顔が大きいのがコンプレックスなんだけど…。

私の顔って、大きくないっかなぁ~?

何か、小顔にするいい方法ってない?



 

 


実は、私も、顔が大きいのが気になっていたの。

顔の骨格自体を小さくするのは難しいけど、顔についた脂肪を落としたり、リンパの流れを良くして老廃物を流すことで、小さくすることが期待できる方法はあるみたいよ。

そんな顔痩せ方法を色々と調べてみたので、あなたも試してみるといいわよ!



 
即効で効果が期待できる顔痩せ方法で小さく、小顔になる方法を集めて紹介します。
 
顔が痩せの方法で、小さく小顔になりたい人というのは、


  • カラダは痩せているのに顔が…
  • 顔を細くしたい…
  • 顔に肉がついているので小顔になりたい…
  • 頬の肉のせいで目が細く小さく見える…
  • 二重アゴをなんとかしたい…
  • 好きなファッションが似合わない…
  • 顔痩せのダイエット方法が知りたい…

 
などなど、と言ったようなことが気になっていませんか?
 

 

 
「顔痩せ29選」、色々な方法を紹介しているので、あなたに合う方法を選べます。

掲載情報が多いので、下記の目次から気になる項目にジャンプしてチェックできます。

「好きなところから読んでね!」


スポンサーリンク

目次

ツボ押しで顔やせ、小顔を目指す方法

ツボ押しで顔が痩せて小顔になる方法を試している人の写真
顔のツボを押して刺激すると、血流やリンパ、気の流れが促進されて、滞りがちな水分、老廃物が流れ、血流がスムーズになり、顔色がよくなります。

顔痩せに効果的なツボ【16個】

顔痩せを簡単に即効で出来て効果的なツボを紹介します。

ここでは、小顔効果が期待できる顔痩せツボの種類は、

 

  • 四白(しはく)
  • 下関(げかん)
  • 迎香(げいこう)
  • 地倉(ちそう)
  • 太陽(たいよう)
  • 水溝(すいこう)
  • 頬車(きょうしゃ)
  • 承漿(しょうしょう)
  • 魚腰(ぎょよう)
  • 球後(きゅうご)
  • 巨りょう(こりょう)
  • 顴りょう(けんりょう)
  • 散笑(さんしょう)
  • 上廉泉(かみれんせん)
  • 天窓(てんそう)
  • 完骨(かんこつ)

 
と言った16個を紹介します。

四白(しはく)のツボの位置と効果

四白(しはく)のツボの位置を紹介した女性の顔のイラスト
四白(しはく)のツボの位置は、正面を向いた状態で

  • 目の中心から真下
  • 小鼻の上の当たり
  • 指で押して少しくぼむ部分

がツボの位置になります。

実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

四白(しはく)のツボの効果・効能

四白(しはく)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

  • 小顔効果
  • 顔のむくみ解消
  • 目の下のたるみ改善
  • 顔のお肌のハリが出る
  • 血流が良くなる
  • 顔のシワ対策
  • 目のくまに効果的
  • 目の開きを大きくする
  • 目の疲れにも良い

と言った事が期待できます。

基本的に、四白(しはく)のツボは、頬の血流を良くする事で、顔全体の筋肉をやわらげる事によって、顔のむくみを摂る効果が期待できます。

四白(しはく)のツボの効果的な押し方

四白(しはく)のツボの押し方は、

  • 指の腹で軽くおす
  • 円を描くようにクルクル押す
  • 押す強さは痛くない程度にする
  • 時間は1回5秒程度
  • 左右同時に5回~10回ぐらい

と言ったような方法で指圧すると良いです。

ただし、爪を立てて、肌を傷つけないように注意する必要があります。

四白(しはく)のツボを押すと良いタイミング

四白(しはく)のツボを押すと良いタイミングは、

  • 顔のむくみが気になる時
  • 朝起きたとき
  • お風呂上り
  • 寝る前

などが良いタイミングです。

特に、寝る前に四白(しはく)のツボを押すと、翌朝のむくみを防止する効果も期待できます。

 

関(げかん)のツボの位置と効能

下関(げかん)のツボの位置を解説するツボの位置
下関(げかん)のツボの位置は、

  • 耳の穴から頬に向かったところ
  • 頬骨の少し下
  • 口を閉じている時にくぼみが出来る
  • 口を開けるとくぼみが無くなる

がツボの位置になります。

実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

下関(げかん)のツボの効果・効能

下関(げかん)のツボを指圧した場合は、

  • 顔の血行を促進
  • 顔のむくみ解消
  • 顔のたるみを改善
  • 頬のラインを引き締める
  • 小顔をつくる
  • ほうれい線を改善

と言った効果効能が期待できます。

下関(げかん)のツボは、「若返りのツボ」と言われています。

下関(げかん)のツボの効果的な押し方

下関(げかん)のツボの押し方を紹介するイラスト
下関(げかん)のツボを押す場合は、

  • 口を閉じる
  • アゴを緩めた状態にする
  • 中指をツボにあてて、斜め下から押し上げる
  • 5秒押して、5秒離すを1セットにする
  • 1セットを5回~10回繰り返す

と言ったような方法でツボを刺激すると良いです。

基本的にツボは、強く押しすぎずに、適度な強さで押すのが大切です。

迎香(げいこう)のツボの位置と効果

迎香(げいこう)のツボの位置を紹介する写真
迎香(げいこう)のツボの位置は、

  • 小鼻(鼻柱の左右おふくらみ)の端の横
  • 口の端の上

にあります。

実際に、押してみると、少しくぼんでいるのが分かります。

迎香(げいこう)のツボの効果・効能

迎香(げいこう)のツボを押する事で期待できる効果、効能は、

  • 小顔
  • 顔のむくみ
  • 口や目のゆがみ
  • 顔のシワ・小じわ
  • シミ対策
  • 乾燥肌
  • 吹き出物、ニキビ
  • 鼻水対策
  • 鼻づまりの改善

と言った事に対しての効果が期待できます。

基本的に、顔痩せ、小顔にする効果と言った視点では、顔の上半分のむくみを改善する事によって、小顔効果が期待できます。

迎香(げいこう)のツボの効果的な押し方

迎香(げいこう)のツボの押し方は、

  • 鼻を両脇からはさむように指をおろす
  • 指は頭の中心に向かって押す
  • 押すときは優しく押します
  • 3秒押して6秒休むが1セット
  • 1度に3セット程度行う

ただし、爪を立てて、肌を傷つけないように注意する必要があります。

 

地倉(ちそう)のツボの位置と効能

地倉(ちそう)のツボの位置を紹介している女性の顔の写真
地倉(ちそう)のツボの位置は、

  • 口の外側
  • 口角の1センチ外側
  • 口の外側

にあるツボです。

地倉(ちそう)のツボの効果・効能

地倉(ちそう)のツボを押した場合の効能、効果は、

  • 血行を良くする
  • むくみ対策
  • ほうれい線
  • 口周りのたるみ
  • 気のめぐりを良くする
  • 肌のくすみの改善
  • 乾燥肌
  • 肌の潤い
  • 胃の温度を下げて食欲の抑制
  • 食欲を抑制する

と言った点になります。

地倉(ちそう)のツボは、顔の血行を良くしてむくみを解消する事で、小顔を目指せます。また、食欲抑制効果もあるので、太って脂肪が付いて、顔が大きくなっている人が顔痩せをする場合にも効果が期待できます。

地倉(ちそう)のツボの効果的な押し方

地倉(ちそう)のツボの押し方は、

  • 左右、同時に3秒押すのを1セット
  • 3秒押したら、3秒休む
  • 1回に5セット~10セット行う
  • 人差し指か中指の腹で押す
  • 少し上向きに押すと良い
  • 心地いいぐらいの強さで押す
  • 急がずゆっくり押す

と言ったような方法でツボを押すと良いです。

ツボは、基本的にツメを立てずに、優しく指の腹で押すのが基本です。

 

