簡単に出来る自分の口臭チェックの方法から、口臭の原因口臭の予防対策・改善方法を紹介します。

朝起きたとき、楽しくおしゃべりをしている時、自分の口臭がふときになった事はありませんか?


  • 自分の口臭が気になる…
  • 周りの人が影で自分の口臭を指摘している…
  • 口臭が気になり積極的にコミュニケーションがとれない…
  • 口が臭くて周りの人に申し訳ない…
  • 口臭が気になって、しゃべるのが苦痛…

 
のように、自分の口臭が気になった場合には、まずは、簡単に、口臭チェックが出来ると良いですよね?
 
ここでは、14通りの口臭チェックの方法を紹介しています。まずは、あなたが納得できる口臭チェックの方法を試してください。

もしも、本当に、自分の口臭が匂うなら、ここで紹介している口臭の原因をチェックして、口がくさくなる生活習慣の見直しをしましょう。

生活習慣を見なおしても、口臭が改善しない場合には、ここで紹介している27通りの口臭予防、改善方法を試すと良いです。
 

 

 
「好きなところから読んでね!」

まずは、自分の口臭チェックをしましょう!

もしもクサかったら、口臭の原因を知って、自分に合った口臭の改善方法を実践すると効果的です。



目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

自分の口臭を簡単にチェックする方法

自分の口臭を簡単にチェックする方法を試す女性のイメージ写真

口臭チェックの方法は、色々な方法があります。すぐに自分で出来る方法から、市販の口臭チェッカーを使う方法まで様々です。

ここでは、簡単に口臭がチェックできる14通りの方法を紹介します。
 

 

 
口臭は、朝起きたときが一番きつくなります。その為、口臭チェックは、朝起きてスグに行うと分かりやすいです。


①舌の状態をチェックする

舌の状態をチェックする女性の写真

舌に、白や黄色っぽいボツボツしたものが付いているかチェックします。もしも、白や黄色っぽいポツポツがついている時は、布やティッシュで優しく拭き取って、ニオイをかいでチェックします。

②デンタルフロス、糸ようじでチェック

糸ようじの写真

デンタルフロス、糸ようじは、歯と歯の間についた汚れである歯垢(プラーク)をとるものです。デンタルフロス、糸ようじで、歯の間の汚れをとり、そのニオイをかいでチェックします。

③手を舐めてチェック

手の写真

片手の手を舐めて30~60秒待ち乾燥させます。その後、舐めていない手を匂って無臭を確認します。次に、舐めた手のニオイをかいでチェックします。

もしも、口の中にクサイ匂いを放つ物質がある場合には、クサイ匂いがします。

④手に息を吹きかけてチェック

手に息を吹きかける人の写真

両手をおわん状にして、口と鼻をおおいます。そこにハーっと息をはいて口臭をチェックします。もしも、異臭がする場合は口がクサイということです。

この方法は、風が吹くと、自分の息を正確に匂えないので、下記のビニール袋を使った方法がオススメです。

⑤ビニール袋を使ったチェック

ビニール袋の写真

空気を抜いてたビニール袋の口から、息をフーッと入れて、袋を膨らませて自分の息を閉じ込めます。その後、ビニール袋の中の自分の息のニオイをチェックすることで、口臭があるか分かります。

ただし、ビニール袋は、「息を吐くのが大変なので大きすぎない」「口臭が分からなくなるので、独特のニオイがあるビニール袋は使わない」といった点に気をつける必要があります。

⑥コップを使ったチェック

コップの写真

コップと、コップの蓋を準備します。コップの中に息を吐いて、蓋をします。息を整えて、コップの中の自分の息のニオイをチェックすると口臭があるか分かります。

⑦唾液の味でチェック

唾液の味をチェックする女性の写真

口の中の唾液が、「すっぱい」「苦い」といった味を感じた時は、口臭がでている可能性があります。

「すっぱい」場合は、口の中に食べかすや歯垢があり口内が酸性になっています。「苦い」場合は、口臭の原因の細菌が繁殖していることが多いです。

⑧マスクを使ってチェック

マスクをつけている女性の写真

鼻から口までおおうことができる大きめのマスクをつけます。マスクをつけた状態で、マスク内に息を充満させるように口からゆっくりを息を吐きます。その後、マスク内の息を鼻から匂うことで口臭チェックができます

