夜にヨーグルトを食べる効果とは?

ヨーグルトは、食べるタイミングによっても期待出来る効果が変わってくると言われています。ここでは、夜にヨーグルトを食べた場合には、どのような効果が期待出来るのかを紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

夜に食べるヨーグルトの効果とは?

ウエストを計る女性の写真

ヨーグルトを食べると美肌ダイエットに効果的だと言われています。
 

夜にヨーグルトを食べると美肌やダイエットに良い理由

夜にヨーグルトを食べると、なぜ、美肌やダイエットに効果的であるのかを紹介します。夜の22時から朝の2時の4時間は、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」であると言われています。

この為、夜に22時から2時までの間にヨーグルトを食べてから寝ていると寝ている間に腸内環境が改善されるのでダイエット効果なども期待出来るという訳です。

夜にヨーグルトを食べる時のポイント

指さしをする女性の写真

ヨーグルトを夜、食べる場合には、どのような点を注意するのが良いのか?より効果的に夜のヨーグルトが取れるポイントを紹介します。

  • 夜に200グラムのヨーグルトを食べる
  • 毎日体重を測る
  • 昼食を食べ過ぎたら晩御飯で調整する
  • ホットヨーグルトにして食べる
  • 砂糖より蜂蜜やオリゴ糖がオススメ


夜ヨーグルトダイエットを成功させる為のポイント

夜に200グラムのヨーグルトを食べる

腸のゴールデンタイムに合わせて、夕食後に以降に食べるヨーグルトの量は200グラムが基準です。ダイエットを考える場合には、カロリーを考えて砂糖などは入れずにプレーンタイプのヨーグルトがオススメです。ヨーグルトを200グラム食べるとお腹にかなりくるので、晩御飯は少し減らしておくのがポイントです。また、食事は、寝る3時間から4時間以上前には終わらせておくのがポイントです。

毎日体重を測る

体重は毎日、決まった時間やお風呂上り、寝る前など決まったタイミングで計るようにしましょう。毎日体重計に乗ってカレンダーなどに体重を記載するだけでもダイエットをしている意識がたかまり痩せやすくなります。

昼食を食べ過ぎたら晩御飯で調整する

昼ご飯を沢山食べて、晩御飯も沢山食べていると、さすがに夜ヨーグルトダイエットをしても痩せることはできません。この為、昼ご飯を食べ過ぎたら晩御飯はヨーグルトだけにしたり量を減らす工夫は必要です。また、から揚げなどの脂っこいモノは昼食で食べるようにしましょう。晩御飯に脂っこいモノを食べると太りやすくなります。これは夜食べたモノはカラダに吸収されやすいからです。

ホットヨーグルトにして食べる

ダイエット目的でヨーグルトを食べる場合には、ホットヨーグルトにするのがオススメです。冷たいヨーグルトを食べるとカラダが冷えて代謝が落ちます。この為、代謝を落とさないためにもホットヨーグルトがオススメです。

ホットヨーグルトの作り方

ヨーグルトの加熱方法は、湯煎をするのがオススメですが、面倒な場合には、電子レンジで600Wで60秒、500Wで70秒程度を目安に暖めるのがオススメです。暖め過ぎないように注意しましょう。ラップはしません。また、暖める前にヨーグルト100mlに対して大さじ1杯の水を入れます。

砂糖より蜂蜜やオリゴ糖がオススメ

ヨーグルトは、甘くしないと食べれない人は、砂糖を入れるのはやめましょう。蜂蜜かメープルシロップを大さじ1杯入れます。私は、腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖を蜂蜜の変わりに使っていました。また、蜂蜜を使う場合は美肌効果も期待できます。

ダイエット以外にも期待出来る夜ヨーグルトの効果

ヨーグルトの写真

夜にヨーグルトを食べる場合は、ダイエット効果以外にも期待出来る効果があります。

  • 骨粗しょう症の予防
  • 二日酔いの防止効果
  • より良い睡眠
  • 虫歯を予防する効果
  • ストレス性の胃痛の緩和


骨粗しょう症の予防

夜寝ている時間帯に、骨は形成されるのですが、夜にヨーグルトを摂ることによって、ヨーグルトに含まれるカルシウムが吸収されることで、骨粗しょう症の予防効果が期待できます。