太陽(たいよう)のツボの位置と効果

太陽(たいよう)のツボの位置を紹介するイラスト
太陽(たいよう)のツボの位置は、

  • こめかみ近くにあるツボ
  • 目尻とまゆ尻の中央から少し後ろ
  • こめかみから少し目尻より

がツボの位置になります。

実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

太陽(たいよう)のツボの効果・効能

太陽(たいよう)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

  • 顔のむくみ解消
  • 目の疲れ、眼精疲労の回復
  • 老眼の視力を回復
  • 近視にも効果的
  • 二重まぶたをつくる効果
  • 頭痛、偏頭痛
  • 顔面神経痛

と言った事が期待できます。

太陽(たいよう)のツボの効果的な押し方

太陽(たいよう)のツボの効果的な押し方のイラスト
太陽(たいよう)のツボの押し方は、

  • 両手の人差し指をツボにやります
  • 中指、薬指は人差し指にそえて、目元で手を支える
  • 指は1度に3秒~5秒を1セットとする
  • 上記の1セットを30回程度繰り返す
  • 指は外さずに何度かグイグイと回すように指圧する

と言ったような方法でツボを指圧すると良いです。

基本的に、薬指と中指は、人差し指にそえて、目元で手を固定するのがおすすめです。人差し指だけを突き出してツボを押すと、滑って目に入る危険性があるので注意しましょう。

 

水溝(すいこう)のツボの位置と効果

水溝(すいこう)のツボの位置は、

  • 鼻と口の間
  • 鼻の下の中央
  • 鼻の下のくぼみの部分
  • になります。

    実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

    水溝(すいこう)のツボの効果・効能

    水溝(すいこう)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

    • 顔のむくみ
    • 顔のたるみ
    • 小顔
    • 口や目のゆがみ
    • 顔全体のダイエット効果
    • 口周辺のシワ予防
    • 吹き出物、ニキビ
    • ヒステリー対策
    • ショック症状からの回復
    • と言ったようなことがあります。

      基本的に、顔痩せの為には、むくみ解消、たるみ改善の効果が期待できます。

     

    頬車(きょうしゃ)のツボの位置と効果

    頬車(きょうしゃ)のツボの位置を紹介している女性の顔
    頬車(きょうしゃ)のツボの位置は、

    • 下アゴの角の斜め上あたり
    • 下アゴの鰓のすぐ上
    • アゴのラインの頬の少し頬より
    • 歯に力を入れて噛みしめると筋肉が盛り上がる部分
    • 口を開けるとへこむ部分

    がツボの位置になります。

    実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

    頬車(きょうしゃ)のツボの効果・効能

    頬車(きょうしゃ)のツボを押した場合の効果、効能は、

    • フェイスラインのたるみ対策
    • フェイスラインのぜい肉解消
    • 顔のむくみ対策
    • 小顔効果
    • 二重アゴ対策
    • 口と目のゆがみ
    • ニキビ、吹き出物
    • 歯の痛みを和らげる
    • 胃の働きを良くする

    と言った点です。

    頬車(きょうしゃ)のツボの効果的な押し方

    頬車(きょうしゃ)のツボの押し方を紹介する顔のイラスト
    頬車(きょうしゃ)のツボの押し方は、

    • 人差し指の腹をツボに持って行く
    • ぐっと強めに押す
    • 押して、ゆるめてを繰り返す
    • ツボは1度に5秒かけて押すのを1セットにする
    • 1セットを5回~10回繰り返す

    と言った手順で行います。

    頬車(きょうしゃ)のツボは、顔の左右にあるので、両手の指で同時に押すと良いです。

     

    承漿(しょうしょう)のツボの位置と効果

    承漿(しょうしょう)のツボの位置を説明する絵
    承漿(しょうしょう)のツボは、

    • 口の中央の真下
    • アゴの上の真ん中
    • アゴと口の間のくぼんだ位置より少し下

    と言った位置にあります。

    承漿(しょうしょう)のツボの効果・効能

    承漿(しょうしょう)のツボを押した場合の効果、効能は、

    • 小顔効果
    • 顔全体のむくみの解消
    • 首のむくみの改善
    • 肌の代謝を良くする
    • 口のたるみ
    • 顔のシワ予防
    • 皮膚トラブル
    • 乾燥肌の対策
    • と言ったような点が期待できます。

      承漿(しょうしょう)のツボの効果的な押し方

      承漿(しょうしょう)のツボの押す方法としては、

      • 指の腹で5秒、優しく押す
      • ゆっくり押して、話してを繰り返す
      • 上記を1セットに5回~10回程度行う
      • あまり強く押さないように注意する
      • 爪を立てない

      と言ったような点がポイントになります。

     

    魚腰(ぎょよう)のツボの位置と効果

    魚腰(ぎょよう)のツボの位置を紹介したイラスト
    魚腰(ぎょよう)のツボは、

    • 眉毛の真ん中あたり
    • 正面を見て、黒目の真上あたり

    と言った位置にあります。

    眉毛の真ん中を指の腹で押すことで、凹んでいるのが分かるので、触ってみるとなんとなく分かります。

    魚腰(ぎょよう)のツボは、眉毛の真ん中にあるので、別名で「眉中(びちゅう)とも言われています。

    魚腰(ぎょよう)のツボの効果・効能

    魚腰(ぎょよう)のツボを指圧すると、

    • まぶたのむくみの解消
    • 目元のシワ対策
    • 涙袋のたるみの改善
    • 白内障対策
    • 老眼や乱視に効果

    と言った効果、効能が期待できます。

    この魚腰(ぎょよう)のツボの位置は、神経が集中している部分なので、あまり強く押すと痛みを感じる事があるので、最初は優しく押しましょう。あまり強く押すと逆効果になる場合もあるようです。

    魚腰(ぎょよう)のツボの押し方

    魚腰(ぎょよう)の押し方のポイントを解説している絵
    魚腰(ぎょよう)のツボの押し方は、

    • 両手の親指の腹を眉にあてる
    • 下から両手の親指を同時に押し上げる
    • ゆっくり押して離してを繰り返す
    • 上記の1セットを5回~10回を繰り返す
    • 優しく押して力を入れすぎない

    と言った点がポイントになります。

    上記の絵の通り、基本的に、少し下から親指で押し上げる感じが魚腰(ぎょよう)のツボを指圧しやすいです。
     
    眉毛の中央付近は、骨のフチを押すことになりますが、押しにくい場合には、骨のフチから斜めに押すと良いです。

    ただし、指を突っ込みすぎると眼球を圧迫して危険なので、目の奥に指を突っ込まないように注意しましょう。

     

    球後(きゅうご)のツボの位置と効能

    球後(きゅうご)のツボの位置を紹介しているイラスト
    球後(きゅうご)のツボの位置は、

    • 目の下の中央と目尻の間
    • 骨のくぼみがある

    がツボの位置になります。

    人差し指でなでるように触ってみると、凹みがあって分かります。

    球後(きゅうご)のツボの効果・効能

    球後(きゅうご)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

    • 目の周りの血流、リンパの流れの改善
    • 目元のたるみに効果
    • 目元を引き締める
    • 目元にハリを与える
    • 目元のシワ対策
    • 目の疲れ

    と言った事が期待できます。

    球後(きゅうご)のツボの押しやすい押し方

    球後(きゅうご)のツボの効果的な押し方を紹介しているイラスト
    球後(きゅうご)のツボは、目元にあるツボなので、雑に指圧すると目に余分な刺激を与えてしまう可能性があります。

    この為、安心して、球後(きゅうご)のツボを押す方法としては、上記の絵のように手を横にして、人差し指で軽くなぞって、凹みがある部分を探すと良いです。

    安心してこのツボを押す方法をまとめると

    • 人差し指を球後のツボに持って行く
    • 骨のキワを小刻みに左右に動かして指圧する
    • 撫でる感じで、優しく指圧する

    と言った感じでツボを刺激すると良いです。

    球後(きゅうご)のツボは、目元にあるので、力を入れすぎないで注意して、優しく指圧するように心がけましょう。

     

