サリチル酸ピーリングの効果や副作用を皮膚科や自宅通販で行う場合の特徴、注意点を紹介します。

ここでは、サリチル酸ピーリングとは、どのようなピーリングであるのかを紹介しつつ、美容皮膚科やクリニックで行う場合の効果や副作用、注意点も紹介しています。また、通販で購入して自宅で行う場合についても紹介しています。

美容皮膚科やクリニックと通販で自宅で行うサリチル酸ピーリングは、どちらを利用するのが良いのか?それぞれの特徴や効果、副作用、注意点について紹介するので、サリチル酸ピーリングを利用する時の参考になればと思います。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

サリチル酸ピーリングとは?

サリチル酸ピーリングは、グリコール酸ピーリングと並んで、ケミカルピーリングの代表的なピーリングの方法として知られています。サリチル酸ピーリングは、ケミカルピーリングなので、酸性の薬剤を使って、皮膚の表面を剥がす事によって行うピーリング手法です。

サリチル酸が利用されるのは、ピーリング以外では、皮膚の角質を柔らかくしたり、水虫の白癬菌を抑えたり、ニキビやイボ、ウオノメなどの治療に使われる成分でもあります。

サリチル酸ピーリングの種類

サリチル酸ピーリングの種類としては、

  • サリチル酸マクロゴール
  • サリチル酸エタノール

 
の2種類があります。

初めに出来たのがサリチル酸エタノールで、その欠点を克服する形で改良されてできたのがサリチル酸マクロゴールです。

サリチル酸ピーリングの効果とは?

サリチル酸ピーリングの効果としては、

  • シミ
  • にきび
  • にきび痕
  • 肝斑
  • 美白
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • たるみ

 
などに効果があると言われています。

サリチル酸ピーリングを使って、皮膚の表面を削ることで、シミやくすみは薄くなり美白を目指せます。そして、肌が薄くなった事によって、肌細胞が活性化するので、お肌のターンオーバーが促進されます。

お肌のターンオーバーが促進されることで、肌内部にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸と言った、肌のハリや潤い、弾力を保つのに必要な成分が活発に作られるようになるので、たるみ、シワなどの改善が期待できます。

さらに、お肌のターンオーバーが良くなると、今まで皮膚の表面に残っていた古い角質が原因で出来ていた毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、ニキビの改善効果が期待できます。
 
下記に、サリチル酸ピーリングの2つの種類の「サリチル酸マクロゴール」と「サリチル酸エタノール」の特徴や効果、副作用、注意点を紹介します。

サリチル酸マクロゴールの特徴と効果とは?

サリチル酸は、従来は、エタノールに溶かしてピーリングに利用されていました。しかし、肌への負担が強く副作用も起こりやすいことから、安全性を高める為にエタノールからマクロゴールに変えて出来たのがサリチル酸マクロゴールです。

サリチル酸ピーリングは、サリチル酸マクロゴールになり、安全性が増したことで、ケミカルピーリングでも多く利用されるようになりました。サリチル酸マクロゴールのピーリング効果は、角質層のみに浸透してとどまります。その為、肌の奥まで浸透して血液に吸収されることがないので副作用も少ないので安全に使えると言われています。

サリチル酸ピーリングの特徴としては、赤みが出にくく、肌への刺激が少なく痛くない点です。また、肌の回復が早い点もあります。しかし、肌の表面の角質層を溶かすことで、バリア機能が低下することから、施術後の保湿や紫外線対策は必須になります。

サリチル酸エタノールの特徴と効果とは?

サリチル酸エタノールは、欧米においてケミカルピーリングで使われていました。その浸透性に優れていることから高いピーリング効果が期待できます。しかし、痛みや炎症がでやすい点や皮膚の奥まで浸透して血液に吸収されることから起こる耳鳴り、頭痛、めまいなどの副作用が出ることでも知られていました。

特に、浸透力が凄いので、肌質的にも、日本人の皮膚には合っていないので注意が必要なピーリング方法です。基本的に、サリチル酸ピーリングを行う場合は、特別な理由がない場合は、サリチル酸エタノールを選ばずにサリチル酸マクロゴールにするのが普通の選択ではないかと思います。

サリチル酸エタノールをどうしても選んでピーリングをしたい場合は、美容皮膚科やクリニックの専門医に相談して決める必要があります。効果が高く、副作用があるので自宅では行わない方が良いです。

美容皮膚科やクリニックで行うサリチル酸ピーリングの特徴

サリチル酸ピーリングを美容皮膚科やクリニックで行う場合に知っておきたい特徴や効果、副作用、注意点を紹介します。ただし、美容皮膚科やクリニックでサリチル酸ピーリングを行う場合は、それぞれの専門医に詳しい説明を聞いて納得してから施術を受けてください。

ここで紹介している情報は、サリチル酸ピーリングを理解する為の手助けになる為に参考にしてもらえればと思います。

美容皮膚科のサリチル酸ピーリングの特徴・効果とは?

サリチル酸ピーリングは、皮膚の表面部分の角質層だけに作用する為、比較的安全に使うことが出来るので、美容皮膚やクリニックなどでケミカルピーリングとして主流になっています。

特徴としては、BHAの効果によって、美白効果や皮膚の再生に優れている点です。この為、くすみやシミ、たるみ、シワ、ニキビ跡、にきび、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなど幅広い肌トラブルへの改善効果が期待できます。

美容皮膚科、クリニックのサリチル酸ピーリングの副作用とは?

