牡蠣は、栄養豊富でありながら、低カロリーなエナジーフードです。

そんな栄養豊富な牡蠣について、


  • 牡蠣は、どんな栄養成分があるのか?
  • 牡蠣を食べると、どんな効果、効能があるのか?
  • 良い食べ合わせ、悪い食べ合わせとは?
  • 美味しい旬はいつか?
  • 食中毒の原因と対処方法とは?
  • 美味しい牡蠣の選び方とは?
  • 加熱用と生食用の違いは?
  • 牡蠣の美味しい食べ方・レシピとは?

 
などの事が知りたいと思ったら、このページが最適です。
 
このページでは、牡蠣のエキスには、「どのような栄養成分があるのか?」、「どんな効果、効能があるのか?」と言った基本的なことから、栄養効果を高める食べ合わせ注意すべき食べ合わせ牡蠣の美味しい旬の時期食中毒の原因と対処方法美味しい牡蠣の選び方生食用と加熱用の違いオススメな食べ方、レシピについて紹介します。

 

 
牡蠣の栄養や効果効能をはじめ、牡蠣に関する様々な情報を沢山集めています

掲載情報が多いので、下記の目次から気になる項目にジャンプしてチェックしてください。



目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

牡蠣は、美味しく、健康に良いエナジーフード

牡蠣の写真

牡蠣は、「海のミルク」、「海の完全食品」と言われるぐらい、低脂肪、高タンパク質でありながら、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸などの健康や美容、アンチエイジングに効果が期待できる成分が豊富に含まれています。
さらに、牡蠣は、食べると、口いっぱいに磯の香が広がり、奥深いうま味が、人気の秘訣の食べ物です。生牡蠣、焼き牡蠣、カキフライ、牡蠣鍋など、色々と美味しい食べ方があります。

牡蠣には、グリコーゲンやタウリン、ミネラル、亜鉛、必須アミノ酸など、健康増進や美容、疲労回復、生活習慣病の予防など、様々な効果が期待できます。

牡蠣の代表的な栄養成分と効果とは?

牡蠣の代表的な栄養成分は何か考える女性の写真

牡蠣には、人体に欠かせない栄養が豊富に含まれています。特に亜鉛やタウリンが突出していると言われています。もちろん、ミネラル、ビタミン、タンパク質など他の栄養成分も豊富です。

まずは、ここでは、牡蠣の代表的な栄養成分の効果、効能を詳しく紹介します。その他の牡蠣の栄養素については、さらに下の方で一覧として紹介しています。

 
特に、ここで紹介する牡蠣の代表的な栄養成分として、

  • 亜鉛
  • グリコーゲン
  • タウリン
  • ミネラル
  • アミノ酸
  • カルシウム
  • ビタミン類
と言ったようなモノを詳しく紹介します。

 
それぞれの栄養成分の効果効能については、下記の通りです。
 

亜鉛

亜鉛は、体内の200種類以上の酵素の合成に必須のミネラルです。亜鉛が酵素の合成に使われる事によって、新しく細胞を作る時の新陳代謝い関係しています。

この為、亜鉛は、体内の細胞を新しく作る時の新陳代謝に関係している必要不可欠な栄養成分です。新しく細胞を作るのに効果が期待できるので、健康だけではなく、お肌や髪の美容面でも摂りたい栄養成分です。

亜鉛の効果、効能とは?

 
具体的な亜鉛の効果、効能としては、

  • 細胞作製の新陳代謝を良くする
  • 味覚の正常化
  • 抗酸化作用・免疫力の向上
  • 生殖機能の向上
  • 美肌効果
  • 美髪効果
  • 育毛効果
と言ったような効果、効能が期待できます。

 
上記のような効果が期待したい場合には、牡蠣で亜鉛を意識して摂取すると良いです。

亜鉛の過剰摂取の注意点

亜鉛の注意点は、過剰摂取です。もしも、亜鉛を1日に2g以上摂ると急性中毒を起こす可能性があります。

たたし、食品から亜鉛を摂取した場合には、亜鉛を摂り過ぎるという事は、あまりないので気にするほどではないと思います。

もしも、亜鉛を濃縮した加工食品、サプリメントなどで、摂取する場合には、過剰摂取にならないように注意する必要があります。

何個食べると1日に必要な亜鉛が摂取出来るか?

牡蠣を食べて亜鉛の効果で、健康や美容に良い効果があるのは分かったと思います。

では、実際に、牡蠣を食べて亜鉛を摂取する場合に、牡蠣を何個食べると、1日に必要な量が取れるのでしょうか?

 
具体的な亜鉛の1日に必要な摂取量とは、

  • 成人男性10mg~12mg
  • 成人女性9mg~10mg
  • 14歳~18歳(男性)11mg
  • 14歳~18歳(女性)9mg
  • 9歳~13歳(男女)8mg
  • 4歳~8歳(男女)5mg
  • 生後7~3歳(男女)3mg
  • 生後半年まで(男女)2mg
  • 妊婦11mg
  • 授乳期12mg
と言った摂取量が適正だと言われています。

 
上記の年齢、性別による亜鉛の1日摂取量を参考に、牡蠣を食べると良いです。

牡蠣1個に含まれる亜鉛の量

牡蠣には、亜鉛が豊富に含まれています。

実際には、牡蠣の大きさによっての違いはありますが、基本的な牡蠣1個に含まれる亜鉛の量は、2mg程度だと言われています。

この為、牡蠣を5個~6個食べると、1日の亜鉛の必要量が摂れると言うこといなります。

亜鉛が不足するとどうなるのか?