    巨りょう(こりょう)のツボの位置と効果

    巨りょう(こりょう)のツボの位置を紹介するイラスト
    巨りょうのツボの位置は、まっすぐに前を向いた状態で

    • 目の真下に線を引く
    • 鼻の下から横に線を引く
    • 目と鼻からの線の交差点

    の巨りょう(こりょう)のツボがあります。

    ツボは、左右対称にあるので、両方のツボを同時に指圧すると良いです。

    巨りょう(こりょう)のツボの効果・効能

    巨りょう(こりょう)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

    • 顔のむくみ
    • 小顔
    • 目の下のたるみ
    • 目の下のクマ
    • 顔のシワ
    • ニキビ
    • 吹き出物
    • 目の開きが大きくなる
    • ほうれい線の改善
    • 頬のシワ、タルミの解消
    • 目や口お歪み改善

    と言った事が期待できます。

    巨りょう(こりょう)のツボの効果的な押し方

    巨りょう(こりょう)のツボの効果的な押し方を解説してるイラスト
    巨りょうのツボの押し方は、上記の絵を参考に、

    • 両手の人差し指を突き出して
    • 左右の巨りょう(こりょう)のツボに指をあてる
    • ツボは下から上に押し上げる
    • 1回5秒が1セット
    • 1セットを5回~10回程度、繰り返す
    • ゆっくり押して、強く押しすぎない

    と言ったような方法で指圧すると良いです。

    ツボを押すときには、爪を立てて皮膚を傷つけないように、指の腹で優しく押すのがポイントです。

     

    顴りょう(けんりょう)のツボの位置のイラスト

    顴りょう(けんりょう)のツボの位置と効能

    顴りょう(けんりょう)のツボの位置は、

    • 目尻の下
    • 頬骨の一番高いところから、少し下

    がツボの位置になります。

    実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

    顴りょう(けんりょう)のツボの効果・効能

    顴りょう(けんりょう)のツボを刺激することで

    • 顔の血行改善
    • 顔のむくみ解消
    • 顔のたるみ解消
    • シワの改善
    • ほうれい線の改善

    などの効果や効能が期待できます。

    顴りょう(けんりょう)のツボの効果的な押し方

    顴りょう(けんりょう)のツボを効果的に押す方法を紹介した絵
    顴りょう(けんりょう)のツボを押すときは、

    • 両手の人差し指の腹を使う
    • 人差し指を左右のツボに持って行く
    • ツボは下から押し上げる
    • 指はクルクル回すように押し上げる
    • 一度に5回~10回行う

    と言ったような方法で指圧すると良いです。

    ツボを押すときは、強く押しすぎないようにする必要があります。

     

    散笑(さんしょう)のツボの位置と効果

    散笑(さんしょう)のツボの位置を紹介する絵
    散笑(さんしょう)のツボの位置は、

    • 小鼻と口角の中間
    • 小鼻の横から出ているほうれい線の中央部分

    がツボの位置になります。

    実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

    散笑(さんしょう)のツボの効果・効能

    散笑(さんしょう)のツボを押すことで、得ることが出来る効果、効能としては、

    • 頬のたるみ改善
    • 頬のむくみ解消
    • 二重アゴを解消
    • ほうれい線の改善効果

    と言った事が期待できます。

    散笑(さんしょう)のツボの効果的な押し方

    散笑(さんしょう)のツボを効果的に押せる方法の説明用のイラスト
    散笑(さんしょう)のツボの効果的な押し方は、

    • 両手の人差し指をツボにあてる
    • ゆっくりと押して、離してを繰り返す
    • 1度に5回~10回繰り返す

    と言ったような方法でツボを刺激すると良いです。

    ツボを指圧する時の共通して言えることですが、基本的に、力を入れすぎる指圧はNGです。ほどほどの力でいた気持ちいいぐらいが目処です。

     

    上廉泉(かみれんせん)のツボの位置と効能

    上廉泉(かみれんせん)のツボの位置を紹介するイラスト
    上廉泉(かみれんせん)のツボの位置は、

    • アゴの真下
    • アゴの裏側の真ん中
    • 少しへこんだ部分

    がツボの位置になります。

    このツボは、親指で下から上に押し上げる感じで刺激すると良いです。

    上廉泉(かみれんせん)のツボの効果・効能

    上廉泉(かみれんせん)のツボを指圧する事によって期待できる効果、効能は、

    • 首のぜい肉をとる
    • 二重アゴの改善
    • 喉が痛い時の改善
    • よだれが止まらない時

    と言った事が期待できます。

    上廉泉(かみれんせん)のツボの効果的な押し方

    上廉泉(かみれんせん)のツボの押し方を紹介する絵
    上廉泉(かみれんせん)のツボの押し方は、

    • アゴをあげて、首筋を伸ばす
    • 親指の腹でツボを押し上げる
    • 押してゆるめるを繰り返す
    • 5回~10回繰り返す

    と言ったような方法でツボを刺激します。

    爪を立てて肌を傷つけないように親指の腹で押します。

     

    天窓(てんそう)のツボの位置と効能

    天窓(てんそう)のツボの位置を紹介するイラスト
    天窓(てんそう)のツボの位置は

    • 乳鎖突起と言う耳の後ろにある骨に指をあてる
    • 乳鎖突起の骨からまっすぐ下に指をおろす
    • 喉仏から水平に位置する位置

    がツボの位置になります。

    このツボの位置が分かりにくい場合には、首を傾けると分かり易いです。また、天窓(てんそう)のツボは、首の左右に、二ヵ所あります。

    天窓(てんそう)のツボの効果・効能

    天窓(てんそう)のツボを押して刺激した場合の効果、効能は、

    • 顔の血行促進
    • 顔の代謝を高める
    • ムチウチの痛み緩和
    • 頸肩腕症候群の痛みの緩和
    • 耳の疾患対策
    • 喉の張り、痛み対策
    • 頭痛緩和

    と言った事が期待できます。

    天窓(てんそう)のツボの効果的な押し方

    天窓(てんそう)のツボの効果的な押し方を解説するイラスト
    天窓(てんそう)のツボの押し方は、

    • ツボがある反対側の指を使います
    • 親指以外の4本の指の腹をツボに当てます
    • 円を描くようにシコリを取るように揉む

    と言った方法で行うと良いです。

    首の筋肉の間にあるツボなので、人差し指、中指、薬指、小指の4本の指で広い範囲をほぐすように揉むと良いです。

     

    完骨(かんこつ)のツボの位置と効能

    完骨(かんこつ)のツボの位置を説明しているイラスト
    完骨(かんこつ)のツボの位置は、

    • 両耳の後ろの出っ張った骨(乳様突起)の下
    • 骨のくぼみがある部分
    • 乳様突起より指1本分ぐらい下

    がツボの位置になります。

    実際に人差し指で触って、押してみると分かり易いです。

    完骨(かんこつ)のツボの効果・効能

    完骨(かんこつ)のツボを押すことで

    • 顔のむくみ対策
    • 頭痛改善
    • 首の凝りの解消
    • ダイエット効果
    • 不眠解消
    • ストレス解消
    • 眼精疲労対策

    と言った効果や効能が期待できます。

    完骨(かんこつ)のツボの効果的な押し方

    完骨(かんこつ)のツボの効果的な押し方を紹介するイラスト
    完骨(かんこつ)のツボの押し方は、

    • 中指で上に押し上げる様に押す
    • 1度に5秒押す
    • 押して緩めるを繰り返す

    と言ったような方法でツボを押すると良いです。

    顔痩せ体操・エクササイズ

    顔が太る原因は、脂肪がついたり、むくみ、筋肉の衰えなどいくつかの原因があります。基本的に顔の筋力が運動不足である場合は、どうしても顔の脂肪やむくみが出来る原因になる可能性もあります。

    ここでは、顔痩せの方法として、顔の体操、エクササイズの方法を紹介します。

    あいうえお発音法体操

    あいうえお体操のイメージ図
    あいうえお発音法体操は、「あいうえお」と発音しながら、口を大きく動かして筋力アップを行う体操、エクササイズです。「あいうえお」といつも以上に大げさに口を動かすだけなので、非常に簡単に出来る方法です。

