スッピン美人になるには、正し洗顔方法が大切です。洗顔のやり方を間違えていると、美肌の溜めに行っているつもりが、逆に肌へのダメージになり、乾燥肌、脂性肌、敏感肌、毛穴の黒ずみ、シミなどの様々な、肌トラブルを起こす原因になります。

そうは言っても、洗顔を全くしないというのも、古い角質や皮脂汚れが毛穴に詰まり、ニキビや黒ずみの原因になる事もあるので注意が必要です。

肌トラブルの多くは、洗顔において、「洗い過ぎ」、「洗わな過ぎ」の両方が関係している事が多いと思います。
 

 
人それぞれ、肌トラブルや、なりたい肌はあると思いますが、具体的な肌に関する悩み、願望としては、

  • 毛穴の黒ずみを解消したい
  • シミをなくしたい
  • 肌のくすみを消したい
  • ニキビが無い肌にしたい
  • 乾燥肌を改善したい
  • 脂性肌をなんとかしたい
  • 敏感肌で洗顔が大変
  • 美肌になりたい
  • 白い綺麗な陶器肌になりたい
  • モチモチの肌になりたい
  • キメ細かい肌になりたい
  • 色白の肌になりたい
と言った様に、色々な思いを持っている人がいると思います。

 
ここでは、正しい洗顔方法と言った点に焦点を当てて、肌トラブルを防いで、美肌でスッピン美人になれるような、スキンケアの基本である正しい洗顔の仕方、やり方を紹介します。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

目次

そもそも、なぜ、洗顔が必要なのか?

なぜ、洗顔が必要なのか?考える女性の写真
そもそも、なぜ、毎日、洗顔する必要があるのでしょうか?
 

 
普通に生活しているだけでも人間の肌には、

  • 古い角質(古い皮膚)
  • 酸化した皮脂
  • ホコリ
などの汚れが付くので、この汚れを取り除く為に洗顔が必要です。

 
古い皮脂は、肌の老化の原因になります。汗やホコリは、毛穴につまると、雑菌が繁殖してニキビの原因になります。
 
上記のような肌の汚れを落とすのが洗顔の目的です。

洗顔が十分に出来ていない場合はどうなるのか?

洗顔をしている女性の写真
洗顔を行わない場合には、上記のような事が原因で、毛穴に古い角質が詰まって、毛穴の黒ずみ、ニキビの原因になったり、古い皮膚が肌表面に残り、肌のくすみの原因になる可能性もあります

洗顔をし過ぎると、どうなるのか?

肌の汚れを洗顔で綺麗に落としておけば、肌トラブルを防止でき、美肌、スッピン美人になれるのでは?と思っている人もいると思います。しかし、洗顔のし過ぎも、肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

間違った洗顔をしていないかチェック!?

間違った洗顔をしているかチェックしている写真
あなたは、美肌になる為に行っている洗顔で、実は、間違った洗顔方法をして、逆に、肌を傷つけていませんか?

ここでは、間違った洗顔方法とは、どのようなやり方があるのか?具体的に紹介しつつ、何が問題で、注意する必要があるのかを紹介します。自分の洗顔の仕方で、間違えが無いかチェックするのにも役立ちます。
 

 
ここで具体的に紹介する間違った洗顔の方法としては、

  • 洗い過ぎで、肌の保湿成分まで洗い流している
  • 洗顔後の保湿では、洗い過ぎのカバーはできない
  • 泡立てが足りない洗顔料で洗っている
  • ゴシゴシと擦って洗っている
  • 泡立てネットを使って、水分不足の泡で洗っている
  • シッカリと時間をかけて洗顔をしている
  • 冷水での洗顔、すすぎをしている
  • 熱めのお湯で洗っている
  • すすぎが十分に行われていない
  • 1日に何度も洗顔をする
  • タオルでゴシゴシと擦って拭いている
  • ニキビや吹き出物が出来たら、シッカリ洗顔する
と言ったような洗顔を行っている場合は注意が必要です。

 
それぞれの間違った洗顔方法の内容については、下記で詳しく紹介します。
 

洗い過ぎで、肌の保湿成分まで洗い流している

洗顔し過ぎている女性の写真
洗顔を行う目的は、皮膚について酸化した皮脂や汗、ホコリなどの汚れを落とすことです。しかし、汚れをシッカリと落とそうと思い、洗顔し過ぎると、肌の潤いを維持するために必要な天然保湿成分のNMFや細胞間脂質のセラミドと言った天然の保湿成分を洗い流している場合があります。

酸化した皮脂や汚れは、皮膚を刺激して、肌トラブルの原因になります。しかし、細胞間脂質のセラミドや天然保湿成分のNMFは、肌を乾燥や雑菌から守っているので、無くなると肌トラブルの原因になるので、洗い過ぎは注意する必要があります

洗顔後の保湿では、洗い過ぎのカバーはできないい

保湿をしている女性のイメージ写真
洗顔のし過ぎで、皮膚の天然保湿成分のNMFや細胞間脂質のセラミドを洗い流しすぎた場合には、洗顔後の化粧水や美容液、クリームでシッカリと保湿すれば問題ないと思うかもしれませんが、洗い過ぎで受けた肌へのダメージは、スグには回復しません。

洗顔のし過ぎから、肌が改善するまでには、1晩から数日は必要です。この為、洗い過ぎた場合は、その日と、翌日は、肌の乾燥、紫外線による刺激、雑菌などの汚れには、刺激を受けやすくなっているので注意が必要です。

この為、いつも以上に保湿や紫外線対策は、シッカリと行いつつ、翌日は、洗顔料の使用は出来るだけ控えたり、少量にするなど、肌の回復を早める努力が必要になります。

泡立てが足りない洗顔料で洗っている

泡が足りない泡洗顔用の泡の写真
洗顔をする時には、洗顔料を利用すると思います。この洗顔時に、洗顔料をシッカリと泡立てずに洗うと、洗顔料の濃度が高すぎて、肌へのダメージになっている場合があります。

