正しい保湿をしているつもりが、実は、顔の肌の保湿の仕方、方法が間違っていたという事もあります。もしも、乾燥肌や敏感肌、ニキビ、黒ずみ、肌荒れなど、肌トラブルが改善しない場合には、保湿方法を見直すのがオススメです。肌トラブルの改善や美肌を目指す場合には、正しい保湿を行うのが重要です。

今までは正しいと思って行っていた事でも、時間の経過とともに皮膚科学的に、その保湿方法はポイントがズレている、間違った方法であったというケースもあります。

ここでは、今まで、正しいと思われていた保湿方法で、実際は間違った保湿の仕方、あまりオススメできない保湿方法など、見直した方が良い保湿方法を紹介します。あなたの保湿ケアの見直しの参考になると思います。
目次を紹介する女性と↓のイラスト
 

『保湿とは!?』まずは基本のおさらいから

保湿とは、肌の水分を維持する事です。顔や肌の保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐのが保湿ケアです。

元々、健康な肌というのは約20%から30%の水分を含んでいます。しかし、乾燥肌になると肌の水分は20%以下になります。特に乾燥が激しい冬には、大気中の湿度が50%以下になると、肌の乾燥も激しくなります。

肌がつっぱるのを感じる状態になると、肌の水分は10%以下になっているとも言われています。この為、顔や肌の水分をなくさないために重要になるのが『保湿』です。

保湿がうまく出来ない大きな理由は、加齢があります。もちろん、年齢以外にも生活習慣や間違ったスキンケアなどが原因で、皮膚のバリア機能が低下して乾燥肌になる事があります。

このように肌のバリア機能や保湿作用が低下した場合に、人為的に肌の機能を補うのが保湿の目的です。

本当は間違え!?正しいと思われがちな間違った保湿ケアの仕方

今までに正しいと思っていた保湿の方法でも、実は、あまり意味が無かったり、効果がないモノ、逆に肌の乾燥を促進させる可能性があるモノなど、顔や肌の保湿の仕方には、常識と思っていたが間違えていたことも色々とあります。

ここでは、それぞれの間違った保湿ケアを、それぞれ理由を挙げて紹介しています。

5つの間違った保湿ケアの仕方

保湿に効果的だと思われていたが、実は、間違えである方法としては、下記のようなモノがあります。

  • 顔の肌が乾燥する時は化粧水を十分につける
  • 化粧水はシートマスクでジックリと肌に浸透させる
  • 化粧水の蒸発を防ぐために油分でフタをする
  • ニキビ肌やオイリー肌は保湿は必要ない
  • 肌の潤いの為に洗顔料はしっとりタイプ

 
以上のような方法が間違った保湿の仕方です。

顔の肌が乾燥する時は化粧水を十分につける

顔や肌が乾燥する時には、肌の水分量が減っているのが原因だから、化粧水をたっぷりとつける人は多いと思います。

しかし、化粧水の成分の多くが「水」です。肌に沢山、化粧水をつけたとしても蒸発するだけで、あまり保湿効果は高くありません。

逆に、何度も化粧水をつけると、皮膚がふやけて、肌が本来持っている保湿成分が溶け出して、逆に乾燥しやすくなる事もあるので注意が必要です。

化粧水はシートマスクでジックリと肌に浸透させる

よりシッカリと化粧水を顔の肌に浸透させるために使われるのがシートマスクやコットンです。シートマスクやコットンに化粧水を付けて、顔に載せることで、じっくりと化粧水を浸透させてるつもりですが、実は、化粧水の多くは蒸発しているだけと言うこともあります。

また、指定の時間以上、ながくシートマスクやコットンを顔にのせていると、コットンやシートマスクが乾燥し、肌内部の水分も一緒に乾燥させるので注意が必要です。

化粧水の蒸発を防ぐために油分でフタをする

化粧水を付けて、顔に十分な水分を与えた後は、油分を含んでいる保湿用の乳液やクリームでフタをするのが、保湿の定番だと思っている人が多いと思います。私もそう思っていました。

しかし、実際に、皮膚科学的に見た場合には、油分の保湿力というのは、それほど高くありません。乳液やクリームをつけても、隙間からから水分は蒸発します。

乳液やクリームを顔につけることで、肌をなめらかに、柔らかくする作用があるので、使った方が良いです。ただし、乳液やクリームを付ければ保湿が完全にできると思うのは間違えのようです。

ニキビ肌やオイリー肌は保湿は必要ない

元々、オイリー肌で、ニキビが出来ているような人の場合には、乳液やクリームをつけすぎると、逆にニキビがひどくなるケースもあります。

しかし、乾燥肌がひどい場合でも、オイリー肌になるケースがあります。乾燥がひどいと肌が乾燥から皮膚を守ろうとして、過剰に皮脂を分泌させてテカテカになっている場合があります。乾燥肌が原因のオイリー肌の場合には、シッカリと保湿を行う必要があります。

この為、オイリー肌やニキビ肌の人は、一度、乳液やクリームなどで保湿をして、症状が悪化する場合は使用をやめたり、使用量を減らすなどの工夫が必要です。単純に「ニキビ肌やオイリー肌は保湿は必要ない」と思い込むのは注意が必要です。

肌の潤いの為に洗顔料はしっとりタイプ

肌が乾燥するので、肌に潤いを与えるために「しっとりタイプ」の洗顔料を選んでいませんか?洗顔の目的は、肌の汚れを落とすことです。

しっとりタイプの洗顔料は、洗うことと、油分の補給を同時に行っています。この為、洗い上がりが「しっとり」しますが、その正体は、油分によるベタつきです。

油分が顔に残ってしまうので、皮脂やメイクなどの汚れが残っていても気付きにくくなります。さらに、肌に油分が残るので、化粧水や美容液などの水分をはじいてしまいます。

このように、しっとりタイプの洗顔料を利用すると、メイク汚れや皮脂汚れが残りやすく、化粧水や美容液などの栄養成分が肌に浸透しにくくなるケースもあるので使うときには注意が必要です。

顔や肌の保湿の正しい方法・仕方とは?

顔や肌の乾燥が気になり、保湿が必要だと感じた場合には、化粧水で水分を与えて、乳液やクリームでフタをするのも良いのですが、どうしても水分の蒸発は癖下ません。その為、もっと効果的な正しい保湿方法、仕方があります。

それが、身体の内側から、水分を肌の中で保つことが出来るような成分が配合された化粧品を使う方法です。

肌の内部に水分を保つために役立つ成分とは?

肌の内部に水分を保つために効果的な化粧品に使われている成分としては、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン

 
と言った成分です。

これらは、肌内部で潤いや水分、弾力などの維持に関係している成分です。

特に、エラスチンの場合は、皮膚の表面の角質層にも存在する成分なので、美容液など、化粧品で補うと、肌内部で保持できる水分量を増やしてくれるのでオススメです。

まとめ

顔の肌の保湿の方法や、どんなスキンケアの仕方が良いのか考えたときには、今までの化粧水で水分を与えて、油分の乳液やクリームでフタをする方法も悪くはないのですが、セラミドなどの肌の水分保持力をアップする成分が配合された化粧品を取り入れるのが、さらにオススメな保湿の仕方です。