キチン・キトサンは、特定保健用食品(トクホ)にも使われる、効果が期待できる成分です。

効果が期待できる分、間違った摂取方法は注意が必要です。

ここでは、


  • キチンとは何か?
  • キチンとキトサンの違いは?
  • どのような効果・効能があるのか?
  • 多く含む食品、食べ物とは?
  • 副作用などの注意点は?
  • 飲まない方がいい人とは?

 
などについて紹介しています。

キチン・キトサンについての理解を深めて、より効果が実感できて、健康になりたい人に参考になるような内容をまとめて紹介しています。

 

 
「キチン・キトサンって何か?」

キチン・キトサンというサプリメントにも使われる栄養成分は、どんな効果が期待できるのか?また、副作用など注意点などがあるのか?を紹介しています。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

目次

キチンとは、何か?

キチンとは、何でしょうか?

 
キチンが含まれれいるのは、

  • カニの殻
  • エビの殻
  • イカの軟骨
  • 昆虫の外皮
  • キノコの細胞壁
などに含まれる成分です。

 

また、カニやエビなどの殻から、カルシウムやタンパク質などを除くと、キチンになります。

カニやエビ、イカ、昆虫などに含まれることから、地球上では、年間に1千億トンも作り出されるので、自然環境、生態系において欠かせない成分です。

キチンとキトサンの違い、とは?

キチンは、例えば、カニなどの甲殻類の殻からカルシウムやタンパク質などを取り除いて作られます。

キトサンを熱して、アルカリ溶液に浸し、アセリツ基を科学的に処理して、取り除くことで、「キトサン」が作られます。

キチン・キトサンと呼ばれる理由

キチンを処理して、キトサンを作ると、100%のキトサンはできずに、キチンとキトサンが混ざります。

具体的には、80%以上がキトサンの状態になると、「キチン・キトサン」と言われます。

この状態の「キチン・キトサン」がサプリメントとして使われているようです。

キチンとキトサンの性質の違い

キチンの状態では、不溶性があり、水や酸には溶けません。
しかし、キチンがキトサンに変化すると、水には溶けませんが、胃酸や酢には溶けるようになります。

水溶性キトサンとは?

水溶性キトサンとは、キトサンを酸で処理したモノをいいます。

英語では?

キチン・キトサンを、英語で表示すると「Chitin and Chitosan」になります。

キチン・キトサンの基本的な特徴とは?

消化管内コレステロールから合成された胆汁酸とキチン・キトサンが結合することで、便中に排泄されることで、コレステロールを下げる作用があります。

この効果によって、「コレステロールが高い人」に適していることからトクホ(特定保健用食品)の表示許可の対象成分になっています。

コレステロールなどへの作用が確認されているのは、主にキトサンです。キトサンは、「薬」に使われることもあるようです。

キチン質とは?

キチンとキトサンを総称したモノを、「キチン質」と呼ばれています。
キチン・キトサンは、人間が食べても、人間の消化酵素では消化されないので、食物繊維の一種であると言われています。

特定保健用食品の成分になっているキトサン

キトサンは、

  • コレステロール値が高い人
  • コレステロール値が気になる人
の食生活の改善のために有効性が認められています。

その結果、キトサンを有効成分として、「特定保健用食品」が発売されています。

キトサンが作用するメカニズムとは?

キトサンをサプリメントなどで摂取すると、食道、胃、腸などの消化管内で、余分なものと結びついて排出する作用があると言われています。

 

具体的にキトサンと結びつく物質としては、

  • 胆汁酸
  • 窒素代謝物
  • リン脂質
  • コレステロール
  • 脂溶性ビタミン
  • カルシウム
などと結びついて排出する効果があると考えられています。

 
ただし、脂肪の排泄効果が増すかどうかは明らかになっていません。

このようなキトサンの作用によって、色々な効果が期待できると言われています。

キチンキトサンの効果・効能とは?