亜鉛は、摂り過ぎると中毒症状を起こしますが、不足した場合にも、カラダに良くありません。

 
具体的に、亜鉛が不足した場合には、

  • 味覚障害
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 脱毛
  • 傷口の治りが悪い
  • 子供の発育不良
  • 免疫力の低下
  • うつ
  • 味覚異常
  • 嗅覚異常
と言ったような症状が起こる可能性があります。

 
上記の通り、亜鉛が不足すると、色々とカラダに不具合を起こす可能性があります。特に、ダイエット中で、食べ物制限をしている人は、亜鉛不足には注意する必要があります


 

グリコーゲン

牡蠣には、グリコーゲンという栄養成分も豊富に含まれています。グリコーゲンは、牡蠣のほとんどの糖質は、グリコーゲンですが、その効果は、肝臓に蓄積しておき、必要に応じて効率的にエネルギーに変えて使えると言うモノです。

 
この他のグリコーゲンの効果、効能としては、

  • 肝臓の働きを助ける
  • 肝機能を強化する
  • 血液中の糖度調節
  • 筋肉の働きを活性化する
  • 脳の働きを活発にする
  • 牡蠣の独特のうま味の元
  • 疲労回復効果
  • 滋養強壮
  • 糖尿病の予防
と言ったような点が有名です。

 
基本的に、グリコーゲンは、まずは、肝臓に蓄積されます。そして、体内のエネルギーが不足して、補充が必要になったら、グリコーゲンを糖に変換して血液中の糖度の調整をするのに使います。

このように、肝臓に貯めたグリコーゲンを、糖質に変えてエネルギーに変えることで、肝機能を向上させて、疲労回復や滋養強壮、筋肉や脳の働きを活性化させています

 

鉄分

牡蠣には、鉄分として、体内への吸収率が比較的に良い「ヘム鉄」が多く含まれています。牡蠣に含まれるヘム鉄の分量は、100g中に1.9mgと、他の食品と比べても多い方です。

 
一般的な鉄分の効果、効能としては、

  • 貧血対策
  • 造血作用
  • 体温を維持する報恩効果
  • 冷え性対策
  • 動悸、息切れ対策
  • だるさ予防
  • 免疫機能の維持
  • 活性酸素の除去
  • 美肌効果
と言ったような効果が期待できます。

 
基本的に、鉄分は、体内で血液を作るのに使われるので貧血対策、貧血予防として必要だと言うことは有名です。

血液がシッカリと体内で作ることが出来ると、全身の細胞に血液を通じて、酸素と栄養を送ることが出来るので、体温維持、免疫機能の維持、美肌効果など、様々な効果が期待できます

 

タウリン

牡蠣には、タウリンという栄養成分も多く含まれています。タウリンと言えば「栄養ドリンク」などに含まれている事でも有名ですが、基本的に「元気になる」栄養成分です。

タウリンは、牡蠣の中では、ヌルヌルした成分に含まれています。

 
具体的なタウリンの効果、効能としては、

  • 肝機能を高める
  • 肝臓内でアルコールの分解を助ける
  • 乳酸の増加を抑える
  • 疲労回復
  • スタミナ増強
  • 滋養強壮
  • 脂肪の消化、吸収をスムーズにする
  • 生活習慣病の予防
  • 脂肪肝予防
  • 胆汁酸の分泌を促しコレステロールの上昇を抑える
  • 肝臓内の中性脂肪を減らす
  • 高血圧予防
  • ストレス解消
  • 眼精疲労の回復
  • 視力の衰え回復
  • 脳下垂体ホルモンの分泌を活発にする
  • 神経系統の不調を改善する
と言ったような特徴があります。

 
タウリンは、脳や筋肉、臓器など、人間のカラダのほとんどの部分に存在しており、特に肝臓の働きを高める効果が期待できます
この為、肝臓の主な働きである「代謝」、「解毒」、「胆汁の生成」と言った働きが行いやすくなります。その結果、疲労回復、滋養強壮、生活習慣病の予防、などへの効果が期待できます。
 
特にタウリンは、肝臓の働きを良くするので、お酒をよく飲む人、薬や食品添加物などを摂っている人は、毒素を無毒化して体外に排出するので、意識して摂りたい栄養成分です。

ただし、タウリンは、水溶性の栄養成分です。この為、牡蠣鍋などで、タウリンを摂取する場合には、お汁も積極的に飲まないと、タウリンの摂取ができないので注意が必要です。

 

ミネラル

牡蠣には、ミネラルが豊富に含まれています。例えば、牡蠣には、亜鉛、カルシウム、メぐネシウム、コバルト、ヨードと言ったような数多くのミネラルが含まれています

ミネラルは、カラダを動かす為のエネルギーとして使うことは出来ません。

 
しかし、ミネラルの効果、効能としては、

  • 身体の働きを正常に保つ
  • エネルギーを作るのに必要
と言った事に使われています。

 
この為、ミネラルが不足すると、身体に変調をきたすので、人間の身体にとって、非常に大切な栄養成分です。

 

