敏感肌でピーリングを行う場合には、さらなる肌トラブルを起こす可能性があります。とは言っても調べてみると、敏感肌でも使えるピーリングというのもあるようです。

敏感肌の人は、なぜ、ピーリングを行わない方が良いのか?また、どのようなピーリングなら行っても良いのか?と言ったような点について紹介します。

もしも、敏感肌だが、肌が汚いので、綺麗になるピーリングを試してみたいと思っているなら、一度、ここで紹介している内容を参考にしてもらえればと思います。

また、ここで紹介している内容は、敏感肌の人に対しての情報ですが、乾燥肌の人でも参考になる情報です。
 
敏感肌の人がピーリングを行うのが良いのか?やめた方が良いのか?を理解する為には、まずは、敏感肌とは、どのような状況なのか?と言った点から紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

敏感肌とは、どのような状態なのか?

敏感肌というのは、医学的には、そのような病気や症状というのはないようです。具体的に、敏感肌になっている状況というのは、どのような状態なのでしょうか?

敏感肌の症状とは?

敏感肌とは、肌が敏感になっている状態で、症状としては、

  • 肌がヒリヒリする
  • 痒くなる
  • 湿疹ができる
  • 炎症を起こす
  • 赤くなる
  • 肌が乾燥する
  • ニキビが出来る
  • 肌が荒れる

 
と言ったような症状が現れることがあります。

敏感肌が起こる原因とは?

敏感肌になる原因としては、

  • アレルギー
  • かぶれ
  • 体質・体調の変化
  • 環境の変化

 
などで起こります。

アレルギーとしては、花粉や細菌、化粧品などが肌に合わずにアレルギー反応を起こして敏感肌になっている状態です。かぶれは、アクセサリーや時計、下着などの肌に触れるモノの摩擦によるアレルギー反応で起こります。

体質・体調の変化は、例えば、風邪や睡眠不足、ストレス、生理、妊娠などの体調の変化によってお肌のバリア機能が低下することによって起こる敏感肌です。環境の変化としては、花粉や日差しなどの紫外線、季節の変わり目、などで肌が敏感になる場合です。

このように、敏感肌になる原因というのはいくつかの可能性があります。

敏感肌は、肌のバリア機能の低下が原因!?

敏感肌になる原因は複数あります。しかし、何が原因なのかと言った点は別にしても、肌の状態を見た場合には、「肌のバリア機能の低下」が原因だと言えます。

肌のバリア機能とは?

肌のバリア機能とは、皮膚の表面にある、わずか0.02mmの角質層で、外からの刺激を守り、肌内部の水分の蒸発を守っている皮膚の機能です。

肌は、ターンオーバーによって新しい皮膚が生まれ変わっています。お肌のターンオーバーが正常に行われることで、新しい角質層が作られて、角質層内の保湿成分で、肌が守られています。

しかし、肌のターンオーバーが乱れたり、洗剤や化粧水などの強い刺激など、何らかの原因で、角質層の保湿成分が不足している状態が、肌のバリア機能が低下している状態です。
 
肌のバリア機能として、角質層には、皮脂、細胞間脂質のセワミド、NMF(天然保湿因子)の保湿成分で、肌の潤いを守っています。肌が荒れると、これらの保湿成分が流れ出してしまいます。

この為、敏感肌の場合には、乾燥肌と同じように、保湿を行うのが大切です。

肌のバリア機能を理解する為の皮膚の構造の説明

肌のバリア機能を理解する為に、まずは、皮膚の構造の理解をしましょう。
皮膚の表面の断面図
上記は、皮膚の断面図です。皮膚は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」と言った3つの層になっています。その中でも一番上の表面は、「角質層」といった層があります。

角質層の図
角質層は、「角質細胞」と「細胞間脂質」で出来ています。角質細胞は、死んだ皮膚細胞です。死んだ細胞なので、外からの刺激に強いです。細胞間脂質は、セラミドやNMF(天然保湿因子)と言った保湿成分があります。

角質層をレンガの壁に例えた図
角質細胞と細胞間脂質の関係は、上記のレンガの壁がいい例です。角質細胞はレンガで、細胞間脂質はセメントです。角質細胞を角質間脂質によってシッカリと繋ぎ止めることで、外からの刺激を防いで、肌内部の水分の蒸発を防いでいます。

このように、皮膚の表面の角質層が正常な状態であれば、肌のバリア機能がシッカリと働いているので、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルもなく美肌になれます。

肌のバリア機能が低下するとは?

