視力低下の原因視力回復方法視力低下の予防方法をまとめて紹介しています。
 
「最近、ものが見えにくくなったなぁ~」とお思いですか?

その他にも、


  • 最近、急激に視力低下してきた…。
  • 子どもの視力低下が心配…。
  • 目が疲れやすくなった…。
  • 文字が見にくくなった…。
  • なんだか物の見え方がおかしい…。

 
と言った様なことが気になった場合には、視力低下の原因を知って、対策を行うのが大切です。

視力低下の原因は、あなたの生活環境や病気が問題になっている可能性があります。生活習慣が問題の場合は、生活習慣を見直しつつ、視力回復のトレーニングや目に良い栄養を補うのが大切です。

病気が原因の場合は、失明の可能性もあるので、急いで病院に行って、検査する必要があります。ここでは、目の病気になった場合は、どのような症状があらわれるかを紹介しているので参考にしてください。

 

 
「好きなところから読んでね!」

視力低下の原因17選視力回復方法視力低下の予防方法を紹介しています。

掲載情報が多いので、下記の目次から気になる項目にジャンプしてチェックすると便利です。



目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

視力低下はなぜ起こるのか?

視力の低下は、なぜ起こるのでしょうか?現在、世界的に認められたコレという学説はないようです。実際に、視力が低下する原因は、様々ですが、代表的な学説としては、「環境説」と「遺伝説」の2つです。

環境説とは?

「環境説」とは、生活環境によって、視力低下が起こる説です。例えば、テレビやパソコンなど近距離のモノを長時間見ることで視力が低下するのが「環境説」の具体例になります。

目が悪くなる理由として、目の前の知覚にあるモノばかり見ていると、筋肉が固くなり、目のピント調節がうまくできなくなるので、視力低下を起こすようです。

遺伝説とは?

「遺伝説」とは、視力は親から子に遺伝するという説です。実際に、視力低下は、遺伝子によって引き継がれているとも言われています。また、近視の人の家系を調べると、9割近くが親子そろって近視であるとも言われています。

児童生徒の視力と各種環境因子及び遺伝因子との関連という論文の調査によると、父親や母親の視力が良い場合、子供の視力が良いという傾向があるようです。

視力低下の原因【17選】

視力低下の原因は、遺伝であったり、生活環境など様々です。ここでは、視力低下の原因として17個を紹介します。

生活環境が原因で、視力が低下している場合には、ここで紹介している生活習慣を改善すると、視力低下の予防や視力改善に役立つと思います。

①親からの遺伝が原因

視力低下は、遺伝するという人もいますが、遺伝と言うよりは、親子で目の構造や形が似ていることが問題となるようです。

特に、子供の時は、体が成長している途中なので、目の構造もしっかりと定着はしていません。この為、成長とともに、目の構造や眼球の形が変化する事で、徐々に視力が低下することがあります。

また、親が目に悪い生活習慣を持っていると、一緒に生活している、子供も同じような生活をするので、自然と、目が悪くなる可能性が高まります。

②目の屈折異常が原因

目の屈折異常とは、「近視」「乱視」「遠視」などのことを言います。目の屈折異常になると、網膜上で焦点をキチンと調整できないので、「近視」「乱視」「遠視」と言った症状が起こります

「近視」「乱視」「遠視」は、眼科では病気とはみなされずに、メガネやコンタクトレンズを使って、「矯正」する方法が取られます。

どうしても、メガネやコンタクトレンズが嫌な場合には、レーシックなどの手術を行うことになります。

③精神的・ストレスが原因

ストレスがたまると、精神的な要因で、体調不良になり、視力にも影響することがあります。実際に、精神的ストレスが原因で、視力低下がおこることを「心因性視力障害」と言います。

精神的ストレスを受けると、脳にストレスがかかり、自律神経が乱れることで、脳に信号が届いても混乱して視覚情報が処理できないことで、視力低下を感じる場合があります。

このように精神的ストレスを受けると、目の機能は何も問題がなくても、ストレスで脳が正しく情報を受け取れずに、視力低下を起こすことがあります。対処方法としては、ストレスを解消することで、視力回復が期待できます。

④生活習慣の乱れが原因

生活習慣は、特に「近視」による視力低下と関係していると言われます。具体的には、ゲームやパソコン、スマートフォン、タブレットなど、長時間、近い距離でモノを見ていると「近視」になり視力低下を起こす可能性があります。

目の筋肉は、同じ距離のものに視点を合わせ続けると、その状態が習慣化してしまい、次に遠くを見たときにピントを合わせるのが苦手になります。この為、近くのモノばかり見る生活習慣を持っている人は、視力低下が起こりやすくなります。