二日酔いの防止効果

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌は腸内環境の改善や便通の改善をすることは有名です。このような効果以外にもヨーグルトは、肝臓の働きを助ける効果もあります。この肝臓の働きを助ける効果で二日酔いの予防や改善なども期待できます。

より良い睡眠

快適な睡眠に誘う成分としてメラトニンがあります。ヨーグルトには、メラトニンが微量ながら入っています。このメラトニンを摂取しておくことで、リラックス効果があるので熟睡できる効果が期待出来ます。

虫歯を予防する効果

虫歯や歯周病の原因になる菌に、ジンジバリス菌やミュータンス菌と言った悪玉菌があります。ヨーグルトに入っている乳酸菌は、これらの悪玉菌の増殖を抑える事が出来るので、虫歯予防の効果が期待できます。もちろん、虫歯予防効果がヨーグルトにあっても歯磨きは必須です。

ストレス性の胃痛の緩和

胃が弱く、ストレス性の胃痛がある人の場合には、夜に分泌量が増える胃酸が原因で、胃痛が起こりやすくなります。ヨーグルトには胃酸から胃を守ってくれる効果も期待できます。

ヨーグルトダイエットをより効果的に行う方法

ダイエット目的で、夜にヨーグルトを食べた場合には、寝る前に腸の動きを活発にする「腸ストレッチ」をするのがオススメです。

腸ストレッチの方法

腸ストレッチの方法は、頭の上で腕を交差させて、てのひらを合わせます。その状態で、腸を意識しながら胴体を左右に曲げたり大きく回すだけです。

ヨーグルトをダイエット目的で食べる時の注意点

夜にヨーグルトを食べると腸内環境が良くなって、ダイエット効果が期待できます。とはいってもヨーグルトは基本的にカロリーが高いので、食べ過ぎはNGです。また、美味しく食べたいからと、砂糖を入れたり、フルーツを入れるのもカロリーが高くなるので注意が必要です。

この為、20分程度のウォーキングや半身浴、食事を気を付けるなど、無理しないで継続できる範囲で、ヨーグルトダイエット以外にも取り入れるのがオススメです。

ヨーグルトの効果をアップするレシピと飽きさせない為のレシピ

ヨーグルトは、カロリーを考えた場合には、無脂肪や低脂肪を選び、いつもプレーンを利用すると、毎日同じ味だと飽きてきます。ここでは、せっかくヨーグルトを食べるなら、飽きさせずに、より効果的にできるレシピを紹介します。

生姜の皮をむいてすりおろしたモノをトッピングする

生姜を加えると体温を温める効果が期待できます。

シナモンパウダーを振りかけて食べる

シナモンパウダーには代謝アップの効果が期待できます。

スライスしたアーモンドをトッピングする

スライスしたアーモンドと一緒に食べると便通促進効果が期待できます。

塩を入れたヨーグルト

水切りをしたヨーグルトにプレーンヨーグルト450gに対して、小さじ2分の1の塩をアゼルとクリームチーズのような味わいになります。

ヨーグルトよりももっと簡単に腸内環境を改善する方法

腸内環境を乳酸菌のチカラによって改善することが出来るのがヨーグルトの効果ですが、毎日、継続してヨーグルトを食べ続けないと、その効果も期待できません。

ヨーグルトは、頻繁に買いに行くのが面倒、食べるのが面倒、冬は寒くて食べれないと言ったような、継続して食べ続けることが出来ないとダイエットや便秘の解消など、目的の達成、悩みの解決は不可能です。

そのような場合には、わざわざヨーグルトを食べなくても乳酸菌サプリメントを使うと簡単に続けやすいです。 

ヨーグルトの効果についてはコチラ

 

関連記事

 

腸内環境を良くする方法

腸内環境をよくする方法【まとめ】