1月4日(再放送:1月10日)のガッテン!は、「プリン体じゃなかった!尿酸値を下げる秘策SP」です。

尿酸値が高くなると痛風になる危険性が…!?

現在では、尿酸値が高い人は、中高年に限らず若い人にも高尿酸値の人も増えている状況です。

尿酸が高い人は1000万人もいるとも言われています。

※今回の出演者

  • 司会:立川志の輔さん
  • アナウンサー:小野文恵さん

※今回のゲスト

  • 和田アキ子さん
  • 藤井隆さん
  • 大島麻衣さん
  • ※語り

  • 山寺宏一さん

 
今回のガッテンでは、スッと尿酸値を下げる方法が紹介されます。

その方法は、家の冷蔵庫にはいっているある食品がポイントです。しかも、たった1週間でも絶大な効果が期待できます。
高尿酸値で、尿酸値が高くて痛風になる恐れがある人は、必見です。

 

 
尿酸値をスッと下げ体ですか!?

今回のガッテン!では、1週間でも、効果が絶大な方法が紹介されます。

しかも、家の冷蔵庫にあるモノを使うので簡単に利用できます。

目次を紹介する女性と↓のイラスト

ガッテン!で紹介された「尿酸値を下げる方法」

高尿酸値の人、必見の尿酸値を下げることで、痛風予防をしたい人に、オススメな方法は、番組の放送をお楽しみください。
 

痛風になるぐらい尿酸値が高い人は病院に行きましょう!

尿酸値が異常に高くて、痛風になるぐらい人は、病院に行って、医師の診察を受けましょう。

特に、痛風の発作が起こったことがある人は、薬で尿酸値を調整するモノもあるようなので、医師に相談すると良いです。
 
その上で、運動や食事など、生活習慣を見直して、尿酸値が高くならない生活を実践しましょう。

一般的な尿酸値を下げる方法とは!?

一般的に言われている、「尿酸値を下げる方法」としては、どのような方法があるのかを紹介します。

 
ここでは、具体的に尿酸値を下げる方法としては、

  • 軽い運動をする
  • 水分をシッカリととる
  • 食事で尿酸値を下げる
  • 効果的に尿酸値を下げる
と言った様な方法を紹介します。

 
それぞれの尿酸値を下げる方法を順番に紹介します。もしも、痛風になる恐れがあるなら参考になると思います。

運動で「尿酸値」を下げる方法

尿酸値を下げるためには、運動はいい方法です。

ただし、尿酸値を下げる運動は、間違った方法をすると逆効果になるので注意が必要です。

オススメな運動

具体的な、オススメの運動を紹介します。

 
実際に、尿酸値を下げる運動としては、

  • 軽いジョギング
  • ウォーキング
  • 軽めの水泳
  • 軽い山登り
  • 軽いゴルフ
などの有酸素運動がオススメです。

 
基本的に、軽い運動をするといった点がポイントです。

運動時の注意点

運動をする場合は、注意点があります。

尿酸値を下げる運動としての注意点は、大量に汗をかく運動は避ける必要があります。

大量に汗をかいたら、体内の水分が減ると尿酸が結晶化して痛風などの発作を起こす可能性があるので注意が必要です。

運動前、運動後は、シッカリと水分補給をしましょう。
 
もしも、より効率的に尿酸値を下げたい場合には、運動と他の方法を併用すると良いです。

水を飲んで「尿酸値」を下げる方法

尿酸値を下げたい場合には、手っ取り早いのが水分を多くとる方法です。

水分を多く取って、尿の量を増やして、尿を出すと、体内の尿酸も排泄することができます。

この為、水分を多く取ることで、腎臓からの尿酸の排泄が良くなり、尿酸値を下げる効果が期待できます。

尿の量を増やすのがポイント

尿酸の約7割は、尿から排泄されます。

この為、尿酸値を下げたい人は、1日に2リットルぐらいの水を飲むと良いです。

水以外に飲んでもいいモノとは!?

水分補給の基本は、「水」です。

水以外にも

  • 麦茶
  • 緑茶
  • ウーロン茶
のようなお茶も飲んでも大丈夫ないようです。

飲んではダメな飲み物とは!?

飲み物を間違えると、尿酸値が上がるので注意が必要です。

具体的に飲まない方が良い飲み物としては、

  • 糖分を含むソフトドリンク
  • アルコール
になります。

糖類を含む飲み物は、栄養の摂り過ぎになるので、尿酸が上昇するので避けたいです。

また、アルコールは、体内で尿酸を作り、尿酸の排泄を抑制するので注意が必要です。

水分補給はこまめに分けて飲むのが基本

1日に2リットルの水を飲むからと言って、1度に500mlなど大量の水を飲むのではなく、

  • 起床時
  • 食事
  • おやつを食べる時
  • 仕事や勉強の途中
  • 入浴前後
  • 運動の前後
  • 寝る前
といった様に、色々なタイミングで、こまめに飲む方が良いと言われています。

特に、汗をかいて、体の水分が出た後は、体内の尿酸値が上がってしまうので、水分補給を心がける必要があります。

食事を注意して「尿酸値」を下げる方法

尿酸値は、食事で食べる物を意識するだけでも効果が期待できると思います。

食事の食べ物を意識すると、尿をアルカリ性に傾けることによって、尿酸値を下げることができます。

 
具体的に尿酸値を下げるのに良い食べ物としては、

  • 海藻類
  • 野菜類
  • イモ類
  • 果物類
  • その他の食べ物
と言った様なモノがあります。

 
それぞれ、どのような食べ物があるのか?具体的に下記で紹介します。

海藻類

昆布ワカメひじき

食事に海藻類を取り入れる場合には、味噌汁や海藻サラダsなどにすると良いです。

野菜類

ほうれん草キャベツナスカブアスパラ大根ニンジンごぼう

野菜の多くは、アルカリ性なので、意識して食事に取り入れたいものです。

イモ類

里芋ジャガイモさつまいも

イモ類も尿酸値を下げるためには良いみたいです。

果物類

りんごバナナグレープフルーツミカンメロンさくらんぼいちごブルーベリー

果物は、尿をアルカリ化する作用と合わせて、尿酸値を下げる効果があるビタミンCが含まれています。ただし、果物には糖分も入っているので、摂り過ぎは注意が必要です。

その他の食べ物

ニンニク大豆干しシイタケ

ニンニクには、「アホエン」という成分が含まれており、尿酸値を下げる働きがあります。

効果的に尿酸値を下げる方法【まとめ】

尿酸値を下げるためには、食事や運動などを併用して、体質改善を行うのが大切です。

いくら医師に良い薬を出してもらったとしても、体質が悪くなっていると本質的な改善は難しいです。

この為、軽い適度な有酸素運動を行いつつ、食事を注意する必要があります。