UV対策でパウダーファンデーションを使うと紫外線散乱剤の日焼け止めとしての効果も期待できます。

春から夏の暑い時期は、紫外線量が増える時期です。この時期にUV対策を行う場合には、日焼け止めは必須だと思います。しかし、日焼け止めを使うことで、肌に刺激を与えてしまいます

この為、肌が弱い人、敏感肌の人は、また、1日中、家や建物の中にいる日で、肌を休めたい人というのは、パウダーファンデーションを紫外線散乱剤の日焼け止めの代わりに使うことで、UV対策の効果が期待できます。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

パウダーファンデーションでUV対策として紫外線散乱剤の役目は出来るのか!?

パウダーファンデーションは、UVカット機能が付いていないモノでも紫外線を跳ね返す、紫外線散乱剤や紫外線反射材の効果が期待できます。

また、パウダーファンデーションの成分として酸化チタンやタルクといった成分が使われていることがあります。この酸化チタン、タルクというのは紫外線散乱剤としても使われている成分です。

この為、UVカット機能があると明記されていないパウダーファンデーションでも、酸化チタンやタルクの成分が入っていると紫外線をはじくUV対策の効果はあります。

UV対策に効果的なパウダーファンデーションの塗り方

UV対策の紫外線散乱剤や紫外線反射材としてパウダーファンデーションを日焼け止めの目的で利用する場合には、顔全体に塗った後に、さらに重ね塗りすると効果的です。

重ね塗りするのは、「シミが出来やすい鼻や頬」、「すでにシミが出来ている部分」になります。このような部分は、紫外線の影響を受けやすいのでシミが出来やすい部分です。

この為、初めに顔全体に塗った後に、さらに、入念に厚めにぬるとUV対策に効果的です。

パウダーファンデーションをUV対策に使うときの注意点

パウダーファンデーションは、UV対策として紫外線反射材や紫外線散乱剤として日焼け止めの代わりに使っても効果が期待できる事は理解してもらえたと思います。

しかし、パウダーファンデーションは、元々、日焼け止めの為に作られていないので注意点もあります。それが、日焼け止めと比べると汗や皮脂などの影響、時間の経過で落ちやすい点です。

その為、UV対策として利用する場合には、こまめにメイク直しとして塗りなおす必要があります。

日焼け止めを塗っても紫外線の影響を受ける人が多い!?

日焼け止めを塗ってUV対策をする人は多いと思います。しかし、日焼け止めの使い方を間違えているとパッケージに記載しているSPFやPAの効果が得られません。

具体的に使い方の間違っているケースとしては、日焼け止めの塗る量が少ない場合が多いようです。UV対策として、パッケージに記載されているSPFやPAの数値通りの効果を期待する場合には、顔全体で500円玉程度の日焼け止めを塗る必要があります。

しかし、実際に、500円玉くらいの量を塗ると、肌がベタつき乾くまでに時間がかかります。また、場合によっては白浮きすることもあるので大変です。

この為、結果的に日焼け止めを塗る量が少ないので紫外線の影響を受けて、シミやシワが出来るケースもあります。その為、日焼け止めを薄く塗っている人は、パウダーファンデーションを重ね塗りすることで、UV対策を追加で行うのがオススメです。

時間がない時、少しの外出にパウダーファンデーションのUV対策がオススメ!

ちょっとコンビニまで買い物に行くと言った少しの外出や、忙しくて時間がない場合など、いちいち日焼け止めを塗るのが難しい場合や面倒な時には、パウダーファンデーションを使うと良いです。

普段のメイクで利用するファンデーションをパウダータイプにするだけで紫外線散乱剤の代わりになるので、UV対策を意識しなくても紫外線予防が出来るので便利です。

パウダーファンデーションは肌への負担を軽減できる

パウダーファンデーションを紫外線散乱剤として利用すると、まったく肌への負担がないとは言えませんが、日焼け止めを塗ってからファンデーションを付けることを考えると、肌への負担も軽減されます。

特に紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは、紫外線を受けると皮膚の上で熱が発せられたりと、刺激が発生するので、肌への負荷がどうしても起こります。

この為、日焼け止めを利用する場合には、紫外線散乱剤や紫外線反射剤と言われているような反射するモノがUV対策としては、比較的に肌に優しくオススメです。

パウダーファンデーションは、普段のメイクでUV対策が出来るので、皮膚への刺激や負荷の軽減も可能です。

パウダーファンデーションなら塗り直しも簡単

紫外線散乱剤や紫外線反射材、紫外線吸収剤などの日焼け止めに限ったことではありませんが、紫外線が強い時期は暑い夏です。夏は汗をかくので、どうていも日焼け止めは落ちて薄くなります。

この為、日焼け止めは汗などでは落ちにくく作られています。しかし、1日中、外にいるような日は、日焼け止めの塗り直しが必須になります。しかし、メイクをしている場合は、日焼け止めの塗り直しも大変です。

この塗り直しを考えた場合にもパウダーファンデーションなら、簡単に塗り直しが出来るのでUV対策が簡単にできて便利です。

リッキッドタイプやクリームタイプのファンデーションでは駄目なのか?

ファンデーションは、パウダータイプ以外にもクリームタイプやリキッドタイプなどの種類があります。パウダータイプ以外では、UV対策の効果がないのか?と思われると思います。

もちろん、リッキッドファンデーションやクリームファンデーションでもUV対策の効果はありますが、パウダーファンデーションと比べると、顔料の密度が低くなるので、どうしても日焼け止めとしての効果が下がってしまいます。

まとめ

少しの外出や1日中自宅にいる時、冬や曇りの日など紫外線が弱くなる時期というのは、日焼け止めを塗るのが面倒であったり、日焼け止めによる肌への刺激を避けたい人もいると思います。

そのような場合には、パウダーファンデーションを紫外線散乱剤や紫外線反射剤の日焼け止めとして使いUV対策を行うのが簡単に出来てお手軽です。