赤ら顔で、お悩みですか?」赤ら顔には、いくつかの種類があり、原因も異なるので、治し方や予防方法、対策も違います。

もしも、赤ら顔を自宅でなんとかしたいと思ったら、日常的に、スキンケアや生活習慣で、何を意識すれば良いのか?また、即効で治したい人は、赤ら顔を美容皮膚科のレーザー治療などの特徴も紹介します。

この記事がオススメな人は、


  • 頬や鼻周辺、アゴが赤い…
  • メイクで赤い肌が隠せない…
  • いつも顔が赤い…
  • 皮膚が薄いので毛細血管が透けて見える…
  • ニキビ跡の赤みが消えない…
  • 温度差ですぐに顔や頬赤くなる…
  • 敏感肌で、肌に合うものを探している…

 
といったような頬や顔の肌が赤くなるのを何とかしたいといった人に参考になると思います。

 

 
「顔の赤み・頬の赤みをどうにかしたい!?」

顔の赤みの原因は、色々です。自宅で頬の赤みを改善したい場合には、まずは、スキンケアの見直し保湿肌への刺激を避けるのが大切です。

目次を紹介する女性と↓のイラスト 

目次

赤ら顔とは?

そもそも赤ら顔とは、何でしょうか?赤ら顔とは、頬や小鼻、鼻の周辺、アゴなどの肌が赤くなり、それがおさまらない症状のことです。

人により、顔の赤みがでる場所、程度には差がありますが、「メイクで隠しきれない」、「オシャレに…」、「恥ずかしい」など苦痛を感じて、なんとかしたいと悩む人も少なくはないみたいです…。

赤ら顔の症状

赤ら顔の症状には、緊張したり、お酒お飲む、温度差などで、一時的に顔が赤くなる人と、ずっと顔の肌が赤い人の2つの症状に分けることができます。

このように、赤ら顔には、種類があり、その原因にも違いがあり、それぞれ治し方や予防方法、対策、スキンケアなどにも違いがあります。

頬が赤くなりやすい理由とは?


赤ら顔にも色々な種類がありますが、頬が赤い人って多いと思います。

皮膚の表面部分である真皮の上の表皮部分は、たった0.2mmといった薄い肌で守られています。皮膚の一番表面の角質層は、0.02mmです。

さらに、顔には毛細血管が多く、頬には、お腹の約5倍もあるといわれています。

このように、頬は、皮膚が薄く、毛細血管が多いので、ちょっとした体調の変化で、赤ら顔になりやすいといった特徴があります。
 

赤ら顔の種類・原因とは?

赤ら顔になるには、色々な原因があるといわれています。

 
具体的に、赤ら顔になる原因としては、

  • 肌荒れ
  • アレルギーによる肌のかぶれ
  • 赤いニキビ
  • 敏感肌
  • 物理的刺激
  • 皮膚がめくれる
  • 寒暖差が激しい・急激な温度変化
  • 脂漏性皮膚炎
  • 肌が薄く毛細血管が透ける
  • 緊張・ストレス・自律神経の乱れ
  • 遺伝的な要因
  • 食事・刺激物・アルコール
  • 血管の老化
といったようなことが、頬や鼻などの肌の赤みの原因になるケースがあります。

 
このように、赤ら顔になる原因は、肌荒れ、ニキビ、敏感肌、自律神経の働き、遺伝、精神的など、様々な要因が関係しているといわれています。

具体的に、下記では、それぞれの赤ら顔の原因と予防、対策、改善方法について、個別に紹介します。
 

肌荒れ

肌荒れが原因で、赤ら顔になるケースもあります。

肌がつっぱる、皮がむける、かぶれるなどの肌荒れがおこると、皮膚が炎症を起こして赤くなることがあります。

肌荒れになりやすい原因とは?

