クレンジングの必要性と選び方について紹介します。クレンジングの必要性や特徴、性質を把握して、正しいクレンジングの選び方を紹介します。

クレンジングにも種類があり、人によって、どのようなクレンジングに必要性を感じるかも変わってきます。その為、クレンジングの選び方も人によって変わるケースもあります。

ここでは、クレンジングの基本的な役割や特徴を紹介し、基本的なクレンジングの選び方と必要性について紹介します。色々な個性的な成分が配合されているクレンジング化粧品の良し悪しは省いて、純粋な「クレンジングとは?」と言ったベースとなる必要性と選び方を紹介しています。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

クレンジングの必要性とは?

クレンジングの必要性について考えたことはありますか?なぜ、クレンジングが必要なのか?まずは、そこから説明したいと思います。

クレンジングは顔の汚れを落とすと思い、むやみに使うというのはオススメできません。
基本的にクレンジングで落とすことが出来る汚れというのは、メイクなどの油性のモノです。

これは、クレンジングが何で出来ているのか?と言った事を理解することで、クレンジングが、どのような汚れに対して使うものかを理解することが出来ます。

クレンジングは何で出来ているのか?

クレンジングの基本的な成分というのは、

  • 油分
  • 界面活性剤
  • その他のプラスアルファの成分

 
と言ったような成分でクレンジングが出来ています。

クレンジングの油分の働きとは?

クレンジングが油分で出来ているのは、メイクなどの油性の汚れを取るためです。メイクなどの油性の汚れは、クレンジングの油性の成分を使うことで、油性の汚れを浮き上がらせます。

洗顔料とクレンジングの違いとは?

油性のメイクなどを落とす場合に、洗顔料を使った場合は、どうなるのでしょうか?油性のメイクは、洗顔時に水で洗い流そうとしても、水をはじいて汚れを落とすのが難しいです。

だから、水をはじくメイクなどの油性の汚れに対しては、油分で出来ているクレンジングを使う必要性があります。

クレンジングに使われる界面活性剤の働きとは?

クレンジングには、油分以外にも界面活性剤が使われています。界面活性剤の働きは、水で洗い流すときに、水と油分を混ぜ合わせて乳化させる働きがあります。

このように油分と水を馴染ませることで、水で洗い流しやすいようにしています。クレンジングの基本的な成分は、このように油分と界面活性剤です。この油分と界面活性剤の配合量によって、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなどの種類に分かれます。

基本的に界面活性剤が多く含まれていると、クレンジング後に水で洗い流すのが簡単です。しかし、界面活性剤が多いと肌へのダメージも大きくなります。

その他のプラスアルファの成分

クレンジングの基本的な成分は油分と界面活性剤です。それ以外の成分としては、ヒアルロン酸、ビタミンC、セラミド、アミノ酸成分、炭酸など、色々な成分を付加することで、それぞれのクレンジングの個性を出しています。

クレンジングは肌への負担になるので注意も必要

クレンジングには、界面活性剤が含まれています。この界面活性剤は、肌に与える刺激になるので、肌を痛める原因にもなります。その結果、肌の弱い人は、肌荒れの原因になる可能性もあるので注意が必要です。

肌が弱い人は、メイクを薄くして、クリームタイプやミルクタイプなどの洗浄力は落ちるが刺激の少ないクレンジングを使うと良いです。

メイク以外でもクレンジングが必要な人とは?

クレンジングは、基本的にメイクなどの油分の汚れを落とすのに必要です。この為、メイクをしている時には必要性がある事は理解できたと思います。

さらに、メイク以外にもクレンジングを使う必要性があるケースがあります。

メイク以外にクレンジングを利用をする必要性があるケースとしては、

  • 皮脂汚れ
  • 保湿クリームなどの油分
  • 外出時の排気ガスなどの油分
  • 料理などで飛んだ油分
  • 日焼け止め

 
と言ったような油分の汚れが付くケースが考えられます。

皮脂汚れ

皮脂汚れを綺麗に落とす為にクレンジングは、有効的な方法です。特に、脂性など皮脂が多く出る人の場合はクレンジングを使うと効果的に皮脂汚れが落とせます。

ただし、クレンジングを使い過ぎるのも肌への負担が増すので注意が必要です。これは、皮脂汚れ以外の下記で紹介しているケースも同様です。

保湿クリームなどの油分

保湿クリームなどを塗ると、肌へ吸収される成分もありますが、どうしても肌の表面に残る成分もあります。この肌の表面に残った保湿クリームを落とす為には、クレンジングを行うと良いです。

外出時の排気ガスなどの油分

外出している時には、街を歩いていると自動車の排気ガスを浴びることになります。この排気ガスには色々な成分が入っていて、その中には油分があります。その油分の汚れを落とす為にはクレンジングが使えます。

料理などで飛んだ油分

油を多く使う料理をした場合、または、それ以外にも油を使う職業をしている人の場合には、知らず知らずのうちに、顔などの肌に油分が付いて汚れとして残っている場合があります。

日焼け止め

利用している日焼け止めによっては、専用のクレンジングが必要な場合があります。これは、日焼け止めのパッケージに記載されている説明文を読んで判断します。

SPFの値が高かったり、ウォータープルーフなどの日焼け止めの場合には、クレンジングが必要になる場合があります。

クレンジングが必要性がない人とは?注意が必要な人とは?