    出来るだけ、顔の筋力を意識して、表情筋を普段よりも激しく動かすことで、筋力アップで小顔効果を目指します。人によっては、早い日とでは3日もすれば、顔痩せの効果が実感できたという人もいるようです。

    具体的なあいうえお体操で、期待できる効果は、

    • 表情筋、顔の筋力を鍛える
    • 顔の筋肉が引き締まる
    • 顔の輪郭がスッキリする
    • 二重アゴ対策
    • 筋肉を鍛えて血流改善

    と言った感じです。

    特に、口周辺、アゴ周り、頬の筋力アップを意識して行う顔痩せ、小顔効果が期待できるエクササイズ、体操です。

    あいうえお体操のやり方・方法

    「あ⇒い⇒う⇒え⇒お」と、口を大きく動かします。口以外にもアゴや眼など、顔全体の筋肉を使います。特に大げさに動かして、筋肉がつかれるのを意識するのがポイントです。

    「あ」の発音

    あいうえお発生体操のあのイメージ図
    口を大きく開けて「あー」と言います。
    特に、目や口を出来るだけ外向けに開く事を意識して、口を大きく開きます。特に、アゴの筋肉を意識して、口を下に大きく開くことによって、アゴ周辺の筋力を鍛えることが出来ます。この為、二重アゴの予防や解消に効果が期待できます。

    「い」の発音

    あいうえお発生体操のいのイメージ図
    「いー」と発音しつつ、口を横に大きく引っ張って広げるイメージをします。顔のエラ部分を意識すると、首の筋肉が引っ張られるのも意識します。エラ部分の引き締め、顔痩せが期待できます。

    「う」の発音

    あいうえお発生体操のうのイメージ図
    タコのように、口をすぼめて「うー」と発音します。目も閉じて顔の中心に向かって絞ってクシャクシャにするイメージです。「あ」や「い」で使った筋肉を緩める効果も期待できます。

    「え」の発音

    あいうえお発生体操のえのイメージ図
    「え」は、「えー」と発音しながら、口を大きく開けて舌を下の方に出して、舌をアゴにつけるイメージです。この体操では、舌がつながっている下アゴの筋肉を鍛えることができます。「あ」と比べるとアゴ全体の広い範囲の筋肉を引き締める効果が期待できます。

    「お」の発音

    あいうえお発生体操のおのイメージ図
    「お」は、「う」と同じように「口をすぼめた状態」で発音しますが、特に口を縦に開けるイメージです。使う筋肉は「う」とは違う筋肉を使っている事を意識します。

    上記の運動、エクササイズを10回ほど繰り返します。特に顔痩せ効果を実感したい場合には、口周りの筋肉がつかれるのを意識して行うと良いです。

    「あいうえお発音体操」は、効果が出るまでに3日前後という短い期間で効果を感じることが出来るので、実践してみる価値があると思います。

     

    あお運動

    あお運動のイメージ図
    「あお運動」は、「あ」と「お」を交互に行う運動です。「あいうえお運動」と同じように「あお運動」は、口周りや頬の筋肉を鍛える事で小顔、顔痩せを目指せる、運動、エクササイズです。

    「あ」の運動

    「あ」の運動の時は、口を大きく広げる運動をします。

    「お」の運動

    「お」の運動は、唇を突き出して口をすぼめる運動を行います。

    「あいうえお体操」よりも簡素化されている分、簡単にやりやすいエクササイズです。

     

    ポリバケツ体操

    ポリバケツ体操のエクササイズをしている女性のイラスト
    ポリバケツ体操は、簡単に行える顔痩せ体操のエクササイズで、小顔を目指せます。

    ポリバケツ体操の方法

    ポリバケツ体操は、「ポー⇒リー⇒バー⇒ケー⇒ツー」と口を大きく開くだけの簡単にできる運動です。基本的に顔の筋トレなので、「ポー⇒リー⇒バー⇒ケー⇒ツー」と少し長めの時間をかけてやると効果的です。
     

    「ポリバケツ」の体操のポイント

    「ポリバケツ」の体操の体操、エクササイズは、下記の通り行います。

    • 「ポー」のポイント
    • 口を大きく開けてあるポーと言います。口周りの筋肉を意識して口を縦に開いて発生します。

    • 「リー」のポイント
    • 口の両端を耳の方に引き上げるイメージで、口周りや頬の筋肉を意識して行います。アゴを少し上に向けてやると効果的です。

    • 「バー」のポイント
    • 口を上と左右に大きく広げるイメージです。慣れたら、舌を出して上に向けると、より効果的です。

    • 「ケー」のポイント
    • 口を横に大きく広げますが、特に、口角を「ケ」と比べて少し下に向けて口を広げるイメージです。より効果的な方法を目指す場合は、舌を口から出してアゴの方に向けるのもいい方法です。

    • 「ツー」のポイント
    • 口周りの筋肉を収縮させて、出来るだけ口を小さくとがらせるイメージです。目や口など、全ての顔のパーツを顔の中心に集める感じに行います。

    「ポリバケツ」の体操を行う時間

    「ポリバケツ」と言う時は、「ポ」、「り」、「バ」、「ケ」、「ツ」それぞれで各6秒キープするが基本です。

    6秒に慣れたら、次は、10秒や15秒と、キープする時間を伸ばすと、より小顔、顔痩せ効果が期待できます。

     

    ベロ出し体操

    ベロ出し体操を実践する女性のイラスト
    口の周りの表情筋を鍛えた後は、舌を使った「ベロ出し体操」のエクササイズで小顔になる顔痩せ効果が期待できます。

    ベロ出し体操も比較的に効果が現れやすいエクササイズです。1日1分のエクササイズを継続すると、約2週間程度で顔痩せの効果が実感できた人もいます。

    ベロ出し体操の効果

    ベロ出し体操は、舌を動かすだけの簡単筋トレ法です。舌を動かすことで、首回りの筋肉の強化によって、顔の引き締め効果が期待できます。普段、使わない舌の筋肉を鍛えるので、慣れるまでキツイと思います。

    基本的に鍛えられる部分は、

    • 舌がつながっている首の筋肉を鍛える
    • 首の筋肉を鍛えて、水分の流れを改善
    • むくみの解消
    • 引き締め効果
    • たるみの解消

    と言った点が期待できます。

    表情筋を鍛える運動との併用がおすすめ

    ベロ出し体操は、表情筋を鍛える「あいうえお体操」や「ポリバケツ体操」と併用してすると、より効果が期待できます。

    ベロ出し体操の方法・やり方

    実際に、ベロ出し体操を行う場合には、どのような方法、やり方で行うのかを紹介します。

    具体的に、ベロ出し体操を行う場合には、

    1. 舌を前に出す
    2. ベロ出し体操で舌を前に出す方法の絵
      舌を口から前に出します。舌は自分で見える程度まで頑張って前に出します。舌を出した後は、両肩を下に引っ張る感じで5秒キープします。

    3. 舌を下に出す
    4. ベロ出し体操で舌を下に出すイラスト
      舌を口から出して、下方向に出して、アゴの方に伸ばします。これと同時に両肩を下に下げた状態で5秒維持します。

    5. 舌を上に出す
    6. ベロ出し体操で下を上に向けるイラスト
      鼻をなめるイメージで、舌を上に出して伸ばします。舌を上にだした状態で5秒間維持します。

    7. 舌を右下に出す
    8. ベロ出し体操で下を右下に出すイラスト
      アゴの右の方を舐めるイメージで、舌を右下に伸ばします。舌を出すのと同時に、左の肩のみ下にさげて5秒維持します。

    9. 舌を左下に出す
    10. ベロ出し体操で舌を左下に出す絵
      左下のアゴを舐めるイメージで、舌を左下に伸ばします。舌を左下に出すのと同時に右肩のみ下にさげて5秒維持します。

