ピーリング」って、よく聞くけど、意外としらないという人、結構、多いみたいですね。

実際に、ピーリングについてのイメージや印象や気になることを聞いてみると、下記のようなイメージや気になる点があるようです。

  • 肌がキレイになる
  • ガサガサ肌がツルツルになるのか?
  • 毛穴の黒ずみ、角栓詰まりには効果があるのか?
  • シミ、くすみ対策には、活用できるのか?
  • ニキビ対策、予防にも使えるって本当なのか?
  • ピーリング剤は、危なくないのか?
  • どんな副作用がピーリングで起こる可能性があるのか?
  • お肌のターンオーバーに効果的なのか?
  • 化粧水や美容液の成分が思うように肌に浸透しない

 
ここでは、これからピーリングを始めようと思っている人が、自宅で効果的なピーリングを行う方法とは?また、ピーリングジェルやピーリング石鹸の違い、自宅で行うホームピーリング以外にも皮膚科や美容クリニックのケミカルピーリング、クリスタルピーリング、レーザーピーリングについても紹介します。

ピーリングとは、どんな効果が期待できるのか?どうすると、より効果が期待できるのか?どれくらいの頻度で使うと副作用を気にせずに使えるのか?基本的な事から分かり易くまとめているので、これから、ピーリングを初めて使う人は要チェックです。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

目次

ピーリングの意味

ピーリングの意味を説明する女性のイメージ写真

ピーリングの意味は、英語で考えると分かり易いです。ピーリングを、英語で書くと「peeling」になります。英語での「peeling」の意味は、「皮をむく」、「皮をはぐ」と言ったような意味になります。

「皮をむく」、「皮をはぐ」と言うと、怖いイメージがありますが、かかとを軽石で擦るのも、ピーリングの1つの方法です。このように、実は、ピーリングは、昔から馴染みのあるケア方法でもあります。

ピーリングとは?

ピーリングとは、何かを考える女性のイメージ写真

ピーリングとは、古い角質(肌の表面の古い皮膚)を取り除くことで、お肌のターンオーバーを正常にする角質ケアの方法です。

ピーリングによる角質ケアが、なぜ、必要なのか?

古い角質とは、肌の表面にある古い皮膚の事です。古い角質は、加齢や肌トラブルが原因で、新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーが遅くなることで作られます。
 

 
具体的な、古い角質が出来ることで、起こる可能性がある肌トラブルとは、

  • シワ
  • たるみ
  • シミ
  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の詰まり
  • 毛穴の黒ずみ
  • くすみ
  • 乾燥
  • 肌のゴワツキ
と言ったような、肌トラブルを起こす原因になる事があります。

 
この為、肌トラブルを起こさない為に、ピーリングのうような角質ケアが必要になるケースもあります。

なぜ、シワ、シミ、毛穴の黒ずみ、くすみ。乾燥などの肌トラブルの原因になるかは、お肌のターンオーバーについて理解すると分かります。
 

お肌のターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーとは、肌細胞の新陳代謝、肌の生まれ変わりの事を言います。

肌の断面図
皮膚の構造は、大きく分類すると「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つの層で出来ており、お肌のターンオーバーが関係しているのは「表皮」部分になります。

肌の表面の断面図
この表皮部分は、さらに、「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」の4層で出来ています。

お肌のターンオーバーを紹介する図
お肌のターンオーバーとして、肌細胞は、一番下の「基底層」にて、「基底細胞」が作られます。その後、「基底細胞」⇒「有棘細胞」⇒「顆粒細胞」⇒「角質細胞」と言った順番で、細胞の形を変えつつ、肌表面に押し上げられていきます。

生まれたばかりの基底細胞は、弱い細胞ですが、肌の表面に出てくる「角質細胞」になると生命力のない細胞になり、外からの刺激にも耐えられるようになります。そして、最後は、垢として対外に排出されます。

肌細胞は、日々、新しい細胞として生まれ、垢として剥がれ落ちていく、肌細胞の生まれ変わりをお肌のターンオーバーと言います

 

お肌のターンオーバーの周期とは?

お肌のターンオーバーの周期を確認する為のカレンダーの写真

お肌のターンオーバーの周期は、年齢の経過とともに、次第に肌再生に必要な期間が遅くなります。
 

 
具体的なお肌のターンオーバーの年代別の周期日数の例としては、

  • 20代:約28日
  • 30代:約40日
  • 40代:約55日
  • 50代:約75日
  • 60代:約100日
と言ったような日数が目安として言われています。

 
もちろん、お肌のターンオーバーの周期は、個人個人、違いがありますが、基本的には、年齢の経過とともに、新陳代謝が落ちることで、お肌のターンオーバーの周期が長くなります。

 

お肌のターンオーバーの遅れが、肌トラブルの原因

肌トラブルに悩む女性のイメージ写真

お肌のターンオーバーが遅くなる(新しい肌細胞に生まれ変わる周期が長くなる)と、若い時は、既に垢として剥がれ落ちていた皮膚が、まだ、古い角質として、肌に残っている状態になります。

この為、古い角質が増え、肌が分厚くなることで、肌トラブルが起こる原因になります。
 

 
具体的な、古い角質が原因で起こる可能性がある肌トラブルとしては、

  • シワ
  • たるみ
  • シミ
  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の詰まり
  • 毛穴の黒ずみ
  • くすみ
  • 乾燥
  • 肌のゴワツキ
と言ったような、肌トラブルが起きやすくなります。

 
このような肌トラブルを改善、予防する為に古い角質を自分で取り除くピーリングが有効的な角質ケアになります

 

古い角質が、肌の表面に残る理由とは?

