顔のシワを消す方法として効果が期待できるレチノールとは、どのような特徴があり、副作用はどうか?美容液やクリームなどの化粧品を使う場合のポイントや注意点を紹介します。

まずは、クリームや美容液などの化粧品に限らず、レチノールとは、どのようなモノか?どのような効果や特徴があるのかを紹介します。

その後、顔のシワを消す方法として使える美容液やクリームなどの化粧品の選び方や使用方法で参考になる内容を紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

レチノールとは

レチノールとは、ビタミンAの別称で、ビタミンAアルコールやビタミンAアルデヒド、レチノイン酸など、色々な呼び方があります。科学的な呼び名はレチノイドです。

レチノールは、人間の体内にも沢山ある成分なので、アレルギー反応や抗原抗体反応などは比較的に少ないと言われています。

化粧品を探す場合には、脂溶性のビタミンなので、美容液やクリームの成分として使われる事が多いように感じます。

レチノール(ビタミンA)の効果・効能

レチノール(ビタミンA)の効果、効能は、細胞の分化や免疫機能の保持、視力の維持、皮膚と粘膜の維持など身体のいたるところで重要なビタミンとして使われています。

身体の様々な活動維持のために使われているレチノールですが、細胞の分化の保持や皮膚と粘膜の維持と言ったように皮膚にも関係していることから美容関連でも高い効果が期待できます。この為、顔のシワを消す方法としても利用ができます。

レチノールの美容効果とは?

レチノールの美容に関する効果をまとめると

  • 線維芽細胞の活性化
  • お肌のターンオーバーの促進
  • 抗酸化作用
  • 皮脂分泌の抑制

 
といった効果が期待できます。顔のシワを消す方法としても期待大です。

線維芽細胞の活性化

線維芽細胞とは、肌内部にある細胞で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸と言った肌のハリや潤い、弾力にかかわる成分を作っています。

加齢により線維芽細胞の働きが衰えると、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが減少するので、シワやタルミが出来ます。

そこで、レチノールなど、線維芽細胞の活動を活性化する成分を補うことで、肌内部のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の量を増やすことで、肌のハリや弾力を維持する効果が期待できるので顔のシワを消す方法として使えます。

お肌のターンオーバーの促進

肌が周期的に生まれ変わるのがお肌のターンオーバーです。お肌のターンオーバーを促進することで、綺麗な肌が肌表面に出てくることで、肌のハリや弾力アップ、シミやしわの軽減、防止が目指せるので顔のシワを消す方法でも使えます。

抗酸化作用

肌の老化の原因の1つが活性酸素です。雑菌などを殺菌する為に必要な活性酸素ですが、増えすぎると正常な肌細胞を傷つけるので肌老化の原因となります。

レチノールには、この活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、肌老化の防止に効果が期待できます。活性酸素はあらゆる肌老化の原因になるので顔のシワを消す方法にも大切です。

皮脂分泌の抑制

過剰に分泌される皮脂を抑制することで、脂性の肌の改善が期待できるので、化粧崩れで悩んでいる人に嬉しい効果です。また、過剰な皮脂が原因のニキビや毛穴の詰まり、開き、黒ずみなどの改善にも期待が持てます。

どのような肌トラブルに効果が期待できるのか?

レチノールの効果が期待できる肌トラブルとして知られているのが、

  • シワ
  • たるみ
  • 目の下のクマ
  • シミ
  • ニキビ跡

 
などの症状です。

お肌のターンオーバーを促進したり、肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果を考えると、顔のシワを消す方法であったり、上記以外にも効果が期待できる肌トラブルはあると思います。

なぜ、シワやシミに効果が期待できるのか?

レチノールがシワやたるみ、シミ、目の下のクマ、ニキビ跡などを消すと言ったような美容効果がある理由は、何でしょうか?

それが、皮膚の奥には、潤いやハリ、弾力を作っている「コラーゲン」、「エラスチン」、「ヒアルロン酸」という成分があります。この肌のハリや弾力を作っているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの生成を促進する効果がレチノールにはあります。

また、肌のターンオーバー(お肌の生まれ変わり)を促進する効果もあると言われています。顔のシワを消す方法として、コラーゲンやエラスチンは重要です。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進すると何が良いのか?

レチノールの効果の説明のための皮膚の断面図
肌内部の真皮では、コラーゲンが網目状になっており、このコラーゲン同士をエラスチンが繋ぎ止めています。このコラーゲンとエラスチンがスプリングの役目をすることで、肌の弾力やハリを保っています。

この為、コラーゲンやエラスチンが加齢により減少すると、皮膚のスプリング機能が低下するので、ハリ、弾力が失われ、タルミやシワの原因となります。

レチノールの美容液やクリームなどの化粧品を使うことで、肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成を助けることで、肌の潤いやハリ、弾力を維持することから、顔のシミを消す方法として効果が期待できます。

肌のターンオーバーを促進すると美容にどういいのか?