また、マスクを1日つけて、しゃべったりして普通に生活します。その後、1日使ったマスクの内側のニオイをチェックすることでも口臭チェックができます。

このマスクを使った方法は、マスクが無臭のものを選ぶ必要があります。

⑨つまようじで歯垢をチェック

爪楊枝の写真

爪楊枝(つまようじ)で、歯垢(しこう)をとりニオイをチェックします。

⑩オキシドール溶液でチェック

オキシドールを含む消毒用セットの写真

ケガをした時に使うオキシドール溶液で、口臭チェックができます。オキシドール溶液を水で2倍~3倍程度に薄めてうがいをして吐き出します。

水で薄めたオキシドール溶液を吐き出して、たくさん泡立っていると、口臭が発生している可能性があります

口の中の歯周病や歯肉炎、口の中の汚れ、などと、オキシドール溶液が反応すると泡立つので口臭チェックができます。

⑪オナラのニオイでチェック

オナラのニオイが臭いと、口臭もくさい可能性があります。

腸内に悪玉菌が多いと、オナラがくさいです。腸内の状態が悪いと、口臭も匂う場合があります。

⑫口臭チェッカー・口臭測定器でチェック

家庭用に売られている口臭チェッカー(口臭測定器)で口臭をチェックすることで客観的に確認することができます。

価格も口臭チェッカー(口臭測定器)は、1500円ぐらいから買えるので使ってみると良いです。ただし、家庭用のチェッカーは測定値は目安です。また、どんなニオイがするか分からないので目安程度にすると良いです。

口臭が気になる場合には、「歯磨き後」「口臭が一番強くなる朝起きたとき」「食事の前」「食事の後」「口臭が気になった時」など、色々なタイミングで計測するといいです。

⑬口臭チェックのアプリを使う

スマートフォンの写真

口臭チェックの方法を調べていると、「口臭チェック アプリ」というワードをよく目にします。この口臭チェックのアプリは、口臭が発生しやすいかチェックシート機能により確認することができます。

ただし、口臭チェックのアプリは、スマホのアプリなので、口臭チェッカーの機能はありません。

⑭一番、確実な口臭チェック

口臭チェックをしあう2人の写真

一番、確実な口臭チェックの方法は、信頼が出来る家族などに口臭を匂ってもらう方法です。

口臭が気になっていても、実は、周りの人は気にならない程、ということもあるので、信頼できる人にざっくばらんに聞いてみると、案外、勘違いである可能性もあります。

 

 

 
口臭チェックを行っても、まだ、不安な場合には、歯医者口臭外来に行って、「口臭測定器」で正確に計測してもらい、治療を受けると確実です。


口臭がにおう可能性がある人とは?

口臭がにおう人とは、どんな人か考える女性の写真

どのような生活をしているのか」「どんな体質か」などを調べることで、口臭が発生する可能性があるかを知ることができます。

口臭がある可能性があるのか?については、下記の項目をチェックすると良いです。

 
  • 歯茎が、はれて赤い
  • 食べものが歯と歯の間に詰まりやすい
  • 舌に白い舌苔(ぜったい)がついている
  • 歯磨きをすると血が出る
  • 歯磨きをしない日がある
  • 口の中がネバネバしている
  • 口の中が乾くことがある
  • 胃の調子が悪い
  • 便秘である
  • ゲップが卵の腐ったニオイがする
  • 口内炎がよくできる
  • 歯石がある
  • 虫歯がある
  • 糖尿病(とうにょうびょう)である
  • 胃潰瘍(いかいよう)である
  • 蓄膿症(ちくのうしょう)である
  • 膿栓(のうせん)、臭い玉がある
  • ニンニク料理をよく食べる
  • カレーなどのスパイス料理をよく食べる
  • お酒、アルコールをよく飲む
  • タバコを吸う
  • 入れ歯の手入れをあまりしない

 
上記の項目をチェックして、該当する場合は、口臭が発生している可能性があります。
 

 

 
該当する項目がある場合は、口臭の注意が必要です!


口臭の原因は、何か?