古い角質が、肌の表面に残る理由とは何かを考える女性の写真
通常、健康で、肌がキレイな人、若い人は、古い角質は、自然と、垢として剥がれ落ちます。

肌細胞は、基底層という部分で作られて、徐々に押し上げられて、最後は剥がれ落ちてなくなります。
 

 
具体的に、古い角質が残る原因としては、

  • 加齢による新陳代謝の低下
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 乾燥、摩擦などの肌荒れ
と言ったような事が原因だと考えられます。

 
上記のように、何かしらが原因で、新しい細胞がキチンと作られていないと、古い角質が残ってしまいます。

基本的に、加齢、ストレス、生活習慣の乱れは、新陳代謝の低下で、新しい細胞が生まれにくい状態になる場合があります。また、乾燥、摩擦などの肌荒れは、肌を守るために古い角質が出来ている状態と言うケースもあります。

ピーリングの効果

ピーリング効果を確かめる女性のイメージ写真
ピーリングを行うと、肌表面の古い角質を取り除くことが出来ます。ピーリングは、基本的に酸性の薬剤なで、肌の表面と溶かして、古い角質を取り除く事ができます。

その古い角質を取り除くことによって期待できる効果として、具体的に、どのような事が可能なのかを紹介します。
 

 
具体的な、ピーリングの効果としては、

  • お肌のターンオーバーを正常にする
  • シミを薄くする・シミ予防
  • くすみ対策
  • 毛穴の黒ずみ、角栓を防ぐ
  • 毛穴の開きの予防
  • ニキビ予防
  • ニキビ跡対策
  • 背中ニキビ対策
  • シワの予防
  • 肌のたるみの予防
  • 化粧のノリを良くする
  • 化粧水や美容液などの浸透がよくなる
と言ったようなケースを上げることができます。

 
上記のように、ピーリングの効果、効能としては、色々な肌トラブルの予防や対策として使えます。具体的に、どんな効果効能が、どう、良いのか?については下記で紹介します。
 

お肌のターンオーバーを正常にする

お肌のターンオーバーを正常にするスキンケアをしている女性
加齢やストレスなどで、新しい肌細胞を作るスピードが遅くなった場合には、お肌のターンオーバーが遅れて、古い角質の量が増えます。その為、シミ、くすみ、毛穴の黒ずみ、ニキビなどの原因になります。

ピーリングを行い、古い角質を取り除くことで、遅れているお肌のターンオーバーを正常に戻す効果が期待できます

 

シミを薄くする・シミ予防

シミを薄くする方法やシミ予防のスキンケアを実践する女性の写真
紫外線や摩擦などの肌への刺激で、肌内部でメラニン色素が増えることでシミができます。シミは、紫外線によって皮膚ガンにならない為に必要なモノですが、美肌の観点からみると、シミは消したいモノです。

シミは、メラニン色素が沈着して出来ます。若い得は、お肌のターンーバーがスムーズで、メラニン色素が沈着される前に排出されます。しかし、40代や50代など、ある程度の年齢になり代謝が落ちると、お肌のターンオーバーが衰えて、急に顔のシミが増えて見える事になります。

この為、ピーリングで、古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを促進させて、代謝が活発にして、メラニン色素が沈着する前に肌細胞の入れ替えを行うことで、シミの予防が可能になります。

また、既に出来てしまったシミも、お肌のターンオーバーを促進させて、早く排出させれば、シミを早く消す効果も期待できます。

 

くすみ対策

くすみ対策で悩む女性のイメージ写真
肌のくすみは、お肌のターンオーバーが遅れて、古い角質層が、皮膚の表面に残っていることで起こります。

この為、肌の表面の”くすみ”が出ている肌を、ピーリングで取り除くことで、くすみ、の改善、解消効果が期待できます。

 

毛穴の黒ずみ、角栓を防ぐ

毛穴の黒ずみや鼻の角栓を防ぐ方法が気になる女性の写真
角栓は、皮脂と古い角質などが混ざって作られます。この角栓が酸化すると、毛穴の黒ずみの原因になります。特に、角栓は、皮脂よりも古い角質の割合が多いと言われています。

古い角質が肌表面に溜まり、剥がれ落ちないで残っていると、毛穴の詰まりになり、角栓、毛穴の黒ずみになります。

この為、ピーリングを行い、古い角質を取り除くことで、角栓や毛穴の黒ずみを予防する効果が期待できます。

 

毛穴の開きの予防

毛穴の開きの予防をする女性のイメージ写真

毛穴の開きの原因として、「古い角質の詰まり」、「皮膚の衰えによるたるみ」の2つがあります。どちらもお肌のターンオーバーを正常に戻すと、改善効果が期待できます。

古い角質の詰まりは、お肌のターンオーバーの遅れで、肌の表面に残っている古い角質が毛穴に詰まることで起こります。

皮膚の衰えによる”たるみ”は、重力に負けて、滴状の毛穴の開きの原因になります。”たるみ”の原因は、お肌のターンオーバーが遅くなることで、肌のハリと潤いの為に必要な、肌に元々あるコラーゲンやエラスチンの変性や生成機能の低下が原因です。

この為、「古い角質の詰まり」、「皮膚の衰えによるたるみ」の毛穴の開きは、ピーリングで、お肌のターンオーバーを正常に戻すことで、改善、予防が期待できます

 

ニキビ予防

ニキビ予防の方法が気になる女性の写真
ニキビが出来る原因の1つが、毛穴の詰まりです。毛穴が詰まると、毛穴内部で菌が繁殖してニキビになります。

毛穴が詰まる原因は、お肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質が出来るからです。古い角質が、肌から垢として剥がれ落ちずに残っていると、毛穴に詰まります。

