美白になる方法をお探しですか?

女性にとって、白くキレイな陶器肌は憧れですよね。

美白とは、肌全体が白いという事も含め、シミやくすみ、ソバカスなどがない肌のことを言います。
 
例えば、人によって、美白をしたい理由には、色々とあると思いますが、例えば、


  • 美白、美肌になる方法とは…?
  • 白い肌、陶器肌になりたい…?
  • 美白の効果的なケア方法が知りたい…?
  • シミ、ソバカスを消す効果的に消す方法は…?
  • 肌のくすみを取るには、どうすればいいか…?
  • 目の下のクマを改善するには…?
  • 日焼け後を美白する方法とは…?
  • 美白化粧品は何がいいのか…?
  • 食べ物やサプリメントで美白になるとは…?

 
などなど、顔や腕などの肌を陶器肌のように美白で白くしたい理由は色々だと思います。
 
また、ある調査によると、約90%の女性が美白になりたい!と言った思いがあるようです。また、男性も色白の女性が好きだという人が約80%もいるとも言われています。

こういった事もあって、多くの女性が美白ケアをして白い肌になる方法をお探しだと思います・・・。
 
そこで、ここでは、シミやくすみ、日焼け後などで黒くなった顔や腕などを色白の肌になる為の美白になる方法をまとめて紹介しています。具体的には、化粧水美容液乳液クリームなどの美白化粧品洗顔などのスキンケ食べ物サプリメントなど、様々な美白になる方法として、効果が期待できる方法を徹底的にまとめたので参考になると思います。
 

 

 
「好きなところから読んでね!」

美白になる方法を沢山あつめました。

掲載情報が多いので、下記の目次から気になる項目にジャンプしてチェックすると見やすいです!




目次を紹介する女性と↓のイラスト

目次

美白になる方法の基本とは?

美白になる方法を試している女性のイメージ写真
美白になる方法としては、色々な方法がありますが、メラニン色素による色素沈着が原因のシミ、ソバカス、クスミ、目の下のクマ、日焼け後などを色白の白い肌にしたい場合には、

 
  • 新しいメラニン色素の色素沈着が出来るのを予防する
  • 既にあるシミ、日焼け後などのメラニン色素を皮膚から取り除く

 
と言った様に、「今あるメラニン色素を取り除く」、「新しくメラニン色素を作らない」と言った2つが基本になります。
 
この2つの基本的な方法をベースにしつつ、食べ物や睡眠などの生活習慣を見直すのが、美白になる方法としては大切だと思います。
 

美白になる方法の基本的なアプローチ

美白になるには、どんなケアをすると良いか示した女性の写真

  • 新しくメラニン色素を作らない予防する美白対策
  • 新しくメラニン色素を作らない為には、日焼け止め紫外線対策を行うのが大切です。

  • メラニンの生成を予防するスキンケア
  • もしも、紫外線を浴びたとしても、皮膚内部でシミを作らせないようにすると、シミを予防することができます。紫外線を浴びてしまったが、シミの元となるメラノサイトやメラニンにアプローチするスキンケア方法も効果的です。

  • 今あるメラニン色素を取り除く美白対策
  • 今あるメラニン色素を取り除く為には、日々の美白化粧品・日々のスキンケアが大切です。

  • 日々の生活で取り組める美白対策
  • 日焼け止めや紫外線対策、スキンケア以外にも美白になる方法、さらに白い肌を維持、キープする為には、食事での食べ物サプリメント睡眠お風呂で体温を上げる腸内環境を良くする適度な運動マッサージなど、生活習慣を見直すことが大切です。

 
体温を上げる方法は、下記のページで、運動、マッサージ、食事など様々な方法をまとめて紹介しているので合わせて読むと参考になると思います。
>>【低体温改善!?】基礎体温を上げる方法で免疫力アップで健康対策47選

どこまで、美白で白い肌にするのか?自分の基準を知る

美白になる方法を実践して、色白の白い肌になるんだ!」と強い思いを持って、紫外線対策やスキンケアを行っても、どこまで肌を白くしたいか?という事が決まってないと、限界なく美白を続けることになるかもしれません。

美白をする時に、基準となる肌の白さは、自分の二の腕の内側の肌の色です。二の腕の内側は、カラダの中で、日焼けしにくい部分です。特に、寒い冬の場合には、日差しを浴びる事がないので、自然に自分の美白がどこまで行いやすいかの基準を決めるのに参考になります。

まずは、肌のメカニズムを知って、美白の仕組みを知る!

まずは、美白になる方法として、効果的なケアや予防方法を実践する前に、なぜ、肌が黒くなるのか?日焼けや紫外線などが原因で、肌内部でメラニン色素が出来て、肌が黒くなる肌のメカニズムを紹介します。

まずは、皮膚が、どうなっているのか理解する

皮膚の真皮、皮下組織の断面図
まず、皮膚の断面は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3層になっています。表皮の厚さは0.1mm~0.2mm程度で、真皮の厚さは3mm~4mm程度と、非常に薄いです。

さらに、表皮層部分は、「角質層(かくしつそう)」、「顆粒層(かりゅうそう)」、「有棘層(ゆうきょくそう)」、「基底層(きていそう)」の4階層に分かれています。

紫外線を浴びることで、表皮層の一番下にある基底層にあるメラノサイトからメラニン色素が作りだされます。

なぜ、シミ、くすみ、黒い肌と、美白が必要な肌になるのか?

メラニン、メラノサイトが出来る皮膚の断面図
皮膚は、紫外線を浴びると基底層にあるメラノサイトに信号を送り、メラニン色素を生成します。紫外線は、肌細胞を傷つけ、肌の老化や皮膚がんなどの問題を起こす可能性があります。その為、皮膚を紫外線から守るために作られているのがメラニン色素です。

この為、紫外線を長時間浴び続けると、メラニン色素が大量に作られて、シミ、そばかす、くすみ、日焼け後など肌が黒くなります。

お肌のターンオーバーの美白効果!

お肌のターンオーバーを示した皮膚の断面図
肌細胞は、皮膚の奥で作られ、お肌のターンオーバーによって徐々に肌の表面に移動していきます。そして、最後は、垢として剥がれ落ちます。

この為、紫外線を浴びて、肌の奥の基底層でシミが出来たとしても、そのシミは、お肌のターンオーバーにより、肌の表面に送られて、垢として剥がれれば消えてなくなります。

夏に、海水浴に行って日焼けをしても冬には元に戻っているのは、お肌のターンオーバーのおかげです。通常、お肌のターンオーバーの周期は約1ヶ月程度だと言われています。この為、日焼けして黒くなった肌は、1ヵ月後には消える仕組みになっています。

なぜ、シミやソバカス、くすみが出来るのか?