    11. 舌を回す

    ベロ出し体操の舌を回す方法のイラスト
    両肩を下にさげてる状態で、舌を出して右回り、左回りとグルグル回します。1周を5秒かけて、ゆっくり舌を回します。

     
    以上のように、舌を動かすだけでも舌骨を動かし、顔、アゴ、首周辺の筋力アップで小顔を目指せます。

    人に見られるとキツイ体操、エクササイズなので、トイレに行ったときやお風呂に入っている時に行うと良いです。

     

    ガム噛みエクササイズ

    ガム噛みエクササイズを実践する女性の写真
    ガム噛みエクササイズは、ガムを噛むことでアゴの筋肉を鍛えることで、顔の筋肉を引き締めることで、顔痩せをして小顔にする方法です。

    ベロ出し体操やポリバケツ体操の場合は、人前では出来ないのに比べると、ガム噛みエクササイズは、家事や事務仕事など、忙しい人でもながら運動でやりやすいです。

    毎日、1日に5分、ガムを噛むことで、顔痩せ効果が期待できます。

    ガム噛みエクササイズのポイント

    ガム噛みエクササイズを行う場合は、

    • 右の歯でガムを噛む
    • 左の歯でガムを噛む
    • 前歯でガムを噛む

    と言った様に、色々な歯でガムを噛むように心がける必要があります。

    ガム噛みエクササイズの注意点

    具体的なガム噛みエクササイズの注意点としては、右、左、前とバランスよくガムを噛まないと顔の筋肉のバランスが悪くなるので注意が必要です。

    また、虫歯や糖質、カロリーを考えるとノンシュガーのガムがおすすめです。ただし、ノンシュガーのガムは食べ過ぎるとお腹が緩くなる事があるので注意が必要です。

     

    ペットボトルエクササイズ

    ペットボトルエクササイズは、ペットボトルを口でくわえるだけで、簡単に行える表情筋を鍛える方法です。顔の筋力が弱っているのが原因で、顔が大きくなっている人が小顔を目指したい場合に適した方法です。

    ペットボトルエクササイズをやらない方が良い人

    ペットボトルエクササイズは、基本的に健康な人なら問題ないのですが、

    • アゴに痛みを感じる
    • 口の周りを怪我している
    • 唇に傷がある人

    という問題がある人は、やらない方が良いです。

    ペットボトルエクササイズをやり方

    ペットボトルエクササイズを実践する女性おイラスト
    ペットボトルエクササイズのやり方、実践方法を紹介します。

      ペットボトルエクササイズの具体的なやり方としては、

      • ペットボトルを口でくわえる方法
      • 空のペットボトルを使う方法

      の2つの方法があります。

    ペットボトルを口でくわえる方法

    1. 500mlのペットボトルを準備する
    2. ペットボトルに水を少量入れる
    3. ペットボトルを口にくわえる
    4. ペットボトルは歯や手を使わず、唇でくわえて維持する
    5. 口でペットボトルをくわえるのは、1回に10秒程度を1セット
    6. 1度に3セット~10セット程行います
    7. 朝と晩に、毎日行う

    上記のペットボトルをくわえる方法は、最初は水の量は100mlぐらいからスタートして、慣れてきたら徐々に水の量を増やすと良いです。

    空のペットボトルを使う方法

    1. 空のペットボトルを口にくわえます。
    2. 空気を吸い込むようにします。
    3. 空気を吸い込むときに頬を凹ませるようにします。
    4. 上記の状態を1度に5秒程度維持します。
    5. 1度に3セット~10セット繰り返します。

    顔の筋肉の中でもペットボトルを使う方法では、普段使わない筋肉を使うことになるので、筋肉痛になる事もあるので、最初は、やり過ぎに注意しましょう。

    マッサージで顔やせ

    マッサージで顔やせを目指している女性の写真
    ここからは、顔痩せ効果が期待できるマッサージを紹介します。

    ここで紹介するマッサージの方法は、

    • リンパマッサージでリンパを流す
    • エラとほほの張りをほぐすハンドマッサージ

    などの方法があります。
     

    リンパマッサージでリンパを流す

    リンパマッサージを行うと、顔に溜まっている水分や老廃物などを排出する事で、かおのむくみを改善する事で、顔痩せ、小顔を行うことが出来ます。

    リンパとは何か?

    リンパとは、血液からしみだしている組織液のことで、体内の老廃物をリンパが回収して尿として排出する効果があります。

    この為、リンパがたまっている人の場合には、5分点度のリンパマッサージで、見て分かるぐらいに小顔の顔痩せ効果が実感できる方法でもあります。

    ここでは、小顔になる為の顔痩せ効果が期待できるリンパマッサージを紹介します。

    リンパマッサージを効果的に行う方法

    リンパマッサージを効果的に行う方法を紹介します。同じマッサージをしても、より効果が期待できる方が嬉しいですよね。

    具体的に、リンパマッサージの効果を上げる方法としては、

    • 水をコップ1杯飲む
    • お風呂上りにやる

    と言った2点が大切になります。

    水をコップ1杯飲む

    リンパマッサージを行う前に、コップ1杯分の水を飲んでおくのが大切です。水を飲むことで、体内のリンパ液の濃度が薄くなり、リンパマッサージで、リンパの流れを良くして新陳代謝のアップに繋がり、より効果が期待できるようになります。

    お風呂上りにやる

    リンパマッサージを行うのに一番適しているのは、お風呂あがりです。お風呂に上がったタイミングは、「血行が良くなり」、「リラックスしている」状態なので、リンパマッサージの効果が現れやすいです。

    リンパマッサージで、絶対にやってはいけない事

    リンパマッサージは、撫でるように優しくやれば十分です。肩こりの時に行うマッサージのように力任せでリンパマッサージを行うと逆効果になるので注意が必要です。

    また、リンパマッサージは、より優しくやる必要があるので、肌の滑りを良くする為にクリームなどを付けて行う方が効果的です。

    むくみを解消するのに大切なリンパ節

    リンパマッサージに大切な3つのリンパ節の図解
    顔には、上記の通り、「耳下腺リンパ節」、「顎下リンパ節」、「鎖骨リンパ節」がありますが、特に、鎖骨リンパ節は、リンパ液が体内を巡ってからの出口になるので一番大切だと言われています。

    鎖骨のリンパ節のマッサージ方法

    鎖骨のリンパ節のマッサージ方法
    鎖骨部分に指を当てて、クルクルと優しくなぞります。

    耳下腺のリンパ節のマッサージ方法

    耳下腺のリンパ節のマッサージ方法
    耳下腺リンパ節は、耳を指で挟んでクルクルと回してマッサージします。

    こめかみのマッサージ方法

    こめかみのマッサージ方法
    こめかみ部分を指で優しく押し回してほぐします。

    顎下リンパ節から耳下腺リンパ節のマッサージ

    顎下リンパ節から耳下腺リンパ節のマッサージ
    顎下リンパ節を流す為に、フェイスラインに沿って、軽く圧をかけてリンパを流します。基本的に、アゴを親指と人差し指を軽くはさむと、リンパが流しやすいです。

    口元のマッサージの方法

    口もとのリンパマッサージの方法
    口元のリンパを流すことで、口元のシワやたるみに効果的です。方法は、口角の両端を軽く押して手を上に上げて、鼻の下に手をまわします。回数は、3回程度で良いです。

    口元から耳下腺リンパ節へのマッサージ

    口元から耳下腺リンパ節へのマッサージ方法
    口元から耳下腺リンパ節への指で優しくなぞってリンパを流します。

    小鼻横から耳下腺リンパ節へのマッサージ

    小鼻横から耳下腺リンパ節へのマッサージの方法
    小鼻横から耳下腺リンパ節の方向へ指をなぞってリンパを流します。

    目頭からこめかみへのマッサージ

    目頭からこめかみへのマッサージ方法
    目頭からこめかみへ指をなぞってリンパを流します。

    額の中心からこめかみへのマッサージ

    額の中心からこめかみへのマッサージ方法
    額の中心からこめかみへ指を動かしてリンパを流します。

    こめかみから鎖骨にリンパを流すマッサージ

    こめかみから鎖骨にリンパを流すマッサージ方法
    最後は、「こめかみ⇒耳下腺リンパ節⇒首筋⇒鎖骨リンパ節」の順に指をなぞり、顔に溜まったリンパを鎖骨リンパ節に流します。
     
