寝る前にヨーグルトを食べるとダイエット・美容に良いのは本当か?

色々なダイエット方法がありますが、寝る前にヨーグルトを食べる夜ヨーグルトダイエットは、簡単に出来るダイエット方法としても人気です。

なぜ、夜、しかも寝る前にヨーグルトを食べるのがダイエットや美肌に良いのでしょうか?これは、夜といった特殊な時間に理由があります。

夜は美容と健康に大切なタイミング

夜は腸のゴールデンタイムとも言われています。特に、夜の22時から朝の2時にかけては、腸の働きが活発になるとも割れています。だから、腸のゴールデンタイムとも言えるわけです。

特に、夜は、夕食を食べた後でもあり、胃酸が減っているんどえ、ヨーグルトが胃を通過して腸まで届きやすいです。また、ヨーグルトに含まれているカルシウムは寝ている時に吸収されやすくなります。

さらに、カルシウムは、成長ホルモンが分泌する時に必要になります。この為、夜にヨーグルトを食べると成長ホルモンの分泌にも良い訳です。

夜の22時から朝の2時は、睡眠のゴールデンタイムでもある

夜の22時から朝の2時までは、腸のゴールデンタイムであるのと同時に、シンデレラタイム、睡眠のゴールデンタイムでもあります。この時間帯に寝ていることによって、体内で成長ホルモンが分泌されるので、子供なら身長が伸びます。大人でも肌細胞を活発に作って美肌を目指せたり、毛髪の成長を促進するなどのように健康と美容に効果が期待できます。

夜のヨーグルトは、睡眠の質も良くする

ヨーグルトには、アミノ酸も含まれています。このアミノ酸には、トリプトファンという成分が含まれています。トリプトファンは、質のいい睡眠をとるのに必要なセロトニンんを生成する作用があります。この為、夜、寝る前にヨーグルトを食べることで、より良い睡眠をとることが期待できます。

ちなみに、セロトニンは脳内を整えることで、鬱病などの人が飲むと良いサプリメントとしても知られています。この為、夜、寝る前にヨーグルトを食べるとダイエット以外にも鬱病などにも効果が期待できるかもしれませんね。

夜に食べるヨーグルトのタイミングとは?

夜に食べるヨーグルトは、眠る前に食べるという方法と食後に食べる方法があります。食べる量は200グラムです。200グラムと多いので食後に食べるのは大変です。この為、晩御飯は、食後のヨーグルトが食べれるように減らしておく必要があります。また、食後に食べる場合には、寝る前の3時間前に食事をするのがポイントです。

あと、夜に食べるヨーグルトダイエットとしては、寝る前に食べる方法をオススメしている人もいます。このように、夜ヨーグルトを食べる場合には、自分の生活に合わせて取り入れてみると良いです。
 

>>> ヨーグルトの効果の詳細はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

 

腸内環境を良くする方法

腸内環境をよくする方法【まとめ】