口臭の原因を知って鼻をつまむ女性の写真

ここでは、口臭の原因は、何か?を紹介します。ここで紹介する口臭の原因に、思い当たる生活をしている場合には、それを見直すことで、口臭の改善や予防効果が期待できます。
 

唾液の不足が原因

唾液は、口の中の細菌の繁殖を抑える役割もあります。しかし、唾液の量が減ったドライマウスの状態になると、口の中で細菌さ活発に繁殖して口臭の原因になります。

舌に白い舌苔(ぜったい)がついているのが原因

舌が白い場合、黄色い場合には、舌苔(ぜったい)が原因で、口臭がクサイかもしれません。舌苔(ぜったい)とは、舌に白い苔状のモノついている状態で、細菌や食べかすが原因で発生します。

寝る前に歯磨きをしていないのが原因

口臭の原因の約90%は、口の中に常駐している細菌がタンパク質を分解する時に発生するVSC(揮発性硫黄化合物)という物質が原因です。

寝る前に歯磨きをすることで、朝、起きたときの口の中のVSC(揮発性硫黄化合物)の量が7倍も変わります。

食べているものが原因

焼き肉や餃子などを食べたとは、口臭が気になるものです。このように、口臭は、食べたモノが関係しています。

具体的に、口臭の原因になる食べ物としては、

  • ニンニク
  • ニラ
  • ネギ
  • らっきょう
  • 納豆
  • キムチ
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • 小松菜

と言った様な食べ物があります。

ブロッコリー、キャベツ、小松菜は、口臭とは関係なさそうですが、インドールという口臭の原因になる成分が含まれています。

飲みのモノが原因

飲み物が口臭の原因になる可能性があります。

口臭の原因になる飲み物は、

  • コーヒー
  • アルコール(お酒)

といったものがあります。

コーヒーは、口の中のPHを下げ、唾液の量を減らし、細菌を増やす原因になります。

アルコール(お酒)は、肝臓でアルコールが分解されアセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドが肺からの口臭の原因になります。

また、アルコールの利尿作用で、体の水分が減り、口内を乾燥させて、細菌が繁殖する原因になります。

タバコが原因

タバコは、それだけでも強いニオイがあり口臭の原因になります。また、タバコを吸うことで歯ぐきに悪影響をあたえ、歯周病になり、口臭の原因になることがあります。

歯周病が原因

歯周病になると、歯と歯茎の間にポケットという隙間ができます。この隙間に、歯周病菌ができます。この歯周病菌が口臭の原因になることがあります。

虫歯が原因

虫歯になると、虫歯菌によって歯に穴が開きます。そこに食べかすが詰まることで最近が繁殖して口臭の原因に 

歯磨きが不十分

歯磨きが不十分な場合には、歯と歯の間に食べかすが詰まります。その詰まった食べかすから細菌が発生して口臭の原因になります。

腸内環境の乱れ・便秘が原因

口臭と共に、オナラや便のニオイが気になる場合には、腸内環境の乱れや便秘が原因かもしれません。

腸内バランスが悪くなり、悪玉菌が増えると、腸内で有毒ガスが発生して悪臭が発生します。この為、腸内の悪臭が、口臭の原因になることもあります。

肝臓の機能が低下している

肝臓は、腸から吸収された栄養を分解して、無臭化します。しかし、肝臓の機能が低下すると、十分に排泄が行われずに、悪臭が血液に流れて、口臭の原因になります。

朝起きたとき、空腹時、やストレスが原因

朝起きたときや、空腹中、ストレスを感じている時は、口内の唾液が減り、口臭がきつくなります。

胃の調子が悪いのが原因

ストレスなどで胃の調子が悪くなると、胃酸が増えて、胃が荒れ、自律神経の乱れで、唾液の量が減って口内の細菌が増えて口臭の原因になります。

また、胃潰瘍、胃炎、胃がん、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍などの胃腸の病気になることで、口臭が悪くなることもあります。

糖尿病が原因

糖尿病になると、肝臓で糖の代謝がうまくできないので、甘い臭いがします。

蓄膿症が原因

蓄膿症になると、口臭から膿(うみ)のニオイがすることがあります。

生理や妊娠中のホルモンバランスが原因

女性は、生理中や妊娠中は、ホルモンバランスが変化します。ホルモンバランスの変化によって、免疫力が低下し、唾液の量が減少することで、口内の細菌が増えて口臭が発生しやすくなる場合ががあります。

 
以上の通り、口臭の原因は、口内環境と胃腸、肝臓などが関係しています。そのうち、口臭の90%は、口内の環境が原因だと言われています。

糖尿病や蓄膿症などの病気は別として、口臭が気になる場合には、まずは、口の中をキレイにすることを優先的に行うと、効果的に、口臭の改善、解消が期待でいると思います。
 

 

 
口臭の原因を参考に、生活習慣を見なおせば、口臭対策になります。

さらに、口臭改善をしたいなら、下記の「口臭の改善方法・予防対策」を試してみましょう!


