オクタコサノールは、どのような効果が期待でき、どんな食品に含まれているのでしょうか?

ここでは、オクタコサノールについて


  • オクタコサノールとは?何か?
  • 期待できる効果・効能とは?
  • 食品、食べ物は何に含まれているのか?
  • 効率的な摂り方とは?
  • 副作用・安全性は?
  • 注意点は、何かあるのか?

 
と言ったような点をまとめて紹介しています。
 
オクタコサノールが気になる人に読みやすいようにまとめたので、参考にしてもらえれば幸いです。
 

 

 
「オクタコサノールって何?」

運動機能の向上」「スタミナ・持久力をつける」「疲労回復」「コレステロール対策」「生活習慣病の予防」「ストレスの緩和」などへの作用が期待できます。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

オクタコサノールとは?

オクタコサノールとは、「植物の葉」、「ぶどう、リンゴなどの果物の皮、種」などに存在する植物ワックスから抽出されるアルコールのひとつです。

植物ワックスとは?
植物ワックスとは、植物や果物の葉や、茎、花、果実、種子などの表面にあり、病気や害虫から身を守りるためのものです。また、植物内の水分が蒸発しないように調整している成分で、植物の保護膜です。

 
具体的に、オクタコサノールが含まれているモノとしては、

  • 米ぬか
  • 米胚芽
  • 小麦胚芽
  • サトウキビ
  • ブドウの皮
  • リンゴの皮
と言った様に、色々な植物の種子や果物の外皮などに存在します。
 
上記の通り、オクタコサノールは、色々な種子や果物、茎などに入っています。

オクタコサノールの英語での表記は?

オクタコサノールは、英語では、「Octacosanol」と表記します。

代表的な別名

オクタコサノールの代表的な別名は、トリアコンタノールと言います。

色々な別名があり、

  • オクタコサノール
  • ヘキサコサノール(Hexacosanol)
  • オクタコシルアルコール(Octaxosyl alcohol)
  • テトラコサノール(Tetravosanol)
  • トリアコンタノール(Triacontanol)
と言ったような呼び方もされます。

渡り鳥の大切なスタミナ源

オクタコサノールは、渡り鳥のスタミナ源であると言われています。

渡り鳥は、海を渡り、数千キロの距離を休まず飛び続けます。これほどのスタミナを発揮している理由が、植物の種子に入っているオクタコサノールのおかげであると言われています。

このように、オクタコサノールは、植物ワックス由来のスタミナ源として、有名な成分です。

どんな効果・効能が期待できるのか?

オクタコサノールの基本的な効果効能としては、身体の酸素の利用を改善する作用があるようです。

 
体の酸素の利用を改善することによって、

  • 運動能力や機能を向上させる
  • スタミナをつけ、持久力を高める
  • 筋肉痛を軽減・疲労回復
  • 脂肪の蓄積を抑制
  • コレステロール対策
  • 生活習慣病の予防・対策
  • ストレスの緩和
  • パーキンソン病対策
と言った様な症状に効果が期待できるようです。

 
また、オクタコサノールは、薬を作るのにも使われているようです。

また、オクタコサノールのサプリメントを利用することで、神経疾患の改善の目的などにも利用されているようです。

運動能力や機能を向上させる

オクタコサノールは、運動能力を向上させる効果が期待できます。

オクタコサノールは、酸素の利用を促進する働きがあるので、全身の細胞に酸素を送りやすくすることで、運動機能の向上が期待できます。

このようなオクタコサノールの働きによって

  • 運動能力の向上
  • 筋肉痛の軽減
  • 鋭敏性がまし感覚が鋭くなる
  • 反射力が増す
  • 活力の増強
  • 基礎代謝の向上
といった効果も期待できるようです。
 
このように運動機能を向上させたい場合に、継続的にオクタコサノールを摂取するといいです。

スタミナをつけ、持久力を高める

オクタコサノールは、運動能力を向上させ、スタミナや持久力を高める効果が期待できます。運動をしてエネルギーが不足すると、肝臓や筋肉に蓄えられたグリコーゲンという動物のエネルギー源が使われます。

オクタコサノールを摂取することで、筋肉に蓄えられたグリコーゲンを効率的にエネルギーに変換されることで、スタミナ切れを防いで、スタミナ、持久力を高めます。

このように、オクタコサノールを補うことで、効率的にエネルギーを生み出すことができますが、基本的に、継続的な摂取が必要です。

体がエネルギーを生み出す仕組み
人間が体を動かすためには、エネルギーが必要です。エネルギーは、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素のひとつである炭水化物をエネルギーに変えて使用します。

もしも、炭水化物がエネルギーとして使われなかった場合、肝臓や筋肉にグリコーゲンという動物のエネルギー源として蓄えられ、エネルギー不足になったときに使われます。

筋肉痛を軽減・疲労回復

オクタコサノールは、運動後の筋肉痛を軽減する効果があると言われています。

筋幾通を軽減しつつ、疲労回復効果も期待できるようです。

脂肪の蓄積を抑制

ラットを使った研究で、オクタコサノールを摂取することで、脂肪細胞への脂肪の蓄積を抑制する効果があるといったデータがあるようです。

筋肉細胞おいて遊離脂肪酸の動員を増加させる効果も期待できるようです。

コレステロール対策

オクタコサノールは、「LDL悪玉コレステロールを低下」させて、「HDL善玉コレステロールを維持」することで、コレステロールが気になる人の対策効果も期待できます。

生活習慣病の予防・対策

オクタコサノールは、悪玉コレステロールを低下させ、善玉コレステロールを維持することで、心疾患、動脈硬化、高血圧、肥満などの生活習慣用の予防対策に良いと言われています。

