毎日のスキンケアの中でも基本となる洗顔とクレンジングでは、肌の汚れやメイクを落とす大切な作業です。

もしも、メイクや汚れが残っていたら、肌はどうなるのか?洗顔やクレンジングをしない場合に、どのように肌トラブルにつながるかを紹介します。

 
目次を紹介する女性と↓のイラスト

洗顔、クレンジングで汚れが落とし切れていない場合

朝、ファンデーションや日焼け止めをして1日生活すると、肌や毛穴には、皮脂や古い角質、汗、チリやホコリなど色々な汚れが付いています。

洗顔やクレンジングで、毎日、キチンと汚れを落とせていれば問題ないです。しかし、毛穴の黒ずみやニキビに悩まされている人は、毛穴の汚れがキチンと落ちていない可能性が高いです。

特にメイクは、昼間に簡単に落ちては困るモノなので、化粧品会社も必死に落ちないように作っています。

そのうえ、お昼休み、休憩時間、アフターファイブ前に、メイク直しをすると、かなり毛穴の奥までファンデーションが入っています。特に、粒の細かいパウダータイプのファンデーションは毛穴に入りやすいです。

 

メイク落としでメイクがキチンと落ちてるか試した事ありますか?

メイクをばっちりと決めた状態で、メイク落としを使えば、見た目は綺麗にメイクが落ちたように見えます。

しかし、ガーゼにエタノールをつけて拭いてみると分かりますが、結構、アイメイクなどがガーゼに付いたりします。(※エタノールを使うのは本当は駄目ですよ!)

 

汚れが残るとどうなるのか?

メイクや皮脂、古い角質などが毛穴に残っていると、ホコリやチリ、汗などど混じって角栓として毛穴を塞いでしまいます。

角栓がたまると、毛穴から白いニョキニョキ、プツプツと出てきて目立ちます。そこに紫外線が当たると酸化して、毛穴の黒ずみになります。

また、毛穴が塞がっている状態では、毛穴内部の通気性が悪くなり、ニキビの原因のアクネ菌が繁殖して、ニキビが出来やすい環境になります。

 

メイクをしたまま寝るのは厳禁

疲れ果てている時は、帰宅してそのまま寝てしまうという事もあると思います。翌朝、後悔すると思いますが、疲れと睡魔には勝てないですよね。

しかし、メイクをしている状態というのは、10時間以上です。長いと14時間と言うこともあると思います。このメイクをしている状態というのは、1日の汗や皮脂、チリ、ホコリなどが毛穴に詰まっている状態です。

元々、化粧下地やファンデーションをつけて毛穴を隠していますよね。毛穴が塞がるとどうなるか?

そんな状態で寝てしまうと、メイクや皮脂が酸化して、雑菌が繁殖することで、ニキビや肌荒れの原因と言うことですね。

特に、メイクというのは、ファンデーションが肌の油分や水分を吸収して、肌が乾燥しやすい状態になるので、肌トラブルにつながるので必ず落としてから寝ましょう。

 

日焼け止めを塗った日も注意

メイクだけではなく、日焼け止めもキチンと洗い流す必要があります。

日焼け止めは、紫外線から肌を守ってくれる強い味方です。紫外線のダメージを受けるとシワ、シミなど、肌老化の原因になります。光老化とも言われますね。

しかし、この日焼け止めも、特に、紫外線吸収剤が使われているタイプの場合は、紫外線を吸収するときに肌を酸化させる作用があるので、シミやシワの原因になるので要注意です。

 

クレンジングと洗顔は、肌に優しい

まずは、肌に優しい事が最優先です。そのうえで、汚れをキチンと落とせるモノを選びます。

汚れが綺麗に落とせても、肌への負担がかかると、「スキンケアのし過ぎ」の状態になり、逆に乾燥肌になる危険性があります。

肌に優しく、よく落ちるクレンジング、洗顔料を選択しましょう。

 

乾燥対策のスキンケアを行う

クレンジングと洗顔で汚れを落としたら、次は、乾燥を防ぐスキンケアを行います。

乾燥した肌には、化粧水で水分を与えれば良いと思っている人は多いと思います。肌の保湿を本質的に行うためには、肌自身が水分を肌にキープする力を上げる必要があります。

その為にオススメなのが「セラミド」です。セラミドは、肌の中にある成分で、水分をキープする力がある成分です。この為、セラミド配合の化粧品を使うことで、肌が今まで以上に水分を維持することが出来るようになります。

セラミドでお肌の水分保持力をアップしたうえで、化粧水で水分を与えて、乳液やクリームで保湿をするのがオススメです。

 

加齢・肌のターンオーバーが遅れている場合はピーリング

加齢により肌のターンオーバーが遅れると、皮膚の表面に古い角質が残ってしまいます。この古い角質が剥がれて毛穴を防いだり、シミやくすみの原因になることもあります。

今までスキンケアが不足していた場合は、加齢の時と同じように、古い角質が肌の表面にたまっている可能性があります。

このように古い角質がたまっている場合には、ピーリングを行い、強制的に古い角質を取り除くことで、ターンオーバーを促進することで、肌の生成サイクルを正常に戻すと、お肌が健康に、綺麗になります。

 

まとめ

皮脂や汗、チリ、ホコリなどの自然な汚れはもちろん、メイクや日焼け止めなど、余分な汚れは、毎日、キチンとクレンジングや洗顔で落としておかないと、肌荒れ、毛穴の黒ずみの原因になります。

コラーゲンやヒアルロン酸などお肌に良い成分を化粧水や美容液で与えるのも大切ですが、その前に、まずは、元になる肌自身の状態が悪いと、どうにもなりません。

毎日、洗顔、クレンジングを行い、汚れを落としましょう。皮脂やメイクが原因の汚れが肌トラブルは、洗顔とクレンジングを適度に行って改善するのがお勧めです。