肌荒れを起こす人は、肌が乾燥し、肌のバリア機能が低下して、敏感な状態になっているケースがあります。

肌が乾燥すると、チリやホコリ、細菌など、外からの刺激に弱くなり、肌が弱くなります。

この為、肌が全体的にカサつくかゆみを感じる化粧品をつけたときにヒリヒリするなどの症状を感じたら、肌が敏感になっているので注意が必要です。

肌荒れの対策・予防・改善方法

肌荒れが原因で、赤ら顔になっている場合には、肌荒れ対策を行い、予防、改善につとめる必要があります。

 
肌荒れを予防、改善するためには、

  • 肌に優しい洗顔料を使う
  • 保湿をシッカリと行う
  • 敏感肌用の低刺激の化粧品を使う
  • 季節や年齢によって化粧品を変える
といったことが大切になります。

 
このように、日々のスキンケアを見直すことで、赤ら顔の予防や対策ができます。

肌に優しい洗顔料を使う

肌を清潔に保つことは、肌荒れの予防や改善にも大切です。しかし、肌あれで皮膚に赤みがでている場合は、低刺激の洗顔料を使い、シッカリと泡立てて、泡での洗顔を行い、肌への刺激を抑えるましょう。

※洗顔方法が気になる人は、コチラの記事が参考になります。
正しい洗顔方法【まとめ】スッピン美人になるには、コレ!?
保湿をシッカリと行う

肌が乾燥して荒れている場合は、保湿を意識した化粧品で、皮膚の潤いを補うことが大切です。

保湿化粧品を選ぶときには、保湿力ナンバーワンの「セラミド」がオススメです。セラミドは、肌の角層に元々ある成分で、水分を挟み込んで、湿度がゼロになっても蒸発しないので、保湿には最適な美容成分です。

セラミド以外にも「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などの保湿成分も乾燥対策による肌荒れ予防、改善に役立ちます。

★セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸のページへリンク

敏感肌用の低刺激の化粧品を使う

肌が荒れている時は、肌が敏感になっているので、敏感肌の人でも使える化粧品を使い、肌への刺激を減らすのが大切です。

特に、今使っている化粧品を使うと、肌がヒリヒリする場合は、余計な刺激を避けるために敏感肌用の化粧品を使うのがオススメです。

季節や年齢によって化粧品を変える

季節によって、肌の状態も変わります。冬は乾燥、春には花粉、夏には紫外線と、季節によって、肌が受ける刺激も変わります。

また、年齢の経過によって、加齢によって、肌が乾燥しやすくなったり、肌のターンオーバーが遅くなるなど、皮膚の状態も変化します。

この為、季節や年齢によっても、使う化粧品を変えると、肌荒れを抑えやすくなる化粧品を選ぶのが大切です
 

 

アレルギーによる肌のかぶれ

花粉症などアレルギー症状で、肌がかぶれ、赤ら顔になることもあります。

花粉やハウスダストなど、アレルギーの原因となる物質が肌に触れると、皮膚が過剰な抗体反応を起こすことで、肌に赤い炎症を起こし、皮膚が赤くなります。

肌のかぶれを防ぐ方法

アレルギー症状を起こしている場合は、まずは、アレルギーの下人となるアレルゲンから離れることが基本です。

軽いアレルギーなら、アレルギー物質が肌から離れただけで肌のかぶれがおさまります。また、皮膚の状態が悪くならないように肌をかかないというのも大切です。

アレルギー対策、予防・改善方法

アレルギー症状が原因で、肌がかぶれて、顔に赤みがでている場合は、アレルギー対策や予防、改善方法を行う必要があります。

病院で検査・薬をもらう

アレルギーの原因物質が分からない場合は、病院で検査をして、アレルゲンを特定して、具体的に避ける必要があるモノが何かを特定します。

さらに、アレルギーで、炎症やかゆみができている場合は、ステロイド外用剤や抗ヒスタミン薬、ステロイド剤の内服薬などを処方してもらい治療するのも大切です。

肌を清潔に保つ

汗やホコリなども肌への刺激になります。この為、汗をかいたらこまめに汗をふき取り、清潔に保ちます。

また、洗顔もゴシゴシ擦らずに、肌に優しい洗顔料を、シッカリ泡立てて、泡洗顔を行うといいです。

 

赤いニキビ

ニキビが炎症を起こし、赤くなると、肌が赤くなります。赤いニキビは、跡も赤くなりますが、通常なら徐々に元に戻ります。

しかし、赤いニキビ跡が、治るまえに、さらにニキビができると、メラニン色素が沈着する色素沈着をおこし、赤みが肌に定着して赤ら顔になることがあります。

このように、赤く腫れ、炎症をおこしたニキビがたくさんできると、顔全体が赤ら顔になるケースがあります。

ニキビができる原因とは?