肌が丈夫で健康な状態では、特に気にならない人も多いと思います。しかし、毎日、濃度が濃い洗顔料を使って肌に強い刺激を与え続けることで、肌への負担になり、肌トラブルが起きやすくなる場合があるので注意が必要です。

また、本来は、シッカリとした泡で、毛穴の汚れを取り除けるはずが、泡立てが足りない場合は、十分な洗顔が出来ていない可能性もあります。

ゴシゴシと擦って洗っている

タワシの写真
洗顔時に、顔に洗顔料を付けて、あとは、手でゴシゴシと汚れを落としている人がいます。洗顔は、手でゴシゴシと摩擦して汚れを落とすモノではありません。洗顔は、汚れを泡で浮かせて、洗い流すものです。

もしも、ゴシゴシと手の摩擦で、洗っている場合には、肌の表面を傷つけて、肌に元々ある保湿成分を洗い流して、乾燥肌や敏感肌、毛穴の黒ずみ、ニキビなどの原因になる事もあるので注意が必要です。

また、ゴシゴシ摩擦がキツイと、その刺激で色素沈着を起こし、シミ、くすみ、の原因になる可能性もあります。目元や口元など、顔でも皮膚が薄い部分は、特に力を入れないで洗顔料の泡で、汚れを吸いつけるイメージで、擦らないように注意しましょう。

泡立てネットを使って、水分不足の泡で洗っている

泡立てネットの写真
泡立てネットは、簡単に洗顔用の泡が出来て便利です。実際に試すと分かりますが、水をほとんど使わなくても洗顔料を泡立てることが出来て便利です。

しかし、水分が少ない泡というのは、肌への摩擦を強めるので、肌への負担が強くなるので注意が必要です。

この為、美肌なスッピン美人を目指したい場合には、無駄な肌への刺激を出来るだけ避けるために、洗顔料を泡立てる時には、水、洗顔料、空気を使って、正しい方法で泡立てるようにしましょう。

シッカリと時間をかけて洗顔をしている

砂時計の写真
肌の汚れを落とす為の洗顔なので、シッカリと時間をかけて行いたいところですが、時間をかけすぎた洗顔も肌への負担になります

洗顔にかける時間は、1分程度て目処です。長くても1分半程度です。

長時間、洗顔料を肌につけて、洗っていると、手で擦っていなくても肌への刺激が強くなるので、肌のバリア機能が低下して、乾燥肌や敏感肌になる原因になることがあります。

冷水での洗顔、すすぎをしている

冷水の写真
毛穴が開いている人や毛穴の黒ずみが気になる人は、冷水で洗うことで、毛穴の引き締め効果を期待している人もいると思います。しかし、冷水で洗っても、30分もすると毛穴は広がった元の状態に戻るので、あまり意味がありません。

逆に、冷水で急激に肌を刺激することで、肌の負担になったり、肌が冷えて赤ら顔や乾燥の原因になる可能性があるので注意する必要があります。

熱めのお湯で洗っている

熱めのお湯の温泉の写真
熱めのお湯を使うと、洗顔料の落ちがよく、顔についた洗顔料をスグに洗い流せて便利です。また、皮脂や汚れも落としやすくなります。

しかし、熱めのお湯ので洗顔、すすぎをしている場合には、皮膚表面で、天然の保湿作用をしている必要な皮脂を溶かして洗い流してしまい、肌の乾燥の原因になる事があるので注意が必要です。

すすぎが十分に行われていない

顔をすすいでいる女性の写真
洗顔後は、十分に水ですすいで、洗顔料をシッカリと落とす必要があります。もしも、泡や洗顔料が肌に残っていると、肌への刺激になり肌トラブルの原因になります。

すすぎが十分でない場合には、ニキビや吹き出物が出来る原因になる事もあるので注意が必要です。

すすぎ不足は、アゴの先や髪の毛の生え際などに起こしやすいです。

1日に何度も洗顔をする

1日に何度も洗顔をしている女性の写真
脂性、オイリー肌の人の場合には、肌の脂が気になって、1日に何回も洗顔をしている人がいます。このように1日に何度も洗顔をしていると、肌の乾燥を防ぐために必要な皮脂まで洗い流してしまいます

また、1日に何度も洗顔をすると、肌は保湿用の皮脂が減少し乾燥します。この肌の乾燥対策として、さらに、皮脂の分泌が多くなります。

この為、脂性だと思って、1日に何度も洗顔をしていると、実は、肌の乾燥が激しいのを、守るために皮脂が大量に分泌されてテカテカになっている可能性もあります。

タオルでゴシゴシと擦って拭いている

タオルでゴシゴシ顔を拭く女性の写真
洗顔後、水ですすいだ後は、顔についた水分を拭き取ります。このタオルで顔の水分を拭き取る時は、タオルでゴシゴシと擦っていると、タオルの摩擦で肌に刺激を与えてしまいます

タオルを強く擦っていると、肌の表面が傷ついて乾燥する原因になります。また、シミやくすみの原因になる事もあるので注意が必要です。

タオルで、顔について水分を拭き取る時は、顔にタオルを押し当てて、水分を顔からタオルに移すようにすると良いです。可能であれば、フワフワの柔らかいタオルを使えると肌に優しくて良いです。

ニキビや吹き出物が出来たら、シッカリ洗顔する

ニキビや吹き出物が出来て悩む女性の写真
ニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こったら、いつもより念入りに洗顔をする人がいます。汚れが原因でニキビや吹き出物が出来たと考えると、洗顔で、常に清潔にしておけばいいと思い、過剰に洗顔をしてしまいがちです。

しかし、過度に洗顔を行うと、逆に、洗顔が刺激になって、ニキビや吹き出物を悪化させる可能性があります。特に、赤く炎症が起こっているようなニキビの場合には、洗顔の刺激で炎症が酷くなる場合もあります。

ニキビを予防する為に、洗顔で毛穴の汚れをキチンと洗い流すのは大切ですが、出来てしまったニキビに対しては、洗顔で刺激を与え過ぎるのも問題なので、洗顔は適度に行うようにするほうが良いです。

 
以上のような間違った洗顔を行っている場合には、美肌のスッピン美人を目指して、せっせと洗顔しているのが、逆に、オイリー肌やニキビ、肌荒れ、毛穴の黒ずみ、角栓などの原因となっている可能性もあるので注意しましょう。

間違った洗顔方法を続けると、どうなるのか…?

