顔の肌の黄くすみは、なぜ、出来てしまうのでしょうか?黄くすみができる原因と、顔の黄くすみを取る方法をまとめて紹介します。

黄くすみは、年齢の経過とともに出来やすいくすみです。通常の他のくすみとは違い、美白化粧品を使って、美白していても、黄くすみを起こす可能性があります。

これは、黄くすみとは、「肌が黄色くくすむ」と言った状態になるので、通常のシミが出来る原因である紫外線や刺激によるメラニン色素による色素沈着が原因とは違います。

このような特殊なくすみである「黄くすみ」の原因と黄くすみを取る方法をまとめたので参考になればと思います。

目次を紹介する女性と↓のイラスト
スポンサーリンク

「黄くすみ」の危険性とは!?

「黄くすみ」が出来る原因は、他のシミやくすみとは、直接的な原因が違います。この為、通常、シミやくすみが増えるのは、30代の後半から40代の前半以降に目立ちはじめるのに対して、黄くすみは、20代後半から出来る場合もあります。

この為、シミやくすみとは無縁な20代の人でも注意する必要があります。

「黄くすみ」が出来るとどうなるのか!?

「黄くすみ」が出来ると、見た目は、肌がくすんでしまい、透明感が無くなってきます。

さらに、20代後半と若い肌の人でも、硬化して肌の柔軟性が無くなってきます。また、黄くすみの特徴は、化粧で隠すのが難しいので、若くても老け顔に見えるので注意が必要です。

この為、若い時から、早めにスキンケアや改善、対策、予防などを行っておくと安心です。

「黄くすみ」の原因は、「糖化」

黄くすみができる原因は、

  • カルボニン化
  • 糖化
  • 血行不良
  • 紫外線ダメージ
  • 疲労
  • ストレス

 
特に、「黄くすみ」は、「カルボニン化」と「糖化」と言った2つは、体内に蓄積されて、肌全体を黄色くして老化を促進させるので、通常のシミやくすみと比べると改善しにくいのでが特徴です。

「糖化」で黄くすみができる原因とは?

糖化で「くすみ」ができる原因は、食事で摂った糖と体内のタンパク質が結び付いて出来る事があります。

血液中に当分が余計にあると、糖と結びついて「糖化生成物」と言った老化を促進させる物質が出来ます。

「糖化」を起こしているのか?チェック方法

肌が「糖化」しているか?確認する方法は、病院での血液検査を行うことで、簡単に調べることが出来ます。

とは言っても、病院にワザワザ行くのは大変なので、下記に参考程度に「糖化」しているのかのチェック方法を紹介します。

    「糖化」のチェック方法
  • 甘いモノが好きでよく食べている
  • 野菜はあまり食べない
  • 肌の柔らかさがなく硬くなってきた
  • 美白化粧品を使っても改善されない
  • 肌のハリがなくなってきた
  • 肌が弾力を失ってきた
  • 肌全体が黄色くくすんできた

 
上記の一覧に該当するモノがあれば、肌が糖化している可能性があります。放置していると「黄くすみ」が出来る可能性があるので注意しが必要です。

早めに、糖化の予防や改善方法を実践すると良いです。

「糖化」の改善方法・予防方法

糖化による「黄くすみ」を予防する為には、甘いモノ、炭水化物などを食べ過ぎないことが大切です。また、白砂糖や白米、小麦粉など、精製された白いモノを控えて、食事は、野菜から食べるなど、血糖値が上がらないように注意するのも大切です。

体内からの酸化を予防するのも効果的

糖化を予防する為には、抗酸化対策が期待できるビタミンCやポリフェノールなどを意識して摂っておくと良いです。

「カルボニン化」で黄くすみができる原因とは?

カルボニン化による「くすみ」が出来る原因は、皮膚の真皮にあるタンパク質が黄色く変性する為です。この黄色く変性することを「カルボニン化」と言います。

肌にあるタンパク質が黄色く変性する原因は、皮膚の真皮部分にあるタンパク質と脂質の分配物が結合する為です。

カルボニン化は紫外線対策も重要

カルボニン化の原因となる脂質の分解物は、紫外線を浴びると増えるので、くすみやシミ対策と同じように紫外線対策、UV対策で予防することが出来ます。

特に、カルボニン化は、皮膚の表面の皮脂が、紫外線を浴びて酸化する事で起こります。その為、紫外線対策を行いつつ、ビタミンC誘導体などを含む化粧水を使うことで、皮脂の分泌を抑制できる化粧品を活用するのも良いです。

カルボニン化の予防方法

カルボニン化を予防する場合には、カルボニン化が起こりやすい原因を避ける必要があります。具体的には、上記で説明した紫外線によるダメージ以外にも喫煙、ストレス、環境汚染物質、栄養バランス、加齢による鉄分の蓄積なども注意が必要です。

「血行不良」で黄くすみができる原因とは?

黄くすみに限った事ではありませんが、血行不良になると、肌の新陳代謝が悪くなり、新しい肌細胞が出来にくくなるので、肌のくすみが出来やすくなります。

血行不良を改善する為には、適度な有酸素運動を週に数回、1度に30分以上行いつつ、毎日、半身浴で20分を習慣にすることで、お肌のターンオーバーを促進させることが出来るので、新しくキレイなお肌にすることが出来ます。

「紫外線ダメージ」で黄くすみができる原因とは?

すでに説明している通りに、紫外線のダメージは、黄くすみができる原因になります。紫外線対策は必須です。春から夏にかけては、紫外線を意識する人は多いですが、秋から冬にかけては、紫外線対策がおろそかになる人が多いです。

この為、紫外線対策は、冬でも行う事で、「黄くすみ」の予防につながります。手軽に紫外線対策をしつつ、黄くすみを隠す為には、BBクリームを利用すると一年中、UV対策も出来て安心です。

「疲労・ストレス」で黄くすみができる原因とは?

疲労とストレスは、カルボニン化を促進すると言われています。この為、黄くすみを予防する為には、ストレスを溜めない生活を心がけ、十分に睡眠をとる必要があります。

ストレスは、自律神経のバランスを狂わせるので、お肌のターンオーバーを遅らせるこことがあります。また、睡眠中には、成長ホルモンの分泌が活発になり、肌や髪などの成長を促進するので、肌細胞の生成を活発にするので、美肌を目指すことが出来ます。

まとめ

黄くすみを改善、予防する為には、まずは、睡眠を十分にとり、ストレスを溜めずに、適度な有酸素運動、半身浴で、新陳代謝を改善するのが基本になります。

そのうえで、食習慣を気を付けて、「糖化」と「カルボニル化」を促進する食べ物を食べないように注意しつつ、ビタミンC、ポリフェノールなどの抗酸化物質を食事で摂ると良いです。

さらに、肌の黄くすみ取る方法としては、抗酸化物質を化粧品で補って、抗酸化ケアを行うのも効果的だと言われています。