特に、中学生ぐらいまでの子供は、大人の3倍以上の速さで近視による視力低下が起こることがあるので、親がある程度、子供の生活習慣をコントロールしてあげる必要があります。

⑤姿勢が悪いのが原因

姿勢が悪いことによって、視力の低下を引き起こす可能性がります。例えば、姿勢が悪い代表例として、「猫背」があります。

猫背になると、目と見ている物との距離が近くなります。この近くのモノを見ている状態は、目の筋肉に力が入っている状態が継続していることになり、目の疲労を引き起こします。

このように、目に物を近づけて見るというのは、

  • パソコン
  • ゲーム
  • スマホ
  • 読書
  • 寝転がって携帯ゲームをする
  • 文字を書く

と言った様なケースがあります。

長時間、近い距離で見ていると、目の筋肉が、その状態になれてしまい、遠くを見たときにピントが合わせるのが苦手になり視力の低下
を起こします。

基本的に、見るモノと目の距離は、30cm以上、離しておくと視力の低下を防ぐことができると言われています。

⑥体や顔が傾いて文字を書くのが原因

文字を書く時に体や顔が傾いている人がいます。この状態が長時間、毎日続いている場合には、左右の目で均等に見れなくなるので、左右の目がバランスが悪くなり、見えにくくなる可能性があるので注意が必要です。

⑦暗いところでテレビやスマホを見るのが原因

暗いところでテレビやスマホ、パソコンなどを見ていると、常に目に強い疲れを蓄積して、視力低下になる可能性があります。

特に、スマホやパソコン、テレビは、真っ暗な中に画面がパッと明るくなっているので、コントラストが激しくなり、目のピントを合わせるのが大変になります。

この為、暗い中でスマホやテレビを見ていると、目の筋肉を必要以上に酷使することになるので、視力低下の原因になることがあります。また、寝る前にブルーライトを浴びると、脳が活性化して、不眠の原因にもなるので注意が必要です。

⑧寝転がって、テレビやスマホ、本を見るのが原因

寝転がって、テレビやスマホ、本などを見ていると、見ているモノとの距離が左右の目で違ってしまいます。この為、右目と左目で、違うピント調整が強いられるので、目の疲労を引き起こす原因になります。

また、毎日、長時間、継続していると、左右の目の視力の差がでて、乱視の原因になるので注意が必要です。

⑨パソコンやテレビの使用時間が長いのが原因

パソコンやテレビ、ゲームなどを、暗い部屋で見ていると視力低下の原因になります。特に、長時間継続していると、姿勢が徐々に悪くなり、さらに、視力低下が起こりやすくなります。

長時間、パソコンやテレビを見ていると、同じ距離にある物を長時間、見続けると、目の筋肉が硬直してピント調整が正確に行えなくなり視力低下を起こします
 
特に、子供は、パソコンやゲーム、テレビなどは、夢中になって見ている為に視力が低下しやすいので、1日、最大2時間程度など、親子でルールを決めるのが大切です。。

また、休憩時間は遠くを見る習慣を持ったり、夕方は、暗くなる前に部屋の明かりをつけるなどの工夫も大切です。

⑩ブルーライトの光が原因

ブルーライトの光が目に悪いというのは、今では一般的に言われていることです。ブルーライトは、他の光と比較すると光のエネルギーが非常に強い特徴があります。

このブルーライトの強い光を長時間浴びると、目へのダメージが大きくなるので、毎日、長時間、テレビやパソコン、スマートフォン、タブレットを見ている人は注意が必要です。

対策としては、基本的に、1時間に5分や10分、目を休めるのが大切です。また、ブルーライト対策のシートをパソコンやスマートフォン、タブレットの画面につけたり、ブルーライト対策のメガネをかけるなど、目を守るようにしましょう。

⑪メガネやコンタクトレンズが合っていないのが原因

度数が合っていない、メガネやコンタクトレンズを使っていると、無理に目がモノを見える様にピント調整をするので、普段以上に目が疲れてしまい、視力低下を引き起こす可能性があります。

また、メガネが「曇っていたり」、「汚れている」のも目に負担をかけます。この為、目を守るためにも、自分に合った度数のメガネやコンタクトレンズをキレイな状態で使う必要があります。

特に、コンタクトレンズの場合は、決められた以上に長時間つけていたり、汚れていると目に悪影響を起こす可能性があるので注意が必要です。

⑫視力が悪いのにメガネやコンタクトレンズを使わないのが原因

視力が悪い人が、メガネやコンタクトレンズが嫌いだからと言って、使っていないと、無理に見ようと、目の筋肉を酷使することになります。

この為、目の筋肉を酷使することで、目の筋肉が疲れきって、視力低下を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

また、視力が悪いので、無理に見ようとして、パソコンやスマホ、本などを、前のめりに見たり、目を必要以上に近づけることになり、さらに、視力が悪くなる可能性もあるので、注意が必要です。