ニキビができる原因は、毛穴に、皮脂や老廃物が詰まり、アクネ菌という雑菌が繁殖することで、炎症を起こして赤くはれます。

また、精神的ストレスや油モノの食べ過ぎなどで、皮脂の分泌が増えることで、ニキビができやすくなる可能性もあります。

この為、アクネ菌が繁殖しないように、常に皮膚を清潔に保つことが大切です。

ニキビ予防・改善方法

ニキビを予防する為には、栄養バランスを考慮した食事洗顔などで肌を清潔に保つことで、アクネ菌の繁殖を予防します。

スキンケアの方法を注意する

洗顔や保湿のスキンケアは、適切に行うことで、肌の状態を良くして、ニキビの改善や予防にも大切です。

ニキビ肌は、敏感になっているので、洗顔のし過ぎ過剰な保湿は注意が必要です。

肌の状態に合わせたスキンケアを行う

ニキビケアは、肌の乾燥している部分、脂性部分によってスキンケア方法を分ける必要があります。

脂性の部分は、ある程度、皮脂を落とすつもりで洗い、乾燥している部分は洗い過ぎないのが大切です。

この為、化粧水や美容液、乳液などは、肌の乾燥している部分は多めに、脂性部分は控えめにするのが大切です。

ニキビに有用な成分でスキンケアを行う

ニキビの予防や対策、ニキビ跡にいい成分が配合されている化粧水や美容液を使うことで、赤ニキビの改善や予防を目指すことができます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、余分な皮脂を抑えることで、ニキビ予防の作用が期待できる成分です。また、ニキビ跡にも良いといわれています。

ビタミンC誘導体は、水溶性なので、化粧水で使うのがいいです。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸は、炎症を抑える作用があるので、赤ニキビの予防や対策に効果が期待できます。

化粧品にグリチルリチン酸が使われる場合は、成分表記に「グリチルリチン酸ジカリウム」「グリチルリチン酸2K」と書かれています。

オイル・アルコールフリー

皮脂や油は、ニキビの原因のアクネ菌のエサになります。この為、オイルが使われていない化粧水を選ぶと良いです。

アルコールは、肌の刺激になり、肌が乾燥する原因にもなるので、ニキビを予防、改善したい人は、避けた方がいいです。

ノンコメドジェニック製品

ノンコメドジェニック製品とは、ニキビができやすい成分を使っていない製品のことです。

「ノンコメドジェニックテスト済み」と記載されている製品を選ぶといいです。

市販薬を試す

特に、赤ニキビがひどくないが、早く治したい場合には、薬局やドラッグストアで売られているニキビ薬を使い、アクネ菌の増殖を抑えるのも効果的です。

ニキビを治療する場合で、薬局やドラッグストアで販売されているニキビの治療薬を使う場合は、薬剤師に相談して、適切な薬を選んでもらうといいです。

赤ニキビの症状がひどい場合

赤ニキビの症状がひどい場合、痛みを伴う場合、広範囲が赤くなっている場合は、皮膚科に行って医師の診察を受けて、抗生物質やクリーム、ステロイド剤などを処方してもらい治療を受けましょう。
 

 

敏感肌

敏感肌の人は、様々な肌トラブルを引き起こしやすい傾向があり、赤ら顔にもなりやすい肌の状態です。

敏感肌の原因とは?

敏感肌になる原因は、乾燥肌などで、肌のバリア機能が弱まった状態が継続し、さらに肌の状態が悪化することで起こります。

この為、肌の乾燥を予防して、肌のバリア機能を回復するのが大切です。

この他には、アトピーやアレルギー体質が原因になることもあります。アトピーやアレルギー体質の人は、「アレルギーによる肌のかぶれ」が参考になります。

洗顔を見直す

顔のみが、敏感肌の場合は、洗顔のし過ぎ洗顔料の刺激が強いといった間違った洗顔をしている可能性があります。

肌をキレイにしたいと思い、朝、晩と1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシ洗っていると、皮膚が薄くなり、敏感肌になることがあります。

※洗顔方法が気になる人は、コチラの記事が参考になります。
正しい洗顔方法【まとめ】スッピン美人になるには、コレ!?

