アボカドは、「食べる美容液」で「森のバター」と言われ、美容や健康への効果がギネスにも認定されて話題の食べ物です。このアボガドを食べることで、具体的に、どのようなメリットがあるのか調べてまとめてみました。

アボカド栄養成分効果効能は、何が期待できるのでしょうか?

と言ったことが気になる場合には、


  • 食べ過ぎによる注意点は何か?
  • 肌や髪などへの美容効果は?
  • 健康では、どんな効能が期待できるか?
  • ダイエット効果があるって本当?
  • 食べ過ぎると太るって本当なの?
  • 食べごろは?選び方は?保存方法は?
  • 注意点としては何か?

 
なども気になると思いますので、これらをまとめて紹介しているので参考になると思います。
 
さらに、このページでは、この他にも「アドカドの栄養成分一覧」、「アドカドの人気レシピ・食べ方」、「カロリーはどれくらいか?」、「そもそも、アボカドとは?」、「妊婦や不妊への効果とは?」と言ったような、アボカドについて気になる点をまとめて紹介しています。

 

 
アボカドの栄養や効果、効能、レシピ、食べ方などに関する情報を沢山集めました

掲載情報が多いので、上から順番に読んでいくと大変です。
その為、下記の目次から気になる項目にジャンプしてチェックすると良いです。



目次を紹介する女性と↓のイラスト

スポンサーリンク

目次

アドカドの主要な栄養成分

栄養豊富なアボカドの写真

アボカドは、非常に栄養バランスのとれた果物で、10種類以上のビタミンやミネラルが豊富に含まれているスペシャルフルーツです。

ビタミン類は、老化の防止に役立つビタミンEをはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸を含みます。また、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、マンガンなどのミネラル類も豊富に含んでいます。

特に、脂肪分である脂肪酸が豊富に含まれており、その割合は、アボカドの果実全体の約20%が脂肪になります

脂肪は太って体に悪いのでは?

アボカドの果実の20%が脂肪分なので、森のバターとも言われています。脂分が多いと「太るし、体に悪いのではないか?」と思う人も多いと思います。

しかし、アボカドの脂肪の80%は、オレイン酸やリノール酸と言う不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の防止効果、抗酸化作用が期待できます。

また、アボカドには、不飽和脂肪酸のα-リノレン酸が含まれていますが、これは、体内で、血液サラサラの青魚の油で知られるEPA、DHAに変化します。

このように、アボカドに含まれる脂肪分は、「悪玉コレステロールを減らす」、「血液をサラサラ」にすると言った効果が期待できる、ワザワザ、サプリメントで摂取する人もいるような健康に良い脂肪分が多く含まれています。

摂り過ぎは注意!?

アボカドには、不飽和脂肪酸という脂分が多く含まれており、血液サラサラ効果で、動脈硬化や心筋梗塞などの予防効果が期待できます。

しかし、アドカドに含まれるn-6系の不飽和脂肪酸のリノール酸は、摂り過ぎると善玉コレステロール値を下げたり、アレルギー症状の悪化、動脈硬化を引き起こすと言った健康に悪い効果も起こす可能性があります。

この為、アボカドは、適度な分量を摂っていれば、健康や美容効果が期待できますが、摂り過ぎると、健康を害する可能性もあるので食べ過ぎは注意が必要です。

アボカドのダイエット効果

アボカドのダイエット効果を実感する人のイメージ写真
アボカドは、ダイエット効果が期待できる果物です。アボカドには、数多くの栄養素が含まれています。このアボカドに含まれている多くの栄養素によって、ダイエット効果が期待できます

 
具体的なアボカドのダイエット効果としては、

  • お通じの改善
  • 満腹感を得る
  • 脂肪分・糖分の吸収を抑える
  • 体脂肪を分解する
  • 代謝を高める
  • 水分や老廃物を排出する
と言った様な特徴が期待できます。

 
上記のように、アボカドのダイエット効果については、色々な効果が期待できます。
 

お通じの改善

アボカドには、お通じを良くする効果も期待できます。具体的には、お通じを良くする栄養成分としては、「食物繊維」、「オレイン酸」と言った2つの成分の効果が期待できます

食物繊維は、体内で水分を吸収して、便のカサを増やしつつ、腸内の不要なモノを便として排泄して、お通じを良くする効果が期待できます。

オレイン酸は、オイルの1種で、腸内で便を柔らかくし、コーティングして排泄しやすくする効果が期待できます。

満腹感を得る

アボカドは、食物繊維が豊富です。食物繊維は、水分を吸収することで、満腹感をもたらす事で、食事量を減らす効果が期待できます。

脂肪分・糖分の吸収を抑える

アボカドに含まれる食物繊維は、食事の最初に食べることで、その後に食べる脂肪分や糖分に食物繊維が絡み付いて、体内への吸収を抑制します。

また、オレイン酸の効果によって、糖質の吸収を抑制する効果も期待できます。

体脂肪を分解する

アボカドに含まれているビタミンB2は、体脂肪の分解を助ける効果があるので、体脂肪率を下げたい人には嬉しい食べ物です。

また、アボカドを食事の最初に食べることで、食物繊維の働きで、血糖値の上昇を穏やかにする事で、脂肪吸収を抑えます

 
血糖値の上昇が、脂肪吸収を促進する理由
食事で、食物繊維を摂らずに、糖分ばかり食べた場合には、血液中の糖分が増えて血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると、それを抑えるためにインスリンが分泌されます。

インスリンによって、血液中の糖が処理されますが、この処理で、血液中の糖は、脂肪として体内に蓄えられる事になります。

代謝を高める

アボカドには、代謝に不可欠なビタミンB6が含まれています。また、脂肪の代謝を促進するビタミンB2については、他の野菜と比べてもトップクラスの分量がアボカドには含まれています。

このように、アボカドでは、代謝を高めることで、余分な栄養を摂り込みにくい状況にすることが期待できます。

水分や老廃物を排出する

アボカドには、体内の水分や老廃物を排出する効果が期待できる食物繊維とカリウムが豊富に含まれています

カリウムは、体内に溜めこんだナトリウムの塩分を水分と共に排泄する利尿作用があるので、水分の排出促進効果が期待できます。

また、食物繊維は、腸内の余分な脂質や糖、悪玉菌などの老廃物を、便として排出する効果が期待できます。

アボカドの食べ過ぎは注意!?

