季節の変わり目の肌荒れニキビって、なんで出来るのでしょうか?ここでは、季節の変わり目に起こる、肌荒れニキビについての原因や対処法を紹介します。

季節の変わり目にお肌が荒れたり、ニキビが出来るので困っている、悩んでいる人に参考になればと思います。目次を紹介する女性と↓のイラスト

季節の変わり目に肌荒れニキビが出来る原因とは!?

季節の変わり目に、なぜ、肌荒れやニキビが出来るのかの原因を紹介します。

季節の変わり目というのは、日中の気温は高く、夜から朝にかけては気温が低くなることがあります。

この為、今日は、暑いなぁ~と感じていたが、翌日には寒いなと感じる事も頻繁に起こります。

このように、季節の変わり目というのは、気温の高低差が激しくなります。この気温の高低差によって、肌へのダメージの原因にもなります。

自律神経で体温調整をしている

季節の変わり目には、気温の高低差が激しくなる時期があります。この気温の変化に対応する為に、人間には、体温調整機能があります。

暑い時は、汗をかいて体温を下げようとします。また、暑さといった感覚で脳から体温を下げるように指示が出ます。寒い時は、毛穴を閉じて体温を下げないようにしつつ、寒さを感じることで、体温を上げるように脳から指示がでます。

このような体温調整を行っているのが「自律神経」です。季節の変わり目は、気温の高低差が激しくなるので、自律神経も忙しくなります。

自律神経の調整が忙しくなると機能が低下する

季節の変わり目には、日中の気温と朝晩の気温の高低差が高くなり、自律神経が忙しくなります。毎日、忙しく自律神経は働き、体を守ろうとします。

しかし、自律神経が忙しい状態が継続すると肌の調整機能が低下します。

自律神経が疲れると具体的にどうなるのか?

自律神経が働き過ぎて疲れてしまうと、具体的に起こる症状は、下記の通りです。

  • 皮脂や汗の分泌の調整機能が狂う
  • ホルモンバランスが乱れる
  • 血行が悪くなる

 

皮脂や汗の分泌の調整機能が狂う

自律神経が乱れると、皮膚の汗や皮脂の調整機能が低下します。この為、脂性の人は、汗や皮脂の分泌が過剰になります。また、肌が乾燥しやすい人は、皮脂や汗の分泌が少なくなり、肌が乾燥しやすくなります。

皮脂の分泌が増えると、毛穴が詰まってニキビが出来る原因になります。肌が乾燥すると、肌荒れを起こす原因になります。肌の乾燥が激しいと、逆に皮脂の分泌が過剰になってニキビが出来る場合もあります。

ホルモンバランスが乱れる

肌荒れニキビに関係があるホルモンは、男性ホルモンのアンドロゲン、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。

男性ホルモンのアンドロゲンが増えると皮脂の分泌が多くなりニキビが出来やすくなります。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、にきびの予防や改善に役立ちます。

季節の変わり目は、このようなホルモンバランスが崩れて肌荒れニキビが出来やすくなる事があります。

血行が悪くなる

季節の変わり目には、気温の高低差により自律神経が乱れて血行が悪くなる事があります。血行が悪くなると肌に栄養や酸素を十分に送れなくなります。

必要な栄養分がキチンと送られなくなると肌荒れを起こす原因になります。ニキビに効果がある栄養を食事やサプリメントでとっても期待できる効果が減ってしまいます。

また、皮膚の表面からは、汗や皮脂などと共に、毒素の排出も行われています。この為、血行が悪くなると肌からの毒素の排出が十分に行えなくなり、ニキビが出来る原因になります。

肌荒れニキビを予防する生活習慣

普段の生活において、季節の変わり目に起こる肌荒れニキビを予防、改善を目指せる生活習慣を紹介します。

生活習慣を見直すことで、自律神経を整えると肌の状態が改善されて季節の変わり目の肌荒れニキビができるのを防ぎ、予防することが可能です。

自律神経を整える生活習慣

具体的に自律神経を整える為に、取り入れるのがオススメな生活習慣は下記の通りです。

  • ストレスを溜めない
  • 栄養バランスの整った食事を心掛ける
  • 着るモノをこまめに調整する
  • 睡眠を十分に取る
  • 半身浴でカラダを暖める

 

ストレスを溜めない

ストレスは、美容や健康に大きく関係しています。ストレスがたまると自律神経のバランスも崩れてお肌の状態も悪くなります。また、ホルモンバランスも崩れやすくなります。

この為、ストレスを解消する為に、適度な運動、スポーツやマッサージ、映画、音楽、温泉などの趣味を持つことやリラックスできることを生活に取り入れましょう。

栄養バランスの整った食事を心掛ける

お肌の状態を整える為には、食べ物が大切です。人間の体は、食べたもので作られています。この為、好きなモノばかり食べるのではなく、肉や魚、野菜、発酵食品などをバランスよく取る必要があります。

特に、ヨーグルトやチーズ、味噌、キムチ、漬物などの発酵食品は意識して摂っておくと、腸内環境が改善されて悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があります。腸内環境が整うと免疫力のアップや美肌効果も期待できます。