お肌のターンオーバーにより、シミが垢として、約1ヶ月で剥がれるなら、シミもすぐ消えるはずです。しかし、現実に、シミが残っているのは、

 
  • 紫外線の浴び過ぎで
  • 過度な肌への刺激
  • ストレス
  • 加齢

 
によって、お肌のターンオーバーのサイクルの乱れ新陳代謝が悪くなりメラノサイトも滞留によって、色素沈着が進んで、なかなか消えないシミの原因になります。
 

30代後半から40代にシミが急に増える理由とは?
30代後半から40代にかけて、急に顔にシミが増える人がいます。これは、若い時に紫外線対策、UVケアを行わずにメラニン色素が、既に多く蓄積されているのも原因の1つです。さらに、年齢の経過で基礎代謝が落ちて、新陳代謝が悪くなり、お肌のターンオーバーが遅くなることで、若い時なら、既に垢として排出していたシミが肌に残ってしまうので、シミが黒く出現します。

 

美白になる3つのポイント

3本の指を立てている女性お写真
実際に、美白になる方法として、どのような事を行うと良いのか?具体的に3つのポイントとして紹介します。
 

 

具体的な美白になる方法のポイントしては、

  • 新しくメラニン色素を作らない予防、美白対策
  • 今あるメラニン色素を取り除く美白対策
  • 日々の生活で取り組める美白対策
と言ったような点が大切になります。

 
上記3つのポイントについて、具体的に、美白になる方法として、どうすると効果的にケアできるのかを詳しくまとめて紹介します。

新しくメラニン色素を作らない予防、美白対策

メラニン色素の生成を予防するグッズのイラスト
美白になる方法を実践する場合に、必ず行う必要があるのが、1年中、紫外線対策(UV対策)をする事です。

 
具体的な紫外線対策(UV対策)としては、

  • 1年中、日焼け止めを塗る
  • 1日中、家の中にいる日も日焼け止めを塗る
  • ちょっと近くのスーパーやコンビニに行くときも日焼け止めを塗る
  • 家の窓ガラスにUVカットのシールやレースのカーテンを使う
  • 自動車の窓ガラスはUVカットにする
  • 出来るだけ太陽光に当たらないように常に意識する
  • 外出時は、日蔭を歩く
  • 照り返しを意識する
  • メイクも紫外線対策を意識する
  • 紫外線対策グッズを使う
と言ったような点を意識する必要があります。

 
それぞれの項目については、個別に詳しく下記に紹介します。
 

 

1年中、日焼け止めを塗る

日焼け止めを塗る女性の写真
日焼け止めは、紫外線が強い時期だけではなく、秋や冬も1年中、塗るのがポイントです。晴れている日は当たり前ですが、曇っている日でも紫外線は肌まで届いているので、1年中、気候、天候に関係なく日焼け止めを塗る必要があります。

1日中、家の中にいる日も日焼け止めを塗る

1日中、家の中にいる日で、直射日光を浴びない日であっても、照り返しによって紫外線を浴びてしまいます。この為、紫外線の照り返し対策として、家の中にいる日でも日焼け止めは必須です。ただし、あまり強力な日焼け止めを塗る必要はないのでUV対策機能が付いているファンデーションを選ぶなど、工夫すると良いです。

ちょっと近くのスーパーやコンビニに行くときも日焼け止めを塗る

ちょっと近くのスーパーやコンビニまで買い物に行く場合、ついつい、面倒で日焼け止めを塗らないという人も多いのではないかと思います。このようなちょっとした習慣の差は、30代後半から40代にかけて、新陳代謝が落ちてきたときに、シミが一気にできる可能性があるので注意が必要です。

メイクも紫外線対策を意識する

メイクの選び方でも紫外線対策も意識しましょう。特にUVカット効果があるファンデーションは、1日中、家の中にいる日や冬など、紫外線が弱い場合には、日焼け止めの代わりに利用するのも、肌に優しく紫外線対策をする為のポイントです。

特に、パウダータイプのファンデーションは、UVカット機能が無いものでも、肌に当たった紫外線が乱反射して紫外線対策の効果も期待できるので、美白を徹底したい人は、パウダータイプを使うと良いようです。

紫外線対策グッズを使う

日焼け対策グッズのサングラスの写真
最近ではUV対策として使っている人も多いと思いますが、「サングラス」、「日傘」、「UVカット手袋」、「UVカット機能のある洋服」、「UVカット機能のあるストール」などのUV対策グッズを使うと良いです。
サングラスは、目から入ってくる紫外線対策です。強力なUVカット機能がある洋服は、サーファー用の洋服が良かったです。UVカット機能のあるストールは、首回りを守りつつ汗対策にもなります。

家の窓ガラスにUVカットのシールやレースのカーテンを使う

家の中にいる時には、リラックスしているので、ついつい油断して、直射日光を浴びてしまったり、照り返しで紫外線を浴びてしまう可能性が高いです。そうはいっても家の中でも日焼け止めを塗っておくのは大変です。

そこで、オススメなのが、家の窓ガラスにUVカットシートを貼ったり、レースのカーテンをUVカットのモノにすると良いです。このように窓ガラスにシートやレースのカーテンを使うだけでも紫外線が80%や90%以上もカットできるようになるのでオススメです。

自動車の窓ガラスはUVカットにする

自動車に乗っている時は、どうしても直射日光や照り返しで紫外線を浴びやすいです。この為、自動車の窓ガラスはUVカット機能が付いているものを選ぶと良いです。もしも、標準装備で付いていない場合は、オプションでも付けておくのがオススメです。

出来るだけ太陽光に当たらないように常に意識する

UV対策が気になり太陽光を手でさえぎる写真
家にいる時も外出時も、常に、太陽光に当たらないように意識しましょう。出来るだけ太陽光に当たらず、紫外線を浴びないようにすると、肌が綺麗に保たれます。

外出時は、日蔭を歩く

外出した時には、意識して日蔭を歩くといいです。冬の寒い日などは、日当たりのいいところを歩きたくなりますが、紫外線対策を考えると、日蔭を歩くのが紫外線を避けることが出来てオススメです。

照り返しを意識する

紫外線は、直射日光の場合には、意識し避けやすいですが、照り返しを避けるのは、かなり意識していないと難しいです。特に、道を歩いていて、信号待ちなどの時間でも、白い壁や建物があり、太陽光の照り返しが自分に向ってきている場合には、信号待ちの時間は、照り返しを避ける様にカラダの向きを変えるなどの工夫が大切です。
 

 

日焼け止めを塗る時・購入する時のポイント

複数のUV対策ができる日焼け止めのイラスト
美白になる方法として、紫外線対策の基本である日焼け止めは必須です。その日焼け止めを1年中、安心して、キチンと効果を実感しながら、使い続ける為に大切なポイントを紹介します。
 

 
具体的な日焼け止めを塗る、購入する時のポイントとしては、

  • 日焼け止めを塗る量は、500円玉大が基本
  • 日焼け止めの塗り方で効果が変わる
  • 日焼け止めは拡散タイプを選ぶと肌に優しい
  • 季節によって日焼け止めは使い分ける
  • カラダへの日焼け止めの塗り方
と言ったような点が大切になります。

 
具体的な内容については、下記で、それぞれ個別に紹介します。

日焼け止めを塗る量は、500円玉大が基本

日焼け止めを顔に塗る量の目安の500円玉の写真
日焼け止めをるつ時には、どれくらいの量を使うかが大切です。実際に日焼け止めのSPFの効果を実感する為には、日焼け止めは、顔の場合で、500円玉大の量を塗る必要があります。500円玉大の日焼け止めは、手に取ってみると思った以上に多いです。おそらく、多くの人が日焼け止めの利用量が少ないと思います。

