肌にあてて、顔のオリーブオイルをティッシュに吸わせるようにします。ゴシゴシとティッシュで、顔を擦ると肌の刺激になるので止めましょう。

  • ⑨蒸しタオルで毛穴を開く
  • 蒸しタオルを用意して、顔に10秒ほど乗せて、顔についているオリーブオイルを取りのぞくここでも、ゴシゴシと擦らない
    蒸しタオルは、2回ぐらい繰り返します。

  • ⑩通常の洗顔を行う。
  • 洗顔時は、出来れば、無添加など、肌に優しい洗顔料を使って、洗顔をして汚れを綺麗に取り除きます。

  • ⑪洗顔後は、保湿をシッカリと行う
  • オリーブオイルのマッサージ、洗顔を行うと、皮膚表面や毛穴の汚れや保湿成分も取れています。この為、化粧水、美容液、乳液、クリームで、十分に保湿をして、肌を守らないと、皮脂の分泌が増えるので注意が必要です。


以上のような方法で、オリーブオイルの洗顔を行うと良いです。
オリーブオイルマッサージの注意点

オリーブオイルマッサージの注意点を説明する女性の写真
オリーブオイルは、肌に優しいので、マッサージに使うには良いオイルです。ただし、使い方を間違えると、肌を傷める原因になるので注意が必要です。
 

 
具体的なオリーブオイルのマッサージの注意点としては、

  • ゴシゴシ擦って洗うとシミの原因になる
  • 洗い残しのオリーブオイルが肌にあるとニキビの原因になる
  • 洗顔後の保湿ケアをシッカリと行わないと乾燥肌になる
  • 毎日行うと、肌の調子が悪くなる
と言ったような点を注意する必要があります。

 
オリーブオイルを使ったマッサージを行う場合は、上記のような点は注意する必要があります。詳細は、下記で詳しく紹介します。

ゴシゴシ擦って洗うとシミの原因になる

鼻の角栓や毛穴の黒ずみを早く取りたいと思うと、ゴシゴシと擦りがちです。しかし、角栓はゴシゴシ擦ったぐらいでは除去できるモノでもありません。肌をゴシゴシと擦ることで、肌に過剰な刺激になり、シミやくすみの原因になる可能性もあるので、ゴシゴシと擦るのは止めましょう。

洗い残しのオリーブオイルが肌にあるとニキビの原因になる

オリーブオイルでマッサージをした後は、洗顔で、シッカリと、オリーブオイルを洗い流す必要があります。オリーブオイルが肌に残ると、雑菌が繁殖してニキビが出来る可能性があります。この為、1度洗顔しても肌がベタついているようなら、2度洗いを行う必要があります。

洗顔後の保湿ケアをシッカリと行わないと乾燥肌になる

オリーブオイルは、人間の皮脂に近いので、皮脂が普段の洗顔よりも溶け出しています。この為、洗顔後は、肌を守る保湿用の皮脂も減っている可能性があります。この為、いつも以上にシッカリと保湿をしないと、肌が乾燥して、逆に皮脂の分泌が過剰になる可能性があります

毎日行うと、肌の調子が悪くなる

鼻の角栓、毛穴の黒ずみを、少しでも早く取りたいと思い、毎日、オリーブオイルを使った洗顔を行うと、肌の調子が悪くなります。1週間に1回~2回が適当な回数です。

 

ホホバオイルのマッサージ

ホホバオイルのイメージ写真
ホホバオイルで、マッサージする事で、角栓除去を目指すことが出来ます。特にホホバオイルは、人間の皮脂に近い成分で、赤ちゃんでも使えるオイルなので、比較的に、安全、安心して使える方法です。

ホホバオイルを使うメリットとは!?

ホホバオイルを使うメリットとは何かを紹介する女性の写真
ここでは、ホホバオイルを角栓除去のマッサージに使うメリットを紹介します。
 

 
具体的なホホバオイルのメリットとしては、

  • 天然で、安全性が高い低刺激なオイル
  • 人の肌に近い成分で、肌になじみやすい
  • 肌に潤いを与える
  • 角質に含まれているワックスエステルがホホバオイルにも含まれている
  • ビタミンが含まれており肌の状態を整える
  • 色々な人の肌質に合いやすい
  • 世界一酸化しにくいオイル
  • 分子の構造が小さいので浸透性が高い
  • 毛穴の奥に浸透し、角栓、皮脂、角質を浮かび上がらせる
  • 皮脂の過剰分泌を抑える作用がある
  • 皮脂に似ている成分なので、汚れを落としやすい
  • 顔についている雑菌から肌を守る
と言ったような効果が期待できます。

 
以上のような効果がホホバオイルには、期待できるので、鼻の角栓除去にも期待できます。

ホホバオイルマッサージの方法・手順

ホホバオイルマッサージの方法や手順を紹介する女性の写真
ここからは、ホホバオイルを使ったマッサージの方法としての手順を紹介します。
 

 
具体的なホホバオイルでのマッサージ方法としては、

  • ①洗顔で汚れを落とす
  • ②蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開く
  • ③500円玉くらいのホホバオイルを手に取る
  • ④手でホホバオイルを人肌程度まで温め浸透力をアップさせる
  • ⑤角栓が気になる部分にホホバオイルをのせる
  • ⑥優しくオイルマッサージをする
  • ⑦10分放置して、オイルパックをする
  • ⑧ぬるま湯で洗い流す
  • ⑨洗顔する
  • ⑩保湿する
と言ったような手順で行います。

 
ホホバオイルを使ったマッサージで、角栓や皮脂にアプローチして、普通に洗顔するだけよりも、より効果が期待できます。

ホホバオイルを使ったマッサージの注意点・危険性

ホホバオイルを使ったマッサージの注意点や危険性を紹介する女性の写真
ホホバオイルを使ったマッサージは、角栓除去や毛穴ケアには効果が期待できる方法ですが、注意点や危険性もあります。ここでは、ホホバオイルのマッサージ、パックの注意点を紹介します。
 

 
具体的なホホバオイルのマッサージ、パックの注意点、危険性としては、

  • 指で擦ってマッサージする
  • 皮膚の表面を傷つけ、肌の乾燥、トラブルを起こし、皮脂の分泌が増える可能性があります。

  • ホホバオイルが足りない状態でマッサージをする
  • ホホバオイルが足りない状態でマッサージをすると、皮膚と指で摩擦が起こり、肌を傷つけてしまう。

  • 毎日のように頻繁にホホバオイルを使う
  • 角栓が詰まった毛穴は、ただでさえ開いている状態です。それが、頻繁にホホバオイルを使うと、さらに毛穴が開いた状態になる。

  • ホホバオイルを洗い残さない
  • ホホバオイルは、洗顔でキレイに洗い流さないと、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因になります。この為、1度洗顔して、ベタつきがある場合は、2度洗いをする必要があります。

  • 保湿は必ず行う
  • ホホバオイルのマッサージ、パックと洗顔を行った後は、肌の天然の保湿成分である皮脂もかなり減っている状態になっています。この為、十分に保湿を行う必要があります。もしも、保湿を怠ると、肌が乾燥して、過度な皮脂の分泌の原因になります

ホホバオイルを使う頻度は!?

ホホバオイルを使う頻度を紹介するカレンダーの写真
ホホバオイルは、毎日や頻繁に使うと逆に毛穴が開く原因になったり、肌の乾燥の元にあんる可能性があります。この為、ホホバオイルを使ったマッサージ、パックは、週に1度程度が良いと思います。

ただし、敏感肌や酷い乾燥肌、ホホバオイルのマッサージ、パックで違和感を感じた人は、さらに、使う頻度を下げる必要があります。

 

馬油のオイルを使ったパック

馬の写真
馬油は、食べても副作用がない事から、安全、安心な油で、アトピーニキビ、火傷、ひび、あかぎれ、痔、肌荒れなどの民間治療薬として広く知られています。

馬油の効果効能とは?

馬油の効果効能とは何かを考える女性の写真
ここでは、馬油の効果効能について紹介します。

 

具体的な馬油の効果、効能としては、

  • 浸透力が強力
  • 抗酸化作用
  • 殺菌作用
  • 炎症を沈めて熱を取り去る
  • 保湿作用
  • 血液循環促進
  • 植物性脂肪と動物性脂肪の中間
  • 皮脂を抑える
  • 角栓予防
  • 肌に張りを与える
と言ったような事が期待できます。

 
馬油は、かなり安心して利用することが出来るオイルである事が分かると思います。

馬油の使い方

馬油の使い方を紹介する女性の写真
ここでは、馬油を使った、スキンケアの方法を紹介します。
 

 
具体的な馬油の使い方、手順としては、

  • ①洗顔で肌の汚れを落とす
  • ②肌が濡れている状態で馬油を顔につける
  • ③馬油は、塗ると言うより、薄く伸ばす感じで塗る
  • ④2分~3分待つ
  • ⑤化粧水を付ける
  • ⑥美容液、乳液、クリームで保湿する
と言ったような手順で使うことになります。

 
馬油の特徴は、洗い流す必要がない点です。基本的に化粧水の導入役として、使えば、皮脂を抑えて角栓予防にもなります。

オイルクレンジングが効く人、効かない人の見分けが出来る

オイルクレンジングが効く人、効かない人の見分けが出来る事を知って喜ぶ女性の写真
もちろん、全ての人が角栓の主成分が70%のタンパク質だとは、断言できません。しかし、毛穴の黒ずみ対策として、オイルクレンジングを行って、効果がない人の場合は、この情報が参考になります。

もしも、オイルクレンジングを試して、改善が見えない場合は、タンパク質が多い角栓の体質だと判断できます。これに対して、オイルクレンジングで、鼻の角栓除去が出来た場合は、油分である皮脂の割合が多く効果が実感できたと言うことです。

このように、もしも、タンパク質の割合が多い鼻の角栓、毛穴の黒ずみの人は、オイルクレンジングは効果がない可能性があるので、継続する必要はありません。他の鼻の角栓を除去する方法、毛穴ケアを試すと良いです。

 

酵素洗顔

酵素洗顔を使っている女性の写真
酵素とは、体内で食べ物を分解する働きをするモノです。これを洗顔料にしたのが「酵素洗顔」です。酵素洗顔の特徴は、パウダー状になっている点です。

パウダー状の酵素洗顔に水をかけると活性化して、酵素の分解力で、脂質(皮脂)やタンパク質(古い角質)、角栓(皮脂と古い角質のかたまり)を取り除く働きがあります

酵素洗顔のメリット・利点とは?