アボカドは、ダイエット効果が期待でき栄養成分も豊富に含まれていますが、カロリーが高い食べ物でもあります。

その為、アボカドは、食べ過ぎるとダイエットの逆効果になるので注意が必要です。

具体的に、アボカドは、1日に食べる量は、半分に抑える事が、ダイエット時のポイントです。

アボカドの健康効果・効能

アボカドの健康効果を実感する男女のイメージ写真

ここでは、アボカドを食べることで期待できる健康面での効果、効能として期待できるモノを詳しく紹介します。

 
具体的に、ここで紹介するアボカドの健康への効果、効能としては、

  • 老化防止
  • がん予防
  • 便秘改善
  • 動脈硬化、高血圧の予防
  • 肝臓の機能改善・ケア
  • 生活習慣病予防
  • むくみ解消
  • 冷え症の改善
  • 利尿作用・デトックス効果
  • 体脂肪率も落とす
  • 妊婦・胎児の栄養補給
と言ったような効果効能が期待できます。

 
上記のようなアボカドを食べる事で期待できる健康効果については、下記で個別に詳しく紹介します。
 

老化防止

アボカドは、老化防止作用が期待できる成分が含まれています。

 
具体的なアボカドの老化防止効果としては、

  • 体内の酸化防止
  • 糖化予防
と言った2つの方法で老化防止が期待できます。

体内の酸化防止

人間が老化するのは、酸化と糖化が代表的な理由です。アボカドに含まれる不飽和脂肪酸は、他の脂肪酸と比べて酸化しにくい特徴があります。

また、抗酸化力がある若返りビタミンと言われるビタミンE、ビタミンC、ビタミンAが豊富に含まれているので、活性酸素による老化予防効果が期待できます。

 

活性酸素とは?
活性酸素とは、体内に取り入れた酸素でエネルギーを作り出すときに、強い酸化作用を持った活性酸素となります。活性酸素は、強い攻撃力を持っているので、最近やウイルスを撃退するのに役立ちますが、必要以上に活性酸素が増えると、健康な細胞まで攻撃して酸化させて老化させる事になります。
 
酸化とは?
酸化とは、活性酸素によって体がサビて老化する事です。活性酸素が体内で増えると細胞膜の脂質が酸化します。

酸化すると、細胞が栄養や老廃物の出し入れをスムーズに行うことが出来なくなるので、老化します。

さらに、細胞の核の遺伝子が活性酸素で傷つけられると、細胞が死滅したり、細胞が変異する場合もあります。肌のハリが無くなってきたという場合は、活性酸素によって、細胞の酸化が進んでいる可能性もあります。

糖化予防

糖化が進むと、体が老化すると言われています。
食物繊維が豊富なので、糖の吸収を抑制することで糖化予防の効果も期待できます。

 

糖化とは?
糖化は、「体のコゲ」とも言われる、老化を促進させる要素の1つです。

食事などで糖分を摂り過ぎると、タンパク質や脂質と結びつく事を「糖化」と言います。糖化すると、細胞を劣化させる「糖化生成物」(AGEs)が作られ、体内に蓄積されて肌などの老化の原因になります。

 

がん予防

アボカドには、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンCと言ったビタミンが豊富に含まれています。

このビタミンE、ビタミンA、ビタミンCは、抗酸化作用があり、活性酸素による体の酸化(老化)の予防が出来ます。このアボカドに豊富に含まれている抗酸化作用によって癌の予防効果が期待できます。

 

便秘改善

アボカドを食べると便秘解消の効果が期待できます。

 
具体的なアボカドによる便秘解消効果としては、

  • 食物繊維の量の多さ
  • 不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランス
  • オレイン酸の便のコーティング効果
  • グルタチオンによる肝機能の向上
と言った点がポイントになります。

 
それぞれの便秘解消の効果については、下記で詳しく紹介します。

食物繊維の量の多さ

アボカドには、食物繊維が豊富に含まれています。具体的には、アボカド100gに、食物繊維量が5.3gが含まれています。

この食物繊維の働きによって、腸内環境を正常に整えることで、便秘解消の効果が期待できます。

 
具体的な食物繊維の便秘解消効果としては、


  • 大腸のぜん動運動を促進して、排便しやすくする
  • 食物繊維は消化されずに便のカサを増やす
  • 腸内にある有害物質を食物繊維が吸着する
  • 腸内の善玉菌を増やす
  • 腸内の悪玉菌を減らす
と言った特徴があります。

 
など、アボカドの食物繊維の多さは、ゴーヤの約2倍キャベツの約3倍セロリの約3倍トマトの約5倍キュウリの約5倍と、配合量が多いので、食物繊維の効果が期待できます

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランス

便秘の解消には、食物繊維と言っても、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類をバランスよく摂取するのが大切です。

例えば、不溶性の食物繊維ばかり食べていると、逆に便秘になる人もいます。

アボカドの場合は、食物繊維は、不溶性食物繊維が3.6g、水溶性食物繊維が1.7gと、不溶性食物繊維が少し多いのですが、「不溶性:水溶性=2:1」と言った通り、便秘の解消に効果的と言われる比率に近いので、便秘解消や予防効果が期待できます。

オレイン酸の便のコーティング効果

アボカドには、脂肪酸というオイルのオレイン酸が豊富に含まれています。このオレイン酸は、便の表面をコーティングして、潤滑油の役割をするので便が排泄されやすくなります

グルタチオンによる肝機能の向上

アボカドには、グルタチオンという成分が含まれています。グルタチオンは、肝機能の向上することが出来ます。

肝機能を向上する事で、有害物質や毒素の排出を促進するので、便秘解消と同時にデトックス効果も期待できます。

 

動脈硬化、高血圧の予防

アボカドには、不飽和脂肪酸のオレイン酸βシステロールが含まれています。このオレイン酸とβシステロールの効果で、動脈硬化や高血圧の予防が期待できます。

 
この不飽和脂肪酸のオレイン酸の効果は、

  • 善玉コレステロールを減らさない
  • 悪玉コレステロールを下げる
と言った効果が期待できます。
 
さらに、βシステロールの効果は、

  • コレステロールの吸収を抑える
と言った特徴があります。

 
このようなオレイン酸とβシステロールの効果によって、アボカドは、血液をサラサラにすることで、動脈硬化、高血圧の予防効果が期待できます。

 

肝臓の機能改善・ケア

飲酒や喫煙を行うと、肝臓がフル稼働になるので、肝臓が疲れて機能が弱ります。

飲酒をするとアルコールは肝臓で分解されます。また、喫煙をして摂取したニコチンも肝臓で分解します。肝臓は、アルコールやニコチンの分解以外にも、栄養分の代謝や胆汁の分泌なども担っています。

この為、飲酒やタバコで、肝臓が忙しく働いていると、栄養分の代謝や胆汁の分泌が低下する可能性があります

アボカドの肝臓の機能改善効果

アドカドに含まれるグルタチオンという成分は、肝臓の機能改善効果が期待できます。

 
具体的なグルタチオンの効果としては、

  • アルコールの解毒を促進で、肝臓の働きを助ける
  • ニコチンの解毒を促進で、肝臓の働きを助ける
  • 肝臓を傷つける活性酸素を除去し、肝機能の低下を防止
と言った特徴があります。

 
アルコールやニコチン以外にも、加齢や人工的な食品添加物、紫外線などで、グルタチオンは減少するので、アボカドで補うと良いです。

 

生活習慣病の予防効果

生活習慣病を起こす原因の1つとして、過度のストレスや喫煙、紫外線などで、体内に発生する活性酸素があります。体内で、活性酸素が発生して血管や細胞を傷つけることで老化が進み、生活習慣病が起こりやすくなります。

