ピーリング後のアフターケアは保湿ケアの方法が非常に大切になります。ピーリングを行った後に、

  • 肌が乾燥する
  • 敏感肌になった
  • ニキビが出来た
  • 肌が荒れた

 
などの肌トラブルを感じた場合には、ここで紹介する保湿の方法のアフターケアを取り入れてみると良いです。目次を紹介する女性と↓のイラスト

アフターケアの保湿ケアの方法を変えると副作用の予防にもなる!?

ピーリングを行った事によって、副作用などの肌トラブルを感じた場合には、ピーリング剤の使い方の間違えか?ピーリング後のアフターケアの問題である可能性が大きいです。

せっかく、シミやシワ、タルミ、美肌や毛穴の詰まり、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ、などの肌の悩みや肌トラブルを改善する為に行ったピーリングです。

納得できる効果が得られるように、ピーリング後のアフターケアの保湿ケアの正しい方法を見直してみませんか?

ピーリング後に起こる可能性がある副作用とは?

ピーリング後に起こる可能性がある副作用は、

  • 肌の乾燥
  • 痛み
  • かゆみ
  • 赤くなる

 
と言ったような症状です。

これは、自宅で行うホームピーリング、美容皮膚科で行うケミカルピーリングなどでも起こる可能性がる症状です。

副作用が起こる原因とは?

ピーリングで副作用が起こる原因は何でしょうか?ピーリングというのは、皮膚の表面の古い角質層を削ったり、溶かしたりする美容方法です。

本来、ピーリングは、皮膚の表面の余分な角質を取り除く方法のスキンケアです。しかし、ピーリングの効果が強すぎると必要な角質まで取り除いてしまうことで、肌のバリア機能が低下します。

肌のバリア機能が低下すると、外からの刺激に弱くなり、肌が乾燥しやすくなったり、痛み、痒み、赤みなどの症状を起こす可能性が出てきます。

副作用が続くとどうなるか?

ピーリング後のアフターケアは、特に、保湿ケアの方法が重要です。もしも、副作用が出ている状態で、その状態を放置すると、肌の状態が悪化して、

  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の詰まり
  • 毛穴の黒ずみ
  • 慢性的な乾燥肌
  • 敏感肌

 
などのさらなる肌トラブルが出てくる可能性があるので注意が必要です。

副作用を感じたらピーリング剤の使い方を再チェック

ここでは、ホームピーリングでの副作用を感じた場合の対処方法を紹介します。もしも、美容皮膚科やエステでピーリングを行って、副作用を感じた場合には、美容皮膚科やエステに相談しましょう。次回、行った時ではなく、スグにメールや電話で相談しましょう。

自宅で行うホームピーリングを行うことで、何かしらお肌のトラブルを感じた場合には、現在使っているピーリング剤の使用方法を再度、チェックします。まずは、間違った使い方をしていないか?を確認します。

基本的ににチェックするポイントは、

  • 規定量以上のピーリング剤を顔に乗せている
  • 決まった時間以上にピーリング剤を使っている
  • 使用頻度が多い
  • ピーリング後の対処方法はあっているか?
  • ピーリング後にキチンと洗い流せてない

 
と言ったような点になります。

その他に出来る対応策としては、ピーリングの使用頻度を今より減らします。お肌の状態は、人それぞれです。肌の強い人、弱い人がいます。あなたには、ピーリングの効果が強すぎた可能性もあります。その為、お肌を休ませるために、ピーリングを行う間隔をパッケージに記載されている期間よりもあけます。

また、利用しているピーリング剤が肌に合っていない可能性もあります。ピーリングを行う場合には、出来るだけ、保湿成分や美容成分など、お肌に優しい成分も入っているモノを使う方が安心です。

ピーリング後のアフターケアは保湿ケアの方法が重要

ピーリング後にアフターケアは重要です。特に保湿ケアの方法は、特に大切になります。

ピーリング後のアフターケアは、なぜ保湿が必要なのか?

ピーリングを行うと、肌の表面が削られます。皮膚が薄くなると肌のバリア機能が低下します。元々、肌は、皮膚の表面に角質層と言った死んだ細胞の層を作って肌を守っています。これが肌のバリア機能です。

ピーリングでは、この皮膚の表面を削ります。正しく使えばピーリングは、不要な皮膚のみを取り除き、肌のターンオーバーを促進するので、肌細胞の入れ替わりを促進させて美肌を目指せます。

しかし、必要以上に皮膚の表面を削りすぎると肌のバリア機能が低下することで、外からの刺激に弱くなります。また、肌内部の水分も蒸発しやすくなります。

ピーリング時の皮膚をどれくらい削るのかの判断は基本的に正確に行う事は難しいです。その為、ピーリング後は、肌のバリア機能が低下している可能性があるので、アフターケアとして、シッカリと保湿ケアを行う事が重要になります。

保湿ケアの方法がポイント

保湿ケアと言った場合に、どのような方法を行いますか?今まで、正しいと思っていた保湿方法が、それほど効果がなかったというケースもあります。

ここでは、ピーリング後のアフターケアとして保湿ケアの方法の注意点とオススメな方法を紹介します。

保湿ケアの方法の注意点

多くの人は、化粧水で水分を与えて、乳液やクリームでフタをすると言った方法ではないでしょうか?

