スキンケアしすぎ、洗顔のしすぎが肌トラブルの原因と言われます。具体的に乾燥肌、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、くすみなどの肌トラブルが起こる原因は、洗顔などのスキンケアのしすぎという場合があります。

特にスキンケアの中でも洗顔のしすぎは、肌を綺麗にするどころか、逆に肌を乾燥させてしまい、様々な肌トラブルの原因になります。

ここでは、スキンケアのしすぎが、なぜ悪いのか?また、もしも、洗顔などのスキンケアのしすぎであった場合には、どのような対処方法があるのか?を紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

『スキンケアのしすぎ』が原因のケースとは?

毛穴の角栓の詰まり、毛穴の黒ずみや毛穴の開きなど、お肌のトラブルの原因は、スキンケアがキチンと出来ていなくて、清潔にできていないのが原因では?と思われる人が多いと思います。

もちろん、スキンケア不足も乾燥肌や毛穴のトラブルの原因になりますが、スキンケアをしすぎているのが原因で、肌トラブルが起こる場合もあります。

色々なスキンケアを試しても解決できない人は、「スキンケアのしすぎ」が原因である可能性を一度、疑ってみましょう。

なぜ、スキンケアのしすぎが悪いのか?

ここからは、なぜ、スキンケアのしすぎが悪いのかを紹介します。

  • 皮脂や汗は、本来、肌を守るもの
  • 洗顔は適度に行えば良いが、過度は肌の乾燥を招く
  • 乾燥すると肌はどうなるか?
  • 皮膚が薄くなるとどうなるか?

 
上記の一覧の内容を説明していきます。

皮脂や汗は、本来、肌を守るもの

人間の皮膚というのは、元々は、スキンケアなど行わなくても肌を守る機能が備わっています。

それが皮脂と汗です。皮脂(油分)と汗(水分)が混ざり合うことによって、皮膚の表面に天然のクリームが出来て肌を乾燥から守っています。

しかし、ストレスや食事などの生活習慣、体質によって、皮脂量が増えすぎると、毛穴を塞いでしまい、ニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどの肌トラブルの原因となります。

その為、適度に洗顔をすることで、皮脂や汚れを落とす必要があります。

洗顔は適度に行えば良いが、過度は肌の乾燥を招く

洗顔は、適度に行うと、過度の皮脂や汚れを取り除くことが出来るので、お肌を清潔に保つことができます。また、お肌のターンオーバーを正常にたもち、美肌を維持する効果も期待できます。

しかし、皮脂や汚れを落とすことを意識しすぎて、洗顔をしすぎた場合には、肌を守るために必要であった皮脂も洗い流してしまいます。

その結果、洗顔のしすぎで肌に元々あった、皮脂と汗で出来ている天然のクリームが減少して肌が乾燥しやすくなります。

乾燥すると肌はどうなるか?

皮膚の構造のイラスト
肌が乾燥している状態が続くと、お肌のターンーオーバーがくるい、まだ未熟な細胞が肌の表面の表皮に出てきます。

その結果、肌本来持っている機能である「バリア機能」、「保湿機能」を十分に働かすことが出来なくなります。

肌の「バリア機能」とは?

角質細胞のイメージ図

肌の表面は、角質細胞と言った細胞が重なることによって角質層ができています。この角質層は、わずか0.02mmと言った、サランラップほどの薄さで出来ています。

この薄い層で、乾燥やチリやホコリなどの刺激物質、ウイルスや細菌などの外的刺激から肌を守っています。

肌の「保湿機能」とは?

