美肌を手に入れる為に、精製水のパックやスキンケアの使い方をどのようにするといいのか?を紹介します。

また、精製水をスキンケアに使う場合には、間違った使い方をしていると美肌を目指すどころか?乾燥肌などの肌トラブルを引き起こす危険性もあります。

この為、ここでは、正しい精製水パック、精製水スキンケアの使い方を紹介しつつ、注意するべき点も紹介するので、正しく精製水を美容の為に使う方法が学べます。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

精製水は、安いので使いやすい!?

そもそも、精製水は、ドラッグストアや薬局に行けば1本が500mlが100円程度で、購入できるお手軽な商品です。

本来は、精製水は、加湿吸入器に使う水やコンタクトレンズの洗浄などに使われています。通常の水との違いは、蒸留やイオン交換、ろ過など精製して不純物を取り除き、比較的に純粋な水です。

なぜ、精製水は美容に良いのか!?

水道水には、カルキなどの肌に悪い成分も含まれています。特にカルキは、肌内部のタンパク質を破壊する効果があります。

この為、超敏感肌、超乾燥肌など、肌が弱っている人は、水道水で顔を洗うだけでも刺激が強い場合もあります。

もちろん、健康な肌の人でも、水道水のカルキなどの余分な刺激を防ぐことで、美肌効果が得られるというのが、精製水パックや精製水スキンケアの良い点です。

また、精製水を使うことで、肌に付いたカルキを洗い流すこともできます。

精製水のスキンケアの使い方の種類と方法

精製水をどのようにスキンケアに使うことができるのかを紹介します。

  • 精製水を使うと化粧水の浸透力がアップする使い方
  • 洗顔で精製水を利用する使い方
  • 精製水パックの方法
  • 保湿化粧水として使う使い方

 
以上のように、精製水をスキンケアとして使う場合には、上記のような使い方が出来ます。

精製水を使うと化粧水の浸透力がアップする使い方

精製水をスキンケアに使うと、化粧水の浸透が良くなる効果があります。水道水で顔を洗うと、肌に塩素が残ってしまいます。精製水を付けることで、肌に残っている塩素を洗い流すことが出来ます。

塩素を洗い流して化粧水を使うと、化粧水の浸透が良くなります。この為、洗顔後、化粧水を塗る前に精製水を使うことで、化粧水の効果をより一層、期待できます。

このように、精製水は、プレ化粧水として使うことで、手軽に、その後に使う化粧水や美容液の効果を増すことができます。

プレ化粧水として使う場合には、100円均一などで売られているスプレーボトルで、シュッシュと霧状にして顔にかけるだけでも効果が期待できます。

洗顔で精製水を利用する使い方

精製水を洗顔として使う方法を紹介します。精製水で、洗顔する場合には、コットンを使います。コットンにタップリと精製水を付けてパッティングします。

精製水は、元々、価格が安いので、使用する量は気にせずバシャバシャと使うのがポイントです。

精製水をコットンに付けて洗顔する場合には、肌をゴシゴシと擦ってはいけません。肌の保湿に必要な皮脂や角質が剥がれ落ちるので、優しくパッティングするのが基本です。

精製水パックの方法

精製水を使ってパックをすることもできます。精製水パックを行う場合には、精製水と化粧水か美容液を2対1で混ぜます。

精製水と化粧水、美容液を混ぜた物をコットンや厚手のキッチンペーパーに下して、フェイスパックとして気になる部分に乗せます。

精製水が多いので、通常のパックよりも乾燥するのが早いので、パックの時間は5分程度で良いです。

保湿化粧水として使う使い方

精製水は、グリセリンと混ぜることで保湿化粧水として利用することもできます。グリセリンは薬局やドラッグストアで安く買えます。

精製水で使う保湿化粧水に必要なモノとは?

精製水で作る保湿化粧水を作る場合には、下記のようなモノが必要です。

  • 保湿化粧水を入れる容器
  • 精製水
  • グリセリン
  • 精油

 
まず、はじめに、精製水で自分で作った化粧水を入れる容器を用意します。化粧水の空きボトルやペットボトルでも良いのですが、無い場合は、100円均一などで化粧水を入れる容器を購入するのも良いです。

この他に、化粧水の元になる精製水とグリセリンを用意します。さらに、必要に応じて精油などを入れても良いです。

精製水で作る保湿化粧水の作り方とは?

精製水は100mlを、化粧水を入れるボトルに入れます。グリセリンは、小さじ2分の1~4分の1程度入れません。

グリセリンの分量は、少なめにするとサッパリとした化粧水になります。また、多めに入れるとシットリとします。

最後に精油を加えると、肌の悩みに合わせた化粧水を作れます。また、精油による香りも楽しめます。

精製水をスキンケアやパックで使う場合の注意点とは!?