実際に、高血圧や糖尿病に対して、小規模ながら行われた臨床試験で、効果が示唆されているようです。

高脂血症患者へのオクタコサノールを主成分としたポリコサノールを1日、10mg摂取すると症状が改善したという研究結果もあるようです。

ストレスの緩和

オクタコサノールは、ストレスに対する抵抗性が認められています。

具体的なストレスの例としては、

  • 緊張や不安の精神的なストレス
  • 暑さ、寒さなどの気温変化のストレス
  • 騒音などの環境的なストレス
といった様なストレスの緩和効果が期待できます。

パーキンソン病対策

オクタコサノールをパーキンソン病のラットに対して、1日、体重キロ当たり、35~70mgを14日間摂取させたところ、病気が原因の脳神経障害が軽減したという研究があります。また、パーキンソン病の患者に臨床試験において、症状の改善があったとも言われています。

具体的には、小麦胚芽オイルユリのオクタコサノールを1日、15mgを6週間摂取すると、症状の有意な改善があったという報告もあります。

この為、オクタコサノールは、パーキンソン病の対策として効果が期待できるようですが、薬との相性もあるので、勝手に摂取するのは厳禁です。

人によっては、パーキンソン病の人に、オクタコサノールは使ってはいけないとも言う人がいるので、必ず、医師に相談しましょう。

パーキンソン病薬を使っている人は要注意

パーキンソン病の治療薬を使っている人が、オクタコサノールを摂取すると、神経の緊張を高めてしまう可能性があるので注意が必要です。

この為、パーキンソン病の人、または、それ以外の病気や怪我の治療をしている人は、オクタコサノールの使用は、医師に相談するのが必須です。

オクタコサノールを含む食品・食べ物とは?

オクタコサノールを含む食べ物、食品を摂取することで、運動機能の向上などの作用が期待できます。

具体的に、オクタコサノールを含む食品、食材としては、

  • ブドウの皮
  • リンゴの皮
  • サトウキビ
  • 米ぬか
  • 米胚芽
  • 小麦胚芽
  • 小麦胚芽油
  • アルファルファ(もやしの一種)
といった食べ物に含まれています。
 
特に、安全に、オクタコサノールを摂取したい場合には、食品を利用するのが安心です。

オクタコサノールの効率的な摂り方

オクタコサノールを効果的に摂取したい場合には、リンゴの皮、ブドウの皮、サトウキビなどの普通の食品から摂取するのが安全でオススメです。

しかし、これらの食品には、オクタコサノールは微量しか入っていないので、十分な量を摂取するのは難しいようです。

サプリメントの活用方法

オクタコサノールは、サプリメントで摂取することによって、運動能向上、神経疾患の改善などが期待できると言われています。

実際に、ネットショップなどでもオクタコサノールのサプリを購入することができます。

サプリメントの摂取方法

オクタコサノールのサプリメントを摂取する場合は、短期間では効果は期待できません。これは、サプリメントは食品であり、医薬品ではないためです。

この為、オクタコサノールのサプリを利用する場合には、継続して利用する必要があります。

オクタコサノールのドリンク

オクタコサノールは、食品やサプリメント以外にもドリンクに配合されている商品もあります。

サプリメントが苦手な人は、ドリンクタイプでオクタコサノールを摂取するのが飲みやすいと思います。

副作用は?

オクタコサノールをサプリメントで摂取した場合は、副作用として、

  • まめい
  • 神経過敏
などを注意する必要がああります。

副作用が気になる人は、オクタコサノールのサプリメントは、過剰に摂取するのは控えましょう。

また、パーキンソン病の人は、オクタコサノールの使用は、自己判断は避け、医師に相談しましょう。

サプリの有効性はどうか?

オクタコサノールをサプリメントで摂取する場合の有効性はどうなのでしょうか?

基礎研究や臨床試験などでは、十分なデータがないので、今後の研究成果が期待されます。

効果については、科学的データが不十分な例としては、

  • 体力
  • 持久力
  • 反応時間の改善
  • 筋委縮性側索硬化症の治療
  • 皮膚病
  • ヘルペス汗腺
  • パーキンソン病
  • アテローム性動脈硬化症
  • 抗コレステロール値
といったことが言われています。

安全性

オクタコサノールは、安全性は、比較的に高いと言われています。

しかし、質の良い信頼できる臨床試験は十分なデータがないので、注意が必要です。

さらに、オクタコサノールは、現時点では、適切な品質の製品を利用していれば、適応となる病態に対して、特に問題となる有害な事例があるといった報告はないようです。

妊娠中、授乳中の人の場合

妊娠中、授乳中の人は使用は避けた方がいいようです。

オクタコサノールのサプリメントを使用する場合は、医師に相談しましょう。

まとめ

オクタコサノールは、運動機能の向上やストレス対策、コレステロール対策など色々な症状に効果が期待できるので、健康効果があると言われています。

食品から摂取するのがオススメですが、食べ物からの摂取では微量になるので、毎日、継続して摂取する必要があります。

もしも、より多くのオクタコサノールを摂取したい場合は、サプリメントなどを利用するのが効果的です。

ただし、パーキンソン病の人やその他の病気や怪我の治療をしている人などは、医師に相談してからオクタコサノールのサプリメントを飲むかどうか判断する必要があります。