アミノ酸

牡蠣には、複数のアミノ酸が含まれています。アミノ酸は、人間のカラダを作り、維持するためには必須な栄養成分です。特に、牡蠣には、体内では作ることが出来ない必須アミノ酸を中心に18種類も含まれています

 
基本的なアミノ酸の効果、効能としては、

  • 骨や筋肉、内臓の材料
  • 身体の機能を高める
  • 運動能力のアップ
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • 免疫力のアップ
  • 集中力アップ
  • 遺伝子、卵子、精子の源
  • 肝機能を高める
と言ったような様々な事に使われています。

 
牡蠣に含まれているアミノ酸としては、アルギニン、アラニン、グリシン、セリン、トリプトファン、ロイシン、リジンなどの数多くが含まれているので、それぞれ個別のアミノ酸の効果が期待できます。

 

カルシウム

牡蠣は、海のミルクと言われますが、牛乳のようにカルシウムを多く含んでいます。カルシウムと言えば、骨を作る、イライラ解消と言った効果、効能が有名です。

 
具体的なカルシウムの効果、効能としては、

  • 骨を丈夫にする
  • 骨粗しょう症の予防
  • 筋肉の働きを良くする
  • 血行をよくする
  • 血圧を正常にする
  • 精神的に安定させる
  • イライラの予防
と言ったような点が特徴です。

 
特に、牡蠣に含まれているカルシウムは、良質なカルシウムなので、ストレスを緩和する効果が期待できます。

もしも、カルシウムが不足すると、骨からカルシウムが溶け出します。骨が溶け出すと、骨格のバランスがおかしくなり、筋肉の不調につながり、精神的にも不安定になり、イライラします。

 
牡蠣はカルシウムが吸収しやすい
カルシウムを体内に取り込み、骨にするためには、マグネシウムが必要です。カルシウムをいくら多く摂っても、マグネシウムが不足すると骨に吸収できません。

牡蠣には、カルシウムはもちろんですが、マグネシウムも含まれているので、カルシウムが吸収しやすい栄養成分が含まれています。

 

ビタミン類

牡蠣には、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、パントテン酸、ビオチン、葉酸などの数多くのビタミンが含まれています。

ビタミンは、それぞれ、個別に働き、効果に違いがありますが、ビタミン類、全体での働きとしては、体内の様々な機能の調整して、生命活動をするために働いています

特に、ビタミン類は、体内で作ることが出来ないので、食事から取る必要があります。牡蠣には、数多くのビタミンが含まれているので、効果的にビタミンの補充ができます。

牡蠣の栄養成分を一覧で紹介

牡蠣が一覧で並んでいる写真
牡蠣の栄養成分は、特に『亜鉛』、『タウリン』を多く含んでいる事で有名です。

この他にもミネラル、アミノ酸、グリコーゲン、タンパク質など、他にも色々と健康に良い栄養成分が含まれています。

牡蠣の栄養成分が優秀な秘訣

特に、牡蠣に栄養が豊富に含まれているんは、その

 

例えば、牡蠣100グラム中には、

  • 亜鉛:全量
  • リン:全量
  • タンパク質:3分の2
  • カルシウム:3分の1
  • 鉄分:4倍
  • ヨード:4倍
  • と言った様に栄養が豊富に含まれている事が分かります。

     
    もちろん、上記以外にもビタミン、葉酸、マグネシウム、カリウムなども豊富に含まれています。詳しくは、下記で一覧で牡蠣の栄養について紹介します。
     

    牡蠣のカロリーは!?

    牡蠣は、栄養豊富だと、同時に、カロリーも高いのではないか?と思われがちです。

     
    しかし、実際に、牡蠣のカロリーは、

    • 牡蠣1個(20g)12kcal
    と以外にもカロリーが少ないです。

     
    例えば、カロリー比較では、牡蠣6個分で、Mサイズ生卵1個分と言ったように、他の食品と比較すると牡蠣のカロリーの低さが分かると思います。

     

    牡蠣の栄養成分一覧

    実際に、牡蠣には、どれくらいの栄養成分が入っているのかを紹介します。

     
    具体的な牡蠣に含まれる栄養としては、

    • カロリー
    • 三大栄養素
    • ビタミン類
    • ミネラル類
    • アミノ酸
    • 脂肪酸
    に分類して紹介します。

     
    ここでは、むき牡蠣、100グラム当たりの栄養成分の量で紹介します。

    なお、むき牡蠣1個当たり20グラムと考えて、100グラムとは、むき牡蠣5個分に相当します。

     

    牡蠣のカロリー・三大栄養素

    ここでは、牡蠣のカロリーと三大栄養素の量を紹介します。

     
    牡蠣のカロリー三大栄養素は、

    • カロリー:60kcal
    • タンパク質:6.6g
    • 脂質:1.4g
    • 炭水化物:4.7g
    となっています。

     
    上記の通り、牡蠣の基本的な栄養としては、カロリーが控えめで、タンパク質が多く含まれています。

     