例えば、日焼け止めを塗る量が、顔で500円玉大の半分しか塗っていない場合は、日焼け止めの効果は、4分の1になるので、思っているほど、紫外線対策が出来ていない場合があるので注意が必要です。

日焼け止めの塗り方で効果が変わる

日焼け止めを脚に塗ってUV対策をする女性の写真
日焼け止めの塗り方によっても、紫外線対策の効果が変わります。塗り方によっては効果が半減する事もあるようです。

基本的な日焼け止めの塗り方は、肌の表面をまんべんなく膜を作って、肌の表面に膜を作るイメージが大切です。この為、顔に日焼け止めを塗る場合には、オデコ、左右の頬、鼻、アゴの数か所に日焼け止めをのせて、トントンと優しく叩くように伸ばしていくと、肌全体に均一に塗りやすいです。

ダメな方法は、日焼け止めを、肌に塗り込むようにつける方法です。元々、肌には凹凸がありますが、塗り込むとヘコミ部分に日焼け止めが沢山入り、均一にぬれないので、ムラになり、UV対策の効果が半減します。

日焼け止めは拡散タイプを選ぶ

日焼け止めには、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。紫外線散乱剤は、紫外線を日焼け止めが反射するのに対して、紫外線吸収剤は、日焼け止めが紫外線を吸収します。

紫外線吸収剤は、つけ心地がよく、白浮きしないので使いやすいのです。しかし、紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する時に変質して、肌への負担になります。これに対して、紫外線散乱剤は、白浮きしやすく、つけ心地がよくないのですが、紫外線を反射させているだけなので、成分が壊れずに長持ちして、紫外線吸収剤と比べると肌にもやさしいです。

この為、肌への負担を考えると、紫外線散乱剤を利用するのがおすすめです。

季節によって日焼け止めは使い分ける

色々な日焼け止めのイラスト
日焼け止めが肌に負担になる人は、季節によって日焼け止めを使い分けます。強力な日焼け止めほど、肌への負担にもなると言われます。この為、春から夏の紫外線が強い時期は、強力な日焼け止めを使い、紫外線が比較的に弱くなる秋から春先までは肌に優しい日焼け止めを使います。

 
具体的に、私の日焼け止めを選ぶ基準としては、

  • 春~夏:SPF50
  • 秋~冬:SPF30

と言ったモノを使っています。

 
ただし、日焼け止めが落ちにくいのは嫌なので、石鹸だけで落ちるものを使っています。

⇒日焼け止め おすすめランキング はコチラ(ページ制作中)
⇒ノンケミカル、敏感肌の人向けの日焼け止め(ページ制作中)

カラダへの日焼け止めの塗り方

日焼け止めを一直線にぬる写真
顔以外の腕、足などの日焼け止めの塗り方を紹介します。腕や足は、日焼けしやすい部分で、しかも、日焼け止めを塗る面積が広いので均一に塗るのが難しいです。

その為、上記の写真のように、日焼け止めを一直線に伸ばして出して、それをムラなく広げて腕や脚に塗るようにします。

また、ついつい日焼け止めを塗るのを忘れてしまうのが、「手の甲」、「」、「」、「」などをついつい忘れて日焼けしてしまう可能性があるので注意が必要です。
 

メラニンの生成を予防するスキンケア

メラニンの生成を予防するスキンケアを実践する女性のイメージ写真

紫外線を浴びると、肌の奥で反応してメラニン色素が生成されてシミの原因なります。このシミの原因のメラニンが作成される時には、チロシナーゼという酸化酵素が働きます。この為、チロシナーゼ対策をすることが出来れば美白効果が期待できます。

具体的にチロシナーゼの働きを阻害する成分としては、「L-システイン」、「コウジ酸」、「アルブミン」と言ったモノがあります。また、シミの元になるメラノサイトを活性化する働きがある情報伝達物質のプラスミンを抑制する「トラネキサム酸」も美白効果が期待できます。
 

 
この為、紫外線によるシミに対する美白で

  • L-システイン
  • コウジ酸
  • アルブミン
  • トラネキサム酸

が入っている化粧水や美容液などの化粧品を使うと、シミの発生を抑制、予防する効果や効能が期待できます。
 

 
⇒シミに効く美白化粧品のページへ(作成中)

今あるメラニン色素を取り除く美白対策

美白対策でメラニン色素の生成を予防する女性の写真
今、既に、シミやソバカシ、くすみとして、出来てしまったメラニンは、1日でも早く消したいものです。その為には、今できているシミをいかに早く消すのか?と言った方法を紹介します。

 
具体的に出来てしまったメラニンを排出する方法としては、

  • メラニンがシミとして皮膚に定着しないようにお肌のターンオーバーを整える
  • 新陳代謝をアップしてメラニン、シミを効果的に排出する
  • 美白成分が入った化粧品でメラニン、シミを効果的にアプローチ
  • 美白に効果的なスキンケア方法

と言った方法が出来てしまったメラニン色素を取り除いて、美白になる基本的な方法です。

メラニン色素がシミとして皮膚に定着しないようにお肌のターンオーバーを整える

メラニン色素がシミとして肌に定着しないように気を使う女性のイメージ写真
出来てしまったメラニン色素が、シミになった場合には、通常は、お肌のターンオーバーと共に、最後は垢として排出されます。その為、お肌をいかに健康な状態に保つかによって、お肌のターンオーバーを順調に進める必要があります。

お肌のターンオーバーを正常に進めるためには、日々のスキンケアで肌を清潔に保ち、水分や油分の整った、シッカリと保湿できている状態を目指します。しかし、年齢の経過とともに、お肌のターンオーバーが遅くなる事によって、古い角質が皮膚に留まります。古い角質には、メラニンが残っているので、シミが濃くなります。

このように、お肌のターンオーバーが遅くなった場合には、洗顔やピーリングで、ターンオーバーを促進させると良いです。また、プラセンタエキスは、エイジングケアと共にお肌のターンオーバーを整えるので効果が期待できます。
 

 

新陳代謝をアップしてお肌のターンオーバーを効果的にアップする

私の周りでは、10代、20代では、メラニンが原因のシミやそばかす、くすみ、などが気にならなかったのが、30代後半~40代にかけて、急にシミが増えたという人が多いと思います。この原因は、一般的には、年齢の経過とともに、基礎代謝が落ち、肌の新陳代謝が低下した事で、出来てしまったメラニン色素の排出が遅くなりシミが目立つようなったというケースが多いです。

このように、新陳代謝が悪くなった事が原因で、肌内部のメラニンが増えて、シミが目立つようになった場合には、新陳代謝をアップすれば改善が見込めます。新陳代謝が良くなれば、お肌のターンオーバーが促進されて、シミ(メラニン色素)が垢としてスムーズに排出されます

新陳代謝を良くする方法

ここでは、新陳代謝を良くする方法を紹介します。
 

 