この為、定期的に、ピーリングを行って、毛穴の詰まりを取り除くことで、ニキビを予防する事が可能になります。

効果が期待できないニキビ

ニキビが出来る原因にも色々とありますが、ストレスや肌の乾燥、生理前のニキビなどは、ピーリングでは改善は見込めないです。

ニキビが出来る原因を把握し、それに合った方法で、改善や予防を行う必要があります。

 

ニキビ跡対策

ニキビ跡対策で悩む女性の写真
ニキビ跡としては、「茶色く色素沈着したニキビ跡」、「凸凹になったニキビ跡」などがありますが、症状がひどくない場合には、ピーリングでの改善効果も期待できます。

ピーリングを行い、古い角質を剥がし、新しい肌細胞を出し、お肌のターンオーバーを促進させると、色素沈着などのニキビ跡、凹凸ニキビ跡が、新しい肌に入れ替わり改善される可能性が期待できます

色素沈着のニキビ跡、凹凸ニキビ跡も、ピーリングだけで改善するのは難しいので他の方法と併用すると良いです。色素沈着は、シミ対策と同じ方法です。

また、凹凸ニキビ跡は、症状がひどい場合は、ピーリングだけでは改善は難しいので、クリニックなどでレーザー治療など、他の方法も検討した方が良いです。

 

背中ニキビ対策

背中ニキビ対策できれいな背中になった女性の写真
背中は汗腺が多い部分なので、皮脂の分泌も過剰に行われます。この為、古い角質が溜まりやすい体質の人は、毛穴の詰まりからニキビが出来る可能性もあります。そのような場合は、ピーリングで角質ケアを行うことで、背中ニキビの予防、対策が可能です。

背中ニキビの原因として、古い角質以外にも、髪の毛をシャンプーやリンスで洗った後、カラダを石鹸で洗った後、など、洗い残しが原因である場合もあります。まずは、キレイに洗い流し、清潔な肌を維持する事も背中ニキビ対策としては大切です。

 

シワの予防

シワの予防を実践する女性のイメージ写真
シワが出来る原因は、肌内部の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンと言ったハリ、潤いに必要な成分が変性したり、生成機能の低下が原因になります。

この為、ピーリングを行い、お肌のターンオーバーが遅れているのを正常に戻す頃が出来ればシワの改善や予防効果も期待できます。

 

肌のたるみの予防

肌のたるみの予防の効果を実感する女性のイメージ写真
加齢や肌トラブル、ストレスなどによって、肌のターンオーバーが遅くなり、新しい肌細胞が順調に生まれてこない場合には、肌のハリを維持するために必要な、コラーゲンやエラスチンが変性したり、コラーゲンやエラスチンの生成機能が低下します。

この為、肌に古い角質である古くなった皮膚、肌が増えることで、肌の”たるみ”の原因になるケースがあります。このような場合は、ピーリングを行い、お肌のターンオーバーを正常にし、お肌の再生能力を上げることで、予防や改善効果が期待できます

 

化粧のノリを良くする

化粧のノリを良くする方法を実践して肌が気になる女性
古い角質が、皮膚の表面に多くあると、肌の水分と皮脂のバランスが悪くなります。このようなバランスの悪い状態になると化粧ノリが悪くなります。

この為、ピーリングを行い、古い角質を取り除き、新しい肌細胞を表面に出すことで、肌の水分保持力がアップするので、化粧ノリが良くなる傾向があります。

 

化粧水や美容液などの浸透がよくなる

化粧水や美容液などの浸透がよくなるのを実感した女性
せっかくの化粧水や美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品を使っていても、思うように肌に浸透しない場合には、ピーリングを試してみると良いかもしれません。

特に加齢やストレスで肌の状態がカサカサしていたり、少し硬いと感じる場合には、ピーリングで古い角質を取り除き、新しい肌を表面に出すことで、化粧水や美容液などの浸透がよくなります

 
以上のように、ピーリングを定期的に行うことで、ピーリングの効果効能によって、古い角質を取り除く事で、肌トラブルを予防して、美肌を目指す場合にも効果的です。

ピーリングの種類

ピーリングの化粧品が並んでいる写真
ピーリングと言っても、その種類は様々で、自宅で出来るモノ、皮膚科やクリニックなどに行って行う必要がある方法など、様々です。また、酸性の薬剤を使って溶かす方法と、物理的な方法で行うピーリングもあります。
 

 
基本的なピーリングの種類としては、

  • ケミカルピーリング
  • 物理的なピーリング
と言ったような2つに分けることが出来ます。

 
上記のようなケミカルピーリング、物理的なピーリングにも、それぞれの種類があるので、下記で詳しく紹介します。
 

薬剤を使うケミカルピーリング

薬剤を使うケミカルピーリングを実践する女性のイメージ写真
薬剤を使うピーリングは、ケミカルピーリングと言われ、基本的には、酸性のピーリング剤を使うケースが多いです。
 

 
具体的な酸性の薬剤を使うケミカルピーリングの種類としては、

  • AHA(アルファヒドロキシ酸)
  • BHA(ベータヒドロキシ酸)
の2つに大きく分類することが出来ます。

 
以上のようなケミカルピーリングの種類としては、AHA(アルファヒドロキシ酸)とBHA(ベータヒドロキシ酸)の違いや特徴については、下記で詳しく紹介します。

AHA(アルファヒドロキシ酸)の特徴と種類

AHA(アルファヒドロキシ酸)の薬剤のイメージ写真
AHA(アルファヒドロキシ酸)のピーリングは、基本的に、肌への刺激が低い酸性の薬剤を使って行うピーリングです。酸性のピーリング剤の刺激が低いので、自宅でできるピーリング剤として使われています。
 

