オリゴ糖とヨーグルトの関係とは?

ヨーグルトを毎日、食べておくことによって、腸内に乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を増やすことができます。腸内で、善玉菌を増やすことができると美容と健康を改善することが出来ます。

さらに、ヨーグルトは、オリゴ糖を同時に摂ることによって、ヨーグルトの効果を高めることが期待できます。

ヨーグルトを食べる時の注意点

ヨーグルトを食べる場合には、キチンと超まで乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を腸まで送り届ける必要があります。食べたものは、まずは、胃で消化されます。もちろん、胃でヨーグルトも消化されます。この為、胃酸に負けずに腸まで生きて届く善玉菌をヨーグルトで食べる必要があります。

まずは、ヨーグルトを食べて、ビフィズス菌や乳酸菌の善玉菌が腸まで届くというのが基本になります。オリゴ糖を食べる場合には、ヨーグルトと一緒にたべますが、まずは、ヨーグルトの善玉菌が腸まで生きて届くというのが前提です。

オリゴ糖の特徴と効果

ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べることによって、ヨーグルトの効果で、便秘や肌トラブルなどを改善する事が出来ると言われています。

そのオリゴ糖には、胃や腸で消化吸収されずに腸まで届くといった特徴があります。そして、腸まで届くことによってオリゴ糖は、ビフィズス菌の餌になります。

特に、ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜるメリットとしては、オリゴ糖にも甘さがある点です。オリゴ糖に砂糖を入れて食べる人もいますが、オリゴ糖は砂糖に比べて低カロリーです。この為、ダイエットにも良く、腸内環境を整えるのも特徴です。

また、オリゴ糖の特徴としては、摂取量が少なかったとしても優れた効果を発揮します。このようにヨーグルトをより効果的にすることが出来るのがオリゴ糖の特徴です。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖にも種類があります。ここでは、オリゴ糖の種類と特徴を紹介します。

  • 乳果オリゴ糖
  • ラフィノース
  • ガラクトオリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖

オリゴ糖には、上記のような種類があります。それぞれのオリゴ糖の特徴や効果を下記で紹介します。

乳果オリゴ糖の特徴と効果

乳果オリゴ糖は、別名をラクトスクロースとも言われるオリゴ糖です。乳果オリゴ糖のオリゴ糖は、乳糖とショ糖で作ることが出来ます。また、乳果オリゴ糖の効果としては、オリゴ糖の中でも特にビフィズス菌を腸内で増やすチカラが強い点です。

ラフィノースの効果と特徴

ラフィノースと言うオリゴ糖は、ビートと言う砂糖大根を原料にして作ることが出来る天然成分のオリゴ糖です。ラフィノースを食べることによって期待できる効果としては、腸内の菌を改善したり、整える整腸作用、免疫量の向上が期待できます。さらに、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和する効果もあると言われています。

ガラクトオリゴ糖の効果と特徴

ガラクトオリゴ糖は、赤ちゃんが飲む母乳に多く含まれているオリゴ糖です。ガラクトオリゴ糖に期待できる効果としては、腸内でビフィズス菌を増やす効果が増します。また、タンパク質を消化したり、吸収をサポートする効果がガラクトオリゴ糖には期待できます。

フラクトオリゴ糖の特徴と効果

フラクトオリゴ糖は、ニンニク、バナナ、ゴボウ、ヤーコンなどに含まれているオリゴ糖で、これらを材料に作ることもできます。

どのような特徴があるのかと言うと、フラクトオリゴ糖は、まろやかな甘さがある点です。味に癖がないのでヨーグルトなど、色々なモノに混ぜて食べることができます。

フラクトオリゴ糖で期待できる効果は、腸内で善玉菌を増やすことによって、腸内環境を整える点です。さらに、腸内環境を整える以外にもミネラルの吸収を促進する事も出来ます。また、骨密度の低下を抑制することが出来るので、骨粗鬆症が心配な人にお勧めなオリゴ糖です。

キシロオリゴ糖の効果と特徴

キシロオリゴ糖のオリゴ糖は、食物繊維で作られています。キシロオリゴ糖のオリゴ糖としての特徴は、低カロリーなので、ダイエットにオススメです。また、食べたときにキシロオリゴ糖は、虫歯の原因になりにくいと言った特徴もあります。虫歯が心配な人は、キシロオリゴ糖を利用するといいです。

キシロオリゴ糖の特徴は、継続して取り続けることによって、少しの量でも腸内のビフィズス菌を育てて増やす効果が期待できます。その為、腸内環境を整えることで、美容や健康に効果が期待できます。

大豆オリゴ糖の特徴と効果

大豆オリゴ糖は、名前の通り大豆などのマメ科の食べ物から作ることが出来るオリゴ糖です。具体的な作り方は、大豆を分離、精製することで大豆オリゴ糖は作ることが出来ます。

大豆オリゴ糖の特徴は、色々とあるオリゴ糖の中でも特に腸内のビフィズス菌を増やす力が強いのが特徴です。その為、腸内環境を整える整腸作用や免疫力の向上も期待できます。

イソマルトオリゴ糖の効果と特徴

イソマルトオリゴ糖の特徴は、酸と熱に強い点です。酸に強いので生きたまま腸に届きやすいです。また、熱に対しても強いので、料理で加熱して使う場合にもお勧めです。

また、イソマルトオリゴ糖は、虫歯の原因にもなりにくいので、子どもが食べるお菓子などに使うのも良いでしょう。

イソマルトオリゴ糖で、期待できる効果としては、腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌などに効果的で、美容や健康にも効果的に善玉菌を活性化させる為です。

このように、イソマルトオリゴ糖を取ることで、腸内環境を良好にすることが出来ます。

オリゴ糖とヨーグルトの組み合わせが効果的

以上のように、オリゴ糖にも色々な種類がありますが、特にヨーグルトと一緒にオリゴ糖を取ることによって、腸内環境を整える事で、美容や健康など、色々と体調を整える効果が期待できます。
 

>>> ヨーグルトにはどんな効果があるのか?詳細はコチラ

 

関連記事

 

腸内環境を良くする方法

腸内環境をよくする方法【まとめ】