お肌が荒れている人など、肌トラブルを抱えている人が、ピーリングを活用して美肌を目指す場合に参考になる情報を紹介します。

肌荒れなどの肌トラブルが起こる原因は、細かく見る色々とあると思います。その中でも多くの人の肌トラブルに関係しているのは肌の乾燥です。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

様々な肌トラブルの多くは、お肌の乾燥による潤い不足!?

肌荒れやシミ、シワ、肌のくすみ、ニキビ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみと色々な悩みがありますが、肌トラブルや悩みを解消したい場合には、根本的な乾燥肌対策を行うのがオススメです。

肌トラブルを根本的に改善する為に大切な事

様々な肌トラブルを根本的に改善させたい場合には、「お肌のターンオーバーを正常に保つ」、「肌の潤いを保つスキンケアを行う」と言った2つのポイントを改善するのがオススメです。

    【根本的に肌トラブルを改善する方法】

  • お肌のターンオーバーを正常に保つ
  • 肌の潤いを保つスキンケアを行う

 

お肌のターンオーバーを正常に保つ

30代、40代と年齢と共にでてくる肌トラブルは、お肌のターンオーバーが遅れているのが原因かもしれません。

日々、皮膚は、肌の奥から新しい細胞が生み出されています。その為、古い皮膚は、垢として剥がれおちることで、綺麗な肌が保たれています。若いときは、肌のターンオーバーがスムーズに行われているので、肌の入れ替えがスムーズに行われて肌が綺麗です。

年齢と共にお肌のターンオーバーは遅くなる

年を取ると、身体の新陳代謝が落ちて、肌の入れ替えが遅くなるります。その結果、古い皮膚(古い角質)が肌の表面に残るので、肌が硬くなります。

古い角質が残っていると、皮膚に出来たシミ、くすみ、くま等が垢として剥がれおちずに残るので、目立ってきます。毛穴の開きや黒ずみも、古い皮脂が残っている事で、毛穴が詰まりやすくなるので、起こりやすくなります。
 
もしも、年齢的な問題で、お肌のターンオーバーが遅れているのが、お肌の様々なトラブルの原因になっていると感じる場合には、ピーリングがオススメです。

ピーリングを行い、古くなった皮膚の表面を削ることで、お肌のターンノーバーを正常に促す効果が期待できます。

肌の潤いを保つスキンケアを行う

お肌が乾燥している状態では、肌を守るバリア機能が低下している可能性があります。

元々、肌というのは、そとからの乾燥、日差し、チリ、ホコリ、花粉などの様々な刺激から守ることが出来るように作られています。

その為に活躍しているのが、汗腺から出る汗(水分と)皮脂腺から分泌される皮脂(油分)によって作られる天然のクリームです。この天然のクリームが外からの刺激を防いでいます。

