2016年12月12日の主治医が見つかる診療所は、「免疫力をアップし認知症を予防する食べ合わせ法」です。

食品の食べ合わせ、組み合わせは、平安時代の文献にも登場します。この昔からあった「食べ合わせ」は、噂や言い伝えであり、本当はどうなのか?疑わしい部分もあります。


今回の主治医が見つかる診療所は、栄養のスペシャリストが実践する食べ合わせで、

  • 医学的な根拠がある食べ合わせ
  • 自宅で簡単に出来るテクニックの一挙公開
  • 骨粗しょう症予防の食べ合わせ
  • 免疫力アップの方法
  • 認知症を予防する方法
といった点を中止に紹介されます。

 
普段の生活で、ちょっとした食べ合わせを気をつけるだけで、免疫力のアップや認知症の予防、骨粗しょう症の予防などが出来て、健康になれる方法が知ることができます。
 

 

 
栄養のスペシャリストたちが実践する食べ合わせ法で健康になろう!

主治医が見つかる診療所で紹介された方法や、それ以外の食べ合わせも紹介しています。

下記の目次から特に気になる部分を選択して読めます。

目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

食べ合わせは、いつごろから言われていたのか?

食べ合わせは、平安時代の医学書「医心方(いしんぽう)」にすでに食べ合わせの記述がありました。

また、昭和初期には、富山の薬売りが、身体に悪い食べわせを書いたチラシを薬のオマケとして置いていくというサービスもありました。

今回の「主治医が見つかる診療所」に登場する先生(医師)は!?

今回の「主治医が見つかる診療所」は、東京都渋谷区の原宿リハビリテーション病院の名誉委員長の林泰史医師です。

林泰史医師は、「骨粗しょう症の治療と食事療法」、「老けない食事力」、「老けない技術」といった、食事療法の重要性を書いた書籍を数多く出版してきた医師です。

林泰史医師は、「食べ合わせは健康に効果がある」、昔から色々な食べ合わせが言われているが、最近、医学的にも実証されていることが分かってきました。

「主治医が見つかる診療所」で紹介された食べ合わせ

林泰史医師による代表的な食べ合わせは、下記の通りです。今回は、栄養学のスペシャリストたちが実践する、最高の食べ合わせ法を紹介します。

トンカツの「豚肉」と「キャベツ」

脂肪が気になる肥満気味の人には非常にいいです。豚肉には脂肪分が多く含まれています。この為、豚肉を食べると肥満気味になるのを、キャベツの食物繊維が吸着してくれるので、体に吸収される脂肪を減らす効果が期待できます。

キャベツは、千切りにすると、胃の中が線維だらけになり、より脂肪分を吸収してくれるので効果が期待できます。

「酢豚」と「パイナップル」

酢豚にパイナップルが入っていますが、これは、豚肉に含まれる鎖状になっているタンパク質は、パイナップルなどの果物に含まれる消化酵素が、鎖を立ち切り、たんぱく質をアミノ酸に分解しやすくする効果が期待できます。

タンパク質を分解するとアミノ酸になります。アミノ酸になることで、筋肉、じん帯、皮膚、血管などに変わり、体を健康にする働きもしています。この為、タンパク質を沢山摂取しても分解されないと何の意味もありません。

「肉」と「フルーツ」

海外では、「ソーセージ」と「フルーツジャム」の食べ合わせは一般的です。

この他には、「ハンバーグ」と「パイナップル」などの食べ合わせがあります。
 
特に、有名なのは、「生ハム」と「メロン」の組み合わせは、日本でも、海外でも良い組み合わせであるといわれています。

生ハムは、発酵させて作る過程で、タンパク質が部分的に分解されてアミノ酸が増えた状態になっています。さらに、メロンにも消化酵素が含まれているんで、生ハムのタンパク質を効率的に吸収してくれます。

また、メロンに含まれるカリウムが塩分を体外に排出する効果があるので、高血圧の予防することで老化防止にも繋がるといわれています。

医学的にどうなのか?悪い食べ合わせとは?

悪い食べ合わせは、昔から言われていますが、現在の医学的に見た場合にはどうなのか?「主治医が見つかる診療所」では検証しました。

「うなぎ」と「梅干」

「うなぎ」と「梅干」を食べると、お腹を壊すといわれていますが、医学的に見た場合は、「間違い」ということが分かりました。

梅干しのクエン酸が胃液の分泌を促進し、ウナギの脂肪分の消化を助けてくれます。

悪いとされていた理由は、「うなぎの油」と「梅干しの酸味」が組み合わさると消化を悪くすると思われていました。

しかし、実際は、酸味が脂の消化を助けてくれるので良いとのことです。梅干しを食べなくても、うなぎ屋さんでは、うなぎを食べた後に、お茶漬けなどが出てくるので同じようなことが行われているようです。

「蟹」と「柿」

「蟹」と「柿」の食べ合わせは、医学的に見ると「良くない食べ合わせ」であるようです。

その理由は、「蟹」も「柿」も、どちらも体を冷やすので、悪い組み合せになります。

もちろん、体が丈夫で、胃腸が丈夫な人は、何も問題はありませんが、胃腸の弱い人や、高齢の人、冷え性の人は、体を冷やすので良くないようです。

漢方での「体を冷やす食べ物」「体を温める食べ物」

漢方では、「体を冷やす食べ物」「体を温める食べ物」などがあるといわれています。

体を冷やす食べ物とは?