    以上のように、リンパの流れを改善する事によって、むくみによって詰まっていた、老廃物や水分が流れることで小顔にすることができます。

     

    エラとほほの張りをほぐすハンドマッサージ

    顔が大きい人の悩みの1つが頬のエラが張っている場合です。エラは、基本的に骨が原因なので、簡単に小顔に出来ないイメージがありますが、ここでは、エラの張りを改善する小顔マッサージを紹介します。

    ほお骨のマッサージ

    エラを改善するマッサージの方法
    指をアゴの骨とほお骨が交差しているアゴ関節に充てて、円を描きながら耳の方に押しながら20回ほど繰り返してマッサージします。もちろん、顔を左右、両方で行います。

    手を当て「アエイウエオアオ」を言うマッサージ

    手を当て「アエイウエオアオ」を言うマッサージの説明画像
    アゴの関節部分に指を当てた状態で、「アエイウエオアオ」と口を大きくあえて声を出します。「アエイウエオアオ」は、3回程度行います。

    アゴ関節から耳の後ろをさするマッサージ

    アゴ関節から耳の後ろをさするマッサージの解説画像
    アゴの関節に手の平を当てます。手の平を密着させたまま、耳の後ろまで手を移動します。手は顔から離さずにさすります。このマッサージは、10回程度行うと良いです。

     

    ほほ骨の張りをやわらげるマッサージ

    ほほ骨が硬く、張っていると、どうしても顔が大きく見えてしまいます。この為、ここでは、ほほの筋肉の張りをやわらげて小顔になる顔痩せマッサージの方法を紹介します。

    小鼻からほほへのマッサージ

    小鼻からほほへのマッサージの方法を解説している画像
    鼻の横に人差し指、中指、薬指のように指先を頬に当てます。鼻からこめかみにかけて、頬に沿って20回程度、擦りあげます。

    両手を頬にあてて行うマッサージ

    両手を頬にあてて行うマッサージを解説するイラスト
    両手をほほ骨の横に密着させて、親指と人差し指で耳を挟むようにします。両手の手の平を頬にあてて、顔を左右からはさんだ状態で、頬の筋肉を上に持ち上げます。手の平を頬から外さないで10回繰り返します。

    グッズを使って小顔になる顔痩せを目指す

    顔痩せを目指す為には、マッサージやツボ押しなど、色々な方法がありますが、手でマッサージをするだけでは、どうしても十分なマッサージが出来ない場合があります。

    そのような場合には、小顔を目指せるアイテム、グッズを利用することで、より効果的に顔痩せを目指すことが出来ます。

    ローターを使ったマッサージ方法

    小顔になる美顔ローラの画像
    小顔になるマッサージを効率的に行う為には、小顔ローラーなどのグッズを使うと効果的です。

    指や手の平で顔のマッサージをする時には、どうしても刺激できない部分があります。それを補えるのが小顔ローラーです。小顔ローラーを使う場合には、フェイスラインを多めに行うと良いです。

    ローラーの効果は、適度な刺激を顔に与え、血流を良くする事で、小顔効果、美肌効果が期待できます。

    PAOを使ってバランスの良い顔痩せを行う方法

    小顔を作るグッズのPAOのイラスト
    顔痩せに効果があるマッサージ、筋トレ、運動、ツボ、リンパマッサージなど、基本的に小顔になる為には、何もなくても実施は可能です。ただし、特に顔の表情筋を鍛える場合には、顔の左右の筋肉もバランスよく鍛える必要があります。もしも、バランスが崩れると、小顔になっても、顔が歪んでしまう可能性があります。

    PAOを使って、表情筋をバランスよく鍛える方法

    MTG(エムティージー)のフェイシャルフィットネスグッズのPAOは、クリスティアーノ・ロナウドが広告塔になっている顔痩せアイテムです。

    PAOは、口にくわえてぶんぶんと振り回す、顔専用の筋トレグッズです。左右均等に負荷をかけることが出来るので、顔の筋肉にバランスよく負荷をかけることが出来ます。

    PAOが良いのは、トレーニング時間が短いのが良い

    PAOのトレーニングは、1回30秒を、1日2回やるだけです。1回30秒なので、短い時間で出来るのが良いところです。

    30秒と言うと、簡単に出来そうですが、はじめてPAOを使うと20秒でも大変です。最初は、筋肉痛を覚悟で行う必要があります。

    食事で顔痩せを目指す方法

    顔痩せの方法として食事で試している女性の写真

    食事で何を、どのように食べるのかによって、顔痩せの効果も変わってきます。特に食事の内容によっては、顔がむくんで大きくなる可能性もあるので、小顔になりたい人は、食事も注意が必要です。

    ここでは、食事に関係する点で、顔痩せで小顔に効果的な方法や注意する必要がある点を紹介します。

    食事の食べ方で小顔を目指す方法

    顔痩せしたい場合には、基本的に太らない食事の食べ方が大切です。カラダが太ると、どうしても顔も大きくなってしまいます。

    食事の食べ方で注意する点は、

    • 早食いはしない
    • 決まった時間に食事をする
    • 間食はしない
    • ビタミンやミネラルを摂る
    • 塩分を控える
    • 利尿作用のあるものを食べる
    • 固いものをよく噛む
    • 砂糖・脂肪を控える

    と言ったような点が大切になります。

    早食いはしない

    食事の食べ方で注意する点としては、早食いをしないという点が大切です。早食いをしていると、どうしても、ついつい食べ過ぎてしまう傾向があります。この為、食事を食べる時には、ひと口30回以上間で食べます。1口で30回噛んで食べると言うのが

    決まった時間に食事をする

    毎日、同じ時間に3食の食事を摂る生活習慣があれば、体内時計が整い、自律神経が整います。この結果、カラダは自然に食事の時間には、カラダが準備して待ち受けるので、カラダが整いやすいです。

    もしも、食事の時間が、日によって違う場合には、体内時計の乱れの原因になり、カラダはストレスを感じて体内酵素が多く消費されることで、老化が進みやすくなるので注意が必要です。

    食事の時間が決まっている場合には、消化吸収がスムーズに行われ、体調が良くなり、美肌やダイエット効果も期待できます。

    間食はしない

    基本的に、間食をするとカロリーオーバーになり、太りやすくなる可能性があります。摂取カロリーを抑えたい場合には、基本的に間食はしないのがベストです。

    しかし、1日3食の食事と間食の摂取カロリーが消費カロリーないであれば問題ありません。もちろん、1日だけカロリーオーバーでも、普段はカロリーオーバーになっていなければ間食をしても大丈夫です。

    ビタミンやミネラルを摂る

    ビタミンやミネラルを含む野菜や果物の写真
    ダイエットをしている場合には、どうしても食事制限をするので、ビタミンやミネラルの摂取量が不足する傾向があります。ビタミンやミネラルが不足するとむくみの原因になるので顔が太って見える様になります

    ビタミンやミネラルが多いのは、野菜や果物です。ダイエット中でも野菜や果物は、意識して摂る必要があります。ただし、野菜や果物だけを食べて痩せようと思った場合には、筋肉量が落ちて基礎代謝が落ち、太りやすい体質になるので、食事の栄養バランスを注意する必要があります。

    もしも、食事で栄養バランスを整えるのが難しい場合には、サプリメントでビタミン、ミネラルなどを補っておくとダイエットの効果が発揮しやすいです。

    塩分の摂取を控える

    塩の写真
    塩分を多く摂取している人は、体質的にむくみやすくなります。むくみは、顔が太って見える原因になります。もしも、顔がむくんでいる場合には、食事での塩分摂取量を注意する必要があります。

    基本的に、厚生労働省が定めてる1日当たりの塩分摂取量の目標値は、男性が8グラム、女性が7グラムになっています。

    塩分が多く含まれている食品というのは、調味料やドレッシング、野菜スープなど、健康な食べ物でも、意外に塩分が多い場合があるので注意が必要です。

    利尿作用のあるものを食べる

    顔が太って見える原因の1つが、顔のむくみです。顔に脂肪がついている場合は、脂肪を燃焼して根本的にダイエットが必要です。しかし、顔がむくんでいる場合は、むくみを解消すれば、短期間で顔痩せ効果が期待できます。

    むくみは、リンパマッサージや運動、体操などでも解消できますが、それ以外にも食事で、利尿作用がある食べ物を摂るのも1つの解決方法です。

    利尿作用がある栄養素とは?