⑬カラコンによる目のトラブルが原因

ファッションのためにカラコンをつける人は、視力低下の原因になることがあるので注意が必要です。

特に、格安のカラコンなど、品質がよくない場合には、カラコンの酸素通過率と言って、コンタクトが、酸素を通す量が少なすぎると、目が酸素不足になります。

通常、目は、角膜を通して呼吸をしています。これが、質の悪いカラコンをすると酸素を通さなくなるので、目に酸素が行かなくなり目の負担になるケースがあります。

また、昔にあったのが、カラコンの色素が溶け出していたというケースもあります。この為、カラコンを使う場合は、品質の良いモノを選ぶ必要があります。

⑭物を見る距離が近すぎる

物を見る距離が近すぎると、目に負担がかかり、目が疲れて、視力低下になる可能性があります。

基本的に物を見る時の距離としては、

  • スマホ:30センチ以上
  • 本を読む:30センチ以上
  • ノートに書く:30センチ以上
  • テレビやパソコン画面の高さの3倍以上

という距離が基準になるようです。

特に、スマホや本、ノートなどは、最初は、30センチ以上の距離をキープしていても、集中すると、自然と、どんどん近くなるので注意が必要です。

⑮長い時間、近くのものを見続けるのが原因

テレビやスマートフォン、パソコン、本などは、既に紹介していますが、それ以外でも、近くにあるものを長い時間、見続けていると目の負担になります。

近くのものを長時間、見続けると目のピント調節機能がうまく働かなくなります。それによって、視力低下を引き起こす可能性があります。

テレビやスマホ以外でも、絵画、散髪など、仕事や趣味で、近くのものを長時間、見る場合には、目を休ませるなど注意が必要です。

⑯呼吸が浅く酸素不足が原因

呼吸が浅い人は、酸素不足になり視力低下を引き起こす可能性があります。人間は、酸素を吸うと、血液にのって酸素と栄養が全身に送られます。

この為、もしも、呼吸が浅く、酸素が不足していると、目に十分な酸素を送ることができずに、細胞の動きが鈍くなり、眼球周辺の筋肉が衰えて、機能が低下する可能性があります。

また、酸欠状態が続くと、目の筋肉と水晶体の弾力が失われるので近視や老眼が加速する可能性があるとも言われています。

対策としては、お腹に沢山空気を入れる腹式呼吸を意識して、深い呼吸を意識的に行い、新鮮な酸素ををたくさん吸い込むことを習慣化すると良いです。

⑰病気が原因

病気が原因で視力低下を引き起こすことがあります。ここでは、一般的に知られている視力の低下を引き起こす原因になる可能性がある病気を紹介します。

基本的に、病気は病院に行って専門医の診察を受けて治療を受ける必要があります。

白内障

白内障は、目の中のレンズの役割をしている水晶体が濁って、見えなくなる病気です。目の老化が原因で起こる病気で、早い人だと40代から発病し、80歳を超えると、ほとんどの人が発症する病気です。

改善方法は、病院での手術のみです。最近では、白内障は、一般的な病気なので、日帰り手術でも可能なので、心配するほどの病気ではありませんが、放置していると失明するので、目に異常を感じたら病院に行って検査を受けましょう。

白内障は、「光がまぶしく見える」「ぼけやて見える」「ものが二重にだぶって見える」と言った症状が一般的です。

緑内症

緑内症は、見たモノを脳に伝える機能が弱くなることで、視野が少しずつ狭くなる病気です。放置していると失明することもありますが、慢性の場合は、徐々に視野が狭くなるので、気づきにくい病気です。

また、急性の緑内障の場合は、眼圧が上昇するので、目の痛みや充血、吐き気、頭痛などの激しい症状が出ます。緑内障の治療は、病院で行うことになります。

視神経炎

視神経炎は、眼球の後方の神経で炎症が起こることで、視覚機能障害を起こす病気です。20代、30代に多く発病する病気ですが、原因は不明です。

もしも、目の奥に痛みを感じて、視力の低下がある場合には、病院に行って検査する必要があります。

近視

近視は、遠くの小さなものが見えにくくなります。特に、中学生までの子供は、大人の3倍以上の速さで視力が低下するので注意が必要です。

基本的にスマートフォン、タブレット、パソコン、ゲーム、テレビなど、近くのものを長時間見ていることが多いと近視になりやすいので、適度に目を休ませる必要があります。

乱視

乱視は、水晶体と角膜のゆがみが原因で、光の屈折率が狂うことで焦点が合わしにくくなり、物がぼやけて見える症状です。

乱視の人は、遠くも近くもぼやけて見えるので、目を酷使しするので、眼精疲労を起こしやすいです。もしも、肩こりや頭痛がひどい場合は、乱視が原因である場合もあります。

遠視

遠視というと、近視の反対なので、遠くのものが見えにくいと思われる人が多いです。しかし、実際には、遠視は、遠くも、近くも、どちらも焦点が合わしにくい症状があらわれます。

