季節の変わり目というのは、肌荒れや乾燥、痒み、顔の湿疹のような肌トラブルが起こりやすくなるので、季節の変わり目の肌荒れ対策を紹介したいと思います。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

季節の変わり目に肌荒れ・肌トラブルが起こる原因とは?

季節の変わり目に肌荒れや乾燥、かゆみ、顔の湿疹などの肌トラブルが起こりやすい時期でもあります。なぜ、肌トラブルが起こりやすいのか?考えたことありますか?その原因としては、季節の変わり目に起こる気温の差です。

気温の差が肌荒れの原因だった!?

季節の変わり目というのは、気温の差が激しくなりやすいです。実際に、季節ごとの平均気温の差が5度以上ある月を調べた人の結果によると3月、4月、9月、10月、11月と言った季節の変わり目が多いことが分かります。

1日での寒暖の差が激しくなると、急な温度変化にカラダが付いていけずに疲れ気味になります。この為、肌荒れや乾燥などの肌トラブル以外にも風邪をひきやすくなったり、体調を崩したりする人も増えます。

体調を崩すという事は、体が弱っている状態なので、肌荒れや湿疹、かゆみなどの肌トラブルが起こり安くなるのも必然だと思います。

季節の変わり目に起こり得る肌トラブルとは?

季節の変わり目の肌トラブルには、人によって、色々な症状が現れると思います。その中でも、具体的に、どのような症状が現れやすいのか調べてみたので紹介したいと思います。

具体的に季節の変わり目に現れやすい肌トラブルとは

  • 乾燥肌になる
  • 痒くなる
  • 湿疹がでる
  • ニキビができる
  • 肌荒れをおこす

 
と言ったような肌トラブルです。

季節の変わり目の肌荒れ・肌トラブルが起きた場合の対策とは?

季節の変わり目に肌荒れや肌トラブルが起こると言うことは、肌が敏感肌、乾燥肌になっている可能性があります。敏感肌や乾燥肌にると、肌のバリア機能が落ちている可能性があります。

急に肌荒れを起こすと不安になり、対策として色々な化粧品を試してみたくなると思います。しかし、むやみに化粧品を変えるのはお勧めしません。肌が荒れている場合には、肌の免疫力や抵抗力が弱っている可能性があります。その為、肌に優しい、敏感肌や乾燥肌でも使えるような、できるだけ刺激が少ない化粧品に切り替える対策がオススメです。

肌が荒れている時に使わない方が良い化粧品とは?

季節の変わり目に肌荒れを起こした場合には、対策としては、肌に優しい化粧品がオススメですが、実際、どのような化粧品が肌に優しいのか?と悩む方もいると思います。

そこで、まずは、肌への刺激が強いと言われている化粧品を紹介します。

肌への刺激が強い化粧品としては、

  • 美白化粧品
  • アンチエイジング化粧品

 
と言ったような化粧品が有名です。

季節の変わり目で肌荒れが起きた場合には、対策として、まずは、美白化粧品とアンチエイジング化粧品の使用を中止しましょう。アンチエイジング化粧品や美白化粧品というのは、化粧品のパッケージを見たら比較的に判別しやすいと思います。

化粧品の成分にも注意する

季節の変わり目の肌荒れ対策として、面倒ですが、オススメしたいのが、化粧品に使われている成分のチェックです。

化粧品と言えば、肌に良いモノといったイメージがありますが、肌に良いモノだけを成分として作られている訳ではありません。化粧品によっては、長持ちさせる為に保存料や防腐剤が使われていたり、泡立ちを良くして使った時の感触をよくしたり、香りを良くしたりと言ったように、肌に必要な栄養成分以外にも入っている成分があります。

具体的な肌に悪い刺激を与える可能性がある成分の種類としては、

  • 保存料や防腐剤
  • 合成着色料
  • 合成香料
  • 泡立ちを良くする成分

 
といったような成分が入っている場合には注意が必要です。

このような成分の中には、肌に刺激を与えて、肌荒れの原因になるケースもあるので注意が必要です。

保存料や防腐剤

保存料や防腐剤というのは、化粧品内に雑菌が入った場合に、雑菌が繁殖しないようにする為に使われるモノです。

具体的には、

  • プロピル
  • エチルパラベン
  • メチル
  • ブチル
  • フェノキシエタノール

 
と言った成分が入っていると肌への刺激が強くなります。

実際に、このような成分が入っていると、肌への刺激となり、肌荒れや皮膚炎、アレルギーを起こす可能性があります。

合成着色料

合成着色料は、化粧品の見た目を良くする為に使われる成分です。

化粧品への表記としては、

  • D&C
  • FD&C

 
と言った形式で表示されることがあります。

このような合成着色料を使っている化粧品は肌への刺激が強くなるので注意が必要です。着色料が必要な場合は天然のモノを使っている化粧品を選択するのがオススメです。

合成香料

合成香料というのは、化学物質によって作られたモノです。化粧品に安く香りをつける為に使われています。成分表示には、「香料」とだけ明記される事が多いです。実際に、どのような成分が使われているかは分かりません。