    利尿作用がある栄養素とは、カリウムです。カリウムは、体内の余分な塩分を体外に排出して、むくみを解消する効果を期待できます。

    利尿作用がある食べ物とは?

    利尿作用があるカリウムが多く含まれている食べ物としては、ホウレン草、枝豆、カボチャ、ゴボウ、パセリ、ユリ根、ジャガイモ、さつまいも、アボガド、キウイフルーツ、バナナ、ナツメ、ぶどう、納豆、昆布、ワカメなどがあります。

    利尿作用がある飲み物とは?

    利尿作用がある飲み物としては、カフェインが入っているコーヒー、緑茶、コーラ、紅茶、ウーロン茶などがあります。また、ゴボウ茶、ヨモギ茶、黒豆茶、杜仲茶、生姜茶、トマトジュース、レモン水、豆乳、白湯なども飲むと利尿作用があるようです。

    このように、体内の水分を出来るだけ効率的に排泄できるように利尿作用がある食べ物、飲み物を意識して摂取するとむくみの改善を行う生活習慣が大切です。

    固いものをよく噛む

    小顔になる為のエクササイズやガムを噛むのと同じですが、いかに顔の筋肉を鍛えるのかが大切になります。

    例えば、柔らかいモノかばり食べていると、アゴの筋肉が弱って、ほほやアゴの筋肉が弱り、顔のたるみの原因になります。顔がたるむと太ってみてて、顔が大きく見えるようになります。

    固い食べ物とは?

    固い食べ物としては、ゴボウ、すじ肉、スルメ、小魚といったような歯ごたえがある食べ物を意識して食べると良いです。

    固い食べ物は満腹中枢を刺激してダイエット効果もある

    固い食べ物を意識して、食事に取り入れていると、食事中によく噛むことになるので、自然と満腹中枢が刺激されて、満腹感が感じやすくなります。この為、自然に食事量が減って、顔痩せ効果以外にもダイエット効果が期待できます。

    砂糖・脂肪を控える

    砂糖や脂質を多く取っていると、どうしてもカロリー摂取量が多くなり、カロリーオーバーが原因で太る可能性が高まります。

    特に、顔に脂肪がついている事で、顔が大きくなっており、顔痩せをして小顔になりたいと思っている人は、砂糖や脂質を控える食事を心がける必要があります。

    ダイエットをする場合には、低カロリーで、高タンパク質な食べ物を意識して食べると良いです。

    運動をして顔痩せする

    運動をして顔痩せを目指している男女の写真
    顔痩せをする方法として、生活習慣として持っておきたいのが運動です。適度な運動をしている人は、小顔になりやすいと言った特徴があります。

    運動をする事によるメリットとは?

    運動する事によって、顔痩せをする為の効果、メリットとしては、

    • 筋力アップで、基礎代謝、新陳代謝のアップ
    • 運動で、1日の消費カロリーを多くする

    と言ったような点がメリットがあります。

    筋力アップで、基礎代謝、新陳代謝のアップ

    普段から運動習慣がある人は、カラダに筋肉がつくので、基礎代謝があがり、新陳代謝もよくなります。基礎代謝と新陳代謝が良いと、多少、食事でカロリーオーバーしたとしても余分なカロリーは消費されやすい体質になります。

    運動で、1日の消費カロリーを多くする

    運動するとカロリーが消費されます。もしも、運動不足や加齢で、筋肉量が落ちて、基礎代謝が落ちている場合には、若い時と同じだけ食事を摂っていても、どうしても太りやすくなります。

    この為、焼き肉やスイーツなど、ついつい食べ過ぎた場合は、いつもより運動する量を増やすのも、顔痩せダイエットには大切です。

    ウォーキングで顔痩せする方法

    ウォーキングで顔痩せをするグループの写真
    運動習慣がない人であったり、体力に自信がない人が、運動を始める場合には、ウォーキングを行うのがオススメです。ウォーキングは、十分に有酸素運動の効果が期待できる運動でありながら、無理なく続けやすいダイエット方法です。

    効果的なウォーキング方法

    ウォーキングをダイエット目的で行う場合には、ダラダラと歩いていては意味がありません。せっかくウォーキングしたとしても顔痩せ効果が半減してしまいます。

    顔痩せの為に、より効果が期待できるウォーキングは、まずは、猫背など、姿勢が悪い状態ではなく、正しい姿勢で歩く必要があります。また、歩き方は、足のカカトで着地して、足の裏側で地面をシッカリと付けて、つま先でシッカリと地面を蹴ります。足の筋肉もシッカリと使って歩きます。

    ジョギングで顔痩せをする方法

    ジョギングしている女性の写真
    ある程度の運動習慣がある人の場合で、ウォーキングよりも、よりダイエット効果を期待したい場合には、ジョギングがオススメです。ウォーキングとジョギングの消費カロリーを比較すると軽いジョギングの方が倍以上の消費カロリーになります。

    また、ジョギングは、ウォーキングよりもカラダの筋肉を使うので、筋力アップで基礎代謝を上げる効果も期待できます。

    ダイエットに効果的な有酸素運動の時間

    有酸素運動で、ダイエットをしたいと思った場合には、少なくとも20分以上の運動時間は継続する必要があります。基本的に有酸素運動は、20分以上継続して、カロリーが消費されるようになります。

    また、1日や2日程度で止めてしまうと、ダイエット効果も期待できないので、無理が無い範囲で継続できるウォーキング、ジョギングを選択すると良いです。

    ジムに通うとダイエットを続けやすくなる!?

    スポーツジムでトレーニングをしている女性の写真
    ダイエットをして顔痩せをしようと思っても、自分でウォーキングやジョギングなどの運動が継続できない場合には、スポーツジムに通うのも良い方法です。

    ひとりで、ダイエットが継続しない場合には、スポーツジムに通うことで、モチベーションアップによって、継続したダイエットが続けれる可能性があります。

    ただし、普通のスポーツジムの場合は、1人で行ってトレーニングをすると言ったケースもあるので、どうしても顔痩せしたいという場合には、最近有名な、ライザップなどのプライベートジムに通って、専属トレーナーと一緒にダイエットを行うと継続して、目標体重まで痩せやすくなります。

    顔痩せで小顔になる為に継続が必須

    顔痩せで小顔になる方法を実践した女性の写真

    顔痩せに限らず、ダイエットは、3日坊主、1週間や1ヶ月で諦めて長続きしない人が多いと思います。

    この為、いかにモチベーションを維持するかが大切になります。そこで、最初に顔痩せで小顔を目指す場合のメリットを紹介します。

    顔痩せのメリット

    顔痩せダイエットで小顔になれた場合のメリットは、

    • 小顔になれる
    • 全身に見た目が痩せて見える
    • スタイルがよく見える
    • 若返ったように見える
    • 全身ダイエットも目指せる
    • 自分に自信がつく
    • 全身、体型のバランスが良くなる
    • オシャレなファッションが似合う
    • シワやほうれい線、たるみの予防

     
    と言ったようなメリットがあります。

    また、ダイエットに成功して、見た目が変わることで、自分に自信もでき、また、若くスラット痩せて見えるので、「モテやすくなる」可能性もアップすると思います。

    この他にも運動などを取り入れて痩せる場合は、新陳代謝も向上するので、お肌の代謝もアップするので、美肌効果も期待できます。

    また、首回りを痩せると、いびきの予防もできます。

    顔が大きいデメリットとは?

    顔が大きいデメリットとしては、

    • 体が痩せていても太って見える
    • サングラスや眼鏡が似合わない
    • 帽子や服のファッションのバランスが悪くなる
    • 洗顔料などの消費が早くなる
    • 化粧代が余計にかかる

     
    と言ったような点があります。

    顔が太る原因は何か?