    ビタミン類

    ここでは、牡蠣に含まれるビタミン類の種類と分量を紹介します。ここでは、牡蠣100g当たりのビタミン類の分量を紹介します。

     
    具体的に牡蠣に含まれるビタミン類の種類と量としては、
    • ビタミンA:22μg
    • ⇒活性酸素の除去、美肌、目の保護、動脈硬化や癌の予防

    • ビタミンB1:0.05mg
    • ⇒疲労回復効果、免疫アップ、脳や神経の働き促進

    • ビタミンB2:0.15mg
    • ⇒脂質の燃焼、ダイエット効果、生活習慣病の予防や改善、成長促進

    • ビタミンB6:0.1mg
    • ⇒脂肪肝、動脈硬化の予防、月経前症候群(PMS)やつわりの症状の緩和

    • ビタミンB12:28.1μg
    • ⇒貧血予防、睡眠促進、脳細胞の活性化でアルツハイマー予防

    • ビタミンC:3.0mg
    • ⇒抗酸化作用、老化や病気予防、美白や美肌効果、ニキビ予防、免疫アップ

    • ビタミンE:1.2mg
    • ⇒老化予防、生活習慣病の予防と改善、血流改善、美肌効果

    • ナイアシン:1.4mg
    • ⇒血行促進、皮膚や粘膜の健康を守る、二日酔い予防、アレルギー緩和

    • パントテン酸:0.6mg
    • ⇒ストレスの緩和、美肌効果、コレステロール対策、免疫アップ

    • ビオチン:4.5μg
    • ⇒エネルギーを効率良く作る、皮膚の炎症予防、爪や髪を丈夫にする

    • 葉酸:40μg
    • ⇒妊娠対策、成長促進、血行促進、貧血や動脈硬化の予防、脳の機能改善

    と言ったビタミン類が含まれています。

     
    以上の通り、牡蠣には、様々なビタミン類が豊富に含まれています。

     

    ミネラル類

    ここでは、牡蠣に含まれるミネラル類の種類と分量を紹介します

     
    具体的な牡蠣に含まれるミネラル類の種類と分量は、
    • 亜鉛:13.2mg
    • ⇒代謝の促進、成長促進、味覚を正常に保つ、抜け毛や二日酔いの予防

    • :1.9mg
    • ⇒貧血予防、疲労回復

    • :0.9mg
    • ⇒貧血予防、免疫力を上げ、動脈硬化の予防、成長促進

    • カリウム:190mg
    • ⇒腎臓の老廃物の排泄、高血圧、むくみ対策

    • カルシウム:88mg
    • ⇒骨や歯を作り骨粗しょう症の予防、ストレスをやわらげる

    • クロム:4.0μg
    • ⇒高血圧や動脈硬化、糖尿病の予防

    • セレン:48μg
    • ⇒発ガンの抑制、病気や老化から体を守る

    • ナトリウム:520mg
    • ⇒血圧の調整、日射病予防

    • ヨウ素(ヨード):73μg
    • ⇒基礎代謝アップ、成長促進

    • マグネシウム:74mg
    • ⇒骨を作るのに必要、高血圧や心疾患の予防、精神安定

    • マンガン:0.4mg
    • ⇒骨粗しょう症の予防、酵素の働きの補助

    • モリブデン:4.0μg
    • ⇒代謝促進、デトックス、血液の生成を助ける、尿酸の抑制

    • リン:100mg
    • ⇒骨や歯を作る主成分の1つ、筋肉や神経を正常に保つ

    と言ったミネラルが含まれています。

     
    上記は、牡蠣100グラム当たりに含まれるミネラル類の分量です。

     

    アミノ酸

    アミノ酸がどれくらの種類、分量が牡蠣に含まれているか紹介します。

     
    実際に、牡蠣に含まれるアミノ酸の種類と分量は、

    • アスパラギン酸:580mg
    • ⇒疲労回復、体調を整える、アンモニアの解毒、スキンケア効果

    • アラニン:360mg
    • ⇒肝機能の改善、スキンケア効果、二日酔い予防

    • アルギニン:340mg
    • ⇒成長ホルモンの分泌を促進、血流改善、免疫アップ、アンモニア解毒、スキンケアやダイエット効果

    • アンモニア:130mg
    • ⇒体にとって有害、オルニチンと結合してシトルリンと言うアミノ酸になる

    • イソロイシン:220mg
    • ⇒疲労回復、肝機能を竹丸糖尿病の予防、成長促進、筋肉の修復、神経を正常に保つ

    • グリシン:370mg
    • ⇒睡眠効果、寝起きを良くする、抗うつ効果、美肌効果、

    • グルタミン酸:850mg
    • ⇒リラックス成分のGABA(ギャバ)を生成、脳の機能活性、アンモニアの解毒、尿の排出促進

    • スレオニン(トレオニン):260mg
    • ⇒脂肪肝の予防、胃炎の改善、成長促進、美肌効果、髪への潤いを保持する効果

    • セリン:250mg
    • ⇒美肌効果、美白効果、睡眠促進、健康な脳を維持、アルツハイマー予防

    • トリプトファン:58mg
    • ⇒神経伝達物質のセロトニンをつくる原料、不眠解消、鎮静効果、精神安定、アンチエイジング効果

    • バリン:250mg
    • ⇒肝硬変の改善、筋肉の作成と修復、美肌効果、血液中の窒素バランスの調整

    • ヒスチジン:130mg
    • ⇒食欲抑制、ダイエット効果のあるヒスタミンを作る、心身のバランスと整える

    • プロリン:290mg
    • ⇒脂肪燃焼、関節痛の改善、切り傷の回復に有効、美肌効果

    • リジン(リシン):400mg
    • ⇒疲労回復、集中力や肝機能アップ、ヘルペス予防、育毛対策、脳卒中の発症抑制

    • ロイシン:370mg
    • ⇒筋肉の成長促進、ストレスの緩和、肝機能アップ、育毛効果

    • 含硫アミノ酸:220mg
    • ⇒デトックス効果、活性酸素から体を守る、肌のターンオーバーの促進、シミやくすみ予防、肌や髪、爪を強くする

    • 芳香族アミノ酸:410mg
    • ⇒うつ病の改善、リラックス効果、脳の神経伝達物質の材料

    と言った感じに、色々なアミノ酸が豊富に含まれています。

     
    上記のアミノ酸のそれぞれの分量は、牡蠣100g当たりの分量になります。

     