新陳代謝を良くする方法としては、基本的に、

  • 運動
  • 栄養
  • 睡眠
  • カラダのメンテ
  • 体温を上げる
 
と言った様な事を行うと基礎代謝があがり、新陳代謝がよくなります。

運動

有酸素運動のウォーキングをする男女のイラスト
新陳代謝を良くする為の運動としては、

  • 有酸素運動と無酸素運動を交互に行う
  • 筋力を付ける
がおすすめです。

基本的に、カラダに筋力を付けると、基礎代謝があがり、新陳代謝がよくなります。また、有酸素運動と筋トレ(無酸素運動)を上手く組み合わせることで、筋力アップやダイエット、心肺機能を高める、など美容健康に相乗効果も期待できます。

効果的に筋力アップやダイエットを行いたい場合には、こちらの記事が参考になるかもしれません。
>>筋トレ 有酸素運動 の効果的に行うダイエット方法はコチラ

栄養

栄養のある食べ物を沢山描いているイラスト
栄養としては、

  • たんぱく質を摂取する
  • ビタミン類を摂る
  • 酢を飲む
と言ったようなモノを摂ることによって、代謝があがりやすくなります。

⇒代謝 を 上げる 食べ物 の一覧はコチラ(作成中)

睡眠

睡眠をとっている女性のイラスト
質の良い睡眠をとることで、お肌のターンオーバーがスムーズに行われます。お肌のターンオーバーがスムーズに行われると肌の再生が促進されます。

特に、寝はじめて最初の3時間に、成長ホルモンが大量に分泌されます。この為、より成長ホルモンの分泌を促進するためには、睡眠の質を良くする事も大切です。

。この成長ホルモンが分泌される事で、肌細胞の分裂が活性化して、新しい細胞がつくられて、美白効果が期待できます。この為、夜の睡眠の質が悪いと、新しい細胞が作りにくくなり、シミが消えにくい原因になります。
 

睡眠時間はどれくらい必要か?
睡眠時間は、7時間~8時間、十分に取りたいところです。寝ている時は、新陳代謝が活発に行われ、肌の生まれ変わりも促進されます。

 
⇒成長ホルモン サプリで、美白を促進・・・(作成中)
⇒睡眠の質を良くする方法(作成中)

カラダのメンテ

色々なストレッチをする人のイラスト
新陳代謝の良いカラダというのは、基本的に、健康な体です。その為には、運動、睡眠、栄養は大切ですが、さらに、効果を高めるためには、カラダのメンテナンスをする事も大切です。

ここで言う体のメンテナンスというのは、

  • 半身浴
  • ストレッチ
  • リンパマッサージ
になります。

半身浴は、血流、代謝、デトックス、体温を上げるなど健康、美容、ダイエットに良いと言われています。ストレッチは、寝る前に行いリラックス効果、血流改善などに良いです。リンパマッサージは、リンパの流れを良くします

これらが、直接、美白に効くという訳ではありませんが、血流やリンパの流れを良くし、健康な体にすることで、リラックスでき、体内の滞りを予防して、新陳代謝が良くなり、お肌のターンオーバーがスムーズに行われる効果が期待できます

 

半身浴の方法と注意点
半身浴は、お腹の「みぞおち」まで、30分、湯船につかります。半身浴で全身の血行を良くして、代謝が促進されると、お肌のターンオーバーが活性化して美肌を目指せます。

注意点は、30分以上はダメです。30分以上、半身浴を続けると、皮膚の皮脂や角質が溶け出して、乾燥しやすい肌になり、肌荒れをお越し、逆効果になるので注意が必要です。

 
⇒半身浴の効果を高める方法とは?(作成中)

体温を上げる

体温を上げて暑くなっている女性のイラスト
体温は、内臓の働きに大きく関係しています。例えば、内臓が全て順調に動くためには、体温は36.5度が必要です。36.5度未満の場合には、内臓の動きが低下して、体内に老廃物や毒素がたまりやすくなり、新陳代謝が落ちる原因にもなります

また、体温は、1度上がると、免疫力は5倍~6倍になるとも言われます。この為、免疫力がアップして、健康になり、代謝がよくなると、アンチエイジングや老化防止にも良いと言われています。

このように、体温が上がり、内臓がスムーズに動き、免疫力がアップすると、健康な体になることで、結果的に美肌効果も期待できます。

⇒基礎体温を上げる方法とその効果とは?(作成中)
⇒体温が低い人は、「低体温症の原因と改善」も要チェック(作成中)
 

化粧品で美白ケアを行う

シミが出来る仕組みを皮膚の断面で説明している図
美白する場合には、毎日のスキンケアの基礎化粧品を美白成分配合のモノを選ぶと良いです。美白成分は、1日、2日で効果が実感できるものではありません。数ヶ月から年単位で使い続ける必要があります。

その為、美白化粧品を選ぶ場合には、化粧水、美容液、乳液、クリームなどの基礎化粧品で、毎日使うモノを選択して、いかに継続するかが大切です。

 

その為、美白化粧品を使う場合には、

  • 数ヶ月~年単位で、継続して使える価格帯
  • 厚生省認可の「美白成分」が配合されている化粧品
  • 肌にある美白成分・化粧品を選ぶ
と言ったようなポイントを抑えておくと良いです。

数ヶ月~年単位で、継続して使える価格帯

美白化粧品は、時間をかけて効果が実感できるものです。特に、シミやそばかすが濃く出ている場合には、白い肌になるまでには何か月もかかる可能性があります。

この為、継続して購入できる、金銭的に無理のない美白化粧品を購入するのが大切です。

適正量を守って、使い続けれるか?

化粧品には、使用する量の適正量があります。どれだけ効果が高く人気の化粧品を購入しても、使用料が本来使う量の半分では、効果も期待できません。その為、美白効果を実感する為には、美白化粧品は、ケチらずに、適正量を使う必要があります。

また、基本的に、美白化粧品は、シミにピンポイントで使うことを想定して作られているモノ以外は、顔や首、などにも、シッカリと使い続ける必要があります。その為、数ヶ月~年単位で、使い続けれる価格帯のモノを選ぶのが大切です。

厚生省認可の「美白成分」が配合されている化粧品

化粧品売り場に行くと、化粧品の中には、「○○ホワイト」と言った様な、なんとなく美白効果が期待できそうなパッケージや名称のモノが目につきます。イメージとしては、美白成分が入っていると思いがちですが、実は、美白成分が入っていないモノも多いので注意が必要です。

美白化粧品を選ぶときには、まずは、厚生労働省が許可している美白成分を使っている医薬部外品の化粧品を選択するのが大切です。
 

厚生労働省が許可を出している医薬部外品の成分

美白成分として、厚生労働省が許可を出している医薬部外品の成分は下記の

  • ハイドロキノン
  • シミだけでなく、肝斑にも使える。元々、医療用であったが、低刺激で安定性が高いハイドロキノンが出来て美白化粧品にも使われるようになりました。

  • ビタミンC誘導体
  • ビタミンCを肌に浸透しやすくしたモノ。メラニンを還元する働きがります。抗酸化作用によりアンチエイジングにも役立ちます。
    ⇒ビタミンC誘導体の詳細はコチラ(作成中)

  • アルブチン
  • シミの元となるメラニンが作られる時に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害します。
    ⇒アルブチンの詳細はコチラ(作成中)

  • コウジ酸
  • コウジ菌から生まれた美白成分で、メラニン生成時に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害します。
    ⇒コウジ酸の詳細はコチラ(作成中)

