血流をよくする方法を実践して、血流改善ができることで、様々な体調不良の改善効果が期待できます。
 
血流が悪い人にでる症状としては、下記のような色々と体への悪影響が起こることがあります。


  • 体がだるい
  • 疲労感
  • 手足が冷える
  • 冷え性
  • 首こり
  • 肩こり
  • 体がこる
  • 傷の治りが遅い
  • 乾燥肌
  • 皮膚のかゆみ
  • 関節痛
  • 不眠症
  • 不妊
  • 便秘

 
これらの症状が起こる原因は、根本的には、もしかすると「体内の血流が悪いこと」が原因になっている可能性もあります。

血流が悪いと、全身の細胞に酸素や栄養を十分に送ることができないので、体調不良を引き起こす可能性があります。

 

 
血流を改善すると全身の血行が良くなって、体の調子が良くる効果が期待できます・・・



目次を紹介する女性と↓のイラスト

血流を良くするのは、規則正しい生活が基本

血流を良くする方法として、規則正しい生活に喜ぶ女性のイメージ写真
血流を良くする為には

 
  • 規則正しい生活
  • 十分な睡眠
  • ストレスを溜めない
  • 栄養バランスの整った食事
  • 適度な運動

 
と言った点が大切になります。

具体的な血流を良くする方法とは?

血流を良くする方法として、具体的に何をすると良いか考える女性のイメージ写真
具体的に、血流を良くする為に、実践すると良い方法としては、

 
  • 体を冷やさないように注意する
  • 血液がドロドロになる食べ物、食材を避ける
  • 血液がサラサラになる食べ物、食品を摂る
  • 糖分や脂分の摂り過ぎを注意する
  • 鉄分不足での、貧血に注意する
  • 水分を適度に摂取する
  • 運動不足の解消で、適度な運動を行う
  • 半身浴やシャワー
  • マッサージをする
  • 十分に睡眠をとって健康な心と体を手に入れる
  • ストレスをためない
  • 着るモノを注意する

 
と言った様な方法を意識すると良いです。

上記のような事を全て、意識して生活習慣を正すというのは難しいと思います。その為、自分なりに生活の中でやりやすいモノを優先して試してみると良いです。

血行を良くする為の基本

血行を良くする為の基本をイメージした写真
血行を良くする為には、まずは、カラダを冷やさないと言った事は、基本です。

それ以外に、血行を良くする為には、食事半身浴適度な運動と言った3つがオススメです。

体を冷やさないのが基本

体を冷やさないようにコートを着ている女性の写真
血流を良くしたいなら、まずは、カラダを冷やさないのが基本です。冬の寒い時期は当然ですが、夏でも電車や職場でクーラーが効きすぎると、カラダが冷えてしまいます。

冬は、特に風呂上りなどは、カラダを冷やさないように室内の温度を上げたり、洋服を1枚多く着たるなど、普段の生活での注意が大切です。

カラダが冷えると血流が悪くなるので注意する必要があります。このような点も生活習慣の注意点です。

食べ物で血流を良くする

生姜焼きのイメージ写真
食事で何を食べるのか?によって、カラダの血流が良くなったり、血行が悪くなることがあります。

血流を良くしたい場合には、カラダを冷やす食材や食べ物は控えて、体を温めて、血行を良くする食べ物、食材を意識して食べると良いです。
 

体を温める食べ物

野菜類

ニンジンネギ玉ねぎゴボウレンコンかぼちゃピーマンニラ小松菜にんにくさつまいもやまいもかぶグリーンアスパラガスしその葉つくし菜の花パセリふきらっきょうわけぎわらびくず

穀物

ひえあわゴマあずき黒豆もち米黒米

果物

りんごブドウオレンジさくらんぼクルミざくろライチあんず杏仁ぎんなんさんざしなつめココナッツプルーンドライフルーツ

肉類

赤身の肉鶏肉羊肉鹿肉牛肉鶏レバー豚レバー

魚介類

カツオいわしマグロサバたいサンマあなご海藻エビ干しえびイカちりめんじゃこなまこめんたいこホタテ貝塩干し魚塩辛

調味料・香辛料

味噌しょう油天然塩豆板醤シナモンラー油唐辛子しょうがコショウ山椒唐辛子七味唐辛子にんにくわさび黒砂糖大豆油ピーナッツ油ひまわり油サフラワー油ごま油

飲み物

紅茶赤ワイン日本酒ココナッツミルクほうじ茶番茶たんぽぽコーヒー

 