ハテナの画像
間違った洗顔方法を継続して行っていると、肌の保湿機能が低下して、肌トラブルを起こす原因になります。

 
具体的に起こす可能性がある肌トラブルとしては、

  • 肌荒れ
  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • オイリー肌
  • 毛穴の開き
  • 毛穴の黒ずみ
  • ニキビ
  • シミ
  • くすみ
などの肌の悩み感じる可能性があります。

 
この為、いかに肌にいい洗顔方法で、継続して肌を綺麗に出来るのか?洗顔のやり方、仕方というのは注意が必要です。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法を実践する女性の写真
正しい洗顔方法を紹介します。正しい肌にいい洗顔のやり方を理解して、実践することで、肌への刺激や負担を予防し、不要な汚れを取り除き、美肌になり、スッピン美人を目指しましょう
 

 
具体的な洗顔のやり方としては、

  1. 最初に手を洗う
  2. 顔をぬるま湯で洗い濡らす
  3. 洗顔料を泡立てる
  4. 額に泡をのせる
  5. 額から鼻のTゾーンを洗う
  6. 顎(アゴ)を洗う
  7. 頬(ほほ)に泡をのせる
  8. 口元や顔全体に泡を広げる
  9. ぬるま湯ですすぐ
  10. タオルで水分を拭き取る
  11. 洗顔後は、スグに保湿をする

と言った手順になります。

 
さらに、正しい洗顔方法の全体的なポイントとしては、

  • 洗顔料に水分をあたえ、シッカリと泡立てる
  • 洗顔料が顔にのっている時間を1分程度で行う
  • ぬるま湯で洗顔をする
  • ゴシゴシ、過度に擦らない
と言ったような点が大切になります。
 
洗顔の仕方の手順に沿って、具体的なポイントや大切な点を紹介します。
 

①最初に手を洗う

手を洗っているイラスト
最初に手を洗います。手についている雑菌が顔に移らないように、手の平、手の甲、爪など、キチンと手を洗います

②顔をぬるま湯で洗い濡らす

顔をぬるま湯で濡らしているイラスト
次は、顔をぬるま湯で洗います。最初にぬるま湯だけで洗うことで、軽く汚れを落としつつ、毛穴を開かせます。また、洗顔料を使う前に、濡らしておくことで、洗顔料の摩擦を抑える効果もあります。
 

 
顔をぬるま湯で洗う時のポイントとしては、

  • ぬるま湯の温度は、32度~36度程度
  • 熱めのお湯だと、保湿に必要な皮脂も流れだし肌が乾燥する
と言った点は注意が必要です。

③洗顔料を泡立てる

洗顔料で泡を作っているイラスト
洗顔料をシッカリと泡立てます。泡をシッカリと作ることで、顔の肌と手の間にクッションが出来て、肌の摩擦を軽減することが出来ます

泡立てる方法は、利き手とは逆の手の平に洗顔料をのせて、利き手の指で水を混ぜながらクルクルと回して、泡立たせます。もしも、泡立てが苦手な場合は、泡立てネットを使うと良いです。泡立てネットは100均でも購入できます。

④額(ヒタイ)に泡をのせる

ヒタイに洗顔料の泡をのせるイラスト
最初は、皮脂の分泌が多い、額(ヒタイ)に洗顔料を載せます。目や頬に垂れてこない泡である必要があります。

⑤額から鼻のTゾーンを洗う

額から鼻のTゾーンにかけて洗顔料の泡をのせるイラスト
額に乗せたら、そのまま皮脂の分泌量が多い鼻にめがけて、Tゾーンに洗顔料をのせます。そして、指の腹で、クルクルと泡でマッサージしますが、出来るだけ指は肌に触れずに、泡で洗う感じです。指でゴシゴシと、擦ったないようにし、円を描くような動きで洗います。

⑥顎(アゴ)を洗う

アゴに洗顔料の泡をのせるイラスト
次は、アゴ周辺に泡をのせて、優しく洗います。

⑦頬(ほほ)に泡をのせる

頬に洗顔料の泡をのせる女性のイラスト
次は、頬に泡をのせます。頬は、Tゾーンのように皮脂は出ていないので、泡をのせて洗っている感じで、擦り過ぎないようにして洗います。

⑧口元や顔全体に泡を広げる

顔全体に洗顔料の泡をのせるイラスト
頬の次は、口元、目元と、皮膚の薄く弱い部分を含めて顔全体に泡を広げて洗います。目元、口元は、特に皮膚が薄い部分なので、力を入れる必要はなく、泡をのせるだけでも十分に洗えます。

⑨ぬるま湯ですすぐ

顔にのった洗顔料をぬるま湯で洗い流すイラスト
泡で洗って汚れを落としたら、次は、ぬるま湯でシッカリと泡や洗顔料を洗い流します。

ここでも、顔を手で擦るのではなく、洗面器にぬるま湯を溜めて、手でぬるま湯をすくい、顔の泡にぬるま湯を近づけて泡を取るイメージですすぎます。すすぎは、20回~30回以上、洗顔料が肌に残らないようにシッカリと行います