 
具体的なAHA(アルファヒドロキシ酸)の種類としては、

  • りんご酸
  • クエン酸
  • グリコール酸
  • 乳酸
と言ったような天然のフルーツ酸を使っているケースが多いです。

 
自宅で出来るピーリング剤としては、「ピーリングジェル」、「ピーリング石鹸」などに上記のリンゴ酸、クエン酸、グリコール酸、乳酸などの天然フルーツ酸が使われている事が多いようです。

※メリット

  • 低刺激なので自分でも使いやすい
  • 自宅で気軽にピーリングが行える
  • 肌トラブルを起こしにくい
  • 安く購入して試せる

※デメリット

  • 低刺激なので、即効性は感じにくい
  • 肌に合わない製品を選んでしまう可能性がある
  • 必要以上に使い過ぎると肌荒れの原因になる

BHA(ベータヒドロキシ酸)の特徴と種類

BHA(ベータヒドロキシ酸)のイメージ写真
ケミカルピーリングが危険だと思われている場合は、「BHA(ベータヒドロキシ酸)」の事を指しているケースが多いのではないかと思います。

BHA(ベータヒドロキシ酸)は、非常に強力なピーリング剤で、効果は高いが、以前は副作用などもあり、日本人の肌にも向いていないとも言われた方法です。
 

 
具体的なBHA(ベータヒドロキシ酸)の種類の例としては、

  • TCA(トリクロール酢酸)
  • サリチル酸マクロゴール
  • サリチル酸エタノール
  • グリコール酸
と言ったような種類があります。

 
副作用が心配なBHA(ベータヒドロキシ酸)のケミカルピーリングは、サリチル酸エタノールの事です。サリチル酸エタノールは、浸透性に優れていますが、痛みや炎症、耳鳴り、頭痛、めまいなどを起こす可能性があるので注意が必要です。

サリチル酸エタノールの欠点を補う形で作られたのがサリチル酸マクロゴールです。サリチル酸マクロゴールは、今までと比べると副作用を起こす危険性が大幅に低くなっています。

BHA(ベータヒドロキシ酸)は、医師に相談する
医師に相談する写真

BHA(ベータヒドロキシ酸)は、強力なピーリング剤です。その為、自宅では行えません。美容皮膚科やクリニックなど、医師に相談して、施術してもらう必要があります。

※メリット

  • 効果が実感しやすい
  • 即効性がある
  • セルフケアでは改善しない肌トラブルにも効果が感じやすい

※デメリット

  • 手軽にはできない
  • 施術後、肌が赤くなるダウンタイムがある
  • 肌への負担が大きくなる
  • それなりの費用が必要

 

物理的に行うピーリング

物理的に行うピーリングの手術中のイメージ写真
物理的に行うピーリングの種類を紹介します。基本的に、物理的に皮膚の表面を削るので、クリニックや美容皮膚科などに行って行うのが一般的です。
 

 
具体的な物理的に行うピーリングの例としては、

  • クリスタル
  • ダイヤモンド
  • 水酸化アルミニウム
と言ったような種類があります。

 
これ以外にも、レーザーを使うピーリングなどもあります。

※メリット

  • 効果が実感しやすい
  • 即効性がある

※デメリット

  • 手軽にはできない
  • それなりの費用が必要

 

自宅で行うピーリングの種類

自宅のイメージ写真
手軽にピーリングを試したいと思った場合には、自宅で使うことが出来るピーリング剤です。ピーリング剤の形状は、ピーリングジェルとピーリング石鹸のタイプが多いようです。
 

 
具体的に、自宅で利用できるピーリングの種類としては、

  • ピーリング石鹸
  • 塗って洗い流すピーリング剤
  • 塗って擦るタイプ
  • 洗い流さないタイプ
の4種類に分類することが出来ます。

 
上記のピーリングジェル、ピーリング石鹸などのピーリング剤の種類の特徴については、下記で個別に紹介します。

ピーリング石鹸

ピーリング石鹸の写真
ピーリング石鹸は、固形石鹸の形状です。石鹸の中にピーリング剤の成分が入っています。

普通に洗顔石鹸を使うときと同じように石鹸を泡立てて、洗顔することで、ピーリング効果が得られます。

普通に洗顔をしているように使えるのが特徴なのがピーリング石鹸です。また、ピーリング効果もマイルドで、肌を傷めにくいので、初めてピーリングを行う人が取り入れやすい方法です。

塗って洗い流すピーリング剤

塗って洗い流すピーリング剤を使っている女性の写真
ピーリング剤を塗って、洗い流すだけの簡単にできるのが、塗って洗い流すピーリング剤です。石鹸タイプとは違い、泡立てる必要もなく、塗って、洗い流すだけなので簡単に使えます

ピーリング効果としては、石鹸タイプよりも効果が高いので、頻繁に使うと危険です。この為、1週間に1度など、間隔をあけて、定期的に使うと良いです。

塗って擦るタイプ

塗って擦るタイプのピーリングを使っている女性のイメージ写真
ピーリングジェルやクリームに多いのが、顔に塗ってから擦ることで、古い角質がボロボロと消しゴムのカスのように取れるピーリング剤です。

こちらも石鹸タイプと比べると、ピーリング効果が高いので、週に1度程度しか使うことが出来ません。

洗い流さないタイプ

洗い流さないピーリングを使っていrう女性のイメージ写真
洗い流さないタイプのピーリング剤は、スキンケア時に化粧水などと一緒に使う方法です。肌に塗ることで、角質を柔らかくする事で、古い角質が剥がれやすくなる効果が期待できます。

