ピーリングとは何なのか?どのような事を行い、どういったメリット、デメリットがあるのか?初めて興味を持たれた人の為に、「ピーリングとは何か?」を基本的な事から幅広く紹介します

ピーリングを使うと「お肌が綺麗になった」、「たまご肌になった」という良い面もあります。しかし、ピーリングとは何も知らずに使うと、お肌がボロボロに…って事もあるので、注意点についても軽く紹介します。

※補足
ここでは、「ピーリングとは?」という基礎的な事を幅広く理解してもらえる内容にしています。効果的な使い方、種類、注意点や副作用など、さらに詳しい内容については、別途、専門のページを用意して紹介したいと思います。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

ピーリングとは?

ピーリングとは、皮膚の表面の古い角質を取り除くことで、お肌のターンオーバーを正常にする角質ケアの方法の一種です。

ちなみに、ピーリングという言葉は、英語の『PEEL』が語源とも言われ、「皮をむく」、「剥がす」と言った意味からできた言葉です。この語源を見ると分かりますが、お肌の表面の皮膚を剥がす事が目的の肌ケアの方法です。

皮膚を剥がすというと怖いイメージもあるかと思いますが、皮膚というのは何層にもなっており、一番古い皮膚は、肌の表面で自然と垢(アカ)として剥がれていきます。

垢として剥がれる少し前の古い皮膚を取り除くというのがピーリングで行っている事です。

ピーリングが角質ケアに有効な理由

ピーリングとは、何かを理解して行っている手
お肌のターンオーバーというのは、一般的には、28日周期で行われていると言われます。

しかし、このターンオーバーは、加齢とともに新陳代謝が衰える事で遅くなります。具体的には、30代や40代になると45日の周期になるとも言われています。
 
例えば、赤ちゃんの肌は、白くで柔らかいですよね。でも、年を取ってくると肌は硬くなり、シミやくすみが出てきます。

若いときは、お肌のターンオーバーが正常に行われ早いので、メラニン色素の沈着などで出来たシミやくすみは、早々に垢として剥がれてしまいます。
 
しかし、年齢を重ねて、お肌のターンオーバーが遅くなると、シミやくすみは、なかなか垢として剥がれません。この結果、年齢と共にシミが増えるということにつながります。

このように、ピーリングを行うことで、皮膚表面の古い角質を取り除くことが出来るので、若い綺麗な肌を表面に出すことが出来ます。

お肌の荒れ、ニキビなどにも効果的…!?

ピーリングで、皮膚の表面の古い角質を取り除く事で、肌荒れやニキビ、シミ、くすみなどの改善にも効果が期待できます。

特に、お肌のターンオーバーが遅れるだすと、古い角質が肌の表面に残ってしまいます。この古い角質が残る事によって、肌荒れを起こしていたり、ニキビの原因になる場合があります。
 
このような場合は、ピーリングを行い、古い角質を取り除き、お肌のターンオーバーを正常に保つことで、お肌の悩みが解消するのに効果的です。

ただし、何も知らずにピーリングを必要以上に使ったり、ピーリング後のスキンケアを怠ると、お肌がボロボロになる事もあるので注意は必要です。

何も知らずにピーリングを使うとお肌がボロボロに…

ピーリングとは何かを知らずに乾燥肌に使った時のイメージ写真

皮膚の表面の古い部分を取り除いて、美肌が手に入るということで、喜んで頻繁にピーリングを行う人もいるかと思います。

しかし、ピーリングを行う事によって、皮膚の表面を強制的に取り除いている状態です。その為、皮膚が薄くなっているので、外からの刺激にも弱い状態になっています。
 
自然に垢として剥がれて出てきた皮膚というのは、外からの刺激にも耐えられるようになっていると思いますが、強制的に肌の表面にだされた皮膚は弱いです。

その結果、ピーリングを行った後は、今まで以上に紫外線や乾燥、チリ、ホコリなどの外からの刺激には敏感になります。

ピーリング後のスキンケアは重要

ピーリングジェルを使った後のスキンケアをする女性のイラスト
ピーリング後は、今まで以上にお肌のスキンケアをシッカリと行い、肌を乾燥させない事が重要です。さらに、紫外線の影響も受けやすくなるので、日焼け止めもいつも以上にシッカリと塗るなどの対策が必要です。

スキンケアでお肌のお手入れを怠ると、ピーリング直後は、お肌がスベスベになったとしても、その後、お肌が乾燥しやすくなったり、外からの刺激で、赤くなったり、できものが出来やすくなる可能性もあります。
 
また、紫外線対策を行わずに、外出すると、今まで以上に、紫外線によるダメージを受けることになるので、肌が赤くヒリヒリしやすくなります。この他にも紫外線の影響を受けやすくなるので、メラニンが増えてシミが増えてしまう場合もあります。

この為、ピーリングを行った後は、シッカリとスキンケアと紫外線対策を行う必要があります。

ピーリングにも種類がある

ピーリングの種類としては「化学的な反応を使うモノ」、「物理的に剥がすモノ」と言ったような2種類に大きく分類することが出来ます。

化学的な反応を使うモノ

化学的な反応を使うモノには、酸性の薬剤を使って、皮膚の表面の古い角質を取り除く方法です。

物理的に剥がすモノ

物理的なモノというのは、工業用微小ダイヤモンドソルトマイクロクリスタルレーザーなどを使って古い角質を取り除く方法です。

ピーリングとは何かを調べると色々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがありるのが分かります。自宅で行う場合には、基本的に危険性が低い「化学的」なモノを使うと良いです。

「物理的」なモノは、効果が高いのですが、危険性も高いので、クリニックなどの専門的なところで行う方が安全です。

まとめ

ピーリングとは、皮膚の表面の古い角質を取り除く、角質ケアの一種です。

上手に使うと、お肌のターンオーバーを正常にしてくれるので肌トラブルの予防や改善、美肌を目指すこともできます

ピーリングとは、オススメな美容方法ですが、使い方によっては、逆効果になる事もあるので正しい使用方法を心掛ける必要があります。