トマトキュウリナス豆腐ワカメなどが、漢方では、体を冷やす食べ物と言われています。

体を温める食べ物とは?

鶏肉ニンニクゴボウ納豆ネギなどが、漢方で体を温める食品だといわれています。
 
漢方では、体を冷やす食べ物には、体を温める食べ物と組み合わせるのが、良い組み合わせと言われています。具体的には、体を冷やすワカメは、体を温めるネギと一緒に、味噌汁として食べるのは漢方ではバランスの良いい食べ合わせだといわれています。

「主治医が見つかる診療所」良い食べ合わせ方法を紹介!

ここからは、「主治医が見つかる診療所」で紹介された、「ダイエット」、「免疫アップ」「認知症予防」「骨粗しょう症予防」など、体に良い食べ合わせ法を紹介します。

「骨粗しょう症を予防」する食べ合わせとは?

林医師がオススメする「骨粗しょう症を予防」は、「納豆」と「シラス」を組み合わせて食べると良いです。

シラスに含まれるカルシウムの吸収を納豆に含まれるビタミンKが助けてくれます。ビタミンKは、骨が壊れていくのを抑えて、骨を作る細胞を元気にするといった効果が期待できます。これは、海外でも、論文などで有名らしいです。

食べ合わせ博士が紹介する簡単に出来る食べ合わせ法

千葉県市川市にある「タムラ薬局」の40年以上食べ合わせの研究をしてきた田村哲彦薬剤師によると、効果的な食べ合わせが紹介されます。

食べ合わせ博士が紹介するのは

  • 疲労回復
  • インフルエンザ予防
  • 認知症予防
といった3種類です。

簡単に出来て効果が期待できる方法になります。

疲労回復の食べ合わせとは!?

疲労回復にいい食べ合わせは、「牛肉」と「ワサビ」を食べ合わせることで、日ごろの疲れを解消しやすくします。

牛肉に入っている疲労回復効果が期待できるアミノ酸を吸収できると、疲労回復効果が期待できます

疲労素(体の老廃物)は、単純に、溜まるだけではなく、いろいろな組織に傷ができるので、その傷を修復してくれるのはアミノ酸が原料になります。

ワサビは、胃のお薬として、胃の働きを良くして、消化吸収をよくし、元気が早く回復することができる効果が期待できます。また、ワサビは、血液の循環を良くしてくれるので、お肉から摂ったアミノ酸を全身に運んでくれる作用も期待できます。

免疫力アップで、インフルエンザ予防の食べ合わせとは!?

アーモンドレモンを組み合わせることで、免疫力アップで、インフルエンザ予防が期待できます。

アーモンドには、「カルシウム」、「鉄分」、「亜鉛」などのミネラルがバランスよく含まれています。

これらのミネラルは、免疫機能を高めるので、風邪やインフルエンザの予防に効果が期待できます。

ミネラルの吸収を良くする方法

ミネラルは、免疫力を高める効果が期待できる栄養成分ですが、体への吸収がされにくいのも特徴です。

この為、アーモンドに含まれているミネラルの吸収を良くする為には、「レモン」のしぼり汁をかけて食べることで、ミネラルの吸収をグッと上げてくれます

具体的には、レモンに含まれるクエン酸が、ミネラルと包み込むことで、吸収されやすい状態に変えてくれます。

アーモンド、レモン、ブロッコリーの食べ合わせ

ブロッコリーには、粘膜を強くするビタミンCが豊富に含まれています。

この為、ブロッコリーアーモンドの砕いたものレモンの汁を組み合わせたサラダは、免疫力を高める効果が期待できます。

認知症予防の食べ合わせとは!?

認知症予防は、「青魚」と「抹茶」の食べ合わせが良いようです。

青魚である、サマ、イワシ、アジ、サンマなどは、脳を活性化して、認知症を予防するDHAが豊富に含まれています。しかし、DHAは、熱を加えると酸化しやすいといった欠点があります。

この為、DHAの酸化を防ぐ、「抹茶」を組み合わせることで、体内にDHAが取り入れやすくすることができます。

抹茶の効果とは?

抹茶には、カテキンが含まれていますが、このカテキンは、強い抗酸化作用があります。

この抹茶の粉を、サバに振り掛けてコーティングすることでDHAを酸化から防ぐことが期待できます。

「主治医が見つかる診療所」の医師オススメの食べ合わせ

「主治医が見つかる診療所」に出演の医師がオススメする食べ合わせ法を紹介します。

「焼き魚」と「大根おろし」

サンマなどの焦げが、発がん性があると言われています。しかし、ものすごい量を食べなければ癌にならないという説もあります。ただし、焦げは、少量でも発ガン性物質であることには変わりありません。

