保湿の効果が高いセラミド化粧品の効果と選び方を紹介します。潤いのある肌やハリのある肌など美肌を目指す為には、お肌の保湿は必須です。その保湿に適した化粧品の成分がセラミドです。セラミドは保湿成分としては最強と言う人もいもいるぐらい保湿効果が高いのが特徴です。

化粧水で水分を補って、乳液やクリームでフタをして水分を逃さないようにする保湿では、どうしても隙間から水分が蒸発して乾燥を止めるのは難しいです。そこで、肌が水分を保持する能力をアップさせる効果があるセラミドが注目を集めています。

セラミドは、水分を包み込んで肌に維持して、蒸発させない効果があります。その為、乾燥するシーズンでも肌の潤いを保つことが出来る成分です。そんなセラミドの効果と、セラミド配合化粧品の選び方を紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

セラミドの効果とは?

セラミドの効果は、水分をはさみ込んでキープする保湿力の高さが特徴です。また、セラミドは、マイナス20度の環境でも凍らずに水分を保持することが出来ます。さらに、湿度がゼロパーセントになっても保湿効果が持続するので最強の保湿成分と言われています。

セラミドは、肌のどこで働いているのか?

セラミドがどこにあるのか?どう働いているのか?どんな効果があるのか?を理解する為にまずは、肌の構造を簡単に紹介します。理解を深めるために参考になります。

皮膚の表面の表皮、真皮、皮下組織の断面図
肌は、大きく分類すると皮膚の表面から

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

 
の3層に分かれています。表皮は、さらに、いくつかの層に分かれています。

表皮部分の一番、表面にあるのが「角質層」です。この角質層にセラミドがあります。
 
角質層の角質細胞と細胞間脂質の図
上記の図は、角質層を拡大した図です。角質層は、「角質細胞」と「細胞間脂質」で出来ています。角質細胞は死んだ細胞です。死んでいるので外からの刺激にも耐えられるようになっています。

「細胞間脂質」は、角質細胞を接着剤のように固定する働きがあります。さらに、細胞間脂質には、保湿する効果もあります。

この細胞間脂質に、セラミドがあります。細胞間脂質は、角質層の水分のうち約80%を占めています。さらに、セラミドは、細胞間脂質の中で約40%を占めています。

このようにセラミドは、皮膚の表面にて、かなり多くの分量が含まれている保湿成分です。

セラミドは年齢とともに減少する

セラミドは、皮膚内部で作られている成分です。その為、肌のターンオーバーで、新陳代謝の過程によって作られています。
 
年齢によるセラミドの違いを図で表した絵
上記がセラミドの状態を「若い人」と「高齢者」で記した図です。

若い時はエラスチンの出来る量も十分にあるので、肌がシッカリと水分を保持することが出来ます。特に赤ちゃんの時は、代謝が活発なのでエラスチンの量が最も豊富だと言われています。

それが、年齢を重ねて加齢によって代謝が落ちると、肌内部のエラスチン量が減少して保湿能力が低下します。その為、肌が乾燥しやすくなったり、シワが増えます。

セラミドは食事やサプリメントで補えないのか?

肌のセラミドの量が減っているなら食事やサプリメントで補えばいいと思う人も多いと思います。この食事やサプリメントで補うセラミドを補う事で、肌の保湿力をアップするのは、出来るという人と、出来ないという人がいます。

基本的に、スキンケアや化粧品の説明をしている場合に、食べたり、飲んだりしても効果がないと言われます。これに対して、セラミドのサプリメントの紹介をしている場合には、効果があったという人もいます。人によって、色々な意見があり、それぞれの立場で言うことが違うので迷います。

セラミドというのは、コレステロールのようなモノで出来ています。この為、コレステロールを単純に飲んだからと言ってセラミドは増えません。ただし、植物由来のセラミドを使ったサプリメントの場合には、皮膚の水分蒸発量が減少したという研究報告もあるようです。
 
※セラミドの食事やサプリメントについては、別途、記事を用意して紹介します。

セラミドを化粧品からでも効果が得やすい

セラミドの浸透しやすさを紹介した図"
セラミドという成分は、皮膚の表面の角質層にある成分です。この為、肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸と違って、化粧品を使って、普段のスキンケアで肌に届け安いと言われています。

セラミドを化粧品で補充することによって、角質層内へと届けると、角質層の中で油性の成分として、水分を挟み込みます。通常は油性の成分は水と結合することはありません。しかし、セラミドは水を挟み込むことで、保湿効果を持ちます。

また、セラミドを化粧品で補った場合には、最長で24時間の長時間にわたって、保湿効果が維持されるので、乾燥が激しい季節でも心強い化粧品です。

セラミド化粧品の選び方とは?