洗顔料が顔に残っていると、それが肌荒れや肌トラブルの原因になるので、シッカリと洗顔料は、完全に洗い流すのが、すすぎのポイントです。

⑩タオルで水分を拭き取る

洗顔のすすぎ後に、タオルで顔についた水分を拭き取るイラスト
すすいだ後は、顔についた水分をタオルで拭きとります。ここでも、タオルでゴシゴシと肌を擦らないようにします。基本的に清潔なタオルを顔に押しつけて、水分をタオルに移す感じで、顔の水分を取れば十分です

⑪洗顔後は、スグに保湿をする

洗顔後は、肌についた水分が蒸発する時に、肌の水分も奪っているので、特に肌が乾燥しやすいので、スグに保湿をする必要があります。
 
もしも、熱めのお湯で、洗顔をしていると、さらに、肌からの水分の蒸発が激しくなります。さらに、熱めのお湯で、保湿として必要な皮脂も溶け出しているので、かなり乾燥が進んでいます。この為、出来るだけ、ぬるま湯で洗顔する事が大切になります。

 
以上のような方法が、正しい洗顔の仕方のやり方になります。上記の手順で、出来るだけ優しく洗顔する習慣を付けると美肌、スッピン美人を目指しやすくなります。

正しい洗顔を行うメリットは何か?

正しい洗顔を行う方法のメリットを理解して喜ぶ女性のイメージ写真
正しい洗顔を行うメリットは、肌を清潔でキレイな状態にすると言ったメリットがあります。
 

 
具体的な例をあげて正しい洗顔のメリットをあげると

  • お肌のターンオーバーを促進
  • 美肌の元を作る
  • 美白効果
  • シミ、くすみ予防
  • 肌のハリが出てくる
  • 化粧水や美容液の効果がアップ
  • 化粧のノリがよくなる
と言ったような美肌を作り、スッピン美人になるには必要な効果が期待できます。

 
基本的に、洗顔は、肌の汚れを取り除いている状態なので、その後の化粧水や美容液、乳液、クリームなどの栄養や保湿効果を高める為にも必要です。お肌を常に健康な状態に保つ事を意識すれば、自然と美肌になります。

洗顔のし過ぎは、肌のダメージになる事もある

洗顔のし過ぎが駄目な事を訴える女性のイメージ写真
洗顔は、顔の汚れを落とすモノですが、ついでに、皮膚の表面も溶かしたり、削ったりして薄くしています。この為、頻繁に洗顔をしていると、皮膚が薄くなり、敏感肌や乾燥肌になるので、くれぐれも、洗顔のし過ぎは注意する必要があります

肌質・肌の悩み別の洗顔方法

洗顔をする女性の写真
ここでは、肌質、肌の悩み別に、どのような洗顔のやり方が良いのかを紹介します。
 

 
具体的な肌質、肌の悩み別の正しい洗顔方法については、

  • オイリー肌(脂性肌)
  • 乾燥肌
  • 敏感肌
  • 混合肌
  • ニキビ肌
  • 毛穴の黒ずみ
などのような肌の洗顔のやり方を紹介します。

 
スッピン美人になるには、肌質に合った洗顔方法を実践して、美肌を目指しましょう。
 

オイリー肌(脂性肌)の人の洗顔のポイント

オイルの写真
前日の晩に、シッカリと洗顔をして皮脂汚れを取り除いたにも関わらず、翌朝になると皮脂が浮いている場合には、オイリー肌の人です。

オイリー肌(脂性肌)の人の洗顔方法としては、シッカリと洗顔料を泡立てて、泡洗顔で短時間に汚れを落とし、洗顔後の保湿ケアをシッカリと行います。
 
朝は、特にTゾーンの皮脂汚れの汚れをキチンと落として保湿ケアをします。夜は、洗顔前に蒸しタオル、半身浴などで、毛穴を開いてから洗顔を行うと良いです。

オイリー肌(脂性肌)は、ヒドイ乾燥肌が原因の事もある!?

皮脂を落とすためにシッカリと時間をかけて洗顔を行いがちですが、逆に、皮脂を洗顔で落とし過ぎることで、より肌の乾燥がひどくなり、皮脂の分泌が過剰になっている可能性があります

元々、肌に分泌されている皮脂は、皮膚の乾燥を守るために必要なモノです。しかし、洗顔をし過ぎると肌を守る為に必要な皮脂も洗い流していると、肌の乾燥を守るために皮脂の分泌が過剰になりオイリー肌(脂性肌)になる場合があります。

 

乾燥肌の人の洗顔のポイント

乾燥肌をイメージした乾燥した大地の白黒写真
皮脂の分泌というのは、元々、肌を保湿するために必要です。さらに、皮膚には、天然保湿成分のNMFや細胞間脂質のセラミドがありますが、これらは、ぬるま湯で洗顔しただけでも流れ出しやすいです。この為、特に、乾燥肌の人は、洗顔のし過ぎは厳禁です。

朝の洗顔は、寝ている間の皮脂やホコリなどの汚れを取り除くのが目的なので、ぬるま湯だけで、洗顔料は使わずに洗うと良いです。

夜の洗顔は、メイク汚れは、クリームタイプやミルクタイプの刺激の弱いクレンジングで、1分以内に手早く汚れを落とします。皮脂やチリ、ホコリなどの汚れは、洗顔料を使って汚れを落とします。

皮膚の薄い目元や口元は、特に優しく洗う必要があります。基本的に、長時間、クレンジングや洗顔料を肌にのせないで、短時間に汚れを落とし、洗い残しが無いようにシッカリとすすぐ必要があります。

 

敏感肌の人の洗顔のポイント

敏感肌に悩む女性の写真
敏感肌の人は、肌が敏感になっているので、いかにに優しく余分な汚れを落とせるかがポイントです。また、敏感肌の人は、「刺激」と「摩擦」に注意です。

刺激とは?