  • エラグ酸
  • メラニン生成時に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害します。
    ⇒エラグ酸の詳細はコチラ(作成中)

  • トラネキサム酸
  • 肝斑の治療薬に使われていた成分です。酵素チロシナーゼの働きを阻害して、メラニン生成を抑えます。
    ⇒トラネキサム酸の詳細はコチラ(作成中)

  • カモミラET
  • 紫外線を浴びると、皮膚からメラニン生成の指示を出す情報伝達物質エンドセリンを抑制します。
    ⇒カモミラETの詳細はコチラ(作成中)

  • ルシノール
  • シミの元になるメラニンを生成する時に起こる、酵素チロシナーゼとチロシンの結合を防ぎます。
    ⇒ルシノールの詳細はコチラ(作成中)

  • リノール酸
  • シミの元となるメラニン、そのメラニンの元になるチロシナーゼの量を減らす作用があります。
    ⇒リノール酸の詳細はコチラ(作成中)

  • トラネキサム酸
  • 肝斑の治療薬としても使われている成分です。シミの元であるメラニンを作成する時に働く酵素チロシナーゼを分解する作用があります。
    ⇒トラネキサム酸の詳細はコチラ(作成中)

  • マグノリグナン
  • チロシナーゼタンパク質が成熟するとシミになります。このチロシナーゼタンパク質が成長するのを防きます
    ⇒マグノリグナンの詳細はコチラ(作成中)

  • 4MSK
  • メラニンの生成を抑制し、お肌のターンオーバーを整えます。
    ⇒4MSKの詳細はコチラ(作成中)

  • プラセンタエキス
  • 代謝の促進やメラニンの生成を抑制する作用があります。

⇒プラセンタエキスの詳細はコチラ(作成中)

以上のような成分が厚生労働省が許可している美白成分です。この為、美白化粧品を購入する場合には、上記の成分が使われている化粧品を選ぶと良いです。
 

肌にあう美白成分・化粧品を選ぶ

美白成分が入っている化粧品の写真
上記で紹介した通り、美白成分は沢山の種類があります。これらの美白成分を配合した美白化粧品も沢山販売されています。この中から自分の肌に合って、効果が実感しやすいモノを1つ選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、やはり実際に使って、自分の肌で試して効果を感じるモノを選ぶ必要があります。やはり、人によって、美白成分との相性があり、効果のあらわれ方も違います。この為、美白化粧品を購入する場合には、まずは、トライアルセットやサンプルなどで自分の肌で試してから購入しましょう。

美白化粧品、化粧水、美容液、乳液、クリームはどう選ぶのか?

美白化粧品として、化粧水、美容液、乳液、クリームのどれを選ぶか悩んでいる女性の写真

美白化粧品を購入する場合には、同じメーカーのシリーズでそろえるか?今使っている基礎化粧品を基本にしつつ、化粧水や美容液を美白化粧品に変えるか悩むところです。

基本的には、美白化粧品は、同じメーカーのシリーズでそろえる!のが効果的に美白出来ます。メーカーもセット販売を想定して、美白効果を検証しています。化粧水で足りない部分を美容液で補う、と言ったシリーズでバランスをとっています。

化粧水、美容液、乳液、クリームのどれかを美白化粧品にする場合

化粧品の写真
化粧水、美容液、乳液、クリームのシリーズで同じメーカーのモノを使うと、それなりの値段になるので、難しいという人もいると思います。

また、そこまで、本気で美白を考えていない、もっと気軽に美白をしたいと思っている場合のケースとして、ここでは、化粧水、美容液、乳液、クリームの個別で美白化粧品を購入するケースを見ていきたいと思います。
 

化粧水で美白する時の選び方のポイント

美白化粧水を購入する場合には、オススメな美白成分がビタミンC誘導体です。「ビタミンC誘導体」は、水溶性なので、水に配合した方が安定して、肌への浸透が良いからです。

また、ビタミンC誘導体は、美白効果以外にも、毛穴のたるみ、ニキビ、シワなど様々な効果が期待できます。さらに、抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果も期待できるので、美白に限らず、美肌効果が期待できる成分です。

 
⇒美白化粧水のおすすめランキング(作成中)
 

 

 

美容液で美白する時の選び方のポイント

美容液は、化粧水と比較した場合に、有効成分がシッカリと入っているモノが多いと思います。この為、シミやくすみ、などが既に出来ていて、集中ケアをしたい場合は、美白美容液を使うと良いです。

出来てしまたシミを薄くしたい場合には、ビタミンC誘導体ルシノールハイドロキノンと言った美白成分を選択すると良いです。ただし、高濃度にハイドロキノンが配合されているモノは、効果が高い分、副作用もあるので、医師に相談して使うと安心です。

また、乾燥肌や敏感肌で、刺激の強い美白成分が使えない人の場合には、美白と保湿を兼ね揃えているプラセンタエキスが配合されている美容液を選ぶと良いと思います。
 
⇒美白美容液のおすすめランキング(作成中)
 

 

乳液・クリームで美白する時の選び方のポイント

乳液、クリームは、基本的に、肌の乾燥を防ぐ保湿です。特に、化粧水で水分、栄養を与え、美容液で栄養と保湿力を高めて、乳液、クリームで肌の乾燥を防ぐための保湿をするのが基本だと思います。

その為、通常の場合は、化粧水と美容液で、美白成分を肌に与えれている場合は、乳液やクリームは、乾燥を防いで、保湿力があるモノを選ぶのがオススメです。もちろん、美白成分が配合されているモノを選ぶのも良いのですが、優先順位は、保湿や乾燥を防ぐ事にすると良いです。

特に、冬などの乾燥しやすい時期は、保湿が不十分だと、肌が乾燥し外からの刺激に弱くなり、それが原因でシミやくすみが出来やすくなる場合もあります。肌を健康にして、守るためにも乳液とクリームは保湿を優先しましょう。

美容液で保湿すればクリーム、乳液は必要ない?
人によっては、美容液で保湿していれば、クリームや乳液は必要ないという人もいます。これは、元々、肌の潤いがシッカリとあり、乾燥しにくい人の場合だと思います。人それぞれ、スキンケアも様々、合う合わないがあるので、自分に合った方法を、色々と探すと良いです。
乳液とクリームの違いとは?

基本的に、乳液とクリームは、保湿の為に使うものなので、どちらか1つを使っていても問題ないです。乳液とクリームの違いは、乳液は、油分と水分が入っているのに対して、クリームは油分が多くなっています。

この為、乾燥肌の人は油分が多いクリームを選ぶと良いです。しかし、脂性で、クリームで油分をとるとニキビや肌荒れを起こす場合は、油分と水分が入っている乳液を選択すると良いです。また、乾燥が激しい冬はクリーム、暑く湿気が高い夏は乳液と言った様に時期によって使い分けるのも良いと思います。
 
⇒美白乳液のおすすめランキング(作成中)
⇒美白クリームのおすすめランキング(作成中)
 

 
補足
なお、上記は、化粧品メーカーによって違いがあるので、あくまでも個人的な意見や考えを元にしていますので、ご自身の判断の参考にしてもらえればと思います。肌の状態あ深刻な場合は医師に相談するのがオススメです。

 

美白化粧品の購入前のチェックポイント

美白化粧品を購入する前のチェックポイントを紹介する女性の写真

美白化粧品は、高価なモノになると継続して購入するのが難しい価格帯のモノもあります。そのため、どうしても、ついつい安い方を選びがちです。

美白化粧品の購入前に注意が必要なのが、目的の美白成分の配合量や処方などです。せっかく、お目当ての美白成分が入った化粧品を購入できたと思っても、配合量が少ないと効果を実感することが出来ません。

この為、美白化粧品を購入する場合には、価格と配合量は要チェックです。また、その他にも、初めて購入する化粧品の場合には、肌に合わない成分がないか?確認しておきましょう。

化粧水、美容液、乳液、クリームのどれが一番良いか?