キチンキトサンを食事などで摂取すると、腸内を通過する時に、

  • コレステロール
  • 脂肪
  • 毒素
などを吸着して、便として体外に排出する働きがあります。
 
このキチンキトサンが認められて、トクホ(特定保健用食品)として認められている栄養成分です。

実際に、キチンキトサンを含む食品を1週間程度、継続して飲み続けることで、腸内の悪玉菌が減るというデータもあるようです。

キチンキトサンの排出作用とは?
キトサンは、食物繊維の中では、唯一、アミノ基というモノを持っています。このアミノ基が有害物質を吸着することで、有害物質を体外に排出します。

 

具体的に期待できる効果とは?

キチンキトサンは、具体的に、どのような効果や作用が期待できるのでしょうか?

 
具体的なキチンキトサンの効果としては、

  • コレステロール値を下げる
  • 高血圧の対策
  • 動脈硬化・脳卒中の予防
  • メタボ予防・ダイエット効果
  • 便秘対策・腸内環境を整える
  • 免疫力のアップ
  • 解毒効果
  • 食物繊維の摂取になる
  • 抗菌作用
  • 髪の毛への効果
といったような作用が期待できます。

 
上記以外にも期待できそうな作用については、「その他」としてまとめて紹介しています。
 

コレステロール値を下げる

キチンキトサンは、血中コレステロール値を下げる効果が期待できます。具体的には、キチンキトサンは、胆汁酸という物質を吸着して排出します。

胆汁酸は、コレステロールを原料に作られます。この為、胆汁酸が排出されると、血液中のコレステロールが肝臓に運ばれ、胆汁酸を作るために使用されるので血中コレステロールが低下します。

この為、高脂血症や動脈硬化などの予防も期待できます。

どれくらい効果が期待できるのか?
臨床試験では、総コレステローを低下したうえに、さらに、HDL善玉コレステロールが上昇したという報告があるので、低カロリーの食事と組み合わせることで、コレステロール値の改善が期待できます。

ただし、高コレステロールの治療で行われる方法と比較して、同等の効果があるかは不明です。

高血圧の対策

キチンキトサンは、高血圧の原因と言われている「塩分」や「胆汁酸」を体外に排出することで、血圧を低下させる効果が期待できます。

動脈硬化・脳卒中の予防

血圧が高い状態が続くと、血管がもろくなり、脳卒中や動脈硬化が起こりやすくなります。

キチンキトサンは、高血圧を予防することで、動脈硬化や脳卒中の対策ができます。

メタボ予防・ダイエット効果

キチンキトサンは、小腸を通る時に、腸内に残っている余分な脂肪を吸着し、吸収を妨げる働きがあると言われています。

この為、油っぽいものを食べ過ぎた直後に、キチンキトサンを摂取することで、メタボや肥満の予防が期待できます。

どれくらい効果が期待できるのか?
脂肪吸収を抑える食物繊維として、アメリカなどの他の国で販売されています。しかし、科学的な根拠として、脂肪の吸収を抑制する効果は、わずかであるようです。

便秘対策・腸内環境を整える

キチンキトサンを1週間程度、継続して飲み続けると腸内の悪玉菌が減るとも言われています。

腸内環境を整える仕組みは、マクロファージ(ウイルスや細菌などの異物を撃退する物質)を活性化することで、腸内環境を整える善玉菌のビフィズス菌の増殖を促進するためです。

免疫力のアップ

キチンキトサンは、ウイルスや細菌などの異物を撃退するマクロファージを活性化させる働きがあります。

マクロファージは、「体内で異物(ウイルスや細菌など)を発見すると、免疫系に警告を発信する効果」と「異物を取り込み酵素で殺菌する」といった2つの役目があります。

このように、キチンキトサンは、マクロファージの働きを活性化させることで、免疫力を高める効果が期待できます。

解毒効果

PM2.5などの環境汚染、食品添加物などは、カラダに有害だと言われ、様々な体調の不調や病気の原因になるとも言われています。

キチンキトサンは、毒素を吸着して、体外に排出するので、解毒効果が期待できます。

食物繊維の摂取になる

食物繊維と言えば、野菜や海藻をイメージする人が多いと思います。キチンキトサンは、消化されずに、腸内の余分なものを吸着することで、動物性の食物繊維だと言われています。

