汚い肌から綺麗な肌になる為のピーリング美肌術について紹介します。肌が汚いと思っている人が、少しでも早く綺麗な肌になる為のピーリングを活用した美肌術を紹介します。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

肌の汚い原因とは何か?

自分の肌が汚いと感じている場合には、まず、確認してほしい点があります。それは、「あなたの肌が硬くなっていないか?」です。

肌がガサガサで、分厚くなり、硬くなっている場合は、もしかしたら、お肌のターンオーバーが遅くなっているのが原因かもしれません。

お肌のターンオーバーが遅くなると、皮膚表面の肌細胞の生まれ変わりが遅くなっています。その為、古い肌が長く皮膚表面に残っているので、肌が硬くなり、シミやくすみなどが残ってしまいます。

お肌のターンオーバーがスムーズに行われると、肌表面のシミやくすみなどの汚れが垢として剥がれ落ちて綺麗な肌になります。この為、お肌のターンオーバーが遅いのが原因で、汚い肌になっている場合は、ピーリングがオススメです。

お肌のターンオーバーが遅いとは?

お肌のターンオーバーが遅いというのは、肌の入れ替わるのが遅くなっている状態です。この為、古くなった皮膚が垢として剥がれずに、皮膚の表面にとどまっています。

もしも、シミやくすみがで肌が汚く見えている場合には、肌の表面の古い角質が原因かもしれません。古い角質がいつまでも肌の表面にとどまっていると、シミやくすみが付いている皮膚が沢山、皮膚の表面に居座っている状態なので、普段よりもさらに皮膚が汚く見えます。

若いときは、お肌のターンオーバーが正常なので、既に垢として剥がれ落ちてたはずです。それが、お肌のターンオーバーが遅くなることで、シミやくすみが付いた肌が残っているので、どうしてもシミやくすみは濃くなってしまいます。

お肌のターンオーバーとは?

お肌のターンオーバーのイメージ図
※↑画像をクリックすると別画面で大きな画像で見れます。
 
皮膚は、表皮の一番底の基底層で、細胞が誕生して、徐々に肌の表面へと上がっていきます。そして、最後は、肌表面の角質層へ到達して、垢として剥がれ落ちます。

このサイクルのことをお肌のターンオーバーと言います。通常、肌のターンオーバーは、20代では、28日で皮膚が入れ替わります。しかし、40代になると40日かかると言われています。

さらに、60代になると100日とも言われています。これは、あくまで例であり、人それぞれ、お肌のターンオーバーの日数は違います。

お肌のターンオーバーの遅れている場合にピーリングが効果的

お肌のターンオーバが遅れている場合には、古い角質が肌の表面にたまっているので、ピーリングで取り除くスキンケアが効果的です。

本来、垢で剥がれている皮膚なので、ピーリングで取り除いても問題ありません。しかし、無理やり皮膚を剥がしているので、ピーリング後は、肌を守る為の保湿のスキンケアは入念に行う必要があります。

しかし、ピーリングを行うことで、ゴワゴワと硬くなっていた肌を取り除くことが出来るので、むき卵肌になって、汚かった肌も綺麗にすることが出来ます。

ピーリングは手軽で楽にできるスキンケア・・・

実際にピーリングを使ってみると、軽くクルクルするだけでもボロボロと古い角質が取れるので楽しいです。

調子に乗って、必要以上に使い過ぎると、お肌がヒリヒリするので注意は必要です。ピーリングにも種類によって、肌トラブルを起こす可能性はあるので、自宅で使う場合には、お肌に優しいモノを選びたいモノです。

でも、調子に乗って無理な使い方をしなければ、簡単にお肌がツルツルになるので、たまにピーリングを行うと楽しいです。
 
※実際に、お気に入りのピーリングを使った感想をコチラにまとめました。

さらに肌を綺麗にしたい場合は、ピーリング後のスキンケアがポイント

ピーリングを行う前は、皮膚が分厚く、硬くなっているので、どうしても化粧水や美容液は入りにくいです。

その為、ピーリングを行い、ひと皮むけた後は、今まで以上に化粧水や美容液の入りがよくなります。

この為、ピーリング直後は、お肌に必要な栄養成分を肌が吸収しやすいので、より効率的に美肌を目指すことが出来ます。

美肌になる為に、より効果的なスキンケア化粧品の選び方

シワ、シミ、くすみなど、ピーリング後にどのような成分の入ったスキンケア化粧品を使えば、より効果的であるかを紹介します。

シミに効果的な化粧品の成分

シミと言えば、美白化粧品です。美白化粧品を使えばシミが消えると思っている人も多いと思います。しかし、美白化粧品は、新しいシミを作らないようにするモノです。また、ごく薄いシミに対して効果が期待できるのが美白化粧品です。