スキンケアをする基礎化粧品には、化粧水、美容液、乳液、クリームがありますが、美白化粧品を購入する場合には、どれが良いのでしょうか?

基本的に、取りたい美容成分が濃厚に入っているのが美容液の場合が多いと思います。
 

 

ただし、取りたい美容成分が

  • 水溶性の場合は化粧水
  • 脂溶性の成分は美容液
で取ると良いと思います。

 
化粧水、美容液、乳液、クリームを購入する場合には、私は、このように選んでいます。
 
⇒美白成分と美白化粧品の選び方(作成中)
  ↑↑↑美白成分にこだわって、美白化粧品を選びたい人向け

美白になる為に取り入れたい日々のスキンケア

美白になる為にスキンケアを行っている女性の写真

美白になる為に、より効果を上げるスキンケア方法を紹介します。いくら効果の高い美白化粧品を使ったとしても、スキンケアがおろそかだと、期待できる効果も下がってしまいます。

 

具体的に、美白効果を高めるスキンケアとしては、

  • 洗顔・クレンジングで汚れをシッカリ落とす
  • 保湿は色白の美肌を作る基本
  • ピーリングでお肌のターンオーバーを促進
  • 酵素洗顔で肌のたんぱく質を分解
と言ったような方法があります。

 
具体的には、下記でそれぞれ個別に紹介します。

洗顔・クレンジングで汚れをシッカリ落とす

洗顔をしている女性の写真

美白効果が高い、化粧水や美容液をいくら使ったとしても、肝心の肌の受け入れ態勢が整っていないと、思ったほど美白の効果が期待できません。

クレンジングが不十分だと、メイク汚れや油分の汚れが残ります。洗顔が不十分だと、汗やチリ、ホコリなどの汚れが残ります。また、毛穴にも汚れが詰まっている状態だと、いくら化粧水や美容液で栄養を与えても入っていきません。また、肌が汚れていると、乾燥肌や炎症、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

肌トラブルを抱えていると、肌の新陳代謝も悪くなり、お肌のターンオーバーが遅くなり、シミやくすみも目立ちやすくなります。また、美白効果も実感しにくくなります。この為、美白効果をシッカリと得るためにもクレンジングと洗顔で、肌の汚れはキチンと落としておく必要があります。

⇒正しい洗顔方法と選び方
⇒正しいクレンジング方法と選び方

保湿は色白の美肌を作る基本

保湿が気になる女性の写真

保湿は、肌の乾燥を防ぐために非常に大切なスキンケアです。肌が乾燥すると、肌荒れ、ニキビ、シミ、シワなども出来やすくなり、出来てしまったシミも消しにくくなります。

その為、保湿をシッカリと行って、肌に潤いと栄養を与える事によって、新陳代謝が活発になり、お肌のハリと弾力の元であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンをシッカリと肌内部で作れるようになります。また、新陳代謝が活発になれば、お肌のターンオーバーが促進されて、シミの排出も自然と早まります。

このように潤いのある健康な肌になってこそ、美白成分など栄養が、肌の奥まで届けることができ、さらに、美白成分の効果も発揮できるようになります。この為、肌の乾燥は、美白や美肌の大敵なので、シッカリと保湿をする必要があります

ピーリングで古い角質を取り除く

ピーリングの効果に満足する女性の写真
年齢の経過とともに、シミ、くすみ、が増えてきた場合には、加齢によって、新陳代謝の衰えから、お肌のターンオーバーが遅くなってい

る可能性があります。

実際に、年齢による肌のターンオーバーの周期は、個人差があり、正しい周期は断定はできません。

 

お肌のターンオーバーの周期の例としては、

  • 20代:28日周期
  • 30代:40日周期
  • 40代:55日周期
  • 50代:75日周期
と言った周期になるとも言われています。

 
このように、お肌の生まれ変わりが遅くなることで、お肌のターンオーバーが遅くなると、古い角質が皮膚の表面に残っているので、肌がくすんで見えるようになることがあります。

人によっては、古い角質が毛穴につまって、ニキビや肌荒れを起こしやすくするケースもあります。このような場合は、ピーリングを行うことで、皮膚の表面の古い角質を取り除き、若い肌を意図的に、表面に出すことで、お肌のターンオーバーを促進することが出来ます

 

ピーリングの注意点
ピーリングは、強制的に皮膚の表面を薄くしているので、頻繁に行うと、古い角質だけでなく、新しい肌も取り除いてしまいます。この為、1週間~2週間に1度程度の頻度で、スキンケアに取り入れると良いです。

頻繁にピーリングをやると、肌が薄くなり、刺激や乾燥から守れなく、肌トラブルの原因になるので、使用は、購入したピーリングの説明に従って使いましょう。

 
⇒ピーリングの効果や注意点についてはコチラ(作成中)

酵素洗顔で肌のたんぱく質を分解

酵素洗顔で顔を洗う女性
新しい肌を作っているのは、皮膚の基底層という部分で細胞分裂を行い、新しい皮膚を作成しています。新しく出来た皮膚は、徐々に肌の表面に上がってきます。そして最後は、垢として剥がれ落ちます。このように肌細胞が出来て垢として剥がれるまでのサイクルをお肌のターンオーバーと言います。

皮膚が表面に来るとタンパク質を分解するプロテーゼ酵素という酵素によって分解されます。古い皮膚は、分解される事で、次の新しい皮膚が表面に出てくることで、綺麗な肌が保たれます。しかし、年齢の経過とともに、古い皮膚を分解していたプロテーゼ酵素の分泌量が少なくなります

この古い皮膚にあるタンパク質を意図的に分解するのが酵素洗顔です。酵素洗顔をスキンケアに取り入れておくことで、肌の表面に、古い皮膚が溜まりにくくなります

 
酵素洗顔の注意点
酵素洗顔は、人為的に古い皮膚(古い角質)を取り除いています。この為、頻繁に、酵素洗顔を使うと、必要以上にたんぱく質を分解してしまい、肌荒れなどの肌トラブルの原因になるので注意が必要です。

この為、酵素洗顔は、使い過ぎないように、購入した酵素洗顔の商品説明の使い方を守って利用する必要があります。

 
⇒酵素洗顔の効果や注意点についてはコチラ(作成中)
 

早くシミを消したい場合は、美容外科の医師に相談する

医師のイメージ写真
美白化粧品やその他の方法の場合には、どうしてもシミ、くすみ、の効果が実感できる前には時間がかかります。また、濃いシミの場合は、長期で取り組む必要があります。

もしも、美白効果を早く出したいと思った場合には、美容皮膚科の専門の医師に相談して、レーザーやピーリングなどを利用すると結果が早いです。

⇒美容外科で行われているシミやくすみの治療とは?(作成中)

美白は顔だけではなく、全身でバランスをとる!