その他の期待できる効果

キチンキトサンには、上記で紹介した以外にも

  • 慢性腎不全で血液透析をしている人
  • 歯科でプラークコントロールをしている人
  • 糖尿病、肥満などの生活習慣病が気になる人
などにも良いといわれています。

腎不全やプラークコントロールには、有効であるというエビデンスがありますが、明確な結論付けがなく、さらなるエビデンスが必要であるようです。

抗菌作用

キトサンは、微生物の表面を中和かく乱することで、抗菌作用が期待できます。

細菌類

  • 大腸菌
  • 緑膿菌
  • 枯草菌
  • 黄色ブドウ球菌
  • 肺炎桿菌やメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)
  • といった細菌類への抗菌作用が期待できます。

    植物病害菌・カビ

    • フザリウム属菌
    • 萎黄病菌
    • 萎ちょう病菌
    などカビの生育を阻害する作用が期待できます。

    その他にも、

    • カンキツ黒点病
    • イネいもち病
    • 雪腐病菌
    などにも抗菌性が期待できています。

    髪の毛への効果

    髪の毛にツヤを与え、ダメージを予防する成分として、シャンプーやコンディショナーに含まれるシリコンが有効的です。しかし、シリコンは毛穴をふさいで頭皮の健康に悪い影響を与えます。

    このシリコンのデメリットを超越したのが「キトサン」です。

    キトサンを合成ポリマーとして水に溶けやすくすると、皮膜、保湿作用によって、髪の毛や頭皮を保護する作用があります。

    また、キトサンは、疑似キューティクルとなるので、枝毛や切れ毛を防いで、なめらかな手触りの髪の毛にする効果が期待できます。

    治療中の人は医師に相談するのが必須!

    動脈硬化や糖尿病、高脂血症、生活習慣病など、医師の治療を受けている人は、「キチン・キトサン」の摂取は、自己判断をせずに、医師に相談しましょう。

    動物実験・臨床試験は、どうか?

    キトサンは、動物実験や臨床試験などで、どのような効果があるのか研究されています。

    愛媛大学での実験

    愛媛大学の動物実験では、マウスに、高脂肪、高コレステロールの食事を与えて、肥満、脂質異常症になった状態で、キトサンを与えたところ、体重が増えるのを抑制する抗肥満作用、糖尿病や脂質異常症などの改善が認められたと言われています。
    キトサンを利用しつつ、カロリー制限をした食事療法を併用することで、抗肥満効果が期待できます。