    脂肪酸

    牡蠣に含まれる脂肪酸の種類を紹介します。それぞれの脂肪酸の含まれる量は、牡蠣100グラム当たりに含まれる分量で紹介します。

     
    具体的に、牡蠣に含まれる脂肪酸の分量と種類は、
    • 飽和脂肪酸:0.25g
    • ⇒エネルギーの生成、脂肪の蓄積抑制、脳出血の予防、コレステロール値を上げる

    • 一価不飽和脂肪酸:0.2g
    • ⇒悪玉コレステロールを減らす、善玉コレステロールお維持、動脈硬化予防

    • オレイン酸:83mg
    • ⇒血液中の悪玉コレステロールの値を下げる、循環器系の疾患のリスクを下げる

    • 多価不飽和脂肪酸:0.3g
    • ⇒過酸化脂質の発生を予防、悪玉コレステロールの抑制

    • n-3系α-リノレン酸:9.0mg
    • ⇒血流改善、血栓予防、老化予防、アレルギーやガン、高血圧の予防

    • n-3系イコサテトラエン酸:29mg
    • ⇒神経細胞の育成、ダイエット効果、脂肪がカラダに蓄積するのを予防

    • n-3系イコサペンタエン酸:120mg
    • ⇒生活習慣病の予防と改善、精神安定、炎症抑制、感染症の予防、アレルギー症状の緩和

    • n-3系オクタデカテトラエン酸:45mg
    • ⇒アレルギーのかゆみを抑える、血流や代謝の促進、コレステロールの低下、冷え症や肌荒れ、むくみ改善

    • n-3系ドコサヘキサエン酸(DHA):71mg
    • ⇒血流改善、精神安定、記憶力や判断力のアップ、アルツハイマー対策、視力回復

    • n-3系ドコサペンタエン酸(DPA):7.0mg
    • ⇒血液をサラサラにする、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの生活習慣病の予防

    • n-3系多価不飽和:0.3g
    • ⇒生活習慣病の予防、血液中の中性脂肪を下げる、不整脈の予防、血液サラサラ効果

    • n-6系多価不飽和:0.05g
    • ⇒悪玉コレステロールを減らす、動脈硬化、高血圧を予防する効果

    • n-6系アラキドン酸:12mg
    • ⇒免疫機能のアップ、記憶力や学習力のアップ、コレステロール値を下げる、高血圧予防

    • n-6系イコサジエン酸:3.0mg
    • ⇒肌荒れ対策、紫外線対策、炎症物質の育成を抑制、生理のイライラ対策、生理痛を和らげる

    • n-6系イコサトリエン酸(エイコサトリエン酸):5mg
    • ⇒脳や内臓、皮膚などの細胞に含まれているリン脂質の材料、妊婦対策

    • n-6系リノール酸:18mg
    • ⇒コレステロールを減らす、血圧や血糖値を下げる、肌の保湿、老化防止、スキンケア効果

    と言ったような感じになります。

     
    以上のように、牡蠣には、数多くの脂肪酸が含まれています。

    牡蠣の悩み別で期待できる効果・効能

    牡蠣の悩み別に効果、効能が期待できる内容を紹介する女性の写真
    牡蠣には、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、脂肪酸など、数多くの栄養成分が含まれています。ここでは、悩み別で、牡蠣に期待できる効果、効能にちて紹介します。

     
    ここででは、悩み別の牡蠣の効果、効能としては、

    • 二日酔い対策:肝機能
    • 貧血予防:造血作用
    • のど、鼻の不調や風邪を予防・改善
    • 花粉症対策
    • 免疫強化
    • 精神安定
    • 冷え性予防
    • 育毛効果
    • 美肌効果
    • 精力増強
    • 疲労回復・スタミナ回復
    • 動脈硬化の予防
    • 肝臓病、脂肪肝の予防
    • 心臓病の予防
    • 生活習慣病の予防
    と言ったような点について説明します。

     
    それぞれの悩みについての牡蠣の効果、効能については、下記で個別に紹介します。

     

    二日酔い対策:肝機能

    お酒などのアルコールを良く飲む人、二日酔いの対策をしたい人には、牡蠣は適した食べ物です。

    牡蠣に含まれているタウリンという成分は、肝機能を向上させて、アルコールを分解して、無毒化する役割を効率的に行えるようにします。この為、二日酔い予防にも効果が期待できます。