 
もしも、ゴシゴシ洗顔している場合は、肌に優しい洗顔料シッカリ泡立てた泡洗顔にしたり、症状がひどい場合は、洗顔料を使わずにぬるま湯だけでの洗顔で、肌の回復を待つのもいい方法です。

保湿をシッカリ行う

洗顔をした後は、すぐに化粧水や美容液、クリームで保湿を行うのが大切です。

敏感肌は、肌の乾燥やバリア機能の低下が原因である場合、保湿をシッカリと行い、肌を守るのが大切です。

保湿をする場合は、保湿効果が高いセラミド配合の美容液や乳液、クリームを選ぶといいです。

その他にもコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている化粧品の利用もいいです。
 

 

物理的刺激

物理的刺激によって、肌が刺激を感ることで、肌荒れをおこし赤ら顔になることがあります。

物理的刺激としては、「髪の毛」「手で触る」「ゴシゴシ洗顔する、タオルで拭く」「化粧品や洗顔料、シャンプーの刺激、洗い残し」「花粉やホコリ」など、物理的な刺激は注意が必要です。

どう対策するといいか?

基本的に、まずは、肌への刺激をやめることが大切です。

そのうえで、肌を清潔に保ち、保湿をシッカリと行い、睡眠時間を確保し、栄養バランスの取れた食事で、肌のコンディションが良くなるようにするのが大切です。
 

 

皮膚がめくれる

肌の水分が不足すると、細胞同士の結束が弱まり剥がれやすくなり、肌のバリア機能が落ちることで、薄く皮がむけたり、肌表面に目に見えない小さな傷ができやすくなります

このように、肌が傷つきやすくなり、皮膚がめくれることで赤ら顔になることがあります。

肌いついて
皮膚は、上から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3階層になっています。さらに、「表皮」部分は、「角層(かくそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」の4つの層から成っています。

肌細胞は、「基底層」で作られ、有棘層、顆粒層、角層にあがって行きます。角層の肌細胞は、角質細胞という死んだ細胞になり、細胞同士が重なり合って層をつくることで、外的刺激から体を守っています。

皮膚がめくれる理由とは?

皮膚がめるれる原因は、アトピーやアレルギーなどの原因を除けば、クレンジングや洗顔のし過ぎや日焼け、お肌のターンオーバーの乱れなどがあります。

皮膚がめくれる場合の予防・改善方法

化粧水や美容液、クリームなどで肌のスキンケア、保湿を行うのも大切です。

特に、皮膚の表面の角質細胞は、細胞間脂質という物質が接着剤の役割をしています。

この細胞間脂質は、セラミドが約50%で、残りが遊離脂肪酸やコレステロールです。

この為、保湿を行うときに、セラミド配合の化粧品を使うことで、肌細胞がめくれにくくなる作用が期待できます。
 

 

寒暖差が激しい・急激な温度変化

室内と屋外など、寒暖差が激しい場合には、気温差の影響で血流量が増えることで、肌が赤くなり赤ら顔になることがあります。

特に、雪国など、寒さが厳しい地域に住んでいる人が、頻繁に室内と室外を行ったり来たりすると起こりやすいです。

赤ら顔が継続するのはなぜか?

雪国などに住んでいる子供は、ほっぺたがリンゴのように赤くなっていることがあります。これは、寒暖差によって、毛細血管が拡張しているためです。

寒暖の差によって、何度も毛細血管の拡張と収縮が行われると、徐々に毛細血管の収縮する力が弱まり、拡張しっぱなしになり、赤ら顔になります。

予防する方法はあるのか?

寒暖差が原因の赤ら顔を予防するためには、いかに寒暖差をなくすかが大切です。

直接、外気が肌に当たらないように、マスクを使ったり、マフラーやネックウォーマーを目の下まで上げて、帽子をかぶりオデコも守るなどの工夫が必要です。

血管が拡張した場合の対処方法

血管が拡張することで、赤ら顔になった場合は、美容皮膚科でレーザーなどの治療を受けたり、血管拡張の改善効果が期待できる化粧水などでスキンケアを行うといいです。
 

 

脂漏性皮膚炎

脂性の人など、皮脂の分泌が増すと、肌の上で余分な皮脂が酸化します。この皮脂の酸化が原因で、肌が炎症を起こすことで赤ら顔になることがあります。

脂漏性皮膚炎が起こる原因とは?