酵素洗顔のメリットや利点とは何か考える女性の写真
酵素洗顔には、どのようなメリット、利点があるのでしょうか?
 

 
具体的な酵素洗顔のメリット、利点としては、

  • 酵素の力で古い角質を分解し、くすみを解消
  • 酵素洗顔後に化粧水などの浸透率がアップする
  • 毛穴の角栓を分解して洗い流す
  • 毛穴の黒ずみを綺麗いする
  • お肌のターンオーバーを助ける
と言ったような効果が期待できます。

 
上記のような効果は、人それぞれの肌の状態によっても効果が実感できるまでには違いはあると思いますが、基本的に、2週間~3ヵ月程度で、酵素洗顔の効果を実感できるようになると言うのが、目処のようです。

酵素洗顔を効果的に使う為のポイント・注意点

酵素洗顔を効果的に使う為のポイントや注意点を説明する女性の写真
せっかく酵素洗顔を利用するのであれば、具体的に、どのようにすれば、酵素洗顔で、より効果が実感しやすくなるのか知りたいと思います。
 

 
その為、ここでは、具体的に、酵素洗顔を効果的に使うポイント、注意点として、

  • 酵素洗顔のパウダーには「ぬるま湯」をくわえる
  • ぬるま湯を使うことで、酵素の働きが良くなります。

  • 良く泡立てて、普段以上に優しく洗う
  • 酵素洗顔は、洗浄力が強いのでは、例えば、顔に泡を乗せてすすぐ程度など、かなり優しく洗うだけで十分に効果が期待できます。

  • 朝より、夜、寝る前の利用が効果的
  • 酵素洗顔で皮脂や古い角質を取り除くので、後のスキンケアの浸透が良くなるので、夜に、シッカリと、丁寧に時間をかけてスキンケアをすると良いです。また、睡眠中の成長ホルモンの分泌に備えて、化粧水や美容液の栄養成分を肌に浸透できる。

  • 肌に無理のない頻度で使う
  • 洗浄効果が高い酵素洗顔は、頻繁に使うと、洗い過ぎで、保湿に必要な皮脂や角質を取り除いて、肌が薄くなりすぎると、肌が乾燥しやすくなります。

  • 肌が荒れている時は利用しない
  • 肌が荒れている時に、酵素洗顔を使うと、洗浄力が強いので、逆に、肌を傷めてしまいます。肌荒れ中は、酵素洗顔は使わずに、化粧水、乳液、クリームで保湿をして、肌の回復に専念しましょう。

  • 紫外線対策の日焼け止めはシッカリ使う
  • 酵素洗顔は、普通の洗顔料と比べ、皮膚の表面の古い角質を溶かす効果が強いので、洗顔後に紫外線を浴びると、紫外線の影響を受けやすくなっています。この為、普段以上に日焼け止めを塗ったり、化粧下地でUVケアのモノを使い、紫外線から肌を守る必要があります。

 
と言ったよう点を紹介します。以上のように、酵素洗顔は、効果が強いだけに、使い方を間違えると肌荒れの元になるので注意して使いましょう。

 
酵素洗顔は、正しく使うことで、その効果を実感し、鼻の角栓除去を行うことが可能になります。

酵素洗顔を使い過ぎた場合の対策

酵素洗顔を使い過ぎた場合の対策を実施する女性の写真
元々、肌の表面の角質は、紫外線や乾燥などの外部の刺激から、皮膚を守っている働きがあります。酵素洗顔は、この肌の表面の角質を取り除きます。

この為、洗浄力が強い酵素洗顔で、毎日、肌の表面の角質を取り除くと、角質が薄くなりすぎて、紫外線や乾燥など、そとからの刺激から守れなくなる場合があります。

もしも、酵素洗顔を使い過ぎて、皮膚に異常を感じた場合には、「保湿」と「紫外線対策」をシッカリと行って、肌を守る必要がります

混合肌の人の対策

混合肌の人の場合には、オイリーな肌質部分になりやすい、角栓が出来やすい鼻やオデコのTゾーンだけ酵素洗顔を使い、他の部分は、普通の洗顔料を使うなどの工夫が必要です。

酵素洗顔を使う頻度

酵素洗顔を使う頻度を調べるカレンダーの写真
酵素洗顔は、洗浄力が強いので、毎日の使用は厳禁です。酵素洗顔を利用する場合には、週に1回程度からの使用を始めます。

週に1度で、問題が無いようで、慣れてきたら1週間に2度、3度と使う頻度を徐々に増やして、肌トラブルが起きないか注意します

肌のツッパリを感じたり、乾燥を感じた場合は、1週間~2週間以上は、期間を空け、肌の回復を待ってから酵素洗顔を使う必要があります。

 

洗顔後の保湿

洗顔後の保湿をする女性の写真
洗顔は、鼻の角栓除去には、ほとんどの場合、必須のスキンケア方法です。洗顔を行った後は、肌の表面にあった皮脂の多くも洗い流されているので、肌の保湿力が低下しています。

もしも、洗顔後に化粧水を塗るだけで終わっている場合には、肌の保湿が不十分で、皮脂の分泌が過剰になり、鼻に角栓や毛穴の黒ずみが出来る可能性があります。この為、洗顔後は、必ず保湿を行う必要があります

皮脂の分泌が過剰なのは、肌の乾燥が原因の場合もある

肌の乾燥をイメージした地面のひび割れ
毛穴の黒ずみや鼻の角栓が気になる人の多くは、皮脂が過剰に分泌されて、テカテカになっている人は多くないでしょうか?

皮脂の分泌が過剰になっていると、何度も洗顔をして綺麗に保ちたいと思いがちですが、洗顔をして、皮脂を洗い流すと、肌の乾燥が激しくなり、肌を守るために皮脂を分泌している可能性があります。

この為、脂性の鼻だと思っていても、洗顔後の保湿をシッカリと行い続けることで、皮脂の分泌が治まる可能性があります。もちろん、1日や2日では効果はでないので、3ヵ月程度は続ける必要があります。

 

ピーリング

ピーリングをしている女性のイメージ写真
ピーリングは、薬剤で、皮膚の表面の古い角質を溶かすことで、鼻の角栓を減らす効果も期待できます。その他にもピーリングには色々な効果が期待できます。

ピーリングに期待できる効果、メリットとは?

ピーリングに期待できる効果、メリットとは何か考える女性の写真
ここでは、具体的に、ピーリングによって、どのような効果が期待できるのかを紹介します。
 

 
具体的なピーリングの効果としては、

  • 角栓除去
  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴の開き
  • ニキビ予防
  • ニキビの改善
  • ニキビ跡の改善
  • シワ対策
  • たるみの改善
  • くすみを取り除く
  • 保湿効果
  • シミの改善
と言ったような効果が期待できます。

 
なぜ、ピーリングが、ここまで色々な効果が期待できるのでしょうか?それは、ピーリング剤によって、古い角質を取り除くことで、お肌のターンオーバーを促進させることが出来るからです。

お肌のターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーとは何か考える女性の写真
お肌のターンオーバーとは、肌の細胞が生まれ変わる周期です。20代で28日、30代、40代と年齢の経過と共に、40日、55日と、肌細胞の生まれ変わる期間が長くなります。

肌の生まれ変わる期間が長くなると、皮膚の表面に古い角質として残り、皮膚が硬くなり、シミやくすみ、たるみ、毛穴の黒ずみ、角栓などの原因になります。

この為、ピーリングで古い角質を取り除いて、新しい肌を表面に出すことで、色々な肌トラブルの改善を目指すことが出来ます

ピーリングの注意点・危険性

ピーリングの注意点や危険性を説明する女性の写真
ピーリングは、単純に肌をキレイにするだけで、安心して使えるモノではありません。

ピーリングは、基本的に、薬剤で肌の表面を溶かしています。この為、肌の表面が薄くなりすぎると、紫外線や乾燥から肌が守れずに、シミやくすみ、乾燥肌などの肌トラブルが起こります。

この為、購入したピーリング剤の使用頻度を守る必要があります。また、既に肌荒れや敏感肌、乾燥肌の場合は、使用を控えるか、医師に相談してから使う必要があります。

ピーリングの使用頻度

ピーリングの使用頻度を調べるカレンダーの写真
ピーリングは、皮膚の表面を溶かす美容方法なので、基本的に使い過ぎは良くありません。多くのピーリング剤の使用頻度は、1週間~2週間に1度程度です。

ただし、基本的に、ピーリングの使用頻度は、購入したパッケージなどに記載されている使用方法を守って使いましょう。

 

ピンセットや毛抜きで、角栓を引き抜く

ピンセットの写真
ピンセットや毛抜きで、角栓を引き抜く取り方は、毛穴や肌にダメージを与える可能性があるので止めた方が良いです

毛抜きやピンセットを使うと、ボコボコと目立っている角栓を、自分で抜き取ることが出来ます。特に、大きな角栓が取れると快感で、ついつい、クセになって、毛抜きやピンセットで抜くのが習慣になる人もいると思います。

ピンセットや毛抜きを使う注意点・危険性

ピンセットや毛抜きを使う注意点や危険性を紹介する女性の写真
肌に頭が出ていないような角栓をピンセットや毛抜きで、強引に引き抜いて除去するのは止めましょう。角栓を強引な取り方をすると皮膚や毛穴を傷つけることになり、シミや炎症など、毛穴や肌のトラブルの元になります

また、毛穴から角栓を除去した後は、ポッカリと穴が開いた状態になります。この状態をそのままにしていると、雑菌が侵入したり、角栓が悪化したりといった可能性もあるので、シッカリとケアを行う必要があります。

 

コメドプッシャーで角栓を取り除く

コメドプッシャーの写真
毛穴に角栓が詰まっていると、毛穴の中で雑菌が繁殖して、ニキビが出来る原因になります。この為、ニキビ予防の為にも、盛り上がって出てきている角栓は、コメドプッシャー(角栓プッシャー)で取り除く方法もあります。

