ホットヨーグルトダイエットのやり方を紹介

より簡単にダイエットをしたい人にお勧めなのが、ホットヨーグルトダイエットです。ここでは、ホットヨーグルトダイエットのやり方を紹介します。

ヨーグルトは、元々、腸内環境を整える整腸作用によって、善玉菌の量を増やすことで、免疫力を高めたり、美容や健康と言ったように色々なメリットがある食べ物です。

そのヨーグルトの効果をさらに高くすることが出来るのが、ホットヨーグルトダイエットです。ホットヨーグルトダイエットのやり方は、基本的には、ヨーグルトを暖めて食べればいいだけなので簡単に出来るのが特徴です。

冷たいヨーグルトは腸内環境にデメリットになることもある

ヨーグルトは、美容や健康など、色々と効果が期待できます。その効果を実感する為には、1度に200グラムと言ったようにある程度の量を食べる必要があります。これは、胃酸によって、ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が、ある程度、死滅してしまうからです。

これだけ、多くのヨーグルトを食べると、腸内環境を改善する事は期待できます。ただし、多くのヨーグルトを食べると内臓が冷えてしまいます。胃腸が冷えることによって、胃腸の活動が低下します。

胃腸が冷えることで、冷え症を促進させると、脂肪を蓄えるようになり、ダイエットや健康にも良くない効果もあります。

ホットヨーグルトダイエットのメリット

ホットヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを暖めて食べるので、体を冷やさないで、ヨーグルトの効果を獲得することが期待できます。

また、今まで、牛乳やヨーグルトなどを飲んだり、食べたりした場合には、お腹がゴロゴロして食べることが嫌であった人も多いと思います。そのような人でもホットヨーグルトダイエットで使うホットヨーグルトは、胃腸にも優しいので試しやすいです。

さらに、ホットヨーグルトは、冷たいヨーグルトを食べた時と比べると、乳酸菌やビフィズス菌の働きを活発にすることができるので、整腸作用の効果が高くなるので、今まで、冷たいヨーグルトを食べて、効果が実感できなかった人でもホットヨーグルトダイエットは試してみる価値があります。

ホットヨーグルトダイエットは、腸内環境を整えて、腸内の善玉菌を増やすので、ダイエット以外にも便秘や美肌、健康など色々と効果が期待液ます。

より効果を実感する為に大切な方法

ホットヨーグルトダイエットを実践するなら、出来れば、夜にホットヨーグルトを食べるのが効果的です。夜、寝ている時にでる、成長ホルモンの効果や吸収しやすくするといったような点で、夜にホットヨーグルトを食べるのがオススメです。

ホットヨーグルトダイエットのやり方

ホットヨーグルトダイエットを実践する時のやり方を紹介します。

ホットヨーグルトの作り方

材料は、無糖のプレーンヨーグルトを使います。ヨーグルトの量は、100グラムから200グラムです。これに、水と蜂蜜をを大さじ1杯を加えます。

上記のヨーグルトを耐熱容器に入れて、サランラップなどの蓋をしないで、電子レンジで温めます。電子レンジは、500W~600Wのもので1分程度暖めます。

基本的には、ひと肌程度に温めればいいです。あまり、加熱しすぎると乳酸菌が熱で死滅して意味がなくなるので注意が必要です。

ホットヨーグルトダイエットの方法

ホットヨーグルトは、夜ごはんを食べた後に食べるのがオススメです。空腹時に食べると、胃酸で乳酸菌が殺されてしまうので、腸まで届く乳酸菌が減ってしまいます。

また、ホットヨーグルトダイエットをする場合には、食事では、野菜を多く食べるようにします。また、食後にホットヨーグルトを食べる場合には、その分、ご飯を少なくしていきます。

この他にもダイエットを行う為には、甘いお菓子などの間食やお酒は控えめにして、体を動かすような事も心がける必要があります。

ホットヨーグルトダイエットをしているからと言って、色々と食べ過ぎるとダイエットは成功しないので注意が必要です。
 

>>> ヨーグルトには、どんな効果があるのか?詳細はコチラ

 

スポンサーリンク

関連記事

 

腸内環境を良くする方法

腸内環境をよくする方法【まとめ】