特に、遠視になると、ピンボケしたような状態になり、物がハッキリと見えなくなるので、無理にピントを合わせるために、目を酷使することになります。

硝子体出血

硝子体出血は、目の中が出血して、血が目の中に溜まる病気です。出血量は多くないので血の色などはあまり気にならないようです。ただし、2~3ヶ月ほどは見えにくくなります。

病院で治療をすると、視力は回復しますが、完治するまでは視力が低下した状態が続きます。

網膜中心動脈閉塞症

網膜中心動脈閉塞症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)は、網膜に繋がっている動脈が詰まることで、目が急に見えなくなります

もし、網膜中心動脈閉塞症を放置していると、網膜の細胞が壊死(えし)して、失明する可能性もあるので、スグに病院に行って治療を受けましょう。

網膜中心静脈閉塞症

網膜中心静脈閉塞症とは、網膜に繋がっている静脈が詰まることで、血管がむくんで広がったり、出血したり、蛇行したりして、見えにくくなる病気です。

その結果、「急な目のかすみ」「視野が欠ける」「出血部分が黒っぽく見える」と言った症状があらわれます。

網膜剥離

網膜剥離とは、眼球内部の網膜が剥がれることで視力が低下して、失明をする可能性もある病気です。

もしも、網膜剥離になると、初期は、飛蚊症と言って、小さな黒い点が無数飛んで見えたり、糸くずがゆらゆら見えたり、夜の暗い部屋で視界すみに光が見えるなどの症状が表れます。

昔は、網膜剥離になると失明していましたが、今では、手術の技術が向上しており、早めに見つけることができれば、病院で適切な治療を受けることで、進行を止めることができます。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、目の中の血管が多い組織である「ぶどう膜」の部分に炎症が起こる病気です。ぶどう膜炎になると、にごったり、霧がかかったように見える、白目が充血する、まぶしく見えるなどの症状が表れることがあります。

水晶体編位

水晶体編位は、水晶体の位置が先天的にズレていることで起こる視力障害です。眼球の位置のズレが大きくなると、近視や乱視などを引き起こすことがあります。

水晶体脱臼

水晶体脱臼は、後天的に水晶体の位置がズレることに起こる視力障害です。先天的に眼球がズレている人は、水晶体編位と区別されています。

黄班円孔

黄班円孔とは、物を見たときに、視覚的な映像を神経信号に変換する網膜部分に、孔(あな)があく病気です。昔は、治療が出来ませんでしたが、現在では、手術で治療が出来るようになってきています。

未熟児網膜症

未熟児網膜症とは、目の奥にある網膜の血管が異常に成長する病気で、血管が急速に成長すると、出血を起こしたり、視力を失う可能性もあるようです。

硝子体出血

硝子体出血とは、眼球にある硝子体という部分に、出血した血が溜まる症状をいいます。発病、初期は、出血量が少ないので飛蚊症と言った、黒い点が飛んでいるように見えます。

さらに、症状が進むと、炭を流したような影ができたり、物がぼやけて見えたり、視野の一部が欠けて見えると言った症状があらわれることが多いです。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは、糖尿病になっている人が、合併症として起こる目の病気です。初期では自覚症状がなく、自覚症状が表れたときには、糖尿病網膜症がかなり進行している状態です。

実際に、糖尿病網膜症になって、自覚できる症状としては、飛蚊症と言って、視野の中に虫のような黒い点が飛んでいるように見えます。また、網膜から出血すると視野に黒いカーテンがかかっているように見える場合もあります。

また、これらと併用して急に視力が低下することもあります。

中心性網脈絡膜症

中心性網脈絡膜症とは、脈絡膜から漏れ出た漿液が、網膜の黄斑部にたまる病気です。よく分からないと思いますが、症状としては、基本的に視野の中心部分が見にくくなったり、物が変形して見えたり、小さく見えたりします。

放置していても3~4週間で治ることもありますが、完全に元に戻らないケースも多く、再発する可能性があるので、病院で、きちんと治療を行うのがオススメです。

網膜黄班変性症

網膜黄班変性症とは、網膜の中心部分の黄班が機能が低下することで、視野の中心が見にくくなり、場合によっては失明することがある病気です。

症状としては、モノが歪んで見えたり、二重に見える、かすんで見える場合や、視界の中心が黒く見えるケースがあります。

脳腫瘍

脳腫瘍(のうしゅよう)が出来る場所によっては、脳内の圧力が高まったことによって、視力に障害がおこることがあります。

視力が回復する方法・視力低下の予防策

ここからは、視力回復をする方法視力低下の予防策として、役に立つ情報をまとめて紹介します。

視力回復の為のトレーニングを行う

目が物を見る時には、目にある「毛様体筋」という筋肉を動かして、水晶体の厚みを変えてピントを合わせて見ています。遠くを見ている時は、目の筋肉はリラックスしており、近くを見ている時は、緊張しています