大根おろしは、焦げの発ガン性物質を中和する働きがあります。

大根に含まれる辛み成分である「イソチオシアネート」は、ガン予防の効果が期待できるようです。

1+1が3になる食べ合わせ法

ネギ類が持っている「アリシン」や「硫化アリル」のツーンと涙が出る成分が、ビタミンB1の吸収を助けてくれます

ビタミンB1は、豚肉、レバーがあります。その為、料理で、「レバーニラ」でレバニラにしたり、「ネギニラ豚肉」を組み合わせると良いです。

また、ラッキョウポークカレーを組み合わせるのも良い食べ合わせです。

骨を丈夫にする食べ合わせ

豆腐」と「キノコ

骨を丈夫にする栄養素には6つありますが、そのうち豆腐に含まれているのは「カルシウム」、「イソフラボン」、「ビタミンK」、「マグネシウム」、「タンパク質」の5つが含まれています。

唯一、豆腐に含まれていないのが、カルシウムの吸収をよくする「ビタミンD」です。その為、ビタミンDが入っているキノコを取り入れると、良い食べ合わせになります。

アンチエイジングが期待できる食べ合わせ

「皮ごとにラ・フランス」と「エゴマオイル」を食べ合わせると美容や健康の効果が期待できます。果物の皮には、ポリフェノールが含まれている。エゴマオイルにはオメガ3といった炎症を抑えてくれる作用があります。

エゴマオイルを口に入れると、生臭いような嫌な感覚を感じる人もいるので、果物のサッパリとした味で打ち消し、さらに、相乗効果が期待できます。

ラ・フランス以外にも「ぶどう」「いちじく」など、皮付きの果物なら、どれでもエゴマと組み合わせると良いです。

オメガ3の効能

エゴマオイルといった、オメガ3のオイルには、「美肌効果」「腸を整える効果」があると言われています。

ポリフェノールの効能

ポリフェノールには、体の老化を防ぐ働きがあると言われています。

記憶力をアップさせる食べ合わせ

タマゴ」と「納豆」の食べ合わせ

タマゴの黄身には、卵黄レシチン大豆レシチンを同時に摂ると、記憶力の改善に役に立ちます。

レシチンが記憶や学習に大切

記憶や学習に必要な神経伝達物質には、アセチルコリンが必要です。

このアセチルコリンの合成にレシチンが必要です。

また、脳などの神経線維は、さや状のモノで守られていますが、この「さや」の原料がレシチンです。「さや」がある事で、神経の伝達が良くなります。もしも、「さや」がなくなると神経の伝達が悪くなり、漏電するみたいな感じになります。

納豆と卵が最強の組み合わせ

納豆と卵の組み合わせは、「動物性タンパク質」「植物性タンパク質」「レシチン」がとれるので、脳の老化を防ぎ記憶力の向上につながります。

健康的にお酒(アルコール)を飲む食べ合わせ

晩御飯は食べないが、晩酌をしてアルコールを飲む人が、健康的にアルコールを飲む為には、青汁ビールを飲むと健康に良いようです。

青汁にビールを混ぜて飲むと美味しいらしいです。トマトジュースとビールも合うという人もいるようです。

3食のうち1食を変えればダイエット・脳の活性化にいい食べ合わせ方法

新宿溝口クリニックの溝口徹医師は、栄養療法を専門にするクリニックです。溝口徹医師によると、栄養には、病気を治す予防する健康レベルあお上げるといった働きがあります。

食事での栄養バランスを整えることで、細胞レベルで健康になる事で病気の予防や改善効果が期待できます。

現代人はタンパク質が足りていない!?

溝口徹医師によると、現代人は、たんぱく質の摂取が足りていないようです。特に、40歳以上の人は、たんぱく質不足を中心とした栄養不足が認められることが多いようです。

細菌やウイルスに対する、抵抗力、免疫は、たんぱく質の働きです。たんぱく質が減る事で、今まで原因が分からないと言われていた「めまい」「頭痛」が引き起こされていることが多いようです。

簡単!タンパク質を十分に摂取できる方法

普段の生活で、ひと手間かけるだけで、シッカリとタンパク質が摂れるようになります。

具体的な方法としては、1日1食、スープを食べるといった簡単な方法です。

3食のうち1食にスープを取り入れることで、栄誉バランスが格段に良くなります。

1日1食スープのポイント

1日1食をスープにすると栄養バランスが格段に整いますが、その方法にはポイントがあります。

「植物性タンパク質」と「動物性タンパク質」を同時に摂る

特にポイントになるのがタンパク質を効率的にとることです。たんぱく質の効率は、アミノ酸のバランスが大切えす。

この為、植物性タンパク質」に少し「動物性タンパク質」を一緒に食べるとバランスが良いです。

この為、お肉などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質を同時にとるのが大切です。

タンパク質と大量の「野菜」を同時に摂る

スープの利点は、タンパク質と沢山の野菜を同時に摂取することができる点です。

また、野菜からの栄養素が溶けだしたスープの栄養成分も摂れるので効率よく栄養の吸収が出来ます。

痩せやすくなるダイエットスープのレシピ

溝口医師オススメの最強スープのレシピとして、食べて痩せやすくなるダイエットスープを紹介します。

基本となる「動物性タンパク質」の牡蠣(カキ)と「植物性タンパク質」の豆乳を組み合わせることでダイエット効果が期待できます。

ダイエット中に、タンパク質をシッカリと摂取することで、太りにくい、燃やしやすい体質に変えることができます。

ダイエット中にタンパク質が必要な理由とは!?