刺激としては、洗顔料を肌に優しいモノに変える、また、洗顔時の水は、ぬるま湯にする事を守りましょう。
 

摩擦とは?

摩擦としては、手でゴシゴシ洗って擦っている場合、タオルで拭く時にゴシゴシ拭いている場合で、摩擦によって皮膚が傷ついている可能性があります。

敏感肌が、ひどくない場合は、洗顔方法と洗顔料の見直しをすると良いです洗顔料を変えても問題を感じる場合には、ぬるま湯だけでの洗顔を行うと良いです

また、朝は、ぬるま湯だけの洗顔にして、夜のみ洗顔料を使うという方法で、出来るだけ肌に余分な刺激を与えないで、シッカリと保湿をして、肌の自然な回復を促進させましょう。

 

混合肌の人の洗顔のポイント

混合肌に悩む女性のイメージ写真
混合肌の人の場合には、顔の部分によってオイリー肌(脂性肌)と乾燥肌が混ざっている人の事を言います。この為、混合肌の人は、乾燥肌とオイリー肌(脂性肌)の両方を意識した洗顔を行います

洗顔の基本は、余分な皮脂汚れは落としますが、必要は皮脂や保湿成分は洗い流さないと言うのがポイントです。基本的に、混合肌の人は、オデコから鼻にかけたTゾーンが脂性肌、口元や目元、頬が乾燥肌になっているケースが多いです。

この為、Tゾーンなどの脂性部分から洗顔料をのせて洗います乾燥肌の部分は、洗顔料の泡を馴染ませて軽く洗えば十分です。特に、肌の乾燥が激しい場合には、洗顔料を使わずに、ぬるま湯だけでの洗顔も良いです。

 

ニキビ肌の人の洗顔のポイント

ニキビ肌に困って鏡を見る女性の写真
ニキビ肌の人の洗顔時のポイントは、洗顔後のすすぎをシッカリと行う事です。もしも、すすぎが不十分で、洗顔料を顔に残っていると、肌への刺激になり、ニキビや肌荒れの原因になります。まずは、洗い残しがないように注意します。
また、ニキビが出来たからと言って、過度に洗顔を行うと、逆に皮膚を傷めることになるので、適度な洗顔が大切です。洗顔後は、ニキビケアや保湿は必須です。

 

毛穴の黒ずみの人の洗顔のポイント

鼻と目元のアップの女性の写真
毛穴の黒ずみは、毛穴につまった角栓などの汚れが詰まっている場合、毛穴がたるんで広がっている場合など、いくつかの理由があります。

基本的には、朝晩、洗顔で毛穴の汚れをキチンと取り除き、その後の保湿をすることで、お肌を健康な状態に戻すのがポイントです。

 
毛穴の黒ずみを消す方法は、詳しく話すと、ここでは記述しきれないので、下記のページで詳しく紹介しているので、参考になると思います。

>>毛穴の黒ずみ解消方法【まとめ】正しく角栓を除去して鼻美人にある!?

タイプ別の洗顔料の特徴

化粧品の一覧写真
ここでは、洗顔料のタイプ別の特徴を紹介します。
 

 
具体的に、ここで紹介する洗顔料の種類は、

  • 固形タイプ(固形石鹸)
  • フォームタイプ(洗顔フォーム)
  • ジェルタイプ
  • パウダータイプ
  • 泡タイプ
  • 泡立たないタイプ
  • ピーリングタイプ
  • スクラブタイプ(スクラブ洗顔)
と言った洗顔料の特徴を紹介します。

 
自分の肌質や肌のトラブル、肌の悩みに合わせて使い分けて美肌に、スッピン美人になるのに役立てると良いと思います。
 

固形タイプ(固形石鹸)

固形洗剤の写真
固形タイプの固形石鹸は、オーガニックや天然成分、美容成分など色々な種類があります。敏感肌や乾燥肌など、肌トラブルを抱えている人が、使われている成分などを見て選びやすい石鹸です。シッカリと泡立てて使用するのがポイントです。

ただし、水を吸って柔らかくなったり、雑菌が付いていると繁殖するので、使い終わったらキチンと乾燥しやすいところで保管する必要があります。

固形石鹸の2つのタイプ

固形タイプの石鹸は、「白っぽい不透明の石鹸」と「透明の石鹸」の2種類に分類する事が出来ます。

白っぽくて、不透明な石鹸は、オイルベースで出来ているので、洗浄力が強い分、刺激が強いので、乾燥肌や敏感肌の人は使うときは注意が必要です。

透明の石鹸は、保湿成分が入っているので洗顔後はシットリして、洗浄力が弱めなので、乾燥肌の人でも使いやすいです。、

フォームタイプ(洗顔フォーム)

洗顔フォームから洗顔料を手に出しているイメージ写真
フォームタイプの洗顔フォームは、チューブに入っている場合が多いです。チューブに入っていると、どうしても使い過ぎる傾向があるので、なかなかすすぎきれずに、肌の負担になるので注意しましょう。また、十分に泡立ててから使う必要があります

洗顔フォームは、メーカーによって色々なタイプのモノが販売されているので、あなたの肌の悩みに合った、肌への負担が少ないモノも選ぶことが出来ます。

ただし、しっとりタイプの洗顔フォームは、油分が30%~40%と多く含まれている場合は、肌に油膜が残るので、化粧水や美容液の妨げになる可能性があるので注意が必要です。

ジェルタイプ(リキッドタイプ)