角質細胞間脂質のイメージ図

皮膚の表面の表皮では、水分の蒸発を抑えています。さらに、表皮では、表皮の角質細胞の間を埋めている角質細胞間脂質というものがあります。

この角質細胞間物質は、角質細胞の間を埋めるように存在しています。この角質細胞間脂質があることで、肌の水分保持をし乾燥を防いでいます。
 
このように、肌が乾燥して、お肌のターンオーバーがくると、肌の「バリア機能」と「保湿機能」が低下することによって、肌荒れ、ニキビ、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどの肌トラブルを引き起こします。洗顔などのスキンケアのしすぎがお肌のバリア機能、保湿機能の低下の原因になる事もあります。

洗顔・スキンケアのしすぎの人の改善方法

もしかして、洗顔やクレンジングをしすぎていたかも?と思われる人にオススメな改善方法を紹介します。

洗顔やクレンジングをしすぎている人は、まずは、下記の点を注意しましょう。

  • 洗顔料やクレンジングは夜のみ使う
  • 朝はぬるま湯のみで顔を洗う
  • 刺激の強い化粧水や美容液は使わない
  • ピーリングなど刺激のあるモノは当分行わない
  • スキンケアの保湿はシッカリと行う

 
それぞれ、なぜかを下記で説明します。

洗顔料やクレンジングは夜のみ使う

洗顔やクレンジングは、しすぎると良くないので夜のみ行います。朝、メイクして外出して帰ってくると、チリやホコリ、汗など色々な汚れが皮膚や毛穴についています。それを夜、シッカリと汚れを取り除きます。

シッカリと言っても、ゴシゴシ洗うような刺激を与えてはいけません。肌に優しい成分の洗顔料をよく泡立てて、泡で顔をなでるような洗顔を心がけます。

※敏感肌、乾燥肌が激しい場合
洗顔は、しすぎを予防するために基本的に夜のみがオススメですが、敏感肌や乾燥肌が激しい人は、洗顔料を使うのは2日~3日に1度にしても良いです。

ただし、メイクをしている場合は、洗い過ぎに注意して、メイクは毎晩、キチンと落とすようにしてください。メイクが残るとお肌に悪いです。

朝はぬるま湯のみで顔を洗う

朝は、朝はぬるま湯のみで顔を洗います。夜、汚れが落とせている人なら、それほど汚れと言うものは付いていません。

だから、ぬるま湯で顔を洗うのがオススメです。冷たい水で顔を洗うのは、刺激が強い可能性があるので避けたいです。

刺激の強い化粧水や美容液は使わない

今までの洗顔やクレンジングのやり過ぎで、皮膚が薄くなり弱っている状態では、肌への不要な刺激は避ける必要があります。

その為、化粧水や美容液、乳液、クリームなど、肌につけるモノは、すべて刺激がないモノを使います。

最低限、バラペンや合成香料、鉱物油、タール系色素など、不要なモノが入っていない化粧品は選びたいです。

ピーリングなど刺激のあるモノは当分行わない

ピーリングなど、お肌への刺激が強いモノは当分行わない方が良いです。まずは、お肌が自然に回復するまで我慢しましょう。

ある程度、改善するまで期間がかかるのを意識して、気長に頑張りましょう。

スキンケアの保湿はシッカリと行う

洗顔をしすぎている人は、肌が乾燥しやすく敏感になっています。その為、乾燥している肌には、肌の潤いを保つために必要な成分であるセラミド配合の化粧品がオススメです。

そして、お肌に栄養を与えたら、保湿を入念に行い、乾燥を防ぎましょう。

お肌のターンオーバーを意識して長期戦で頑張る

お肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)は、20代で28日と言われています。そして、40歳にもなると45日になるとも言われます。

年齢の経過とともに、身体の新陳代謝が低下するので、お肌のターンーオーバーが遅くなるのは仕方ないことです。

この為、お肌の状態を改善したい場合には、お肌のターンオーバーの期間が最低限、必要になります。その為、改善が見えだすまで最低でも1ヶ月、2ヶ月以上はかかると思っておくと良いです。
 
実際には、お肌のターンオーバーが1回では改善しないケースがあります。この為、自慢の美肌になるまでは、半年、1年と気長に頑張りましょう。

焦ってしまうと、また、スキンケアのしすぎになるので注意しましょうね!

まとめ

スキンケアの中でも特に、洗顔やピーリングをしすぎると、肌を守るために必要な「肌のバリア機能」と「肌の保湿機能」が低下する事になります。

その結果、ニキビ、吹き出物、毛穴の開き、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしている可能性もあるので、スキンケアは、適度に行うようにしましょう。スキンケアしすぎ、洗顔のしすぎが肌トラブルの原因になるので注意しましょう。