肌のくすみができる原因としては、いくつか存在します。その為、肌のくすみを取る方法を実践する場合には、それぞれの肌のくすみの原因にあった改善方法を利用する必要があります。

ある程度の年齢を重ねると、肌の色が徐々に暗くなってきます。この顔のくすみが起こると顔色が悪くなり、表情も暗くなるので、実年齢よりも老けて見えてしまいます。

その為、いつまでも若く、綺麗な肌を維持したい場合には、早いうちに肌のくすみを取る方法を、毎日のスキンケアに取り入れるのが安心です。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

肌のくすみができる原因とは!?

肌のくすみができる原因には、いくつかの種類があります。くすみができる原因によっても対策が変わってきます。

    肌のくすみができる原因一覧

  • 血行不良が原因のくすみ
  • 肌の乾燥が原因のくすみ
  • 糖化やカルボニル化が原因の黄くすみ
  • メラニン色素が原因のくすみ

 
以上のような種類が、基本的なくすみができる原因です。それぞれの肌のくすみを取る方法を実践する必要があります。

血行不良が原因のくすみ

血行不良のくすみの原因は、体の代謝が落ちて血行が悪くなっている為です。血行が悪くなる原因としては、身体の冷え、喫煙、睡眠不足、便秘、運動不足、加齢など様々です。

お肌の血行が悪くなるとお肌のターンオーバー、代謝が悪くなるので、新しい肌細胞が生まれてくるのが遅くなるので、古い肌が皮膚表面に残るので、肌がくすみやすくなります。

肌の乾燥が原因のくすみ

肌が乾燥すると、くすみができる原因になることがあります。肌が乾燥する原因は、保湿不足が原因です。特に、大気が乾燥するシーズンは、シッカリと保湿を行わないと、肌のつやが無くなり、だんだんと肌がくすんできます。

乾燥肌が原因のくすみは、寒天をイメージすると理解しやすいです。寒天に水分を十分に含ませている時には、プルプルで透明感があります。しかし、寒天が乾燥していると、くすんで硬くなります。

この寒天と同じように、肌が乾燥すると、くすんで見えるようになります。肌が乾燥すると、お肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まることで、くすんみます。

糖化やカルボニル化が原因の黄くすみ

黄くすみが起こる原因は、「糖化」と「カルボニル化」の2種類が主なモノです。

糖化は、食事などで食べた糖分が、タンパク質と結びつくことで、タンパク質が変質して起こるくすみです。この為、砂糖を使った甘いモノ、お米、麺類などの小麦粉などの糖質を多く摂取するのが原因です。また、紫外線を浴びたり、タバコ、ストレス、加齢なども原因になります。

カルボニル化は、脂質が酸化して、タンパク質と結合することで、肌が黄くすみになります。カルボニル化が起こると、毒素を出すことから肌以外にもカラダには悪いです。カルボニル化を起こす原因は、過剰に脂質を摂取した場合や加齢、ストレス、タバコ、紫外線などもあります。

糖化もカルボニル化は、一度起こりだすと、肌を元に戻すには時間がかかります。早めの予防が大切です。

メラニン色素が原因のくすみ

メラニン色素が出来る原因のくすみは、紫外線や摩擦による刺激で、肌内部にメラニン色素が過剰に生成する事で起こります。

基本的に、メラニン色素が原因のくすみは、シミが出来る原因と同じです。シミは、部分的に茶色くなるのに対して、くすみは、顔全体が暗い印象になります。

くすみやシミが出来た場合には、美白化粧品や紫外線対策で、新しいくすみ、シミが出来ないようにしつつ、お肌のターンオーバーを促進して、くすみやシミを垢として排出する事で、くすみを早く消すことが出来ます。

肌のくすみを取る方法とは!?