精製水を使ったスキンケア方法を色々と紹介しました。精製水は、コットンに染み込ませて使うので、使い続けていると、人によっては、拭き取り化粧品のように使えると勘違いする人もいます。

しかし、精製水は、ただ単に純粋な水です。期待できる効果は、水道水の塩素を洗い流す効果があるだけです。拭き取り化粧水としてコットンに精製水を染み込ませて、肌を擦ると、肌にダメージを与える可能性があるので注意して使う必要があります。

精製水、化粧水後の保湿をしないと乾燥肌になる!?

精製水を使ってスキンケアやパックをした後は、化粧水や美容液を使って、肌に栄養を与えます。その後、速やかに乳液やクリームを使って保湿する必要があります。

精製水は、そもそも。水でしかありません。その為、顔に精製水を付けてもスグに乾燥します。精製水が蒸発する時は、肌に元々ある水分も一緒に蒸発します。

この為、精製水を付けて放置していると、より乾燥が激しくなる可能性がります。その為、精製水を使った後は、スグに化粧水や美容液を使い、早く乳液やクリームで保湿する必要があります。

精製水の保存方法は、注意が必要!?

購入した状態の精製水は、綺麗な純粋な水なので肌に付けても害はありません。しかし、保存方法を間違えると、皮膚に害になり、肌トラブルを起こす可能性があるので注意が必要です。

1週間以内に使い切る

精製水は、開封後、微生物や雑菌が入る可能性があります。この為、開封後の精製水は3日もすれば、純粋な精製水ではなくなるとも言われています。その為、1週間以内に使い切った方が良いと言われています。

保管方法は注意する

雑菌の繁殖を出来るだけ抑える為に、清潔な状態で、冷蔵庫など雑菌が繁殖しにくいところで保管するのも良いと思います。ただし、新しくない冷蔵庫は雑菌が多い場合もあります。出来れば、化粧品専用のクーラーを使うと雑菌が繁殖しない環境が作れて安心です。

詰め替えボトルはキチンと消毒する

精製水を使った化粧水などを作る場合には、元々、化粧水が入っていたようなボトルを使うのが簡単に使えて良いです。何度も、繰り返し使いたい場合いは、市販のスプレーボトルを購入して使います。

このように、スプレーボトルなどを使う場合には、煮沸消毒などをして、雑菌が繁殖しないように注意する必要がります。

精製水をスキンケアに使っても効果がない場合は!?

特に加齢によって、肌の状態が悪くなってきたり、肌がガサガサで硬くなってきている場合には、古い角質が皮膚の表面に出来ている場合があります。

このように古い角質が増えると、精製水を使っても化粧水の浸透は良くならない場合があります。その原因は、肌の表面に古い肌が硬くなって残っているので、化粧水の浸透を妨げている為です。

古い角質が肌の表面に出来る原因とは?

古い角質が出来る原因は、お肌のターンオーバーの遅れ、スキンケア不足などが原因です。特に、人間の肌は、年齢の経過とともに細胞の生まれ変わりのお肌のターンオーバーが遅れます。

お肌のターンオーバーが正常であれば、皮膚は垢として剥がれ落ちます。しかし、お肌のターンオーバーが遅れると、なかなか垢として剥がれ落ちずに、古い角質として、皮膚表面に残ってしまいます。

古い角質の対処方法とは?

古い角質が皮膚の表面に残っている場合には、精製水や化粧水では解決できません。古い角質を取り除く必要があります。その為に利用でいるスキンケアがピーリングです。

ピーリングは、酸性の薬剤によって皮膚の表面を溶かすことで、古い角質を取り除くことが出来ます。この為、ピーリング後は、化粧水の浸透が良くなります。

肌を溶かすというと怖いイメージがあるかもしれませんが、最近では、市販されているピーリングジェルは、美容成分を含み、肌に悪い成分を出来るだけ使わずに、肌に優しく使えるモノが増えています。

パッケージに記載されている使い方を正しく守ってピーリングを使うと、肌のトラブルは起こりにくいと感じています。もちろん、根本的に肌に合わない場合もあるのでパッチテストは必要ですよ。

まとめ

精製水を使ったスキンケアは、プレ化粧水、自家製化粧水、精製水パックなど、色々な使い方をすることが出来るので、ここで紹介した方法を参考に美肌を目指すことが出来ます。

化粧水の浸透を良くする為には、精製水をスキンケアやパックで使うと効果が期待できますが、使い方が正しくても効果がなく、肌に古い角質が出来ている場合にはピーリングを試すのも良いと思います。