手で水をすくっている女性の写真
ジェルタイプ(リキッドタイプ)の洗顔料は、元々水分が多いので、泡立てやすいのが特徴です。ただし、ホイップクリームのような、もっちりとした泡を作るのは難しくなります。

洗浄力は強めで、洗顔後もサッパリします。洗浄料が高いモノが多いジェルタイプ(リキッドタイプ)は、脂性肌(オイリー肌)など、シッカリ洗う必要がある人にオススメです。

また、ジェルタイプ(リキッドタイプ)の洗顔料を使った後は、肌を触るとヌルヌルした感じがしますが、これは保湿が出来ているのではなく、洗い流しが不十分である場合が多いので、キチンとすすぐ必要があります。

パウダータイプ

パウダータイプの洗顔料のイメージ写真
パウダータイプの洗顔料は、利用する時に水とパウダーを混ぜて洗顔料を作ります。パウダータイプの洗顔料は、酵素など、水に濡れて活性化する成分が配合している場合があります。洗浄力については、それぞれのパウダータイプの洗顔料によって違います。

粉から泡を作るのが大変ので、慣れが必要です。また、パウダータイプの洗顔料の容器に水が入ると、全部使えなくなるので注意が必要です。

泡タイプ

泡の写真
洗顔料を利用する場合には、基本的に、いかにキメ細かい泡を作って、その泡で洗うのかが大切です。泡タイプの洗顔料は、ポンプ式の容器に入っており、既に泡になった状態で出てくるので、自分で泡立てる必要がありません。泡立った状態で出てくるので、肌への負担も小さく抑えることができます。

ただし、製品によっては、強い界面活性剤、発泡剤が入っているモノもあるので注意が必要です。

泡立たないタイプ

泡立たない洗顔料を使う女性のイメージ写真
泡立たないタイプの洗顔料は、基本的に、泡立たない分、洗浄力が弱いです。洗浄力が弱いので、汚れが落ちにくいので、ヒドイ敏感肌や肌荒れの場合に使うと良いです。

ピーリングタイプ

ピーリングを行った女性のイメージ写真
ピーリングタイプは、フルーツ酸などの成分で、皮膚の表面を溶かすことで、古い角質を取り除く洗顔料です。基本的に薬剤で、肌を溶かすので、敏感肌や乾燥肌の人が使う場合には注意が必要です。

スクラブタイプ(スクラブ洗顔)

スクラブ洗顔の写真
スクラブタイプの洗顔料は、洗顔フォームなどに粒々の粒子が入っている洗顔料です。この粒々が余分な皮脂や古い角質を取り除いてくれるので、サッパリとした洗い上がりになるのが特徴です。

しかし、スクラブ洗顔の粒々は、肌を傷つける可能性があるので、出来るだけ使わないのがオススメです。スクラブ洗顔を使う場合は、力を入れすぎないように注意しましょう。

 
以上のように洗顔料によって特徴やメリット、デメリットも違っいるので、自分の肌に合った洗顔料を選ぶのがスッピン美人になるんは大切です。

スッピン美人になる為の洗顔後のスキンケア

スッピン美人になる為にスキンケアする女性
スッピン美人になるには、いかに潤いのある美肌になるかが大切です。もしも、肌に潤いがない場合は、肌の乾燥が原因で、シワが出来やすくなる事もあります。

この為、正しい洗顔方法を行った後は、スグに化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品でお肌に栄養を与えつつ、保湿をしましょう
 

保湿は、美肌を作るのに必須

保湿する女性の写真
スッピン美人といえる美肌を手に入れる為には、毎日のスキンケアで保湿をシッカリと行う必要があります。

実際に、肌の水分を保持するために、保湿成分として働いているのが、

  • 皮脂:2%~3%
  • 天然保湿因子:16%~17%
  • 角質細胞間脂質(セラミドなど):80%~82%
と言ったような成分す。

これらの肌にある保湿成分は、年齢の経過とともに減少します。この為、スキンケアで補う必要があります。特に、80%以上の保湿成分である角質細胞間脂質(セラミドなど)を補うのが効果的に保湿が行えます

 

保湿効果が高いセラミドの美容液、乳液を選ぶ

美容液の写真
保湿効果が高くで、オススメなのがセラミドです。セラミドは、水分を保持しますが凄く、湿度が0%になっても蒸発せずに、気温がマイナス20度になっても凍らない強さがあるので、あらゆる環境で、保湿力を維持します。

ここまで保水力が強いセラミドをシッカリと肌にキープできれば、ブルブルの美肌を目指せます。そんなセラミドを効果的にスキンケアで補う為には、セラミドは水溶性ではないので、通常、化粧水ではなく美容液や乳液などの化粧品に入っている事が多いです。

 

化粧水はビタミンC誘導体

化粧水の写真
年齢の経過とともに気になるのがシミやシワ、お肌の衰えです。この為、化粧水では、ビタミンC誘導体を補うのがオススメです。

 

具体的なビタミンC誘導体の効果としては、

  • 美白効果
  • メラニンの還元
  • 抗酸化作用で活性酸素を抑える
  • 皮脂分泌のコントロール
  • コラーゲンの生成促進
  • 新陳代謝を促す
と言った効果が期待できると言われています。

 
この為、シミ、シワ、毛穴の黒ずみ、肌のハリ、肌の老化、オイリー肌、など、様々な美容効果が期待できるので、スッピン美人になるには、ぜひともビタミンC誘導体は抑えておきたい成分です。

蒸しタオル&半身浴で肌の血流を良くする

お肌の血流を良くし、毛穴を開くことで、洗顔時に肌や毛穴の汚れをシッカリと落としやすくなります。さらに、毛穴を開いておくことで、化粧水や美容液などの栄養成分もシッカリと肌へ浸透させることで、スッピン美人の美肌を目指すことが出来ます。
 