肌のくすみを取る方法として、くすみができる原因別に、どのように肌のくすみを取る方法があるのか紹介します。

    肌のくすみを取る方法一覧

  • 血行不良が原因のくすみを取る方法
  • 肌の乾燥が原因のくすみを取る方法
  • 糖化やカルボニル化が原因の黄くすみを取る方法
  • メラニン色素が原因のくすみを取る方法

 
くすみができる原因別に、どのような肌のくすみを取る方法があるのかを紹介します。

血行不良が原因のくすみを取る方法

血行不良が原因で、顔のくすみが出来ている場合には、基本的に血行を良くする方法を取り入れる必要があります。

全身の血流を良くすることで、お肌のターンオーバーが促進されて、肌細胞の生まれ変わりが進み、肌のくすみが取れるのが早くなります。

具体的な肌の血行を良くする方法、お肌のターンオーバーを促進する方法としては、

  • 有酸素運動
  • 半身浴
  • 食事
  • ピーリング

 
などの方法があります。

有酸素運動

有酸素運動は、ウォーキングや軽いジョギングなど、呼吸が止まらないで行う運動です。有酸素運動を行う場合は、最低でも20分から30分以上は継続して行う必要があります。週に数回程度、有酸素運動を継続して行うことで、全身の血流が良くなります。

半身浴

お風呂に入る時は、半身浴がオススメです。シャワーのみで済ませる人は、体を暖めることが出来ないのでオススメできません。半身浴を行う場合は、20分以上は入っておく必要があります。半身浴を行うと、血流が良くなり代謝がアップするので、お肌のターンオーバーを正常に戻す高価も期待できます。

食事

食事によっても体を暖めることで、血行不良を改善する事も可能です。基本的に冷たい水などの飲み物、食べ物は避ける必要があります。その他には、生姜、唐辛子、ネギ、タマネギ、ニラ、ニンニク、ダイコン、ごぼう、かぼちゃなどの食べ物が体を暖めるのに効果が期待できます。

ピーリング

血行が悪く、お肌のターンオーバーが遅くなっている場合には、古い角質が皮膚の表面に溜まっている場合があります。その場合は、古い角質をピーリングで取り除くことで、お肌のターンオーバーを促進すると、くすみの改善が期待できます。

肌の乾燥が原因のくすみを取る方法

肌が乾燥する原因は、保湿不足です。この為、保湿をシッカリと行う必要があります。特に、保湿効果が高い「セラミド」を配合した化粧品を使うと良いです。

セラミドは、湿度が0%、気温がマイナス20度と言った過酷な環境でも、皮膚の水分を凍らせずに、保湿しつづける事が出来ます。

また、肌の状態を整える為には、ビタミンC誘導体を取り入れる事で、シミ、くすみ対策、コラーゲンを増やす対策などを同時に行うと、さらに効果的です。

例えば、海のブレアと言ったようなオールインワンジェルを使うと、くすみ、保湿、シミ対策、ハリ、小じわ対策などをまとめて行えるので便利です。

糖化やカルボニル化が原因の黄くすみを取る方法

糖化が原因の黄くすみは、糖質が多い、砂糖、お米、小麦粉などの麺類の食べ過ぎを控える必要があります。そのうで、黄くすみ専用の化粧水や美容液などを使います。

また、カルボニル化が起こる原因は、脂質の酸化が原因なので、酸化を防ぐ、抗酸化作用がある成分を取ると良いです。さらに、酸化を進める、紫外線の対策や活性酸素の対策で予防する事も大切です。

抗酸化作用は、ビタミンC誘導体配合の化粧品ビタミンCの錠剤などにあります。

メラニン色素が原因のくすみを取る方法

メラニン色素が出来る原因は、紫外線の刺激や摩擦による刺激で、メラニンの生成が過剰になる点です。

新しいメラニンが出来ないように紫外線対策は必須です。さらに、メラニンによりくすみやシミが出来た場合には、お肌のターンオーバーを活性化させて、新しい肌細胞を作り、古いくすんだ皮膚を垢として排出する必要があります。

もしも、皮膚の表面に古い角質が出来ている事で、くすみが出来ている場合には、お肌のターンオーバーを促進させると効果的です。

まとめ

くすみを改善する為には、原因によって、対策も色々ですが、基本的に、生活習慣、睡眠、運動、食べ物を注意するのが基本です。そのうえで、原因に合わせて、保湿をしたり、ピーリングをしたりと言った必要な処置を行うのが効果的に肌のくすみを取る方法になります。