メイクをしていても、使っているファンデーションなどがクレンジング不要のモノもあります。そのようなクレンジング不要のモノを使っている場合は、クレンジングを行う必要はありません。

また、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルを抱えている人は、界面活性剤が含まれているクレンジングは、肌へのダメージを与える事になります。使用する時は、クリームタイプやミルクタイプなどの刺激が弱いモノを注意して使いましょう。

ダブル洗顔が必要な人とは?

ダブル洗顔とは、「クレンジング → 洗顔」と言ったように、クレンジングをしてから洗顔をすることです。

このようにダブル洗顔をする必要性がある人とは、脂性や混合肌などの肌の汚れをキチンと落とす必要がある人です。また、日焼け止めをシッカリと塗る夏、ファンデーションやマスカラなどシッカリとメイクをした日など油分が顔に沢山ついている日は、クレンジングをしてから洗顔をするのがオススメです。

ダブル洗顔は避けた方が良い人とは?

乾燥肌や敏感肌など、肌が弱い人は、出来るだけ肌への刺激を避けた方が良いです。その為、肌への刺激が強いモノを使うのは出来るだけ控えます。クレンジングを行う場合もクリームタイプやミルクタイプなど、比較的に刺激の弱いモノにします。

また、ニキビ肌の人も洗浄力が強い洗顔料やクレンジングを使うことで、肌へのダメージとなり、ニキビが悪化する可能性があるので注意する必要性があります。

クレンジング料の選び方【まとめ】

今までに説明してきた内容で、どのようなクレンジングの選び方をすればいいのか?想像はつくと思います。ここでは、クレンジングの選び方をまとめて紹介します。

クレンジングには、いくつかの種類があり、それぞれによって洗浄力や肌への刺激の強さが変わります。この洗浄力と肌への刺激の強さが、クレンジングの選び方では重要です。

クレンジングの種類の一覧は下記の通りです。

  • シートタイプ:肌へのダメージが一番強い
  • オイルタイプ:肌へのダメージが強い
  • ジェルタイプ:肌へのダメージが強い
  • クリームタイプ:肌へのダメージは比較的優しい
  • ミルクタイプ:肌に優しいが水分が多く落ちにくい

 
といったようになります。

基本的に、メイクなどの汚れを落とす効果と肌へのダメージを考えた場合には、クリームタイプのクレンジングがお勧めです。
 
※補足と注意点
クリームタイプがお勧めなのは、単純にクレンジングの成分を油分と界面活性剤で判断した場合です。その他の成分によって、人によってはクリームタイプ以外でもオススメなクレンジングが今後でてくる可能性はあります。

クリームタイプのクレンジング以外の特徴とは?

シートタイプは、界面活性剤が多いうえに、肌をシートで擦るので、肌への刺激が一番多く使わない方が良いです。

オイルタイプは、濃いメイクやマスカラなどもスルッと落とせるので人気ですが、界面活性剤が多く含まれている為です。特に水ですすいだ時にスグに落ちるのは、界面活性剤が多い証拠です。界面活性剤は肌への負担も大きいので注意する必要性があります。

ミルクタイプは、界面活性剤が少なく肌に優しいと人気ですが、界面活性剤が少なく水分が多いので、メイクを落とす能力に劣ります。この為、薄いメイクの人にはいいのですが、濃いメイクをしている場合には、汚れが落とし切れない可能性があります。

このように、色々なクレンジングの種類の利点と欠点を比較すると、油分も水分が多すぎずバランスのとれたクリームタイプのクレンジングがお勧めです。クリームタイプのクレンジングを選ぶ場合には、テクスチャーが適度に固めのモノが良いです。

クレンジングの種類を使い分けるのもオススメ

クレンジングには種類があり、その種類によって、肌への刺激の強さと洗浄力の違いはご理解いただけた思います。

基本的にクレンジングは、メイクを落とす能力が高いほど、肌への刺激も強くなります。この為、平日は、バッチリと濃いメイクをしている場合は、クリームタイプのクレンジングを使います。そして、週末など、メイクが薄い日は、ミルクタイプのクレンジングを使って、肌へのダメージを抑える工夫をするのがオススメです。

また、マスカラなどの落ちにくいメイクをしている部分にのみ、洗浄力が強いタイプのクレンジングを使い、それ以外は、肌への負担が少ないクレンジングを使うなど、使う場所によってもクレンジングのタイプを変えるのも一つの方法です。

まとめ

クレンジングとは、どのようなモノで、なぜ必要かと言った必要性を理解したうえで、それぞれのクレンジングの種類の特性を把握すれば、必然的に必要性のあるクレンジングの選び方も決まってくると思います。

ここで紹介したクレンジングの必要性と選び方を参考にして、肌への負担を抑えつつ、キチンとメイクや汚れを落とせる方法を選択しましょう。