    名城大学での研究

    名城大学で、マウスにキトサンを与えたところ、糖尿病が進行するのを抑制する効果が認められたようです。

    コレステロール値の低下の臨床試験

    2000年に行われた臨床試験では、2型糖尿病患者の33名に、キトサンを1日3回、450mgを与えたところ、総コレステロール値が低下したという結果がでています。

    1219名の被験者での解析

    1219名の被験者に、キトサンを与えたところ、偽薬を与えた人と比べて総コレステロール、中性脂肪の低下、体重減少、拡張期の血圧の低下などが認められています。

    便中の脂肪排泄量

    キトサンの摂取によって、便中に脂肪が排泄される量は、偽薬の人と比較しても差は認められなかったようです。

    上記の様に、キトサンには、色々な実験や試験が行われています。

    ネットで噂の効果・効能【信憑性がない…!?】

    キトサンには、今までに紹介したモノいがいに、色々な効果が期待できるなど、ネット上で噂になっているものがあります。

    ここでは、効果があるか分からないモノを紹介します。

    具体的には、

    • パニック
    • うつ
    • 白血病
    • 鼻粘膜
    については、本当に効果があるのか不明でした。

    特に、癌については、薬事法違反の事例などでも話題になったことがあり、注意が必要であるように感じます。

    キチン・キトサンを多く含む食べ物・食品

    キチン・キトサンは、サプリメントなどの健康食品から摂取する方法もありますが、体にとって一番、摂りやすいのが、食べ物からの摂取です。

    食品からとるには、いかにキトサンを多く含む食べ物、食材を食事に取り入れるかが大切です。

    食事で使いやすい食べ物

    実際に、食事に使いやすい食品としては、

    • 桜えび
    • 沖アミ
    • 沢蟹
    • ホタルイカ
    • キノコ類
    • チーズ
    などに含まれています。
     
    この他にも
    • カニの甲羅
    • 海老の殻
    • シャコの殻
    • イカの軟骨
    に、キチン・キトサンが含まれています。

    カニのキトサンはどこにある?

    基本的に、蟹やエビの場合は、殻の部分に含まれているので、殻ごと食べれるモノを選ぶ必要があります。

    イカのキトサンは、どこにある?

    イカは、中骨(軟骨)に含まれているので、全て食べれるモノを選ぶ必要があります。

    キノコのキトサンは、どこにある?

    キノコは、菌類の細胞壁にキチンキトサンが存在します。
     
    実際に、キトサンを食事から摂取する場合には、上記が参考になると思います。

    海老やカニの殻を食事に利用する方法

    キトサンを含むモノで有名なのが「カニやエビなどの甲殻類の殻」ですが、食材としては、あまり食べれません。

    海老などの殻は、「殻をフライパンで焦げ目がつくぐらい、からいり」してから「ミキサーやすり鉢で粉末状にして」

    • ふりかけにする
    • ダシにする
    • 味噌汁などに入れる
    といった方法が、現実的な食べ方ではないかと思います。

    食品以外で、キトサン・キチンを摂取する方法

    キチン・キトサンをシッカリと摂取したい場合には、食品から食事で摂取する場合には、なかなか、十分に摂るのは難しかもしれません。

    そんな時に、簡単にキチン・キトサンがとれるのが

    • サプリメント
    • キトサン入り青汁
    • クッキーなどのお菓子
    です。

    サプリメント・青汁でのキトサンの飲み方

    キチン・キトサンをサプリメントや青汁などの健康食品を摂取する場合の効果的な飲み方を紹介します。

    摂取方法

    サプリメントや青汁などの健康食品は、食品です。

    もしも、肥満やコレステロール値を下げたい場合には、キチン・キトサンのサプリメントや青汁だけに頼らずに、一般的な食事療法を行います。

    その上で、食事からの摂取量が足りていない分をサプリメントや青汁で補うのが大切です。

    サプリ・青汁の飲むタイミング・いつ飲む?

    キチン・キトサンを、シッカリと摂取したいので、サプリメントや青汁で摂取する場合には、少しでも効果が実感したい場合には、いつ飲むのか?飲むタイミングも大切だと思います。

    肥満やコレステロール値などが気になる人の場合には、キチン・キトサンは、脂っこいモノを食べた後に摂取すると良いと言われています。

    胃や腸内に残った、脂っこいモノ、それ以外の余分なものをキチン・キトサンが吸着して排泄するためです。

    キチンキトサン効果がない?効果効能には何ヵ月かかるか?