洗い流さなくても良い分、ピーリング剤の効果は少ないので、効果が物足りないと感じる人もいます。この為、基本的に、他のピーリング方法ではヒリヒリと刺激を感じて出来ないような、乾燥肌や敏感肌の人がピーリングをしたい場合に使うと良いと思います。

効果的なやり方・使い方

ピーリングの効果的なやり方、使い方を紹介している女性のイメージ写真
ピーリングの効果的な使い方を紹介します。
 

 
ピーリングにも色々と種類がありますが、ここでは、

  • ピーリング石鹸
  • 塗って洗い流す流すピーリング
  • 塗って擦るピーリングジェル
の効果的な使い方を紹介します。

 
ピーリングの効果的な使い方としては、下記のような点がポイントになります。
 

ピーリング石鹸の効果的な使い方

ピーリング石鹸は、普段の洗顔料の代わりに使えるピーリングです。基本的な使い方は、洗顔する時と同じ要領になります。

具体的には、下記のようになります。

①手についた雑菌を最初に洗い流す

手を洗っているイラスト
手についている雑菌を最初に洗い流します

②ぬるま湯のみで顔を洗う

顔をぬるま湯で濡らしているイラスト
次は、ぬるま湯のみで、顔を洗い、顔についた汚れを軽く落とします。また、ピーリング石鹸を使う前に、顔を濡らしておくことで、肌への摩擦も抑えます。

ぬるま湯の温度は、32度~36度程度がオススメです。

③洗顔料を泡立てる

洗顔料で泡を作っているイラスト
洗顔料を泡立てます。ピーリング石鹸は、思った様に泡立たないので、泡立てネットなどを使って、シッカリと泡立てます

シッカリと、弾力のある泡を作ることが出来れば、洗顔時に、顔を泡で洗うことが出来るので、汚れが取れやすく、肌への摩擦も避けることが出来ます。

④額(ヒタイ)に泡をのせる

ヒタイに洗顔料の泡をのせるイラスト
額から鼻のTゾーンにかけて洗顔料の泡をのせるイラスト
最初は、皮脂の分泌が多い額(ヒタイ)と鼻にかけてのTゾーンから泡をのせて洗います

泡で洗う感じが大切で、指でゴシゴシと、擦ると肌が傷つくので注意が必要です。

⑤顎(アゴ)を洗う

アゴに洗顔料の泡をのせるイラスト
次は、アゴの周辺にピーリング石鹸の泡をのせて洗います。

⑥頬(ほほ)に泡をのせる

頬に洗顔料の泡をのせる女性のイラスト
次は、頬に泡をのせて洗います。基本的に、肌の強い部分から弱い部分にかけて洗っていきます。

⑦口元や顔全体に泡を広げる

顔全体に洗顔料の泡をのせるイラスト
口元、目元などの皮膚の薄く弱い部分は、泡をつけないか、あるいは、泡を付けて洗う場合も短時間にします。

また、泡をパックにして、顔に3分ほど、のせておくのも効果的な方法です。

⑧ぬるま湯ですすぐ

顔にのった洗顔料をぬるま湯で洗い流すイラスト
最後は、ぬるま湯で、ピーリング石鹸の洗い残しが無いように、シッカリとすすいで、洗い流します。

すすぎは、20回~30回以上、シッカリとピーリング石鹸の洗顔料が残らないようにすすぎを行います

⑨タオルで水分を拭き取る

洗顔のすすぎ後に、タオルで顔についた水分を拭き取るイラスト
すすぎの後は、タオルで水分を拭き取りますが、ここでも、タオルで顔を擦らないように注意しましょう。擦ることで、シミやくすみの原因になることがあります。
 
上記のように、基本的に、ピーリング石鹸は、洗顔料で顔を洗うときと同じように行うと良いです。

ピーリング石鹸の使用回数・使用頻度

ピーリング石鹸は、製品により違いますが、毎日、使えるモノから、1週間に1度など、製品によって様々です。

 

塗って洗い流す流すピーリングの使い方

塗って洗い流す流すピーリングの使い方を実践する女性の写真
塗って洗い流すタイプのピーリングの使い方として効果的な方法を紹介します。

塗って洗い流す流すピーリングを使う前の準備

塗って洗い流す流すピーリングを使う前には、まずは、最初に、洗顔料で洗顔をして、余分な汚れを洗い流しておくと、ピーリングの効果が高まります

塗って洗い流す流すピーリングを使う

塗って洗い流す流すピーリングを使うときは、購入したピーリング剤のパッケージや説明書の内容をみて、適量を正しい時間使いましょう。

早く効果がでると良いと思い、使い過ぎると、肌へのダメージになって、肌トラブルの原因になる可能性があります。

塗って洗い流すピーリングの回数・使用頻度

塗って洗い流す流すピーリングの使用頻度は、毎日使う必要はありません。1週間に1度など、適度な間隔を空けて使います。

 

塗って擦るピーリングジェルの効果的な使い方

塗って擦るピーリングジェルの効果的な使い方に使用するピーリングの瓶のイメージ写真
塗って擦るピーリングジェルは、顔にジェルを塗って、クルクルとマッサージすると、消しゴムのカスのようなモノが出てくるタイプのピーリングです。

塗って擦るピーリングジェルを効果的に行う方法

基本的に、塗って擦るピーリングジェルの場合も、最初に、普通の洗顔料で顔を洗っておくことで、余分な汚れを取っておくことで、ピーリングの効果が実感しやすくなります。

塗って擦るピーリングジェルの使用頻度、回数

塗って擦るピーリングジェルの使用頻度も、製品のパッケージ、説明書を参考にする必要がありますが、毎日使えるモノから、1週間に1回など様々です。肌への負担にならない程度に、ピーリングジェルを使うのが大切です。