体を冷やす食べ物

野菜類

レタスキュウリキャベツほうれん草トマトナス春菊白菜大根もやしおくらしめじかいわれ黒きくらげこんにゃくせりゴーヤ(にがうり)白うりセロリたんぽぽとうがんよもぎ

穀物

あわ小麦白いパン白米小麦大麦豆腐はと麦ひえ緑豆緑豆もやし

果物

バナナパイナップルスイカみかんグレープフルーツキウイフルーツゆずマンゴーメロンレモン

肉類

豚肉馬肉すっぽん羊の肝臓牛の胆のうピータンハムベーコンソーゼージ

魚介類

うなぎはもうにしじみあさりはまぐり

調味料・香辛料

白砂糖合成酢みりんオイスターソーステンメンジャンドレッシングマヨネーズバターカレー粉ワサビ化学調味料

お菓子

チョコレートカステラアイスクリームヨーグルトようかん甘納豆キャラメル

その他

コーヒー牛乳コーラワインウィスキー緑茶ビールココア清涼飲料水

体が冷える食べ物も調理や加工方法で対応する

お鍋の写真
生のまま食べると、体を冷やす野菜でも、火を通して、塩味をつけるなどの調理方法を工夫すると良いです。また、白米は体を冷やしますが、五穀米や黒米あどを一緒に炊くことで、体を冷やさないようにする事もできます。

血液がドロドロになる食べ物、食材を避ける

血液がドロドロになるから揚げの写真
血液がドロドロになると、血行が悪くなり、血流が悪くなります。具体的に血液をドロドロにする食べ物としては、油っこいモノ、砂糖を使った甘いお菓子、ご飯やラーメン、うどんなどの炭水化物、インスタント食品、スナック菓子など、高コレステロールや中性脂肪が増えて、血液がドロドロになるので注意が必要です。

血液がサラサラになる食べ物、食品を摂る

血液がサラサラになる玉ねぎの写真
血液をサラサラにする為には、食べ物が大切です。特に血液をサラサラにする食べ物としては、たまねぎ、青魚、くるみ、大豆製品、お味噌汁、海藻類、オメガ3油などを意識して摂ると良いです。

糖分や脂分の摂り過ぎを注意する

糖分を多く含む食べ物の写真
糖分脂分を食事で取ると、血液がドロドロになって、血行が悪くなる可能性があります。糖分とは、砂糖やお米、パン類、麺類、イモ類などに含まれています。脂分は、サーロイン、豚ばら肉、ミルクチョコレート、クリームチーズ、ウインナーなどに多く含まれています。

鉄分不足での、貧血に注意する

貧血でフラフラの女性の写真
鉄分が不足すると、貧血になり、全身の細胞に送る酸素が不足して、血流が悪くなる可能性があります。貧血の人は、鉄分が多い、レバーやほうれん草などを意識して食べると良いです。

水分を適度に摂取する

水分を摂取する女性の写真
体内の水分が不足すると、血液がドロドロになって、血流が悪くなります。1日に1.2~2リットル程度の水を飲むと良いです。ただし、水を飲むときは、1口1口、噛むように少量ずつ飲みます。まとめて、ガブガブ飲むと、飲んだ水が吸収できずに尿として排泄されてしまいます。

また、冷やした水は、内臓を冷やして、代謝を下げたり、腎臓に負担がかかるので注意が必要です。

運動不足の解消で、適度な運動を行う

運動をする女性の写真
血流が悪い人は、手足の先端まで十分に血液をおくれずに、冷え性になる可能性があります。

適度な運動をして、筋肉を動かすことで、筋肉がポンプ機能をはたして全身に血液を送りやすくなります。

運動不足で、筋肉が弱っている人は、筋肉のポンプ機能が弱り、血行不良になりやすくなります。この為、適度な有酸素運動や筋トレ、ストレッチなどを行うと、血流改善の効果が期待できます。

有酸素運動

有酸素運動とは、呼吸を止めずに行う運動です。具体的には、ウォーキングサイクリング軽いジョギング水泳などです。ウォーキングの場合は、30分以上の継続運動を行いたいところです。

筋トレ

筋トレとは、腕立て伏せスクワット腹筋運動などの筋肉量を増やす運動です。筋肉量を増やすことで基礎代謝アップで、基礎体温が高くなるので、カラダの体温を高くなります。

ストレッチ

ストレッチを行うことで、体を柔らかくする事で、血流を改善する効果が期待できます。

半身浴やシャワー

半身浴をするお風呂の写真
体内の血流をよくするには、半身浴を行うと良いです。また、シャワーも使い方によっては、血流改善に役立てることができます。

半身浴

半身浴は、20分以上入ります。お湯の温度は、37℃~38℃程度にします。ただし、冬など、寒い時期は、個別に調整すると良いです。基本は、頭から汗をかける温度です。半身浴なので、湯船に座っておへそ当たりまでお湯につかります。

お湯は、熱すぎると、皮膚の表面で熱をブロックするので、カラダの芯まで温められません。この為、37℃~38℃程度が目安です。寒い時期は、少し温かめにし、初めは肩まで湯船につかり、体温を上げてから半身浴を上げると良いです。半身浴は、いかに頭から汗がかけるかがポイントです。

