ピーリングでシミを消す方法として、どのように行うのが効果的にシミを消すことが出来るのか?について紹介します。

最近、シミが増えてきたので、なんとかしたいと思っている場合には、ここで紹介しているシミを効果的にピーリングで消す方法を参考に、試してみると良いと思います。

ここでは、理解を深める為に、ピーリングやシミについての基礎的な事から説明します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

そもそも、なぜ、シミが出来るのか?

皮膚の断面のメラニンが出来る基底層が出来る部分を紹介した絵
シミは、紫外線や摩擦などの皮膚への刺激によって、肌の奥の基底層で作られるメラニン色素が原因です。

皮膚の表面の構造は、上記の図の通り、「角層(かくそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」と言った4層構造になっています。

基底層は、表皮部分の一番奥にあります。この基底層でメラニン色素が作られシミが出来ます。シミの元のメラニン色素は、基底層から有棘層、顆粒層、角層へと時間の経過とともに皮膚の表面に上がり、最後に垢として剥がれ落ちます。

この為、肌のターンオーバーを促進して、シミを垢として早く排出すれば、効率的にシミを消すことが出来ます。

ピーリングで、なぜ、シミを消す効果があるのか?

ピーリングは、皮膚の表面の古い角質を取り除く効果が期待できます。特に、加齢によって、お肌のターンオーバーが遅くなった事が原因で、シミやくすみが目立ち始めた場合に効果が期待できます。

お肌のターンオーバーは、年齢の経過とともに遅くなります。お肌のターンオーバーが遅くなるとシミの排出が遅くなるのでシミが増える原因になります。シミが出来るのと同時に、ターンオーバーの遅れによって皮膚が分厚くなってしまいます。

そこで、ピーリングで、古く分厚くなった皮膚を取り除くことによって、強制的に皮膚を剥がして薄くすることによって、停滞していたお肌のターンオーバーを促進させることができます。

このようにピーリングを行うことで、お肌のターンオーバーを促進することで、皮膚の生まれ変わりを促進してシミを消す効果が期待できます。さらに、肌細胞の再生が活発になることから肌にハリがでたり、ニキビの改善など、色々な美容効果も期待できます。

ピーリング直後は注意しないとシミを増やす事もある・・・

ピーリングを行った直後は、肌が薄くなっています。この為、皮膚のバリア機能が低下しています。その為、湿気や乾燥、紫外線などの外からの影響、刺激を受けやすい、弱い肌になっています。

この為、ピーリング直後に、外出をして日差しを浴びると、逆にシミが増える可能性があります。また、ピーリングをした翌日に海水浴など強い日差しを長時間浴びる場合も注意が必要です。

また、肌のバリア機能が落ちていることから、乾燥などの刺激にも弱くなっているので、基本的に保湿や日焼け止めなどのスキンケアをいつも以上にシッカリと行う必要があります。

ピーリングを行う場合には、スキンケアの方法を間違えると逆効果になる事もあるので注意が必要です。

シミをさらに効果的に消す方法

ピーリングで、肌のターンオーバーを促進する事で、シミを消す効果が期待できます。

さらに、ピーリングと同時に、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白成分が入った化粧品を同時に使うことで、シミを消す効果を促進させることが出来ます。

特に、ピーリングを行った後は、皮膚の表面が薄くなっているのでいつも以上に美白成分が浸透しやすくなっているので、シミの改善効果が期待できます。

まとめ

ピーリングをうまく活用することで、シミを効率的に消すことが期待できます。特にピーリング直後に美白化粧品を利用すると、美容成分の浸透が効率的に行えるのでオススメです。

ただし、ピーリングでシミを消す方法として自宅でも効果的に出来るのと同時に、皮膚が薄くなっているので、紫外線や乾燥などの刺激にも弱くなっているので、シッカリとピーリング後の保湿も行う必要があります。