若い時は、自分の体内にあるSOD酵素などの抗酸化物質で、酸化を予防しています。しかし、加齢とともに、抗酸化力が衰えるので、外から摂取するのが大切になります。

アボカドには、抗酸化力が強い、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンCが含まれているので、活性酸素が原因の生活習慣病の予防効果が期待できます。

悪玉コレステロールの低下で生活習慣病の予防

アボカドに豊富に含まれている不飽和脂肪酸は、体内にある悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

 
体内の悪玉コレステロールをを低下させる事によって、

  • 動脈硬化
  • 心臓病
  • 高血圧
  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
などの生活習慣病の予防が期待できます。

 
上記は、基本的に、悪玉コレステロールを減らすことで、動脈硬化が起こりにくくなる事によって、その他の心臓病、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞の予防効果が期待できます。

カリウムによる生活習慣病予防

アボカドには、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出することで、高血圧の予防効果が期待できます。

高血圧になると、血管内に傷が付きやすく、動脈硬化になり、心筋梗塞や脳梗塞などの血管が関連する生活習慣病の予防効果が期待できます。

 

むくみ解消

アボカドには、むくみ解消効果も期待できる栄養成分が含まれています。

 
具体的にアボカドに含まれるむくみ解消成分は、

  • カリウム
  • ビタミンE
と言った2つの成分です。

 
上記の2つのむくみ解消効果が期待できるので、アボカドはより、むくみの解消効果が期待できます。

カリウムの利尿作用

むくみの原因の1つが、塩分の摂り過ぎです。塩分を摂り過ぎているのが、むくみの原因の場合は、アボカドに含まれているカリウムが効果的です。カリウムは、体内の塩分を排出するので、むくみ解消の効果が期待できます。

ビタミンEによる血流改善効果

血行不良が原因で、むくみを起こしている場合には、ビタミンEがオススメです。ビタミンEは、血行不良を改善させる効果が期待できます。

 

冷え症の改善

アボカドには、冷えを改善する効果も期待できます。

 
実際に、アボカドが冷え症を改善する理由としては、

  • 血液をサラサラにする抗酸化物質が含まれている
  • ビタミンEの効果で血流を促進する
  • ナイアシン(ビタミンB3)で循環器系を促進
  • カリウムによるむくみ解消
  • グルタチオンによるデトックス効果
と言った効果が期待できます。

 
このような効果によって、アボカドは、血流を良くすることで、冷え性の改善効果が期待できます。

 
アボカドが体を冷やす説
アボカドには、冷え症を改善するという説と、体を冷やす説の2つの説があります。

体を冷やす説というのは、

  • アボカドに含まれるカリウムによる利尿作用で体が冷える
  • 薬膳などの飲用の考えでは「陰性」で体を冷やす

と言った説もあります。

陰性の食べ物というのは、温めてから食べることで、体の冷えを緩和することができます。

 

利尿作用・デトックス効果

アボカドを食べることで、利尿作用やデトックス効果が期待できます。

アボカドには、カリウムが豊富に含まれています。カリウムは、摂り過ぎた塩分を体外に排出する利尿作用の効果が期待できます。

また、アドカドには、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は、腸内環境をキレイにする効果も期待できます。

さらに、アボカドには肝臓の機能の改善、ケアする効果もあります。肝機能が良くなることによるデトックス効果も期待できます。

 

血液をサラサラ・コレステロールや中性脂肪を減らす

アボカドは、果肉部分には、20%と、脂肪分が多い果物です。しかし、アボカドの脂肪分は、不飽和脂肪酸が主体になっています。

 
この不飽和脂肪酸の効果としては、

  • 血液中の善玉コレステロールを増やす
  • 悪玉コレステロールを減らす
と言った効果が期待できます。
 
また、βシステロールという脂質は、
  • コレステロールの吸収を抑える
と言った特徴があります。

 
このように、アボカドを食べることで、コレステロールの吸収を防いで、悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすことで、血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

体脂肪率を落とす

アボカドは、体脂肪を落としたい人にも嬉しい食べ物です。アボカドには、脂肪分が80%も含まれていますが、その多くがオレイン酸と言う一価不飽和脂肪酸(オメガ9不飽和脂肪酸)です。

 
このオメガ9の不飽和脂肪酸は、

  • 体内脂肪の代謝を高める
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 善玉コレステロールのレベルを維持
と言った特徴がある脂肪酸です。

 
この為、アボカドを食べることで、体脂肪率を落とす効果も期待できます。

この他にもアボカドには、食物繊維も豊富に含まれており、腸内の善玉菌を増やし、老廃物の排出する事によって、ダイエット効果によって、体脂肪を落とす効果も期待できます。

 

妊婦・胎児の栄養補給

アボカドには、葉酸が含まれています。葉酸は、細胞を作るのに必要な成分です。この為、妊婦さんが摂取すると良い成分としても知られています。

 
このような葉酸の効果としては、

  • 胎児の正常な育成に役立つ
  • 胎児の神経管の発育不全のリスクを減らす
  • ビタミンB12と葉酸で血液を作る働きもある
  • 成人では、脳卒中、心筋梗塞などの循環器系の疾患を防
  • 余分な水分を排出し、むくみの予防
  • 細胞増殖を促すDNA合成に必要
  • DNAなどの核酸を合成するのに必要
と言った様な効果が期待できます。

 
特に、葉酸は、妊娠初期の女性には、必要な栄養が多く含まれているので、女性のビタミンとも言われています。

成人女性の場合には、葉酸の1日に必要な摂取量は200μgです。妊婦の場合400μgです。1日に必要な葉酸の多くをアボカドから摂ることが出来ます。

 

脳と体の疲労回復

アボカドは、脳や体の疲労改善効果も期待できます。脳と体への効果が、どのように期待できるのかを紹介します。

アボカドの脳の疲労回復効果

アボカドには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB6と言ったビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、脳の疲労回復が期待できる成分です。

ビタミンB1は、疲れた脳を元気にします。また、ビタミンB6は、脳の疲労回復効果が期待できる成分です。

脳を活性化させる栄養が必要ですが、アボカドには、ビタミンB群以外にも様々な栄養が豊富に含まれています。この為、継続的にアボカドを食べ続けることで、脳への栄養供給が行えます。脳が元気になることで、脳の疲労回復効果も期待できます。

アボカドの体の疲労回復効果

アボカドには、疲労回復に適しているビタミン群やビタミンCが含まれています。

特に、ビタミンB群は、体を動かすのに必要なエネルギーを作るのに必要な栄養成分なので、不足すると疲労を感じやすくなります

また、ビタミンB群は、ホルモンの生成や血流の改善、ストレスへの抵抗性を上げると言った様な効果で、栄養の吸収にも作用するので、広い意味での疲労回復効果も期待できます。

 

目の健康効果

アボカドには、目に良い栄養成分も含まれています。

 

具体的にアボカドに含まれている目に良い成分は、

  • ビタミンA
  • ルテイン
と言った成分が含まれています。

ビタミンAの効果

ビタミンAは、目に良い栄養成分としても人気です。

 

