ゴマージュとピーリングは、どんな違いがあるのか?どういった点が違うのかについて紹介します。

ピーリングもゴマージュも、その効果は、古い角質を取り除くという意味では同じです。この為、ゴマージュとピーリングは、混同されやすく、違いが分からない人も多いと思います。

ここでは、「成分による違い」や「語源から分かるゴマージュとピーリングの違い」と言った点からの違いya
、「ゴマージュとは?」、「ピーリングとは?」と言ったそれぞれの特徴も紹介しています。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

ピーリングとゴマージュは何が違うのか?

ピーリングとゴマージュの違いは何か?調べてみました。

成分による違い

ゴマージュとピーリングの成分による違いを見ていきます。ゴマージュは、天然のハーブやヒマワリなどの植物の種が原材料になっています。ピーリングは、リンゴやレモン、牛乳、ワインなどの天然のモノが原材料となっています。

語源から分かるゴマージュとピーリングの違い

ピーリングの意味は「皮をむく」です。ゴマージュは、日本語で「スクラブ(Scrub)」です。「スクラブ(Scrub)」は、「ゴシゴシこする」と言う意味です。

ピーリングは、酸性の薬剤で溶かして角質を剥がします。ゴマージュはハーブやヒマワリの種など天然成分を細かく砕いたモノで、擦って角質を取り除きます。

このように、使われている成分によって、古い角質の取り方が、ゴマージュとピーリングの違いです。
 
ゴマージュの成分のハーブの写真

ゴマージュとは?

ゴマージュの表記は「gommage」で、語源はフランス語で、「やさしく削ぎおとす」や「こする」という意味になります。ハーブや植物の種、ソルト、こんにゃくなどを細かくした天然の粒子を使って、物理的に角質を落とす方法です。

ゴマージュの語源の意味が「こする」と言うことからも分かりますが、擦って角質を落とす方法です。

ゴマージュは、エステや美容皮膚科で行う方法と自宅で行う方法があります。

エステや美容皮膚科で行うゴマージュとは?

30年ぐらい前は、エステのメニューとしてゴマージュもありました。ゴマージュをエステで行うためには、繊細な技術が必要で、エステティシャンの育成に時間がかかります。

その為、エステのメニューとしては、ゴマージュを行っているところは減っているのが現状です。

自宅で行うゴマージュとは?

最近では、ピーリングと同じように、自宅で気楽に使えるゴマージュが販売されています。ピーリングと同様、擦り過ぎたり、頻繁に使用しすぎると、肌を痛めるので、正しい使い方を心がけましょう。
 
ピーリングの原材料の果物の写真

ピーリングとは?

ピーリングの英語表記は「peeling」で、その意味は「皮をむく」、「剥がす」です。

成分については、ピーリングは酸です。ピーリングは、大きく分類すると「酸で溶かす方法」と「物理的に取り除く方法」の2つに分けることが出来ます。

ピーリングは美容皮膚科やエステなどで行うモノと自宅で行うモノに分類することが出来ます。

美容皮膚科やエステで行うピーリングとは?

ピーリングは、エステや美容皮膚科の専門店で行われるのが、ケミカルピーリング、レーザーーピーリング、ダイヤモンドピーリングなどがあります。

ケミカルピーリングは強力な酸を使って、化学的な反応を使って角質を剥がします。

レーザーピーリングは、光を使い、ダイヤモンドピーリング、クリスタルピーリングはダイヤやクリスタルの粉で剥がしていきます。

自宅で行うピーリングとは?

自宅で行うセルフピーリングのは、「AHA(アルファヒドロキシ酸)」は、天然のフルーツに含まれているフルーツ酸を使ったピーリング剤です。

具体的にはリンゴやサトウキビ、ミルク、ワインなどのフルーツを使っているモノが多いです。

まとめ

ゴマージュとピーリングの違いについて調べてみました。ゴマージュは擦るという意味ですが、最近では、ピーリングジェルとして販売されているモノでも擦って角質を落とすモノもあります。

この為、擦るかどうかでのピーリングとゴマージュの違いは分かりにくいです。実際に人気の「ロゼットゴマージュ 角質つるつるこするジェル」は、ゴマージュなのに「フルーツ酸」で角質を取り除いています。

実際にピーリングやゴマージュの化粧品を購入する場合には、「ゴマージュ」や「ピーリング」の言葉は意味が無く、使われている成分をチェックしないと判別は難しいです。以上がゴマージュとピーリングの違いです。