適度な運動を行いながらダイエットをする時に、タンパク質を摂ると、筋肉が落ちずに基礎代謝がアップするので、太りにくい体質になります。

牡蠣がダイエットに良い理由とは!?

牡蠣に含まれる鉄分やビタミンB群は、糖質や脂質を燃やすためには必須の栄養素です。糖質や脂質の分解を効率的に行うことでダイエット効果がアップします。

また、牡蠣に含まれる鉄分は、酸素を全身に供給して、基礎代謝を上げるために必要な栄養です。この為、牡蠣はダイエットにオススメな食材です。

牡蠣と豆乳のスープのレシピ

■材料(4人分)

  • カキのむき身:400g
  • ほうれん草:2束
  • しめじ:1株
  • 酒:大4
  • ごま油:大2
  • ショウガ:2かけ
  • 鶏ガラスープ:4カップ
  • 豆乳:4カップ
  • 味噌:大1
  • 塩:少々

 
■調理方法
最初に牡蠣を下ゆでしておきます。鍋にごま油を入れて熱します。そこにほうれん草とシメジを入れて炒めます。さらに、鶏ガラスープとショウガを加えてひと煮たちさせます。最後に、豆乳と味噌を入れて、下ゆでしたカキとほうれん草を食わせて軽く煮ると出来上がりです。

脳の老化防止スープ

脳の老化を防止するスープの基本となる「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」は、「イワシ」と「豆腐」です。

イワシに含まれるEPAと豆腐に含まれるレシチンの効果で脳の老化を防止する効果が期待できます。

イワシの「EPA」栄養効果とは!?

脳の老化を防止する為には、「EPA」といわれているオメガ3系の油がとても大切です。

EPAは、血液の粘度を下げて、サラサラにして血行を改善させます。イワシには、EPAが豊富に含まれています。

また、血行を良くする効果で、全身の細胞に栄養が供給され、脳の老化防止にも効果が期待できます。

豆腐の「レシチン」の栄養効果とは!?

豆腐に多く含まれるレシチンは、細胞膜の構成成分で、脳に多く含まれています。

レシチンを摂取することで、脳の老化防止、認知症の改善などにもいいと報告されています。

イラしと豆腐のスープのレシピ

イワシと豆腐のスープのレシピを紹介します。

■材料(4人分)

  • まいわし:8尾
  • 大根:1本
  • 木綿豆腐:1丁
  • 長ネギ:2本
  • 梅干し:中4個
  • 水:2カップ
  • 酒:1カップ
  • 塩:適度
  • しらす干し:30g

 
■作り方
イワシの頭をとってからぶつ切りにします。鍋にイワシ、酒、水を入れて人に立ちさせます。さらに、大根おろしと梅干を加えて、イワシに火が通ってから長ネギ、豆腐、しらす干しを加えて出来上がりです。

一般的に言われている「良い食べ合わせ」

食事を摂るときには、少し、意識して、食べ合わせを考えるだけでも、健康やダイエット、美容効果を高めることができます。

 
ここでは、良い食べ合わせとして、

  • 肉類
  • 魚貝類
  • 野菜類
  • 豆類
  • その他
といった分類に分けて紹介します。

 
肉類、魚貝類、野菜類、豆類、その他、と気になる部分から「食べ合わせ」の良い食べ物について確認することができます。

肉類と良い「食べ合わせ」とは?

お肉を食べる時に、一緒に食べると良い食べ合わせを紹介します。
 

「からあげ」と「レモン」

「からあげ」と「レモン」の食べ合わせは、食欲増進消化吸収を促し肝臓の働きを活発にする効果が期待できます。

からあげには、レモンが添えられることがありますが、レモンの酸味で、からあげの油分をアッサリと食べやすくします。また、レモンのクエン酸は、唾液や胃液の分泌を促進して強化吸収を整えます。

「とんかつ」と「キャベツ」

「とんかつ」と「キャベツ」の食い合わせでは、老化防止疲労回復の効果が期待できます。キャベツは食物繊維が多いのでとんかつの油分の吸収を抑えます。

「ステーキ・お肉」と「クレソン」

「ステーキ・お肉」と「クレソン」の食べ合わせは、消化促進効果が期待できます。クレソンの辛みと苦みは、消化を促進します。

また、クレソンには、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、リンカリウム、鉄分なども豊富に含まれているので、お肉と一緒に食べることで栄養バランスを整えることで消化の促進、血液酸化の防止なども期待できます。。

「ステーキ」と「ローズマリー」

「ステーキ」と「ローズマリー」の組み合わせは、臭みを消し、焦げによる発がん性物質の形成を抑える働きがあります。

お肉を焼いたときに出来る焦げには、発がん性物質があると言われています。普通に食べている分には発ガンすることは無いと言われていますが、焦げが気になる人は、ローズマリーと一緒に摂ると安心です。

「ステーキ」と「ワイン」

「ステーキ」と「ワイン」の食べ合わせでは、酸性のステーキを、ワインのアルカリ性で中和することができます。

また、ワインには、ポリフェノールが豊富に含まれているので、肥満予防、動脈硬化、心臓病などの予防作用も期待できます。

「焼き肉」と「大根おろし」

「焼き肉」と「大根おろし」の食べ合わせは、焼き肉の油で、血液がドロドロになるのを予防する効果が期待できます。

大根おろしには、血液をサラサラにする効果が期待できます。また、焼き肉で肉が焦げたことによって出来る発がん性物質を、大根おろしのビタミンCが中和する効果も期待できます。