 

ピーリングで効果を実感する為の効果的な使用頻度、回数

ピーリングの使用頻度、回数をカレンダーでチェックする様子の写真
ピーリングは、商品によって、使用頻度や回数は違ってきます。また、脂性の人と敏感肌の人とでも使用頻度は変わってきます。
 

 
この為、ピーリングの効果的な使い方のポイントとしては、

  • 使用する間隔は余裕を見て長めからスタート
  • 肌の状態を見て、6日に1回、5日に1回と使用頻度を短くする
  • 定期的に、ピーリングを行う
と言ったような点が効果的にピーリングを行う時のポイントになります。

 
上記のような点を抑えて、ピーリングを行うと、効果的に綺麗な肌を目指すことが出来ます。具体的なピーリングを行うときのポイントとしては、下記で個別に紹介します。

使用する間隔は余裕を見て長めからスタート

ピーリングをする女性の写真
ピーリングを使用する期間、間隔は、製品によって違いますが、例えば1週間に1回程度の使用から始めるケースが多いと思います。基本的な使用頻度は、製品パッケージや説明書で確認してください。

例えば、3日~7日に1度、ピーリングを行えばいいピーリング製品の場合は、余裕を見て、最大の日数である7日に1度、ピーリングを行うようにします。

肌の状態を見て、6日に1回、5日に1回と使用頻度を短くする

1週間、2週間のカレンダーの写真
7日に1度、ピーリングを行っていたが、全然、肌に違和感を感じない場合には、6日に1度、5日に1度と、少しずつ、使用する間隔を狭めていきます

基本的には、ピーリング剤のパッケージなどの使い方を守りますが、その決められた範囲内で、出来るだけ多くピーリングを使うことが出来れば、古い角質も取り除きやすくなります。

ただし、肌がヒリヒリする、突っ張った感じがする、など、違和感を感じたら、ピーリングは、当分、肌が回復するまで控えて、問題なく使えていた使用頻度に戻して使う必要があります。

定期的に、ピーリングを行う

定期的にピーリングを行っている女性のイメージ写真
お肌の状態が良くなったら、もうピーリングは必要ないと思い、止めてしまうと、肌の状態が元に戻ってしまう可能性があります。

特に、加齢で、肌の新陳代謝が落ちている場合は、一時、ピーリングで肌がキレイになっても、また、スグに元に戻る可能性が高いので、定期的にピーリングを行うのが良いです。

これとは逆に、ストレスや生活習慣の乱れなど、一時的な事が原因で、古い角質が溜まり、ピーリングを行った場合には、一時的な肌トラブルなので、継続してピーリングを行う必要がないケースもあります。

このように、定期的にピーリングを行う必要があるかどうかは、肌の状態に合わせて選ぶ必要があります。

ピーリングは、夜に行う

夜の写真
ピーリングは、1日の中で、いつ行うのが良いのか?と言った点では、基本的に、夜、洗顔後で、化粧水や美容液などのスキンケアを使う前です。
 

 
ピーリングを使うタイミングの意味としては、

  • 洗顔後、余分な汚れが取れている
  • ピーリングで、肌が薄くなるので、ピーリング後、化粧水や美容液は浸透しやすい
  • 夜、化粧水や美容液を肌に浸透させて寝ると、美肌効果が期待できる
  • 寝ている時は、成長ホルモンが出て、肌の再生が行われる
  • お肌のターンオーバーは、夜、寝ている時に活発に行われる
  • ピーリング後は、肌が薄くなり紫外線の栄養を受けやすくなる
  • 紫外線の影響を受けない、夜にピーリングをする
  • 寝ている間に、肌の再生がスムーズに行いやすくなる
と言ったように、夜、ピーリングをする方が効果が期待できます。

 
上記の通り、肌の再生、ターンオーバーは夜、寝ている時に行われ、紫外線の影響を受けないので、安心して、ピーリングを行えるのは夜になります。

ピーリング後に必須なケア

ピーリング後に保湿ケアをしている女性のイメージ写真
ここでは、ピーリングを行った後に必要なケアの方法を紹介します。ピーリングで、肌がキレイになったとしても、その後のスキンケアが不十分だと、逆に肌を傷めてしまう可能性があるので注意が必要です。
 

 
具体的にピーリングを行った後に必要なケアは、

  • 保湿
  • 紫外線対策
という2つは必須です。

 
この2つの点は、ピーリング後は、必ず、行う必要があります
 

ピーリング後の保湿をシッカリと行う

ピーリング後の保湿をシッカリと行っている女性の写真
ピーリングをした後は、古い角質が取り除かれた、モチモチの綺麗な肌になります。しかし、この綺麗な肌は、ピーリングで、無理に肌の表面に出されたので、保湿力が弱い、未熟な肌です。

この為、ピーリング後、放置していると、肌は乾燥しやすい状態になっているので、必ず保湿をする必要があります

特に、普段の保湿よりも、シッカリと、意識して保湿をする必要があります。もしも、保湿が不十分だと、肌が乾燥して、古い角質が出来やすくなるなど、肌トラブルを起こす可能性があります。

 

紫外線対策

紫外線対策をしている女性の写真
ピーリングを行うと、皮膚の表面に合った古い角質が無くなります。そして、古い角質の下に眠っていた新しい皮膚が表面に出てきますが、無理やり肌の表面に出てきた肌は、まだ、外からの刺激に十分耐えれる程の強さはありません。

この為、ピーリング直後の皮膚は、紫外線の刺激を受けやすくなっています。もしも、朝、ピーリングを行った場合には、その後、外出時に紫外線を浴びることになるので、いつも以上に、シッカリと紫外線対策をしておく必要があります。

注意点・危険性・副作用とは?