コメドプッシャーの選び方

コメドプッシャーは、ドラッグストアで色々なタイプのモノが販売されていますが、基本的に、肌に優しく、負担をかけにくい、丸みがあって、厚手のタイプがオススメです。

コメドプッシャーの使い方

コメドプッシャーの使い方を説明する女性の写真
ここでは、オススメなコメドプッシャーの使い方を紹介します。
 

 
具体的なコメドプッシャーのオススメな使い方としては、

  • ①お風呂や蒸しタオルで、毛穴を開いて使う
  • ②お風呂や蒸しタオルで、肌を柔らかくしてから使う
  • ③取りだしたい角栓の上にコメドプッシャーの穴を置く
  • ④コメドプッシャーを軽く押して角栓を押し出す
  • ⑤洗顔、化粧水、保湿など、使用後のスキンケアを行う
と言ったような使い方になります。

 
基本的に、コメドプッシャーを使った後は、毛穴が開いた状態なので、雑菌が入るとニキビなど肌トラブルを起こすので、化粧水や美容液、乳液、クリームなどで栄養を与えつつ、保湿をして、毛穴に雑菌が入らないようにする必要があります

コメドプッシャーの使用の注意点

コメドプッシャーの使用の注意点を確認する女性の写真
ここでは、コメドプッシャーを使う時の注意点について紹介します。
 

 
具体的なコメドプッシャーの注意点としては、

  • 軽く押して角栓が出ない場合はあきらめる
  • 無理に角栓を取りだそうとしない
  • コメドプッシャーで強く肌を押さない
  • 同じ場所にコメドプッシャーを何度も使わない
  • 何度も同じ毛穴に使うと、毛穴が広がる危険性がある
  • 使用後は、綺麗に洗って清潔に保つ
と言ったような点を気を付けて使う必要があります。

 
もしも、汚れているコメドプッシャーを使うと、雑菌が毛穴に入ってニキビなどの肌トラブルを起こす可能性があるので注意が必要です。

 

洗顔ブラシを使う

洗顔ブラシの写真
洗顔ブラシを使うと、細かい毛によって、毛穴の黒ずみ、角栓除去に効果的だとも言われています。

洗顔ブラシのメリット・利点とは!?

洗顔ブラシのメリット、利点とは何かを説明する女性の写真
ここでは、洗顔ブラシを使うときのメリットや利点など、良い点を紹介します。
 

 
実際に、洗顔ブラシを使った場合のメリットとしては、

  • ムラなく洗顔ができる
  • 髪の毛の生え際もシッカリと洗える
  • 毛束に均一に力がかかるので肌への負担が減る
  • 少量の洗顔料で十分に泡立てる
  • すすぎ残しを予防できる
  • 洗い過ぎの予防も可能
  • 洗う残しによるニキビや肌荒れを予防できる
  • 細い毛先が毛穴の奥まで洗える
  • 優しく毛穴の角栓や黒ずみを洗い流せる
  • 適度な振動で、お肌のマッサージ効果、血行促進ができる
  • 汚れがシッカリ落ちるのでスキンケアの浸透が良くなる
  • 素手の10倍の洗浄効果がある電動洗顔ブラシもある
と言ったような利点が洗顔ブラシにはあります。

 
基本的に、洗顔ブラシのメリット、利点を見ると、かなり毛穴まで綺麗に洗えて良さそうなイメージが出てきます。

洗顔ブラシの使い方

洗顔ブラシの使い方を説明する女性の写真
ここでは、洗顔ブラシの使い方を紹介します。
 

 
具体的な洗顔ブラシを使う時の手順、方法としては、

  • ①クレンジングでメイクをシッカリ落とす
  • ②顔と洗顔ブラシを濡らす
  • ③洗顔フォームを泡立てる
  • ④オデコ、頬、鼻、アゴと順番に泡をのせる
  • ⑤泡を付けた部分から顔全体に滑らすように洗顔ブラシで洗う
  • ⑥内から外に伸ばすようにする
  • ⑦1ヵ所、15秒程度で洗う
  • ⑧目の周り、口もとなど皮膚が薄い部分は避ける
  • ⑨ぬるま湯で、20回~30回、何度も洗い流す
  • ⑩洗うときは、顔を擦らない
  • ⑪手でぬるま湯をすくって、顔に持って行くすすぐ
  • ⑫乾いたタオルを肌に押し当てるようにして拭く
  • ⑬化粧水、美容液、乳液など、シッカリ保湿する
と言ったような手順やポイントを意識して、洗顔ブラシを使うと良いです。

 
基本的に、洗顔ブラシと顔が乾いていると刺激が強くなり、肌や毛穴が傷つくので、濡らしてから使います。また、洗顔料は、前もってシッカリと泡立てて、肌への刺激にならないように注意する必要があります。

洗顔ブラシの注意点・危険性

洗顔ブラシの注意点や危険性について説明する女性の写真
毛穴の奥の汚れや角栓の除去にも効果的な洗顔ブラシですが、使い方を誤ると、肌トラブルの元になるので注意が必要です。
 

 
具体的な洗顔ブラシを使う時の注意点、危険性としては、

  • ゴシゴシ擦らない、ギュッと肌に押し付けない
  • 洗顔ブラシは、洗顔フォームの泡の上をなでる様に、チカラお抜いて利用します。力を入れると毛先で肌が傷ついたり、肌内部が炎症を起こす可能性もあります。

  • 長時間、洗顔ブラシを使わない
  • 洗顔ブラシの感覚が気持ちよく、また、より汚れをシッカリと落としたいと思い、長時間、使い続けると、毛先の摩擦で皮膚が剥がれたり、キズがつく可能性があります。

  • 使用後のお手入れで清潔に保つ
  • 洗顔ブラシに洗顔料の泡や水分が残っていると、雑菌が繁殖します。雑菌が繁殖したブラシで、洗顔すると、肌荒れやニキビの原因になるので注意が必要です。シッカリと洗い、風通しが良いところに置くようにしましょう。

  • 敏感肌、乾燥肌など肌が弱い人は使用頻度を下げる
  • 肌が弱いと、ピリピリと痛みや違和感を感じる人は、肌が弱っている可能性があります。。このような場合には、1週間に1回など、使用頻度を抑える必要があります。
    以上のように、洗顔ブラシを使う場合にも注意点や危険性はあります。

 
上記以外の注意点としては、洗顔ブラシにも色々な種類があります。安いモノから高いモノなど、色々とあります。安いモノの場合には、肌を傷つけやすくなる可能性があります。この為、洗顔ブラシを購入する場合は、多少高くても良いモノを選ぶと安心して使えます。

 

角栓培養

角栓培養をする女性の写真
角栓培養とは、肌が本来持っている力を最大限に引き出す方法で、出来るだけ余分な事はしないスキンケア方法です。

今までに、化粧品かぶれを起こしたことがある人スキンケアのし過ぎで、肌にダメージを与えてしまったような人は、角栓培養のスキンケアの考え方は参考になると思います。

角栓培養のメリット・利点とは?

角栓培養のメリット、利点とは何か説明する女性の写真
角栓培養を行うメリットや利点としては、どのような事があるのでしょうか?
 

 
具体的な角栓培養のメリット、利点としては、

  • 肌の持つ力を最大限に引き出すことが出来る
  • 肌全体に明るさが出てくる
  • 角栓が小さくなる
  • 毛穴が目立たなくなる
  • 肌に適度な潤いが出てくる
  • 肌が乾燥する事が少なくなる
  • 肌がモチモチになる
  • 肌が丈夫になる
と言ったような事が期待できるみたいです。

 
このように、メリットや利点だけを見ると角栓培養は良いことが多いように感じます。

角栓培養のやり方・ポイント

角栓培養のやり方やポイントを説明する女性の写真
ここでは、角栓培養を実際に試したい人に役立つ、やり方とポイントを紹介します。
 

 
具体的な角栓培養のやり方、ポイントとしては、

  • ①低刺激の洗顔料を用意する
  • ②洗顔時は出来るだけ擦らずに優しくする
  • ③洗顔後は化粧水を使う
  • ④乳液やクリームで保湿を行う
  • 朝は、ぬるま湯だけで洗顔する
  • 乳液やクリームが刺激になる場合はオイルを使う
  • 日中は日焼け止めは毎日使う
と言った点が大切になります。

 
角栓培養のポイントは、「汚れを落とし過ぎない」、「保湿をシッカリする」の2点が重要です

角栓培養は、どれくらいの期間、継続が必要か?

カレンダーの写真
角栓培養は、肌の強さ、弱さによって必要となる期間も様々です。基本的には、2ヵ月~半年程度が目安になるようです。

途中で、角栓の詰まりが目立ち、取りたくなりますが、我慢して継続することで、、角栓が綺麗になてきて、毛穴も引き締まってくるので、我慢が必要です。

角栓培養の注意点・危険性

角栓培養の注意点、危険性を説明する女性の写真
ここでは、角栓培養を行う場合の注意点、危険性について紹介します。
 

 
基本的に角栓培養の注意点、危険性としては、

  • 肌の表面を清潔に保てない
  • ニキビや吹き出物が出来る可能性がある
  • メイクが出来ない
と言ったようなデメリットがあります。

 
もしも、ニキビや吹き出物が出来て、ひどくなった場合は、角栓培養の中止も考えた方が良いです。

特に、赤いニキビなど炎症を伴っているような場合には、皮膚科の医師に相談して行わないと、ニキビや吹き出物がひどくなると、改善するまで長い期間が必要になる可能性がある場合も出てきます。

 

綿棒でのケア

綿棒の写真
ここでは、綿棒を使った毛穴ケアで、鼻の角栓を除去する方法を紹介します。綿棒を使った毛穴ケアは、角栓がゴッソリと取れると話題にもなっています。

綿棒を使う毛穴ケア、角栓除去の方法・手順

綿棒を使う毛穴ケア、角栓除去の方法、手順を紹介する女性の写真
ここでは、綿棒を使った毛穴をケアする方法、角栓を除去する具体的な方法を紹介します。
 

 
基本的な綿棒での毛穴ケア、角栓除去の方法は、

  • ①ぬるま湯で軽く汚れを落としておく
  • ②綿棒を1本用意する
  • ③オリーブオイルやグレープシードオイルなど天然のオイルを用意する
  • ④天然のオイルを綿棒につける
  • ⑤オイルがついた綿棒で毛穴に持って行く
  • ⑥綿棒を横に倒し、クルクルと回し角栓を優しく撫でる
  • ⑦洗顔料をシッカリと泡立てて洗顔する
  • ⑧化粧水、美容液、乳液、クリームで保湿をする
と言った手順で行います。

 
オイルは、天然オイルではなく、美容オイルやベビーオイルでも問題ありませんが、出来るだけ不純物が入っていない質の良いオイルを使う必要があります。。ただし、鼻周辺に使うので、ニオイは、出来るだけ少ない方が良いです。

また、洗顔時は、オイルが肌に残ると肌トラブルの元になるので、オイルを洗顔料で洗い流すときは、1度だけではなく、2度洗っても良いので、シッカリと洗い流す必要があります。

綿棒での洗顔の利点・メリットとは?