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下している状態です。肌のバリア機能が低下している状態とは、皮膚の表面の角質層にある、角質細胞と細胞間脂質のつながりが悪くなっている状態です。

具体的には、肌が荒れる事で、細胞間脂質に含まれるセラミドやNMF(天然保湿因)が流れ出し、角質細胞が剥がれ落ちている状態です。この為、外からの刺激に耐えることができなくなり、敏感肌になります。

肌のバリア機能を改善させる為には、お肌のターンオーバーによって、角質層の回復を待つ必要があります。角質層の回復をスムーズに行うためには、保湿をして、皮膚を守る必要があります。

敏感肌になる間違ったスキンケアとは?

敏感肌になる原因として、アレルギーやかぶれなど色々な原因がありますが、美肌を目指す為に間違ったスキンケアを行い過ぎるというのも敏感肌になる可能性があります。

肌を綺麗にしたいと思い、美肌になりたいと思いスキンケアを頑張りすぎると肌のバリア機能が低下する原因にもなります。

特に注意した方が良いスキンケアとしては、

  • 洗顔のしすぎ
  • 肌に合わない化粧品を使っている

 
と言ったようなケースが注意が必要です。

特に、洗顔のしすぎと言うのは、洗顔をすることによって皮膚の表面の角質層を削る、ピーリングと同じ様な効果があります。この為、洗顔のしすぎによって、肌のバリア機能が低下する可能性があります。肌を綺麗にしたいと思い、1日に何度もゴシゴシと洗顔するのはやめましょう。

また、肌に合わない化粧品を使う場合には、肌荒れを起こす危険性があります。また、化粧水などをつけすぎると、皮膚がふやけて、肌の保湿成分の角質間細胞のセラミドやNMF(天然保湿因子)が流れ出して肌のバリア機能が低下する可能性があります。

敏感肌でピーリングをするとどうなるのか?

敏感肌になって、肌のバリア機能が低下している場合には、外からの刺激に弱くなっている可能性があります。

その状態で、ピーリングを行うと、さらに皮膚の表面が削られる事になります。敏感肌になっていると、ただでも肌の状態が悪くなっているのが、さらに肌のバリア機能が低下する可能性があります。

その為、敏感肌の人は、肌のバリア機能を低下させるような事は避けるのがお勧めです。

敏感肌でもできるピーリングとは?

インターネットで調べていると敏感肌の人でもピーリングができるようなモノが販売されています。

敏感肌の人が、肌を綺麗にする為にピーリングを行うというのはお勧めできません。

しかし、どうしてもピーリングを行いたいと言った場合には、ピーリング剤を選ぶ時には、

  • 皮膚を刺激する成分が入っている
  • 保湿成分や美容成分も入っている
  • ジェルタイプのピーリング

 
などのように、出来るだけ肌への負担にならないモノがオススメになっています。

ただし、個人的には、敏感肌の場合には、ピーリングは行わずに、まずは、保湿をシッカリと行い、お肌のターンオーバーによる角質層の回復を最優先にするのがお勧めです。

敏感肌の人は、保湿を行うのが重要!?

敏感肌になると肌が外からの刺激に弱くなっています。この為、肌を守るために、保湿を中心としたスキンケアをシッカリと行う必要があります。

敏感肌を改善する為には、まずは、化粧水や美容液でお肌に栄養と水分を与えます。その後、肌が乾燥しないように乳液やクリームを使って保湿を行います。ただし、化粧水や乳液、クリームでの保湿は、どうしても肌の乾燥を止めることは出来ません。

お勧めな保湿方法

保湿を行う場合には、化粧水や乳液、クリームを使うのも良いのですが、さらに、シッカリと保湿を行うためには、セラミドなどの肌自体が水分の保持力をアップさせる効果が期待できる成分が配合された化粧品を使うのがお勧めです。

敏感肌の人は、保湿をシッカリと行い、肌の回復を最優先にするのがお勧めです。その後、皮膚の角質層が改善してからピーリングを行うのがお勧めです。

まとめ

敏感肌の人は、ピーリングは、刺激が強いのでオススメできません。どうしてもピーリングを行いたい場合には、肌に優しく、出来るだけ角質層を守れるようなピーリングジェルを使うのが良いと言われています。

しかし、敏感肌の人は、肌への刺激に弱くなっている状態で、肌のバリア機能が低下しているので、保湿を中心にしたスキンケアを行い肌のバリア機能の回復を目指しましょう。

敏感肌の人は、肌のバリア機能が回復したのちにピーリングを行うのが安全でオススメです。