ピーリングとイオン導入の効果とは?どのような美容効果があるのかを紹介します。ピーリング後のビタミンC誘導体のイオン導入を行うケースは、美容皮膚科やエステなどで行われるケミカルピーリングでも利用される方法です。

ここでは、ピーリングを行った後のビタミンC誘導体のイオン導入を行う効果のメリットなどの利点とデメリットなどの注意点も紹介します。

せっかくピーリングを行うのであれば、直後にビタミンC誘導体のイオン導入を行い、さらに効果的に美肌を目指すのもオススメです。また、ビタミンC誘導体が肌に合わない人にお勧めな方法も紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

ビタミンC誘導体のイオン導入とは?

ビタミンC誘導体の肌への効果は、

  • シミなどの美白効果
  • 肌内部のコラーゲンを増やす
  • ニキビの改善
  • 皮脂の分泌量の改善
  • 毛穴ケア

 
と言ったような様々な肌ケアに効果的だと言われています。

このビタミンC誘導体のをイオン導入することで、普通にビタミンC誘導体のを使う場合と比較すると、約20倍から100倍の浸透力があると言われています。

イオン導入とは?

イオン導入と言うのは、マイナスイオンを帯びている美容成分と、微弱電流によって発生させるマイナスのイオンの反発力を利用することで、美容成分を肌の内部にまで浸透させる方法です。

ビタミンCなどの美容成分は、ナノ化することで肌の奥まで浸透させるように開発されています。しかし、元々、肌というのは、外部からの侵入を防ぐ肌のバリア機能が備わっています。

この為、どうしてもナノ化して超微粒子にしても肌の深い部分まで浸透させるのは困難です。その結果、多くの美容成分は、肌の表面に残ってしまいます。肌を根本的に綺麗にする為には、どうしても肌の奥まで美容成分を送り込む必要があります。

そこで考え出されたのが「イオン導入」と言う方法です。元々、ナノ化され肌への浸透力が増したビタミンC誘導体を、さらにイオン導入することで、ビタミンCの効果がかなり期待できます。

ピーリングとイオン導入の相乗効果とは?

皮膚の表面に古い角質が残っている状態では、ビタミンC誘導体のイオン導入をしたとしても、どうしても古い角質が肌への浸透を妨害します。特に、お肌のターンオーバーが遅くなり、皮膚の表面の古い角質が増えると、肌への美容成分の浸透が落ちます。

そこで、ピーリングを行うことで、皮膚の表面の角質層を薄くします。特に、ピーリング直後の肌の状態は、紫外線などの外からの刺激は避けなければならないぐい弱い状態です。

その為、ピーリング後にビタミンC誘導体のイオン導入を行うことで、より肌に美容成分を浸透させることができるという訳です。

ビタミンC誘導体の効果の「まとめ」

ビタミンC誘導体の肌への効果としては、

  • 肌内部のコラーゲンの生成の促進
  • シミなどの美白効果
  • シワやたるみの改善効果
  • 毛穴の引き締め効果
  • 皮脂の分泌量の改善
  • ニキビ跡の改善効果
  • メラニンの還元
  • エンジングケア

 
と言ったような改善効果が期待できます。

ビタミンC誘導体のイオン導入でも効果が期待できますが、さらに、ピーリング直後に行うことによって、ビタミンC誘導体の効果を実感できる可能性が大きくなります。

ビタミンC誘導体のイオン導入時の注意点・デメリットとは?

ピーリング後に、ビタミンC誘導体のイオン導入を行うことで、シワやたるみ、毛穴などの悩み対策など、色々な肌トラブルの改善やエイジングケア効果が期待できます。

確かにピーリング直後にビタミンC誘導体をイオン導入するとメリットは多いです。しかし、ビタミンC誘導体が肌に合わない人の場合には、かえって肌に良くない場合もあります。

ピーリング後ビタミンC誘導体の注意点・デメリットとは?

ビタミンC誘導体は、肌に合えば良いことが多いのですが、肌に合わない場合には、

  • ピリピリとした肌への刺激を感じる
  • 若干、肌が乾燥する

 
このようにピリピリと刺激を感じ、肌の乾燥が起こるなど、我慢できないほどの症状が出てきた場合には、ビタミンC誘導体の使用は控えましょう。肌の乾燥がひどくなると、肌荒れ、ニキビ、毛穴の開きなどの色々な問題を起こす可能性があります。

ピーリング直後にビタミンC誘導体のイオン導入をして、特に問題を感じなければ良いのですが、敏感肌や乾燥肌の人は、注意して使う必要があります。もしも、ビタミンC誘導体が肌に合わない場合には、ビタミンC誘導体の代わりに「ナイアシン」を利用するのがお勧めです。

ビタミンC誘導体が合わない人はナイアシンがオススメ

ビタミンC誘導体が肌に合わない人は、「ナイアシン」がお勧めです。ナイアシンはビタミンB3のことで、強い抗酸化作用があるのが特徴です。ビタミンC誘導体と比較すると肌への刺激が少ないので、肌が敏感な人でも使いやすいです。

抗酸化作用を含めたナイアシンに期待できる効果としては、

  • 強い抗酸化作用
  • 血行の促進
  • 細胞の活性化
  • コラーゲンを増やす
  • 肌にハリを与える
  • 肌荒れの改善
  • ニキビのケア
  • くすみの改善

 
と言ったような効果が期待できます。

ビタミンC誘導体とは、多少、期待できる効果の内容に違いはありますが、基本的に血行を良くして、細胞を活性化させて、コラーゲン量を増やすので、シワやたるみなどの改善には期待できます。

また、細胞を活性化することで、お肌のターンオーバーを促進すると、シミやくすみの改善も期待できます。

このように、ビタミンC誘導体のイオン導入が肌に合わない場合には、ナイアシンが配合されている化粧品を使ってみるのも一つの方法です。

まとめ

ピーリング後は、古い角質層が取り除かれ皮膚が薄くなるので、そこにビタミンC誘導体のイオン導入を行うことで、肌のコラーゲンの生成の促進などシミ、たるみ、毛穴、ニキビ跡、メラニンなどの肌トラブルの改善に効果が期待できます。

普通にビタミンC誘導体を使っていて効果が実感できない場合、さらに効果を感じて美肌を目指したい場合には、ピーリング後にビタミンC誘導体をイオン導入してみるのがお勧めです。