綿棒での洗顔の利点、メリットとは何かを考える女性の写真
ここでは、綿棒にオイルを付けた毛穴ケアの方法のメリット、利点を紹介します。
 

 
綿棒で毛穴や角栓ケアを行うメリット、利点としては、

  • オイルを馴染ませて皮膚を柔らかくする
  • 綿棒で指が入りにくい細かい部分の毛穴をケアする
  • 綿棒で角栓がツルンと取れやすくする
  • オイルを使うので、肌への負担を軽減できる
  • 固くなり取るのが難しい角栓もオイルと反応して取りやすい
  • 綿棒、オイル共に、自宅にあるものを使えるのでコスパが良い
と言ったような良い点があります。

 
このように、綿棒にオイルを付けて、優しくマッサージすることで、色々な効果や利点が期待できます。

オイルと綿棒で毛穴をケアする時の注意点・危険性

オイルと綿棒で毛穴をケアする時の注意点や危険性を説明する女性の写真
ここでは、綿棒とオイルでの毛穴ケアを行うときの注意点を紹介します。
 

 
具体的な綿棒にオイルを付けての毛穴ケアの方法の注意点としては、

  • 力を入れすぎると肌のダメージになる
  • オイルの質が悪いと肌トラブルの元になるので良いオイルを使う
  • オイルの洗い残しは肌にダメージを与えるのでシッカリ洗顔する
  • 最後に保湿をシッカリ行わないと肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌になる
と言ったような点を意識して行う必要があります。

 
綿棒で毛穴ケアをし、角栓除去を行う場合には、上記のような点を注意しつつ、肌を傷めないように行う必要があります。特にチカラ加減は、肌が赤くなっているとチカラの入れすぎなので、出来るだけ優しく行うことを心がけましょう。

 

クレイ(泥)の石鹸での洗顔

クレイ(泥)の写真
ここでは、クレイ石鹸である泥で、鼻の角栓を除去し、毛穴ケアを行う方法を紹介します。
 

 
特徴的な泥石鹸(クレイ石鹸)の効果としては、

  • 角栓や毛穴ケアで黒ずみ対策
  • 泥に含まれるベントナイトという成分で汚れや皮脂を吸着する
  • 泥の天然成分に美白効果があるモノもある
  • シリカ、ナトリウム、鉄、マグネシウムなどの天然のミネラルが豊富
  • 泥パックとしても使える
  • 洗顔以外にも髪やボディーを洗うときにも使える
  • 入浴剤としても使える
と言ったような効果が期待できます。

 
上記のような特徴が泥石鹸、クレイ石鹸にはありますが、どの泥やクレイを使うかによって、特に期待できる効果効能も違ってきます。

クレイ石鹸(泥石鹸)の種類による特徴

クレイ石鹸(泥石鹸)の種類による特徴を説明する女性の写真
クレイ石鹸(泥石鹸)には、色々な種類がありますが、ここでは、代表的なモノの特徴を紹介します。
 

 
具体的なクレイ(泥)の石鹸の種類と特徴としては、

  • カオリン:血行促進効果が期待できる
  • レッドクレイ:油分と鉄分が豊富で、代謝の促進と皮脂の吸着作用がある
  • モンモリロナイト:肌や毛穴の汚れの吸着力が高い
  • ガスール:肌に潤いを与え、汚れを吸着する
と言った様になっています。

 
上記の通り、クレイ石鹸(泥石鹸)と言っても、それぞれに効果や特色があります。

泥石鹸(クレイ石鹸)の注意点・欠点

泥石鹸(クレイ石鹸)の注意点や欠点を紹介する女性の写真
ここでは、クレイ石鹸(泥石鹸)で洗顔する時の注意点や欠点について紹介します。
 

 
具体的な泥石鹸(クレイ石鹸)の欠点、注意点としては、

  • 洗顔後に肌が乾燥しやすくなる
  • 泡が立ちにくい
  • 洗顔後の洗ったという達成感が得られない
  • 泡のクッションがないので、手の摩擦が強くなり肌のダメージになりやすい
  • 泥でパックをして洗い流すと時間がかかるので継続が難しくなる
と言ったような点を意識して洗顔に使う必要があります。

 
基本的に、泥石鹸(クレイ石鹸)で、汚れがシッカリと取れている場合は、同時に、肌の保湿をしている皮脂も取れているので、肌の乾燥を抑えるために、洗顔後の保湿は、シッカリと行う必要があります。

 

毛穴吸引器の利用

毛穴吸引器を使っている美人の写真
毎日の毛穴や角栓のケアには使えませんが、定期的に行うスキンケアの場合には、毛穴吸引器を使うのも良いです。
 

 
具体的な毛穴吸引器の特徴としては、

  • 皮膚の負担にならない設計になっている
  • 柔らかい皮脂は吸い取れる
  • カチカチに固い角栓は取れない
  • 角栓予防として使える
  • 安いモノならホームセンターで1000円程度
と言ったような特徴があります。

 
適度に使うと効率的に毛穴や角栓のスキンケアが行えると思いますが、毎日など、頻繁に使い過ぎると、肌への刺激になり肌トラブルを起こす可能性があるので、使用は注意する必要があります。

 

角栓を指で押しだして取りだす

角栓を指で押しだして取りだすマッサージをしている女性の写真
ついつい、癖になる人がいるのが、毛穴に溜まった角栓を指で押し出してしまうケースです。指で角栓を押し出すと、ニュルニュルと出てくると、効率的に角栓が取れる方法でもあります。
 

 
基本的に、角栓を指で押し出す場合は、

  • 両手の指の腹で角栓のある部分を左右か挟む
  • 軽く押して角栓を押し出す分
  • 洗顔をする
  • 化粧水や美容液、乳液、クリームで保湿をする
と言ったように、肌や毛穴を傷つけないで、清潔に保ち、保湿が出来る場合には、特に問題はないと思います。

 
しかし、いくら優しく角栓を指で押し出して、清潔に保ち、保湿をしたとしても、1日に何度も毛穴から角栓を押し出していると、余計な刺激となり、毛穴が広がったり、肌トラブルの元になる可能性があるので注意が必要です。

指で角栓を押し出す時の注意する点

指で角栓を押し出す時の注意する点を説明する女性の写真
1度ぐらいでは、指で角栓を押し出しても問題にはなりません。しかし、何度も行ったり、指での押し出し方に問題があると、肌トラブルを起こす可能性があります。
 

 
具体的に、角栓を指で押し出すときの肌トラブルになる注意点としては、

  • 何度も同じところばかり角栓を押し出す
  • 力を入れて角栓を押し出す
  • 爪を立てて角栓を出す
  • 開いた毛穴に雑菌が入るとニキビの原因になる
  • 角栓が出た後の凹んだ毛穴のケアをしない
と言った場合には、肌トラブルになる危険性があります。

 
肌を強く力を入れて押したり、爪を立てて傷つくと色素沈着が起こりシミが出来る可能性があります。また、肌が凹凸になる原因になる事もあるので注意が必要です。

また、手に雑菌がついていて、開いた毛穴に雑菌が入るとニキビの原因になる事もあるので、キレイな手で行うのも大切です。

角栓を指で押し出すのがクセになると、どうしても過度に行いがちです。そうすると、結果的に肌を傷つける原因になるので、基本的には指で押し出すのは、あまりオススメはしません

 

毛穴体操で、角栓が取りやすい肌にする

毛穴体操で、角栓が取りやすい肌にする毛穴体操をする女性
角栓が取れやすいようにお肌や毛穴をやわらかくする毛穴体操を紹介します。

鼻の角栓が出来る原因の1つが、毛穴周辺の皮膚が硬くなる事にあります。これは、お肌のターンオーバーの遅れなど、新しい肌細胞がスムーズに作られない事によって、古い角質が肌に残る事で、肌が硬くなります。

肌が硬くなると、毛穴に古い角質が溜まりやすくなり、鼻の角栓の原因になります。この為、マッサージをすることで、鼻周りの皮膚を軟高くして、角栓が溜まりにくく、取りやすい、柔らかい皮膚を目指すことが出来ます。

鼻の毛穴の体操方法

鼻の毛穴の体操方法を説明する女性の写真

ここでは、鼻の毛穴を柔らかくする毛穴体操の方法を紹介します。
 

 
具体的な毛穴体操の方法としては、

  • ①両手の薬指と中指の腹で、鼻をはさむように指を添えます。
  • ②指の力で鼻を左右に動かします。
  • ③指の力で、上下に動かします。
  • ④指の力で、鼻を回すように動かします。
  • ⑤最後は、小鼻をつまんだ状態で、軽く押し上げるようにします。
といったような手順になります。

 
このような簡単な方法を利用することで、毛穴を柔らかくする事が出来るようです。

毛穴の体操の注意点

毛穴体操を行う場合は、「力を入れすぎない」、「頻繁に行わない」と言った2点が大切になります。

例えば、力を入れて、頻繁に行うと、鼻への刺激になり、肌を傷つけて、色素沈着でシミ、くすみ、が出来る原因になるので注意が必要です。

 

洗顔のしすぎと感じたら、洗顔料の使用を1日に1回に減らす

洗顔のしすぎをしている女性の写真
石鹸や洗顔フォームを使った洗顔は、1日に2回もやれば十分です。乾燥肌や敏感肌の人は、1日に1回でも良い場合もあります。基本的に、洗顔は、顔の汚れを落とすスキンケですが、洗顔を行い過ぎると、肌の保湿に必要な皮脂やセラミドなどの天然の保湿成分も洗い流して、逆に、肌が乾燥しやすくなるので注意が必要です。

どうしても鼻の角栓や皮脂のテカリが気になる場合には、洗顔料を使わずに、水だけでの洗顔を行うと良いです。

1日に1回しか洗顔料を使わない場合

もしも、1日に1度しか、洗顔料を使った洗顔をしない場合には、夜のお風呂で洗顔料を使うと良いです。お風呂に入り、毛穴が開いた状態で、洗顔料を使うと、毛穴の奥の角栓や汚れが取りやすくなります。

そして、お風呂からあがったら、過ぎに化粧水や美容液、乳液、クリームなどで、お肌に栄養を与えて、保湿を十分に行います。特に、夜の保湿は大切です。朝の洗顔は、水だけでも大丈夫です。

1日1回なら夜に洗顔料を使うのがオススメな理由とは?