口臭の改善方法・予防対策

口臭の予防対策、改善方法として歯を磨く女性の写真

口臭を改善する方法と予防対策に役立つ方法を紹介します。

22通りの口臭予防、改善方法を紹介するので、取り組みやすい方法から実践するといいです。
 

【1】舌まわしエクササイズ


舌まわし体操は、口臭予防に加えて、小顔効果、ほうれい線のケアの効果も期待できます。

やり方は、簡単で、歯と唇の間に舌を入れて、舌をグルグル、20回まわすだけです。舌を回すことで、唾液が出ることで、口臭予防、歯周予防の効果が期待できます。

【2】ガムを噛む

キシリトールガムの写真

ガムを噛むと、唾液がたくさん出ることで、唾液が、口内の細菌の繁殖を抑えるので、口臭予防が可能です。

特にキシリトール100%のガムを噛むと、口の中の酸を中和するので、虫歯予防も期待できます。

【3】飴を舐める

飴の写真

飴を舐めると、飴の甘さが、唾液腺を刺激して、唾液の分泌を促進します。唾液の量が増えると、口の細菌の繁殖を抑えて、口臭を予防します。

【4】クエン酸が含まれている食品を食べる

クエン酸を含む食べ物の写真

酸っぱいモノを食べると唾液が出て、口臭予防の効果があります。さらに、酸っぱい食べ物として、「梅干し」「レモン」「グレープフルーツ」「パイナップル」「アセロラ」「」には、クエン酸が含まれています。クエン酸には殺菌作用があるので、口臭予防が期待できます。

【5】デンタルフロスを使う

糸ようじの写真

デンタルフロス、歯間ブラシを使って、歯の間の汚れを取り除くことで、口臭改善ができます。もしも、歯の間に食べかすが残っていると、それが細菌の繁殖の原因になり、口臭を発生します。

【6】舌の歯ブラシを使う

舌ブラシで舌をみがく女性の写真

舌の色が、白色や黄色っぽくなっていたら、舌の歯ブラシを使って口臭改善をしましょう。

舌が白色や黄色っぽくなっているのは、食べかすや古くなった細胞です。これを細菌することで悪臭を作り口臭の原因になります。

舌を磨く時は、歯ブラシを使うと舌が傷ついて、逆に口臭が悪くなる原因になるので、舌、専用の歯ブラシを使いましょう。

【7】舌みがき用ジェルを使う

舌用の歯ブラシを使っても効果が十分に感じない場合には、舌みがき用ジェルを使います。舌みがき用のジェルを使うことで、今まで以上に舌についた汚れが効果的に除去できます。

【8】何か食べたらブラッシング(歯磨き)する

歯磨きしている女性の写真

食事の後は、どうしても食べかすなどが原因で、口内の細菌が繁殖するので口臭が発生します。この為、飲食後は、ブラッシング(歯磨き)することで細菌の繁殖を抑えて、口臭対策ができます。

【9】口臭予防の成分入りの歯磨き粉を使う

口臭予防の成分入りの歯磨き粉のイメージ写真

口臭は、「口の中の雑菌」「歯周病」「虫歯」などが原因になります。これらの症状を抑える歯磨き粉を選ぶことで、口臭予防が期待できます。

口の中の雑菌を抑えるには、殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」「塩化ベンザルコニウム、トリクロサン」「塩化セチルピリジニウム(CPC)」が配合されている歯磨き粉を選ぶと良いです。

【10】臭いがキツイ食べ物は16時間以上前までに食べる

臭いがキツイ食べ物の写真

ニンニクやニラ、焼き肉、餃子などのニオイが強い食べものは、胃で消化した後、血液にのって全身にニオイが送られます。このニオイが消えるのに16時間は必要なので、焼き肉や餃子など、ニオイが気になる食べ物を食べたあとは、16時間、ニオイが出ることを意識すると良いです。