    この為、肝機能の向上によって、肝臓にかかる負担を軽減することが出来ます。

    貧血予防:造血作用

    牡蠣には、鉄分、ビタミンB12、銅、葉酸などの造血時に必要な成分が含まれています。特に鉄分は、体への吸収率が良いヘム鉄が含まれています。

    このように、牡蠣を食べる事で、体内で血液を作るのに必要な栄養が取れるので、血液が増える事によって、全身に送られる酸素や栄養が増すので、貧血予防の効果が期待できます。

    のど、鼻の不調や風邪を予防・改善

    牡蠣に含まれるビタミンAには、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。粘膜が強くなれば菌やウイルスへの対策ができて、風邪の予防効果が期待できます。

    また、のどの痛み、鼻水、鼻づまりなどの風邪の症状が出ている場合にも、ビタミンAの効果で予防や改善効果が期待できます。

    花粉症対策

    粘膜が弱ると、花粉などの影響が受けやすく、花粉の影響を受けやすくなります。この為、牡蠣に含まれるビタミンAによって粘膜を守ることで、花粉症対策の効果が期待できます。

    免疫強化

    牡蠣に含まれる亜鉛は、免疫細胞の働きを活性化させるので、風邪などの予防効果が期待できます。

    精神安定

    牡蠣に含まれているカルシウムは、精神安定を促す栄養成分なので、イライラしやすい時に食べると、ストレスの予防効果が期待できます。

    特に、牡蠣には、カルシウムの働きに必要なマグネシウムも含まれているので、カルシウムが効果を発揮しやすい栄養成分が整っています。

    冷え性予防

    冷え性の人は、牡蠣を食べると良いと言われます。牡蠣には、鉄分、銅などの血液を作るのに必要な栄養成分が含まれています。さらに、造血に必要なビタミンも複数含んでいるので、貧血予防や改善をすることで、冷え症の予防や対策になる事もあります。

    美肌効果

    美肌を目指したいなら牡蠣を食べると良いです。牡蠣は、亜鉛を豊富に含んでいます。この亜鉛には、細胞分裂を活性化する働きがあり、お肌のターンオーバーを正常にして、肌荒れ予防やアンチエイジング、シミ、くすみ、などの改善効果も期待できます。

    さらに、牡蠣には、亜鉛以外にも美肌を作るのに必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルも豊富に含まれているので、より美肌を生み出しやすい環境を整える効果が期待できます。

    精力増強

    牡蠣には、食品の中でもトップクラスの亜鉛が含まれています。この亜鉛は、男性ホルモンの合成にも関与していると言われており、精力増強効果が期待できます。この為、亜鉛は、セックスミネラルとも言われています。

    疲労回復・スタミナ回復

    牡蠣に含まれるタウリンは、身体の疲労回復の効果が期待できます。また、脳疲労や精神疲労の回復にも効果が期待できます。

    動脈硬化の予防

    牡蠣に含まれているリノール酸は、コレステロールの減少、細胞膜脂質の機能を守る役割、血糖値や血圧を下げる効果があるので、動脈硬化の予防が期待できます。

    肝臓病、脂肪肝の予防

    牡蠣に含まれるタウリンは、肝臓の機能の向上効果が期待できます。この為、牡蠣を食べると肝臓への負担を軽減させて肝臓病の予防効果も期待できます。

    また、牡蠣に含まれるタウリンには、肝臓内に溜まった中性脂肪を排出する効果があるので、脂肪肝の改善効果も期待できます。

    心臓病の予防

    牡蠣には、タウリンとEPAが含まれています。EPAは、血液をサラサラにしたり、血管を拡張する効果があります。また、タウリンは、血圧を下げたり、心臓の興奮を静める事が出来るので、心臓病の予防効果が期待できます。

    生活習慣病の予防

    牡蠣に含まれるタウリンは、肝臓から分泌される胆汁酸を増加させる効果があります。胆汁酸の効果は、血中コレステロールの代謝を改善する効果が期待できるので、生活習慣病の予防が期待できます。

    食べ合わせで、牡蠣の栄養効果を高める

    牡蠣の食べ合わせを考えた料理の写真

    牡蠣は、何と一緒に食べるのか?によって、その効果がアップしたり、逆によくない結果になる場合があります。

     
    ここでは、牡蠣の食べ合わせとして、

    • 相性の良い食べ合わせ食べ物
    • 相性の悪い食べ合わせ食べ物
    と言った2つの種類の食べ合わせについて紹介します。

     

    牡蠣との相性が良い食べ合わせとは?

    牡蠣との相性が良い食べ合わせを行うと、牡蠣の効果がさらにアップする事が出来ます。

     
    具体的な牡蠣と相性が良い食べ合わせとしては、

    • レモン:鉄分の吸収率アップ
    • トマト:疲労回復、高血圧予防、動脈硬化予防
    • チンゲン菜:高血圧の予防、動脈硬化の予防
    • ニンジン:高血圧、動脈硬化予防が期待できる
    • もやし:肝機能向上、血行促進
    • ほうれん草:造血作用、貧血の予防改善
    • ブロッコリー:アレルギー症状を抑える
    • 納豆:血行の促進、肝機能アップ
    • 鶏肉:血行促進、肝機能の向上
    • :肝機能のアップ、血行促進
    • 海老:スタミナの向上
    • イカ:スタミナ向上
    • タコ:スタミナアップ
    • しじみ:貧血の善、予防
    • はまぐり:貧血予防、貧血改善
    と言ったような食べ物が効果的です。

     
    牡蠣を食べる時は、上記のような、食べ合わせの相性が良いモノと意識して一緒に摂ると良いです。

     

    牡蠣の食べ合わせの相性が悪い食べ物とは?