この為、「香料」とだけ記されている化粧品の使用は注意が必要です。合成香料の場合は、肌への刺激が強くなる傾向があるので、肌荒れなどの原因になるケースもあります。香料が必要な場合は、天然のモノを使っている化粧品を選択すると良いです。

泡立ちを良くする成分

洗顔料など、モノによっては泡出ちが良い方が使い心地がよくなります。しかし、泡立ちを良くする為だけに使われている成分にも注意が必要です。

具体的に泡立ちを良くする成分としては、

  • トリエタノールアミン(TEA)
  • ジエタノールアミン(DEA)

 
と言った成分があります。

これらの成分は、動物実験で、長期間、カラダに吸収し続けると癌の発症の原因になる事例もあるので注意が必要です。

肌トラブルを起こした化粧品の成分はチェックしておく!

季節の変わり目に肌荒れや乾燥、湿疹などの肌トラブルが起こった場合には、その時に使っていた化粧品の成分は要チェックです。

その成分の中に、あなたの肌に合わないモノが含まれている可能性があります。その成分が入っている化粧品は、今後は、使用するのを避けるのがオススメです。

季節の変わり目に肌荒れや湿疹、赤みが出たときの対策・方法

季節の変わり目に肌荒れやかゆみ、湿疹などの肌トラブルが現れた場合の対処方法を紹介します。

美白やアンチエイジングなど、肌に刺激が強い化粧品の使用は中止する

季節の変わり目に肌荒れや乾燥、湿疹、かゆみなどの肌トラブルが起こった場合には、最初の対策としては、肌に刺激が強い化粧品の利用は中止する必要があります。

肌の保湿・バリア機能の維持、強化が重要な対策

化粧水など水分が多い化粧品が、肌にしみる場合には、一時的に使用を中止して、ワセリンやクリームなどの油分が多い化粧品で肌を保護する必要があります。

その後、肌が少し落ち着いてきたら、セラミドなど、肌の保湿成分を補い、肌のバリア機能をアップさせる効果が高い化粧品を使うのがオススメです。

基本的に、肌荒れや敏感肌、乾燥肌になっている時は、肌のバリア機能が落ちている事が多いので、まずは、保湿を中心に試すのが良いと思います。

利用する化粧品の数は出来るだけ減らす

季節の変わり目の肌荒れに限らず、肌トラブルが起こった場合の対策としては、まずは、利用する化粧品の数を出来るだけ少なくすることです。

最低限必要な化粧品だけを使って、肌への刺激を出来るだけ減らしたうえで、様子をみます。その上で、肌のバリア機能をアップさせる為に、保湿対策を中心にスキンケアを行うことが大切になります。

肌荒れ対策は、化粧品以外の生活習慣も重要

季節の変わり目の肌荒れ対策としては、化粧品を見直す事も大切ですが、それと同じように大切なのが生活習慣です。

見直すべき生活習慣としては、

  • 睡眠
  • 食事
  • ストレス

 
といったモノをいかに良くするのかが大切になります。

睡眠・食事・ストレスが肌トラブル対策には重要

肌は睡眠中に作られるとも言われています。この為、健康な肌を保つためには、シッカリと規則正しい睡眠をとることが大切です。そのうで、肌を作るための栄養を食事でキチンと補います。

さらに、ストレスをいかにためないかが重要です。ストレスがたまると、体内のホルモンバランスなどが狂い、肌の再生機能を阻害して、肌荒れを起こしやすくなります。

このような生活習慣を見直すことによって、化粧品を見直すのと同時に、規則正しい生活をすると言うのは、肌の状態を良くする為に大切です。

まとめ

季節の変わり目の肌荒れ対策、肌トラブル対策としては、まずは、使っている化粧品で、肌への刺激が強いモノの使用は控えましょう。そして、肌のバリア機能をアップさせる保湿をシッカリと行うのが大切です。

また、化粧品を見直す事も大切ですが、それと同時にストレス、食事、睡眠といった生活習慣を正す必要もあります。

季節の変わり目の肌荒れ対策としては、肌への刺激を出来るだけなくして、肌の乾燥を防ぐ保湿を行うと顔の湿疹やかゆみ、赤みなどの肌トラブルも改善しやすくなるので、利用する化粧品の選定が重要です。