この為、テレビ、パソコン、本、スマホなどで、近いところを長時間見ていると、長い間、目が緊張状態になるので、疲労が蓄積して、視力低下につながる可能性があります。

疲れた目の筋肉をほぐす為に、目のトレーニングを行うと、視力回復効果が期待できと言われています。

視力回復トレーニング


※1分10秒から視力回復トレーニングの説明が始まります。

上記の動画は、基本的に、

  • 目を動かして、目のストレッチ・エクササイズをする
  • 脳を刺激する方法

という2つのポイントが紹介されています。

目を動かして、目のストレッチ・エクササイズをする方法

※上記の動画のトレーニングの解説です。

現代人は、あまり目を動かしていません。目のエクササイズをすると、普段、目を動かしていないことが実感できます。

目を動かして、目のストレッチやエクササイズを行い、目の筋肉をほぐすことが、視力を良くするためには大切です。
 
具体的な目のストレッチの方法としては、

  • ①目を強くつぶる(10秒)
  • ②目だけ上を見る(10秒)
  • ③目をつよくしぼる(10秒)
  • ④目だけ下を見る(10秒)
  • ⑤目を強くしぼる(10秒)
  • ⑥目を右の端をみます(10秒)
  • ⑦目を絞ります(10秒)
  • ⑧目を左の端をみます(10秒)
  • ⑨目を強く絞る(10秒)
  • ⑩顔の前に指を出して横の8の字を目で追います(3回)
  • ⑪指を奥から手前に行ったり来たりして目で追います(3回)

と言った方法で行います。

基本的に、顔を正面に向けた状態で、目(眼球)のみを動かして、顔を動かさないことで、目の周りの使っていない筋肉を使いストレッチします。

このようなエクササイズを何日か続けるだけでも、0.5の視力が0.8になった人もいるようです。

脳を刺激する方法

物を見る為には、目だけではなく脳も関係しています。目がとらえた情報は、脳が認識して見ています。この為、視力が悪い人は、脳が正しく認識していないケースがあります。

この為、例えば、視力検査を行う時に、「見えると思って」と自分に言い聞かせてみることで、脳が、より多くの情報を見よとするので、見えていなかったモノが見える場合があります

食事や栄養で視力回復する方法

目に良い栄養と言えば、ブルーベリーが有名だと思います。ブルーベリーの場合には、アントシアニンという成分が目の疲れを予防したり、目のかすみに働きかけると言われています。

その他の目に良い栄養成分としては、

  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • アントシアニン
  • アスタキサンチン
  • ルテイン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ナトリウム
  • リコピン
  • コンドロイチン硫酸
  • 亜鉛
  • DHA

と言った栄養成分は、視力回復効果、視力低下予防などが期待できます。

下記にそれぞれの栄養成分の視力に対する特徴と含まれている食べ物を紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは、目の代謝を抑止、活性化させたり、涙の量を保つ、暗いところで物を見やすくする働きが期待できます。ビタミンAを食品から摂取する場合には、レチノール、β-カロテンを摂取し、体内でビタミンAに変換されて栄養として使われます。

ビタミンAが含まれる食べ物としては、レバー、うなぎ、アンコウの肝、ホタルイカ、すじこ、たまご、しそ、かぼちゃ、ニンジン、春菊、ほうれん草

ビタミンB1

ビタミンB1は、目の周辺の筋肉の疲れを和らげる効果が期待できます。

ビタミンB1が含まれている食べ物、食材としては、豚ヒレ、豚もも、豚ロース、ボンレスハム、大豆、きな粉、ゴマ、うなぎ、昆布、焼きのり、たらこ、ニンニク、玄米などがあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は、目の粘膜を正常化する働きが期待できます。

ビタミンB2を含む食品、食べ物としては、豚レバー、牛レバー、鶏レバー、焼きのり、味付けのり、あおのり、インスタントラーメン、とうがらし、うなぎ、牛乳、サバなどがあります。

ビタミンB6

ビタミンB6は、水晶体の代謝を高めたり、免疫機能を高める効果が期待できます。

ビタミンB6を含む食べ物、食品としては、ニンニク、銀杏、ピスタチオ、鶏むね肉、鶏ひき肉、レバー、マグロ、カツオ、いわし、バナナ、酒粕、牛レバー、しろ鮭などがあります。