混合肌や脂性肌など、肌に必要以上の皮脂が分泌され、肌が皮脂の負担になって反応を起こすのが原因です。

元々の肌質が脂性である場合、脂っこい物、甘いモノの食べ過ぎによって、皮脂が分泌されることで肌が赤くなることがあります。

過剰な皮脂の予防方法・対策

皮脂を抑えるためには、スキンケア、食事、生活習慣の見直しが大切です。

スキンケアで対策をする

脂性の人は、皮脂の分泌を抑える化粧品を使うといいです。

皮脂の分泌を抑える効果が期待できる美容成分、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、水溶性なので水に溶けやすいので、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うといいです。

乾燥肌でないか疑う

脂性肌(オイリー肌)だと思っていたが、実は、肌がひどい乾燥肌であるケースもあります。

この為、脂性肌のためのスキンケアをしても、肌質が改善しない場合は、セラミド配合の美容液や保湿クリーム、乳液などを使って様子を見るといいです。

食事で対策する

脂性の人は、食事で食べる物も注意する必要があります。基本的に、揚げ物や天ぷらなど、脂っこい物を食べるのは控えます。

この他にも、甘いモノなど、皮脂がでる原因になる食べ物を控えるのが大切です。

生活習慣で対策をする

ストレスや睡眠不足などが原因で、自律神経が乱れることで、皮脂の分泌が過剰になる可能性があります。

この為、ストレスの解消、十分な睡眠など、心身ともに健康になれる生活習慣の見直しが大切です。
 

 

肌が薄く毛細血管が透ける

元々、肌が薄い人、肌トラブルで薄くなっている人は、肌の表面の表皮が薄いので、肌を守る力が弱くなり、摩擦や気温の影響を受けやすい場合があります。

この為、毛細血管の収縮をコントロールがうまくいかず、毛細血管拡張症といった症状を起こす可能性があります。
 

肌が薄い人、薄くなっている人の注意点

肌が薄い場合は、洗顔やスキンケアは、皮膚に刺激を与ることで、さらに皮膚が薄くなるので注意が必要です。

ゴシゴシと洗顔をしたり、ピーリングなどの肌を溶かしたり、削る成分の入っている化粧品は使うのを避けます。

また、手で顔をこすったり、マッサージをしたり、顔への刺激を抑えるのが大切です。

皮膚の再生を促進する

皮膚が薄い人は、お肌のターンオーバーを促進することで、肌の再生能力を高めるために、十分な睡眠栄養バランスの整った食事が大切です。

洗顔料は、シッカリと泡立てて、泡洗顔を行います。また、肌が乾燥するのを防ぐために肌の保湿をシッカリと行います。

血管の拡張を抑える

皮膚が薄いうえに、顔の毛細血管が拡張している場合には、毛細血管の拡張を抑える化粧水などを活用するといいです。
 

 

緊張・ストレス・自律神経の乱れ

緊張したり、恥ずかしい思いをして、強いストレスを感じた場合には、自律神経が乱れて交感神経の働きが活発になり、毛細血管が拡張することで顔が赤くなります。

精神的な理由で顔が赤くなる場合は、「赤面症」という症状で、顔の毛細血管が拡張することで起こる「毛細血管拡張症」とはまったく別の症状です。

赤面症の改善方法

赤面症は、精神的な理由で起こります。恥をかきたくない、動揺しやすい、人から良く見られたいといった気持ちが原因です。

この為、開き直ったり、気にしないようにする、人前で話すのが慣れる、イメージトレーニングなど、カウンセリングやコーチング、スピーチや会話の練習などで解決を目指す方法があります。

毛細血管拡張症の改善も試す

赤面症の人は、肌トラブルなどが原因で、毛細血管拡張症を引き越しているケースもあります。

また、緊張や精神的動揺によって、血管が拡張しやすくなると、さらに毛細血管拡張症がひどくなるケースもあります。

このような人は、毛細血管拡張症の対策ができる化粧水などを利用してみるといいかもしれません。
 

 

遺伝的な要因

生まれつき遺伝で、顔が赤い体質の人もいます。基本的に、遺伝で顔が赤い人は、基本的に、かゆみ、ニキビなどの症状に悩まされる心配は少なく痛みもないので、放置していても害になりにくいです。