夜の写真
洗顔料を使うのが、1日に1回にする場合は、夜がオススメです。夜は、朝にメイクをして、1日外出する事で、皮脂や古い角質、チリ、ホコリ、汗、排気ガス、メイク汚れなど、様々な汚れが付いています。1日の汚れをリフレッシュする意味でも、夜に洗顔料を使って、シッカリと汚れを落とす必要があります。

これに対して、朝の洗顔は、夜寝ていただけなので、皮脂や汗などの汚れ程度なので、夜の洗顔よりも汚れが少ないので、水洗顔でも十分です。

 

フェイス用ピーリングパフの利用

フェイス用ピーリングパフのイメージ写真
フェイス用ピーリングパフとは、極細パイル加工のシルクで作られているパフです。いつもの洗顔にプラスすれば、毛穴の奥の汚れも取ることが出来ます。簡単に、何度も使うことが出来るので便利なスキンケアのアイテムです。

ただし、フェイス用ピーリングパフは、肌を擦るので、肌へのダメージになって、刺激によって、色素沈着によってシミ、くすみ、の原因になる可能性があるので注意して使いたいアイテムです。

 

卵白洗顔

卵白洗顔に使う卵の写真
卵白洗顔とは、卵の卵白を洗顔料として使う、洗顔方法です。この卵白洗顔は、白河三來さんと言う美容化によって発案された洗顔方法です。

卵白洗顔の効果とは?

卵白洗顔は、どのような効果、効能が期待できるのでしょうか?
 

 
具体的な卵白洗顔で期待できる効果としては、

  • 肌を柔らかくする
  • 肌の保湿する
  • 肌のシットリ感が継続する
  • 清潔な肌を保つ
  • リゾチームという成分が殺菌作用がある
  • 卵白は弱酸性なので肌の皮脂分泌を促す
  • 卵白に含まれる酸性のアミノ酸が古い角質を取り除く
  • 古くなった角質(皮膚)を取り除く
と言ったような美容効果が期待できます。

 
このように、古くなった角質を取り除き、肌を軟高くして保湿したい人にはオススメな洗顔方法です。

卵白洗顔の方法・やり方

卵白洗顔を行う場合には、具体的に、どのような方法、手順を行うのかについて紹介します。
 

 
具体的な、卵白洗顔を行う方法、手順としては、

  • ①新鮮な卵と白身(卵白)を入れる容器を準備する
  • ②メイクを落としておく
  • ③卵を白身と黄身に分ける
  • ④白身(卵白)を顔全体に浸すように塗る
  • ⑤クルクルと軽く白身(卵白)を顔に馴染ませる
  • ⑥白身(卵白)は、汚れと乳化させるようにクルクルする
  • ⑦手の感触がプルプルからサラリとするまで行う
  • ⑧体温の低い、ぬるま湯で卵を洗い流す
と言ったような手順で、卵白洗顔を行います。

 
なお、卵の黄身は使用しないので、料理に使って食べると良いです。

卵白洗顔の注意点・危険性

卵白洗顔を実践する時の注意点や危険性について紹介します。
 

 
具体的な卵白洗顔を行った時の注意点、危険性としては、

  • 卵アレルギーがある人は行えない
  • 腕や手の甲などでパッチテストをする
  • オイリー肌の人は洗い上がりが物足りない
  • 卵の香りが苦手な人はつらい
  • 洗い上がり、香りなど合う、合わない人に分かれる
  • 卵白は1日で使い切る
  • 効果は1週間継続して試してみる
  • すすぐ時は、シッカリと洗い流す
  • 洗顔後はシッカリと保湿して乾燥を予防する

 
上記のように、卵白洗顔を行う場合には、好き嫌いが分かれるようです。

 

氷水洗顔

氷水洗顔につかう氷水の写真
氷水洗顔は、氷の冷たさによって毛穴が引き締まった、肌がキレイになったと言われている洗顔方法です。

氷水洗顔の効果効能・メリットとは?

ここでは、氷水洗顔を実際に貯めした時に期待できる、効果効能やメリットを紹介します。
 

 
実際に、氷水洗顔を行った時の効果やメリットとしては、

  • 肌がキュッと引き締まる
  • 毛穴が引きしまる
  • ニキビの増殖を抑える
  • 小顔効果が期待できる
  • 肌のバリア機能を壊さない
と言ったような点が、氷水洗顔のメリットになります。

 
もしも、上記のようなメリットを得たい場合には、氷水洗顔を行うと良いです。

氷水洗顔の方法・手順

ここでは、氷水洗顔を行うときの手順、方法を紹介します。純粋な氷水洗顔では、汚れが落ちないので、ここでは、通常の洗顔と併用して行う氷水洗顔を紹介します
 

 
具体的な氷水洗顔の方法、手順としては、

  • ①最初に、通常の洗顔を行い、毛穴の汚れを落とす
  • ②化粧水や美容液、乳液、クリームなどで保湿をする
  • ③氷水洗顔として、顔を冷やす
  • ④最後に氷水洗顔をすることで、毛穴を引き締める
と言ったような手順で行うことになります。

 
氷水洗顔の方法は、氷水を顔につけても良いのですが、氷を直接顔につけると冷たすぎるので、瓶に氷水を入れたり、氷水に浸したタオルで顔を冷やすと、冷たさでの肌へのダメージを軽減できます。

氷水洗顔の危険性・注意点

ここでは、氷水洗顔を実践した時の注意点や危険性について紹介します。
 

 
実際に、氷水洗顔を実践する時の危険性、注意点としては、
  • 氷の冷たさで血行が悪くなる
  • 肌の冷えを招くので肌が元気を失う
  • 肌の抵抗力が落ちる
  • 肌トラブルが起きやすくなる
  • 老化する肌になる可能性がある
  • 肌がどんどん弱くなる
  • 冷たいので肌の汚れが十分に落としにくい
  • 毛穴が引き締まり毛穴に詰まった皮脂や角栓、汚れが取りにくい
  • 小顔や毛穴の引き締めは5分、10分しかもたない
などのような注意点やデメリットがあります。

 
以上のように、氷水洗顔をする場合には、良い面もありますが、注意する点も色々とあります。

個人的には、実際に氷水洗顔を行う場合には、普通に洗顔をした後に、数秒だけ氷水せで洗顔をする方法が、良いのではないかと思います。

 

ぬるま湯洗顔

ぬるま湯洗顔に使う温泉の写真
ぬるま湯洗顔とは、文字通り、ぬるま湯で顔を洗う洗顔方法です。一番の「ぬるま湯洗顔」の特徴は、洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗顔する方法です。

ぬるま湯洗顔の効果・メリットとは?

ここでは、ぬるま湯洗顔を行う場合の効果やメリットがどのようなモノがあるのかを紹介します。
 

 
具体的に、ぬるま湯洗顔を行った時の効果、メリットとしては、

  • 肌への負担が軽減できる
  • 保湿効果がある皮脂を摂り過ぎない
  • 肌の水分保持力を守ってくれる
  • 洗顔後、肌がつっぱる人に優しく洗える
  • 肌がサラサラになる
  • 乾燥によるニキビに効果的
  • 保湿に必要な皮脂を落とし過ぎない
  • 継続すると角栓がぬるま湯だけで落とせるようになる
  • シミの予防や改善に繋がる
  • 続けると毛穴が閉まって角栓が小さくなる
と言ったような効能が期待できます。

 
特に、ぬるま湯洗顔は、乾燥肌や敏感肌など、肌が刺激に弱くなっている場合に、肌への洗顔料の刺激を避けて、自然治癒力を回復するのに役立つ方法です。

ぬるま湯洗顔の方法・やり方

ぬるま湯洗顔は、基本的に、洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけで洗顔を行う方法なので、特に決まった洗顔方法がある訳ではありません。

その為、ここでは、ぬるま湯洗顔のポイントとなるやり方を紹介します。
 

 
具体的なぬるま湯洗顔を行う時のやり方、ポイントとしては、

  • ①ぬるま湯の温度は、30度~32度がベスト
  • ②ぬるま湯の温度は高くても35度
  • ③ぬるま湯を手に取って顔に当てて、すすぐ
  • ④顔の中心、中心から外側、髪の生え際とすすぐ
  • ⑤すすぎの回数は20回程度
  • ⑥水分をタオルで優しく拭き取る
  • ⑦ぬるま湯洗顔の後は、保湿をする
と言ったような点が、ぬるま湯洗顔の方法になります。

 
このように、ゆるまゆ洗顔は、「ぬるま湯」の温度以外は、凄く簡単に出来る洗顔方法です。

ぬるま湯洗顔の注意点・デメリット

ぬるま湯洗顔は、基本的に、肌への刺激が、かなり少ない洗顔方法になるので、危険な洗顔方法ではありません。しかし、注意点やデメリットがあるので、ここで紹介します。
 

 
具体的なぬるま湯洗顔のデメリット、注意点としては、

  • はじめたばかりは逆に肌が汚くなる人が多い
  • 洗浄力が弱い
  • 角栓がたまって汚くなる
  • 熱すぎるお湯を使うと、肌が乾燥しやすくなる
と言った欠点があります。

 
基本的に、ぬるま湯洗顔は、始めたばかりは、肌が逆に汚くなる可能性が高いです。この為、肌が汚くなったタイミングで挫折する人が多いです。しかし、肌が汚くなった状態を我慢して継続すると、肌が次第に綺麗になります

 

ハチミツ洗顔

ハチミツ洗顔につかう蜂蜜の写真
ハチミツ洗顔は、洗顔料をハチミツに混ぜて行う洗顔方法です。ここでは、ハチミツ洗顔を行った時に期待できる効果効能ややり方、注意点を紹介します。

ハチミツ洗顔の効果効能とは?