ケミカルピーリングと言うと、赤みが出て、ヒリヒリと痛いと言ったイメージがありますが、サリチル酸ピーリングの場合は、痛みが少なく、赤みが出たり、皮膚が剥げると言った肌トラブルが少ないのが特徴です。

いくつかの美容皮膚科やクリニックなどのホームページで、どのような副作用を注意する必要があるのかをチェックしてみましたが、特に目立った記載がないところがほとんどでした。サリチル酸ピーリングの副作用として起こる可能性があるのか?を調べると、1カ所のクリニックのみ掲載されいているのを発見しました。

比較的に副作用が少ないと言われているサリチル酸ピーリングですが、それでも起こる可能性がある術後の副作用としては、具体的には、

  • 赤み
  • 刺激、痛み
  • 肌の乾燥
  • 施術後に一時的にニキビが増える
  • 一時的な色素沈着によるシミができる
  • 腫れたり、水膨れ
  • ヘルペスやイボなどの感染症が起きやすくなる

 
と言ったような副作用が起こる可能性があるようです。

サリチル酸ピーリングを利用する前には、美容皮膚科やクリニックで施術を受ける前に、必ず医師に副作用や注意点を確認して納得してから利用するようにしましょう。

クリニック、美容皮膚科のサリチル酸ピーリングが利用できない人とは?

クリニックや美容皮膚科などで受けるサリチル酸ピーリングの施術は受けることが出来ない人もいます。

具体的な例で紹介すると

  • 授乳中の場合
  • 妊娠中の場合
  • ケロイド体質である場合
  • ヘルペスやイボが施術場所にある人
  • ウイルス性疾患が施術場所にある場合

 
と言ったケースがサリチル酸ピーリングが利用できないようです。

ただし、これらの判断もクリニックによって違います。クリニックによっては、妊娠中や生理中でも基本的には施術を受けることができるところが多く目につきました。生理中、妊娠中は、肌が敏感になることから医師に伝えて、医師の判断で施術が出来るかどうか決めるようです。

クリニック、美容皮膚科のサリチル酸ピーリングの注意点とは?

サリチル酸ピーリングに限った事ではありませんが、ケミカルピーリングは1回で、劇的に効果があるモノではありません。その為、3回、6回程度の繰り返しの利用が必要になります。繰り返しサリチル酸ピーリングを受けることによって、効果が実感できるようになります。

この他の施術後の注意点としては、皮膚が薄くなり、肌のバリア機能が一時的に低下するので、乾燥しやすくなるので、保湿をいつも以上に丁寧に行う必要があります。また、日焼けによる紫外線の影響も受けやすいので、日焼け止めの利用は必須になります。

また、サリチル酸ピーリングを行った後は、

  • ピーリングを受けた日はメイクが出来ない
  • 当日の夜の洗顔は禁止
  • 翌日からもゴシゴシ洗う洗顔は駄目
  • リンスやシャンプーの利用は駄目
  • 1か月間は日焼けは駄目
  • 一時的に紫外線に弱くなるので日焼け止めの利用は必須
  • 一時的に肌が乾燥しやすくなるので保湿は必須
  • 施術後1週間はパーマ、毛染めは禁止
  • 垢する、パックは1週間は利用できない

 
と言ったように、1週間から1ヶ月程度は、制限がかかります。

自宅通販やドラックストアのサリチル酸ピーリングの特徴・効果・副作用・注意点とは?

サリチル酸ピーリングは、最近ではネット通販でも購入することが出来るので自宅で自分で行うことも可能です。具体的には、楽天市場やYahooオークションなどの通販経由で、サリチル酸ピーリングの購入は出来るみたいです。

私が見たサリチル酸ピーリングの通販されているモノは、治療用の30%のモノです。その効果としては、ニキビ、ニキビ跡、くすみ、シミ、小じわ、色素沈着、毛穴の開き、肌のハリなどの治療に使えるとうたっていました。

また、特徴として他のケミカルピーリングと比べた場合には、効果が高いうえに、炎症などの副作用がほとんどないと商品説明に記載されていました。このような説明文を読むと、気楽に使って良いモノだと思いがちです。 
実際に、美容皮膚科やクリニックでサリチル酸ピーリングを利用すると、かなり高額な金額が取られるので、自宅で通販から購入して自分で試したいと思われる人も出てくると思います。

治療用のサリチル酸ピーリングの利用はオススメできません

通販で治療用のサリチル酸ピーリングを購入して、自分の判断で自宅で利用するのはオススメできません。非常に危険です。危険なので、美容皮膚科やクリニックの専門の医師のもと、利用するというのが正しい選択だと思います。

特に顔に使うモノなので、自分の判断で行い、肌がボロボロにったり、ニキビが沢山できたりと言った事が起こる可能性もあるので、自宅通販はオススメできません。

自宅通販でピーリングを行う場合には、治療用のサリチル酸ピーリングの30%の原液を購入するのではなく、AHAなどの他のピーリング剤で、さらに、保湿成分や美容成分など入っている安心で安全なモノを選択するのがオススメです。

まとめ

サリチル酸ピーリングの効果で、シミ、肝斑、たるみ、肌のハリ、美白、にきび、にきび痕、毛穴の開き、毛穴の黒ずみなど肌トラブルの改善が期待できます。基本的にサリチル酸ピーリングは、サリチル酸マクロゴールを選択するべきだと思います。そして、副作用が少なく効果が高いと言われていますが、美容皮膚科やクリニックの専門医にお願いして行うモノだと思います。

サリチル酸マクロゴールの場合は、副作用も少ないので、通販で購入して自宅で利用したいと思う人もいるかと思いますが、危険なのでお勧めできません。通販で自宅でピーリングを行う場合には、他のピーリング剤も色々とあります。もっと安全なモノを使う方が良いと思います。

以上、美容皮膚科やクリニック、自宅通販などサリチル酸ピーリングを行う事による、効果や副作用注意点などをまとめて紹介させてもらいました。