市販のピーリング剤を利用する事によって、シミやシワ、くすみ、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、ニキビなどのお肌の悩みを日々のスキンケアに、気軽に取り入れる事が出来ます。

ピーリングを行うことで、お肌の表面を削ることで、古い角質を取り除くことが出来るので、お肌のターンオーバーを正常にすることが出来ます。

この為、お肌のターンオーバーが正常に行われなくなった人が、市販のピーリング剤を、日々のスキンケアに取り入れるのがオススメです。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

お肌のターンオーバー改善が効果的な症状

市販のピーリング剤を使うのがオススメな人は、下記のような症状がある人です。

  • シワ
  • シミ
  • くすみ
  • たるみ
  • 毛穴の黒ずみ・開き
  • ニキビ
  • ニキビ跡

 
ただし、上記のよな症状が出ていても全ての人が市販のピーリングが効果がある訳ではありません。ここでは、どのような人が市販のピーリング剤を使うのがオススメかポイントを紹介します。

『シワ』で悩む人にオススメなピーリング活用

シワが出来る原因には、「乾燥」と「肌のハリ」の2つの原因があります。乾燥と肌のハリが無くなった事により、シワが出来た場合には、普段のスキンケアにピーリングを取り入れるとお肌の状態を良くする効果が期待できます。

乾燥で出来るシワ

「乾燥」が原因でできているシワは、本当に薄いシワで、ちりめんジワのようなシワです。乾燥が原因であるかを見分ける方法は、お風呂に入った後に消えているかどうかです。お風呂上りに消えているシワは、肌の乾燥が原因です。

浅いシワの改善方法

乾燥で出来ている薄いシワの場合には、保湿をシッカリと行います。保湿化粧品の浸透が悪い場合には、適度にピーリングを行い、古い角質を取り除くのも効果的です。ただし、極度に乾燥が酷い場合には、市販のピーリング剤を使うと、乾燥がひどくなる可能性があるので、注意が必要です。

肌のハリが無くなって出来るシワ

肌のハリが無くなることによって出来るシワは、お風呂に入っても残っているシワです。特に深いシワが出来ている場合で、ほうれい線のようなシワで、加齢によって出来ることが多いです。

お肌のハリを与えているのは、コラーゲンです。人間の肌には、肌表面の表皮、肌の奥の真皮に分かれていますが、真皮の部分には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸があり、肌の弾力を維持しています。
 
この肌の奥の真皮の部分のコラーゲンの量が減る事によって、肌の弾力が失われると、皮膚が紙のように薄く硬くなります。この結果、顔の表情でシワが出来やすい部分にシワが出来ます。

シワが出来やすいのは、「みけん」、「額」、「口元」、「目元」などです。深いシワが出来てた場合には、コラーゲンの減少が原因である可能性があります。

深いシワの改善方法

お肌のシワに悩んでいる人で、深いシワが出来ている場合には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使うのがオススメです。

ビタミンC誘導体をお肌に浸透させることで、肌内部のコラーゲンの生成を促進します。もしも、ビタミンC誘導体は、ヒリヒリして刺激が強うので苦手だという人の場合には、ナイアシンが配合されている化粧品を使うと良いです。

ナイアシンは、抗酸化作用が強く血行を促進させる効果があるので、肌内部のコラーゲンを増やすのに効果的です。

ピーリングも併用すると、効果的

さらに、ビタミンC誘導体やナイアシンなどの化粧品を、シッカリとお肌に浸透させて、その効果を実感したい場合には、肌表面の古い角質を取り除くのがオススメです。

特に、30代も超えて、肌のターンオーバーが遅れてきているような人の場合には、皮膚の表面が古い角質で覆われて硬くなっています。その為、若いときと比べると化粧品の浸透が悪くなっています。

この為、市販のピーリング剤を定期的に使った後に、ビタミンC誘導体やナイアシンが配合されている化粧品を使うと、シッカリと肌に浸透するので、シワを消す為の効果が期待できます。

『シミ』で悩む人にオススメなピーリング活用

シミにもいくつか種類があります。大きく分類すると下記の5種類です。

  • 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
  • 炎症性色素班(えんしょうせいしきそはん)
  • 肝斑(かんぱん)
  • そばかす(雀卵斑)
  • 脂漏性角化症

 
シミと言っても色々な種類があります。

ピーリングが効果的なシミとは?

市販のピーリング剤を使うと何らかの効果が期待できる『シミ』の種類は下記の3種類です。

  • 老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
  • 炎症性色素班(えんしょうせいしきそはん)
  • 肝斑(かんぱん)

 
そばかす(雀卵斑)については、日焼けにより、色が濃くなった部分については、市販のピーリング剤を使うことで、多少は期待できますが、根本的に治すのは治療が必要です。

脂漏性角化症の場合は、市販のピーリング剤での改善効果は難しいです。

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)とは?