ここでは、ハチミツ洗顔を行うことで、どのような効果が期待できるかを紹介します。
 

 
具体的には、ハチミツ洗顔を行うときの効果、効能としては、

  • ハチミツに抗酸化作用がある
  • ハチミツには殺菌作用がある
  • ニキビや肌トラブルの予防
  • 肌の水分保持、保湿効果
  • くすみの解消
  • お肌の若返り
と言ったような事が期待できます。

 
上記のような効果を期待している場合には、ハチミツ洗顔を行うと、理想の肌質を目指すことが出来ます。

ハチミツ洗顔のやり方・手順

ハチミツ洗顔を行う場合には、どのような手順ややり方をするのかを紹介します。
 

 
具体的なハチミツ洗顔のやり方、手順としては、

  • ①非加熱、添加物のない純粋なハチミツを用意する
  • ②泡立てネットを準備する
  • ③最初にクレンジングでメイクを落とす
  • ④ハチミツ1に対して、洗顔料2の割合でハチミツを準備する
  • ⑤泡立てネットにハチミツを付ける
  • ⑥洗顔料を泡立てネットに付ける
  • ⑦泡立てネットで泡立てる
  • ⑧泡を使って、擦らずに優しく顔を洗う
  • ⑨洗い残しを残さないように、ぬるま湯ですすぐ
  • ⑩化粧水や美容液、乳液、クリームで保湿する
と言ったような順番で行っていきます。

 
ハチミツ洗顔は、ハチミツさえ用意すれば簡単に出来るので、試しやすい洗顔方法だと思います。また、ハチミツは純粋なモノを使えば、肌にもやさしいので、アレルギーが無ければ毎日行っても大丈夫です。

ハチミツ洗顔の問題点、注意点

ここでは、ハチミツ洗顔を行う時の注意点、問題になる点などを紹介します。
 

 
具体的なハチミツ洗顔の注意点としては、

  • ハチミツアレルギーがある人は行わない
  • 行う前にパッチテストを行う
  • 花の種類によってアレルギーが出ることもある
  • 大きい入れ物のハチミツは、洗顔時にハチミツを取りだしにくい
  • 洗顔後、すすぎをシッカリと行う
と言ったような点が問題になると思います。

 
また、ハチミツ洗顔で使う、ハチミツは、日本のミツバチの「たれ蜜」が良いとも言われますが、日本ミツバチは、色々な花の蜜を集めるので、アレルギーがある人は注意が必要です。

 

炭酸洗顔

炭酸洗顔に使う炭酸水の写真
炭酸洗顔とは、水の代わりに炭酸水を使って顔を洗う洗顔方法です。炭酸洗顔は、エステなどでも利用されている洗顔方法です。

炭酸洗顔の効果とは?

炭酸洗顔は、どのような効果が期待できるのかを紹介します。
 

 
具体的な炭酸洗顔の効果、効能としては、

  • 炭酸水が肌に触れて、細かい血管が開き、血行が良くなる
  • 血行促進作用で、肌のバリア機能を高める
  • 新陳代謝アップで、お肌のターンオーバーを促進する
  • 新陳代謝を良くするので、シミの元を効率的に排出
  • 肌のタンパク質や皮脂汚れを炭酸が吸着する
  • 炭酸ガスの刺激で毛穴が開き汚れが取れやすくなる
  • 毛穴の汚れを取るので、ニキビ予防効果がある
  • 炭酸水は肌と同じ弱酸性なのでアトピー肌にも優しいく適している
と言ったものが期待できます。

 
基本的な炭酸水の効果としては、血行増進毛穴を開く、また、炭酸が毛穴や肌の汚れを吸着するので、美容効果が期待できると言った点です。炭酸水は、簡単に出来る方法なので、試しやすいと思います。

炭酸洗顔の方法

ここでは、炭酸洗顔を実際に行うときのポイントや手順などのやり方を紹介します。
 

 
具体的な炭酸洗顔の方法・手順としては、

  • ①炭酸水で、最初に顔を軽く洗う
  • ②炭酸水に洗顔料を混ぜて泡立てる
  • ③泡立てた洗顔料で顔を洗う
  • ④炭酸水で顔をすすいで、洗顔料を洗い流す
  • 化粧水や乳液などで保湿を行う
と言ったようなやり方になります。

 
基本的に、炭酸水洗顔は、非常に簡単に出来る方法です。洗顔料を使う前に、最初に炭酸水で顔を洗うのは、炭酸の効果で毛穴を開き、汚れが取りやすい状態にする為です。

自宅で出来る簡単な炭酸水の作り方

炭酸水を購入して、炭酸水洗顔を行うのも良いのですが、継続して行うと値段的に難しい人もいると思います。そこで、ここでは、炭酸水を過程で簡単に、安く作る方法を紹介します。

炭酸水作りに必要な材料

炭酸水を自宅で作る為に用意する必要がある材料を紹介します。

実際に必要になる材料は、

  • 水:1リットル
  • 重曹:小さじ2杯
  • クエン酸:小さじ2杯
  • になります。

    は、水道水が気になる人は、ミネラルウォーターや、一度、沸騰させて冷ました湯冷ましを使っても良いです。

    重曹やクエン酸は、ドラッグストアや100円ショップなどで購入できます。重曹は掃除用でも問題ないようですが、心配なので、食事に使えるモノを使うと安心です。私は、安心して使いたいので、100円ショップは避けて、少し高くなりますがドラッグストアで購入しました。

    炭酸水の作り方

    炭酸水作りの方法、作り方を紹介します。

    炭酸水を実際に作る時の方法としては、

  • ①水を洗面器などの容器に入れる
  • ②重曹とクエン酸を水に入れる
  • と言ったような手順で行います。

    上記の通り、炭酸水は非常に簡単に作ることが出来ます。

    炭酸水を作る時の注意点

    炭酸水を作る時の注意点があるのでここで紹介します

    ぬるま湯で洗顔したいなど、お湯に重曹とクエン酸を入れて混ぜると泡が発生します。この為、混ぜる時は、水で行う必要があります

    ぬるま湯にしたい場合は、炭酸水が完成してからお湯を足せば良いです。

    炭酸洗顔の注意点

    ここでは、炭酸洗顔を行うときの注意点、デメリットなどについて紹介します。
     

     
    具体的な炭酸洗顔を行うときの注意点については、

    • 炎症ニキビの人は行わない(悪化する可能性がある)
    • 敏感肌の人はピリピリ痛みを感じる
    • 炭酸の刺激で肌が赤くなる場合がある
    • 皮脂を落としすぎて肌が乾燥する
    • 長時間炭酸水を肌にのせると肌に痛みを感じる
    • 痛みを感じる炭酸洗顔は肌が弱くなる
    • 弱くなった肌はバリア機能が低下している可能性がある
    • 肌のバリア機能が低下すると、肌トラブルが起こりやすくなる
    • やり過ぎると肌荒れを起こす可能性があります。
    と言ったような点は注意する必要があります。

     
    上記の通り、炭酸水で行う洗顔は、乾燥肌や敏感肌の人の場合は、刺激が強すぎる可能性があるので、この点は注意して行う必要があります。まずは、注意点としては、肌に痛みを感じたら、炭酸洗顔は中止しましょう。

    炭酸水洗顔を行う頻度とは?

    炭酸水洗顔を行う頻度は、どれくらいが良いのかを紹介します。

    肌が強い人などは、毎日やっても問題ないかもしれませんが、肌が弱い人は、毎日やるのは避けた方が良いです。
     

     
    例えば、炭酸水の刺激が肌にキツイと感じた場合には、

    • 朝の洗顔だけ炭酸水にするなど、使用する回数を減らす
    • 毎日は行わなず、週に3日など間隔を空ける
    などのように、やる期間や頻度を減らす工夫をすると良いです。

     
    肌への炭酸水の刺激が気になる場合は、週に2回~3回程度から初めて、肌に刺激が強すぎないか様子を見ると良いです。

     

    ベビーパウダー洗顔

    ベビーパウダー洗顔に使うベビーパウダーの写真
    ネットで評判の洗顔方法の1つがベビーパウダー洗顔です。ベビーパウダー洗顔を行うと肌のキメが整ったり、毛穴の汚れが落ちるといった点など人気な美容法です。

    ここでは、ベビーパウダー洗顔を行う方法や、どのような効果、効能があるのか?どんな注意点や危険性があるかを紹介します。

    ベビーパウダー洗顔の期待できる効果とは?

    ベビーパウダー洗顔を行うと、どのような美容効果が期待できるのか?効果効能について紹介します。
     

     
    具体的なベビーパウダー洗顔の効果、効能としては、

    • ベビーパウダーの吸着力で汚れを取り除く
    • 毛穴の黒ずみ、角栓、皮脂を取る
    • 軽度のシミの美白効果
    • ベビーパウダーの細かい粒子が毛穴の汚れに効果的
    • 肌の油分や水分を包み込む
    • 肌のキメを整える
    と言ったような点が期待できます。

     
    上記の効果効能については、基本的にネット上で話題になっている内容をまとめてみました。

    ベビーパウダー洗顔の手順・方法

    実際に、ベビーパウダー洗顔を実践したいと思った場合には、具体的な手順、方法を紹介します。
     

     
    具体的なベビーパウダー洗顔を行う方法、手順としては、

    • ①ベビーパウダーをティースプーン1杯を準備する
    • ②洗顔料を手に取る
    • ③手に取った洗顔料とベビーパウダーを混ぜる
    • ④泡立てネットを使って泡立てる
    • ⑤泡で、肌に優しく洗顔する(ゴシゴシしない)
    • ⑥洗顔料や泡を洗い流す
    • ⑦ぬるま湯でシッカリとすすぐ
    • ⑧化粧水や美容液、乳液、クリームで保湿する
    と言ったような感じで行うことになります。

     
    ベビーパウダー洗顔は、通常の洗顔と同じように、1日に何度もやる、というのは問題がありますが、普通に洗顔する時にベビーパウダーを使うのであれば、特に問題なく、美肌を目指すのにいい方法だと思います。

    ベビーパウダーでパックをする方法

    ベビーパウダーは、洗顔以外にも美容目的のパックとして使うのもネットで話題になっている方法です。
     

     
    具体的なベビーパウダーを使ったパックの方法、手順は、

    • 最初に洗顔で肌の汚れを落としておく
    • ベビーパウダーを大さじ2杯用意する
    • 牛乳を100cc準備する
    • ベビーパウダーと牛乳を混ぜる
    • 顔に牛乳とベビーパウダーを混ぜたモノをのせる
    • 10分程度放置する
    • ベビーパウダーと牛乳を混ぜたモノが乾かないうちに洗い流す
    • シッカリと顔をぬるま湯ですすぐ
    • 化粧水や美容液、乳液、クリームで保湿する
    と言ったような感じで行うことが出来ます。