蒸しタオルのメリットと方法

蒸しタオルを電子レンジで作っている写真
蒸しタオルは、時間が無い時でも簡単に、顔の血行増進や毛穴を開いて汚れが取りやすくできます。この為、朝、洗顔前に行うと良いです。

蒸しタオルの作り方の方法は簡単で、

  • タオルを水にぬらす
  • タオルを絞る
  • タオルをロールケーキのようにクルクルと丸める
  • 電子レンジに入れて500ワットで1分チンする
  • できた蒸しタオルを一気に広げて冷ます
  • 適温になったら顔の上に蒸しタオルをのせる
  • 3分程度か冷たくなる前に蒸しタオルを取る
  • 毛穴が開いているので、スグに洗顔をする
  • 洗顔後、スグに化粧水、美容液などでスキンケアを行う

と言ったような手順で行います。

蒸しタオルの注意点

蒸しタオルを電子レンジで作ると熱くなるので、火傷しないように注意しましょう。また、熱めの蒸しタオルを無理に使うと、肌が乾燥しやすくなるので、無理に熱めの蒸しタオルは使わないようにしましょう。

 

半身浴のメリットと方法

半身浴をするお風呂の写真
洗顔前に、お風呂に入り半身浴をすることで、毛穴がバッチリと開くので、洗顔の効果が高くなります。洗顔後は、スグに、化粧水、美容液、乳液、クリームを使ったスキンケで、肌が乾燥しないようにしましょう。

さらに、半身浴をすると、デトックス、冷え性対策、むくみ対策、発汗作用、疲労回復、リラックスなどの効果で、結果的に美肌効果も期待できます。特に、お風呂を上がって、ストレッチなどをしてリラックスさせつつ、体温が下がるのと同時に、眠りにつくと、いい睡眠がとれるので、睡眠中の成長ホルモンの分泌が促進されて美肌効果も期待できます

半身浴の方法としては、

  • 38度~40度程度のお湯を湯船に張る
  • お風呂のお湯はみぞおち辺りまで浸かれる程度
  • 最初は、肩まで湯船につかり全身を温める
  • その後、みぞおちまでの半身浴をする
  • 時間は20分~30分程度
  • 頭から汗をシッカリかくとデトックスできる

と言ったような方法が基本になります。

半身浴の注意点

半身浴や全身浴は、長時間行うと、肌表面の天然の保湿成分が溶け出すので、肌が乾燥しやすくなるので注意が必要です。また、半身浴中は、汗をかくので、ペットボトルに常温の水を入れて、お風呂場に持って行って、適度に水分補給を忘れないようにしましょう。

お肌の中からスッピン美人になるビタミン

ビタミン類を含む食べ物の写真
ここでは、お肌にいいビタミンを、肌の悩み別に紹介します。
 

 
具体的に紹介するお肌の悩みとしては、

  • シミ
  • 肌の老化(アンチエイジング)
  • ニキビや吹き出物
  • 乾燥による肌荒れ
  • シワ
と言ったようなモノに効果が期待できるビタミンを紹介します。

 

シミ・ニキビ跡に良いビタミンC

ビタミンCを含む食品の代表のレモンの写真
ビタミンCは、シミやそばかすなど、紫外線を浴びたり、肌を擦ったりして、メラニンの生成による色素沈着が原因のシミ、ソバカスに効果が期待できるビタミンです。また、コラーゲンの生成と色素沈着の効果でニキビ跡にも効果が期待できます

この他にもビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌やカラダの老化対策として、アンチエイジング効果が期待できます。

ビタミンCの欠点は、水溶性なので、体内に貯めておく事が出来ません。この為、沢山、まとめて摂取すると、尿として排泄されます。この為、1日に何度かに分けて摂取すると効果的です。

ビタミンCを含む食べ物

赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、アセロラジュース、レモン、ケール、柿、キウイフルーツ、芽キャベツ、レッドキャベツ

 

肌の老化(アンチエイジング)に良いビタミンE

ビタミンEを含む食品の代表のいくらの写真
ビタミンEは、血流の流れを良くすることで、若返りのビタミンとも言われています。血流を良くする事で、お肌のターンオーバー、肌の代謝を促進するので、シワ、タルミ、くすみ、髪の毛の乾燥を防ぐなど、美肌、美髪の効果で、肌の老化のアンチエイジング効果が期待できます

ビタミンEを含む食べ物

いくら、あゆ、たらこ、メンタイコ、たい、ほたるいか、はまち、モロヘイヤ、大根の葉、西洋かぼちゃ、しそ

 

ニキビや吹き出物に良いビタミンB群

ビタミンB群を多く含むレバーの料理の写真
皮脂の過剰分泌が原因で、肌荒れを起こして、ニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、でお悩みなら、ビタミンB群がオススメです。特に、ビタミンB群が不足すると皮膚の分泌が過剰になるので補う必要があります。

皮脂の分泌が過剰になると、毛穴が詰まり、雑菌が繁殖して、ニキビ、吹き出物、毛穴の黒ずみ、が慢性化するので、特に肌荒れに効果が期待できるビタミンB2、ビタミンB6を摂ると良いです。

ビタミンB2を含む食べ物

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、ワカメ、ウナギ、シジミ、納豆、せん茶、番茶

ビタミンB6を含む食べ物

豚レバー、豚もも肉、牛レバー、牛もも肉、鶏レバー、鶏もも肉、マグロ、カツオ、ニンニク、きなこ、バナナ

 

乾燥による肌荒れに良いビタミンA

ビタミンAが豊富なアナゴの写真
肌が乾燥すると、外からの刺激に対する防御が十分に出来なくなるので、ニキビ、シミ、シワ、たるみ、などの様々な肌トラブルを起こす可能性があります。