老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)とは、太陽光の紫外線が原因でメラニンが生成される事で出来るシミです。

シミが出来る原因の一番多いケースです。紫外線による肌細胞へのダメージが原因なので、まずは、日焼け止めを使うなど、新しいシミが出来ないように予防が大切です。
 
また、美白化粧品など、新しいシミが出来ないような化粧品も使うと良いです。

また、メラニンの生成を抑えて、シミを薄くすることができるハイドロキノンやお肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を行う、レチノ酸が配合されているクリーム、さらに、市販のピーリング剤なども効果的です。

炎症性色素班(えんしょうせいしきそはん)とは?

炎症性色素班(えんしょうせいしきそはん)とは、ニキビや虫さされ、怪我などによって、皮膚の表面に炎症を起こすことで出来るシミです。

特にニキビや虫刺されが出来たとき手で触ってしまった場合に出来やすいです。その上に、日焼けをして紫外線を浴びることで、シミが濃くなります。
 
この他にも日々のスキンケアで、毎日、コットンを使っていたり、ゴシゴシ顔を洗顔している人、マッサージを受けるのが好きな人というのは、強い擦るような刺激を続けていることでシミが出来やすいです。

また、使っている化粧品が肌に合っていなくて、肌で炎症が起こっている事によって色素沈着が起こるケースもあります。
 
このように肌への刺激を続けていることで、肌内部でメラニンの生成が起こり出来てしまうのが炎症性色素班です。

炎症性色素班の予防とケアの方法

炎症性色素班が出来た場合には、まずは、炎症を起こしている原因を突き止めて、今後、刺激を与えないように注意する必要があります。

そのうえで、出来てしまったシミが濃くならないように、紫外線対策を行います。
 
次に、美白化粧品でスキンケアを行いつつ、市販のピーリング剤などを活用して、肌のターンオーバーを促して、出来たシミを垢として排出すると良いです。

より効果を期待したい場合には、ビタミンCをイオン導入器で肌の奥まで送り込む事によって、より効果的な改善が見込めます。

『肝斑(かんぱん)』で悩む人にオススメなピーリングの活用

肝斑は、女性ホルモンの乱れが原因でできるシミです。肝斑は、筆でサッと書いたように出来るシミで、頬や額、鼻の下などに左右対称にできるのが特徴です。

肝斑は、美白化粧品と市販のピーリング剤を合わせて使うと効果的です。また、肝斑の治療方法としては、有効な内服薬も出ているので、医師に相談して使ってみるのも良いです。

『脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)』で悩む人にオススメなピーリングの活用

脂漏性角化症は、イボのように盛り上がったシミです。加齢や紫外線の影響で、皮膚の構造が変化することで出来ます。80歳以上の人は、多くの人が出来ているシミです。

脂漏性角化症は、紫外線の影響も原因なので、日頃からのUV対策が重要です。本格的にシミを消したい場合には、レーザー治療や液体窒素による凍結治療を行う事になります。

『そばかす(雀卵斑)』で悩む人にオススメなピーリング活用

そばかすは、遺伝的要因で出来るシミで、子供の時からできるケースもあります。シミの出来る位置は、鼻の周りや背中、腕、手の甲などにできます。思春期に出来て、消えていくのは遺伝的要素が原因のそばかすです。

そばかすが出来た場合には、紫外線対策を行わないと、そばかす部分が、より色が濃くなるので注意が必要です。日焼けによって濃くなったソバカスは、美白化粧品や市販のピーリング剤などを使うと早く、色を薄めることが期待できます。
 
この時に大切なのが、日焼け止めなどのUV対策をシッカリと行うことです。UV対策をしないと、日差しを浴びることでメラニンの生成が活発になるので、そばかすが、さらに濃くなるので、美白化粧品や市販のピーリング剤を使っても効果がでない事になりかねません。

なお、そばかす事態を消す為には、レーザー治療なが効果的だと言われています。しかし、レーザー治療できれいにそばかすを消しても再発する可能性もあるので、専門医にシッカリと相談することが大切です。

『くすみ』で悩む人にオススメなピーリングの活用方法

「くすみ」には、出来る原因によって市販のピーリング剤が効果的かどうかは違ってきます。
くすみの種類は、「メラニンくすみ」、「角質くすみ」、「血行不良くすみ」、「乾燥くすみ」、「糖化くすみ」などいくつもあります。

この中で市販のピーリング剤が効果を期待できるのは、「メラニンくすみ」、「角質くすみ」です。

メラニンくすみが出来る原因

メラニンくすみは、日焼けによる紫外線の刺激や肌荒れ、ニキビなどによって、肌内部でメラニンが排出されることによって出来るくすみです。基本的にシミと同じですが、シミが特定の場所の肌の色が濃くなる場合です。くすみとして現れる場合は、広い範囲に薄くシミが出来ている場合にくすみとてして認識されます。

