グルコマンナンとは、コンニャクの主成分で、腸内環境を整えることで、ダイエットやメタボ予防、血糖値コントロールなど、色々な効果が期待できます。

ここでは、このグルコマンナンについて、


  • グルコマンナンとは何か?
  • どのような効果効能が期待できるのか?
  • 「効果なし」になるケースとは?
  • どのような食品に含まれているのか?
  • 効果的な飲み方とは?
  • 摂取量や副作用は・注意点とは?

 
と言った様な点についてまとめて紹介しています。
 
グルコマンナンについて、どのような効果が期待できるのか詳しく理解し、ダイエットや健康への効果を期待したい、正しく活用したい人には参考になる情報を紹介します。

 

 
「グルコマンナンって何?大丈夫!?」

グルコマンナンは、「ダイエット」や「腸内環境を整える」、「血糖値コントロール」などが期待できる成分です。

効果的に使うことで、より健康を目指せますが、間違った使い方をすると危険でもあるので注意が必要です。

目次を紹介する女性と↓のイラスト

グルコマンナンとは?

グルコマンナンとは、コンニャク芋(学名:Amorphophallus konjac)の主成分の水溶性の食物繊維です。

食物繊維の効果で、腸内環境を整えて、ダイエットや便秘など様々な健康効果が期待できます。

なぜ、グルコマンナンと言うのか?

グルコマンナンは、グルコースとマンノースが2対3の割合で結合してできた多糖類なす。

「グルコース」と「マンノース」の名前を合わせて、「グルコマンナン」という名前になりました。

別名で何と言われるか?

グルコマンナンは、コンニャクの主成分です。この為、「コンニャクマンナン」とも言われます。

 

グルコマンナの食物繊維の性質・作用とは?

グルコマンナは、水溶性の食物繊維なので、水分に触れることで、粘り気のあるゲル状になり、大きく膨らむ性質があります

この為、グルコマンナンを摂取すると、水分を吸って、胃の中で何十倍にも拡張することで、満腹感を得られるので、ダイエット効果、便通改善効果、コレステロール値や血糖値を下げることで、生活習慣病の予防が期待できます。

お腹の中で膨らむ性質をいかして、ダイエット食品に使われています。

効果・効能とは?

グルコマンナンの効果、効能としては、どのような作用が期待できるのでしょうか?

 
具体的なグルコマンナンに期待できる効果としては、

  • ダイエット効果
  • 腸内環境を整える
  • 便秘解消効果
  • コレステロール値を下げる
  • 動脈効果や高脂血症の予防
  • 血糖値コントロール・急激な上昇を防ぐ
  • 糖尿病を予防する
といった効能が期待できると言われています。

 
これらの効果は、グルコマンナンが、体内で水分を吸って膨らむことで期待できる作用です。

グルコマンナンのダイエット効果とは?

グルコマンナンは、水分を吸ってお腹の中で膨らむことで満腹感が得られることで、食事量が減ってダイエット効果が期待できます。

特に、グルコマンナンは、食事の前に摂ることで、食欲を減退させ、食べ過ぎを予防できます。

実際に、肥満の人が、8週間、試験的に摂取したところ体重の減少が認められたという報告もあります。

腸内環境を整える

グルコマンナンは、腸内で分解されるとオリゴ糖ができます。オリゴ糖は、善玉菌のビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌を増やすことで、腸内環境を整える作用が期待できます。