ビタミンB12

ビタミンB12の目への効果は、視神経の機能を正常にする働きが期待できます。

ビタミンB12の栄養成分を含む食べ物、食材とは、しじみ、赤貝、ほっき貝、あさり、すじこ、牛レバー、鶏レバー、アンコウの肝、いくら、チーズ、ニシン、牡蠣などがあります。

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用が強いので、体のサビを防ぐ効果が期待できるの美肌やアンチエイジングで有名です。さらに、目に対しては、目の水晶体の透明度を保つ働きが期待できます。

ビタミンCを含む食べ物としては、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、いちご、甘柿、サツマイモ、ジャガイモ、ブロッコリー、小松菜、キャベツなどに含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは、血行増進効果があるので、老眼予防や疲れ目、ドライアイの防止などの効果が期待できます。

ビタミンEが含まれている食品、食材としては、うなぎ、たらこ、うに、エビ、イカ、いくら、ツナ油漬け、サツマイモ、ほうれん草、かぼちゃ、モロヘイヤ、大根などに含まれています。

アントシアニン

アントシアニンは、目の焦点を調節する筋肉である毛様体筋の緊張を和らげることで、目の疲れを予防や改善する効果が期待できます。

具体的に、アントシアニンが含まれている食材や食べ物としては、ブルーベリー、ビルベリー、カシス、ぶどう、黒豆、ナス、紫イモ、紫キャベツ、紫玉ねぎ、シソなどに含まれています。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、網膜の黄班部分の障害を改善する効果が期待できます。

実際に、アスタキサンチンを含む食品、食べ物としては、紅鮭、いくら、サクラエビ、オキアミと言った赤いものに多く含まれています。

ルテイン

ルテインは、水晶体や網膜の酸化を予防したり、紫外線によるダメージを防止する効果があると言われています。この為、目の老化、白内障、飛蚊症、黄班変性の予防効果が期待できるとも言われています。

食事でルテインを取る場合には、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、葉レタス、グリンピース、カボチャと言った食材や食品に多く含まれています。

カルシウム

カルシウムは、角膜や眼球を包んでいる膜の機能を助けるのに必要です。また、カルシウムが不足すると、眼精疲労や屈折異常といった目のトラブルにつながることもあります。
具体的にカルシウムが含まれている食べもの、食品としては、牛乳などの乳製品、大豆製品、小松菜、ブロッコリー、小魚、海藻類

マグネシウム

マグネシウムが不足すると、少しのことでもイライラしてストレスがたまりやすくなります。ストレスがたまると、眼精疲労を引き起こしやすくなるので、マグネシウムの摂取が大切になります。

実際に、マグネシウムを含む食べ物、食品としては、ガシューナッツ、アーモンド、大豆、落花生、納豆、玄米、ゴマ、あさり、いわしの丸干しに含まれています。

ナトリウム

眼精疲労の原因として、縮瞳や散瞳の調整がうまく出来ていないケースがあります。ナトリウムが不足する事に、このように眼精疲労になる可能性があります。

ナトリウムが豊富に含まれている食品、食材としては、梅干し、しょうゆ、ザーサイ、みそ、オイスターソース、とんかつソース、紅ショウガ、イカの塩辛などがあります。

リコピン

リコピンは、活性酸素を取り除く効果が期待できます。リコピンの目への効能としては、抗酸化作用によって、視力を保持したり、目の粘膜を正常に保つ効果が期待できます。

具体的に、リコピンが含まれている食べ物、食材としては、ミニトマト、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、ローズヒップ、柿、ケチャップなどの赤い食べ物に多く含まれています。

コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は、眼精疲労の改善、目の老化の予防、水晶体や角膜の弾力性や透明度を高める効果が期待できます。

具体的なコンドロイチン硫酸を含む食べ物としては、フカヒレ、ウナギ、ナマコ、ヒラメなどがあります。

亜鉛

亜鉛は、体内でコラーゲンを生成するのに必要な栄養成分です。網膜や角膜がコラーゲンで出来ているので、目のコラーゲン維持に亜鉛が役立ちます

実際に、亜鉛が多く含まれている食べ物、食品としては、牡蠣、からすみ、ホヤ、牛肉、豚レバー、ビーフジャーキー、ナッツ、チーズ、凍り豆腐、えんどう豆などがあります。

DHA

DHAは、目の網膜にある細胞を正常に保ち、視力の改善が期待できます。実際に、近視の改善に効果が期待できると言った調査結果もあるようです。

具体的に、DHAを含んでいる食品や食べ物としては、イワシ、アジ、サケ、サンマ、サバ、うなぎ、マグロ、マス、ハモ、シシャモ、ニシンなどがあります。
 
以上のように、目に良い栄養を積極的に取ることで、目の老化を防いで、機能回復が期待できるようです。

ストレス解消で視力を回復

視力の回復は、眼球だけではなく、脳も影響しています。この為、眼球や視神経に問題が無くても、脳がストレスによって機能が低下していると視力の低下を引き起こすことがあります。