角質くすみが出来る原因

角質くすみは、肌が硬くなり、ごわごわしている感じになっているケースです。洗顔をした後は、一時、明るくなったように感じるのですが、時間の経過とともにクスミが戻ってきます。

この角質くすみは、くすみの中で一番多くの人がなるくすみです。

「メラニンくすみ」、「角質くすみ」のケア方法

「メラニンくすみ」は、紫外線対策を行い、新しいシミやくすみができないようにしつつ、お肌のターンオーバーを促進して、出来てしまったくすみを排出する事に専念すると良いです。

「角質くすみ」は、肌の表面が硬くなっているのが原因です。肌の表面が硬くなっている原因は、古い角質が垢として剥がれおちていないのが原因です。

以上のように、「メラニンくすみ」、「角質くすみ」の場合は、市販のピーリング剤を利用して、肌の表面の古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを促進することで、肌のくすみの改善をはかるのがオススメです。

その他のくすみの対策

「血行不良くすみ」は、蒼黒く不健康な顔色になっているのが特徴のくすみです。人によっては目の下にくまが出来ている場合もあります。これは血行が悪いのが原因です。今の生活に、食事や適度な運動、半身浴、マッサージ、ツボの指圧などを取り入れると良いです。

「乾燥くすみ」は、朝、お肌のお手入れを行った後は、肌は明るい感じになるが、午後になると肌の乾燥と共に、くすんで見える場合です。肌のくすみが原因なので、基本的には保湿に優れた美容液や乳液を活用します。

肌の保湿効果を根本的に改善させるためには、セラミドやヒアルロン酸が配合されている化粧品を使うのがオススメです。

『たるみ』で悩む人にオススメなピーリングの活用方法

たるみには、「お肌のたるみ」、「毛穴のたるみ」の2種類で、市販のピーリング剤を使うと効果が期待できるのかを紹介します。

「たるみ」が起こる原因

皮膚のは、「表皮」と「真皮」があります。「表皮」は文字の通り、皮膚の表面にあり、その下に「真皮」という皮膚があります。

お肌のたるみの原因は、真皮部分にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少したり変性して硬くなる事です。

このように、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが減ったり、硬くなると、肌全体が垂れ下がってしまいます。

お肌のたるみとは?

肌内部のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが硬くなったり、減ることで、肌の弾力が維持できなくなることで、たるみが現れます。

毛穴のたるみとは?

たるみ毛穴も、基本的に肌のたるみと原因は同じです。肌がたるむと、自然に毛穴が広がって開いて見えるのが毛穴のたるみです。

お肌のたるみ、毛穴のたるみのケア方法

お肌のたるみ、毛穴のたるみを改善させたい場合には、肌内部のコラーゲン量を増やす化粧品を活用するのがオススメです。

コラーゲン量が増えることで、肌のハリが戻るので、自然とたるんだ肌にハリを取り戻すことができます。

肌内部のコラーゲン量を増やす効果が期待できる成分は、ビタミンC、ナイアシン、レチノールです。これらが入っている化粧品を使うといいです。
 
さらに、より効果を出したい場合には、ビタミンC誘導体をイオン導入ができる美顔器を使って肌の奥まで届ける方法です。イオン導入は、普通に手で塗った場合と比べると20倍の浸透効果があると言われています。

さらに、ビタミンC、ナイアシン、レチノールの化粧品を使う前に市販のピーリング剤を使うと、より肌に浸透しやすくなるのでオススメです。

『毛穴の黒ずみ・開き』で悩む人にオススメなピーリングの活用

毛穴が開いて黒くなるのは、「皮脂の分泌が多い」、「加齢で皮膚のコラーゲンが減少」というような原因があります。

皮脂の分泌が多い

皮脂の分泌が多いと、毛穴に皮脂が詰まり、閉じなくなり、毛穴の黒ずみの原因になります。皮脂が多く出る人は、遺伝的に男性ホルモンが多い人、脂っこいモノを好んで食べる、ストレス、睡眠不足などが原因です。