特に、遺伝的に、色白の人に多くでるあらわれる傾向があるようです。また、原因を特定するのも難しいといわれています。

病院の診察を受ける

遺伝が原因で赤ら顔になっている人は、スキンケアによる改善が難しいケースが多いので皮膚科などの専門医の診察を受けるといいです。

予防を意識したスキンケアが大切

赤ら顔が遺伝である場合は、治るのが難しいので、まずは、症状が悪化しないように予防するのが大切です。

基本は、保湿を中心としたスキンケアを行い、肌の乾燥、ニキビ、肌荒れなど、肌の状態が悪化し、顔の赤みが悪化しないように注意しましょう。
 

 

食事・刺激物・アルコール

赤ら顔になる原因は、食事やアルコール、刺激物などで、肌の状態が悪くなり、毛細血管の拡張の原因の1つになるケースもあるようです。

 
  • 辛い食べ物(香辛料)
  • アルコール(お酒)
  • タバコ
  • カフェイン(コーヒー、紅茶)

 

上記のような、刺激物は、肌を刺激して、毛細血管にも影響を与えます。

実際に、アルコール(お酒)や辛い香辛料(唐辛子などのスパイス)を飲んだり、食べたりすると、毛細血管が広がり、血流が良くなり、顔が赤くなると思います。

これは、赤ら顔の原因の毛細血管拡張症を悪化させる可能性があります。

毛細血管拡張症を悪化させないために、1週間に1度など、アルコールや香辛料などの刺激物の摂りすぎは注意しましょう。
 

 

血管の老化

年齢の経過とともに、お肌が老化するのと同じように、血管も老化して固くなり、若い時よりも血管の収縮、拡張する力が低下します。

血管の収縮力が低下すると、血液の流れが悪くなるので、血液を流そうと頑張って、血管を拡張しようとして、顔が赤く見えるようになる人もいます。

「活性酸素」で血管が老化するとは?

活性酸素は、適量であれば細胞の保護、体内に侵入した細菌類の駆除と大切な働きをしています。

しかし、激しい運動強いストレス紫外線食事の乱れタバコ肥満などで、体内の活性酸素が増えて、体内の細胞を傷つけて老化がすすむ原因になります。

血管が老化すると、血管を拡張させる「内皮機能」に必要な「内皮細胞」が、活性酸素で傷ついて、血管の収縮、拡張の力が衰えて、肌が赤く見えるようになります。

抗酸化成分をとって血管の老化対策をする

活性酸素を除去するためには、抗酸化成分を含む食べ物をとることで、血管の老化を予防することができます。

 

体内の活性酸素を除去する抗酸化物質としては、

  • ビタミンC
  • レモン、キウイフルーツ、イチゴ、ピーマン、アセロラジュース、パセリ、柿

  • ビタミンE
  • アンコウの肝、ウナギ、すじこ、いくら、アーモンド、西洋かぼちゃ、大根ンの葉

  • 亜鉛
  • 牡蠣、豚レバー、かに缶、ビーフジャーキー、パルメザンチーズ、焼きふ

  • セレン
  • かつお節、アンコウの肝、たらこ、黒マグロ、卵黄、強力粉、スパゲティ、フランスパン

  • レスベラトロール
  • ブドウの皮、アーモンドの皮、赤ワイン、ぶどうジュース、レーズン、マルベリー

  • カロテノイド
  • ほうれん草、ブロッコリー、ニンジン、カボチャ、トマト、パパイヤ、オレンジ、エビ、カニ

  • カテキン
  • 抹茶、番茶、ほうじ茶、赤ワイン、コーヒー、ココア、リンゴ、カカオ、ぶどう、いちご

  • アスタキサンチン
  • 桜エビ、オキアミ、紅鮭、イクラ、金目鯛、毛ガニ、甘エビ、キングサーモン、すじこ

  • ルテイン
  • ほうれん草、ブロッコリー、カボチャ、いんげん、ケール

といったものを意識して食べるといいです。

 

上記のような食べ物は、抗酸化作用によって、美容、健康を意識している人にもオススメな成分です。
 

 
上記のように、赤ら顔になる原因には、いくつかの理由があります。

自分に該当する、心当たりがある、という人は、参考にしてもらえればと思います。

赤ら顔になりやすい人の注意点

赤ら顔で、頬や鼻などが赤くなる人は、普段の生活に原因がある可能性があります。

 
具体的な例としては、

  • タオルなど、肌への刺激を与え過ぎている
  • 洗顔やスキンケアのやり過ぎ
  • 過度のスキンケア、化粧品の刺激
  • 皮膚が薄い人、敏感肌の人
  • 乾燥肌で、肌のバリア機能が低下している人
  • 脂性(あぶらしょう)で皮脂が出やすくなっている
といったような点を注意する必要があります。