シャワー

シャワーは、肩こり、首こりなど、血流が悪く筋肉が凝っている時に使うと良いです。シャワーの水圧によってマッサージ効果があり、血流改善が期待できます。

基本的にシャワーの使い方は、約40℃で、3分~8分程度、肩こり、首こりが気になるところにあてます。また、温水と冷水を交互にかけることで、さらに血流を良くする効果が期待できます。

マッサージをする

自分でマッサージをする女性の写真
マッサージをすることで、血行を良くする効果が期待できます。特に、血流が悪くなりやすい頭皮や首、肩、足などは、入念にマッサージする事で、血流の改善効果が期待できます。

特に、体全体の血行を良くする為には、ふくらはぎのマッサージを行います。ふくらはぎは、第二の心臓と言われ、心臓から下半身に送られた血液を心臓に戻すのに必要な筋肉です。

十分に睡眠をとって健康な心と体を手に入れる

十分な睡眠をとっている女性の写真
睡眠不足になると、血管が縮んで、血流が悪くなります。この為、十分に睡眠をとることで、副交感神経を優位にして、体をリラックスさせて、血管が広がり、血流をよくすると良いです。

また、睡眠中は、成長ホルモンが分泌されて、脂肪分の燃焼効果で、血液中の脂肪を燃焼させて、血液をサラサラにする効果も期待できます。

ストレスをためない

ストレスをためている女性の写真
ストレスがたまっている状態が続くと、交感神経が過剰に働き、体が緊張して血管が収縮するので、全身の血行が悪くなります。この為、ストレス解消をすることで、交感神経を落ち着かせ、副交感神経を優位にさせることで、体をリラックスさせて、血流改善が期待できます。

ストレス解消方法として、何をすると良いのか分からない人は、有酸素運動で、適度に汗をかく運動習慣をもつと良いです。

着るモノを注意する

着るモノの写真
血流を良くする為には、洋服や下着を注意する必要があります。特に、ファッショの為に、体を締め付ける洋服や下着、ゴム、バンド、ベルトなどは、血流を悪くします。

また、冬など、寒い時期に、薄着をすると体が冷えて、血流が悪くなる原因になるので、常に、体を暖かくしておく必要があります。

生活習慣を整える

規則正しい生活をする女性の写真
血行を良くする為には、生活習慣を正すことが大切です。正しい生活習慣を持つことが大切です。

基本的には、早寝早起き朝食を食べる就寝の2時間前までに食事は済ませる寝る前にスマホやテレビ、パソコンは見ないタバコは吸わないと言った生活習慣を整えることが大切です。

早寝早起き

早寝早起きをすることで、規則正しい生活をすると、血行促進する効果が期待できます

朝食を食べる

朝食を抜く人が多いようですが、朝食を食べて、胃や腸に食べ物を入れることで、体が活動するようになります。

就寝の2時間前までに食事は済ませる

眠る前に食事を摂ると、寝ている間は消化にエネルギーが使われます。この為、就寝の2時間、出来れば4時間前に食事を終わらせておくことで、睡眠中の成長ホルモンの活動の体の修復や細胞生成にエネルギーを使うことが出来ます。

寝る前にスマホやテレビ、パソコンは見ない

眠る前に、スマートフォンやテレビ、パソコンなどを見ると、光の影響で脳が興奮して、睡眠の質が悪くなり、寝不足になる可能性が高まります。

タバコは止める

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させる効果があります。この為、血流を良くしたい場合には、禁煙する必要があります。

血流を良くする為に大切なポイント

血流をよくするポイントを紹介する画像
血行を良くする為には、規則正しい生活を送りつつ、

 
  • 適度な運動をする
  • ストレスをためない
  • 血液をサラサラにする食べ物を意識して食べる
  • 血液をベタベタにする食事は避ける
  • 半身浴をする
  • 十分な睡眠時間を確保する

 
と言った事が大切になります。

血流を良くする為には、基本的に、規則正しい生活を行うのが大切ですが、さらに、上記のような事を意識して、生活に取り入れることで、血行が良くなる効果が期待できます。

より効果的に血流改善をしたい!?

効果的に血流を改善する方法を紹介する女性の写真
血流を良くする為には、基本的に、食事、運動、睡眠が大切です。特に、人間のカラダは、食べたモノから作られるので、食事で何を食べるのか?と言った点は重要になります。

しかし、なかなか、日々の食事まで注意することが出来ない場合には、サプリメントで、血液をサラサラにする成分を補うというのも簡単に出来る方法です。

サプリメントを使うことで、血流を改善させる事で、

 
  • 冷え性
  • 不妊の悩み
  • 疲労感
  • 不眠症
  • 高血圧

 
などの悩みの改善効果が期待できます。

また、女性の場合は、血流を良くすることによって、血行が良くなり、お肌へに栄養がいきわたり、美肌効果も期待できるようです。
 
⇒ 血流をよくするサプリメントはコチラ