間違ったスキンケアでお肌のお手入れをすることで、お肌のトラブルの顔の炎症が起こる原因と治し方をここで紹介します。

肌の老化を遅らせて美肌を維持する為には、日々のお肌のお手入れで間違ったスキンケアを行わない事が重要です。

もしも、肌や皮膚が赤みを伴った炎症などの肌荒れを起こしている場合には、化粧品やスキンケアの方法などお肌のお手入れを見直しつつ、生活習慣を改善するのがポイントです。
目次を紹介する女性と↓のイラスト

間違ったスキンケアによるお肌のお手入れが顔の炎症を慢性化する

お肌に良いことをして、いつまでも美肌を維持したいと思って、様々なスキンケアを行ったとしても間違ったスキンケア方法で、お肌のお手入れをしていると、その結果、逆に肌トラブルや肌の老化を促進させるケースがあります。

スキンケアは、肌を白くして、潤いやハリを与えると言った綺麗な肌になるために行います。しかし、顔の肌に合わない化粧品をつかったり、間違ったマッサージなどを行うことで、逆にシミやシワや肌荒れの原因になる事もあるので注意が必要です。

顔のお肌のお手入れの間違ったスキンケアの種類・ケースとは?

間違ったスキンケアをしていると、知らないうちに肌に刺激を与えて、傷を負わせている可能性があります。

具体的な間違ったスキンケアとしては、

  • 肌に合わない化粧品を使い続けている
  • 顔に強いマッサージをしている
  • 顔を叩いたり・擦ったりする
  • クレンジングや洗顔による刺激

 
と言ったようなお肌のお手入れをしている場合は、顔の炎症や赤みが出る原因になる事があります。

肌に合わない化粧品を使い続けている

正しいスキンケア方法を行っていても、使っている化粧品が肌に合っていない場合は、日々、皮膚に余計な刺激を与えることになります。

その肌への刺激が、肌が荒れて顔の炎症や赤みの原因になります。赤みや炎症以外にもシミ、シワや乾燥などの原因にもなります。

顔で肌荒れや炎症が起こると大変です。肌が弱い人や敏感肌、乾燥肌の人は、はじめて使う化粧品の場合は、面倒でもパッチテストを行い、お肌のお手入れに取り入れる必要があります。

顔に強いマッサージをしている

顔のたるみやシワの改善、血行促進などを目的に顔のマッサージを行う場合も注意が必要です。顔へのマッサージを行う場合に、強い力で行うと、その刺激が原因でシミなどの肌トラブルの原因になる可能性があります。

顔を叩いたり・擦ったりする

コットンなどでパタパタと肌をたたいていると毛細血管が赤く浮き出ることによって赤ら顔になる可能性があります。

この他にも拭き取りタイプのクレンジングやコットン、ティッシュなどの摩擦で肌を刺激していると顔の肌が乾燥したり、湿疹ができる場合があります。

皮膚を擦る以外にも、ローションを肌に浸透させる時に叩いたりした場合も肌にダメージが蓄積される事があります。

このような間違ったスキンケア方法で顔のお肌のお手入れをしている場合は注意が必要です。

クレンジングや洗顔による刺激

クレンジングや洗顔を行いメイクや顔の汚れを落として、綺麗な状態にしてから寝るというのは非常に大切です。しかし、1日、しっかりとメイクした顔の皮膚は、化粧品によって弱っている状態です。

ここで、よくメイクが落ちるクレンジングでシッカリと顔を洗うと、クレンジングの刺激が強すぎて顔の皮膚のを弱らせる原因になる事があります。

また、クレンジング同様に、洗顔も行い過ぎると、顔への刺激が強すぎる場合があります。肌への刺激が強いと、敏感肌や乾燥肌などの顔の肌トラブルになる可能性があります。

綺麗にする事だけを意識した間違ったスキンケア方法は、お肌のお手入れをしているつもりが、顔の皮膚を傷めつけている可能性があるので注意が必要です。

顔の肌が炎症を起こす根本的な原因とは?

肌に合わない化粧品を使ったり、強いマッサージをしたり、顔を叩いたり、擦ったりすると言った間違ったスキンケアでお肌のお手入れをしていると、顔の肌の皮膚の炎症だけでなく、毛穴の炎症や赤みのある炎症ニキビができる場合もあります。

このような様々な顔の炎症ができる原因としては、基本的に皮膚の「バリア機能」が低下しているのが根本的な原因です。

肌い合わない化粧品や叩いたり、擦ったり、強いマッサージと言った、肌への刺激が続いたことで、肌のバリア機能が低下したため、紫外線やホコリ、花粉などの外からの刺激によるダメージに負けて皮膚が炎症や肌荒れを起こします。

皮膚の炎症によって、肌内部の毛細血管が拡張することで、さらに「赤み」が増して見えるようになります。

慢性の炎症はシミやシワの肌老化の原因になる

顔の炎症が慢性化すると、炎症による刺激で、肌に色素沈着が起きてシミが出来る原因になります。蚊に刺されたり、つぶしたニキビ、怪我の跡が茶色くシミになっているのと同じ原因です。

さらに、慢性化した炎症の部分からは、活性酸素が生まれます。この活性酸素によって、肌の細胞が傷つけられ、皮脂膜や角質層を荒れた状態にして、皮膚の老化の原因になります。