「焼き肉」と「玉ねぎ」

「焼き肉」と「玉ねぎ」の食い合わせは、エネルギー代謝の促進疲労回復夏バテ対策といった効果が期待できます。

玉ねぎには、ビタミンB1を効率よく吸収する作用があります。この為、ビタミンB1の働きによって健康効果が期待できます。

「レバー」と「ニラ」

「レバー」と「ニラ」の食べ合わせは、疲労回復の相乗効果です。

レバーには、ビタミンB群が豊富に含まれていますが、ニラの匂いの成分であるアリシン(硫化アリル)がビタミンB1の吸収をよくします。

ビタミンB1とアリシンが結合すると、体内に長くとどまる事で、疲労回復効果が、より期待できるようになります。

「豚肉」と「ニンニク」

「豚肉」と「ニンニク」の食べ物の組み合わせは、豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を、ニンニクが良くする効果が期待できます。

この為、豚肉のビタミンB1の疲労回復精神の安定記憶力のアップ効果が、より効果的に得やすくなります。

「鶏肉」と「ぶどう」

「鶏肉」と「ぶどう」の食い合わせは、スタミナをつけたい時にとると良い食べ合わせです。

「ぶどう」と「鶏肉」を一緒に食べる料理は日本ではありませんが、イスラエル料理にあるスタミナ料理です。スタミナ以外にも鶏肉の栄養成分で美容効果も期待できます。

ブドウには、吸収の良いブドウ糖、消化を助けるクエン酸、酒石酸、豊富なミネラルやビタミンが含まれています。

鶏肉には、良質なタンパク質やメオニチンやグルタミン酸の必須アミノ酸、亜鉛などが多く含まれています。

「鶏肉」と「大豆」

「鶏肉」と「大豆」の食べ合わせは、大豆に含まれるビタミンB6が、鶏肉に含まれるメチオニンというアミノ酸の消化を助ける効果が期待できます。

「肉料理」と「パイナップル」

「肉料理」と「パイナップル」の食べ物の組み合わせは、肉を柔らかくして消化をよくする効果が期待できます。

ブロメリンという酵素が、パイナップルには含まれています。このブロメリンという酵素は、タンパク質を分解する作用があります。

「肉」と「パパイヤ」

「肉」と「パパイヤ」を組み合わせると、パパイヤに含まれるパパイン酵素によって、お肉のタンパク質の消化を助ける効果が期待できます。

「ソーセージ」と「リンゴ」

「ソーセージ」と「リンゴ」の食べ合わせは、肥満の予防腸内環境を整える効果が期待できます。

リンゴに含まれるペクチンという食物繊維は、ソーセージに含まれる飽和脂肪酸の吸収を妨げることで肥満を予防する効果が期待できます。

また、ペクチンは、大腸の乳酸菌の増殖を、飽和脂肪酸が妨害するのを防ぐことで、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やして、腸内環境を整える作用が期待できます。

 
以上の通り、お肉を食べる時には、ここで紹介した食べ合わせが参考になると思います。

魚貝類と良い「食べ合わせ」とは?

魚や貝類を食べる時に、体に良い食べ合わせを紹介します。
 

「サンマ」と「大根」

「サンマ」と「大根」の食べ合わせは、焼きサンマの焦げの発がん性物質を分解する効果があります。

サンマは、生活習慣病を予防する栄養が豊富に含まれています。しかし、焼きサンマに焦げは、発ガン性物質です。大根には、この発がん性物質を破壊する効果があります。

また、大根には、消化酵素も含まれているので、脂の多いサンマの消化を助ける効果も期待できます。

「干物」と「大根おろし」

「干物」と「大根おろし」の食べ物の組み合わせは、発ガン性物質の中和する効果が期待できます。

干物は、魚に光を当ててつくります。光を魚に当てることで、魚のタンパク質が変成してできた亜硝酸塩、硝酸塩、二級アミンなどの物質は、唾液や胃液と混ざる事で発がん性物質になる可能性があります。

大根に含まれる消化酵素のジアスターゼ、リグニンという植物繊維は、発ガン性物質を中和する効果が期待できます。

「揚げ物」と「大根おろし」

「揚げ物」と「大根おろし」の食べ物の組み合わせで、老化防止の効果が期待できます。

ポテトフライや天ぷらなどの揚げ物に使っている油は、酸化すると細胞の老化を促進させます。大根おろしは、これらの酸化をしにくくする効果が期待できます。

「刺身」と「ショウガ」

「刺身」と「ショウガ」の組み合わせは、食中毒の予防匂い消しの効果が期待できます。ショウガには、体を温めたり、殺菌効果があります。

「お刺身」と「ワサビ」

「お刺身」と「ワサビ」の食べ合わせは、殺菌作用食中毒予防の効果が期待できます。ワサビの殺菌作用は、食中毒の予防や消化を助ける作用があります。

「お刺身」と「シソの実」

「お刺身」と「シソの実」の食べ合わせは、殺菌作用食中毒の予防です。シソの実には、殺菌作用が強いので食中毒予防が期待できます。また、胃の働きを助けるので、消化を促進して胃の負担を助けます。