注意点、危険性、副作用のイメージ図
ピーリングを使う場合の危険性、副作用など、デメリット、注意点を紹介します。

ピーリングは、お肌のターンオーバーを正常にする事で、新しい肌を表に出すことで、キレイな肌にする効果が期待できます。このように、ある意味、強引に、古い角質を取り除いているので、使い方によっては危険性や副作用などを意識し、注意して使う必要があります

ここでは、ピーリングを使うときの注意点や副作用などの危険性について紹介します。
 

ピーリングをやってはいけない人・向いていない人

ピーリングをやってはいけない人を紹介する女性
ピーリングをすれば、肌がキレイになるといったイメージを持っている人も多いと思いますが、全ての人が、そうであると言う訳ではありません。
 

 
具体的にピーリングが向いていない肌質の人としては、

  • 敏感肌の人
  • 乾燥肌の人
  • 皮膚が薄い人
と言うのは、ピーリングは行わない方が良いです。

 
上記のような肌質の人が、市販されているピーリング剤を使っても、低刺激なので、ひどい副作用になるケースは少ないと思います。

しかし、元々、敏感肌や乾燥肌、皮膚の薄いと言ったように、肌が弱い人は、ピーリングの刺激によって、逆に肌トラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。

 

ピーリングを行ってはいけないケース

ピーリングが駄目なケースを紹介する女性
ピーリングは、基本的には、スキンケアの中でも肌に刺激を与える方法です。肌に刺激を与え過ぎると、肌荒れや加増な皮脂分泌など、肌トラブルを引き起こす原因になります。
 

 
具体的な、ピーリングを行ってはいけないケースとしては、

  • 肌に赤みがある
  • 肌に傷がある
  • 赤ニキビがある
  • 化粧水がしみる
と言ったようなケースは、ピーリングは使ってはいけません。

 
肌の赤み、キズ、赤ニキビは、肌の炎症の可能性があります。炎症を起こしている状態でピーリングを行うと、さらに悪化する可能性があります。また、化粧水がしみるのも細かい傷や皮膚の炎症が起きている可能性があるので、ピーリングで刺激を与えてはいけません。

上記のようなケース以外でも、基本的に「肌に異常を感じたり」、「肌が弱っている」と感じた場合は、刺激の強いピーリングは止めましょう

 

お肌のターンオーバーが早くなっている人

洗顔のし過ぎでお肌のターンオーバーが早くなっている女性
ピーリングは、基本的にお肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質が肌の表面に溜まっている人が行う角質ケアです。

この為、ピーリングは、お肌のターンオーバーが早くなっている人は、行ってはいけないスキンケア方法です。 

 
具体的な、お肌のターンオーバーが早くなる方法としては、

  • 1日に何度も洗顔料で顔を洗う
  • ゴシゴシ、顔を洗ったり、拭いたりしている
  • ピーリングを頻繁に行っている
  • 垢すりなどで、擦っている
と言う人は、ピーリングを行うのは注意が必要です。

 
一番、注意が必要なのが、頻繁に洗顔をしている人です。特に、脂性の人に多いと思いますが、肌をキレイな状態に保ちたくて、1日に何度も洗顔をしていると、洗顔で、古い角質を洗い流しているケースがあります

皮膚科や美容クリニックを使うメリット・利点

医師の写真

皮膚科や美容クリニックでも、ピーリングの施術を受けることが出来ます。
 

 
実際に、皮膚科や美容クリニックを利用するメリットとしては、

  • 医師に相談して行える
  • 効果が実感しやすい
  • 効果が出るのが早い
  • 医療機関なので安心して受診できる
と言ったようなメリット、利点があります。

 
上記のように、やはり、医師が行う治療なので、効果が出るのが早いのが皮膚科や美容クリニックで行うピーリングの一番の特徴です。
 

自宅より皮膚科のピーリングが良いケース

皮膚科でピーリングをするのが良いケースを紹介する看護師のイメージ写真
自宅で行うピーリングは、危険性や副作用を考えて、刺激が少ないです。この為、例えば、ニキビ跡の凸凹など、症状が激しい場合には、なかなか、目に見えた改善を実感するのは難しいです。

この為、皮膚科や美容クリニックで、刺激が強いが、効果が出やすい強力なピーリングを行うことで、自宅で行うよりも比較的に、短期間で肌をキレイにすることが可能です。

皮膚科や美容クリニックは、効果がある分、使い方を間違えると危険もあるので、医師が行う医療行為になっています。

 

皮膚科や美容クリニックのピーリングのデメリット

皮膚科、美容クリニックのデメリットを紹介する女性の写真
皮膚科や美容クリニックで行うピーリングのデメリットや注意点を紹介します。
 

 
具体的な皮膚科や美容クリニックのピーリングのデメリットとしては、

  • 値段が高い傾向がある
  • 継続的に通う必要がある
  • 施術後の保湿ケアなどの手間がかかる
  • 施術方法によってはダウンタイムがある
と言ったような点を注意しておく必要があります。

 
基本的に、効果が高い分、自宅で行うホームピーリングよりは費用が高くなります。そして、効果が高い分、施術後は、一時的に、肌のバリア機能が低下するので、保湿ケアをシッカリと行う必要があります。

また、ピーリングの施術方法によっては、赤くなったり、と言った症状が出る場合があります。

 