 
上記のような点に加えて、ストレス、睡眠、食事、生活習慣によって、肌の状態が悪くなっている可能性があります。

また、加齢や肌トラブルなどで、皮膚の新陳代謝が衰えているなど、赤ら顔の原因は、様々です。

赤ら顔が気になる人の対策【まとめ】

赤ら顔になる人は、いくつか原因があり、その原因にあった対策が必要です。どのような対策が必要かは、「赤ら顔の種類・原因とは?」を参考にしてもらえればと思います。

本格的に、自分の赤ら顔の原因を知りたい場合、赤ら顔の症状がひどい場合、キチンと治療したい人は、皮膚科など、専門のお医者さんに診てもらいましょう。
 
ここでは、赤ら顔が気になる人の対策として、どのような方法があるのか?紹介します。

  • 毛細血管拡張症
  • 赤いニキビ
  • 脂性
  • 乾燥肌
  • 肌が薄い

などが原因ではないか?と感じている人は、ここで紹介している、スキンケアや生活習慣などの改善をして、お肌の状態をよくする生活をしてみると良いと思います。

赤ら顔対策のケア方法【まとめ】

赤ら顔になるには、色々なことが原因で起こりますが、毛細血管拡張症といった毛細血管が拡張することによって起こる、赤ら顔の場合、スキンケアなど肌へのケアを優しくする、保湿をシッカリと行うことで改善や予防が目指せます。

スキンケア中の皮膚への刺激を抑える

肌は様々な刺激によりダメージを受けます。特に注意が必要なのが、肌を守り美容のために行っているスキンケアが、皮膚への刺激になり、肌を薄くする原因になるケースがあります。

このため、毛細血管拡張症などが原因による赤ら顔を予防、対策したい場合は、下記が参考になります。

クレンジングを行う場合

  • クレンジングに肌をこすらない
  • 手にチカラを入れずに優しく洗う
  • クレンジング料は肌に優しいものを選ぶ
  • 洗浄力の強いオイルタイプの使用は注意する
  • ミルクタイプなど肌に優しいものを選ぶ
  • 濃いメイクは控えめにする

洗顔を行う場合

  • 洗顔時に肌をこすらない
  • 洗顔料をシッカリ泡立てて、泡洗顔をする
  • 皮脂が多くても、ゴシゴシ洗わない
  • 1日に何度も洗顔をしない
  • タオルで拭くときは擦らない
  • 手にチカラを入れずに優しく洗う

化粧水を使う場合

  • 化粧水はパッティングはせず、優しく塗る
  • 肌に優しい化粧水を選ぶ

保湿

  • 洗顔後は、肌が乾燥しやすいので、スグに保湿をする
  • 外部の刺激から皮膚を守るために、保湿をシッカリと行う

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、肌に潤いを与えることで、肌に潤いを与えることで、皮膚のバリア機能をアップさせて、外部からの刺激を守り、赤ら顔になるのを予防する

紫外線対策

  • 紫外線は肌の老化の原因になるので対策を行う
  • 紫外線は新陳代謝の衰えをすすめる
  • 日焼けはシミ、そばかす、赤ら顔を招く要因になる
  • 日焼け止めで紫外線から肌を守る
  • 日焼け止め効果のある化粧品を使う
  • 肌が弱い人は、肌に優しい日焼け止めを選ぶ
  • 曇りや冬でも紫外線対策を行う
  • 日差しが強い日は、日傘や帽子で予防する
  • 紫外線が原因で活性酸素が発生する

紫外線は、皮膚にダメージを与えて、肌の新陳代謝が衰えるので、赤ら顔にもなりやすくなるので対策が必要です。

その他

  • 無意識に顔を触って、かく癖を注意する
  • スクラブ洗顔、ピーリングは控える
  • 界面活性剤入りの洗顔料や石鹸、シャンプー、リンスの使用はやめる
  • 無添加の肌に優しい化粧品を選ぶ
 