ストレスで視力が落ちるケースを「心因性視覚障害」と言います。心因性視覚障害になった場合には、脳に負担がかかり、混乱している状態です。

この為、眼球に問題がなく、ストレスが原因で視力低下している場合には、ストレス解消することができれば、視力が回復します

レーシック

レーシックは、特殊なレーザー光を使って、角膜を削ることで、凹凸を変えることで、目えるようにする手術です。レーシックを行えば、メガネやコンタクトレンズの使用がいらなくなり、裸眼で見えるようになるメリットがあります。

ただし、経験豊富な眼科医にレーシックの手術を受けないと、ドライアイや感染症にかかる危険性もあります。 
また、基本的に、保険が適応されないので、ある程度の費用がかかりますが、安くても腕が悪い医師は怖いので、費用よりも信頼できる医師に手術してもらうのが大切です。

オルソケラトロジー

視力が低下したので、メガネやコンタクトレンズを使いたくないが、レーシックは嫌だという場合には、オルソケラトロジーという方法がオススメです。

オルソケラトロジーは、近視治療の1つの方法で、寝ている時に、特殊なコンタクトレンズを装着することで、角膜を凹ませることで、光の屈折率を調整することで、昼間は裸眼で見えるようにします

毎日、コンタクトレンズをして寝る必要はありますが、レーシックのように、レーザーで角膜を削る必要がないので、安全に使うことが出来るのが特徴です。

超音波療法

視力回復のために、自宅で使える超音波療法というものがあります。超音波療法は、目を閉じた状態で、まぶたの上から超音波を当てることで、目の奥までマイクロマッサージをすることができます。

超音波でマッサージすることで、血液やリンパの流れを良くしたり、網膜の解像度を高める、目の緊張をほぐすことで、目の自然治癒力を引き出して、視力を回復する効果が期待できます。

目の体操


パソコンやスマホなどを使って、疲れた目に効果が期待できる目の体操を紹介します。目の体操をすることで、目を健康にする効果が期待できます。

具体的な目の動画の体操を紹介すると

  • ①手をこすり合わせてあたためる
  • ②目を閉じて、両手を目にやさしくかぶせて、目を温めます
  • ③窓などから遠くを見ます
  • ④目をギュッと閉じ、目をパッと開く(数回繰り返す)
  • ⑤顔は前も向いた状態で、目だけ左を見ます
  • ⑥目だけ動かして、右を見ます
  • ⑦目だけ動かして、上を見ます
  • ⑧目だけ動かして、下を見ます
  • ⑨首を回します(右回し)
  • ⑩首を回します(左回し)
  • ⑪手を組んで、息を吸いながら体の前に伸ばします
  • ⑫手を組んで上に伸ばしながら、息を吐きます
  • ⑬さらに、息を吸いながら手を上に伸ばします
  • ⑭手お降ろしながら、息を吐きます

と言った手順になります。動画と一緒に参考になると思います。

疲れ目に効くマッサージ


疲れ目に効くマッサージを紹介します。目の疲れが続くと、視力にも良くないので、マッサージをして、目の周りの筋肉をリラックスさせると良いです。
 
具体的な疲れ目に効くマッサージとしては、

  • ①目の内側の部分を両手の人差し指で、10秒、軽く真っすく押し込みます
  • ②目頭の下、鼻の横を10秒、軽くまっすぐ押します
  • ③目の外側を、10秒、軽くまっすぐに押し込みます
  • ④目の内側、鼻の上に親指を当てて、10秒、軽く上に押しあげます。