美白と言えば、やはり、顔のシミ、くすみ、を取って、白い肌にしたいと思う人が多いと思います。当然、顔だけではなく腕や脚、胴体なども白くする必要があります。顔だけ白くてカラダが黒いとアンバランスでおかしいですよね。

カラダへの日焼け止めは当然ですが、出来れば、ボディーローションやボディミルクを使って、カラダにも保湿対策をするのがおすすめです。

日々の生活で取り組める美白対策

部屋の写真
美白を行う場合には、日焼け止めや紫外線対策、美白化粧品や保湿などスキンケアも大切ですが、それと同じように大切になるのが、日々の生活習慣です。

例えば、生活習慣を整えることで精神的に安定して、十分な睡眠、休息を取り、必要な栄養を摂り、適度な運動をしていると、心身共に健康になることで、女性ホルモンのバランスが整うことで、自然と、肌のターンオーバーが正常になることで、健康的で綺麗な肌になるのは当然のことです。

さらに、健康で綺麗な肌になったところで、さらに、美白対策を行うことで、より白くて綺麗な肌を目指すこともできます
 
ここからは、日々の生活の中で取り組める美白対策を紹介します。基本的に、美白化粧品のように、美白に直結するモノではなく、心身共に健康にする事で、間接的に美白や美肌に良いことを紹介しています。
 

肌や体の水分量をアップする

肌や体の水分量を増やす為に水を飲む女性の写真
日焼け止めを正しく使用し、シッカリと美白化粧品を使っているのに、なぜか日焼けしてしまう人は、肌の水分量が足りていない可能性があります。水分が不足すると、紫外線の影響により日焼けもしやすくなります。

この為、スキンケアの化粧水、美容液、乳液、クリームなどで、保湿効果が高い、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどをシッカリと補いましょう。また、食事も肌に良い食材を取りつつ水分補給もシッカリと行う必要があります。
 

 

美白に良い食べ物・食材

美白の為に食事を食べる女性の写真
美白になる方法としては、日々、どのような食べ物を食事で食べているのか?と言った点も大切です。基本的には、肉や魚、野菜、大豆、発酵食品などの様々な食品をバランスよく取ることで、たんぱく質、ビタミン、糖質、脂質、ミネラルをバランスよく摂取する必要があります。さらに、美白を目指すのであれば、プラスして、美白効果が効く食べ物も意識して取り入れると良いです。

また、美白の為には、ストレスや紫外線などにより、体内に発生して細胞を老化させる活性酸素の対策として、抗酸化作用がある食べ物も取っておくと良いです。
 

 

具体的な美白、抗酸化効果が期待できる食べ物、食材は、

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • β-カロチン
  • L-システイン
  • リコピン
  • アスタキサンチン
  • エグラ酸
と言ったような成分があります。

ビタミンC

ビタミンCは、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する、美白食品の代表格です。また、美肌にとって必須のコラーゲンの生成もサポートしてくれるので、白くて綺麗な肌を目指す人には必須の栄養成分です。

この他にもビタミンCは、抗酸化作用があり、ストレスや紫外線で発生するカラダの酸化を食い止め、アンチエイジング効果が期待できます。

ただし、ビタミンCは水溶性で、沢山とっても体内には蓄積されません。摂り過ぎた分は尿として排泄されます。この為、理想を言えば、1日朝食、昼食、晩御飯、寝る前と言った様に、出来るだけ分けて摂取するとビタミンCの効果が継続して得られます

1日に4度に分けるのが大変な人でも、1日に1度ではなく、何度かに分けないと、ビタミンCの効果が十分に得ることが出来ません。

 

ビタミンCを含む食材、食べ物

レモン、いちご、柿、キウイ、ミカン、グレープフルーツ、ブロッコリー、パセリ、赤ピーマン、シソ、ホウレン草、アセロラドリンク、ベーコン、ピーナッツ

 
ビタインCを食事で摂取時の注意点
ビタインCは、壊れやすいので、ミカンやイチゴ、キウイなど、生のまま新鮮なうちに食べるのが一番いいです。もしも、ホウレン草やブロッコリー、赤ピーマンなど料理に使う場合は、ビタインCは水溶性で水に溶けやすいので煮物やスープで、汁まで飲める調理法がおすすめです。また、火を通す場合は、油でサッと炒めるなど、調理時間を短くしましょう。

 
⇒ビタミンCの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用がある食品で、活性酸素の除去する働きがあります。その効果は、ビタミンC以上にあるとも言われており、肌の老化やシミ、シワなどの原因の活性酸素を除去し、血行を良くすることで、皮膚の新陳代謝をあっぷするので、お肌のターンオーバの促進効果も期待できます。

ビタミンEを含む食材、食べ物

アンコウの肝、スジコ、いくら、あゆ、いわし、タラコ、めんたいこ、カニ、ウニ、モロヘイヤ、大根の葉、赤ピーマン、きくの花、西洋かぼちゃ、シソの葉、つくし、アーモンド、抹茶

⇒ビタミンEの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

β-カロチン

β-カロチンは、仮想類や緑黄色野菜に多く含まれている食べ物で、β-カロチンとして摂取して、体内でビタミンAに変換されます。β-カロチンは、体内でビタミンAになることで、抗酸化作用としての働きをします

この為、β-カロチンは、ビタミンAとしての効果としては、新陳代謝を促進して、シミの原因となるメラニンの沈着を排出する働きが期待できます。また、紫外線によるダメージの軽減も期待できます。

β-カロチンを含む食べ物・食品

シソ、モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、ホウレン草、明日葉、春菊、よもぎ、大根の葉、カボチャ、ニラ、かぶの葉、味付けのり、焼き海苔、あおのり、ワカメ、ヒジキ、アオサ、昆布、乾燥のカットワカメ

⇒βカトリンの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

L-システイン

L-システインは、美白効果をうたっている医薬品などにも含まれている成分です。L-システインは、メラニンの過剰生成を抑える働きがあり、メラニンの肌への蓄積も抑える働きが期待できます。

さらに、新陳代謝を高めることで、お肌のターンオーバーを促進させて、シミ、くすみ、を垢として排出する効果も期待できます

L-システインを含む食材、食べ物

鶏肉、豚肉の赤身、鮭、卵、大豆、ヒマワリの種、はちみつ、唐辛子、ニンニク

⇒Lシステインの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

リコピン

リコピンは、トマトに含まれていると言うことで有名ですが、その特徴は、強力な抗酸化作用です。リコピンは、紫外線やストレスなどによる活性酸素の発生から、抗酸化作用によって肌を守ります

抗酸化作用がある栄養成分としては、ビタミンEが有名ですが、リコピンは、ビタミンEの100倍以上も、抗酸化作用が期待できるとも言われています。

リコピンを含む食品、食物

加工されたトマト、ミニトマト、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、柿(少量)