便秘解消効果

便秘の原因は、「便が硬い」「便の量が少ない」など色々とあります。

グルコマンナンは、

  • 便を柔らかくする
  • 腸で膨らみ便の量を増やす
  • 腸内環境を整える
  • グルコマンナンが食物繊維である
といった作用が期待できます。

このようなグルコマンナンの作用によって、便秘の予防や改善、解消効果が期待できると言われています。

コレステロール値を下げる

水溶性食物繊維のグルコマンナンは、体内にある胆汁酸を包み込むんで便として排出します。

胆汁酸が排出され減少すると、コレステロールを原料にして胆汁酸が作られます。

この為、グルコマンナンを摂取して、胆汁酸を便と共に排出することで、コレステロール値を下げる効果が期待できます。

動脈効果や高脂血症の予防

コレステロール値が高いと、動脈硬化や高脂血症などになりやすいと言われています

この為、グルコマンナンでコレステロール値を下げることで、動脈硬化や高脂血症の予防効果が期待できます

血糖値コントロール・急激な上昇を防ぐ

グルコマンナンは、胃の中で水分を吸ってゼリー状に膨らむことで、食べたモノがゆっくると腸に送り出されます。

この為、ブドウ糖の吸収がゆっくりになるので、血糖値の急上昇を抑える効果が期待できます。

糖尿病を予防する

グルコマンナンは、食事の前に摂取することで、腸内で膨らみ食べたモノの消化吸収を遅らせることで、血糖値の急上昇を抑制する効果が期待できます。

このように、血糖値の急上昇を抑制することで、糖尿病の予防が期待できると言われています。

「効果なし」の人の注意点

グルコマンナンが「効果なし」と思われる人も、中に入ると思います。ここでは、グルコマンナンの効果が得られない原因、理由について紹介します。

 
基本的な「効果なし」になるポイントとしては、

  • 摂取量が少ない
  • コンニャクを食べている
といった2つになります。

 
具体的には、下記でそれぞれの項目別に紹介します。

摂取量が少ない

グルコマンナンをサプリメントなどで摂取すると、胃の中で水分を吸って膨らみます。

小腹が空いた時などに、グルコマンナンを飲むことで、空腹感を紛らわせる人もいます。

空腹感によって、サプリを1粒~3粒など、摂取量を調整する必要があります。

コンニャクを食べている

グルコマンナンと言えば、コンニャク芋と言うことで、コンニャクを食べている人もいると思います。

しかし、コンニャク芋を精製して作ったコンニャク粉には、グルコマンナンが含まれていますが、コンニャクに加工すると不溶性になり、水に溶けなくなります。

この為、思ったような効果が期待できない、「効果なし」になる可能性もあります。

グルコマンナンを含む食品・食べ物とは?

グルコマンナンは、コンニャク芋に含まれている成分です。

 
この為、グルコマンナンを含む食品、食べ物としては、

  • こんにゃく
  • コンニャク芋
といった食べ物になります。

 
このように、基本的に、食事でグルコマンナンをとりたい場合には、コンニャクを食べることになります。

加工食品で摂取する

グルコマンナンは、水分を吸うと膨らむことから、ダイエット用の食品に含まれていることがああります。

 
具体的なグルコマンナンを含む食品としては、

  • ゼリー
  • クッキー
  • ビスケット
  • ドリンク
などの一般的な加工食品にグルコマンナンが含まれています。

 
上記のようなダイエット食品を活用するのも1つの方法です。

 
この他には、コンニャクを使った食品としては、

  • キャンデー
  • コンニャク麺
  • コンニャクうどん
  • コンニャク焼きそば
  • コンニャク米
  • こんにゃくチップ
といったような食品もあります。

 
このように、グルコマンナンを含む食品は、健康を考慮して色々な食べ物を販売されているようです。

水溶性のグルコマンナンは、コンニャクにすると不溶性になる!?

グルコマンナンは、水溶性食物繊維です。しかし、コンニャクにすると、不溶性の食物繊維になります。

水溶性の食物繊維の特徴・効果

水溶性食物繊維は、水に溶けるので、胃腸で水分を吸って、ドロドロのゲル状になります。ゲル状になることで、お腹が空きにくくなり、食べ過ぎを予防することでダイエット、糖質の吸収を緩やかにするなどの効果が期待できます。

不溶性食物繊維の特徴・効果

不溶性食物繊維は、水に溶けません。水分を吸って大きく膨らみ、腸を刺激して、腸のぜん動運動を活発にして便通を促す作用が期待できます。
 

グルコマンナンの基本は水溶性

グルコマンナンは、水溶性です。この為、不溶性食物繊維の効果は期待できません。

また、グルコマンナンは、コンニャクに加工すると不溶性になるので、使い分ける必要があります。

グルコマンナンのサプリの効果と特徴

グルコマンナンは、サプリメントとして「Amazon(アマゾン)」た「楽天市場」などの通販サイトで市販されています。

また、海外では、カプセルに、コンンヤク粉を詰めて販売されたりしています。

効果的な飲み方とは?