    キチン・キトサンをサプリメントや青汁で摂取する場合には、「すぐには効果がない」というのが普通です。

    効果効能を実感するためには、何か月かかるのか?と言った点も気になると思いますが、基本的に食品なので、3ヶ月など、継続的に摂取し続けるのが大切です。

    なお、1週間程度、キチン・キトサンを飲み続けることで、腸内の悪玉菌が減るというデータもありますが、これは、個人差があることです。

    また、6ヶ月以内の経口摂取、皮膚への塗布は、安全であるようです。6ヶ月以上、継続して飲み続ける人は、医師に相談するか、体調の変化を意識して、飲むようにしましょう。

    キトサンの摂取量

    キトサンの摂取量は、どれくらいが適正なのでしょうか?

    基本的に、1日当たり、300mg~500mg、、500~1800mg、300mg~2000mgなどが適正な量だと言われ、諸説あるようです。

    基本的に、キトサンは、安全性の高い成分ですが、過剰に摂取し過ぎるのは注意しましょう。

    摂取し過ぎた場合の注意点

    キトサンは、基本的に、安全性が高いと言われています。しかし、過剰に摂取すると吸水性などの問題がある可能性もあります。

    過剰に摂取すると、キトサンは食物繊維なので、

    • 下痢
    • 便秘
    • 軽度の胃のむかつき
    • 腸内にガスが溜まる
    になることがあるようです。

    常識の範囲で摂取するようにしましょう。

    副作用・注意点

    キチン・キトサンには、どのような副作用や注意点があるのでしょうか?基本的に、一番気になるのがアレルギーです。

    アレルギー体質の人は注意が必要

    キチン・キトサンのサプリメントや青汁などは、何を原料にしているのかを意識する必要があります。

    もしも、甲殻類アレルギーがある人は、原材料にキチン・キトサンが使われている可能性もあるので飲まない方がいいです。

    一般的に、キチン・キトサンは、普通の食材に近い成分なので、特に問題となる健康被害などの副作用は知られていようです。

    医薬品との相互作用

    ワルファリン、バルプロ酸ナトリウムの薬を飲んでいる人は、注意が必要です。

    ワルファリン

    キチン・キトサンは、抗凝固作用があるので、血液凝固を抑制する薬のワルファリンとの併用は控える必要があります。
    もしも、ワルファリンとキトサンを併用すると、症状として青あざ(紫斑)や出血が起こる可能性が高まるようです。

    バルプロ酸ナトリウム

    抗てんかん薬として、バルプロ酸ナトリウムを飲んでいる人は、キチン・キトサンと併用することで、血中バルプロ酸濃度が低下したという報告もあるようです。

    上記を含め、それ以外にも薬を服用している人、医師の治療を受けている人が、キチン・キトサンを摂取する場合には、医師や薬剤師に相談しましょう。

    サプリメントなどの健康食品との相互作用

    キチン・キトサンは、腸内など、体内の余分なものを排泄する作用があります。これは、本当に余分なモノだけを選んで排泄してもらえれば問題ありませんが、サプリメントや食事などで摂取した栄養の吸収に影響する可能性があります。

    具体的に、キチン・キトサンの摂取によって、体内での吸収が減少する可能性があるのは、

    • ビタミンA
    • ビタミンD
    • ビタミンE
    • ビタミンK
    • カルシウム
    • マグネシウム
    • セレン
    といった成分になります。

    脂溶性ビタミンやカルシウム、マグネシウム、セレンなどの体内での吸収率が悪くなる可能性があるので注意が必要です。

    妊娠中、授乳中の人の場合

    キチン・キトサンは、妊娠中、授乳中の人の使用については、十分なデータがないので、安全性を考えると、使用は控えた方がいいです。

    もしも、どうしてもキチン・キトサンのサプリメントなどを飲みたい場合は、医師に相談しましょう。

    まとめ

    キチン・キトサンは、トクホ(特定保健用食品)にも使われている成分なので、健康への効果が期待できる成分です。

    ただし、キチン・キトサンを含むサプリメントや青汁、クッキーなどは、食品であり、薬ではないので、即効性は期待できません。

    普段の食事療法や運動などに加えて、キチン・キトサンの効果を期待して摂取するのが大切です。