具体的なビタミンAの目への効果としては、

  • 目の角膜や網膜の細胞を正常に保つ
  • 涙の量を一定に保つ事が出来る
  • ドライアイの予防
と言った効果が期待できます。

ルテインの効果

目に良い食べ物として有名なブルーベリーカシスに含まれている高い抗酸化作用があるルテインがアボカドに含まれています。

 
このルテインの視力への効果は、

  • 網膜の保護や治癒に効果的な成分
  • 眼精疲労の緩和
  • 視力の回復
と言った点でも期待できます。

 
年齢の経過とともに、視力の衰えや眼精疲労など、目の健康におとろえを感じた場合には、アボカドを食べると改善効果が期待できます。

アボカドの美容効果・効能

アボカドの美容効果を実感する女性のイメージ写真
アボカドは、「食べる美容液」と言われる程、高い美容効果が期待できる果物です。

1日に半分のアボカドを継続して食べることで、どのような美容効果が期待できるかを紹介します。

 
具体的なアボカドの美容効果としては、

  • 美肌効果
  • 美髪効果
  • アンチエイジング効果
  • デトックス効果
が期待することが出来ます。

 
具体的に、アドカドが、どのよに美容効果があるのか?下記で詳しく個別に紹介します。
 

アボカドの美肌効果

アボカドは、「天然の美容液」と言われるぐらい、美容効果のビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれている果物です。

 
基本的に美肌効果がある理由としては、

  • 抗酸化作用による肌の老化を防止
  • 皮膚の再生、新陳代謝を良くするビタミンが豊富
  • 肌の血色を良くするミネラルを多く含む
  • お肌のターンオーバーを正常にする
  • シミ、そばかす、防止効果
  • 肌の乾燥を予防する
  • 不飽和脂肪酸で血行を良くして肌に栄養を与える
と言った効果によって、美肌効果が期待できます。

 
上記のような効果が、アボカドには期待できます。

つまり、アボカドは、抗酸化作用で老化を防ぎ、新陳代謝や皮膚の再生、血行の促進などにより、肌細胞をスムーズに新しい状態に保ちやすくする事で、美肌効果が期待できます

抗酸化作用による肌の老化を防止

アボカドには、抗酸化作用がある、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンCと言ったビタミンが豊富に含まれているので、肌の老化を予防する効果が期待できます。

皮膚の再生、新陳代謝を良くするビタミンが豊富

アボカドに数多く含んでいるビタミンB6やビタミンB群は、皮膚の再生や新陳代謝を良くする効果が期待できます。その結果、アボカドを食べることで、肌細胞の再生を促進する事で、美肌作りの効果が期待できます。

肌の血色を良くするミネラルを多く含む

アボカドには、鉄分や銅、葉酸などのミネラルが豊富に含まれています。鉄分や銅、葉酸は、血液の赤血球を作るのに必要な成分です。不足すると貧血になるぐらいです。

このように、シッカリと体内で血液を作ることで、血液を通じて、全身の細胞に酸素と栄養を送ることが出来るので、肌の血色を良くする効果が期待できます

肌の血色が良くなると、肌細胞が健康になり、美肌になりやすくなります。

お肌のターンオーバーを正常にする

アボカドには、お肌のターンオーバーを正常にする事で、肌をキレイに保つ効果も期待できます。

 
アボカドのお肌のターンオーバーに効果がある成分は、

  • 抗酸化作用による肌の老化を防止
  • 皮膚の再生、新陳代謝を良くするビタミン
  • 肌の血色を良くするミネラル
が含まれています。

 
上記の通り、アボカドには、肌の老化を防止し、新陳代謝を良くする事で、お肌のターンオーバーを正常にする効果が期待できます。

シミ、そばかす、防止効果

アボカドは、肌の老化を予防するビタミンEなどの抗酸化作用があります。また、皮膚の新陳代謝を良くするビタミンB6などを含むことで、お肌のターンオーバーが正常になります。

お肌のターンオーバーが促進されると、肌細胞がスムーズに進むので、出来てしまったシミ、そばかす、が消しやすくなります。また、新しくシミ、そばかす、が出来るのも防ぐ効果が期待できます。

肌の乾燥を予防する

アボカドには、リノール酸、リノレン酸が含まれています。このリノール酸とリノレン酸の効果で、お肌を乾燥から守る効果が期待できます。

不飽和脂肪酸で血行を良くして肌に栄養を与える

アボカドには、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

オレイン酸などの不飽和脂肪酸で、悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにして、肌細胞に酸素と栄養が行きやすくする

アボカドの美髪効果

アボカドには、髪に必要な栄養、美髪効果が期待でできる成分も豊富に含まれています

 
具体的なアボカドの髪に良い成分としては、

  • オレイン酸
  • タンパク質
  • ビタミンE
  • ビタミンB2
  • 亜鉛
などが含まれています。

 
上記のような、アボカドに含まれる栄養成分の働きで髪に栄養が行くことで、美髪を維持する効果が期待できます
 

オレイン酸の美髪効果

アボカドには、不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富に含まれています。年齢の経過とともに不足しがちなオレイン酸ですが、肌や頭皮の若返りにも必要な成分です。

具体的には、オレイン酸は、腸の知覚神経を刺激する事で、髪の成長を促す「IGF-1」と言う成長因子を増やします

この結果、髪が成長する期間が長くなり、髪が抜ける休止期を短くすることで、美髪効果が期待できます。

タンパク質の美髪効果

アボカドには、タンパク質が豊富に含まれています。しかも、このタンパク質には、必須アミノ酸が多く含まれています。

髪を作るためには、アミノ酸が18種類が結合してできるケラチンというタンパク質が必要です。この髪を作るために必要なアミノ酸がアボカドには豊富に含まれています

ビタミンEの美髪効果

ビタミンEは、アボカドに多く含まれている抗酸化物質です。抗酸化物質は、頭皮の老化を防ぐ効果が期待できます。
また、ビタミンEは、毛細血管を拡げて、血流を良くする効果も期待できるので、毛根に必要な栄養を送る効果も期待できます。

さらに、エストロゲンという女性ホルモンの分泌を良くする効果もあるので、ホルモンバランスが乱れる事による薄毛を予防する効果も期待できます。

ビタミンB2、ビタミンB6の美髪効果

アボカドには、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミン類が豊富に含まれています。

ビタミンB2、ビタミンB6をはじめとするビタミン類は、皮膚の新陳代謝を促進したり、皮脂の分泌を抑える事で、頭皮の状態を整えることで、美髪を作るのに良い影響が期待できます。

亜鉛の美髪効果

亜鉛は、タンパク質から髪の毛を作る時に必要な栄養成分です。亜鉛が不足すると、髪の毛を作ることが出来ないので、美髪を目指す場合には、必要な栄養成分です。

 

