ホホバオイルで毛穴の黒ずみや角栓肌を効果的に取り除くことが出来る使い方や使用方法をまとめて紹介します。

ホホバオイルは、ツゲ科の多年草の種から抽出して作られた天然のオイルです。ホホバは、砂漠地帯に生息している食ずつで、砂漠と言った乾燥する地域でも水分を保持することが出来るオイルです。

この保湿成分を美容に使うと言うことで、肌の保湿や髪のケアとして利用できることで、スキンケア用品として注目を集めているオイルです。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

ホホバオイルお特徴とは?

ホホバオイルの一番の特徴は、人間の肌の皮脂に近い成分なので、安全性が高く、人体への安全性が確認されています。

また、ホホバオイルは、酸化しにくいオイルなので、防腐剤を入れる必要がありません。その為、肌への刺激が少ないので、肌ケアに使いやすいです。

ホホバオイルの毛穴の黒ずみへの効果

毛穴の黒ずみは、皮脂や垢、チリやホコリが毛穴に詰まり、酸化した為、黒くなっています。このように、毛穴を塞いでいる物質を角栓と言います。

角栓には皮脂が含まれているので、似た成分のホホバオイルを使うことで、毛穴の黒ずみの主成分である角栓を落としやすくする働きがあると言われています。

毛穴の黒ずみや汚れを浮かせて取り除きたい時に、ホホバオイルを使うのも効果的なスキンケア方法です。

ホホバオイルの使い方で注意する点とは!?

ホホバオイルで、毛穴の黒ずみや角栓を取り除く為には、顔に塗って、マッサージをする時には、肌を擦らないように注意します。

肌をゴシゴシと擦ってしまうと、肌への刺激となり肌トラブルを起こす可能性があります。

もしも、ホホバオイルでマッサージをしている時に、オイルが足りなくなったら途中からオイルを足しながら行うと良いです。

毛穴の黒ずみをホホバオイルでケアする使い方・使用方法とは!?

毛穴の黒ずみ、角栓を効果的に取り除く為にホホバオイルの使用方法、使い方を紹介します。

    ホホバオイルの使い方・使用方法の手順

  • 毛穴を開かせる
  • ホホバオイルを塗る
  • マッサージする
  • ホホバオイルのパックをする
  • 拭き取る
  • 洗顔する
  • 化粧水、美容液を使う
  • 保湿する

 
以下に、ホホバオイルの使い方、使用方法の手順で紹介した内容を、それぞれ詳しく紹介します。

毛穴を開かせる

毛穴の黒ずみ、角栓を取り除く為に、まずは、蒸しタオルや半身浴などで、黒ずみが気になる毛穴を暖めて開かせます。

毛穴が開いている状態で、ホホバオイルを使うと、より汚れを浮かせ安くなるので効果的です。

ホホバオイルを塗る

ホホバオイルを適量、手に取ります。目安としては500円玉ぐらいです。手に取ったホホバオイルは、両手で暖めてから毛穴の黒ずみが気になる部分に塗ります。

ホホバオイルを暖めて使うことで、毛穴の黒ずみや角栓の皮脂と馴染みやすうなります。

マッサージする

ホホバオイルを塗ったら、チカラを入れないで、優しく指の腹でマッサージして、皮脂とホホバオイルをよく馴染ませます。マッサージ時間の目安は2分から3分程度だと言われています。

ホホバオイルのパックをする

さらに、汚れを落とし、皮脂とホホバオイルを浸透させる為に、5分から10分程度、ホホバオイルでパックして放置します。

拭き取る

パックが終わったらホホバオイルを拭き取ります。拭き取るのは、蒸しタオルやティッシュでいいのです。ただし、ホホバオイルを拭き取る時は、ゴシゴシと擦らないように注意しましょう。

洗顔する

ホホバオイルでのマッサージとパックが終わり、拭き取った後は、洗顔料で洗顔します。洗顔時も手で、ゴシゴシと擦るのは厳禁です。基本的に、洗顔料をシッカリと泡立てて、泡で毛穴の汚れを吸着する方法の洗顔を行うのが、毛穴に優しく安全な洗顔方法です。