皮膚科や美容クリニックで受けれるピーリングの種類

ピーリングの施術中のイメージ写真
 

 
ちなみに、皮膚科や美容クリニックで受けることが出来るピーリングの種類として、有名なところとしては、

  • ケミカルピーリング
  • クリスタルピーリング
  • レーザーピーリング
などを取り扱っているところが多いと思います。

 
それぞれのピーリングの特徴は下記の通りです。

ケミカルピーリング

市販のピーリングジェルに含まれている酸性の薬剤を肌に直接塗って行うピーリングです。酸性で肌を溶かすので、敏感肌や乾燥肌の人は利用できない場合があります。

費用は、1回5千円~2万円程度が相場です。施術直後は、メイクはできません。メイクは翌日からは可能です。

クリスタルピーリング

微粒子状にしたアルミニウムを吹き付けて行うのがクリスタルピーリングです。幅広い肌質の人が利用できるピーリング方法です。

また、施術直後でも肌に赤みが出ないので、すぐにメイクする事も可能です。費用としては、1回あたり、1万円~2万円程度が相場です。

レーザーピーリング

レーザーを照射して行うのがレーザーピーリングです。レーザーピーリングは、施術直後でも肌が赤くなったり、ヒリヒリする事が少ないので、施術後のメイクも可能です。

レーザーピーリングの費用は、1回、1万円~2万円程度が相場です。
 
ピーリングの方法にも色々と種類がありますが、どの方法が適しているのかは、肌質、肌の状態、金額面を総合的に医師と相談して判断する必要があります

また、基本的に数回、皮膚科や美容クリニックに通う事になるケースが多いので、1回の金額ではなく、トータルで、悩みの症状を改善するためには、どれくらいの費用になるかと言った比較検討も大切です。

 

エステのピーリングはどうなのか?

エステでピーリングをする女性の写真

自宅で行うホームピーリングと、皮膚科や美容クリニックで行うピーリング以外に、エステで行われているピーリングもあります。
 

 
エステで行っているピーリングのメリットとしては、

  • 機械を使うので自宅で行う良い効果が期待できる
  • 皮膚科より薬剤が優しいので、肌に優しい
と言ったような利点、メリットがあります。

 
上記のようなメリットがある反面、エステで行うピーリングにもデメリットはあります。具体的なデメリットは、下記の通りになります。
 

 
これに対して、エステのピーリングのデメリットは、

  • 自分で行うピーリングより予算が高い
  • 皮膚科と比べれこ効果が落ちる
と言ったような点をデメリットとして注意する必要があります。

 
以上のように、エステで行うピーリングは、自宅ピーリングより効果は期待できるが、皮膚科よりは劣る事が分かります。

 

どの方法のピーリングが良いのか?

どのピーリングが良いか考える女性の写真
もしも、お肌の悩みの症状が、激しい、ひどい場合には、皮膚科を選ぶ方が、良いと思います。

ちょっと、お肌の状態が気になる程度なら、自宅で行うピーリングを試して、さらに、効果を実感したい場合は、エステや皮膚科に切り替えると良いと思います。

ピーリングの正しい使い方【まとめ】

ピーリングの正しい使い方を説明する女性のイメージ図
ピーリングは、上手く使うことで、シミやシワ、くすみ、などの肌トラブルへの改善や予防に使えて良いスキンケア方法です。

しかし、ピーリングは、見方を変えると、無理やり皮膚を剥がしているようなモノです。この為、ピ0リングは、刺激の強いスキンケア方法になるので、正しい使い方を守る必要があります。
 

 
基本的なピーリングの正しい使い方のポイントとしては、

  • 使用方法を守る
  • 使用頻度を守る
  • 肌の状態が良くない時は使わない
  • ピーリング後の保湿ケアは十分に行う
  • ピーリング後の紫外線対策もシッカリ行う
と言ったような点を守って使う必要があります。

 
特に、ピーリングを正しく使う為に大切なポイントは、下記で紹介します。
 

使用頻度は、肌の状態に合わせて感がある

ピーリングの使用頻度を記録するカレンダーの写真
まずは、使用頻度や使用方法を守ることで、肌への刺激を抑えますが、肌質によっては、決められた使用頻度よりも少なくする必要があります。

もしも、ピーリングを行って、決められた使用頻度でも、肌に刺激を感じる場合は、さらに、使用頻度を下げましょう

 

ピーリング後の保湿ケア、紫外線対策はシッカリと行う

ピーリングの後の保湿ケアを行う女性の写真
ピーリングを行った後は、一皮むけた状態になるので、皮膚のバリア機能が弱くなっている状態です。この為、肌を守る為に行う保湿ケアは、いつもよりもシッカリと厚めに塗っておきましょう。

また、ピーリング後は、肌が弱くなっているので、紫外線対策は必須です。この為、紫外線対策をする必要が無い、夜に、ピーリングを行うのがオススメです。

夜にピーリングを行うと、化粧水や美容液の成分の浸透がよくなり、眠っている間のお肌のターンオーバーも促進されやすくなると考えられます。

まとめ

ピーリングとは、肌を削ったり、溶かすことで、古い角質を取り除く角質ケアの方法です。

基本的に、強引に行うスキンケア方法なので、肌に優しい方法とは言えません。しかし、効果的に、ピーリングをスキンケアに取り入れる事で、肌のターンオーバーを正常にする事で、シミ、くすみ、シワ、ニキビなどの肌トラブルを予防したり、改善する効果も期待できます。

その為、ピーリングをスキンケアに取り入れる場合には、無理な使い方はしないで、正しく決められた方法を守りつつ、ピーリング後の保湿ケアは、シッカリと行うことで、美肌を目指すことが出来ます。