    牡蠣を食べる場合には、食べ合わせが悪い食品というのも存在します。牡蠣を食べる時には、注意する必要がある食べ物を紹介します。

     
    牡蠣との食べ合わせの愛称が悪い食べ物としては、

    • 海藻:海藻の食物繊維が牡蠣の亜鉛が吸収されずに排泄される
    • ひじき:ひじきは、牡蠣の亜鉛の吸収を妨げます
    • 食物繊維が多い食べ物:食物繊維と引っ付いて亜鉛の吸収を妨げ排出する
    以上の通りになります。

     
    牡蠣を食べる時は、食物繊維の多い食べ物は避けた方が良いです。

    牡蠣の旬はいつなのか?

    カレンダーの写真

    牡蠣は、街のスーパーマーケットや飲食店に行けば1年中、目にすることが出来ますが、特に、美味しい牡蠣を食べたい場合には、旬に合わせて食べる必要があります。

     
    ここでは、牡蠣の旬の時期として、

    • 真牡蠣
    • 岩牡蠣
    の2種類の牡蠣について紹介します。

     
    下記に、真牡蠣と岩牡蠣の旬を個別に紹介します。
     

    真牡蠣の旬の時期とは?

    真牡蠣(まがき)が美味しく食べれる、牡蠣の旬の時期は、冬の寒い時期です。
    冬に牡蠣が美味しくなる理由は、牡蠣のうま味成分のグリコーゲンの含有量が増える時期です。

    岩牡蠣の旬の時期とは?

    岩牡蠣と言われ、別名で夏牡蠣と言われます。岩牡蠣の旬は、春から夏にかけてです。

    牡蠣の食中毒

    牡蠣の食中毒に苦しむ女性のイメージ写真

    牡蠣と言えば、どうしても食中毒がつきものです。この為、牡蠣好きなら、食中毒についての知識を持っておく必要があります。

     
    ここで紹介する牡蠣の食中毒については、

    • 牡蠣の食中毒の原因は何か?
    • 牡蠣による食中毒を予防する方法
    • 牡蠣で食中毒になった場合の対策
    と言ったような点について紹介します。

     
    具体的な牡蠣に関する食中毒については、下記で個別に紹介しいます。
     

    牡蠣の食中毒の原因は何か?

    牡蠣による食中毒と言えば、「生牡蠣」です。生牡蠣の食中毒の原因の多くが「ノロウイルス」と言われるSRSV(小型球形ウィルス)です。

    ノロウイルスは、海で牡蠣に入り込みます。牡蠣に入ったノロウイルスは増殖はしないので、海水にノロウイルスが入り込んだ海水が問題です。

    ノロウイルスは、牡蠣の消化器官に蓄積されて、次第に濃縮されるので、生牡蠣を食べた場合には、感染する可能性があります。

     

    牡蠣による食中毒を予防する方法

    スーパーなどで売られている牡蠣には、『生食用』と『加熱用』があります。魚などは、鮮度が良ければ生で食べることが出来て、鮮度が落ちたら加熱する必要があります。

    牡蠣の『生食用』と『加熱用』の違いは、鮮度の違いではありません。基本的に『生食用』の牡蠣は、出荷前に専用の水槽につけて毒抜きを行っています

    この為、牡蠣を生で食べる場合には、生食用の牡蠣を食べる必要があります。加熱用を生で食べて食中毒になった場合には、自業自得と言わざるえません。

    加熱用の牡蠣で二次感染を防ぐ必要がある

    牡蠣のウイルスは、基本的に内臓に蓄積されているので、牡蠣の表面をキレイに洗っても効果はありません。

    さらに、牡蠣を調理した「まな板」、「包丁」、「食器」には、ウイルスが付いている可能性があるので、よく洗浄する必要があります。キチンと消毒する為には、塩素系漂白剤を使うと良いです。

    加熱で食中毒を予防する方法

    基本的に牡蠣のウイルスで、貝毒以外は、シッカリと加熱すると安全に食べることが出来ます。

    基本的に牡蠣の食中毒予防としては、「牡蠣の中心温度が85度」、「1分以上の加熱」と言った温度と加熱時間がポイントになります。

     
    補足
    ノロウイルスは、85度以上で1分加熱すると死滅する

     
    ただし、カキフライを作る場合には、コロモが付いているので、「約180度の油」に「4分以上」の加熱時間が必要になります。

    貝毒は加熱しても毒素が消えない

    ノロウイルスは、加熱すれば死滅しますが、貝毒の場合は、加熱しても毒素は消えません。

    牡蠣は、天然の海で育ちますが、その時に海中に有毒なプランクトンが漂い、それを牡蠣が食べて育つと、毒素が牡蠣の体内に蓄積されます。

    こうなると、加熱しても毒素が消えないだけではなく、牡蠣の味も美味しいままです。基本的に、多少の貝毒なら食べても問題ありません。

    しかし、牡蠣の食べ放題など、大量に牡蠣を食べて、さらに、体が弱っている時には、貝毒による食中毒になる可能性があります。

     