リコピンの補足事項
この為、柿は、リコピンが少ないです。トマトは、ミニトマトの方が2.5倍以上、リコピンが多く含まれています。さらに、リコピンが多いのが加工食品です。加工食品によっても違いはありますが、生のトマトと比べると加工した方が3倍以上、リコピンが多く含まれます。赤い色がリコピンの赤なので、赤色が濃いモノを選ぶと良いです。

 
⇒リコピンの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、リコピンやβ-カロチンと同じように抗酸化作用がある栄養成分ですが、特にアスタキサンチンは、抗酸化作用は群を抜いて強力です。

この抗酸化作用によって、紫外線やストレスのダメージいよるメラニン色素の生成を抑え、色素沈着を阻止してシミを予防します。この他にも血管を若返らせて、血液循環を良くしたり、保湿効果を高める効果も期待できるので、美白と同時に美肌効果も期待できます。

アスタキサンチンを含む食物、食材

サクラエビ、オキアミ、紅鮭、いくら、金目鯛、銀鮭、毛ガニ、甘海老、キングサーモン、白鮭、すじこ、くるまえび

⇒アスタキサンチンの食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

エグラ酸

エグラ酸は、ベリー系に多く含まれている食べ物で、ポリフェノールの効果によって、抗酸化作用が高く、メラニン色素の生成を抑制する効果で、シミ対策として、美白効果が期待できます。

エグラ酸を含む食材、食べ物

ザクロ、いちご、くるみ、クランベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー

⇒エグラ酸の食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)

鉄分

鉄分は、貧血の人が食べる必要があると言ったイメージが強いですが、実は、皮膚や粘膜の合成に必要な栄養成分です。また、お肌の潤いに必要なコラーゲンを生成する為にも鉄が必要です。

シミは、紫外線やストレスによる刺激で、発生する活性酸素の影響で出来ます。その為、活性酸素の量を減らせれば、シミ予防が出来るのですが、活性酸素を減らす役割をしているのがカタラーゼと言う酵素です。このカタラーゼを作るのに鉄分が必要です。

この為、鉄分が不足している人は、カタラーゼの生成量が少なくなり、活性酸素の除去できる数が減り、シミが気安くなります。これを防ぐために鉄分を摂っておく事で、カタラーゼを増やし、活性酸素を除去すると、結果としてシミを減らす効果も期待できます。

鉄分を含む食べ物・食材

牛レバー、豚レバー、鶏レバー、鶏もも肉、ヒジキ、たまご、大豆、牛乳、カツオ、キハダマグロ、イワシ、鮭、アナゴ、牡蠣、あさり、赤貝、ホウレン草、ブロッコリー、小松菜、サツマイモ、キャベツ、いちご、みかん、柿、オレンジ、メロン

⇒鉄分の食品・食べ物の一覧・効果的な取り方はコチラ(作成中)
 
美白効果が期待できる食べ物や食品を見ると分かりますが、基本的に抗酸化作用が強いモノが多いです。このような栄養を毎日、継続して取り続けることが出来れば、シミ、くすみ、が気にならない白い美肌を手に入れやすくなるようです。食材や栄養を考慮した料理が出来る人は、料理とスキンケアで美白を手に入れましょう!

しかし、私の場合は、実際には、毎日、美白食品を食べるのが難しいです。そこで、簡単に必要な栄養が取れるように、サプリメントが気になるところです。
 

 

美白サプリで、簡単に必要な栄養を補う

サプリメントを飲む女性の写真

美白サプリメントは、基本的に、美白に効果が期待できる成分が色々と配合されているのが基本です。基本的に、食事で十分にとれなかった栄養を補うのに使います。

ただし、シミ対策で美白サプリを利用する場合には、製薬会社から販売されている市販薬があります。このシミの改善が期待できる市販薬をシミの改善に使うと良いです。(体質など心配があれば、薬剤師や医師に相談しつつ利用してください。)

 
⇒美白サプリ、美白市販薬の詳細はコチラ(作成中)
 

マッサージで顔色を良くし、美白を目指す方法

マッサージをする女性の写真
美白をして、白くて綺麗なお肌を手に入れたい人にお勧めなマッサージを紹介します。

 

血行が悪いと、結果的に

  • むくみ
  • くすみ
などを引き起こしている可能性があります。

 
むくみ、くすみ、が起こる原因は、血行が悪いことで、体内に老廃物がたまっているためです。この為、体内の老廃物を排出する方法の1つとして、マッサージで血流やリンパの流れを良くすると良いです。

マッサージを行うときの注意点
ジェルやクリームを使って、指の滑りを良くして、肌を傷つけないようにする。
例えば、肌をゴシゴシ擦ると、肌への摩擦がシミやくすみの原因になる可能性があるので注意が必要です。

 

顔色を良くするマッサージ

ここでは、顔色を良くするマッサージを紹介します。

①耳の後ろのマッサージ方法

頬の真ん中あたりから耳の後ろにあるリンパに向けて、親指で数回マッサージします。両方の頬を数回行います。右側、左側を同時に行うのは難しいので、左右交互に行うと良いです。

②耳の後ろから肩へのマッサージ方法

この平で、耳の後ろから鎖骨、肩と、軽くなでるようにマッサージします。このマッサージは、数回行います。

③デコルテから脇にかけてののマッサージ方法

デコルテから脇の下までマッサージします。このマッサージも左右、交互に行います。まず、右の手の平で左のデコルテから脇の下まで、さするようにマッサージします。脇の下にあるリンパは、優しくもみほぐすようにします。右のデコルテから脇の下には、左手で同様にマッサージします。

④額のマッサージ方法

まずは、額の前で、手を横にして、人差し指、中指、薬指の3本の指先を眉毛の上に持って行きます。そして、眉毛から髪の毛の生え際にむけて、手の平を上に動かしてマッサージします。

⑤フェイスラインのマッサージ方法

アゴの先から、こめかみにかけてフェイスラインをなぞるようにマッサージします。右側のフェイスライのマッサージが終われば、左側のフェースラインのマッサージをします。
 

 

入浴時に行う頭皮マッサージ

お風呂の写真
頭皮と顔はつながっているので、頭皮の状態が悪くなると、顔の皮膚にも影響してきます。特に、頭皮は紫外線のダメージを受けやすい部分です。お風呂に入っている時に、ついでに行うと良いです。

①両方の親指を首の付け根をゆっくりとマッサージします。
②こめかみ~頭頂部にかけて両手の10本の指で、揉んでマッサージします。
③指10本を使って、頭皮を指の腹で優しく指圧します。色々な部分を指圧します。

このように、お風呂に入っている時に簡単にできるので、毎日、継続しやすいと思います。
 

まとめ~美白は継続した予防やケアが必要~

美白をして、陶器肌のような白くて綺麗な肌を手に入れたい場合には、日々の継続した努力が必要です。

シミやくすみの原因は、紫外線などの肌へのダメージです。この為、日々、紫外線対策をして、新しいシミが作られないような生活習慣を持つことが必須です。

また、美白化粧品を、日々のスキンケアに取り入れることで、シミ対策を行いやすくなります。

美白対策を行う場合は、最初は、努力が必要ですが、日々のスキンケアや紫外線対策を無理なく、継続できるようにする事によって美白の美しい肌を目指せます。

この為、まずは、今の生活の中で、出来ることから実践していけば、気がつけば色白美人になるように継続して行いましょう。