「マグロ」と「山芋」

「マグロ」と「山芋」の食材を組み合わせるとタンパク質の吸収率を良くする効果が期待できます。

マグロには、良質なタンパク質が含まれています。山芋に含まれるムチンという成分は、タンパク質の吸収効果を高める作用があります。

「ウナギ」と「梅干し」

「ウナギ」と「梅干し」の食べ合わせは、夏バテ防止に良い組み合わせです。
ウナギは、ビタミンB1で疲労回復や夏バテ防止効果が期待できます。また、梅干しに含まれるクエン酸も疲労回復効果があるので、夏バテ防止に良い食べ合わせと言われています。

「サバ」と「ニラ」

「サバ」と「ニラ」を組み合わせて食べることで、ストレスに打ち勝つチカラを手に入れる効果が期待できます。

サバは、良質なタンパク質、ドコサヘキサエン酸などの不飽和脂肪酸が含まれています。ニラには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、カリウム、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。

ニラとサバを一緒に食べることで、しっかりと栄養を補うことで、ストレスに打ち勝つ効果が期待できます。

「牡蠣」と「レモン」

「牡蠣」と「レモン」を一緒に食べることで、食中毒の予防効果が期待できます。

生牡蠣には、レモンを絞ると美味しいですし、レモンの酸味がバイ菌の繁殖を抑えることで、食中毒の予防効果が期待できます。

「焼き魚」と「レモン」

「焼き魚」と「レモン」を組み合わせて食べると、魚のカルシウムの吸収を促進する効果が期待できます。

レモンに含まれるクエン酸は、カルシウムの吸収を良くする効果があります。このレモンのクエン酸の働きは、「すだち」を使っても同じ効果が期待できます。

「あさり」と「レモン」

「あさり」と「レモン」は、レモンのクエン酸の作用で、アサリの鉄分の吸収を促す効果が期待できます。

あさりに含まれるビタミンB12や鉄分といった造血作用がある成分が含まれているので、貧血の人には、良い組み合わせです。

鉄分が豊富に含まれている食材なら、あさり以外にもほうれん草などにも同じような効果が期待できます。

「寿司」と「わさび」

「寿司」と「わさび」の食べ合わせは、わさびの殺菌作用で、食中毒を予防する効果が期待できます。

また、わさびは、胃の働きを助ける作用があるので、脂ののった魚を食べる時には、一緒に食べると良いです。

「お寿司」と「ガリ」

「お寿司」と「ガリ」の食べ合わせは、殺菌食中毒の予防消化の促進効果が期待できます。ガリは、殺菌作用があり、生魚の毒を消して食中毒を予防します。また、ガリのショウガは、胃の働きを整えます。

 
魚介類を食べる時には、ここで紹介している食べ合わせを意識することで、より健康になる可能性が増します。

野菜類と良い「食べ合わせ」とは?

ここでは、野菜類で、良い食べ合わせの例を紹介します。
 

「サツマイモ」と「レモン」

「サツマイモ」と「レモン」は、相乗効果で、それぞれの栄養効果が高まります。

サツマイモには、ビタミンEが含まれています。レモンにはビタミンCが含まれています。サツマイモとレモンを一緒に食べると、それぞれの効果が高まる作用が期待できます。

「ほうれん草」と「チーズ」

「ほうれん草」と「チーズ」を食べ合わせると鉄分の吸収を良くする効果が期待できます。

ほうれん草は、鉄分を含む野菜であることは有名です。しかし、鉄分の吸収率は非常に悪いです。この為、チーズを一緒にとることで、チーズのタンパク質が鉄分の吸収率を高める作用が期待できます。

「ほうれん草」と「ゴマ」

「ほうれん草」と「ゴマ」を組み合わせて食べることで、ほうれん草に含まれるシュウ酸による、結石ができるのを防ぐ効果が期待できます。

ゴマには、リジンという物質が含まれており、このリジンによって結石の予防効果が期待できます。

「くるみ」と「牛乳」

「くるみ」と「牛乳」を組み合わせることで、集中力を復活する効果が期待できます。

クルミには、タンパク質、ビタミンB、ビタミンE、脂肪、カルシウムなどの多くの栄養が含まれており、不飽和脂肪酸も含まれていることで、血管のコレステロールを取り除く効果が期待できます。

また、クルミと牛乳に含まれるカルシウムは、気分を落ち着かせて、集中力を復活させる効果があります。

「メロン」と「生ハム」

「メロン」と「生ハム」の食べ合わせは、塩分の排出効果が期待できます。

生ハムの塩味は、普通のハムと比べると長時間、塩漬けにしているので塩分が多いですが、この塩分を体外に排出しやすくするのがメロンに含まれるカリウムです。

また、メロンには、パントテン酸やギャバも含まれているので、コレステロールの軽減、高血圧の予防、肥満の予防などの効果が期待できます。

「昆布」と「大豆」

「昆布」と「大豆」の食い合わせは、吸収効果を高める作用が期待できます。
昆布は消化が悪いのですが、大豆に含まれているサボニンが昆布の吸収効果を高めると言われています。

