肌を白く綺麗にしたい場合には、美白化粧品や日焼け止め、UVカットなどが重要になりますが、これと同じように大事になるのが、美白になる食べ物です。

特に、美白化粧品や日焼け止め、UVカットなどを行っていても、全然、肌が白くならないという場合には、化粧品やスキンケアだけではなく、食べるモノを見直してみると良いです。

特に、美白になる食べ物として、効果が期待できるモノを取り入れた食事をすることで、より美白になる効果が期待できます。美白化粧品など、化粧品と同時に美白になる食べ物も取り入れてみましょう。
 
目次を紹介する女性と↓のイラスト

美白になる食べ物とは?

美白を手に入れる為には、何を食べる必要があるのでしょうか?

肌を白くする為には、効果的な栄養成分を含んだ食べ物を食べる必要があります。そこで、ここでは、まずは、美白になる栄養成分を紹介してから、その栄養成分を含んでいる食べ物を紹介します。

具体的には、下記のような栄養成分を含んでいる食品を食べると肌を白くすることが期待できます。

  • ビタミンC
  • ビタミンP
  • ビタミンE
  • ビタミンA
  • リコピン

 
以下に、具体的に、これらの栄養成分が、どのように美白になる食べ物として、効果が期待できるのかを紹介します。

ビタミンCの効果とは?

美白と言えば、ビタミンCが有名です。ビタミンCは、紫外線や摩擦などの刺激による色素沈着のシミやくすみの原因であるメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。

さらに、ハリのあるお肌を作るコラーゲンの生成にも関係しています。この他にもビタミンCは、抗酸化作用がある事から、紫外線やストレスなどの活性酸素による肌の老化を防止する効果もあります。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑えるので、シミの予防効果が期待できますが、さらに、出来てしまったシミを薄くする効果も期待できます。

ビタミンCを含む食べ物とは?

ゆず、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご、パパイヤ、キンカン、赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、アセロラジュース、抹茶、焼きのり、味付けのり、ハム、ベーコン

 

ビタミンCを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンCは、水溶性です。この為、水に溶けやすいので、汁物として煮込むと、汁にビタミンCが溶け出してしまうので、汁も飲むようにしましょう。ピーマンなど、どうしても火を通す必要があるモノは、油で短時間に調理するようにしま

さらに、熱に弱いので、食事でビタミンCを含む食品を使う場合には、生のまま食べるのがオススメです。また、ビタミンCは、酸化しやすいので、野菜や果物は新鮮なうちに食べるように心がけましょう。す。

また、美白になる食べ物として有名なビタミンCは、体内に溜める事が出来ません。この為、理想を言えば、1日に3度、4度と分けて摂ると美白効果が高くなります。その為、どうしてもビタミンCを美白になる食べ物として摂る場合には、食事で野菜や果物、サプリメント、果汁ドリンクなどをうまく組み合わせる必要があります。

ビタミンCの1日に必要な分量とは?

厚生労働省の成人の人が1日に必要なビタミンCの摂取推奨量は、「100mg」だと言われています。しかし、美白効果を発揮したい場合には、100mgでは少ないと言われています。

美白効果をビタミンCで発揮したい場合には、1日に300mg~500mg以上は摂るのが理想的です。特に美白効果を絶対だしたい場合には、1日1000mg以上取れれば期待大です。

これだけの量を食事で摂るのは難しいので、アセロラドリンクやオレンジジュースなどのビタミンCを多く含むドリンクやサプリメントを取り入れると良いです。

ビタミンPの効果とは?

ビタミンPの効果は、美白効果には、直接的な効果はありません。その代りに、ビタミンCが壊れるのを防ぐ効果があります。

ビタミンCは、熱や酸化に弱いです。この為、ビタミンPと一緒に摂ることで、よりビタミンCがシッカリと摂れるようになることで、美白になる食べ物として効果が期待できます。

ビタミンPを含む食べ物とは?

薄皮が付いた状態のミカン、オレンジ、レモン、さくらんぼ、タマネギ、トマト、ほうれん草、パセリ、あんず、ピーマン、チョコレート、そば

 

ビタミンPを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンPは、同時に食べることで、ビタミンCが壊れにくくなります。この為、ビタミンCと同時にとるのがオススメです。

特に、ミカン、オレンジ、レモン、パセリ、ピーマンなどは、元々、ビタミンCも豊富なので、自然にビタミンPとビタミンCが同時に摂ることが出来ます。

ビタミンEの効果とは?

ビタミンEも美白になる食べ物としての効果が期待できます。ビタミンEは、血行を促進することで、肌の新陳代謝を促す効果によりシミやシワ、美白効果が期待できます。この為、夏など、紫外線が強く、日焼け後の肌の回復効果も期待できます。

また、抗酸化作用がある事から肌の老化や生活習慣病の予防などの効果も期待できます。

ビタミンEを含む食べ物とは?

アンコウの肝、すじこ、キャビア、アユ、いわし、いくら、たらこ、アーモンド、松の実、落花生、とうがらし、せん茶の茶葉、抹茶、サフラワー油、トウモロコシ油、菜種油、マーガリン、マヨネーズ、クラッカー、ピーナッツバター、ゆず、アボカド、カボチャ、ゴマ

 

ビタミンEを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂ることで相乗効果で、より効果が期待できます。

ビタミンEの摂取量

ビタミンEの1日の摂取量の目安は、成人男性は7mg~900mg、成人女性は6.5mg~700mgと肌があります。美白効果を期待する場合には、100mg~300mgは取りたいところです。

ただし、ビタミンEを摂りすぎると血液が固まりにくくなったり、骨粗鬆症になりやすくなるので心配な人は、医師に相談しましょう。

ビタミンA(レチノール)の効果とは?