アボカドの育毛効果

アボカドには、髪を育てる「育毛効果」に必要な栄養成分が豊富に含まれています。

基本的には、上記の「アボカドの美髪効果」と同じ理由で、髪や頭皮の状態を良くする事で、育毛効果も期待できます

 
具体的なアボカドの髪に良い成分としては、

  • オレイン酸
  • ⇒髪の成長を促す、「IGF-1」の成長因子を増やす。

  • タンパク質
  • ⇒髪を作るためのタンパク質のアミノ酸が豊富に含まれている。

  • ビタミンE
  • ⇒抗酸化効果で、頭皮の老化を防ぎ、毛細血管を拡げることで、毛根に栄養を送る。

  • ビタミンB2、ビタミンB6
  • ⇒皮膚の市賃貸者を良くし、余分な皮脂の分泌を抑えて、頭皮の状態を整える。

  • 亜鉛
  • ⇒髪の毛を作るのに必要な成分。

などが含まれています。

 
上記の通り、アボカドには、頭皮の状態を良くし、髪の毛を作るために必要な成分も含まれています

 

アボカドのアンチエイジング効果

アボカドは、「若返りのビタミン」と言われているビタミンEが豊富に含まれているので、活性酸素による老化を阻止する、アンチエイジング効果が期待できます。

 
この他にも、アボカドには、抗酸化作用がある成分として、

  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • オレイン酸
と言った様な抗酸化作用が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。

 
上記の通り、アボカドには、数多くの抗酸化物質が含まれているので、アンチエイジング効果が期待できます

特に、アボカドのアンチエイジング効果を発揮したい場合には、ビタミンCが豊富なレモンなどと一緒に摂取すると良いです。

アボカドのデトックス効果

アボカドには、腸内環境と整え、不要なモノを排出する効果があるので、デトックス効果によって、お肌の状態を良くする効果が期待できます

 
具体的なデトックス効果が期待できる成分としては、

  • 食物繊維
  • グルタチオン
  • カリウム
と言った成分がデトックス効果が期待できます。

 
上記の食物繊維とカリウムは、デトックス効果によって美肌効果が期待できる成分です。
 

食物繊維のデトックス効果

食物繊維は、腸内に溜まっている不要なモノを便として排泄する効果が期待できます。

また、食物繊維によって、便秘が解消されることで、便通を良くして有害物質の蓄積を防止する効果が期待できます。

グルタチオン

アボカドに含まれるグルタチオンは、肝機能を高める効果があります。肝機能が高まる事で、体内の解毒作用が効果的に行われることで、体内の有害物質を排出する効果が促進されます。

カリウムのデトックス効果

アボカドには、カリウムが含まれています。カリウムは、体内のナトリウム(塩分)を排出する事で、余分な水分も排泄する効果が期待できます。

アボカドの食べ過ぎ・注意点

アボカドの食べ過ぎや注意点を指摘する女性のイメージ写真
アボカドは、ギネスで「世界一栄養価が高い果物」として認められる程の栄養が豊富です。栄養が豊富なので、ダイエット、美肌、動脈硬化など、様々な効果が期待できます。

しかし、アボカドは、カロリーが非常に高いので、1個当たり、262kcalも含まれています

カロリーが非常に高いので、食べ過ぎた場合には、カロリーオーバーになって太る原因になるので注意が必要です。
 

アボカドは、1日にどれくらい食べていいのか?

アボカドは、食べ過ぎるとカロリーオーバーになります。とはいっても、毎日、アボカドを食べ続けるのは、美容、健康への効果が期待できます。

 
実際に、アボカドを食べる場合の摂取量は、

  • 1日に半分
食べるのが基本になります。

食べ過ぎるとどうなるのか?

アボカドは、食べ過ぎると健康上、良くない結果になる可能性があります。

 
具体的にアボカドの食べ過ぎで注意が必要なのは、

  • 太った
  • ニキビが増えた
  • 健康診断で尿タンパクの数値が上昇した
  • アレルギー症状がでた
  • ビタミンEの食べ過ぎの注意点
と言ったことになる可能性もあるようです。

 
上記の通り、健康や美容、ダイエットに、良い効果があるアボカドですが、食べ過ぎると体に悪い結果になるので注意が必要です。

太った

アボカドは、カロリーが高い果物です。この為、毎日、1個など、少し食べ過ぎるだけでもカロリーオーバーになり太ります

例えば、アボカドをサラダにして、マヨネーズを沢山つけるだけでも、カロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。

特に、1日中、デスクワークで運動習慣が無い人の場合には、1日に半分でもカロリーオーバーになる可能性があるので注意が必要です。

ニキビが増えた

アボカドは、健康に良い脂質も、豊富に含まれています。しかし、アボカドを食べ過ぎた場合には、体質によっては、体内の脂肪が増えることでニキビが増えたという人もいます。

健康診断で尿タンパクの数値が上昇した

アボカドを食べ過ぎていると、健康診断の数値で、尿たんぱくの数値が高いと医師に指摘される人も居るようです。

元々、尿たんぱくの高い人は、アボカドを食べるのは注意が必要です。

アレルギー症状がでた

アボカドを食べることで、アレルギー症状が出る人もいます。

 
具体的に出る可能性があるアボカドのアレルギー症状としては、

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • じんましん
  • 喉が痒くなる
  • 唇や舌が腫れる
  • 呼吸困難
  • 腹痛
など、様々な症状があります。

 
もしも、アボカドを食べた後に上記のような症状が出た場合には、アレルギーがある可能性があります。

アレルギーが心配な人の場合には、初めて食べる時は、少量を食べてアレルギーの有無を確認してから、食べる量を増やす必要があります。

ビタミンEの食べ過ぎの注意点

ビタミンEは、抗酸化作用が強く、体の老化を防ぐのに効果が期待できる健康に必要な成分です。

しかし、ジョンズホプキンズ大学の調査によっては、ビタミンEの摂取量が、1日に267mg以上が続いていると、脂肪率が10%も高まるとも言われています。

死亡率が高くなる理由は分かっていないようですが、何事も摂り過ぎというのは良くないようです。

アボカドを美味しく食べる方法

熟したアボカドの写真

アボカドを購入したら、いかに食べごろの熟したタイミングで食べるかによって、柔らかくして食べるかと言った点が、美味しいく食べるポイントです。

 
ここでは、アボカドを美味しく食べるための方法として、

  • アボカドの「食べごろ」を見分ける方法・選び方
  • 「塾しすぎ」のアボカドの見分け方
  • 「未成熟」のアボカドの見分け方
  • アボカドを追熟・熟成させる柔らかくする方法
  • アボカドの賞味期限の見分け方とは?
  • アボカドの保存方法
と言った様な方法を紹介します。

 
できるだけアドカドの果実を柔らかくして、美味しく食べたい場合には、「食べごろ」や「保存方法」、「賞味期限」など、アボカドが美味しく食べれるタイミングを合わせて食べるのが大切です。
 

アボカドの「食べごろ」を見分ける方法・選び方

ここでは、アボカドを美味しく食べるための「食べごろ」がいつかについて紹介します。スーパーや八百屋でアボカドを購入する時の見分ける選び方としても参考になります。

 
具体的なアボカドの食べごろの見分け方としては、

  • アボカドの皮がチョコレート色になっている
  • 軽く押して少し柔らかいが、弾力がある
  • 丸く形が整っているのが美味しい
  • ヘタが残っている
  • ヘタと皮の部分がピッタリ密着している
  • ヘタが無くても空気が中に入らない状態ならOK
と言った様な点が食べごろを見分ける選び方のポイントになります。