「柿」と「酒」

「柿」と「酒」の食べ合わせは、二日酔い悪酔いの予防効果が期待できます。

柿には、アルコールを分解するタンニンが含まれています。また、柿の果糖が、二日酔いの原因のアセトアルデヒドを分解します。

お酒を飲む前に、柿を食べておくことで、悪酔いや二日酔いを予防する効果が期待できます。

「柿」と「きな粉」

「柿」と「きな粉」の食い合わせは、貧血対策鉄分の吸収を高める効果が期待できます。

柿のカリウムとビタミンCがきな粉の鉄分の吸収を良くする働きがあります。この為、きな粉と柿を一緒に食べることで、鉄分を効果的に補うことで、貧血対策が期待できます

「緑黄色野菜」と「油」

「緑黄色野菜」と「油」の食べ合わせは、野菜の栄養が吸収されやすくなるといった特徴があります。

緑黄色野菜に含まれるβカロテンは、人間の体内ではビタミンAに変わります。油で緑黄色野菜を炒めることでβカロテンが吸収されやすくなります。

「ニンジン」と「油」

「ニンジン」と「油」の食べ物の組み合わせは、ニンジンの栄養の吸収率を良くする効果が期待できます。

ニンジンには、ビタミンAが含まれています。ニンジンに油を組み合わせることで、ビタミンAの吸収が3倍良くなります。

「野菜炒め」と「キクラゲ」

「野菜炒め」と「キクラゲ」を食べる時の組み合わせで、野菜のビタミンの破壊が抑えられます。

野菜を油で炒めると、野菜に含まれるビタミンが熱によって破壊されます。しかし、野菜炒めにキクラゲを入れることで、野菜のビタミン類の破壊を抑えることができます。

「トマト」と「アボカド」

「トマト」と「アボカド」の食い合わせは、トマトのリコピンの吸収率を良くする効果が期待できます。

トマトといえば、リコピンという栄養成分が人気です。このリコピンは、強い抗酸化作用、生活習慣病の予防などの働きがあり、美容、健康効果が人気です。

このリコピンの吸収率を良くする為には、脂質が必要です。この為、アボカドの脂質と組み合わせて食べることで、リコピンの吸収率を良くして効果が期待できます。

アボカド以外には、オリーブオイルやナッツなどでも、同じ効果が期待できます。

 
野菜類を食べる時には、ここで紹介している食べ合わせを実施すると、より健康になれる可能性があります。

豆類と良い「食べ合わせ」とは?

豆類を食べる時に、身体に良い食べ合わせを紹介します。
 

「納豆」と「ネギ」

「納豆」と「ネギ」の食べ合わせは、疲労回復ダイエット効果が期待できます。

納豆は、ビタミンB群が豊富に含まれており、ビタミンB群の効果で疲労回復やダイエット効果が期待できます。

ネギに含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収率を高めるので、納豆の疲労回復やダイエット効果を促進する効果が期待できます。

「納豆」と「焼きのり」

「納豆」と「焼きのり」の食べ合わせは、納豆のビタミンBの吸収を良くする効果が期待できます。

ビタミンB2の吸収率を良くすることで、ビタミンB2の効果の「エネルギー代謝を良くする」「育毛効果」「ニキビや乾燥肌の改善」「目の保護」「生活習慣病の予防」などの効果が得やすくなる作用が期待できます。

「納豆」と「シソ」

「納豆」と「シソ」の食い合わせは、下痢や便秘を予防して、胃腸を強化する効果が期待できます。

「豆腐」と「かつお節」

「豆腐」と「かつお節」の食べ合わせは、カルシウムの吸収を良くし、栄養のバランスを整えます。

豆腐には、カルシウムとタンパク質が豊富ですが、必須アミノ酸のリジンなどが不足していますが、かつお節と一緒に食べることで卵にも負けない完璧なタンパク質補給となります。

また、かつお節に含まれるビタミンDが、豆腐のカルシウムの吸収率を良くします。

「豆腐」と「キャベツ」

「豆腐」と「キャベツ」の食品の組み合わせでは、脳の老化防止効果が期待できます。

脳の老化防止が期待できる、豆腐と相性の良い食べ合わせは、くるみ、くり、豚肉などでも「キャベツ」と同じ効果が期待できます。

「豆腐」と「漬物」

「豆腐」と「漬物」の組み合わせは、漬物で摂り過ぎた塩分を、豆腐のカリウムが排出する作用があります。

漬物と一緒にとると良いのは、豆腐以外にも、スイカ、リンゴ、トマトなどもカリウムが置く含まれているので、豆腐と同じ効果が期待できます。

「枝豆」と「ビール」

「枝豆」と「ビール」の食べ合わせは、アルコールによる肝臓への負担の軽減効果が期待できます。

枝豆には、様々な栄養成分が含まれていますが、コリンというお酒の量を少なくする働きや脂肪肝を防止しるメチオニンが含まれています。

また、ビールの利尿作用で、カリウムが排出されるので、枝豆が補うことができます。この為、カリウムの作用でナトリウムのバランスをとることで、心臓、筋肉、腎臓、すい臓などの機能を調整する作用も期待できます。

「枝豆」と「チーズ」

「枝豆」と「チーズ」の食い合わせで、イライラ対策の効果が期待できます。
チーズには、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは、イライラする時に効果が期待できる栄養成分です。