    牡蠣で食中毒になった場合の対策

    牡蠣を食べてノロウイルスに感染した場合には、どのような症状が出るのか?どのような対策、注意点があるのか?を紹介します。

    ノロウイルスの潜伏期間

    ノロウイルスの潜伏期間は、基本的に1日~2日程度です。

    ノロウイルスの症状

    ノロウイルスに感染すると1日~2日で、症状が発症する事になります。

     
    もしも、ノロウイルスに感染した場合の症状としては、

    • 激しい嘔吐
    • 激しい下痢
    • 激しい腹痛
    などに襲われることになります。

     
    このノロウイルスの症状は、通常は、2日~3日程度で、徐々に回復に向かうケースが多いようです。

    ノロウイルスになった時の対策

    ノロウイルスの感染した場合には、残念ながら「治す薬」や「症状を抑える薬」は存在しませんので、自然に回復するのを待つ必要があります。

    ただし、ノロウイルス以外のアレルギー症状や急性肝炎、普通の食中毒などの場合もあるので、症状がひどい場合には、病院で確認する必要があります。

    もしも、ノロウイルスに感染したのが、子供や高齢者のように、体力の弱っている人の売亜には、重症になる可能性があるので、迷わず病院に行きましょう。

    ノロウイルスになった場合の注意点

    ノロウイルスが原因で食中毒を起こした場合の注意点を紹介します。まず、ノロウイルスは、アルコール消毒は効かないので、注意しましょう。

    そして、ノロウイルスは感染力が強いので、「二次感染」を注意する必要があります

    感染者は、嘔吐や下痢を繰り返すので、嘔吐した周辺、トイレ、浴室などは、塩素系の漂白剤や85度以上の熱湯での消毒が必要です。

    また、感染者の世話をする場合には、手袋、マスク、エプロンなどで完全防備する必要があります。

     

    どのような人が食中毒になりやすいか?

    加熱用の牡蠣を生で食べた場合には、ノロウイルスによる食中毒になるのは、自業自得で仕方ないことだと思います。

     
    これ以外にも食中毒になりやすい人と言うのは、

    • 体調が悪い人
    • 疲れている人
    • 幼い体力の弱い子供
    • 体力のない高齢者
    と言ったような人になります。

     
    このような人が、牡蠣を沢山、食べる事で、食中毒が起こりやすくなるケースもあります。

    美味しい牡蠣の選び方

    美味しい牡蠣の選び方を教える女性の写真

    美味しい牡蠣の選び方を紹介します。

     
    ここで紹介する美味しい牡蠣の選び方としては、

    • 鮮度の良い牡蠣を選ぶ
    • 牡蠣の鮮度の見分け方
    • 美味しい牡蠣選びは、季節選びも大切
    と言ったポイントについて紹介します。

     
    もしも、美味しい牡蠣を食べたいと思った場合には、ここで紹介した牡蠣の選び方を参考にすると良いです。
     

    鮮度の良い牡蠣を選ぶ

    魚の場合には、少し時間を置いた方がうま味が出る場合もあります。しかし、貝類である牡蠣の場合は、新鮮なほど美味しいです。スーパーなどでパックに入った牡蠣を購入する場合には、日付の確認をして、出来るだけ新鮮なモノを選ぶ必要があります。

    牡蠣の鮮度の見分け方

    牡蠣は、鮮度が良いほど美味しいです。その為、牡蠣の鮮度の見分け方が大切です。

     
    具体的な牡蠣の鮮度の見分け方としては、

    • 貝柱が半透明が鮮度が良い
    • 貝柱が乳白色は鮮度が落ちる
    • 身の色は黄色みかかっている物が良い
    • 牡蠣の身は時間の経過とともに白さが増す
    • 殻が全体的に丸みがあるモノが良い
    • 殻に深さがあるモノが良い
    • 殻にあまり傷がついていないモノが良い
    と言ったような点をチェックすると良いです。

     
    なお、殻つきの牡蠣の場合は、生命力が強いので、水揚げをした後でも1週間程度なら生きています。しかし、鮮度が良い方が美味しいです。

    美味しい牡蠣選びは、季節選びも大切

    基本的に、真牡蠣(まがき)の美味しい時期は、寒い時期が美味しいです。例えば、瀬戸内の牡蠣は、1月、2月の寒い時期が美味しいです。

    しかし、東北の方の牡蠣は、雪解けの冷たい真水に、山の栄養が溶け出して、海に流れ込み、その栄養で育った時期の3月~5月が、牡蠣が美味しい季節になるようです。

    まとめ

    牡蠣の栄養成分の健康や美容への効果、効能についてまとめて紹介しました。

    ここでは、牡蠣に含まれる栄養成分である、「亜鉛」、「 グリコーゲン」、「鉄分」、「タウリン」、「ミネラル」、「アミノ酸」、「カルシウム」、「ビタミン類」について特に詳しく紹介しています。

    それ以外にも牡蠣に含まれる三大栄養素(3個)、ビラミン類(11個)、ミネラル類(13個)、アミノ酸(17個)、脂肪酸(16個)に分類し、栄養成分の分量と効果を紹介しています。

    さらに、牡蠣を食べることによって改善できる悩み15個を上げて、どのような効果で改善が期待できるのかについて紹介しています。

    このように、牡蠣の栄養成分について、効果効能について、違った方向から牡蠣について調べてまとめてみました。