     
    パックの方法としては、牛乳以外にもヨーグルトと混ぜる方法もあります。

    上記のようなベビーパウダーと牛乳を使ったパックを行うと、毛穴の黒ずみが取れる、肌が明るくなる、肌のキメが整う、ニキビやニキビ跡が改善すると言った色々な効果がネット上では言われています。

    ベビーパウダー洗顔の欠点・注意点

    ベビーパウダー洗顔を実践する時に、どのような注意点があるのか紹介します。

    ベビーパウダーを使った洗顔やパックは、基本的には、ほとんど害がある成分が使われていないので、悪影響は少ないと思います。

    ただし、実際に、ネットで言われているような効果効能については、それほど期待できるものではないようです。人によっては、「効果はないが、悪影響も少ない」と言った事を言っている人もいます。

    鼻の角栓除去で効果的な方法を考えた場合には、他の酵素洗顔やピーリングなどの方が効果が期待できると思います。

     

    呼吸洗顔

    呼吸洗顔洗顔で行う深呼吸の写真
    ここでは、呼吸洗顔とは、どのような効果が期待でき、どのような方法で行うのか、また、注意点や危険性はないのか?と言った点についてまとめて紹介しています。

    呼吸洗顔とは、基本的に、姿勢を正して、ゆっくりと呼吸をし、リンパの流れを良くして行う洗顔方法です。

    呼吸洗顔の効果・効能

    洗顔方法として、呼吸洗顔を行うことで、期待できる効果、効能としては、どのような事があるのかを紹介します。
     

     
    実際に、呼吸洗顔を行った場合の効果、効能としては、

    • シミ、くすみに効果
    • シワにも効果的
    • 肌の血行を促進する
    • 新陳代謝アップ
    • お肌のターンオーバーを促進する
    と言ったような事が期待できます。

     
    ゆっくり呼吸をしながら洗顔することで、上記のような効果が期待できます。

    呼吸洗顔の方法・手順

    実際に、呼吸洗顔を行う場合には、どのような手順や方法で行うのかを紹介します。
     

     
    具体的な呼吸洗顔を行うときの手順、方法としては、

    • ①ミルクタイプなど、肌に優しいクレンジングでメイクを落とす
    • ②洗顔料を泡立てます
    • ③背筋を伸ばします
    • ④息を細く長く吐く呼吸を洗顔中行います
    • ⑤顔全体に泡をのせます
    • ⑥リンパを意識した下記の順番で洗います
    • ⑦オデコを洗います
    • ⑧頬を洗います
    • ⑨鼻を洗う
    • ⑩口周りを洗う
    • ⑪顔の輪郭を洗う
    • ⑫眉を洗う
    • ⑬ぶたを洗う
    • ⑭目の下を洗う
    • ⑮顔をすすぐ
    • ⑯オデコから目の下までを、再度、泡で洗う
    • ⑰ぬるま湯ですすぐ
    • ⑱洗顔料の泡で鼻筋、鼻の下、アゴをクルクル撫でる様に洗う
    • ⑲顔をすすいで、洗顔料を落とす
    • ⑳化粧水、美容液、乳液、クリームなどで保湿を行う
    と言ったような感じで実践する事になります。

     
    上記のように、ゆっくりとした呼吸で、姿勢を正して、3回、洗うのが呼吸洗顔の方法です。

    呼吸洗顔の注意点・欠点

    ここでは、呼吸洗顔を行うことによって注意するべき点や欠点、危険性などのマイナス面について紹介します。
     

     
    具体的な呼吸洗顔の注意点、欠点、危険性としては、

    • 3回、顔を洗うので、洗い過ぎで肌が乾燥する場合がある
    • 敏感肌の人は何度も顔を洗うのがキツイ
    • 乾燥肌の人は、3回の洗顔が肌によくない
    • 洗い過ぎで、肌のバリア機能が低下する
    と言ったような点を上げることが出来ます。

     
    呼吸洗顔は、上記のような点が注意点となります。この為、肌が弱い人は、取り入れにくい洗顔方法だと思います。

    対策としては、洗顔料を使う洗い方は、最初の1回のみ行います。2回目、3回目は、ぬるま湯だけの洗顔にすると良いです。

    また、通常の洗顔方法で、呼吸や姿勢、洗顔する順番は、呼吸洗顔の方法を取り入れて行うというのも良いと思います。

     

    塩洗顔

    塩洗顔に使う塩の写真
    ここでは、塩洗顔を行う時に気になる、効果や注意点、やり方や手順などについてまとめて紹介しています。塩洗顔は、美肌で世界的に有名なアマンダ・サイフレッドさんが実践している事で有名な洗顔方法です。

    基本的に、塩洗顔は、肌の調子が良い時だけ、週に1回のスペシャルケアとして行う美容方法です。

    塩洗顔の効果

    塩洗顔を行うことで、期待できる効果や効能としては、どのようなメリットがあるのかを紹介します。
     

     
    具体的な塩洗顔の効果、効能としては、

    • 肌がツルツルになる
    • 血行が良くなる
    • 代謝アップ
    • 殺菌作用
    • ピーリング効果
    • 古い角質をとかし、柔らかくして洗い流す
    • ニキビ予防
    • 洗い上がりが乾燥しない
    と言ったような点をあげることができます。

     
    上記のような効果が、塩を利用することで出来るので非常に安価でできる美容方法です。

    どんな塩が洗顔に適しているのか?

    塩洗顔をする場合に、どのような塩を利用すると良いのかを紹介します。

    具体的な塩洗顔で利用すると良い塩の例としては、

    • 基本は食卓にある純粋な塩を使う
    • 純粋な塩は、原材料が「海水」、「海塩」である
    • 「海水」「海塩」以外に変な成分が入っていない
    • 塩の粒が細かい方が肌を傷つけないで安心
    と言った点が塩洗顔に使うと良い塩の例です。

    塩洗顔で使わない方が良い塩

    ここでは、塩洗顔で使わない方が良い塩を紹介します。
     

     
    具体的な塩洗顔で使わない方が良い塩の例としては、

     

    • 精製された塩は、肌に必要な栄養が少ないので使わない
    • 添加物が入っている食塩は使わない
    • 味塩は純粋な塩でないのでダメ

    と言ったような塩です。

     
    良い塩だと思っても、上記のような塩は使わないようにしましょう。

    塩洗顔の方法

    実際に、塩洗顔を実践する場合には、どのような手順で行うのか?塩洗顔の方法、やり方を紹介します。
     

     
    塩洗顔を行うやり方、手順としては、

    • 小さじ1杯の塩を用意する
    • メイクを落としておく
    • 洗浄力の弱い洗顔料を泡立てる
    • 泡立てた洗顔料に塩を入れて混ぜる
    • 顔全体を泡で洗う
    • ぬるま湯でシッカリとすすぐ
    • 化粧水や乳液、美容液、クリームなどで保湿する
    と言ったような方法で塩洗顔の行い方になります。

     
    上記のように、簡単に出来るのが塩洗顔です。ただし、洗顔時にゴシゴシと顔を強く擦ると、塩や洗顔料で肌を傷つける可能性があるので注意が必要です。基本的に、出来るだけ優しく洗うのが基本です。
     
    上記以外の塩洗顔の方法としては、

    • 塩をお湯に溶かして、塩入のぬるま湯だけで洗顔する方法
    • 顔を濡らした状態で、顔全体に塩を付ける洗顔方法
    と言ったような洗顔料を使わない塩洗顔もあります。

    塩だけで、顔を洗う方法は、塩で肌が傷つく可能性があるので注意が必要です。

    塩洗顔の注意する点

    塩洗顔を行う場合に注意する点、または、危険性がないのか?と言ったような事が気になる人もいると思うので、塩洗顔の注意点、危険性やデメリットについて紹介します。
     

     
    具体的な塩洗顔の注意点、デメリットとしては、

    • 力を入れて擦ると、塩で顔に傷がつく可能性がある
    • ニキビやキズがあると、痛く、症状が悪化する可能性がある
    • アトピー、敏感肌の人には刺激が強すぎる
    • 頻繁に行うと肌の保護機能が落ちて肌トラブルになる可能性がある
    • 肌質によりヒリヒリ痛くなる、赤くなる場合もある
    • 塩が肌にしみる場合がある
    • 洗い塩を使うと、肌を傷つけやすくなる
    • 塩洗顔をやり過ぎると肌が乾燥する場合がある
    と言ったような点をあげることができます。

     
    上記のように塩洗顔は、人によっては、肌に負担をかける可能性もあるので、いきなり顔にするのではなく、パッチテストなどで、問題ないか確認してから行うと安心です。

     

    ガーゼ洗顔

    ガーゼ洗顔に使うガーゼの写真
    ここでは、ガーゼ洗顔の方法、手順、期待できる効果効能、注意点など、実践する前に気になる点をまとめて紹介しています。

    ガーゼ洗顔の特徴は、ガーゼで肌に負担をかけないで、普段の洗顔では落ちにくい汚れを落とせる点です。

    特に、メイクが濃い日や、肌のザラツキが気になる時などに利用すると良いと思います。

    ガーゼ洗顔の効果効能とは?