ここでは、グルコマンナンを飲むときの効果的な飲み方を紹介します。

 
グルコマンナンは、お腹の中で膨らむ特性があるので、

  • 食事の前に摂取する
  • 空腹を感じたときに摂取する
といった方法が基本だと思います。

 
食事の前にグルコマンナンを摂取すると、お腹の中で膨らむので、食事量を減らす効果が期待できます。

また、お腹が空いた時に摂取すると、空腹感を抑えることもできます。

摂取量

グルコマンナンの適切な摂取量は分かりませんでした。

アマゾンや楽天市場などで売られているサプリメントを利用する場合は、1粒や3粒など、自分の状態に合わせて飲むと良いです。

また、毎日、3粒飲むというものでもなく、臨機応変に1粒飲んだり、3粒飲んだり、飲まない日が合ったりと言った感じで良いと思います。

副作用

グルコマンナンは、胃腸で水分を吸って拡張します。

 
この為、大量に摂取することで、

  • 下痢
  • 胃腸の不調
を起こす可能性があります。

 
このように、グルコマンナンを摂取する場合は、摂り過ぎには注意しましょう。

妊娠中、授乳中の人は避けたい

グルコマンナンは、妊娠中、授乳中の人の摂取は、安全性を考慮して避けた方がいいようです。

もしも、グルコマンナンを利用したい場合は、医師に相談しましょう。

医薬品との相互関係

グルコマンナンは、食後や空腹時の血糖値を下げる効果があると言われています。

この為、血糖値をコントロールする医薬品やサプリメントを飲んでいる人は、影響が出る可能性があるので注意が必要です。

また、医薬品を使っている人が、グルコマンナンを利用したい場合には、医師や薬剤師に相談しましょう。

注意点

グルコマンナンのサプリメントなどを利用すると、食事量を減らすことでダイエットも期待できます。

しかし、食欲を抑えたいからと言って、グルコマンナンを大量に摂取し、食事量が極端に減ると、必要な影響が不足する可能性があります。

この為、グルコマンナンの摂取のし過ぎ、使い過ぎには注意が必要です。

心配な人は、医者の指示に従って、グルコマンナンを利用するようにしましょう。

 

コンニャクの歴史

コンニャクは、昔から健康効果があると言われており、江戸時代などでは、「腹中の砂おろし」と言われ、お腹の掃除をしてくれる食品として知られていたようです。

その研究は、1895年には、辻暢太郎(ツジ チョウタロウ)と言う人が、コンニャクの主成分がマンナンであるという研究論文を発表されていたようです。

その後、マンナンが、「グルコース」と「マンノース」が結び付いて出来た多糖類であることが分かり、1922年に、グルコマンナンという名前になったようです。

マンナンとは?

マンナンとは、食物繊維です。さらに、自然に凝固する性質があるのが特徴です。

コンニャクの製法は18世紀には確立されていた

コンニャクを作る場合は、まずは、サトイモ科のコンニャク芋の球根を薄く切り、乾燥させて粉末状にします。

その後、この粉をお湯に混ぜることで、独特のプルプルした食感になります。この製法は、文献によると、18世紀には確立されていたようです。

まとめ

グルコマンナンは、胃腸などお腹の中で膨らむことで、満腹感を与えることでダイエット効果が期待できます。

また、グルコマンナンが水溶性食物繊維なので、胃腸でドロドロのゲル状になることで血糖値の上昇を穏やかにしたり、コレステロール値を下げるなどの健康効果も期待できます。

しかし、グルコマンナンは、コンニャクになると不溶性食物繊維になるので、水溶性食物繊維と同じ効果は得られないので注意が必要です。

グルコマンナンを正しく使うことで、より効果的に健康を維持するのに役立つと思います。