私も、化粧水と乳液やクリームが保湿ケアの正しい方法だと思っていました。しかし、この方法は、思ったほど効果が期待できないようです。

化粧水のつけすぎは保湿を失う原因に!?

お肌に水分を与えようと思い、化粧水を大量につける人もいます。しかし、肌が吸収できる水分量には限界があります。限界を超えて化粧水を与え続けると、肌がふやけてしまいます。

ふやけた肌は、皮膚の表面が弱くなるので、場合によっては、肌が元々持っている保湿成分も溶け出してしまう可能性があります。また、化粧水は水分なので、蒸発する時に、必要な保湿成分も一緒に肌から奪われる可能性があります。

この為、化粧水を使う場合は、指定された分量を守る必要があります。化粧水をコットンにつけてパックをする場合やシートマスクを使う場合も、化粧水を沢山、塗ればいいという訳ではありません。

乳液やクリームの注意点

乳液やクリームの成分は、油脂なので、化粧水で肌に水分を与えた後に塗ることで、肌からの水分の蒸発を予防することで保湿ケアの効果が期待できます。このような乳液やクリームで保湿する方法は、多くの人が行っている方法です。

ただし、乳液やクリームで保湿を行う方法は、効果がある方法ですが、どうしても隙間から水分が蒸発してしまうので、時間の経過とともに肌が乾燥します。その点は理解して使う必要があります。

ピーリング後のアフターケアの保湿ケアを強力に行う方法

ピーリング後の保湿ケアは、アフターケアでは必須です。もしも、ピーリング後に肌の乾燥や敏感肌などの肌トラブルになった場合には、お肌の保湿ケアの方法を変えるのがお勧めです。

お肌に化粧水で水分を与えて、乳液やクリームでフタをする方法も良いですが、さらに、効果が高いのが、肌が保持できる水分量を増やす方法です。

肌が保持できる水分量を増やす方法とは?

肌の保持できる水分量を増やす、ピーリング後のアフターケアの保湿ケアの方法を紹介します。

元々、人間の皮膚というのは、水分を保持する能力を持っています。
具体的な、水分を保持する保湿効果がある成分としては、

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質(スフィンゴリピッド)
  • ステアリン酸コレステロール
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸
  • 天然保湿因子(NMF)

 
などのような成分です。

これらが配合されている化粧品を使うことで、肌が保持できる水分量を増やすことで、皮膚の保湿力をアップする事が可能です。ピーリング後のアフターケアで保湿ケアの方法が心配な場合には、ここで紹介しているような成分が配合されている化粧品を使うと良いです。

アフターケアの保湿方法で一番効果が期待できるのは?

ピーリング後のアフターケアで、保湿ケアを行う場合には、化粧水や乳液、クリームなどでの保湿も大切ですが、さらに、「セラミド」配合の化粧品を取り入れると、よりお肌の保湿ケア効果が高くなります。

セラミドは、水分をはさみ込んで、肌に維持するので、保湿効果が高いです。また、セラミドは、湿度がゼロになっても水分を保持します。さらに、気温がマイナスになっても凍らないので、最強の保湿成分だとも言われます。

この為、ピーリング後に、肌の乾燥が激しい場合には、セラミド配合の化粧品を使うと良いです。セラミド配合の化粧品については、下記のページで紹介しています。
 
※参考ページ
保湿に効果的なセラミド化粧品についての詳細はコチラ
↓↓↓↓↓↓
保湿の決め手のセラミド化粧品の効果と選び方【まとめ】

少しの乾燥ならセラミド以外の保湿成分でも効果は期待できる

エラスチンは、保湿効果が高い分、値段も少し高めになります。その為、ひどい乾燥ではない場合には、

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

 
と言ったような成分が配合されている化粧品を使うと良いです。

保湿成分の種類と水分保持力など詳細は下記のページで紹介しています。
 
※参考ページ
肌の保湿効果がある成分の種類と水分保持力の違いの詳細はコチラ
↓↓↓↓↓↓
保湿成分の種類による保湿力の違いとは!?乾燥対策を万全に行う秘訣を紹介

まとめ

ピーリング後に、肌の乾燥やかゆみ、赤み、痛みなどの症状を感じた場合には、使っているピーリング剤の使い方が正しいのか?を再チェックします。その後、ピーリングを行う間隔をあけたり、違うピーリング剤に変えるなどの方法もあります。

その他に取ることが出来る対策としては、ピーリング後のアフターケアです。ピーリング後のアフターケアでは、保湿ケアが重要です。どのような保湿ケアを行うのか?これによって、お肌の状態に大きく関係します。

もしも、ピーリング後に、お肌の状態が悪くなる場合には、アフターケアとして保湿ケアの方法を見直してみましょう。