【11】ヨーグルトで歯を磨く

ヨーグルトの写真

ヨーグルトは、乳酸菌が入っています。普通に歯を磨いた後、ヨーグルトで歯を磨くと、乳酸菌の効果で、口のなかの細菌の増殖を抑える効果があります。

【12】生野菜を食べる

生野菜をサラダにした写真

生野菜に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えます。もしも、便秘の人が口臭が気になっている場合は、腸内環境を整えて、便秘を改善することで、口臭改善ができます。

【13】リンゴを食べる

リンゴの写真

リンゴは、「天然の歯ブラシ」とも言われるほどの口臭予防効果があります。リンゴを食べると唾液が出て、口のなかの細菌の繁殖を抑えます。そして、リンゴに含まれる食物繊維は、口のなかをキレイにする効果が強いです。

【14】サプリメント、タブレットを使う

サプリメントの写真

歯磨き、舌磨き、食べ物など、口臭予防を行っても満足できる効果がなかった場合、または、口臭予防が面倒で継続できない場合には、サプリメントやタブレットを利用して口臭改善を行うと簡単です。

【15】水分を沢山、飲んでデトックスする

水を飲んでいる女性の写真

ニンニクやニラ、焼き肉など、ニオイが強い食品は、消化された後は、血液中に溶け込みます。悪臭成分も血液中に入り込みます。

水分を十分にとって、体内の水分を尿や汗として、体外に排出することで、悪臭成分も排出して、ニオイを早く取り去ることができます。

【16】胃の臭さを抑える方法

食事をすると、約3時間~5時間ほどで、消化することができます。もしも、ニオイがキツイ食品を食べた場合には、「ブレスケア」を飲むことで、お腹の中のニオイを抑え、口臭ケアをすることができます。

【17】マウスウォッシュ(液体歯磨き)で口のなかをキレイにする

マウスウォッシュしている女性の写真

デンタルリンスGUM(ガム)、リステリン、システマのようなマウスウォッシュ(液体歯磨き)を使って、口のなかをキレイにして、細菌の繁殖を抑えることで、口臭予防ができます。

【18】食事で唾液をたくさん出す

食事の写真

口のなかの細菌を減らす為には、唾液をたくさん出すのが大切です。この為、食事では、硬いものを意識して食べたり、ひと口で20回以上、噛んで、唾液をたくさん出すと、口臭予防になります。

【19】水を飲んで口のなかの水分を増やす

コップに水が入っている写真

口臭の原因の1つは、口のなかの唾液不足です。唾液には、口のなかの洗浄、殺菌する効果があります。しかし、口の中が乾燥すると、細菌が繁殖します。この為、意識的に水を飲んで、口のなかを潤すと口臭予防になります。

【20】お茶を飲む

お茶の写真

緑茶、紅茶、ウーロン茶などのカテキやフラボノイドが入っているお茶は、殺菌効果があるので、口のなかの細菌の繁殖を抑えるので、口臭改善になります。

【21】ジェットウォッシャーで洗浄する

ジェットウォッシャーは、ジェット水流で、口のなかを洗うことで、食べかすを洗い流す「口腔洗浄器」です。

歯ブラシやデンタルフロスなどで歯と歯の間の汚れが十分に落とせない場合は、ジェットウォッシャーを使うと良いです。

【22】電動歯ブラシ

電動歯ブラシの致すと

手で、歯を磨くのが苦手な人は、電動歯ブラシを使うと、口のなかの汚れがキレイに落とせて口臭予防が期待できます。

電動歯ブラシには、「電動歯ブラシ」「音波歯ブラシ」「超音波歯ブラシ」などの種類がありますが、手で歯を磨くよりも歯がツルツルになり口臭対策がきたいできます。

ただし、完璧に歯と歯の間の歯垢をとることは出来ないので、デンタルフロスも必要です。

 
以上の通り、22個の、口臭予防、口臭改善の方法を紹介しました。
 

 

 
自分に合った方法を試して、口臭を解決しましょう!


まとめ

朝起きたときに、口のなかがネバネバする。人との会話で口臭が気になる。影で自分の口臭が話題になる。と言った様に、口臭が気になり、人との会話がコンプレックスになる人もいます。

そのような口臭の悩みを抱えている人は、まずは、ここで紹介している「口臭チェックの方法」で、本当に、口がクサイのかを確認しましょう。

そして、本当に、口臭が臭い場合には、ここで紹介している口臭の改善方法、予防対策を実践して、口臭解消を目指しましょう!