化粧水、美容液を使う

毛穴の汚れや黒ずみ、角栓をホホバオイルと洗顔で取り除いたら、毛穴を引き締める収れん化粧水や、毛穴に効果がある化粧水を使います。

お肌の新陳代謝を促進したり、皮脂の分泌をコントロール、肌のハリを取り戻したい場合には、ビタミンC誘導体が配合されている化粧水や美容液を使うと良いです。

保湿する

最後に保湿をします。ホホバオイルや洗顔料で、毛穴の黒ずみや角栓を取り除いても、そのままにしていると、肌が乾燥し、逆に皮脂の分泌が過剰になり、結果として、毛穴の黒ずみや開きがひどくなる可能性があります。 
この為、余分な皮脂の分泌を抑える為にも、肌の乾燥を防ぐために、最後に保湿はシッカリと行う必要があります。

特に乾燥肌が原因で皮脂の分泌が激しくなっている場合には、保湿はシッカリと行うためにセラミド配合の化粧品で保湿をすることがオススメです。

セラミドとは?

セラミドとは、最強の保湿成分と言われています。セラミドは、人間の皮膚にも、元々ある成分ですが、湿度が0度でも水分を抱え込んで乾燥させません。

また、気温がマイナス20度になっても、水分を凍らさずに保持できるので、最強の保湿成分と言われています。 
この為、セラミド配合の化粧品をシッカリと塗ると、決められた時間は、肌の乾燥をシッカリと防いで、保湿して乾燥から肌を守ってくれます。

セラミド配合の化粧品を使う場合の注意点とは!?

セラミド配合の化粧品は、効果がシッカリとあるのですが、その分、価格は高くなっています。だいたい、3000円以上です。この為、安いモノを選んで購入する人もいますが、安物は、使われているセラミドの成分が良くない場合があるので注意が必要です。

また、もったいないので、塗る量を規定量より少なく塗る人もいます。決められた量のセラミドを塗らないと、保湿効果も十分に発揮しないで、肌が乾燥する危険性があります。

セラミド配合の化粧品を塗る場合には、使用量はケチらずに、キチンと塗って、シッカリと保湿をする必要があります。
 
セラミドの詳細はコチラのページ
 

短期間での効果は期待しない

ホホバオイルは、毛穴の黒ずみや角栓の原因の脂質に近い油なので、肌に優しく使えます。

気になる毛穴の黒ずみは、硬くなっているので、チカラをいれて擦っても摂れません。この為、チカラを入れずに、継続してホホバオイルを馴染ませて、時間をかけて行う必要があります。

焦って、毛穴の黒ずみや角栓を取ろうとすると、皮膚を擦ったり、無理なスキンケアをしてしまうので、逆に肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

また、効果がでないことに焦ると、ストレスが溜まる原因にもなります。ストレスは溜まりすぎると自律神経のバランスを崩し、お肌にも良くないので、初めから焦らずに気長に取り組むのがオススメです。

年齢経過で新陳代謝が落ちていませんか!?

人間は、年齢の経過とともに新陳代謝が落ちてしまいます。新陳代謝が落ちると、肌細胞が新しく生まれ変わるまでの時間も若い時と比べると長期間が必要になります。

このお肌の生まれ変わりのサイクルを、お肌のターンオーバーと言います。皮膚では、肌の少し奥で、新しい肌細胞を作っています。そして、時間の経過とともに肌の表面に上がってきて、最後は、垢として剥がれ落ちます。

加齢によってお肌のターンオーバーが遅くなると、肌の表面に古い角質が溜まり、肌が硬くなります。また、古い皮膚が肌に残っているので、シミやくすみも目立ちやすくなります。

そして、古い角質は、毛穴に詰まって、皮脂と混じって、毛穴の黒ずみや角栓の原因になる事もあります。このような場合には、古い角質を取り除くスキンケアが毛穴の黒ずみを取り除く為にも効果が期待できます。

古い角質を効果的に取り除く方法とは!?

古い角質が出来て、毛穴の黒ずみや角栓が出来れいる場合には、古い皮膚を取り除くスキンケアが適しています。

古い皮膚を取り除く為には、洗顔、美容液、乳液、保湿クリームなどの、いつものスキンケアに加えて、ピーリングを利用すると良いです。

ピーリングは、1週間から2週間に1度、2度で良いので、時間も費用もあまりかからないで、古い角質を簡単に取り除けて、毛穴ケアにも効果が期待できます。

まとめ

乾燥する肌や毛穴の黒ずみ、角栓がある肌など、肌のスキンケアを効果的に行いたい場合には、ホホバオイルを利用するのも1つの方法です。ここでは、ホホバオイルを使った毛穴の黒ずみと角栓を効果的にとりのぞく使い方、使用方法をまとめて紹介しました。