 
美味しいアボカドを食べたい場合には、上記の「食べごろ」を見分ける方法を参考に選ぶと良いです。

 

「塾しすぎ」のアボカドの見分け方

アボカドは、塾し過ぎると、果肉の部分が黒くなって美味しくなくなります。

 
この為、塾し過ぎているアボカドを見分ける方法として、

  • 皮が真っ黒でシワがある
  • ヘタが取れて、その部分が黒くなっている
  • ヘタの部分を押してフカフカしている
  • ヘタが取れて、そこが大きくくぼんでいる
と言ったアボカドは、果肉部分が変色している可能性があるので注意が必要です。

 
お買い得セールのアボカドがあったら、上記のようなアボカドは購入を控えましょう。また、上記の塾しすぎている基準を目処には、早めに食べる必要があるアボカドを見分ける方法としても参考になると思います。

 

「未成熟」のアボカドの見分け方

未成熟のアボカドは、果実が硬くて美味しくありません。この為、シッカリと追熟して熟すことで、美味しく食べることが出来ます

 
具体的な、未成熟なアドカドの見分け方としては、

  • 未成熟のまま出荷した場合、ヘタと皮の間に隙間が出来る場合がある
  • 皮の色が黄緑や緑
と言った様な特徴があります。

 
上記のような未成熟なアボカドは、時間をかけて、追熟して、シッカリと熟成すると美味しく食べることが出来ます。

 

アボカドを追熟・熟成させる柔らかくする方法

美味しいアボカドの見分け方や選び方を駆使して、購入しても、未成熟なアボカドを購入してしまうケースもあると思います。

ここでは、未成熟なアボカドを美味しいアボカドに熟成させる「追熟」で柔らかくする方法を紹介します。

 
具体的なアボカドの追熟で熟成させる方法としては、

  • 室温が20度前後のところに置いて追熟させる
  • 早く熟成させたい場合は、「リンゴ」「メロン」などと一緒に置く
  • ジップロックにバナナと一緒に入れる(見た目が青くても実は熟す)
  • 電子レンジで1分チンする(味が落ちる)
  • 新聞にくるんで1日放置する
  • 皮付きのままテーブルの上で力を入れて転がす(ふっと柔らかくなったら食べごろ)
  • 紙袋に入れて熟成を促すエチレンガスを逃がさないようにする
  • 切ったアボカドは、酸化を防ぐためにレモン汁を塗って酸化防止する
  • 切ったアボカドは、食品保存用ラップにくるんで冷蔵庫で保存する
と言った方法でアボカドの果実を柔らかくすることが出来ます。

 
上記は、1つ1つが個別の違ったやり方です。自分で実践しやすい熟させる方法を試すと良いです。未熟性のアボカドを熟させる果実を柔らかくする方法として自分でやり易い方法を試してみると良いです。

ただし、「室温が27度以上の場所だと追熟障害が起こるので注意」と言った様に、気温が高いところにアボカドを置いておくのは注意が必要です。

 
冷蔵庫に入れたアボカドは追熟出来ない

アボカドが、未熟性の場合には、「追熟」をして熟す必要があります。しかし、一度、冷蔵庫で保存すると、「低温障害」を起こして、その後、冷蔵庫から出しても「追熟」が出来なうなるので、熟すまでは風通しのいい冷暗所に置いておく必要があります。

 

アボカドの賞味期限の見分け方とは?

アボカドの賞味期限は、どれくらいなのか?を紹介します。

もしも、アボカドを美味しく食べたい場合には、賞味期限の間に食べる必要があります。

 

具体的なアボカドの賞味期限としては、

  • 常温保存の場合:熟すまで
  • 冷蔵庫で保存の場合:4日~5日程度
  • 切ったアボカド:2日程度
と言った日数が保存期間(賞味期限)になります。

 
上記の通り、アボカドの賞味期限の見分け方になりまうが、熟したら、出来るだけ早めに食べると美味しく食べることが出来ます。

 
切ったアボカドの保存方法
切ったアボカドの場合には、空気に触れるとスグに酸化するので、
  • 切り口にレモン汁を付ける
  • ラップを付けて
  • 冷蔵庫で保存
  • 電子レンジで1分、チンすると変色を抑えれる
と言った方法になります。

 
切ったアボカドは、特に、酸化が進みやすいので、遅くても翌日には、出来るだけ早めに食べた方が良いです。

 

アボカドの保存方法

アボカドは、熟しているのか?熟していないのか?切っているのか?と言った様に、状態によって、どのような保存方法が適しているのかは皮てきます。

 
具体的なアボカドの保存方法としては、

  • 熟していないアボカド
  • 熟したアボカド
  • 切ったアボカド
と言った様な種類で分類して保存方法を紹介します。

 
上記の通り、アボカドの状態によって、保存方法が、どれが良いのか?適している保存方法を紹介します。

熟していないアボカドの保存方法

熟していないアボカドを保存する方法は、熟成させながら保存することになります。

 
具体的な熟していない、未熟なアボカドの保存方法は、

  • 風通しが良い冷暗所
  • 20度程度のところ
に保存するのが通常の保存方法です。

 
ただし、夏場など、室温が27度を超える場合には、塾し過ぎるので、日持ちしなくなるので、早めに食べる必要があります。

熟したアボカドの保存方法

熟したアボカドの保存方法として、どういった方法が良いのか?を紹介します。

 
熟したアボカドの保存方法としては、

  • 冷蔵庫で保存して、熟すのを止めて保存する
  • 熟したアボカドは、冷蔵庫でも3日~5日の保存
  • 電子レンジで1分、チンすると黒くなるのを防げる
と言った様な方法もあります。

 
ただし、冷蔵庫に一度いれると、その後、冷蔵庫から出しても熟させることが出来なくなるので、冷蔵庫には、シッカリと熟してから入れる必要があります。

切ったアボカドの保存方法

切ったアボカドは、スグに酸化して黒くなるので、特別な処理をして保存しないと日持ちしないので注意が必要があります。

 
具体的な切ったアボカドの保存方法としては、

  • アボカドの切り口はレモン汁を付ける
  • ラップやタッパに入れて空気に触れないようにする
  • 冷蔵庫に入れて保存する
と言った様な方法で、酸化を止めて保存する必要があります。

 
切ったアボカドは、上記の通りの保存方法で、冷蔵庫で2日程度は新鮮に日持ちして保存することが出来ます。

出来るだけ日持ちさせたい場合には、いかに空気に触れないようにするのか?と言った点も大切になります。

 

アボカドの黒い変色を防ぐ方法

アボカドは、気を付けないとスグに黒く変色をして腐るので注意が必要です。

 
具体的なアボカドの黒い変色を防ぐ方法としては、

  • 空気が触れる部分を減らす為に、出来るだけ切らない
  • 半分に切っても種のある方を冷蔵庫で保存する
  • 空気に触れる部分にレモン汁をかけて酸化を防止する
  • ラップでピッタリと包んで冷蔵庫に入れる
と言った方法で黒い変色を防ぐことが出来ます。

 
切ったアボカドの保存は、1日、2日程度なので、出来れば翌日には食べると良いです。
もしも、冷凍する場合には、食べる時に、常温に置いて、自然解凍させると良いです。冷凍させると、約一ヵ月程度は美味しく食べることができます。

 

アボカドの旬の食べごろの季節とは?