    ガーゼ洗顔を行う事で期待できる効果効能としては、どのような点があるかを紹介します。
     

     
    具体的に期待できるガーゼ洗顔の効果効能としては、

    • 古い角質や皮脂をシッカリとオフしてくれる
    • 敏感肌の人でも使いやすい
    • 肌の血流がよくなる
    • 肌が明るくなる
    • 乾燥肌に効果が期待できる
    • 小鼻の黒ずみ対策
    • 肌のたるみにもガーゼ洗顔がいい
    • 皮脂をシッカリ洗い流すのでニキビ対策にもいい
    • ガーゼで洗顔料を泡立てるのでネットよりキメが細かい泡になる
    と言ったような効果や効能が期待できます。

     
    以上のようにガーゼ洗顔をすると肌美容に色々と役に立つと言われています。

    ガーゼ洗顔のやり方・手順

    ここでは、ガーゼ洗顔を実践する時の方法、やり方を紹介します。

    最初から、毎日、ガーゼ洗顔をすると、肌に刺激が強すぎると肌トラブルになるので、週に1度程度から試して、多くても、週に2回~3回程度で行うのが安心です。

    ここでは、ガーゼを蒸しタオルとして使ってから、ガーゼ洗顔をする方法を紹介します。
     

     
    実際にガーゼ洗顔を行うときの方法、手順としては、

    • ①ガーゼを水につけて絞る
    • ②電子レンジでチンして蒸しタオルのようにする
    • ③ガーゼの熱を取って顔に乗せる
    • ④ガーゼが冷めてきたらガーゼを外す
    • ⑤ガーゼをぬるま湯で濡らす
    • ⑥洗顔料をガーゼにのせる
    • ⑦ガーゼで洗顔料を泡立てる
    • ⑧ガーゼで顔をなでるように洗う
    • ⑨小鼻など汚れが気になるは人差し指にガーゼを巻きつけてクルクル円を描いて洗う
    • ⑩顔全体を洗う
    • ⑪ぬるま湯ですすぐ
    • ⑫化粧水やクリーム、乳液、美容液などで保湿をする
    と言ったような順番で行うことになります。

     
    基本的に、ガーゼと肌の摩擦で汚れを落とすことが出来るので、洗浄力の弱い洗顔料を使った方が肌荒れなど肌トラブルを安心して行うことが出来ます。

    さらに、洗浄力をアップさせたい場合には、泡立てた洗顔料に重曹をひとつまみ混ぜて、ガーゼ洗顔をすると、より洗浄力がアップします。

    ガーゼ洗顔に適したガーゼとは?

    ガーゼ洗顔と言っても、通常の医療用のガーゼを使う必要はありません。

    基本的に、ガーゼ洗顔では、赤ちゃんの手や口を拭いたり、カラダを洗うときに使うガーゼを使います

    100円均一ショップなどでも赤ちゃん用のガーゼは、販売されています。ただし、はじめて新品のガーゼを使うときは、何度か洗濯しておくと肌に優しくてオススメです。

    ガーゼ洗顔の注意点・問題点

    ガーゼ洗顔を行った時に注意するべき点や問題点、デメリットなどについて紹介します。
     

     
    具体的なガーゼ洗顔を行うときの注意点、デメリットとしては、

    • ニキビ予防で、やり過ぎると逆にニキビが出来るようになる
    • 汚れが落ちる分、必要な皮脂も落とし過ぎる可能性がある
    • 皮脂を落としすぎると肌が乾燥する場合がある
    • 力を入れてゴシゴシやると、肌が傷つくので優しく洗う
    • 毎日やると、肌が弱って肌トラブルの原因になる
    と言ったような注意点や問題点があります。

     
    ニキビ予防でガーゼ洗顔をしたいと思った場合には、毎日行うのは避けて、週に2回~3回程度にしないと、逆にニキビが出来やすくなる場合もあります。

     

    手ぬぐい洗顔

    手ぬぐい洗顔につかう手ぬぐいの写真
    ここでは、手ぬぐい洗顔を行うときに期待できる効果やメリット、または、注意点や危険性、実践方法を紹介しています。

    手ぬぐい洗顔の期待できる効果とは?

    手ぬぐい洗顔を行うことによって、期待できるメリットや効果効能としては、どのようなモノがあるのかを紹介します。

    基本的に手ぬぐい洗顔で、メイクを落とせるのですが、ウォータープルーフやラメなど目元メイクが濃いい場合には、クレンジングで先にメイクを落としてからでも大丈夫です。
     

     
    具体的な期待できる手ぬぐい洗顔の効果、効能としては、

    • 毛穴の黒ずみ汚れをシッカリ落とす
    • 古くなった角質や垢をしっかり落とす
    • くすみが抜けて肌に透明感がでる
    • 汚れがシッカリと落ちる
    • 肌への刺激が少ない
    • 肌のキメが整う
    • ピーリング効果が期待できる
    • メイク落としが不要
    • 肌のキメが整う
    • 顔以外にも全身に使える
    • 汚れと同時に加齢臭対策にもなる
    と言ったようなメリットがあると言われています。

     
    以上のように、手ぬぐい洗顔を行うことで、美容効果が期待できます。特に手ぬぐい洗顔は、顔だけでなく、全身に使うことが出来るのが特徴です。

    手ぬぐい洗顔に必要なモノとは?

    ここでは、手ぬぐい洗顔を行うときに必要となるモノは何か?また、どのようなモノを準備する必要があるかを紹介します。
     

     
    基本的に手ぬぐい洗顔で必要になるモノは、

    • 手ぬぐい
    • 固形石鹸(洗顔料)
    の2つを準備する必要があります。

    手ぬぐいの選び方

    キメが粗い手ぬぐいは、肌を傷つける原因になる場合があるので注意が必要です。キメが細かい手ぬぐいを使うと肌に優しいです。また、新品の手ぬぐいを使う場合には、前もって、2度、3度、洗濯して、生地を柔らかくしておくと肌により優しいです。

    さらに、利用する手ぬぐいは、「無地の手ぬぐい」を使うのが理想です。無地に近いモノでもOKです。色や柄があると、染料が含まれているので不向きです

    固形石鹸(洗顔料)の選び方

    手ぬぐい洗顔では、洗顔料として、固形石鹸を利用します。
     

     
    基本的に、手ぬぐい洗顔は、肌に優しい固形石鹸として

    • 着色料
    • 香料
    • 防腐剤
    • 品質安定剤
    使っていない無添加の石鹸を使います。

     
    上記のように、肌への刺激ができるだけ無い、石鹸、洗顔料を使うのが基本です。さらに、できれば、キメ細かい泡が作れる固形石鹸を選ぶと良いです。

    手ぬぐい洗顔のやり方・方法

    ここでは、手ぬぐい洗顔を実践する場合には、どのようなやり方、方法で行えばいいのかを紹介します。
     

     
    具体的な手ぬぐい洗顔の方法、やり方としては、

    • ①手ぬぐいを水に浸して柔らかくする
    • ②洗浄力が弱い、肌に優しい洗顔料(固形石鹸)を準備する
    • ③メイクをしたままの状態で、顔をぬるま湯につける
    • ④濡れた手ぬぐいでを、顔に優しく抑えるようにメイクと拭き取る
    • ⑤手ぬぐいに洗顔料を付けて泡立てる
    • ⑥泡がついた手ぬぐいで、顔全体を優しく撫でるように洗う
    • ⑦泡が残らないように、ぬるま湯ですすぐ
    • ⑧洗顔後は、化粧水、美容液、クリーム、乳液などで保湿する
    と言ったような手順で行うことになります。

     
    手ぬぐいでメイクを落とす時は、手ぬぐいで肌を擦ると、刺激になり肌を傷つけ、シミやくすみの原因になる事があります。この為、メイクを落とすときは、優しく押すように、肌へ刺激にならないように注意して行います。

    手ぬぐい洗顔の危険性・注意点

    ここでは、手ぬぐい洗顔を実践する時の注意点や危険性といったマイナス面を紹介します。

    実際に、手ぬぐい洗顔を行うときの注意点や危険性としては、

    • 色や柄のある手ぬぐいの染料が肌に刺激になることがある
    • キメが粗い手ぬぐいは、肌を傷つける危険性がある
    • ゴシゴシ擦ると肌を傷つける
    • 頻繁に手ぬるい洗顔をすると肌を傷める

    と言ったような点をあげることができます。
     
    どの洗顔方法でも共通している事ですが、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。小鼻など毛穴の汚れが気になる部分は、手ぬぐいを指に巻いて、指で優しく撫でるように洗うと良いです。
    また、手ぬぐい洗顔の頻度は、1週間に1度程度をめどに、様子を見て増やす、減らすを検討すると良いです。

    皮膚科やエステで鼻の角栓を取り除く方法

    皮膚科の写真
    ここからは、皮膚科やエステなどの専門のプロに依頼して、鼻の角栓や毛穴の黒ずみ、毛穴の開きを解消する方法を紹介します。
     

     
    具体的な皮膚科やエステで行える角栓、毛穴の改善方法としては、

    • 毛穴レーザーの照射
    • ケミカルピーリング
    • 毛穴吸引
    と言ったような方法があります。

     
    それぞれの方法については、下記で区らしく紹介します。
     

    毛穴レーザーの照射

    毛穴レーザーとは、黒色に反応するレーザーを使って、毛穴に残ったカーボンを焼く方法です。毛穴部分にみ、レーザーで焼けるので、毛穴が焼けて、タンパク質が収縮して毛穴を引き締める効果が期待できます

    さらに、同時に真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの生成も促進するので、お肌のハリもアップする事で、毛穴を綺麗にする効果も期待できます。

    ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングは、肌にフルーツ酸などの薬剤を塗り、角栓や古くなった角質などを溶かす治療法です。

    古い角質をピーリングで溶かして、取り除くことで、新陳代謝をよくし、お肌のターンオーバーを促進させる事で、肌の再生を促進させて、肌のハリやシミ、シワ、毛穴の黒ずみ、角栓除去の効果も期待できます。

    毛穴吸引

    毛穴吸引は、毛穴に詰まっている汚れを吸引器で引っ張り出す治療法です。毛穴の角栓を取りだす方法としては、毛穴パックが有名です。

    毛穴パックとの場合には、角栓になっているモノしか取り除けませんが、毛穴吸引は、角栓になる前の毛穴の汚れや皮脂も取れるので、毛穴を綺麗にすることが出来ます。
     
    以上のように、皮膚科やエステなどの専門家に依頼する事で、より効率的に鼻の角栓、毛穴の黒ずみを解消する効果が期待できます。

    まとめ

    今回は、鼻の角栓除去や毛穴の黒ずみケアが出来る方法を37選と、出来るだけ多くの方法をまとめて紹介させていただきました。

    タイトルでは、37選と言う事で、紹介していますが、鼻の角栓が出来る原因の部分でも、訪問者の方が読みやすいように、解決策も解説している部分がるので、実際には、37選以上かもしれません。

    どれか1つでもお役に立てる方法があれば嬉しく思います。
     
    しかし、実際に、色々な方法をまとめて紹介する事で、文章量が長くなりすぎて、1度に読める量を超えていると思うので、ブックマークして、通勤、通学中に、少しずつ読んでもらえればと思います。

    また、長い文章をダラダラと書くと、読みにくくなるので、リストにしたり、文字装飾、画像などを入れて、出来るだけ読みやすいようにと思い書かせていただきましたが、あなたにとって、このページが、お役にたてれば幸いに思います。