セラミド化粧品の選び方について紹介します。まず、セラミドという成分は、水溶性ではないので化粧水ではなく、美容液や乳液などの化粧品に配合されています。

セラミドの選び方で大切になるのは、「セラミドの種類」です。セラミドの種類としては、「ヒト型セラミド」、「疑似セラミド」、「植物性セラミド」、「天然セラミド」などの種類があります。このセラミドの種類によって、特徴があるので、その違いを知って購入するのがセラミドの選び方のポイントです。

セラミドの種類の違い

セラミドと言っても、その原料によって、いくつかの種類に分類されます。
主要なセラミドの種類としては、

  • ヒト型セラミド
  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド
  • 疑似セラミド

 
と言ったモノがあります。
 
「ヒト型セラミド」は、最も保湿力が高く、肌への刺激も少ないセラミドです。「天然セラミド」は、馬などの動物から成分を抽出して作られています。「植物性セラミド」は、米ぬかなどの植物から抽出して作られています。「疑似セラミド」は、石油を原料として化学合成して作られています。

このようにセラミドと言っても色々と種類があり、その種類によって、保湿効果が期待できる時間も大きく変わります。短いモノだと2時間程度、長いモノだと24時間程度になります。

特に高い効果が期待できるのが「ヒト型セラミド」ですが、それなりに値段も高くなります。

肌の乾燥が激しい人にオススメな「ヒト型セラミド」の選び方

ヒト型セラミドは、効果な化粧品ですが、肌の乾燥が激しい人にはお勧めです。ヒト型セラミドは浸透性に問題があると言われた事もありますが、ナノサイズの人型セラミドを選べば問題ありません。

ヒト型セラミドには、1から7までの種類があります。このヒト型セラミドの種類によっても選び方が変わります。

1から7までのヒト型セラミドのうち、特に保水力が優れているのは1、2、3です。さらに、この中でも特に肌内部にあるセラミドの量で一番多いのがセラミド2です。セラミド2は、肌内部のセラミド量の約20%を占めています。

年齢の経過とともに減少するのは、「セラミド3」と「セラミド5」です。特に、加齢によってシワが気になる人は、「セラミド3」が減少しているのが関係しているかもしれません。

肌への刺激に弱くなっている場合は、「セラミド1」です。セラミド1は、角質層で、細胞間脂質の隙間を防いで肌のバリア機能を維持する効果があります。

その他の種類のセラミドはどうか?

ヒト型セラミドを利用できれば、何も問題はないのですが、ヒト型セラミドが配合されている化粧品は、値段が高いです。その為、ヒト型セラミドの代用として使われているのが「天然セラミド」や「植物性セラミド」、「疑似セラミド」です。

ヒト型セラミドの次に保湿力が高いと言われているのは、馬などの動物から抽出される「天然セラミド」です。「天然セラミド」は、化粧品の成分表では、「ビオセラミド」や「ウマスフィンゴ脂質」と言った表記がされます。「植物性セラミド」と「疑似セラミド」については、ヒト型セラミド、天然セラミドよりは保湿効果は落ちます。

「植物性セラミド」と言うと、肌に優しそうなイメージがありますが、より効果を実感できるのは、やはり人間の肌に近いモノです。「疑似セラミド」は、化学的に合成して作られているので安く作ることが出来ます。化学的に合成されているのでそれなりの効果しか期待できません。

セラミド化粧品の選び方の注意点とは!?

セラミドが配合されている化粧品の効果を実感したい場合には、やはりヒト型セラミドがお勧めです。しかし、ヒト型セラミドを選んだとしても化粧品を選ぶときには注意が必要です。

ヒト型セラミドは、他の成分に溶けにくく、抽出が難しいなど、あつかいにくいのでコストが高くつきます。その為、ヒト型セラミドが配合されている化粧品は値段が高いです。値段が高いと少量だけ使って長持ちさせたいと思う人もいると思います。

しかし、セラミドは、ある一定量以上を塗らないと効果がありません。その為、無駄遣いをする必要はありませんが、ケチケチ使っていては「効果なし」と言った結果になっていまします。

また、セラミドは化粧品に大量に入れるのは難しいです。しかし、セラミドは、化粧品に数パーセント入っていれば効果が期待できると言われています。その為、数パーセントのセラミドが入っている化粧品でも十分だと言われています。

それでも極端に安い化粧品の場合は、微量しか入っていないので、効果が期待できない可能性があるので注意しましょう。通常、セラミド配合の化粧品を利用する場合には、化粧品の量や種類によっても価格は違いますが、3000円以上するのが妥当な値段です。

まとめ

セラミドは、保湿効果が高いので、乾燥肌や肌の潤いが感じられない時に利用するといい化粧品です。ただし、セラミドには、「ヒト型セラミド」、「天然セラミド」、「植物性セラミド」、「疑似セラミド」などの種類があり、効果や価格も様々なので、慎重に選ぶ必要があります。

肌の乾燥が激しい人が、シッカリと保湿できるセラミド化粧品の選び方としては、値段は高くてもヒト型セラミドを選べば、24時間の保湿効果が期待できるので、肌の悩みの解消が期待できます。