「赤ら顔」対策の化粧水で自宅でケアする

自宅で赤ら顔対策をしたいなら、毛細血管拡張症の対策ができる化粧水を使ってみるといいと思います。

しろ彩

しろ彩の画像

しろ彩は、毛細血管にアプローチする化粧水で、28日間使った結果、86%の被験者に赤みの軽減があったというのが特徴の赤ら顔をケアする和漢化粧水です。

『しろ彩』の公式サイトはコチラ

SKIN LAB

SKIN LABの画像

皮膚科の専門家が開発したドクターズコスメで、ビタミンKのチカラで肌にアプローチする化粧水です。

『SKIN LAB』の公式サイトはコチラ

ウルウ

ウルウの画像

3種類のセラミドが入っているので、失ったセラミドを補えるオールインワン化粧水です。

『ウルウ』の公式サイトはコチラ

食生活を改善する

赤ら顔を治したい、予防したいと思う場合は、肌が元気な状態にするのが大切です。そのためにも、食事での食べ物というのが大切です。

例えば、から揚げや天ぷらなどの脂っこいモノを多く取ると、皮脂の分泌量が増えて、脂性になり、肌に悪い影響を与えます。

この為、脂っこいモノを控えめにして、野菜や鶏肉など、栄養バランスの整った食事を摂るのが大切です。

ビタミン、ミネラルなどの栄養を摂る

栄養バランスの整った食事が難しい場合には、サプリメントでビタミン、ミネラルなどの基本的な栄養を摂取するといいです。

最初に試すサプリメントとしては、バランスの整ったマルチビタミンやマルチミネラルがオススメです。様々なビタミン、ミネラルの相互作用で、単独でとるよりもオススメです。

刺激のある食べ物も注意

もしも、肌に痒みがある人は、辛い物酸っぱいもの塩辛いものパイナップルパッションフルーツなどのフルーツは、肌への刺激になるので注意が必要です。

水分をシッカリととる

水分をシッカリととって、運動をしたり、お風呂に入ることで、汗をかくことで、新陳代謝をよくなります。

また、汗をかくことで、体に溜まった老廃物の排出といったデトックス、新陳代謝をよくし、肌のターンオーバーを促進して、お肌の状態をよくすることで赤ら顔の対策になります。

避けた方がいい刺激物

刺激物を摂取すると、肌に刺激を与えることになります。

具体的な避けたい嗜好品としては、

  • タバコのニコチン
  • コーヒーのカフェイン
  • お酒のアルコール
といったものの摂取は避けた方がいいです。

このような刺激物は、皮脂の分泌の増加など、肌の状態を悪くして、赤ら顔を引き起こしやすくする可能性もあります。

ストレスをためない

ストレスがたまると、活性酸素の影響ホルモンバランスの乱れバリア機能、免疫の低下といった感じで肌の状態が悪くなると、赤ら顔になりやすくなる可能性があります。

この為、ストレスをためないように、適度な運動十分な睡眠映画鑑賞や音楽鑑賞などの趣味の時間をもつといった感じで、意識してリラックスする時間をもつのが大切です。

適度な運動習慣・ストレッチを行う

ウォーキングや軽いジョギングなど、適度な運動習慣やストレッチを行うことで、代謝をよくすることで、お肌のターンオーバーを促進させて、肌の状態を整えやすくなります。

睡眠をシッカリととる・睡眠不足を避ける

睡眠不足は、肌の免疫力が低下して、皮膚の状態が悪くなる可能性があります。この為、睡眠時間を十分に確保するのが大切です。

十分な睡眠時間を確保することで、お肌のターンオーバーが整い、肌の再生力が向上し、肌の状態を整えることができます。

基本的な睡眠時間は、1日6時間~8時間が目安ですが、睡眠の質もシッカリとよくするのが大切です。

また、睡眠は、身体的な、精神的なストレスの解消になるので、ストレスによる肌トラブルの解消にも役立ちます。

まとめ

赤ら顔の原因は、大きく分類すると先天的と後天的に分けることができます。

先天的な赤ら顔の人は、改善が難しいと言われていますが、毛細血管が拡張したり、赤ニキビ、肌荒れなどが原因の場合など、色々です。

まずは、自宅で赤ら顔の改善をしたいと思った場合には、スキンケア方法を見直し、肌の状態をよくするのが大切になります。