L-テアニンの一番の効能は、リラックス効果でが、その結果、集中力アップ集中力の持続といった効果があることが分かっています。


このようなL-テアニンの効果によって

  • 集中力を高める
  • 学習能力アップ
  • 記憶力のアップ
  • 仕事の能率を高める
  • ゴルフやボーリングのスコアアップ
といった様な効能が実験で確認されています。

 
実際に、L-テアニンを摂取することで、集中力がアップしていることやゴルフなどで検証したことで、その効果が証明されています。

 

 
集中力アップによる勉強や仕事、スポーツでの成績アップを目指すならL-テアニンがオススメ!

実際に、検証され、効果があるのが分かっているのがテアニンの凄いところです。

目次を紹介する女性と↓のイラスト

集中力アップの理由とは?

L-テアニンは、リラックス効果が確認されています。実際に、論文などでも検証が行われ脳内のα波が増していることが科学的に確認されています。

集中力が低下する仕組み

勉強仕事作業スポーツ長時間行うときは、L-テアニンを摂取するのが効果的です。
 
集中力が悪なるプロセスの図解
上記の通り、勉強や仕事、スポーツなどを行うと、飽きて、ストレスがたまり眠くなり、意欲が低下して、最終的に集中力の低下になります。

仕事や試験など、長時間、極度の緊張状態が続くと、集中力が落ちて、普段では行わないミスをする場合があります。

これは、仕事や試験の最中は、長時間、緊張状態が続いているので、ストレスがかかっている状態が続いています。このようなすとれすがかかっていると、ヤル気や意欲を高めるドーパミン、または、精神を安定させるセロトニンが減ってしまいます。

すると、ヤル気が低下して、不安感や焦りが抑えられて集中力が低下します。

テアニンが集中力をアップ・維持する!?

L-テアニンのリラックス効果で、本当に集中力がアップ、維持するのかについてテストが行われています。

実際に、L-テアニンを摂取することで、集中力が1時間も良くなっていることが分かりました。

※上記の紫色の線は、有効成分を含まない錠剤のことです。
※出典:東山ら:日本健康支援学会発表要旨集(2002)

視覚実験の内容・結果

L-テアニンの視覚実験は、特定の数字が画面に表示されたらボタンを押す実験です。

視覚実験の正答率が15分後には120%程度、60分後には130%と、長時間、集中力が向上する。

実験結果は、L-テアニンを摂取してから15分後に効果があらわれ60分後でも成績が良いことが確認されています。

聴覚実験の内容・結果

L-テアニンの聴覚実験では、特定の音が聞こえた場合に、素早くボタンを押すといったものです。

聴覚実験による反応時間の変化比率によると摂取後、15分で10%程度アップ、30分、40分後には、8%~3%程度になるが、60分後には、10%程度に集中力がアップして、反応率がよくなっています。

実際に、L-テアニンを摂取すると、15分後から反応時間が短くなり60分経過しても集中力の維持ができていることが分かりました。

スポーツでも成績アップ効果がある!?

ゴルフのドライバーショットとパットをする女性のイラスト
L-テアニンの集中力は、スポーツにおいても、その効果があることが分かっています。

実際に、ゴルフドライバーショットパットで、L-テアニンの摂取前と摂取後での実験が行われています。
 

■ドライバーショットのブレ実験
テアニン摂取後のドライバーショットの試験結果

■パットの成功率実験実験
テアニン摂取後のパットの成功率の試験結果

参考サイト:テアニン情報センター

※出典:Proceedings Abstracts International Symposium on Food,Nutrition and Healht for 21st Century 38-51,Dec.7-8,2001

 
上記のゴルフの実験では、男女のアマチュアゴルファーの19人に、300mgのテアニンを入れた機能性ドリンクを飲んで行っています。

ドライバーショットのブレ実験の内容と結果

L-テアニンの摂取前と摂取後では、ドライバーのショットの左右のブレが少なくなっています

 
具体的なL-テアニンのドライバーショットの左右のブレは、

  • 摂取前:6.72度
  • 摂取後:5.44度
といった感じに、ブレが少なくなっています。

 
もしも、ゴルフをしている場合には、少しでもスコアアップをしたい場合には、L-テアニンを摂取するのがオススメです。

パットの成功率実験実の内容と結果

L-テアニンの摂取前、摂取後のパットの実験は、2.5mの距離のパットで、カップインの成功率がアップしています

 
実際に、L-テアニンを飲んでのパットでの実験は、

  • 摂取前:36.6%
  • 摂取後:50%
といった感じに、カップインの成功率がアップしています。

 
もしも、ゴルフのパッドが苦手な人、ラウンドが進むにつれてミスが増える人は、L-テアニンの摂取で、維持できる集中力を長く伸ばすとスコアアップが期待できます。

ゴルフ以外のスポーツでも効果が期待できる!?

テニスとボーリングをする女性のイラスト

ゴルフでの実験で、L-テアニンを摂取すると集中力の維持が長時間できるので、スコアアップができることが分かりました。

このスポーツのスコアアップは、「テニスのサーブ」、「ボーリングのストライク」など、様々な集中力が必要なスポーツでも効果が期待できます。

まとめ

L-テアニンは、ドーパミン、セロトニンを増やす作用もあり、脳の興奮を抑え、リラックスさせることができるので、集中力を高め、ヤル気をアップすることができます。

人間が集中している時は、リラックスしている状態で、α波が出ています。

テアニンにはα波を増やす効果があるので、リラックスすることで、集中力を高めることで記憶力や学習能力の向上、スポーツのスコアアップといった効果が期待できます。

 

右向きの青い矢印のアイコン食事での摂取を考えているならコチラ
>> 食品で効果的にテアニンを摂取する方法

 

右向きの青い矢印のアイコンサプリメントで摂取するならコチラ
>> L-テアニンのサプリメントの一覧紹介