しかし、肌が乾燥すると、この天然のクリームが減っている場合があります。このような時には、肌に潤いを与える適切なスキンケアが大切です。

肌が乾燥していると肌トラブルを起こしやすい

お肌が乾燥していると、外からの刺激に弱くなる事で、シワやニキビ、吹き出物など様々な肌トラブルを引き起こす可能性があります。

また、肌の乾燥がひどくなると、乾燥から肌を守ろうと皮脂の分泌量が多くなり、その結果、毛穴の開き、毛穴の黒ずみなどの原因にもなります。

乾燥しているお肌は、色々な肌トラブルを招きかねないので、普段のスキンケで改善を心みるのがオススメです。

洗顔・クレンジングのやり過ぎが問題の原因の場合もある

肌を綺麗にしたいと思い、洗顔やクレンジングを朝晩、一生懸命行っている人は、肌が乾燥する危険性があります。

何度も洗浄力の強い洗顔やクレンジングで洗うことによって、肌を守る為に必要な皮脂まで落としてしまい、逆に肌を弱くしているケースもあります。

皮脂の分泌が少ない、普通の人

皮膚の分泌が少ない人、または、普通の人というのは、朝の洗顔は、ぬるま湯ですすぐ程度で大丈夫です。

皮脂の分泌量が多い人

夜、お風呂で綺麗に皮脂を取り除いたのに、朝目が覚めたら、もう皮脂が凄い状態という人は、朝晩、洗顔やクレンジングを行います。

ただし、朝は、Tゾーンなどの皮脂の分泌量が多い部分のみです。他の部分はぬるま湯ですすぐ程度にします。

このように、洗顔のし過ぎで肌の乾燥を起こしている可能性があるので、心当たりがある人は洗い過ぎには注意です。

洗顔後のスキンケアが重要

洗顔を行った後は、肌の皮脂や汗などの天然のクリームが無くなっている状態です。ここで、化粧水や美容液を使い、お肌に栄養を与えて、その後、乳液やクリームで蓋をして肌が乾燥しないようにするのは必須です。

洗顔後、何もスキンケアをしない場合には、天然のクリームが無くなった状態になるので、凄く肌が乾燥しやすい状態になっています。特に、冬など乾燥している時期は、お風呂上りなどは、1秒でも早く保湿をしないと、どんどん、肌から水分が蒸発するので注意が必要です。

肌の水分補給だけでは潤いのある美肌は取り戻せない!?

肌が乾燥している人の場合には、具体的には、肌の乾燥は、普段の化粧水、美容液で水分や栄養を与えて、乳液、クリームで蓋をすると言ったスキンケアを行う人が多いと思います。

しかし、この方法では、乳液やクリームでいくら蓋をしても、どうしても肌の水分が抜けて乾燥しやすくなります。

肌の水分量をキープする「セラミド」

セラミドは、人間の肌の角質層にある成分で、紫外線やチリ、ホコリなどの刺激から肌を守る機能と、肌の潤いを保つ機能があります。

皮膚の角質層にある細胞はブロック状に並んでいます。このブロック状に並んでいる細胞の間には、細胞間脂質があります。

細胞間脂質によって、角質層の細胞を硬く固めることで、外からの刺激や乾燥から守っています。

セラミドは細胞間脂質の50%もしめる保湿のカギ

この細胞間脂質の50パーセントを占めているのが「セラミド」です。この為、セラミドの量が減ると、肌に潤いや弾力、ハリが無くなり、お肌の水分保持やバリア機能が低下します。

セラミドは、肌内部で作られる保湿成分ですが、20歳の時点を100パーセントとすると、50歳時点では約半数まで減ってしまう物質です。

この為、セラミドが減少すると、肌の水分を保つことが出来なくなるので、シワ、くすみ、カサツキ、肌荒れ等の肌トラブルが目立ち始めます。

「セラミド」配合の化粧品を使おう!

肌の乾燥が気になっていて、化粧水や美容液でお肌に栄養を与え、乳液やクリームで蓋をして保湿をすると言ったスキンケアを行っているなら、是非とも「セラミド」が配合されている化粧品を利用するのがオススメです。

セラミドを補うことで、肌が自然と水分を保持することが出来る量が増えるので、肌の乾燥を防ぐことが出来ます。

その結果、紫外線や細菌、アレルギー源などの外からの刺激にも耐えられるお肌になり、肌トラブルの悩みから解消へと近づけます。

お肌のターンオーバーを整えれば自然にセラミドも増える!?

セラミドは、お肌のターンオーバーによって作られます。お肌のターンオーバーによって、肌の細胞が新しく生まれてくる時にセラミドも生まれてきます。

この為、お肌の乾燥を防いで、新しくて綺麗な肌を維持したいと思った場合には、お肌のターンオーバーを正常に保つことが重要になります。

もしも、加齢によりお肌のターンオーバーが遅れていると感じた場合には、ピーリングを活用すると良いです。すると古い角質を取り除く事が出来るので、お肌のターンオーバーを正常な周期に導くことが出来ます。

まとめ

加齢とともに現れる、肌荒れなどの肌トラブルを抱えている人は、お肌のターンオーバーが遅くなっている可能性があります。

お肌のターンオーバーが遅くなると、古い角質が皮膚表面に増えるので肌トラブルが起こりやすくなります。

そのような場合は、ピーリングを適度に行うことで、お肌のターンオーバーを正常に保つことで、肌トラブルを改善する効果が期待できますが、ピーリングの行い過ぎは逆効果になるので注意が必要です。