基本的に、スキンケアで保湿をするのは基本ですが、さらに、保湿効果を高めるためには、肌の生まれ変わり(お肌のターンオーバー)を促進させるビタミンAを

ビタミンAを含む食べ物

スモークレバー、鶏肝臓、豚肝臓、牛肝臓、アナゴ、いくら、しらす干し、茹でたシャコ、クリーム、プロセスチーズ、

 

シワ、たるみに良いレチノール

レチノールが豊富なあゆの写真
レチノールには、「レチノイン酸」や「パルミチン酸レチノール」などがあり、これらをまとめて「ビタミンA誘導体」と言います。

レチノールは、肌内の弾力やハリに大切な「コラーゲン」、「エラスチン」の生成を促進する事で、お肌のターンオーバーを促進する事で、シワ、たるみ、シミ、ニキビ跡、目の下のクマなどに有効的であると言われています

レチノールを含む食べ物

鶏レバー、豚レバー、牛レバー、アンコウの肝、ホタルイカ、アナゴ、すじこ、アユ、マグロのトロ

美肌で、スッピン美人になるには、どんな生活習慣が必要か?

普段の生活する部屋のイメージ
スッピン美人になるには、生活習慣を正して、美肌になる必要があります。ここでは、特に、美肌を目指す為に実践すべき生活習慣、注意すべき生活習慣を紹介します。
 

 
具体的な、スッピン美人になる美肌を作るために大切になる生活習慣は、

  • 十分な睡眠をとる
  • ストレスを溜めない
  • タバコを吸わない
  • 適度な運動をする
  • 紫外線対策をする
  • 抗酸化物質を食事で取る
と言ったような点がポイントになります。

 

十分な睡眠をとる

睡眠中の女性の写真
睡眠中は、リラックスして副交感神経が優位になるので、血液量が増加して、全身に成長ホルモンが送られます。成長ホルモンは、カラダの細胞分裂を活発にするので、肌の生まれ変わりのターンオーバーも行われます

この為、睡眠不足になると肌のターンオーバーが十分に行えなく、肌荒れなどの肌トラブルが起こしやすくなります。もしも、素肌を綺麗に美肌になりたい場合には、毎日、シッカリと睡眠を取って、肌の細胞分裂を促進させる必要があります。

夜の10時~朝の2時が、お肌のゴールデンタイムと言われています。しかし、夜の10時に寝るのが難しい人でも0時~6時の間は、眠っておけば、美肌効果が十分に期待できます

また、規則正しい生活を心がけて、寝る時間、起きる時間を同じ時刻にしておくと、カラダが寝る時間に合わせて、自動的に準備をしてくれ、より良い睡眠がとれます。また、毎朝、朝日を浴びることで、脳のスイッチが入り、夜の睡眠の質も良くなります。

 

ストレスを溜めない

ストレスを感じている女性の写真
ストレスがたまると、外からの刺激に対する免疫力が低下するので、肌トラブルを起こしやすくなります。また、ストレスがたまると活性酸素が増えるので、カラダの老化が進みやすくなります。

ただし、現代社会では、ストレスが無い生活は考えられません。この為、いかに運動や趣味でストレスを発散さるかが大切になります。また、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を取って、活性酸素を減らすのもいい方法です。

 

タバコを吸わない

タバコを吸う女性の写真
タバコは、有害な化学物質が含んでいるので、体内で活性酸素の発生の原因になります。活性酸素が発生すると老化が進むので、タバコはスッピン美人の美肌になりたい場合には、止める必要があります。

 

適度な運動をする

適度な運動としてウォーキングをする女性の写真
運動をすることで、全身の血流や新陳代謝が良くなることで、お肌のターンオーバーが起こりやすくなり、綺麗な肌を維持しやすくなります。また、運動した後は、成長ホルモンの分泌も起こるので、肌細胞の生成も行われやすくなります。また、汗をかくことで、体内の余分な老廃物が体外に排出されるデトックス効果も期待できます。

 

紫外線対策をする

太陽光の紫外線を手で遮る写真

紫外線は光老化とも言われ、紫外線を浴びることで、皮膚はダメージを受けて、メラニンの生成を行い、シミの原因になります。また、紫外線を浴びると活性酸素を増やすので、肌の老化の原因にもなります。この為、日焼け止めなどの紫外線対策をすることで、シミ対策、肌の老化対策を行う必要があります。

 

抗酸化物質を食事で取る

抗酸化物質のビタミンcを多く含むフルーツの写真
ストレス、タバコ、紫外線に共通するのが活性酸素です。活性酸素は、体内を酸化させて老化させる物質です。この為、出来るだけ活性酸素を発生させない生活がスッピン美人の美肌を作るためには大切です。

しかし、活性酸素を全く発生させないという事は無理なので、活性酸素対策として、抗酸化物質であるビタミCやビタミンEを含む食品を食べる必要があります。ビタミCとビタミンEは、美肌にも必要な栄養なので、食事だけで足りない場合は、サプリメントや健康補助食品で計画的に補うのも良いと思います。

まとめ

スッピン美人になって、美肌を手に入れる為には、スキンケア、食事、紫外線対策、睡眠などの生活習慣など、様々な事が大切ですが、スキンケアの基本は、洗顔です。まずは、肌の汚れを適切に除去できないと、後の化粧水や美容液、乳液、クリームの基礎化粧品の効果も減ってしまいます。

その為、ここでは、正しい洗顔の方法として、どういったやり方が正しいのか?肌を傷つけずに、不要な汚れのみを取り除いて、オイリー肌、ニキビ、肌荒れ、角栓汚れなどを克服する基本となる、スッピン美人の為の洗顔方法を紹介しました。

もしも、間違った洗顔方法をしていると、逆に肌を傷つけてしまう可能性があるので、正しい洗顔方法を参考に、肌に優しい洗顔を心がけて欲しいと思います。