アボカドは、最近では、1年中、スーパーマーケットや八百屋に売っているので、旬の時期が分からない人も多いと思います。

 
基本的に、日本に出回っているアボカドの産地は、

  • メキシコ
  • ニュージーランド
  • チリ
  • カリフォルニア
  • 日本の国産
と言った五ヶ所の産地に分けることが出来ます。

 
基本的に、メキシコ産が80%と、ほとんどを締めているようです。

メキシコ産のアボカドの旬の食べごろとは?

メキシコ酸のアボカドの旬な季節は、基本的に1年中食べることが出来ます。

しかし、季節によって、アボカドの味が変わります。

 
具体的なメキシコ産のアボカドの味の違いは、

  • 9月~10月
  • ⇒新物のアボカドで青みが強く熟しにくい、若々しい味

  • 11月~6月
  • ⇒安定した味が楽しめる

  • 7月~8月
  • ⇒特に、こってり、まろやかな味わい

と言った様に、好みによって旬が変わることになります。

 
以上のように、メキシコ産のアボカドは、1年中取れるのですが、季節によって味に違いが出てきます。

国産アボカドの旬は、いつか?

最近では、日本国内でもアボカドの国産が行われています。国産のアボカドは、和歌山、沖縄、静岡、愛媛などの一部の地域で栽培されています。

日本の場合は、メキシコのように1年中の栽培ではなく、旬があるようです。

 
具体的な国産のアボカドの旬な時期は、

  • 11月~2月ごろ
が特に食べると美味しい季節が旬になります。

 
国産のアボカドの味は、きめ細かくクリーミーな甘さが特徴です。

国産のアボカドは、スーパーマーケットや八百屋でも見かける機会が少なく、値段も高いのですが、海外産とは違い、国産なりの味を楽しむことが出来ます。

栄養成分・栄養価を一覧で紹介!

アボカドの栄養成分や栄養価を表すグラフ

アボカドは、森のバターと言われますが、その種類は、野菜ではなく果物の一種です。アボカドは、20種類以上のビタミンやミネラルを豊富に含んでいるスーパーフルーツです。

ここでは、アボカドの栄養成分が、どのようなモノが含まれているのか?具体的な栄養かの数値、分量は、どうなっているのか?と言った点を紹介します。

 
具体的に、ここで紹介する情報としては、

  • 総カロリー
  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 脂肪酸
  • アミノ酸
と言った成分ごとに分類して紹介します。

 
ここで紹介する栄養成分の分量の表示は、アボカド、140グラム当たりになっています。
 
なお、アボカドの1個当たりの重さは、200g程度あり、皮や種を除いた可食部は、140gだと言われています。

ただし、アボカドの大きさによって、重さも変わるので、細かくカロリーや栄養の管理をしたい場合には、調理時に重さの計測を行う必要があります。
 

アボカドのカロリー・三大栄養素

ここでは、アボカドのカロリーと三大栄養素の量を紹介します。

 
アボカドのカロリー三大栄養素の値は、

  • カロリー:262kcal
  • タンパク質:3.5g
  • 脂質:26.18g
  • 炭水化物:8.68g
となっています。

 
上記の通り、アボカドは、カロリーと脂質が高めになっています。

 

ビタミン類

ここでは、アボカドに含まれるビタミン類の種類と含まれる分量を紹介します。ここでは、アボカド1個の可食部分の平均の140g当たりの栄養量を紹介しています。

 
具体的にアボカドに含まれるビタミン類の種類と量としては、

  • ビタミンE:4.62mg
  • ⇒強力な抗酸化作用があるので、若返りのビタミンと言われています。
    ⇒老化予防、血流改善、美肌効果、抗酸化作用、がん、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病の予防と改善、末端血管を拡げて血行を良くする、血行障害、肩こり、頭痛、冷え症の改善

  • ビタミンA:8.4μg
  • ⇒目や皮膚の健康を維持する。抗酸化作用がある。
    ⇒活性酸素の除去、老化防止、美肌、癌や動脈硬化予防、目の保護

  • ビタミンB1:0.14mg
  • ⇒免疫力のアップ、疲労回復効果、脳や神経の働きを促進

  • ビタミンB2:0.29mg
  • ⇒成長促進、脂質燃焼効果、ダイエット効果、生活習慣病の予防

  • ビタミンB6:0.45mg
  • ⇒脂肪肝の予防、動脈硬化の予防、月経前症候群(PMS)の症状の緩和、心身の健康効果

  • ビタミンC:21mg
  • ⇒抗酸化作用、肌を健康に保つ、美白や美肌効果、老化予防、病気予防、ニキビ予防、免疫アップ

  • ナイアシン:2.8mg
  • ⇒血行の促進、二日酔い予防、皮膚や粘膜の健康を守る、アレルギー緩和

  • パントテン酸:23.1mg
  • ⇒免疫力アップ、美肌効果、ストレスの緩和、コレステロール対策

  • ビオチン:7.24μg
  • ⇒体内で効率良くエネルギーを作る、爪や髪を丈夫にする、皮膚の炎症予防

  • 葉酸:117.6μg
  • ⇒血行促進、妊婦や授乳中に適している、成長促進、貧血予防、脳の機能改善、動脈硬化の予防

と言ったビタミン類がアボカドに含まれています。

 
ビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群は、それぞれで働きを助けあう事で、血圧を下げることで、高血圧予防の効果が期待できます。また、脳や神経、皮膚などを健康に保つ、エネルギーを作る代謝を助ける効果も期待液ます。

以上の通り、アボカドには、様々なビタミン類が豊富に含まれています。

 

ミネラル類

ここでは、アボカドに含まれるミネラル類が何か?含まれる分量が、どれくらいかを紹介します。

 
具体的なアボカドに含まれるミネラル類の種類と分量としては、

  • ナトリウム:520mg
  • ⇒血圧を調整する効果、日射病の予防効果

  • カリウム:190mg
  • ⇒あらゆる細胞の正常な活動をサポートし、エネルギーの代謝をスムーズにして、正常に細胞が活動できるように環境を整えます。
    ⇒腎臓の老廃物の排泄効果、体内の余分なナトリウムを排出、むくみ対策、ナトリウムと作用して高血圧対策、ナトリウムを尿として排泄するのを促進する