上記を1セットとして、3回ぐらい行うと良いです。
 
以上は、パソコンや本、テレビ、スマホなどを見過ぎて、疲れている時に行うと良いです。

目の疲労が続くと、視力低下の原因にもつながると言われているので、目が疲れたらマッサージで疲れを和らげると良いでしょう。

目の疲労回復に良いツボを指圧する

目が疲れている場合には、ツボを刺激して、効果的に疲れを取るのもいい方法です。

目に良いツボとしては、

  • 瞳子りょう
  • 太陽
  • 客主人
  • 和りょう
  • 睛明
  • 風池
  • 合谷
  • 眼睛

などのツボを指圧すると、目の疲れに良いようです。

具体的な目に良いツボは、下記のページで詳しく紹介します。

⇒目に良いツボの一覧

目を酷使しないで、目を休める習慣を持つ

目の周辺の筋肉は、近くのものを見ている時は、緊張しています。この為、長時間、パソコンやゲーム、スマホを使っていると、目を酷使する事になります。

目が疲れると視力低下の原因にもなるので、目の筋肉の緊張状態を、定期的にリラックスさせるために、休憩時間は確保するようにしましょう。
 
具体的に、目を休ませる方法としては、

  • 1時間に1回、10分ぐらい遠くを見る
  • 目を閉じる
  • 目薬を使う
  • ホットタオルで目の周りの筋肉を緩める

と言ったような方法で、目を休めると良いです。

規則正しい生活が大切

毎日、不規則な生活をして、パソコンやテレビ、スマートフォン、ゲームなどを、毎日のように、ダラダラとおこなっていると、目への負担も大きくなります。

この為、毎日、目を酷使しないで、キチンと目を休ませる時間をとる為にも規則正しい生活をする必要があります

また、規則正しい生活をして、朝食、昼食、晩御飯で、キチンと栄養を摂ることでも、目に必要な栄養が取れるので、目の酷使や休ませるだけではなく、栄養面も十分に注意しましょう。

温かいタオルで目の血行を促進する

温かいタオルで、目を温めることで、目の血行を良くすると、使い過ぎて疲れた目の筋肉がほぐされて、目の働きが回復しやすくなります
 
具体的な温かいタオルで目の血行を良くする方法としては、

  • ①タオルを濡らす
  • ②タオルを絞って水滴が出ないようにする
  • ③タオルをラップでくるむ
  • ④タオルを電子レンジに入れて1分チンする
  • ⑤使用前に熱すぎないように適度にタオルを覚ます
  • ⑥目の上に蒸しタオルを5分程度のせる

と言った手順になります。
 
蒸しタオルは、電子レンジから出した状態では、熱すぎるので、タオルを拡げるだけでも冷ますことができますが、冷ましすぎないように注意しましょう。

近くの物と遠くの物を交互に見る

近くの物と遠くの物を交互に見ることで、目のピント機能を調整することで、視力の回復効果が期待できます。
 
具体的な方法としては、

  • 10センチぐらいの近くを見る
  • 5メートル以上の遠くを見る
  • 上記を30回繰り返す
  • 朝、晩、1日2回行う

と言った様に行います。
 
できるだけ遠くを見る方が効果が期待できるようです。また、近く、遠くを見るのは、出来るだけ早く、「遠く⇒近く⇒遠く⇒近く」といった様に見ると良いです。

病気の治療をする

もしも、白内障、緑内症、網膜剥離、視神経炎、ぶどう膜炎、黄班円孔などの病気が原因で、視力が低下している場合には、治療を行うことで、病気が改善すれば、視力が回復することがあります

また、放置していると失明する病気もあるので、視力低下の予防として、病気の治療を行うのも大切です。

視力の急な低下、視野が狭くなる、ぼやけて見える、二重に見える、黒い虫が飛んでるように見える、視界が欠けるなど、何かしら異常を感じたら、早急に病院に行って診察を受けて調べる必要があります

子供の視力低下の対策方法

子供の視力が低下するのは、テレビ、パソコン、ゲーム、スマートフォンなどで、近くのモノを長時間、見ていることで、目のピントを合わせる調整機能がうまく働かなくなるのが原因であるケースが多いようです。

もちろん、病気や他の点も気にする必要があるので、基本的には、視力が低下したと思ったら病院に行って医師の診察を受ける必要があります。

単純に、近いところばかり見ていると、目のピント機能が狂っているだけなら、遠くのものを見る習慣を持てば、視力が回復するケースがあります。

目に異変を感じたらスグに眼科に行きましょう!

実は、私は右目が網膜剥離になりました。手術をして、視力は今でもありますが、以前と比べると視力が落ち、物が歪んで見えたり、視界が欠けている部分があります。

病院の医師によると、もっと早く、病院に行っていれば、もっといい状態であったのに、発見が遅れたので、視力に影響が出てしまいました。

このように、もしも、のことを考えて、気になることがあったら病院でチェックするのが大切です。

まとめ

視力低下は、色々なことが原因になりますが、一番多いのは、近いところを見過ぎたことによって、目のピント機能が狂っているケースが多いようです。

しかし、まれに、目の病気であるケースがあります。目の病気の場合、現在では、医療技術の進歩で治療で治せるケースが多い様です。

この為、視力低下が気になったら、まずは、病院に行って専門医の診察を受けましょう。特に、問題が無ければ、それはそれで安心できていいと思います。
 
病気でないことが分かったら、生活習慣を見直して、「遠くを見たり」「パソコンやテレビを長時間見ない」「目に良い栄養をとる」などに注意しつつ、視力回復のトレーニングやマッサージを行うことで、視力が回復や視力低下の予防を行うと良いです。