ヨーグルトで美肌になる理由とは?
ヨーグルトで美肌になった女性の写真

ヨーグルトで美肌になるって本当なのでしょうか?

これは、肌トラブルが起こる原因を考えると理解できます。その為、まずは、肌トラブルが起こる原因を紹介します。

肌トラブルが起こる原因とは?

肌トラブルを起こす原因としては、外的要因と内的要因の2つがあります。

肌トラブルが起こる外的要因とは?

肌トラブルを起こす原因の外的要因としては、「紫外線」や「乾燥」と言った外的要因でお肌にダメージを与える事が原因になる事があります。

この為、春から夏の紫外線が強くなる季節は、紫外線対策としてUVカット用に日焼け止めが大切になります。また、秋から冬にかけては、大気が乾燥するので、肌の乾燥対策として保湿をシッカリと行う必要があります。

このように、外的要因で、肌トラブルが起こる場合には、肌に直接、何らかの対策をとる必要があります。日焼け止めや保湿などスキンケアが外的要因を克服して美肌を手に入れる為に重要になります。

肌トラブルが起こる内的要因とは?

内的要因によって起こる肌トラブルとは、腸内環境が関係します。腸内には、善玉菌と悪玉菌と言った菌があります。善玉菌が増えると元気になり、悪玉菌が増えると体の害になります。

人間のカラダは、食べたものによって作られています。特に、食べたものは、胃で消化され、腸で吸収されます。胃で吸収されたものは、エネルギーに変えられて血液を通じて全身に送られます。この為、腸に出来た善玉菌や悪玉菌も全身に影響を与えます。

悪玉菌とは!?

悪玉菌とは、人間の体内の腸に生息する、人体に有害な作用をする腸内細菌です。悪玉菌は、食べたものが腸内で腐敗させて、有害物質を発生します。

悪玉菌から作られる有害物質は腸で吸収されて全身に運ばれます。この毒素が原因で、肌荒れやニキビの原因にもなります。

悪玉菌の肌トラブルを防ぐためにヨーグルトを活用する

腸内細菌が、悪玉菌が優位になり、善玉菌が少なくなると肌トラブルが改善されます。悪玉菌を抑えて、善玉菌を優位にする為には、ヨーグルトなどで、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を取り入れるのが効果的です。

この為、ヨーグルトを毎日食べて、腸内環境を善玉菌優位に変えることによって、悪玉菌が減ることで、肌トラブルを抑えて、美肌を目指すことが出来るという訳です。

ヨーグルト自体にも美肌効果が期待できる成分が入っている

ヨーグルトには、美肌を手に入れる効果が期待できる栄養成分が入っています。

具体的には、乳酸菌とビタミンB群です。ビタミンB群は、新陳代謝を活発にする効果があると言われています。ヨーグルトで、ビタミンB群を摂取することで、お肌の新陳代謝を活発にしてお肌のターンオーバーを促進すると、新しい肌細胞が順調に作られるので、美肌を手に入れやすくなります。

この他にもヨーグルトには、「フルーツ酸」、「乳清」、「カルシウム」、「リン」
と言った栄養成分もあります。

フルーツ酸の美肌効果

フルーツ酸には、古い角質を取り除く効果があると言われています。その為、シミやくすみが出来た場合でも肌を綺麗にすることができます。

乳清の美容効果

乳清は、肌に近い成分で、保湿効果が期待できます。

カルシウムの美肌効果

ヨーグルトにはカルシウムが配合されています。カルシウムと言えば牛乳が有名ですが、牛乳よりもヨーグルトの方がカルシウム量が多いとも言われています。カルシウムは、イライラを抑える効果があるので、ストレスを抑えることが出来ます。

ストレスがたまると、自律神経などのバランスが乱れるので、肌荒れを起こすかのうせいがあります。この為、ヨーグルトでカルシウムを取ることで、ストレスを溜めないようにすることで、美肌効果が期待できます。

ヨーグルトは、美肌効果がいっぱい

以上のように、ヨーグルトには、美肌効果が期待できる成分が沢山配合されています。その為、肌トラブルを防いで、美肌を手に入れる為にも効果的です。

>>> ヨーグルトの効果を詳しく知りたいならコチラ

 

関連記事

 

腸内環境を良くする方法

腸内環境をよくする方法【まとめ】