毛穴に皮脂や角質が詰まっている状態で紫外線を浴びると、皮脂や角質が酸化して黒くなります。これが、毛穴の黒ずみの正体です。
 
毛穴の黒ずみを改善したい場合には、まずは、酵素洗顔料など、皮脂をキチンと取り除く出来る洗顔料を利用します。

そのうえで、市販のピーリング剤を使って、肌のターンオーバーを促進することで、肌内部のコラーゲンを増やして、毛穴の引き締めを狙います。

加齢で皮膚のコラーゲンが減少

皮膚内部のコラーゲンは、年齢の経過とともに減少します。その為、皮膚のハリが無くなり、たるみを起こします。皮膚がたるんでくると自然に毛穴のたるみもうまれてきます。

毛穴が開いている状態では、中に何もない状態でも影で黒く目立ってしまいます。

この為、加齢で肌のハリが失われたことが原因で、たるみ毛穴が出来ている人の場合には、肌内部のコラーゲンを取り戻すスキンケアが必要です。
 
その為に大切なのが、ビタミンC、ナイアシン、レチノールを配合している化粧品です。おれらの成分が配合されている化粧品を使うことで、肌内部のコラーゲン量を増やすことで、肌のハリが戻れば、自然と毛穴の開きがなくなります。

この時に、よりビタミンCやレチノール、ナイアシンを肌に浸透させたい場合には、市販のピーリングを使い、肌表面の古い角質を取り除くのがお勧めです。

『ニキビ』で悩む人にオススメなピーリングの活用

ニキビが出来る原因は、広い意味では、生活習慣やストレス、スキンケアなど色々なモノが原因だと言われています。

 

ニキビが出来る原因

  • 毛穴のつまり
  • お肌のターンオーバーの遅れ
  • 肌の表面に古い角質が残っている
  • 汗や髪の毛などの刺激
  • シャンプーやトリートメントの洗い残し
  • ダイエットなどの栄養の偏り
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 界面活性剤などの刺激
  • 化粧品が合わない
  • 髭剃りの刺激

 
具体的には、上記のように色々な事がニキビが出来る原因になっています
 

ピーリングが効果的な『ニキビ』とは?

この中でも「毛穴のつまり」、「お肌のターンオーバーの遅れ」、「肌の表面に古い角質が残っている」が原因でニキビが出来ている場合には、市販のピーリング剤を利用すると、ニキビの改善が早くなるケースがあります。

皮脂の分泌量が多いと、毛穴が蓋された状態になります。また、皮脂の分泌量が多くなくても、お肌のターンオーバーが遅れたり、何かしらの原因で、毛穴の色口の角質が厚くなることで毛穴を防いでしまうことで、皮脂が詰まることでニキビが出来ます。
 
毛穴が詰まると、毛穴の中でアクネ菌が過剰に増殖します。アクネ菌は、油分を養分にして成長するので、皮脂の分泌が激しい場合には注意が必要です。

この為、大量に分泌される皮脂や古い角質を取り除くために、市販のピーリング剤を活用するのはオススメな方法です。
 
市販のピーリング剤を使うことで、お肌のターンオーバーを整える事によって、古い角質を取り除くことができるので、毛穴が詰まりにくくなるので、ニキビの改善が期待できます。

このように、市販のピーリング剤を利用することで、ニキビ予防に使うことが出来ます。

『ニキビ跡』で悩む人にオススメなピーリングの活用方法

ニキビ跡には、「赤くなるニキビ跡」、「紫いろや茶色のシミになるニキビ跡」、「クレーター状になるニキビ跡」などがあります。

「赤くなるニキビ跡」、「紫いろや茶色のシミになるニキビ跡」のニキビ跡は、洗顔、化粧水、乳液、美容液などで、ビタミンC、セラミド、ヒアルロン酸などを含む化粧品でスキンケアを使うと良いです。
 
クレーター状になるニキビ跡については、自宅で行うセルフケアは、かなり時間がかかります。早く治したい場合には、美容皮膚科などの専門の治療が必要です。

美容皮膚科で医師の治療を受けると、最新の治療方法を利用すると、昔は治らないと言われていたクレーター状のニキビ跡も改善が期待できます。
 
もしも自宅で改善をしたい場合には、お肌のターンオーバーを正常にするのがお勧めです。その為に、市販のピーリング剤を活用するのも1つの方法です。

まとめ

市販のピーリング剤を利用することで、改善することが出来るのは、「お肌のターンオーバーを促進する」、「皮膚表面の古い角質を取り除く」です。
 
基本的にお肌のターンオーバーが遅くなると、本来は垢として剥がれるべき角質が、剥がれおちずに残ることで、古い角質が分厚くなります。

この為、肌内部のメラニンを排泄する作用も悪くなるので、シミやくすみも出来やすくなります。
 
また、古い角質で、皮膚の表面が厚くなることで、毛穴を塞いでニキビができたります。

また、お肌のターンオーバーが遅れて、肌の新陳代謝が悪くなっていると、肌の奥のコラーゲンの生成能力も落ちている場合があります。
 
この為、肌のたるみ、毛穴のたるみなどの原因にもなります。

このような症状を、肌のターンオーバーを改善することで、改善を試みる時に役立つのが市販のピーリング剤です。