ビタミンAは、美白になる食べ物としてはレチノールとも言われる成分です。ビタミンA(レチノール)は、皮膚や目、粘膜、髪などの健康を保つ効果があるので、美白効果を期待してビタミンCを摂る時に、同時に摂りたい成分です。

ビタミンA(レチノール)を含む食べ物とは?

鶏レバー、豚レバー、牛レバー、たまごの卵黄、ピ-タン、アンコウの肝、うなぎの肝、ウナギのかば焼き、ホタルイカ、乳脂肪の生クリーム、乳脂肪のホイップクリーム、マーガリン、バター、ビスケット、キャラメル、エクレア

 

ビタミンA(レチノール)を含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

ビタミンA(レチノール)は、油に溶けやすい特性があります。この為、料理をする時には、油で炒めて調理するのが効果的です。

ビタミンA(レチノール)は、摂りすぎると、頭痛や食欲不振、嘔吐、肝障害などの副作用を起こす可能性があります。また、妊娠中の女性は、胎児に問題を起こす可能性があるので注意が必要です。

ビタミンA(レチノール)の摂取量の目安とは?

ビタミンA(レチノール)の摂取量の目安は、成人男性は750μg、成人女性は600μgです。また、妊婦は、670μg、授乳中は840μgと言ったように、少し多めに摂取する必要があります。

リコピンの効果とは?

リコピンは、トマトに含まれている抗酸化作用がある点で有名です。リコピンの抗酸化作用は、ビタミンEの100倍とも言われています。

美白になる食べ物としてのリコピンは、紫外線の影響によるメラニンの抑制効果が期待できます。メラニンを作る酵素としては、チロシナーゼという酵素があります。リコピンは、このチロシナーゼの働きを抑制します。

この為、リコピンは、日焼けをする前後で、シミが出来るのを抑えて、美白効果が期待できます。

リコピンを含む食べ物とは?

ミニトマト、スイカ、グレープフルーツ、トマト、柿、トマトジュース、ケチャップ、トマト缶

リコピンを含む食べ物の効果的な取り方とは?注意点は?

リコピンは、トマトに含まれているのが有名です。特にリコピンの特徴としては、生のまま食べるよりも料理をして加工した方が沢山、リコピンが取れる点です。

この為、リコピンは、油で炒めたり、牛乳と一緒に摂ると効果が期待できます。この為、トマトを使ったパスタやリゾット、などが効果的に摂れます。

リコピンの1日に必要な摂取量とは?

リコピンは、1日に15mg以上を摂るのが理想的だと言われています。

食事はバランスが大切!

美白になる食べ物を色々と紹介してきましたが、基本的には、ビタミンCを中心に、それ以外のビタミンP、ビタミンE,リコピン、ビタミンAなどをバランスよく、日々、食事からとるのがオススメです。

食事で美白になる食べ物を摂ることで、美白効果が期待できますが、ただし、摂りすぎると副作用を起こす食べ物や栄養素もあるので注意が必要です。

美白化粧品などの化粧品も併用する必要がある!?

食事で、美白になる食べ物を多く取れば、お肌が白くなる効果が期待できます。しかし、紫外線対策など、シミやそばかすなどの色素沈着を予防する対策は必須です。

また、シミやソバカシを作らないためには、美白化粧品も利用する必要があります。この為、美白になる食べ物を取りつつも、日焼け止め、UVカット、美白化粧品で新しくシミやソバカス、くすみができないように注意する必要もあります。

お肌のターンオーバーを促進して新しい肌に入れ替える!?

年齢を重ねると、お肌のターンオーバーが遅くなり、シミやクスミが目立ちやすくなります。

その為、美白になる食べ物を摂り、美白化粧品や紫外線対策を行うのは非常に重要になります。ただし、お肌のターンオーバーが遅くなっていると、どうしても新しい肌細胞が出来るのが遅れるので、シミやクスミ、ソバカスが、目立ちやすくなります。

この為、お肌のターンオーバーが遅くなっている場合には、お肌のターンオーバーを促進して正常に戻して、古い角質を取り除き、新しい肌を表面に出すことで、シミやそばかすを早く取り除く事も可能になります。

遅くなったお肌のターンオーバーを正常に戻す方法

遅くなったお肌のターンオーバーを正常に戻す為には、十分な睡眠、ストレスを溜めない、適度な運動、栄養バランスのとれた食事など、生活習慣を整える事が大切になります。

しかし、生活習慣を変えるのは、なかなか、難しいと思いますが、少しでも変える事を心がける必要があります。

手軽にお肌のターンオーバーを促進する方法

さらに、遅くなったお肌のターンオーバーを促進する方法としては、ピーリングがオススメです。

ピーリングは、意図的に、古い角質を取り除くことが出来るので、シミやそばかす、クスミなどが濃くなった古い皮膚を簡単に取り除くことが出来るといった特徴があります。

まとめ

美白になる食べ物を取りつつ、美白化粧品や日焼け止め、紫外線対策、UV対策で、新しいシミ、ソバカス、クスミが出来ないようにしつつ、お肌のターンオーバーを促進する為に、ピーリングを取り入れると効率的に美白になる効果が期待できます。