    顔が太る原因は何か考える女性の写真
    顔痩せで小顔にしたい場合には、まずは、顔が大きく見える太る原因を知っておく必要があります。原因が分かれば、それを解決すれば良いので、顔痩せで小顔も効果的に目指しやすくなります。

    具体的な顔が太る原因としては、

    • 脂肪が付いて太っている
    • 慢性的なむくみ
    • 運動不足
    • 基礎代謝が落ちている
    • 顔の筋肉が衰えている
    • 姿勢が悪い

     
    と言ったような様々な点があげられます。

    顔が太って見える原因は、基本的に、むくみ、筋肉の衰え、食生活、姿勢など、色々な事が関係してきます。原因によって、顔痩せダイエットを行うと効果が期待できる方法も変わってきます。まずは、それぞれの原因について紹介します。

    ⇒エラが張って顔が大きく見える人はコチラ(別ページ作成中)

    脂肪が付いて太っている

    顔が大きく見える人の多くが単純に脂肪がついて太っているケースが多いです。

    体型は、洋服選びで隠すことが出来ますが、顔は隠せないで、人目につきやすい部分なので、少しでも太ると分かり易いといった

    脂肪が付いて太っている人の対処方法

    脂肪が付いて顔が太って見える人の対策、対処法としては、、食事量食事内容食事の方法運動などの取り組みで改善が目指せます。

    慢性的なむくみ

    慢性のむくみがある人は、顔もむくみが原因で、顔が太って見える原因になります。顔のむくみの原因は、皮膚の下に、余分な老廃物や水分が溜まっているからです。

    顔のむくみをチェックする方法

    顔がむくんでいるかチェックする方法は、

    • 朝起きた時に、まぶたが腫れぼったい
    • 起きたら鏡の跡が残っている
    • 思いっきり口角を上げて笑ったとに30秒以上、笑ジワが残る

    と言ったような事で、顔がむくんでいるか分かります。

    なぜ、朝起きた時に、顔のむくみが出来るのか?

    顔のむくみが原因の人は、1日立っていると足がむくんでいる人が起きやすいです。1日立っていると、体内の水分は、重力で下がって足がむくみます。

    足がむくむ人が、夜、横になって寝ていると、足の水分が顔に流れるので、顔がむくみます。この為、朝、顔が大きいが、夜には少し顔が小さくなっている人は、慢性的なむくみが原因だと考えることが出来ます。

    むくむ原因は、何か?

    むくみが起きる原因としては、

    • 塩分の摂り過ぎ
    • アルコールの摂り過ぎ
    • 糖分の摂り過ぎ
    • 冷え性
    • 睡眠不足
    • 運動不足
    • 代謝が悪い
    • リンパの流れが悪い
    • 骨格の歪み

     
    と言ったような事があります。

    運動不足

    運動不足の人は、体が太るので、必然的に顔が太って見える原因になります。食事量が多いが、運動量が少ない人は、運動不足で、消費カロリーが少ないので、カラダに脂肪を溜めこんでいる状態です。

    運動不足で太っている場合には、リンパや血液の流れも悪くなるので、むくみが起きやすくなります。むくみが起こると顔が水ぶくれで大きくみえるようになります。

    運動不足の顔痩せ対策

    基本的に、運動不足で太っていて、顔が大きく見える人の場合には、毎日20分~30分程度の有酸素運動を継続して、運動不足を解消するのが大切です。

    有酸素運動をする時間を特別に取れない人は、エスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使ったり、近いところには自動車に乗らずに歩くといった、日々の生活の中で運動習慣を作りましょう。

    運動不足の人は、運動、リンパ、食事などを見直すと顔痩せ対策が期待できます。

    基礎代謝が落ちている

    30代、40代、50代、60代と年齢を重ねるにつれて、太りやすくなったという人は、加齢によって基礎代謝が落ちている可能性があります。

    代謝が落ちると体内の水分代謝も低下します。この為、汗やおしっこなどの水分の排出が悪くなり、むくみやすくなります。むくみが原因で、顔が大きく見える可能性があがります。

    また、基礎代謝が落ちると、食べたモノのカロリーを消費できずに太る原因になります。この為、脂肪が原因で顔が大きく見える人は、基礎代謝をアップするために筋力アップが必要になります。

    代謝が落ちている人の対策

    代謝が落ちている場合には、運動不足、塩分、アルコールの摂り過ぎ、食事の改善、利尿作用などで顔痩せが期待できます。

    顔の筋肉が衰えている

    顔の表情筋が衰えると、顔が大きく太って見える原因になることがあります。この為、無表情の人は、注意が必要です。

    もしも、普段から笑ったり、話したり、怒ったりと言った色々な表情をする事が少ない人は、顔の筋肉の表情筋が衰えていると、脂肪がタレて、顔が大きくなる可能性があります。

    人間の顔には30種類以上の表情筋がありますが、元々、欧米人に来らべて日本人は、表情が少ないので、一般的に日本人は表情筋の30%程度しか使っていないとも言われています。

    若い時は、特に筋力量が落ちずに問題になりませんが、30才、40才、50才、60才と年齢の経過とともに、老化で顔の筋肉量が落ちてくると、顔のむくみ、脂肪によって顔が大きくなる可能性があります。

    特に、毎日、仕事や趣味で、パソコンやスマートフォンを長時間使っている人の場合には、常に下向きの姿勢になり、無表情で長時間いるので、頬の筋肉が下にさがっている状態になるので、表情筋が衰えて、脂肪がつきやすくなります。

    脂肪がつきやすくなるとリンパや血液の循環が悪くなるのでむくみにより、顔が大きく見える原因になります。

    表情筋の衰え対策

    表情筋が衰えるているのが原因で、顔が大きいので顔痩せをして小顔になりたい人の場合には、エクササイズ、マッサージ、運動などが効果的です。

    姿勢が悪い

    姿勢が悪いく、猫背の人は、むくみの原因になるケースがあります。姿勢が悪く、猫背になると血流やリンパの流れが悪くなり、顔痩せダイエットが成功しにくくなります。また、食後の消化も悪くなります。

    この為、カラダがむくむと老廃物や水分がたまりやすい体質になり、顔がむくんで大きく見えるようになります。

    また、猫背の人で、さらに、仕事や趣味で、パソコンやスマホなどを長時間見ている人の場合には、顔が下向きになり、重力で引っ張られ、脂肪がつきやすくなり、むくみやすくなる可能性があります。

    姿勢が悪い人の対策

    姿勢が悪い人が小顔を目指す場合には、運動、リンパ、食事、利尿作用などで対策すると良いです。

    肩こり

    肩こりになる人は、同じ姿勢を長時間している人やストレスがたまっている人が、血流やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝が低下することで、肩が凝りやすくなります。

    肩こりで、血流やリンパの流れが悪くなると、体内の水分や老廃物の流れが悪くなり、肩の上の顔がむくみやすくなります。

    肩こり対策

    肩こりが原因で顔が大きく見える場合には、運動、リンパなどで顔痩せ対策をすると良いです。
     
    以上のように、顔が大きく見える原因にも色々な下人があります。この為、自分に合った顔痩せの方法を実践すると、より効果的に小顔になることが出来ます。

    まとめ

    顔は、一番痩せにくい部分であるとも言われています。顔が太る理由、原因については、基本的に、「むくみ」や「脂肪がつく」と言ったように原因によって分類できます。顔が太っている原因によって、実際に、顔痩せの方法も違ってきます。

    この為、まずは、自分がやりやすい顔痩せの方法や自分に合ったダイエット方法を見極めて取り組む事で、小顔を目指すことが出来ます。

    まずは、リンパマッサージなど、顔のむくみを解消する方法を利用すると、比較的に短期間で小顔になる可能性があります。これに対して、顔に脂肪が付いているのが顔が大きい原因の場合には、長期間に渡って、食事や運動、マッサージなど生活全体を見直した生活を継続する必要があります。