  • リン:100mg
  • ⇒筋肉や神経を正常に保つ、骨や歯を作るのに必要な材料

  • カルシウム:88mg
  • ⇒ストレスをの緩和、骨や歯の材料、骨粗しょう症の予防

  • マグネシウム:74mg
  • ⇒骨を作るのに必要、精神安定効果、高血圧の予防、心疾患の予防、酵素の働きを助ける

  • セレン:48μg
  • ⇒発ガンの抑制、病気から体を守る、老化予防

  • モリブデン:4.0μg
  • ⇒血液を作るのを助ける、代謝促進効果、デトックス効果、尿酸抑制

  • 亜鉛:13.2mg
  • ⇒代謝や成長の促進効果、育毛効果、二日酔いの予防、味覚を正常に保つ

  • :1.9mg
  • ⇒貧血の予防、血液の中の赤血球を作る材料、疲労回復

  • :0.9mg
  • ⇒貧血の予防、免疫力アップ、成長促進、動脈硬化の予防

  • マンガン:0.4mg
  • ⇒骨粗しょう症を予防する、酵素の働きを補助する

と言った多くのミネラルが含まれています。

 
上記のミネラルの含まれている量は、アボカドの1個の平均の140g当たりの分量です。

 

アミノ酸

アドカドにアミノ酸が、どんな種類、どれくらの分量が入っているのかを紹介します。

 
実際に、アボカドに含まれるアミノ酸の種類と分量としては、

  • グルタミン酸:392mg
  • ⇒脳の機能を活性、リラックス成分のGABA(ギャバ)を作る、尿の排出を促進、アンモニアの解毒

  • アスパラギン酸:350mg
  • ⇒体調を整える、スキンケア効果、疲労回復、アンモニアの解毒

  • ロイシン:238mg
  • ⇒ストレスの緩和、筋肉の成長を促進、育毛効果、肝機能アップ

  • 芳香族アミノ酸:238mg
  • ⇒リラックス効果、うつ病の改善、脳の神経伝達物質の材料

  • リジン(リシン):196mg
  • ⇒肝機能アップ、疲労回復、集中力アップ育毛対策、、ヘルペス予防、脳卒中の発症を抑制

  • セリン:182mg
  • ⇒美肌と美白効果、睡眠促進、アルツハイマー予防、健康な脳を維持

  • バリン:168mg
  • ⇒美肌効果、筋肉の作成と修復、肝硬変の改善、血液中の窒素バランスを調整

  • グリシン:168mg
  • ⇒美肌効果、寝起きを良くする、睡眠効果、抗うつ効果

  • アラニン:168mg
  • ⇒スキンケア効果、肝機能の改善、二日酔いを予防

  • プロリン:154mg
  • ⇒脂肪燃焼効果、美肌効果、関節痛の改善、切り傷の回復に有効

  • アルギニン:140mg
  • ⇒スキンケア効果、ダイエット効果、血行改善、成長ホルモンの分泌促進、免疫力アップ、アンモニア解毒

  • スレオニン(トレオニン):140mg
  • ⇒美肌効果、髪の潤いを保持、成長促進、脂肪肝の予防、胃炎の改善

  • イソロイシン:133mg
  • ⇒疲労回復、肝機能対策成長促進、、糖尿病の予防、神経を正常に保つ、筋肉の修復

  • 含硫アミノ酸:124.6mg
  • ⇒肌のターンオーバーの促進、シミやくすみ予防、爪を強くする、肌や髪、活性酸素の対策効果、デトックス効果

  • ヒスチジン:85.4mg
  • ⇒食欲抑制、心身のバランスと整える、ヒスタミンを作ることでのダイエット効果

  • アンモニア:68.6mg
  • ⇒体にとって有害な物質、オルニチンと結合するとシトルリンと言うアミノ酸になる

  • トリプトファン:46.2mg
  • ⇒アンチエイジング効果、不眠解消、精神安定、鎮静効果、神経伝達物質のセロトニンを作る時の材料になる

と言った感じに、色々なアミノ酸が豊富に含まれています。

 
上記がアボカドに含まれているアミノ酸です。それぞれのアミノ酸の分量は、アボカド1個の平均の重さの140g当たりの分量です。

 

脂肪酸

アボカドに含まれる脂肪酸の種類を紹介します。それぞれの脂肪酸の含まれる量は、アボカド100グラム当たりに含まれる分量で紹介します。

 
具体的に、アボカドに含まれる脂肪酸の分量と種類は、

  • 一価不飽和脂肪酸:15.15g
  • ⇒悪玉コレステロールを減らす、善玉コレステロールお維持、動脈硬化予防

  • オレイン酸:13.3g
  • ⇒血液中の悪玉コレステロールの値を下げる、循環器系の疾患のリスクを下げる、血液をサラサラにする効果

  • 飽和脂肪酸:4.49g
  • ⇒エネルギーの生成、脂肪の蓄積抑制、脳出血の予防、コレステロール値を上げる

  • 多価不飽和脂肪酸:3.02g
  • ⇒過酸化脂質の発生を予防、悪玉コレステロールの抑制

  • n-6系多価不飽和:2.84g
  • ⇒悪玉コレステロールを減らす、動脈硬化、高血圧を予防する効果

  • n-6系リノール酸:2.8mg
  • ⇒コレステロールを減らす、血圧や血糖値を下げる、肌の保湿、老化防止、スキンケア効果

  • n-3系α-リノレン酸:0.182g
  • ⇒血流改善、血栓予防、老化予防、アレルギーやガン、高血圧の予防

  • n-3系多価不飽和:0.18g
  • ⇒生活習慣病の予防、血液中の中性脂肪を下げる、不整脈の予防、血液サラサラ効果

と言ったような脂肪酸がアボカドに含まれています。

 
以上のように、数多くの脂肪酸がアボカドに含まれています。

 

その他の成分

アボカドには、上記以外にもその他の成分として、食物繊維が含まれています。

 

具体的に、アボカドに含まれる食物繊維の分量と種類は、

  • 食物繊維:7.42g
と言ったような脂肪酸がアボカドに含まれています。
 
食事の最初に食べることで、食物繊維が炭水化物(糖質)の消化、吸収を穏やかにすることで、血糖値の急上昇を防ぐ効果があります。また、余分なコレステロールを排出する効果も期待できます。

さらに、食物繊維は、腸内の粘膜を守ったり、善玉菌を増やすことで腸内環境を良くする効果も期待できます。

 
以上のように、数多くの脂肪酸がアボカドに含まれています。

 
掲載しているアドカドの栄養成分、数値について
ここでのアボカドの栄養成分の種類や栄養価の数値は、文部科学省の食品データベースを参考にまとめています。

まとめ

アボカド栄養成分の効果効能として、どんな事が期待できるのか?と言った点を中心にまとめてみました。

具体的なアボカドを食べることで期待できる、ダイエット、美容、健康などの効果、効能であったり、ビタミンE、葉酸、カリウム、食物繊維などの栄養成分ごとの期待できる効果についても紹介しています。

そして、いかに美味しくアボカドを食べることが出来るのかの日持ちさせる保存方法や黒い変色を防ぐ方法や美味しく熟させる柔らかくする方法などについても紹介します。

いかに、美味しく、アボカドを食べつつ、どんな効果、効能が期待できるのか?どんな悩みがある人が食べると良いのか?と言った点をまとめて紹介しています。