皮膚が老化することで、肌の潤いやハリが損なわれると、シワも出来やすい肌になってしまいます。お肌のお手入れで顔の皮膚の炎症を抑えるのが大切です。

生活習慣やお肌のターンオーバーの乱れも注意

仕事や勉強で不規則な生活をして、ストレス、睡眠、食事などの生活習慣が乱れることで、肌が生まれ変わる周期のターンオーバーが乱れる事があります。

このようなお肌のターンオーバーが崩れることによって、敏感肌や乾燥肌になる事で、外部からの刺激に弱くなり皮膚の炎症を引き起こす原因になる事もあります。

スキンケアの方法に間違えがあるのか?と疑うのと同時に、日々の生活習慣が乱れていないか?と言った点もお肌のお手入れでは重要です。

顔の炎症の治し方

ここでは、お肌おお手入れや生活習慣を見直すことで、顔の炎症の治し方を紹介します。

肌の炎症・赤みが起こる原因とは?何が足りないのか?

顔の皮膚の炎症や赤みを治す為には、肌のバリア機能を取り戻す必要があります。肌の炎症や毛穴の炎症、ニキビの炎症という症状は、肌のバリア機能が低下しているのが問題です。

では、なぜ、肌のバリア機能が低下するかと言うと、それは、肌内部の水分保持力(肌の潤い)が低下している為です。

肌に潤いがあると、外からの刺激にも耐えることが出来るので、肌のバリア機能が働いている状態です。この為、肌の炎症や赤みを治す為には、肌内部の水分保持力が維持できるようにシッカリと保湿を行うお肌のお手入れを行う必要があります。

皮膚の炎症が治まるまでは刺激を控える

肌のバリア機能をアップさせるためには、まずは、今まで使っていた刺激の強い化粧品の使用を控え、叩いたり、擦ったり、強いマッサージも止めて、まずは、余計な刺激を肌に与えないようにします。

その上で、肌に優しいスキンケア化粧品を使うのがオススメです。もしも、いちじるしく皮膚のバリア機能が低下しすぎている場合は、洗顔料やクレンジングを毎日使わずに、水での洗顔のみにするお肌のお手入れをする必要があるケースもあります。

保湿方法を工夫する

保湿をする為には、肌に水分を与えて、フタをするというのが、基本的に多くの人に知られている方法だと思います。

肌が荒れている場合には、化粧水などで水分や栄養を与えた後に、皮膚表面に乳液やクリームを塗ることも大切です。

さらに、保湿効果をシッカリと維持する為には、肌の水分保持力を根本的にアップすることが出来るお肌のお手入れの方法も併用するのがオススメです。

肌が保持できる水分量をアップする方法

化粧水をいくら肌につけても、肌自体が吸収できる水分量には限界があります。限界以上に化粧水をつけていると、逆に肌がふやけて水分や潤いを失う結果になります。

その為、肌に潤いを与える為には、肌本来の保持できる水分量もアップする必要があります。そのようなお肌のお手入れを目指したスキンケアが大切です。

お肌の潤いは、セワミドがポイント

肌の水分量を増やすことが出来るのがセラミドという成分です。セラミドは、肌に元々あるもので、水分を囲い込んで維持してくれる働きがあります。

しかし、年齢の経過や肌の状態で、肌内部のセラミドの量が減っている場合があります。この為、化粧水や美容液をセワミド配合のモノを使うことで、肌が保持できる水分量を増やすのも有効的な方法です。

このように、皮膚の水分量を増やして、潤いを保つことで、肌荒れや顔の皮膚の炎症を抑えて治す効果が期待できます。お肌のお手入れにひと工夫しましょう。
 

●セラミド配合で、完全無添加、防腐剤不使用の化粧水を使ってみました。
赤ら顔に効く化粧水ウルウ(ULU)【体験レビュー】成分や口コミ効果は?

 

生活習慣や食習慣の見直しも大切

間違ったスキンケアでお肌のお手入れをしているのが原因で、顔の炎症や赤みが起こっていたとしても、スキンケアを見直すだけでは万全ではありません。

皮膚は、お肌のターンオーバーによって作り変えられます。その為、皮膚の炎症や赤みを抑えることが出来ても、肌を綺麗に戻す為には時間がかかります。早くキレイな肌を取り戻したい場合には、お肌のターンオーバーを正常に保つ必要があります。
 
お肌のターンオーバーを正常に保つことで、1日でも早く、綺麗な肌を取り戻しやすくなります。その為には、ストレスを防ぐ、食生活のバランスを取る、睡眠を十分に取る、適度の運動をするなどの生活習慣を見直す事が大切です。

食事で摂ったモノによって人間の皮膚は出来ているので食べ物は重要です。さらに、皮膚を綺麗に作りかえる為には、過度なストレスや睡眠不足など身体に悪いことを避けてスムーズに綺麗な皮膚が作られる環境づくり(生活習慣)が大切です。
 

まとめ

顔の炎症や、炎症ニキビ、毛穴の炎症などの肌の炎症や赤みを抑える為には、まずは、間違ったスキンケアやお肌のお手入れを見直して、炎症や赤み、肌荒れが出来る原因を取り除き、適正なスキンケアや生活習慣で治し方を模索して治すのがポイントです。