レチノールは、肌のターンオーバーを促進する効果があると言われています。肌のターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりです。

20代の頃は、肌のターンオーバーは約28日周期だと言われています。それが30代では約45日、40代では約55日と、加齢とともに肌の生まれ変わる周期が遅くなります。

すると、例えば、20代の若い時は、シミが出来ても約28日で垢として皮膚から剥がれ落ちていたのが、40代になり肌のターンオーバーが約55日と遅くなると、古い皮膚が肌に残っているので、シミが濃くなるわけです。

この為、お肌のターンオーバーを促進して、肌の生まれ変わりをスムーズにすることで、シミやクスミ、目の下のクマ、ニキビ跡と言った、肌のトラブルを、出来るだけ早く改善したり消す効果が期待できます。

レチノールの種類

レチノールは、シワやタルミ、シミなどに効果が期待できるので美容液やクリームなどの化粧品にも使われています。

この化粧品に使われているレチノールには、大きく分類すると2種類あります。その種類とは、具体的には、

  • 純粋レチノール
  • レチノール誘導体

 
の2種類です。

この他に医療用として病院で医師に処方してもらう

  • トレチノイン

 
という種類もあります。

純粋レチノールとは?

純粋レチノールは、名前の通り他の成分が一切入っていない純粋なレチノールです。高濃度なので効果が高い分、値段も高くなる傾向があります。資生堂などでは、トライアルセットが用意されているので、純粋レチノールの効果がどうか?肌にあうのか?チェックできます。

レチノール誘導体とは?

レチノール誘導体は、パルミチン酸レチノールとも言われ、レチノールにパルミチン酸を結合して作られています。パルミチン酸は、牛脂やヤシ油に含まれている成分です。

レチノールとパルミチン酸を結合して「レチノール誘導体」になることで、従来のレチノールよりも肌への浸透力が増して、より高い効果が期待できるので、顔のシワを消す方法としても使えます。

医療用のレチノールのトレチノインとは?

トレチノインは、レチノールの50倍から300倍もの生理活性があると言われています。この為、シワやニキビ跡、毛穴の開きなど様々な肌トラブルに効果が高いと言われています。

トレチノインは、人間の血液中にも微量含まれていることからアレルギー反応や抗原抗体反応などのリスクも少ないとされ、アメリカではFDAに認可された治療薬として使われているので顔のシワを消す方法としては効果的です。

しかし、治療薬と言うことで、その効果が高い為に、使い方を間違えると、皮膚が赤く腫れたり、皮がむけるなどの肌トラブルや、奇形の子供が生まれる危険性、副作用もあると言われています。

この為、トレチノインを医師に処方してもらった場合には、正しい使い方をする必要があり、妊娠中の人は使用は控えましょう。

レチノール(ビタミンA)の副作用

レチノール(ビタミンA)は、シワやシミなどに効果が高いと言われています。顔のシワを消す方法としても効果が高いという事は、副作用もあるので使い方には注意が必要です。

具体的なレチノールの副作用としては、

  • 皮膚の炎症
  • 肌荒れ

 
が起こる可能性があります。

レチノールの化粧品の副作用で販売中止になった例もある

レチノールの化粧品を使った、肌荒れや皮膚の炎症と言った副作用が起こったことにより化粧品が販売中止になった例があります。その化粧品とは、第一三共ヘルスケアの「ダーマエナジー」というシリーズのレチノール化粧品です。

ダーマエナジーのレチノール化粧品に配合されていたレチノールは「レチノール誘導体」です。レチノール誘導体は、通常よりも浸透力が強いので、効果が高い分、効きすぎたことで、逆に肌荒れや皮膚の炎症を起こしたのかもしれません。

この為、レチノール配合の美容液やクリームを顔のシワを消す方法として使う場合には、必ずパッチテストを行うのがオススメです。もしも、肌荒れを起こした場合には、使用を控えましょう。

レチノール(ビタミンA)の使用時の注意点

レチノール(ビタミンA)は、特に「高濃度配合」、「高浸透力」と言ったような、効果がありそうな場合には、効きすぎるために、逆に肌荒れを起こす可能性があります。

この為、顔のシワを消す方法としてレチノールを使う場合には、敏感肌など肌が弱い人、または、使っていて肌がカサカサになるなど問題を感じた場合には使用を控えましょう。

顔のシワを消す方法としては、ビタミンC誘導体やナイアシンが配合されている化粧品を使っても効果が期待できます。

日光に当たると効果が弱まるレチノールの弱点

レチノールの弱点は、日光に当たることで、効果が弱まる点です。この為、基本的に夜のスキンケアで使うのがオススメです。

もしも、朝、顔のシワを消す方法として使いたい場合は、上からファンデーションをシッカリと重ねて、日差しから守る必要があります。

レチノール(ビタミンA)化粧品は美容液・クリームが多い訳とは?

レチノール(ビタミンA)は、油溶性なので、美容液やクリームなどの化粧品に入っている事が多いです。特に、アイクリームに配合されている事が多いようにも感じます。

顔のシワを消す方法として化粧品を探す場合には、美容液やクリームなどを探すと見つけやすいと思います。

まとめ

顔のシワを消す方法としてレチノール(ビタミンA)が配合されている美容液やクリームなどの化粧品の効果は、期待が持てますが、敏感肌などの肌が弱い人の利用は注意が必要です。