逆に、腸内環境が悪化すると悪玉菌が増えます。悪玉菌が増えるとお肌の状態も悪くなり、肌荒れニキビが起こりやすくなります。

着るモノをこまめに調整する

季節の変わり目は、昼間は暑く、夜は寒くなると事で、カラダは気温に対応しようと忙しく働くことで、自律神経が乱れる可能性が高まります。この為、自律神経を疲れさせないために、暑い昼間は薄着にして、寒い夜は厚着にするなどの調整を行うのがオススメです。

夜に着るモノを日中、持ち歩くのは面倒です。しかし、体に無理を重ねると、自律神経のアランスが崩れやすくなるので、出来るだけ着るモノで調整するのがオススメです。

睡眠を十分に取る

睡眠は、体の疲労を取るだけではなく、日中に受けた肌のダメージの回復にも重要です。この為、睡眠不足になると肌をケアするチカラが低下します。また、睡眠不足はストレスの原因にもなります。

もちろん、睡眠は、長く寝れば良いという訳ではありません。肌の新陳代謝が活発になるのは、寝てから3時間から4時間経過して体と言われています。この為、シッカリと熟睡できる環境で寝る事も重要になります。

半身浴でカラダを暖める

肌荒れニキビを予防、改善する為には、肌の血行を良くするのが効果的です。肌の血行を良くする為には、半身浴がオススメです。

1日20分の半身浴を行うことで、シッカリと汗をかくと全身の血行が良くなります。また、半身浴をすることで全身の新陳代謝も活発になるのでお肌にも良い効果が期待できます。
 
以上のような生活習慣を取り入れることで季節の変わり目の肌荒れニキビを予防、改善する効果が期待できます。

また、ここで紹介している内容は、季節の変わり目に関係なく、普段から心がけておくことで、肌荒れニキビだけではなく、今まで以上の美肌や健康も手に入ることが可能になるので、意識して生活に取り入れるのがオススメです。

季節の変わり目に心がけたいスキンケア

季節の変わり目に肌荒れニキビが気になる場合には、スキンケアも注意したいものです。

具体的な心掛けたいスキンケアは下記の通りです。

  • 洗顔でニキビケアをする方法
  • お肌にシッカリと栄養を与える
  • 保湿を十分に行う
  • 古い角質を取り除く

 

洗顔でニキビケアをする方法

ニキビが出来ている場合には、より肌を綺麗にしたく思い、いつも以上に洗顔をシッカリと行う人が多いと思います。しかし、洗顔をシッカリと行うと、逆にニキビが増えたというケースもあります。

このようにニキビが出来ている場合には、洗顔を行い過ぎると、肌の乾燥の原因になり逆にニキビが出来やすい環境になる事があります。このような場合は、肌のバリア機能が低下しているので、洗顔を控える必要があります。

具体的には、朝は、ぬるま湯のみで顔を洗い、夜に洗顔料を使うと言ったように、洗顔の行い過ぎを注意する必要があります。また、洗顔時にゴシゴシと擦ったり、洗顔力が強い洗顔料の使用は控えましょう。

もちろん、洗顔後も顔に皮脂が残っているという状態は良くありません。肌に優しい洗顔料で、キチンと汚れを取り除く必要があります。

お肌にシッカリと栄養を与える

洗顔後に、キチンと栄養をお肌に与えておく必要があります。余分な皮脂の分泌を抑制しつつ、お肌の健康状態を促進する事で、肌荒れニキビにも効果が期待できるビタミンC誘導体が含まれている化粧水や美容液を使うのがオススメです。

特に、お肌への浸透力が強いビタミンC誘導体を利用することで、メラニンを還元する作用により、シミやくすみ対策、コラーゲンの生成力の促進、新陳代謝を促すなどの効果があるので季節の変わり目の肌荒れニキビを予防、改善する効果が期待できます。

保湿を十分に行う

洗顔を行った後は、皮膚の表面にある自然の保湿成分である皮脂量が低下しています。この為、乾燥しやすい状態になっています。

この為、洗顔後は、化粧水で栄養を与えた後に、保湿をシッカリと行う必要があります。保湿を行う場合には、セラミドなどの成分が配合されている化粧品がオススメです。

通常の乳液やクリームを使った保湿の場合には、どうしても隙間から水分が蒸発して、シッカリとした保湿は期待できません。それが、セラミドの場合には、肌で水分を抱え込んで保持するのでシッカリと保湿が出来ます。

古い角質を取り除く

季節の変わり目で自律神経が乱れる事で、お肌のターンオーバーが遅くなっている場合には、皮膚の表面に古い角質が溜まっている可能性があります。

こうなると皮膚の表面に溜まった古い角質で、皮膚が硬くなるので毛穴に皮脂や汗、古い角質、チリ、ホコリなどが溜まりやすくなります。この結果、毛穴が詰まりニキビが出来やすくなります。

このような場合には、ピーリングを行い、古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーを正常に戻すことで、ニキビが出来にくい肌にすることが期待できます。

まとめ

季節の変わり目には、気温の差に対応する為、疲れやすくなります。その結果、自律神経が乱れて肌の状態が悪くなる可能性が高まります。

この為、季節の変わり目の肌荒れニキビを改善する為には、生活習慣を注意しつつ、いつも以上に注意してスキンケアを行うのがオススメです。