枝豆には、ビタミンB、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどの栄養を含み、カルシウム以外にも豊富な栄養を摂ることができます。

「味噌汁」と「ワカメ」

「味噌汁」と「ワカメ」の組み合わせは、塩分の摂り過ぎを予防する効果が期待できます。

味噌汁には、食塩が含まれています。ワカメに含まれているアルギン酸カリウムは、食塩のナトリウムと入れ替わって結びつくので、体内での食塩の吸収を減らす効果が期待できます。

 
豆類の食べ物は、元々、健康に良い物が多いと思います。さらに、豆類を食べる時は、ここで紹介している食べ合わせを意識する事で、より健康になれる可能性があります。

その他の「良い食べ合わせ」とは?

その他の食べ物の組み合わせによる食べ合わせを紹介します。
 

「カレー」と「らっきょう」

「カレー」と「らっきょう」は、食欲増進胃もたれ予防効果が期待できます。市販のカレーのルーを使うと、結構、油っこいので、食後に胃もたれを起こす人は、らっきょうを一緒に食べると良いです。

「カレーライス」と「リンゴ」

「カレーライス」と「リンゴ」の食い合わせは、カレーライスの糖分の吸収を緩やかにすることで、糖尿病や肥満の予防効果が期待できます。

これは、リンゴの食物繊維によって、糖の吸収を緩やかにする為です。この為、リンゴを食前にとり、食物繊維を胃に入れてからカレーライスを食べると良いです。

リンゴ以外にも、野菜や海草などの食物繊維を食事の最初にとるといいです。

「サンドイッチ」と「ピクルス」

「サンドイッチ」と「ピクルス」の食べ合わせは、むくみ解消効果が期待できます。ピクルスは、きゅうりの酢漬けのことです。きゅうりに含まれるカリウムは、むくみを解消する効果が期待できます。

「サンドイッチ」と「パセリ」

「サンドイッチ」と「パセリ」の食い合わせは、サンドイッチだけでは足りない、偏りがちな栄養を補う効果が期待できます。

パセリには、様々な栄養が豊富に含まれており、ビタミンAやビタミンC、カルシウム、鉄分、葉緑素が含まれています。

「キムチ」と「ビール」

「キムチ」と「ビール」の食い合わせは、二日酔い悪酔いの予防効果が期待できます。

キムチに含まれるナイアシンという成分は、二日酔いや悪酔いの原因となるアルコールのアセトアルデヒドを分解する効果があります。

また、肝臓の機能を高め、解毒作用を強くするタウリンも含まれています。

「ところてん」と「酢醤油」

「ところてん」と「酢醤油」の食べ合わせ効果は、冷えの予防消化促進です。ところてんは冷やして食べるので、身体を中から冷やします。この為、ところてんには、酢醤油とカラシをつけることで、体温を温める効果が期待できます。また、酢醤油は、消化器系の働きを促進する効果も期待できます。

「はちみつ」と「レモン」

「はちみつ」と「レモン」の食い合わせは、疲労回復の効果が期待できます。
はちみつに含まれるブドウ糖や果糖は、比較的はやく吸収されて疲労回復する効果が期待できます。レモンに含まれるクエン酸は疲労回復とスタミナの消費を抑制する効果があります。

レモンのハチミツ漬けや、はちみつレモンのドリンクなどで、はちみつでレモンの酸味を抑えると食べやすいです。

「ヨーグルト」と「オリゴ糖」

「ヨーグルト」と「オリゴ糖」の食い合わせは、腸内環境を整えるのを手助けする効果が期待できます。

ヨーグルトには、乳酸菌などの善玉菌が多く含まれており、腸内環境を整えることで、便秘解消や生活習慣病の予防、免疫アップなどの効果が期待できます。

オリゴ糖は、善玉菌のエサになることで、善玉菌の数を増やすことで、腸内環境を整える効果が促進されやすくする効果が期待できます。

「塩辛」と「スイカ」

「塩辛」と「スイカ」の組み合わせは、塩辛の塩分を排出を促進できます。

スイカには、カリウムとシトルリンという成分が含まれていますが、塩辛の塩分を排出する効果が期待できます。

「ターメリック」と「黒コショウ」

「ターメリック」と「黒コショウ」を組み合わせて食べることで、ターメリックの吸収を黒コショウが良くする効果が期待できます。

ターメリックに含まれている黄色の色素はクルクミンと言います。このクルクミンには、消化機能の改善、肝機能の向上、動脈硬化やアルツハイマー、ガンの予防効果があります。

このような様々なクルクミンの健康効果を、黒コショウと同時にとることで高める作用が期待できます。

 
以上のとおり、色々な食べ物を、ちょっと意識して食べ合わせを工夫するだけでも、より健康になれる可能性があるので、ここで紹介している内容を参考にすると良いと思います。

まとめ

今回は、組み合わせると良い食べ合わせを紹介しました。

もしも、健康や美容、アンチエイジングなどが気になっている場合には、ここで紹介した食べ合わせを少し意識するだけでも、思った以上の健康効果が得られやすくなる可能性があるので、試してみる価値があると思います。

より健康になりたい人、または、健康が気になる人は、参考になると思います。