この為、美白化粧品は、顔全体に継続して使い続けて、新しいシミが出来ないように使う必要があります。

その為、既に出来た、濃い輪郭がハッキリとしているシミの場合には、ピーリングなどを使って、肌のターンオーバーを促進し、古いシミの付いた皮膚を早く垢として排出するのが効果的です。

肌のターンオーバーを正常に保つためには、保湿をシッカリと行い、乾燥しないように心がけましょう。もちろん、スキンケアだけでなく早寝早起き、食事、ストレスなどの生活習慣も気を付ける必要があります。

シワに効果的な化粧品の成分

シワは、大きく分類すると2種類があります。「小じわ(ちりめんジワ)」と「深いシワ(通常のシワ)」です。小じわ(ちりめんジワ)と深いシワ(通常のシワ)の見分け方は、お風呂に入った時や風呂上りに消えているかです。消えているシワは、小じわです。

小じわの場合は、保湿化粧品を使い、肌の潤いを取り戻せば消えます。しかし、ほうれい線のような深いシワというのは、肌の奥のコラーゲンが減少しているのが原因です。

この為、肌内部のコラーゲンを増やす効果がある、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールなどが配合されている化粧品を利用すると効果的です。

乾燥肌に効果的な化粧品の成分

肌が乾燥する場合は、化粧水で水分を補充して、乳液やクリームで蓋をするという考え方がありますが、それよりもオススメなのが、「セラミド」配合の化粧品を使うことです。セラミドは皮膚の表面にもある成分ですが、水分を挟み込んで溜めるこむ働きをします。

化粧水で水分補給して、乳液やクリームで蓋をする場合は、どうしても時間の経過とともに蒸発して乾燥します。その為、朝のスキンケア後は潤っていたのに夕方には乾燥する事になります。

これが、セラミドを肌に補うことによって、肌が水分をためこむ量を増やすことが出来るので、化粧水と乳液の場合と比べると乾燥しにくくなります。

ピーリング後、必要な栄養を与えたら保湿は必須

ピーリングを行うと、肌の表面が削られて、まだ若い皮膚が表面に出てきます。この若い皮膚は、むき卵肌とも言われ綺麗でモチモチしています。しかし、強制的に表面にだされた為に、生まれたてで外からの刺激に弱く、乾燥しやすいと言った欠点があります。

この為、ピーリング後、化粧水や美容液で栄養を与えたら、乳液やクリームで保湿をして肌を乾燥や外からの刺激から守る必要があります。保湿を忘れると、肌が乾燥して、肌荒れや皮脂の分泌が多くなり色々な肌トラブルになる可能性があるので注意が必要です。

化粧水、美容液、乳液を目的別に使う

もしも、シミやシワ、乾燥など色々と肌の悩みを抱えている場合は、化粧水、美容液、乳液などは、目的別に選んで使うのがオススメです。

例えば、シミに対しては化粧水で美白成分を補います。シワに対しては、ビタミンC誘導体やナイアシン、レチノールを美容液で補います。保湿は乳液で行うと言った感じです。

目的別に化粧水、美容液、乳液を分けて考えて使うと、色々なお肌のトラブルにも対応が出来ます。その為、肌の悩みに並行して対応できまるので、より早く美肌を目指せます。

なお、乳液で保湿を行わないといけないと考える必要はありません。たとえば、活性酸素から肌を守りたい場合は、乳液で活性酸素対策を行い、クリームで保湿をすればいいです。保湿だけは忘れないでくださいね。

まとめ

ピーリングを行った後は、肌が薄くなっているので、化粧水や美容液、乳液、クリームなどで、必要な栄養を補う絶好のチャンスです。

そのうえで、ピーリングで肌のターンオーバーを正常に戻すことが出来ると、元々の肌の働きとして持っている、皮膚の内部で生成されているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなどの生成力の回復が期待できます。

その結果、汚いと思っていた肌でもお肌の状態が改善し、美肌が取り戻しやすくなります。このようにピーリングを行う場合は、古い角質を取り除くだけではなく、効果的に使うのがオススメです。

ただし、ピーリングは必要以上に使い過ぎると、皮膚を傷め、肌荒れやニキビの原因などお肌のトラブルの元になるので、正しい頻度で適切な方法で使う必要があります。効果的にピーリングを使って、綺麗な肌を手に入れましょう。

このように、汚い肌から綺麗な肌になる為に、参考になるピーリング美肌術を紹介しました。